じょうろは庭やベランダでガーデニングを楽しむ方にとって大切なアイテム。水やりがしやすくデザインもおしゃれなモノを使えば、ガーデニングがますます楽しくなります。じょうろにはさまざまな形状があり、材質も異なるため、自分の使い方に合ったモノを選ぶのがおすすめです。

そこで今回は、じょうろの選び方とおすすめの製品をご紹介します。選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

じょうろの選び方

素材をチェック

安価な「プラスチック製」

By: amazon.co.jp

価格の安さでじょうろを選ぶなら、プラスチック製がおすすめです。ほかの素材に比べると耐久性は劣りますが、プラスチックそのものが軽いので水を入れても楽に扱えるのが特徴。カラーやデザインのバリエーションが豊富で、機能性の高いモノからおしゃれなモノまで揃っているため、好みのモノを見つけやすいのもポイントです。

プラスチック製のじょうろは日光に当てたままにすると劣化して割れやすくなるので、使い終わったら日陰に収納しておきましょう。金属製のように錆びることがないため、大事に使えば長く愛用できます。水を入れる水道が遠い場合や力に自信がない方は、軽いプラスチック製のじょうろを使うのがおすすめです。

おしゃれな「ブリキ製」

By: amazon.co.jp

ブリキ製のじょうろは庭やテラスに置いてあるだけでおしゃれに見えるのが魅力。育てた花や樹木と一緒に置いてインテリアとしても楽しみたい方におすすめです。

長く使えば使うほど味が出て、レトロな雰囲気を醸し出すのもブリキ製のじょうろの魅力。アンティークな雰囲気を好む方にも手適しています。

サビに強い「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

錆びにくくてデザインもおしゃれなじょうろを使いたい方には、ステンレス製のモノがおすすめ。シンプルでおしゃれに見えるモノが多く、モダンな雰囲気の庭や家によく合います。

デメリットは金属ならではの重さ。大きめのモノは本体そのものが重いため、水を大量に入れると水やりが重労働になる可能性があります。

ステンレス製のじょうろは、サイズの小さいモノを室内やベランダの植物用として使うのがおすすめ。部屋に置いておくと空間が洗練されたイメージになり、おしゃれに見えるのが魅力です。

頑丈で高級感のある「スチール製」

By: ikea.com

スチールは鉄に微量の炭素を合成した合金で、強度が高く丈夫なのが特徴。空気や水に触れ続けていると錆びやすいため、メッキや塗装で表面に薄い金属皮膜をコーティングしたじょうろが多数ラインナップされています。

スチール製のじょうろは重さがあるので、大量に水を入れて使用するのには不向きです。また、メッキがはがれてくると錆びやすいため、使用後は収納庫などに保管しておくと長持ちします。コンパクトなデザインのモノを選べば、毎日使っても負担になりにくいのでおすすめです。

アンティークな色合いが魅力の「銅製」

By: jorro.jp

銅は柔らかい金属で曲げたり切ったりする加工がしやすいため、細かい装飾が施されたモノや個性的な形のモノが多いのが特徴。モダンにもレトロにも見えるので、和風にも洋風にも合わせやすいのがポイントです。銅は耐蝕性が高く、錆びにも強いため長く愛用できます。

一方、銅は熱伝導性が高く、直射日光に当てたままにしておくとじょうろが高温になりやすいので注意が必要。使用後は水を捨てて、日が当たらない収納庫や日陰に保管しておきましょう。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

じょうろの容量は水やりをする花や植物の数に合わせるのがおすすめ。広範囲に植物があるなら、できるだけ容量が多いモノを選んだほうが水を汲む回数が減らせるので作業も早く終わります。なお、容量が大きいじょうろは水を入れると重くなるため、無理なく持ち上げて水やりできる素材で、適度な大きさのモノを選びましょう。

鉢植えがメインの場合は、鉢の数を数えてからじょうろの容量を決めるのがベスト。一般的には5号サイズの鉢植えには100~600ml、それより大きいサイズには600ml以上の水が必要です。鉢植えの土が乾いたら鉢底から水が出るまでたっぷり水やりする必要があるので、その点も考慮してじょうろの容量を決めましょう。

注ぎ口をチェック

By: jorro.jp

じょうろの注ぎ口には、細口とシャワータイプのハス口の2種類があります。植物の葉や花に水をかけたくない場合は、水差しのように水やりをできる細口を選ぶのがおすすめ。広範囲に水を撒きたいなら、シャワーのように水が広がるハス口を選ぶと水やりの作業が楽になります。優しく水を与えたい場合や、ハダニを予防するため葉に水をかけたい場合もハス口が便利です。

細口もハス口も使いたい場合は、注ぎ口が取り外せるモノを選ぶのがおすすめ。注ぎ口に付いているハス口を取り外すと細口になるので、植物に合わせて水やりができます。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

毎日の水やりが重労働だと苦痛に感じてしまうため、じょうろの重さをしっかりチェックしてから購入しましょう。特に容量が大きいモノを選ぶ際には、水を入れた際にどのくらいの重さなるかを考えておくことが大切です。

また、育てている植物の数が多い場合や庭が広い場合も、できるだけ軽いモノを選んだほうが無理なく水やりができるのでチェックしてみてください。

じょうろのおすすめ

タカギ(takagi) ジョーロ 4L GJ004FJ

育てている植物の数が多い方や庭が広い方におすすめの大きいじょうろ。4Lの大容量タイプなので、一度にたっぷり水やりができます。プラスチック製で本体が658gと軽いため、満水まで水を入れても重くなりすぎないのがポイントです。

水の注入口にはスライドカバーが付いており、水がこぼれにくいのも魅力。取り外し可能なハス口からは柔らかいシャワーが出るので、植物に優しく水やりできます。本体裏面にはフックが内蔵しており、ラティスやフェンスにひっかけて保管することが可能です。

Boloi じょうろ 3L

プラスチック製でおしゃれに見えるモノを探している方におすすめのじょうろです。持ち手と本体のフォルムが独特なのが特徴。カラーは落ち着いたグリーンで、植物や花との相性がよいのも魅力のひとつです。容量3Lのほかに5・8・10Lもあり、庭の広さや植物の数に合わせて選べます。

持ち手は人間工学に基づいてデザインされており、腕に負担がかかりにくい設計で水やりが楽にできます。また、UV保護加工を施したプラスチックを採用しているため、日光に当たって劣化しにくいのもポイント。耐久性とデザイン性が高く、使いやすいじょうろです。

Bibipangstore ミニ多機能水スプレーボトル 1L

葉水が必要な観葉植物への水やりに便利なじょうろ。本製品はじょうろとスプレーボトルが一体になっており、水やりしながら葉水を与えられるのがポイントです。じょうろとスプレーボトルを持ち替える必要がないため、素早く作業できます。多数の観葉植物を育てている方におすすめです。

デザインがモダンでスタイリッシュなのも魅力のひとつ。また、耐久性があり長く使い続けやすいポリプロピレンを採用しています。価格が安く、手軽に購入できるじょうろを探している方におすすめのアイテムです。

ナカヤ化学 ジョーロ 象さん 1L 2NKY73003

子供と一緒に水やりをしたい方におすすめのかわいらしいじょうろ。本体が小さいため、子供でも楽に扱えます。水やりだけでなく、子供の水遊びやお風呂のおもちゃとしても使えるのもポイントです。

ハス口から柔らかい水が出るので、植物に優しく水やりができます。また、価格も安いのが魅力。小さい子供にぴったりなじょうろを探している方におすすめです。

リッチェル コトリの水さし 215ml

家の中で育てている小さい観葉植物や、多肉植物に水やりするのに適したじょうろです。容量が215mlと少なめなので、小さい植物に少量の水を与えるのに便利。かわいらしい小鳥のような形にデザインされているのもポイントです。

水の出方が柔らかいのも魅力。注ぎ口が細いので、2~3号の小さいポットへの水やりに適しています。カラーはクリアグリーンのほか、クリアピンク・ブラック・ホワイトがあり、好みやインテリアに合わせて選ぶことが可能です。

Cesun ブリキジョーロ 3.8L

ブリキ製でレトロ感があるおしゃれなじょうろ。木やレンガとの相性がよく、カントリー風の庭によく合います。ブリキのじょうろはひび割れが生じにくく、長持ちするのがポイントです。

容量が3.8Lあるため、庭が広くても一度にたっぷり水やりができます。持ち運びに便利なハンドルが付いているので、楽に作業することが可能。ハス口は取り外せるため、植物に合わせて水やりができます。庭やテラスをおしゃれに見せるおすすめアイテムです。

セフティー3 ブリキジョーロ 1.6L JOLLL-16

庭の主役になるようなじょうろを探している方におすすめの製品。ビビットカラーのじょうろなので、緑の植物と一緒に置いておくとひと際目立っておしゃれに見えます。ブリキ製で木材やレンガにも合わせやすく、アンティークな雰囲気を演出することが可能です。

ハス口を取り外せるため、細口でも水やりができます。持ち手が2つ付いており、水やりも持ち運びもしやすいのがポイント。色違いでオリーブもあり、庭やベランダの雰囲気に合わせて選べます。オブジェとして庭に置くのにも適したアイテムです。

ACAMPTAR 園芸じょうろポット 900ml

ステンレス製のスタイリッシュなじょうろ。先が細い細口タイプで、小さい観葉植物や多肉植物に水やりするのにおすすめです。持ち手のデザインが個性的なので、観葉植物の横に置いておくと部屋の雰囲気がおしゃれに見えます。

容量は0.9L。満水にしても重くなりにくく、部屋の中の観葉植物だけでなく、庭やベランダの小さい鉢植えに水やりするのにも適しています。おしゃれで使いやすいじょうろを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

YISSN 小さな屋内長口じょうろ 300ml

小さいじょうろで高級感のあるモノを探している方におすすめの製品。本体の材質はステンレスでゴールドカラーに着色されているため、スタイリッシュなインテリアの部屋によく合います。色違いでシルバーとブロンズもあり、好みに合わせて選ぶことが可能です。

ハンドルは手によく馴染む形状で、水やりしやすいのもポイント。細口から優しく水が出るので、ミニプランツや多肉植物に適しています。容量は0.3Lで、水をたっぷり入れても重くなりにくいタイプ。置いておくだけで部屋のインテリアにもなるおしゃれなじょうろです。

イケア(IKEA) じょうろ 2.6L 401.694.50

スチール製でレトロなじょうろ。庭のフェンスにフックで掛けておけば、ちょっとしたインテリアになります。スチールは錆びやすい性質を持っていますが、亜鉛メッキが施されているため、使用後に水を出して乾かしておけば長く愛用することが可能です。持ち手が注入口の上にないので、水が入れやすく快適に使えます。

容量は2.6Lで、庭やベランダの鉢植えやプランターに水やりするのにおすすめ。また、注入口が大きいため、土を入れて植物を植えてもおしゃれに見えます。使いやすさとデザイン性を兼ね備えたじょうろです。

根岸産業 銅製 じょうろ 直口付き

銅製のじょうろを盆栽やミニプランツ用に購入したい方におすすめのじょうろです。容量は2L。注ぎ口は取り外し可能で、細口・ハス口のどちらにも対応しています。

また、幅68cmと長く、個性的でおしゃれなデザインなのもポイント。職人の手で丁寧に作られた、高級感のあるじょうろを探している方はぜひチェックしてみてください。