最近ではタブレットタイプも増えてきたパソコン市場。タブレットはタッチパネルでの操作が便利ですが、マウス操作の方が便利なこともあります。また、ノートパソコン自体が軽量化している背景もあり、一度に使用できるUSBポートが限られているモデルも少なくありません。

そこで今回は、「Bluetooth対応マウス」をご紹介。あわせて選び方についても解説しているので、興味がある方はチェックしてみてください。

Bluetoothマウスのメリット・デメリット

By: logicool.co.jp

Bluetoothマウスのメリットは、USBポートがない機器でも使用できる点。対応モデルであれば、スマホやタブレットでもマウスによる操作を行うことが可能です。

ただし、Bluetoothマウスは、使用するデバイスと事前にペアリングを行う必要があります。また、有線や2.4GHzモデルと比較して、電波による干渉を受けやすく、カーソル移動にタイムラグが発生する場合があるので注意しておきましょう。

Bluetooth対応マウスの選び方

Bluetoothのバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothのバージョンが異なるモノ同士を繋げると、低いバージョンが優先されます。例えば、Bluetooth 5.0に準拠したマウスとBluetooth 4.0に準拠した機器を接続すると、前者のBluetooth 5.0の機能は発揮されず、後者のBluetooth 4.0の機能しか使用できません。

バージョンが異なる同士でも接続できますが、Bluetoothの機能を最大限に発揮したい場合は、接続したい機器と同じバージョンに準拠したマウスを用意しましょう。

電源方式で選ぶ

充電式

By: logicool.co.jp

充電式のメリットは、USBケーブルで給電を行えるため、電池交換の手間がかからない点。また、充電しながらマウスを使用できるモデルを選べば、電池切れによって作業を中断する必要がなく便利です。

一方で、充電に時間を要するので要注意。電池が切れた状態から満充電までに3~4時間ほどかかるため、その間はUSBケーブルを接続しながら作業を行う必要があります。

電池式

By: amazon.co.jp

電池式のメリットは、電池が長持ちしやすいモデルが多い点です。電源スイッチや自動でスリープ状態になる省電力型のマウスであれば、1年ほど電池を交換せずに使用できるモデルもあります。

一方で、電池の残量がなくなると電池を交換するまでマウスを使用できません。また、電池を交換する頻度が多ければ多いほど、ランニングコストがかかってしまうので注意が必要です。

マウスの種類をチェック

スタンダード

By: logicool.co.jp

スタンダードタイプのマウスは、5つの指を使ってしっかりと握れるのが特徴。力の加減によって自由にマウスを動かせるため、デザイン作業など細かなカーソル移動が求められる用途におすすめです。大小さまざまなモデルがラインナップしており、自分の手のサイズにあったモノを選べます。

小型(薄型)マウス

By: rakuten.co.jp

携帯性を重視する方は、小型や薄型のBluetooth対応マウスがおすすめ。小さなカバンに入れてもかさばりにくく、移動中における荷物の負担を軽減できるのが魅力です。また、手が小さい方でも握りやすく、快適にマウス操作を行えます。

エルゴノミクスマウス

By: amazon.co.jp

エルゴノミクスマウスは、人間工学に基づき設計されているマウスです。本体全体に傾斜角が付いており、手をひねる必要がありません。自然な状態を維持しながらマウスを握れるため、長時間の作業による肩こりや腱鞘炎を軽減する効果が期待できます。

また、親指部分にスクロールホイールや進む・戻るボタンを搭載しているモデルもあり、Webブラウジングなどで操作性を高められるのもポイントです。

トラックボールマウス

By: amazon.co.jp

トラックボールマウスは、省スペースで作業を行いたい方におすすめ。本体に取り付けられている球体を回すことでカーソルを移動させるため、パソコンやキーボードなどでデスクが埋まってマウスを動かしにくい場合でも安心です。また、手全体ではなく、指先のみを使って操作することで、手首の疲れを軽減できます。

なお、Webブラウジングや事務作業であれば快適に行えますが、精確なカーソル移動を必要とするゲーミングや画像編集などの用途には向いていないので留意しておきましょう。

センサータイプをチェック

By: amazon.co.jp

マウス本体の動きを読み取るセンサーには、光学・レーザー・IRセンサー・Blue LEDの4種類があります。光学式は安価で購入でき、IRセンサー式は消費電力が低いのが特徴です。一方で、光沢面やガラス面に弱いという側面があります。

また、マウスを使う場所を選べない際や、外出時での使用が多い方は、レーザー式やBlue LEDタイプがおすすめ。読み取り性能に優れており、さまざまな場所で使えます。

ボタン数・スクロール機能をチェック

By: razer.com

Bluetooth対応マウスを選ぶ際は、ボタン数やスクロール機能も要チェック。左右クリックにスクロールホイールが付いた3ボタン式や、ブラウザの戻る・進むが簡単に行えるサイドボタンが付いた5ボタン式などがラインナップされています。

また、スクロールホイールに関しては、左右に倒して横方向スクロールが可能なモデルを要チェック。マウスをその場に置いたままカーソル移動できるトラックボール付きの製品であれば、ゲーム利用やWebページの閲覧などにおすすめです。

静音性をチェック

By: rakuten.co.jp

オフィスだけでなく外出先でもBluetoothマウスを使う機会が多い方は、製品の静音性についてもしっかりとチェックしておきましょう。静かな場所で操作する際にでるクリック音は、想像以上に大きく響くもの。静音設計されたモデルであれば、周りに気兼ねする必要もなく作業に集中することが可能です。

対応端末をチェック

By: amazon.co.jp

対応端末のチェックはBluetoothマウスを選ぶ際の最も重要なポイントです。WindowsやMacOS、ChromeOSなどデバイスが搭載するOSはさまざま。よく確認せずに購入してしまうと、上手く接続できなかったという事態にもなりかねません。

製品によっては一部の機能がWindowsもしくはMacOS上でしか動作しないなど、制限が存在するモノもあります。購入前に所有しているパソコンの端末に対応しているかどうか確認しておきましょう。

Bluetooth対応マウスのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

1981年にスイスで設立された、パソコンの周辺機器を販売するメーカーです。主にマウスやキーボード、ヘッドセットなどを取り扱っています。

マウス製品は一般用途向けの「logicool」とゲーミングブランドの「logicool G」を展開。いずれのブランドも形状や接続方式、センサーなどの違いにより、多くの機種をラインナップしています。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

大阪に本社を構える日本のメーカー。パソコン周辺機器や、スマホ・タブレット関連のアイテムを数多く取り扱っているのが特徴です。

マウス製品は有線接続タイプをはじめ、BluetoothやUSBレシーバーを使ったワイヤレスモデルも展開。ホームユースからビジネス・ゲームといったさまざまなシーンで活躍する製品を揃えています。なかには、プレゼンのスライドが操作できるなどリモコン代わりに使える製品もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

マイクロソフト(Microsoft)

By: amazon.co.jp

WindowsOSを提供していることでも有名なアメリカのメーカーです。スタイリッシュなデザインのパソコン「Surfaceシリーズ」や周辺機器など、ハード関係も数多く販売しています。

マウスの種類も多く、なかにはタッチパネルや「Windowsタッチタブ」といった使い勝手を向上させる機能を有する製品もラインナップ。パソコン作業の効率化を検討している方にも要注目のメーカーです。

おすすめのBluetooth対応マウス|充電式

ロジクール(Logicool) Bluetoothマウス MX ERGO MXTB1s

エルゴノミクスデザインを採用した手に優しいBluetoothマウスです。調節式のヒンジを搭載しており、0〜20°まで好みの角度に調節できるのが特徴。自然な体勢で使えるため、長時間の作業でも快適に使えます。

センサーには光学式を採用。チルト機能付きのホイールを備えているので、水平方向のスクロールも快適です。また、フル充電で最長4ヶ月使用できます。1日中、マウスとキーボードを触り続けるクリエイターにおすすめのモデルです。

ロジクール(Logicool) Bluetoothマウス MX Master 3 MX2200sGR

7つのボタンを搭載している高機能モデルです。使用するアプリ毎にカスタマイズできるのが特徴。作業の効率化を図りたい方におすすめのBluetoothマウスです。PhotoshopやWord/Excelなど事前に定義済みのアプリも多くあり、購入後すぐに活用できます。

マルチOSに対応しているのもポイント。WindowsやMacOS、Linuxといった複数のOS搭載機で使用可能。また、iPad OSでも動作するため、iPadでマウスを使いたいと考えている方にも適しています。

最大3台のデバイスとペアリングができるのも魅力。自宅とオフィスのデスクトップパソコンに加え、出張用のノートパソコンなどともペアリングができます。

ロジクール(Logicool) Bluetoothマウス ANYWHERE 2S MX1600sGR

「Darkfieldトラッキングテクノロジー」を搭載したBluetoothマウスです。LEDとセンサーの位置を工夫することで、幅広い表面に対応することが可能。ガラス面を含めさまざまな場所で精度よく動作します。

重量は106gと軽量。外出先や移動中など頻繁に持ち運んで使用する方におすすめのモデルです。また、付属の「Unifyingレシーバー」を使えば、Bluetooth機能を搭載していない機器でも使えます。

WindowsやMac、Linuxといった複数のOS搭載機で利用することが可能です。最大3台のデバイスとのペアリングができ、ボタンをタッチするだけで簡単に切り替えられます。

ロジクール(Logicool) Bluetoothマウス MX Vertical MXV1s

長時間使用しても疲れにくいBluetoothマウスを探している方に適したモデル。57°に傾斜した縦型デザインを採用しており、自然な位置で握れるのが特徴です。

表面にはラバー加工が施されており、しっかりとしたグリップ感と快適な握り心地を実現しています。また、4000dpiの高精度センサーを搭載。400~4000まで50dpi単位で設定ができるので、作業内容に応じて操作しやすい解像度が選択できます。

Bluetooth接続以外にも、USBケーブルでの接続も可能。相手側のデバイスや用途によって選べるおすすめのモデルです。

エレコム(ELECOM) Bluetoothマウス CAPCLIP M-CC2BRS

収納時のサイズが41×52×30.3mmとコンパクトなBluetoothマウスです。持ち運びやすい製品を求める方におすすめのモデル。本体収納用のキャップを装着することで、使用の際には小型マウス並の操作感を得ることが可能です。

静音スイッチを搭載しているため、会議室や図書館など音が気になる場所でも使えます。また、省電力性能に優れたIRセンサー方式を採用しており、フル充電で約1ヶ月の使用が可能。さらに、電池残量ランプで充電時期が把握しやすいので便利です。

キャップにクリップが付いているのもポイント。パソコンのモニターやポケットなどさまざまな場所に挟んでおけるため、使わないときや携帯する際に重宝します。

アップル(Apple) Bluetoothマウス Magic Mouse 2

MacBookやiMacを使っている方など、純正品にこだわりがある方におすすめのBluetoothマウス。従来モデルの電池式から充電タイプに変更されており、電池を購入したり交換したりする手間が省けるので便利です。

マウス表面が「Multi-Touch」に対応しているのもポイント。ジェスチャーにより、スクロールやスマートズーム、Mission Controlなどを実行することが可能です。マウスから手を離さずさまざまな操作ができ、作業の効率化が図れるモデルです。

FENIFOX Bluetoothマウス

厚さが14mmほどと薄型のBluetoothマウスです。カバンやリュックの中でもかさばらず気軽に持ち運ぶことが可能。マウスを携帯する機会が多い方におすすめのモデルです。静音設計で、静かな場所でも周囲を気にせず使用できます。

電源にはUSB充電方式を採用。充電器やモバイルバッテリー、ノートパソコンからなど複数の充電方法が選べます。また、WindowsやMac、Androidといった幅広いOS搭載機で使用できるのも魅力です。

HOKONUI Bluetoothマウス

Bluetooth 5.0規格に対応した製品です。気軽に購入できる安い価格が魅力のBluetoothマウス。2.4GHzの無線接続に対応しているのが特徴。Bluetooth機能を搭載していないデスクトップパソコンで使いたいときなど便利です。

また、静音設計でまわりを気にせず使いやすいのも魅力。コスパに優れたワイヤレスモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのBluetooth対応マウス|電池式

ロジクール(Logicool) Bluetoothマウス MULTI-DEVICE SILENT M590GT

クリック感はそのままに、従来モデルと比較して90%以上の静音化を実現したBluetoothマウス。静かな図書館やカフェでも周囲に気兼ねなく操作できるのが魅力です。

2つのサムボタンを搭載しており、進む・戻る機能が割り当てられているのでウェブサイト閲覧時に便利。「Logicool Options」をダウンロードすれば、頻繁に利用するアプリで使いやすいようカスタマイズすることも可能です。OSは、Windows・Macどちらにも対応しています。

電池寿命が長いのも魅力。単三乾電池1本で最大2年も使えるため、面倒な交換作業はほとんど必要ありません。電池の交換時期がわかりやすいよう残量インジケーターを搭載しているなど、使い勝手を考慮した設計がされているおすすめのモデルです。

ロジクール(Logicool) Bluetoothマウス M337

携帯しやすいコンパクトデザインのBluetoothマウスです。手の平にフィットする形状とラバーグリップにより長時間の作業も快適。単三乾電池1本で最大10ヶ月使用できます。

ナビゲーションボタンを搭載しているのもポイント。ボタンを押しながら上下左右に動かすことで、ジェスチャー機能が使用できます。ズームや回転、音楽再生といった機能が手元で実行できるため便利です。

マルチOSに対応しているのもポイント。WindowsOSをはじめ、MacやAndroid、Chromeなど、幅広い機器で使用できるおすすめのモデルです。

ロジクール(Logicool) Bluetoothマウス MULTI-DEVICE M585GP

2台のパソコン間をシームレスに移動できる「LOGICOOL FLOW」対応モデルです。異なるOS間でも動作するため、Windowsパソコンで作成した書類をコピーしてMacBookに貼り付ける、といった操作も簡単に行えます。

高速スクロールができるホイールを搭載しているのもポイント。縦に長い文書や、Webサイトもスムーズに確認できます。また、単三乾電池1本を使用し、最大2年間動作するのも魅力。手間のかかる電池交換頻度が少ないおすすめの製品です。

ロジクール(Logicool) Bluetoothマウス Pebble M350GR

シンプルかつモダンなデザインを採用したBluetoothマウス。従来モデルより約90%静音化されているので、周りに気兼ねなく使用することが可能です。グラファイト・ローズ・ホワイトの3色がラインナップされており、好みに合わせて選択できます。

無線接続に対応しているのもポイント。本体に格納されているUSBレシーバーを使えば、Bluetooth非対応の機器でも使用できます。背面のボタンを長押しすることで、Bluetoothと無線の切り替えも容易に行えるおすすめのモデルです。

ロジクール(Logicool) Bluetoothマウス G604 LIGHTSPEED

15個のコントロールボタンを搭載したゲーミングモデル。ゲーム内容に応じてカスタマイズができるため、戦闘を有利に進めることが可能です。MMOやMOBAといったゲームで活躍します。

Bluetoothだけでなく、ワイヤレスレシーバーでの接続も可能。「LIGHTSPEEDテクノロジー」を採用しており、遅延の少ない安定した接続が行えます。ワイヤレス環境でゲームを思いっきり楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) Bluetoothマウス M-XGM10BB

Blue LEDセンサーを搭載したモデルです。小さな凹凸にも正確に反応するため、使用環境を選ばないのが特徴。紙の上はもちろん、ガラス面や布、透明シートなど、さまざまな場所で使用することが可能です。

手の形状を参考に作られた独自のデザインを採用。しっかりとフィットして握りやすいので、長時間の作業も快適に行えます。

マルチペアリング機能を搭載しているのも魅力。最大2台の機器とのペアリングが可能で、2つのデバイスはスイッチ操作で簡単に切り替えられます。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

エレコム(ELECOM) Bluetoothマウス M-BT12BR

Bluetooth 3.0規格に対応した製品です。電力消費の少ないIR LEDを採用しています。単四乾電池2本で約10ヶ月使用できる長寿命が魅力。長い間面倒な電池交換作業をせずに使える、Bluetoothマウスを探している方におすすめのモデルです。

シンメトリーデザインを採用しているのもポイント。左右が対称に設計されているため、右・左どちらが利き腕の方でも快適に利用できます。価格もリーズナブルなので、ぜひチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) Bluetoothマウス M-TM10BB

厚さが28mmと薄型デザインのBluetoothマウスです。ブリーフケースや小さなハンドバッグの中でもかさばらず携帯しやすいのが特徴。出張や外回りでマウスを持ち出す機会が多い方におすすめのモデルです。

専用ポーチが付属しているため、持ち運びしやすいのも魅力。上質なソフトレザー素材を採用しているので、ビジネスシーンでも違和感なく使用できます。

Blue LEDを搭載しており、場所を選ばず使えるのもポイント。さらに、プレゼン時に役立つ「プレゼンテーションモード」を備えており、スライドの送り・戻し操作が行えるので便利です。

マイクロソフト(Microsoft) Bluetoothマウス Arc Mouse ELG-00007

薄型のスタイリッシュな製品です。約82.5gと非常に軽量なため持ち運びも簡単。アーチ型に折り曲げることで電源が入り使用可能になる、ユニークな機構を採用しています。

Windows 8・8.1・10を搭載する機器で使用が可能。ただし、Bluetooth 4.0に対応している必要があるので、購入を検討している方は事前に確認しておきましょう。また、単四アルカリ乾電池2本で最長6ヶ月動作するなど、バッテリー寿命が長いのも魅力です。

マイクロソフト(Microsoft) Bluetoothマウス Sculpt Comfort Mouse H3S-00017

「Windowsタッチタブ」を搭載したBluetoothマウスです。クリックやなぞることで、スタートメニューをはじめOneNoteやTask Viewへのアクセスが可能。Windowsパソコンでの作業の効率化を図りたい方におすすめのモデルです。

人間工学に基づいたデザインを採用しており、長時間の作業に配慮された設計なのも魅力。また、4方向ホイールの搭載で上下左右と自在にスクロールできるため、Webサイトの閲覧や大きなスプレッドシートを扱う際にも重宝します。

デル(Dell) Bluetoothマウス WM615

携帯性と操作性のよさを兼ね備えたBluetoothマウスです。本体を捻って変形させる独自の構造を採用。使用時には手のひらにフィットするアーチ形状になっており、操作性は良好です。ホイールは備えておらず、スマートに操作できるタッチ式のスクロールパネルを採用しています。

携帯する際には、ツイストして薄型に変形させることが可能。かさばらないので簡単に持ち運べます。自宅やオフィス、カフェなど、場所を問わず使える製品を求める方におすすめのモデルです。

レイザー(Razer) Bluetoothマウス Basilisk X HyperSpeed

レイザー独自の「HYPERSPEED ワイヤレス技術」を搭載したBluetoothマウス。データプロトコルの最適化と超高速無線周波数を使用することにより、高速通信と低遅延を実現しているのが特徴です。

高性能ながら低消費電力なのもポイント。最大450時間動作するため、毎日長時間ゲームをプレイする方にもおすすめです。ゲーム用途に適したマウスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。