最近ではタブレットタイプも増えてきたパソコン市場。タブレットはタッチパネルでの操作が便利ですが、マウス操作の方が便利なこともあります。また、ノートパソコン自体が軽量化している背景もあり、一度に使用できるUSBポートが限られているモデルも少なくありません。

そこで今回は、「Bluetooth対応マウス」をご紹介。あわせて選び方についても解説しているので、興味がある方はチェックしてみてください。

Bluetoothマウスのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

Bluetoothマウスは、有線接続タイプのマウスのようにケーブルを必要としないのがメリット。無線接続できる範囲内であれば、パソコンやタブレット、スマホから離れても使用できるのがポイントです。また、本体にケーブルがついていないので、鞄に収まりやすく携帯性にも優れています。

有線式のマウスは、接続ケーブルからの給電で駆動。Bluetoothマウスは内蔵の充電式バッテリーや電池からの給電で駆動します。バッテリーの充電や電池の交換を怠ると、必要な際に使用できないトラブルにつながるので注意しましょう。

また、周囲の電波状況によって影響を受けやすいのもBluetoothマウスのデメリット。通信の安定性を求めるのであれば、Bluetoothバージョンの新しいモデルがおすすめです。

Bluetoothと2.4GHzマウスの違い

By: amazon.co.jp

ワイヤレスマウスには、「Bluetooth」を利用するモノと「2.4GHz」の無線を利用するモノの2種類が存在します。2.4GHzマウスは、接続する機器にUSBレシーバーを挿して使用するタイプ。接続安定性には優れていますが、USBポートが必要になるデメリットもあります。

Bluetoothマウスは、本体だけで接続できるのがメリット。USBレシーバーも必要なく、接続する機器がBluetoothに対応していれば、簡単にペアリングできます。USBポートの数や種類が限られているタブレットやスマホと接続する場合にもおすすめです。

Bluetoothマウスの選び方

Bluetoothのバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothのバージョンが異なるモノ同士を繋げると、低いバージョンが優先されます。例えば、Bluetooth 5.0に準拠したマウスとBluetooth 4.0に準拠した機器を接続すると、前者のBluetooth 5.0の機能は発揮されず、後者のBluetooth 4.0の機能しか使用できません。

バージョンが異なる同士でも接続できますが、Bluetoothの機能を最大限に発揮したい場合は、接続したい機器と同じバージョンに準拠したマウスを用意しましょう。

電源方式で選ぶ

充電式

By: logicool.co.jp

充電式のメリットは、USBケーブルで給電を行えるため、電池交換の手間がかからない点。また、充電しながらマウスを使用できるモデルを選べば、電池切れによって作業を中断する必要がなく便利です。

一方で、充電に時間を要するので要注意。電池が切れた状態から満充電までに3~4時間ほどかかるため、その間はUSBケーブルを接続しながら作業を行う必要があります。

電池式

By: amazon.co.jp

電池式のメリットは、電池が長持ちしやすいモデルが多い点です。電源スイッチや自動でスリープ状態になる省電力型のマウスであれば、1年ほど電池を交換せずに使用できるモデルもあります。

一方で、電池の残量がなくなると電池を交換するまでマウスを使用できません。また、電池を交換する頻度が多ければ多いほど、ランニングコストがかかってしまうので注意が必要です。

マウスの種類をチェック

スタンダードタイプ

By: logicool.co.jp

スタンダードタイプのマウスは、5つの指を使ってしっかりと握れるのが特徴。力の加減によって自由にマウスを動かせるため、デザイン作業など細かなカーソル移動が求められる用途におすすめです。大小さまざまなモデルがラインナップしており、自分の手のサイズにあったモノを選べます。

小型(薄型)マウス

By: rakuten.co.jp

携帯性を重視する方は、小型や薄型のBluetooth対応マウスがおすすめ。小さなカバンに入れてもかさばりにくく、移動中における荷物の負担を軽減できるのが魅力です。また、手が小さい方でも握りやすく、快適にマウス操作を行えます。

エルゴノミクスマウス

By: amazon.co.jp

エルゴノミクスマウスは、人間工学に基づき設計されているマウスです。本体全体に傾斜角が付いており、手をひねる必要がありません。自然な状態を維持しながらマウスを握れるため、長時間の作業による疲れを軽減する効果が期待できます。

また、親指部分にスクロールホイールや進む・戻るボタンを搭載しているモデルもあり、Webブラウジングなどで操作性を高められるのもポイントです。

トラックボールマウス

By: amazon.co.jp

トラックボールマウスは、省スペースで作業を行いたい方におすすめ。本体に取り付けられている球体を回すことでカーソルを移動させるため、パソコンやキーボードなどでデスクが埋まってマウスを動かしにくい場合でも安心です。また、手全体ではなく、指先のみを使って操作することで、手首の疲れを軽減できます。

なお、Webブラウジングや事務作業であれば快適に行えますが、精確なカーソル移動を必要とするゲーミングや画像編集などの用途には向いていないので留意しておきましょう。

センサータイプをチェック

By: amazon.co.jp

マウス本体の動きを読み取るセンサーには、光学・レーザー・IRセンサー・Blue LEDの4種類があります。光学式は安価で購入でき、IRセンサー式は消費電力が低いのが特徴です。一方で、光沢面やガラス面に弱いという側面があります。

また、マウスを使う場所を選べない場合や、外出時での使用が多い場合は、レーザー式やBlue LEDタイプがおすすめ。読み取り性能に優れており、さまざまな場所で使えます。

ボタン数・スクロール機能をチェック

By: razer.com

Bluetooth対応マウスを選ぶ際は、ボタン数やスクロール機能も要チェック。左右クリックにスクロールホイールが付いた3ボタン式や、ブラウザの戻る・進むが簡単に行えるサイドボタンが付いた5ボタン式などがラインナップされています。

また、スクロールホイールに関しては、左右に倒して横方向スクロールが可能なモデルを要チェック。マウスをその場に置いたままカーソル移動できるトラックボール付きの製品であれば、ゲーム利用やWebページの閲覧などにおすすめです。

静音性をチェック

By: rakuten.co.jp

オフィスだけでなく外出先でもBluetoothマウスを使う機会が多い方は、製品の静音性についてもしっかりとチェックしておきましょう。静かな場所で操作する際にでるクリック音は、想像以上に大きく響くもの。静音設計されたモデルであれば、周りに気兼ねする必要もなく作業に集中することが可能です。

対応端末をチェック

By: amazon.co.jp

対応端末のチェックはBluetoothマウスを選ぶ際の最も重要なポイントです。WindowsやMacOS、ChromeOSなどデバイスが搭載するOSはさまざま。よく確認せずに購入してしまうと、上手く接続できなかったという事態にもなりかねません。

製品によっては一部の機能がWindowsもしくはMacOS上でしか動作しないなど、制限が存在するモノもあります。購入前に所有しているパソコンの端末に対応しているかどうか確認しておきましょう。

Bluetooth対応マウスのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

1981年にスイスで設立された、パソコンの周辺機器を販売するメーカーです。主にマウスやキーボード、ヘッドセットなどを取り扱っています。

マウス製品は一般用途向けの「logicool」とゲーミングブランドの「logicool G」を展開。いずれのブランドも形状や接続方式、センサーなどの違いにより、多くの機種をラインナップしています。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

大阪に本社を構える日本のメーカー。パソコン周辺機器や、スマホ・タブレット関連のアイテムを数多く取り扱っているのが特徴です。

マウス製品は有線接続タイプをはじめ、BluetoothやUSBレシーバーを使ったワイヤレスモデルも展開。ホームユースからビジネスやゲームまでさまざまなシーンで活躍する製品を揃えています。なかには、プレゼンのスライドが操作できるなどリモコン代わりに使える製品もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

マイクロソフト(Microsoft)

By: amazon.co.jp

WindowsOSを提供していることでも有名なアメリカのメーカーです。スタイリッシュなデザインのパソコン「Surfaceシリーズ」や周辺機器など、ハード関係も数多く販売しています。

マウスの種類も多く、なかにはタッチパネルや「Windowsタッチタブ」といった使い勝手を向上させる機能を有した製品もラインナップ。パソコン作業の効率化を検討している方にもおすすめのメーカーです。

おすすめのBluetoothマウス|充電式

ロジクール(Logicool) MX Master 3 MX2200sGR

クリエイターやプログラマー向けに設計されたBluetoothマウスです。1秒間に1000行のスクロールができるスチール製の「MagSpeed電磁気スクロール」を搭載。スピーディで精確なスクロールができるだけでなく、静音性にも優れています。

本製品は人間工学に基づいたデザインを採用。手のひらの形状にあわせたシルエットにより、快適に操作ができます。各ボタンは使用するアプリにあわせてカスタマイズが可能。作業効率の向上を図りたい場合にも適しています。

OSはWindowsとmacOSに対応。複数のパソコンをシームレスにコントロールできる「Logicool Flow」に対応している点もおすすめです。

ロジクール(Logicool) MX Anywhere 3 MX1700GR

精確に動作する「MagSpeed電磁気スクロール」を搭載したBluetoothマウスです。1ピクセル上で停止できる性能に加えて、1秒間に1000行の高速スクロールが可能。動作時のノイズが少なく静音性に優れているのもポイントです。

本体サイズは幅約65×奥行100.5×高さ34.4mm。比較的コンパクトな形状ながら、1回のフル充電で約70日間使用可能なバッテリーが搭載されています。また、1分ほどの充電で約3時間使用できる急速充電に対応している点もおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Precision Mouse

最大3台のパソコンをシームレスに操作できるBluetoothマウスです。Bluetoothによるワイヤレス接続に加えて、有線接続にも対応。幅広い機器と接続して使える点が魅力です。本製品は人間工学に基づいたデザインを採用。手や手首にかかる負担を抑えられ、長時間の作業でも疲れにくいメリットがあります。

サイドに搭載されている3つのサムボタンはプログラミングが可能。頻繁に使用する操作を割り振れば、作業効率の向上が図れておすすめです。

アップル(Apple) Magic Mouse 2 MLA02J/A

AppleのスタイリッシュなBluetoothマウスです。本体サイズは幅57.1×奥行113.5×高さ21.6mmとスリム。重量は99gほどなので、携帯性にも優れています。内蔵バッテリーとの継ぎ目のないボトムシェルにより、スムーズな操作が可能。デスク上やマウスパッド上で動かしやすいのがポイントです。

また、マウス表面は「Multi-Touch」に対応しているので、シンプルなジェスチャーでWebページのスワイプやドキュメントのスクロールが可能。直感的な操作ができる、おすすめの製品です。

エイスース(ASUS) ROG Chakram P704

ワイヤレス充電に対応したBluetoothマウスです。Qi規格の対応のマウスパッドや充電パッドを利用すれば、ケーブルを接続せず充電可能。有線で充電する場合には急速充電に対応し、15分ほど充電すれば最大12時間の使用が可能になります。

サイドにはカスタマイズ可能なジョイスティックを搭載。長さの違うジョイスティックを好みに応じて付け替えられるのがポイントです。本製品はBluetooth接続に加えて、2.4GHz無線接続や有線接続にも対応。接続の安定性や遅延が気になる方にもおすすめです。

レイザー(Razer) RAZER PRO CLICK RZ01-02990100-R3M1

オフィスツールのブランドである「ヒューマンスケール」と共同開発されたBluetoothマウスです。人間工学の研究者やデザイナーによって設計されているのが特徴。パームサポートが手首を支え、緊張の軽減と腕の位置保持を助ける仕様と謳われています。

センサーには「RAZER 5G 高性能オプティカルセンサー」を採用。微細なマウスの動きを検知できるので、精確なカーソル操作が行えます。Bluetooth接続の場合は最大400時間のバッテリー駆動が可能。接続安定性に優れた2.4GHzの無線接続を利用した場合でも、最大200時間のバッテリー駆動が可能です。

レイザー(Razer) RAZER DEATHADDER V2 PRO RZ01-03350100-R3A1

世界中で高い人気を集めるゲーミング用のBluetoothマウスです。センサーには最大20000DPIの解像度を備えた「Razer Focus+」を搭載。精確かつスムーズなカーソル操作が可能です。左右のボタンには「RAZER オプティカルマウススイッチ」を採用。しっかりとしたクリック感が特徴で、応答速度にも優れています。

バッテリーでの駆動時間は最大120時間。低遅延な「Razer HyperSpeed Wireless」を利用した場合でも最大70時間のバッテリー駆動ができる点がおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetooth IRセンサーマウス MA-BTIR116

持ち運びに便利な薄型のBluetoothマウスです。ボディ中央にヒンジが搭載されており、フラットな形状にして持ち運び可能。使用する際にヒンジ部を曲げれば、自動で電源が入る仕様です。Bluetoothによる接続は、最大3台までの機器とマルチペアリングが可能。パソコンに加えて、タブレットやスマホで使用する場合にもおすすめです。

本製品は800・1200・1600の3段階でカーソル速度の切り替えが可能。使用する用途や好みに応じて、ボタン1つで簡単に変更できる点も魅力です。

おすすめのBluetoothマウス|電池式

ロジクール(Logicool) M590 MULTI-DEVICE SILENT

静音性に優れた電池式のBluetoothマウスです。クリック音はもちろん、ラバー素材が採用されたホイールの音も静か。マウスパッドと接地する部分にも高性能素材が採用されており、静かでスムーズな滑りを実現しています。

スクロールホイールは精確性に優れており、高速かつ簡単なスクロールが可能。WebページやOfficeソフトで作成した資料を快適に閲覧できます。サイドには、2つのサムボタンを搭載。「Logicool Options」ソフトを利用すれば、任意のコマンドをプログラミングできます。

駆動には単3形乾電池1本を使用。「自動スリープモード」やONOFFスイッチよって、約24ヶ月使用できる点もおすすめです。

ロジクール(Logicool) Logicool Pebble M350

ミニマルでモダンなデザインが人気のBluetoothマウスです。本体サイズが幅59×奥行107×高さ26.5mmとスリム。鞄はもちろん、ポケットにも収まるサイズで携帯性に優れています。ボディがソフトで丸みのある形状なので、手のひらにも自然にフィット。長時間でも快適に使えるのがポイントです。

給電には単3形乾電池1本を使用。最長で18ヶ月電池交換なしで使用できます。接続はBluetoothに加えて、付属のUSBレシーバーを利用した2.4GHz無線接続にも対応。接続の途切れや遅延が気になる場合にもおすすめです。

ロジクール(Logicool) Gシリーズ G603 LIGHTSPEED WIRELESS GAMING MOUSE

ロジクールが設計した高性能オプティカルセンサーが搭載されたBluetoothマウスです。DPIは200~12000の間で調節が可能。精度だけでなく、電力効率に優れているのもポイントです。給電には単3形乾電池2本を使用。最長約18ヶ月電池交換なしで使えます。

本製品は、Bluetoothに加えてUSBレシーバーを利用したワイヤレス接続にも対応。2種類の接続方式によって、幅広い機器で使用できる点もおすすめです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth4.0 BlueLED 5ボタンマウス M-BT20BBシリーズ M-BT20BBBK

省電力性を重視して開発されたBluetoothマウスです。本体裏面には電源スイッチを搭載。不使用時の電池消耗を抑えられる設計です。電池の交換時期はスクロールホイール下の「電池残量表示ランプ」で確認できます。

センサーには、読み取り性能に優れたBlueLEDを採用。場所を選ばず快適に使用できるのが特徴です。サイドには2つのサムボタンを搭載。「エレコム マウスアシスタント」をインストールすれば、各ボタンに好みの操作をプログラミングできます。

手のひらに心地よくフィットする甲高のデザインもおすすめです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth BlueLEDマウス M-FBL3BBSシリーズ M-FBL3BBS

静音スイッチを搭載したリーズナブルなBluetoothマウスです。周囲に人がいる環境や夜間の使用におすすめ。時間帯に関わらず作業ができるのがポイントです。センサーにはBlueLEDを採用。高い読み取り性能を備えており、場所を選ばず快適に使用できます。

また、耐久性の高いOMRON社のスイッチを採用。長期間愛用できる、おすすめの製品です。

エレコム(ELECOM) Bluetooth IRマウス M-BT12BRシリーズ M-BT12BR

左右対称なシンメトリーデザインを採用したコスパに優れたBluetoothマウスです。右利き左利きを問わず、快適に使用可能。シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力です。センサーには省電力なIR LEDを採用。単4形乾電池2本で、最長約10ヶ月間使用できます。

電池の交換時期は、本体上部の「電池残量表示ランプ」で確認可能。急な電池切れでマウスが使用できなくなるトラブルを防止できる点もおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Microsoft Bluetooth Mouse RJN-00008

コンパクトでモダンなデザインがおしゃれなBluetoothマウスです。本体サイズは幅58.2×奥行100.4×高さ38.3mm。携帯性に優れているだけでなく、心地よく手にフィットするサイズです。Bluetooth 5.0が採用されており、安定した接続ができるのもメリット。遅延を抑えた快適な操作性を求める場合にも適しています。

対応OSは、Windows10またはWindows8.1。Bluetooth 4.0以上に対応している機器で使用できます。駆動には単3形乾電池1本を使用。約12ヶ月電池交換なしで利用できる点もおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Arc Mouse ELG-00007

スナップ式で折りたためるBluetoothマウスです。携帯時はフラットに伸ばせるので、スリムな形状で携帯可能。使用する際にスナップ部をカーブさせれば、自動で電源が入ります。本体サイズは幅約55×奥行131×高さ14mmとコンパクト。重量は電池を含んでも82.5gほどなので、携帯時の負担も軽めです。

給電には単4形アルカリ乾電池2本を使用。最長で約6ヶ月使用できるので、頻繁に電池交換する手間を省きたい場合にもおすすめです。

サンワダイレクト(SANWA DIRECT) Bluetoothマウス 400-MABT158

手軽な価格で購入できるBluetoothマウスです。リーズナブルな価格にも関わらず、サイドには2つのサムボタンを搭載。Web閲覧やドキュメントソフトで、「進む」「戻る」ボタンとして使用できるのがポイントです。

カーソルの速度は1000と1600カウントの2段階で切り替え可能。スクロールホイール下のボタンで簡単に変更できるのもメリットです。マウス表面には、サラッとした感触が特徴のラバーコーティングを採用。手に馴染みやすく滑りにくい点もおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) BSMBB505Lシリーズ BSMBB505L

安定感のある使いやすい形状が魅力のBluetoothマウスです。サイドにくぼみをもたせたデザインを採用しており、マウス本体が持ち上げやすいのが特徴。手のひらの中心にあたる部分に重みをもたせ、操作性や使いやすさを向上した設計です。

サイドに搭載された2つのサムボタンは、グリップ部の下に配置。自然な指の動きで操作できるのがポイントです。左右のボタンやホイールボタンが静音性に優れているのも特徴。周囲に人がいる環境や夜間に作業する機会が多い場合にもおすすめです。

Rapoo M600mini

携帯性と耐久性に優れたBluetoothマウスです。ボディにはアルミ合金製のカバーを採用。手のひらに収まるスリムでコンパクトなサイズと堅牢性を両立しており、安心して持ち運べます。Bluetoothによるワイヤレス接続は、最大3台までの機器とマルチ接続が可能。パソコンに加えて、タブレットやスマホで利用する場合にも適しています。

左右のボタンはクリック音を低減した静音設計。周囲に人がいる環境や夜間に作業する場合にもおすすめです。

おすすめのBluetoothマウス|エルゴノミクス

ロジクール(Logicool) MX Vertical MXV1s

手首への圧力を軽減し、快適に使用できると謳われているBluetoothマウスです。デスク面に対して、手首を垂直に近い形で保持したままマウスの操作が可能。自然な握手の形でマウスが握れるので、長時間の作業も快適に行えます。

また、テクスチャード加工が施されたラバー表面が、しっかりとしたグリップをサポートするのもポイント。手の形にあうデザインがしっかりとしたグリップ感を向上させている点も魅力です。カーソルの速度や精度は「Logicool Options」ソフトでカスタマイズ可能。各ボタンのプログラミングができる点もおすすめです。

エレコム(ELECOM) EX-G Bluetooth BlueLEDマウス Lサイズ M-XGL10BBシリーズ M-XGL10BBBK

手の形状を考慮して設計された電池式のBluetoothマウスです。マウスを操作する際に使用頻度の高い「親指」と「薬指」に注目し、握りやすく使いやすいデザインを実現。安定感のある大きめサイズも魅力です。

左右のボタンには耐久性の高いOMRON社のスイッチを採用。クリック感も良好で、操作性にも優れています。サイドには、押しやすい形状のサムボタンを2つ搭載。「エレコム マウスアシスタント」を利用すれば、好みの操作をプログラミングできます。

センサーは読み取り性能に優れたBlueLEDを採用。細かな凹凸やホコリがあっても、精確にトラッキングしやすい点がおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse

人間工学に基づいて設計されたBluetoothマウスです。手を自然な位置に保ったままマウスの操作が可能。柔らかく握りやすい「サムレスト」を搭載しており、長時間の作業にもおすすめです。

給電には単4形アルカリ乾電池2本を使用。最大寿命は約15ヶ月なので、頻繁な電池交換を手間に感じる場合にも適しています。本製品は最大3台の機器をマルチ接続可能。パソコンだけでなく、タブレットやスマホでも使用したい場合におすすめです。

おすすめのBluetoothマウス|トラックボール

ロジクール(Logicool) MX Ergo MXTB1s

調節可能な独自のヒンジを搭載したBluetoothマウスです。0~20°の間でマウスの角度を変更可能。自然な手の位置でマウスを操作できるのがポイントです。トラックボールは親指で操作するタイプ。スイッチを押すだけで、カーソルの速度と精度を変更できます。

接続はBluetoothに加えて、2.4GHz無線にも対応。安定性を求める方はUSBレシーバーの使用もおすすめです。OSはWindowsとmacOSをサポート。2種類のワイヤレス接続を利用して、幅広い機器で使用できる点もメリットです。

本体にはバッテリーが内蔵されており、フル充電しておけば約4ヶ月間の使用が可能。1分ほどの充電で約8時間使用可能になる急速充電に対応しているのも特徴です。

エレコム(ELECOM) トラックボール EX-G PRO 親指操作タイプ M-XPT1MRXBK

長寿命部品を採用したハイスペックなBluetoothマウスです。左右のボタンには、耐久性が高くクリック感も良好なOMRON社のスイッチを採用。1000万回のクリックに耐える仕様です。ホイールスクロールは、光学式エンコーダを採用。稼働時における部品の摩耗が無く、耐久性に優れた設計です。

本製品には、有線接続用のケーブルとワイヤレスレシーバーも付属。Bluetooth・無線・有線の3種類の接続方式を使用環境にあわせて変更できる仕様です。有線接続時にはケーブルからの給電で駆動。バッテリー切れの際にも便利です。

トラックボールの動きは、高性能な光学式センサーで検出。精確なトラッキングが求められるゲーミンググレードのセンサーにより、快適なカーソル操作が行えます。本製品はプログラム可能な8つのボタンを搭載。使用用途や好みの応じて、操作性をカスタマイズできる点もおすすめです。

ケンジントン(Kensington) エキスパートマウス ワイヤレストラックボール No. K72359JP

スムーズかつ正確なカーソル制御が可能なBluetoothマウスです。トラックボールの動きを検知するテクノロジーにより、手をあまり動かさなくてもカーソルを精確に操作可能。作業効率のアップを図りたい場合にもおすすめです。

中央に搭載された大型のトラックボールは手のひらで操作するタイプ。左右対称なデザインなので、右利き左利きを問わず使用できます。トラックボールを加工ダイヤルを回せば、画面スクロールも簡単。Webページやドキュメントを快適に閲覧できる点も魅力です。

本製品には取り外し可能なリストレストが付属。手や手首を優しく支えられるので、長時間の作業にもおすすめです。