パソコンを使用する際に、ワイヤレスで繋げて便利な「Bluetooth対応マウス」。わずらわしいケーブルなどがなく、快適に操作できます。また、USBポートが少ない製品でも接続しやすいのもメリットです。

そこで今回は、Bluetooth対応マウスの選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介。あわせて選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

Bluetoothと2.4GHz無線マウスの違い

Bluetoothマウスのメリット

By: amazon.co.jp

マウスを接続する際にUSBポートが塞がってしまっている場合などには、Bluetooth接続タイプを使うのがおすすめ。Bluetooth通信に対応しているパソコンであれば、ケーブルやレシーバーを使わずに快適に接続できます。

パソコンに搭載されているUSBポートの数は製品ごとに異なりますが、キーボード・プリンター・スキャナーなどの周辺機器を接続するとUSBポートが足りなくなるケースも。複数の周辺機器をパソコンに接続するためにUSBポートを空けておきたい場合には、Bluetoothマウスの利用が便利です。

2.4GHz無線マウスのメリット

2.4GHzの無線を利用するタイプのマウスは、パソコンと接続する際に設定を行う必要がないのがポイント。レシーバーをパソコンのUSBポートに接続するだけで使用できるので、Bluetoothの設定が苦手な場合にもおすすめです。

また、2.4GHz無線マウスは、Bluetoothマウスに比べてラインナップが豊富に展開されています。自分の好みのモデルを選びやすいのもメリットです。

Bluetoothマウスの選び方

Bluetoothのバージョンをチェック

Bluetoothのバージョンが異なるモノ同士を繋げると、低いバージョンが優先されます。例えば、Bluetooth 5.0に準拠したマウスとBluetooth 4.0に準拠した機器を接続すると、前者のBluetooth 5.0の機能は発揮されず、後者のBluetooth 4.0の機能しか使用できません。

バージョンが異なる同士でも接続できますが、Bluetoothの機能を最大限に発揮したい場合は、接続したい機器と同じバージョンに準拠したマウスを用意しましょう。

マウスの種類をチェック

スタンダードタイプ

By: amazon.co.jp

スタンダードタイプのマウスは、5つの指を使ってしっかりと握れるのが特徴。力の加減によって自由にマウスを動かせるため、デザイン作業など細かなカーソル移動が求められる用途におすすめです。大小さまざまなモデルがラインナップしており、自分の手のサイズにあったモノを選べます。

小型(薄型)マウス

携帯性を重視する方は、小型や薄型のBluetooth対応マウスがおすすめ。小さなカバンに入れてもかさばりにくく、移動中における荷物の負担を軽減できるのが魅力です。また、手が小さい方でも握りやすく、快適にマウスの操作を行えます。

エルゴノミクスマウス

By: amazon.co.jp

エルゴノミクスマウスは、人間工学に基づき設計されているマウスです。本体全体に傾斜角が付いており、手のひらを返す必要がありません。自然な状態を維持しながらマウスを握れるため、長時間の作業による疲れを軽減する効果が期待できます。

また、親指部分にスクロールホイールや進む・戻るボタンを搭載しているモデルもあり、Webブラウジングなどで操作性を高められるのもポイントです。

トラックボールマウス

By: amazon.co.jp

トラックボールマウスは、省スペースで作業を行いたい方におすすめ。本体に取り付けられている球体を回すことでカーソルを移動させるため、パソコンやキーボードなどでデスクが埋まってマウスを動かしにくい場合でも安心です。また、手全体ではなく、指先のみを使って操作することで、手首の疲れを軽減できます。

なお、Webブラウジングや事務作業であれば快適に行えますが、正確なカーソル移動を必要とするゲーミングや画像編集などの用途には向いていないので、留意しておきましょう。

電源方式で選ぶ

充電式

By: amazon.co.jp

充電式のメリットは、USBケーブルで給電を行えるため、電池交換の手間がかからない点。充電しながらマウスを使用できるモデルを選べば、電池切れによって作業を中断する必要がなく便利です。

一方で、充電に時間を要するので要注意。電池が切れた状態から満充電までに3~4時間ほどかかるため、その間はUSBケーブルを接続しながら作業することになります。

電池式

電池式のメリットは、電池が長持ちしやすいモデルが多い点です。電源スイッチや自動でスリープ状態になる省電力型のマウスであれば、1年ほど電池を交換せずに使用できるモデルもあります。

一方で、電池の残量がなくなると電池を交換するまでマウスを使用できません。また、電池を交換する頻度が多ければ多いほど、ランニングコストがかかってしまうので注意が必要です。

センサータイプをチェック

マウス本体の動きを読み取るセンサーには、光学・レーザー・IRセンサー・Blue LEDの4種類があります。光学式は安価で購入でき、IRセンサー式は消費電力が低いのが特徴です。一方で、光沢面やガラス面に弱いという側面があります。

また、マウスを使う場所を選べない場合や、外出時での使用が多い場合は、レーザー式やBlue LEDタイプがおすすめ。読み取り性能に優れており、さまざまな場所で使えます。

解像度をチェック

マウスを購入する際には解像度もしっかりとチェックしましょう。解像度とはマウスを動かしたときに、ポインターがどのくらい移動するかを表した値です。単位はDPI(Dots Par Inch)を使用するのが一般的。例えば、400DPIのマウスを1インチ動かすと、400ドット分ポインターが移動します。

DPIが小さいモノは画像の加工など細かな作業が楽にできる反面、モニターの端から端まで移動するのが大変です。逆にDPIが大きいと長い距離の移動は容易ですが、繊細な作業には向きません。BluetoothマウスにはDPIの切り替えができる製品もあるので、多様な用途に利用する方はチェックしてみてください。

マルチペアリング機能があれば接続先デバイスを切り替えられる

複数の機器でBluetoothマウスを使うなら、マルチペアリング機能に注目。スマホやタブレットを同時にペアリングでき、簡単に切り替えられる便利な機能です。機器ごとにマウスを準備する必要がないため余分な出費が抑えられるほか、デスクの上をスッキリと使えるメリットもあります。

スマホやタブレットをはじめ、複数のPCを1台のマウスで操作したい方などにおすすめです。

ボタン数・スクロール機能をチェック

Bluetoothマウスを選ぶ際は、ボタン数やスクロール機能も要チェック。左右クリックにスクロールホイールが付いた3ボタン式や、ブラウザの戻る・進むが簡単に行えるサイドボタンが付いた5ボタン式などがラインナップされています。

また、スクロールホイールに関しては、左右に倒して横方向スクロールが可能なモデルを要チェック。マウスをその場に置いたままカーソル移動できるトラックボール付きの製品であれば、ゲーム利用やWebページの閲覧などにおすすめです。

静音性をチェック

オフィスだけでなく外出先でもBluetoothマウスを使う機会が多い方は、製品の静音性もしっかりとチェックしておきましょう。静かな場所で操作する際に出るクリック音は、想像以上に大きく響くもの。静音設計が採用されたモデルであれば、周りに気兼ねする必要もなく作業に集中可能です。

対応端末をチェック

Bluetoothマウスを購入する際は、事前に使用する端末に対応しているかチェックしておくのもおすすめ。タブレットやパソコンに採用されているOSは、製品ごとに異なります。

パソコンで使用する場合は、WindowsやChrome OS、macOSへの対応を確認。タブレットで使用する場合は、iPadOSやAndroid、WindowsなどのOSに対応しているかをチェックしておく必要があります。

Bluetooth対応マウスのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

1981年にスイスで設立された、パソコンの周辺機器を販売するメーカーです。主にマウスやキーボード、ヘッドセットなどを取り扱っています。

マウス製品は一般用途向けの「Logicool」とゲーミングブランドの「Logicool G」を展開。形状や接続方式、センサーなどの違いがあり、多種多様な機種をラインナップしています。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

大阪に本社を構える日本のメーカー。パソコン周辺機器や、スマホ・タブレット関連のアイテムを数多く取り扱っているのが特徴です。

マウス製品は有線接続タイプをはじめ、BluetoothやUSBレシーバーを使ったワイヤレスモデルも展開。一般的なアイテムからビジネス、ゲームにいたるまで、さまざまなシーンで活躍する製品を揃えています。

マイクロソフト(Microsoft)

By: amazon.co.jp

WindowsOSを提供していることでも有名なアメリカのメーカーです。スタイリッシュなデザインのパソコン「Surfaceシリーズ」や周辺機器など、ハード関係も数多く販売しています。

マウスの種類が多いのも特徴です。なかには、タッチパネルや「Windowsタッチタブ」などの使い勝手を向上させる機能を有した製品もラインナップ。パソコン作業の効率化を検討している方にもおすすめのメーカーです。

おすすめのBluetoothマウス|スタンダードタイプ

ロジクール(Logicool) BLUETOOTHワイヤレスマウス M557

左右に倒せるチルトホイールを搭載しているBluetoothマウスです。スプレッドシートや画像などを表示した際に横方向のスクロールを簡単に行えるのが魅力。作業効率を高めたい場合にも便利です。

また、自動スリープ省電力モードを備えているのもポイント。不使用時の無駄な電池消耗を予防するオン・オフスイッチボタンも付いています。

また、WindowsとmacOSの両方に対応しているのもメリット。WindowsパソコンとMacの両方を使用している場合にもおすすめです。左右の形状が同じデザインを採用しているので、利き手を問わず使用可能。3ボタン式で左手でも違和感なく使える設計です。

ロジクール(Logicool) TRIATHLON M720r

手に馴染みやすいデザインを採用しているBluetoothマウスです。表面にラバーコーティングを施しているのが特徴。しっかりと握りやすいので、長時間パソコン作業を行う際にも便利です。

また、チルトホイールが搭載されているのもポイント。スクロールホイールを左右に倒せば、水平スクロールも簡単に行えます。

対応するOSは、Windows・macOS・Chrome OS・Linux・iPadOSと豊富。Bluetoothだけでなく、レシーバーを使った接続も可能です。サイドボタンは合計で3つ搭載。上部に付いている2つボタンだけでなく、下部に小さめのボタンを備えている点もおすすめです。

ロジクール(Logicool) LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングマウス G603

ゲーミング用に設計されているBluetoothマウスです。ロジクールGが設計したオプティカルセンサーを搭載しているのが特徴。DPIは200~12000の間で使用用途にあわせて設定できます。

また、底面にHIモード・LOモードを切り替えるスイッチが付いている点もメリット。「LIGHTSPEED ワイヤレス」を利用している際はゲームプレイ時に遅延の少ないHIモード、電池寿命を延ばしたい場合にLOモードを利用するのが便利です。

本体に搭載されている6つのボタンはプログラムが可能。使用頻度の高いコマンドを入力して、作業効率を高められる点もおすすめです。

ロジクール(Logicool) ANYWHERE 2S MX1600s

優れた精度を実現しているBluetoothマウスです。読み取り性能が高いレーザーセンサーを搭載しているのが特徴。マウスの微細な動きをしっかりと検知し、細かくセンサーをコントロールできます。

また、サイドに2つのボタンを搭載した7ボタン式を採用しているのもポイント。Webページ閲覧時にボタン操作で、戻るや進むをコントロールできる点も魅力です。

給電方式は本体にバッテリーを内蔵している充電式。3分間の充電で8時間使用できる高速充電に対応している点もおすすめです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth IRマウス M-BT12BR

DPI1000カウントを採用しているおすすめのBluetoothマウスです。消費電力の少ないIRセンサーを搭載しているのが特徴。約10ヶ月間電池交換なしで使用できるのが魅力です。

また、3ボタン式のシンメトリーデザインを採用しているのもポイント。利き手を問わず使用できる設計です。裏面には電源スイッチを搭載。不使用時の電池消耗も簡単に抑えられます。電池の交換時期は、電池残量表示ランプを見ることで確認可能です。

マイクロソフト(Microsoft) Microsoft Bluetooth モバイル マウス 3600 PN7-00007

丸みを帯びたかわいらしいデザインを採用しているBluetoothマウスです。センサーには、BlueTrack Technologyを採用しているBlue LEDを搭載。読み取り性能に優れており、微細なカーソル操作が可能です。

また、4方向チルトスクロール機能を備えているのもポイント。上下だけでなく左右へのスクロールも簡単に行えます。OSは、Windows・macOS・Android OSなどに対応。パソコンだけでなく、タブレットで使用する場合にも便利です。

アシンメトリーなデザインを採用しているので、利き手を問わず使用可能。サイドにはラバー素材が使われており、しっかりとグリップできる点もおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothマウス 400-MABT158

Blue LEDセンサーを搭載した、5ボタン式のBluetoothマウスです。読み取り性能に優れたセンサーを採用しているのが特徴。DPIは、スクロールホイール下のボタンで800・1200・1600の3段階で切り替えられます。

また、進むボタンや戻るボタンを搭載しているのもポイント。Web閲覧時だけでなく、プレゼン用ソフトの操作にも使用できます。さらに、本体上面にラバーコーティングが施されている点もメリット。手に馴染みやすく、しっかりと握れる設計です。

給電方式には電池式を採用。電源オン・オフスイッチを備えており、不使用時の無駄な電池消耗を抑えられる点もおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) BSMBB21S

リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたBluetoothマウスです。静音スイッチを搭載しているのが特徴。クリックした際の音圧を抑える設計が採用されており、周囲に人がいる環境や夜間に使いやすいのが魅力です。

また、左右対称のデザインを採用しているのもポイント。右手だけでなく、左手で握った際にもフィットする形状です。電池交換が必要になった際には、本体上部のランプが点灯する設計。目で見て簡単に電池交換時期を把握できます。

おすすめのBluetoothマウス|小型・薄型

ロジクール(Logicool) ロジクールPEBBLE M350

スリムかつコンパクトなデザインを採用しているBluetoothマウスです。本体サイズは高さ107×幅59×奥行26.5mm。重量も100gと軽く、ポケットや鞄に入れて気軽に持ち運びやすいのが魅力です。

また、静音性が高いボタンやスクロールホイールもメリット。ノイズを約90%軽減できると謳われているので、自宅はもちろん、カフェや図書館で使用するマウスとしても便利です。

接続はBluetoothだけでなく、USBレシーバーを使用した接続にも対応可能。OSもWindows・macOS・Chrome OS・iPadOSに対応しており、幅広い機器に接続できる点もおすすめです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth5.0マウスCAPCLIP PRO M-CCP1BB

コンパクトな形状で持ち運べるBluetoothマウスです。本体をキャップ内に収納できるのが特徴。クリップ一体型なので、ポケットに固定して携帯する場合にも便利です。

無料でダウンロードできる「エレコムマウスアシスタント」を利用すれば、各ボタンへの機能割り当てやプレゼンテーションモードの利用が可能。プレゼン時にスライド送りや戻しなどをコントロールできる点もおすすめです。

給電方式は充電式を採用。1度フル充電しておけば、約1ヶ月間使用できます。また、チルトホイールを搭載しているのもメリット。ホイールを傾けるだけで簡単に横方向にスクロールできます。

マイクロソフト(Microsoft) Microsoft Bluetooth Mouse

コンパクトな形状を採用している3ボタン式のおすすめBluetoothマウスです。モダンなデザインで手にフィットしやすいのが特徴。読み取り性能の高いセンサーが採用されており、スムーズなトラッキングを実現しています。

Bluetoothの規格は5.0を採用。Windows 10や11などのパソコンと安定した接続が可能です。給電方式には電池式を採用。単三アルカリ乾電池1本で最大12ヶ月駆動するので、1年ほど電池交換なしで使用できます。

マイクロソフト(Microsoft) Surface アーク マウス

フラットな形状で携帯しやすいBluetoothマウスです。スナップ式で折りたためるのが特徴。使用する際はテール部分を曲げて使用し、持ち運ぶ際はスリムな形状に変更できます。

また、フラットな形状にした際に自動で電源が切れる点もメリット。電源の切り忘れを予防しやすいのも魅力です。さらに、上下方向だけでなく、左右方向へのスクロールを簡単にできるのも長所。指先で直感的な操作を行える点もおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) タッチパッド付きマウス 400-MABT188

本体上部にタッチパッドを備えているBluetoothマウスです。指先でカーソルをコントロールできます。また、メディアを操作するボタンを搭載しているのもポイント。プレゼン資料はもちろん、電子書籍や音楽、動画なども操作できます。

給電方式には充電式を採用。約3時間でフル充電でき、約46時間稼働します。本体サイズは縦123.5×横40mmとコンパクト。重量も約35gと軽く、手に持った際の負荷を軽減できる点もおすすめです。

また、不使用時に電源をOFFにできるスイッチが付いているのもメリット。無駄な電池消耗を予防したい場合にも便利です。

ファーウェイ(HUAWEI) Bluetooth Mouse 第2世代

スイッチ1つで接続する機器を切り替えられるBluetoothマウスです。Flash-Switchボタンを搭載しているのが特徴。最大3台の機器とマルチペアリングができ、切り替えも瞬時に行えます。

Bluetoothの規格は5.0に対応。省エネルギー技術によってバッテリーの消耗を抑え、最大で12ヶ月の駆動が可能です。また、高性能TOGセンサーを搭載しているのもポイント。ガラス面で使用した際でも、しっかりとしたトラッキングができる点もおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) BSMBB335G

携帯性に優れたスリムなデザインを採用しているBluetoothマウスです。本体の厚さは26mmに設計されており、すっきりとカバンに収納できるのが特徴。握った際にホールドしやすいサイドエッジを備えており、薄型ながら快適に使用できます。

また、アメリカのMIL規格に準拠した堅牢性の高さも魅力。万が一の落下の際に故障してしまうリスクを軽減できます。ボディ表面には3H耐摩耗性・防指紋コーティングを採用。キレイに保ちやすいのがポイントです。

さらに、プレゼンテーションモードを搭載しているのも長所。PowerPointで作成した資料のスライド操作ができる点もおすすめです。

おすすめのBluetoothマウス|エルゴノミクス

ロジクール(Logicool) MX MASTER 3S パフォーマンスワイヤレスマウス MX2300

ガラス面でもしっかりとトラッキングできるセンサーを備えたおすすめのBluetoothマウスです。クリックした際の音が小さく、静音性に優れているのが特徴。MagSpeed電磁気スクロールホイールも採用されており、スクロールの際の音も小さめです。

また、親指で操作するサイドスクロールホイールを備えているのもポイント。給電方式には充電式を採用。フル充電しておけば、最長70日間使用できます。エルゴノミック形状で快適に作業しやすいおすすめのアイテムです。

エレコム(ELECOM) BT5.0 EX-Gシリーズ5ボタン静音マウスMサイズ M-XGM15BBSGM/EC

手の形状を考慮して設計されている、Bluetooth接続式のエルゴノミクスマウスです。各ボタンやスクロールホイールの静音性に優れているのが魅力。夜間や早朝はもちろん、人が周囲にいる環境でパソコン作業を行う場合にも便利です。

また、マルチペアリングに対応しているのが特徴。2台のパソコンと同時に接続し、ワンタッチで切り替えて使用できます。

搭載されているボタンには、「エレコムマウスアシスタント」を利用することで機能の割り当てが可能。使用頻度の高いコマンドを設定して作業効率を高められる点もおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Sculpt Comfort Mouse L6V-00013

Windowsタッチタブを搭載しているBluetoothマウスです。サイドに配置されているWindowsボタンをクリックすれば、簡単にスタート画面への切り替えが可能。Windowsパソコンに適した、使い勝手のよいBluetoothマウスを探している方におすすめです。

また、人間工学に基づいた設計が採用されているのもポイント。長時間使用した際に手や手首にかかる負担を軽減できるのが魅力です。さらに、Bluetrackテクノロジーに対応しているのもメリット。読み取り性能が高く、場所を選ばず使用できるアイテムです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音ワイヤレスエルゴノミクスマウス MA-ERGBT11N

人間工学に基づいた形状を採用しているBluetoothマウスです。マウス本体に角度がつけられており、手首をひねらず握れるのが特徴。パソコン作業時に手首にかかる負担を軽減したい場合に便利です。

DPIは、800・1200・1600の3段階で設定が可能。親指で操作できる、戻る・進むボタンが搭載されているのもポイントです。また、すべてのボタンに静音スイッチを採用しているのもメリット。夜間や早朝に使用する場合はもちろん、赤ちゃんのいる家庭にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) BSMBB500L

握った際の安定感に優れているBluetoothマウスです。手の中心に加重がかかるように設計されているのが特徴。サイド部分にはラバーグリップが採用されており、しっかりと握れる点も魅力です。

センサーの解像度は1000と1600DPIの2段階で切り替えが可能。行う作業に応じて簡単に変更できます。パソコンだけでなく、タブレットでも使用できます。

戻る・進むボタンは、側面下部に配置。親指の自然な動きで押せる点がおすすめです。

おすすめのBluetoothマウス|トラックボール

ロジクール(Logicool) ERGO M575ワイヤレス トラックボール M575

手元の動きを抑えられるトラックボールタイプのBluetoothマウスです。手首を動かさずにマウスを握れるのが特徴。トラックボールは親指を使って操作します。

また、本製品は耐久性に優れているのもポイント。300万回のクリックに耐える設計が採用されており、長期間愛用しやすいのもメリットです。接続方式はBluetoothに加えて、USBレシーバーにも対応。幅広い機器と接続できる点も魅力です。

給電方式は電池式を採用。単三乾電池1本で最長2年間使用できます。

エレコム(ELECOM)Bluetoothモバイルトラックボール 親指操作タイプ M-MT1BRS

携帯性に優れたコンパクトなデザインを採用しているトラックボールタイプのBluetoothマウスです。専用ケースが付属しているので、外出先での使用頻度が高い場合に便利。重量は約77gと軽く、気軽に持ち運べます。

また、戻る・進むボタンを搭載しているのもポイント。トラックボールは親指で操作するタイプで、一般的なマウスの形状に近く、操作しやすいのが魅力です。

また、静音スイッチを採用しているのもメリット。音が気になるような場所でマウスを使用する場合にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) トラックボール DEFT PRO 人差し指操作タイプ M-DPT1MRX

人差し指で操作するタイプのトラックボール式Bluetoothマウスです。長寿命なパーツを使用して製造されているのが特徴。長期間愛用できるBluetoothマウスを求めている方におすすめです。

また、チルトホイールや8つのボタンを備えているのもポイント。「エレコム マウスアシスタント」を利用して合計10ヶ所に好みの機能を割り当てられるので、作業効率を高めたい場合にも便利です。

エレコム(ELECOM) Bluetoothハンディトラックボール M-RT1BRX

手に持って使用するBluetooth接続式のトラックボールです。デスク上に設置せず使えるのが特徴。ソファでくつろぎながらパソコンで動画を鑑賞したい場合にも便利です。

トラックボールの操作は親指で操作が可能。支持球には直径2.5mmの大型人工ルビーが採用されており、手あかなどのゴミが埋もれにくい点もメリットです。給電方式には電池式で、交換時期は電池残量表示ランプで確認できます。

ケンジントン(Kensington) エキスパートマウス ワイヤレストラックボール K72359JP

左右対称のデザインが採用されているトラックボールタイプのBluetoothマウスです。利き手を問わず使用できる点がおすすめです。

大型のトラックボールは手のひらで操作するタイプ。ダイヤモンドアイ オプティカルセンサーが搭載されており、正確なカーソルコントロールが可能です。

Bluetooth通信を利用した接続だけでなく、2.4GHz USBナノレシーバーを使ったワイヤレス接続に対応しています。また、「TrackballWorks」ソフトを利用すれば、各ボタンに機能の割り当てが可能。カーソルやスクロールの速度も好みにあわせて設定できます。

Bluetoothマウスの売れ筋ランキングをチェック

Bluetoothマウスのランキングをチェックしたい方はこちら。