家庭でも簡単にできる”燻製作り”が人気を集めています。燻製といえばアウトドアのイメージがあるかもしれませんが、家庭用燻製器を使えば、燻製肉・スモークチーズ・香ばしいナッツなど、普段の晩酌をちょっと贅沢に楽しむことが可能です。

そこで、今回はおすすめの家庭用燻製器をご紹介。選び方のポイントはもちろん、IH対応機種やコンパクトなアイテムなども網羅しているので、興味がある方は要チェックです。

家庭用の燻製器とは?

By: amazon.co.jp

家庭用の燻製器は、野外ではなく室内、主にキッチンで使用することを想定して設計されています。主な特徴は、煙を外部に逃がさない高い密封性と、キッチンでも使えるコンパクトなサイズ感です。

オール電化が広く普及している現代では、直火を使わず電気で燻製が作れるIH対応の燻製器や、ボタンを押すだけで簡単に燻製ができる家電製品なども販売されています。また、スタイリッシュなデザインの製品が多く、キッチンのインテリアとしても人気です。

家庭用燻製器の選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

燻製器は大きく分けると、陶器タイプと、鉄・ステンレス・アルミなどを採用した金属タイプの2種類に分けられます。

陶器タイプは割れやすいので扱いには注意が必要ですが、価格の安さが魅力。これから燻製料理にチャレンジする方におすすめです。

金属タイプは頑丈さが特徴。衝撃に強く、土鍋と比べて長持ちします。また、お手入れが簡単なのもメリット。大型サイズのモノが多く、ホームパーティーなどでたくさん燻製を作りたい方は金属タイプがおすすめです。

燻製器に使う網を確認する

By: amazon.co.jp

燻製器選びでは、「網」も重要なポイントです。たくさんの食材で一度に燻製を作りたい場合、大きな網や2枚・3枚と複数の網を設置できるタイプがおすすめ。

また、網目の細かさも大切です。小さい網目のモノはナッツやチーズなど、小さな食材を置くときに重宝します。晩酌用に少しだけ作りたい方は確認しておきましょう。

なるべく深さのある燻製器を選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用燻製器でアウトドア専用器と同じような本格的な燻煙効果を得るのはサイズ的に難しいところがあります。家庭用燻製器で本格的な燻煙効果を得るには、できるだけ深さのある燻製器を選ぶことが重要なポイントです。

深さのある燻製器は煙がムラなく循環しやすいので、燻製がよりおいしく、香り高く仕上がります。また、熱源に近すぎると食材が焦げることがあるため、ある程度離すためにも深めの製品を選びましょう。

フタと鍋がぴったり合うものを選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭で気軽に燻製作りを楽しむためには、密閉性が重要です。陶器タイプ・金属タイプを問わず、フタと燻製器本体がぴったり合うかをチェックしましょう。密閉性が高いと煙の量を抑えられるだけでなく、食材のスモーキーさがアップします。

基本的に、陶器タイプは金属タイプと比べて密閉性は低めです。しかし、フタ周辺の溝に水を張ることで煙を漏らさないように工夫されているタイプもあります。室内で燻製料理を作りたい方は、密閉性に注目してみてください。

「おいしい!」と言わせたい。燻製作りで大切な2つのポイント

燻製する方法に応じた温度管理が大切

41ghbbp0bgl

By: amazon.co.jp

どんな料理にも最適な調理温度がありますが、燻製は特に温度管理が重要で、味と仕上がりが大きく変わってきます。経験が少ないうちは温度管理が難しいため、温度計付きの燻製器、または別途燻製用温度計を使用するようにしましょう。

燻製には3つの燻製法があります。1つ目は「熱燻」。80~140℃の高温で短時間(10~60分程度)燻煙をかける調理法です。燻製時間が短く温度管理が容易で、燻製作りが初めての方でも簡単にできます。

2つ目は「温燻」。30℃~80℃で燻煙をかける方法です。燻煙時間は数時間から1日程度。ほどよい柔らかさがあり、失敗も少ないので初心者向けの方法です。

3つ目は「冷燻」。10℃~30℃の低温で長時間燻煙をかける方法で、食材によっては3週間程度かかることもあります。カビや腐敗のリスクがあるため、上級者向けです。家庭用燻製器に向いている燻製方法は熱燻または温燻です。

食材に合った燻煙材を選ぼう

By: amazon.co.jp

燻製を作るときに使う木材「燻煙材」は、形状によって「スモークチップ」と「スモークウッド」に分けられます。例えばワインなら、肉料理には赤ワイン、魚料理なら白ワインといった相性があるように、燻煙材選びは食材の旨みを引き出し燻製のおいしさと味を左右する大切な要素です。

スモークチップは煙を出すために熱源が必要なため熱燻、スモークウッドは着火すれば熱源を使わずに煙が出続けるので温燻・冷燻に適しています。

また、燻煙材は木材の種類によっても仕上がりが大きく異なります。香りが豊かなサクラの木は、クセの強いラム・マトンなどの羊肉と好相性。果樹特有の甘い香りがするリンゴの木は、鶏肉・チーズ・練り物がおすすめ。ほかにも、クルミやメープルなどさまざまな燻煙材がありますが、それぞれ相性のよい食材が異なります。

家庭用燻製器のおすすめ

長谷園 いぶしぎん CK-10

長谷園 いぶしぎん CK-10

熱と煙をしっかり封じこみ、短時間で燻製ができる伊賀焼の土鍋「いぶしぎん」。ミニは2人分にちょうどよいサイズで、ほんの10分ほどで本格的な燻製が作れます。鍋のフタと器の間に水を浸すことで、シーリング効果を発揮し、煙が気になるご家庭におすすめです。

伊賀焼の土鍋特有の遠赤外線効果と余熱効果によって、食材の芯まで熱が通り、短時間でもおいしい燻製ができあがります。調理方法はシンプルで分かりやすく、初めての燻製作りにぴったりです。

陶製ながら目止めの必要がなく、お手入れも簡単。土鍋には、燻製用の網が2枚、陶製の鍋敷き、レシピブックが付属しています。空焚き可能なため、燻すほかにも、焼くなどの調理器として使えるところもメリットです。

アデリア(ADERIA) スモーク&スチームドーム F49482

アデリア(ADERIA) スモーク&スチームドーム F49482

燻製の調理過程を目でも楽しめる万古焼(ばんこやき)のおしゃれな土鍋。耐熱ガラスのフタから鍋の中身が見えるため、燻製が初めてでも失敗が少ないところが魅力です。

密封性がよく煙が外部へ漏れにくいため、キッチンで使用してもニオイが気になりません。ドームのなかを煙がムラなく循環するため、香り豊かな燻製に仕上がります。また、高さのあるドームは、大きい食材も容器に入れられるため便利です。

調理後は燻製をのせたまま燻製器ごとテーブルに出してもおしゃれ。ホームパーティーのおもてなし料理としても、特別なディナーの盛り上げ役としても活躍します。

ソト(SOTO) スモークポット ドン(Don) ST-127

ソト(SOTO) スモークポット ドン(Don) ST-127

温度管理で温燻も楽しめる温度計付きの美濃焼の燻製器。同封のオリジナルレシピを参考にすれば、タコや生ハムの温燻を作れます。どちらも60~80℃に温度を一定に保ちながら10分程度燻す必要があるため、温度計が必須です。

土鍋のように熱源と食材の距離が短い場合は、すぐに温度が上昇してしまいがち。温燻を調理するためには、温度計とにらめっこしながら火力を加減し続けるため、手間がかかります。温燻に挑戦する際は、時間と気持ちに余裕を持つことが成功する秘訣です。

蓄熱性が高い陶製の燻製器は、短時間でおいしい燻製を作れますが、温度差や衝撃が原因で壊れやすいという特徴があります。熱い陶器を急に冷ますと割れてしまうリスクがあるため、粗熱が取れてから洗うなど、注意が必要です。

サーモス(THERMOS) イージースモ-カー RPD-13

サーモス(THERMOS) イージースモ-カー RPD-13

魔法瓶で有名なサーモスが開発したセラミックス製の燻製器。400℃まで耐えるセラミック鍋と、魔法瓶で有名な真空断熱技術を応用した保温容器がセットになった製品です。短い加熱時間と簡単な手順で燻製を作れるため、燻製料理が初めての方でもほぼ失敗がありません。

作り方は、鍋にスモーキングチップと食材をセットし、煙が出るまで強火で加熱した後、フタをして5分間弱火で加熱します。すぐに保温容器に鍋をセットし15分ほど待てば熱燻のできあがり。温度管理が必要なく、燻製中はのんびり待てるため気楽です。

密封性がよく鍋から逃げる煙も少ないため、キッチンで調理ができます。セラミック製品の特徴として、冷めても汚れが落としやすくお手入れが簡単なところもメリット。レシピブックとウッドチップも付いてくるため、届いた日から燻製を作れる手軽さも魅力です。

東彼セラミックス(Tohi Ceramics) ニュートーセラム鍋 TSR-190CM-B

東彼セラミックス(Tohi Ceramics) ニュートーセラム鍋 TSR-190CM-B

セラミックス製品専門の東彼セラミックスが開発したニュートーセラム鍋は、多彩な調理方法に対応した万能鍋。700℃までの熱に耐えられ、空焚きができるため、熱燻の調理にも最適です。

セラミックス鍋は、燻製の調理過程で鍋に焦げついた汚れを、金属たわしやブラシを使って簡単にこすり落せるところが大きなメリット。お手入れに気を使わなくてもいいため、存分に燻製を楽しめます。

蓄熱効果があるため余熱を使って調理でき、省エネです。ガスコンロ・電子レンジ・オーブン・IHと熱源を選ばないため、キッチンでもアウトドアでも燻製を楽しめます。また、燻製だけでなく、蒸す・焼く・煮るなど毎日の料理の調理にも使えて便利です。

ベルモント(Belmont) 鉄製燻製鍋H-027

ベルモント(Belmont) 鉄製燻製鍋H-027

アウトドア用品を専門に扱うベルモントが開発した、内部温度が測れる鉄製の燻製鍋。鍋のフタには小さな穴が開いており、別売りの温度計を差し込めば温度測定ができます。火加減を上手に調節すれば、温燻も楽しめるところが魅力です。

材質が鉄のため、高熱でも変形せず、誤って落としても陶器のように割れません。モノ持ちのよい燻製器をお探しの方にぴったり。ただし、鉄製の鍋はサビやすいため、洗った後は水分を拭きとるなど、お手入れの仕方に工夫が必要です。

イシガキ産業 IH対応鉄人鍋 6199-055

イシガキ産業 IH対応鉄人鍋 6199-055

電子レンジや魚焼きグリルなどの調理機を製造する、イシガキ産業のIH対応の鉄製燻製器。IHで燻製を楽しめるため、ガスコンロを用意する手間が省けます。

鉄の鍋は比較的重みがありますが、両側に取っ手が付いているため、安全に持ち上げられるので便利です。フタを閉めるとしっかりと煙が閉じ込められるため、短時間で燻製ができあがります。

密封性が高いがゆえに、水分が鍋に溜まってチップが湿ったり汚れたりするケースがあるため、定期的にフタをあけ余分な水分をティッシュなどで拭きとるのがおすすめです。

コールマン(Coleman) コンパクトスモーカー 2000031269

コールマン(Coleman) コンパクトスモーカー 2000031269

丸いフォルムがインテリアとしても人気のステンレス製燻製器。おしゃれなデザインは、燻製作りの気分を盛り上げてくれます。小型ながらスモーカー内部には2枚の網をセットできるため、一度に大量の燻製を作りたい方にもおすすめです。

フタと容器の隙間に水を注ぐと煙が逃げにくくなり、換気扇を回せばキッチンにニオイも残りません。また、ステンレスの燻製器は鉄製に比べると高価ですが、サビに強くお手入れが簡単です。さらに収納ケースも付いており、コンパクトに収納できます。

ツヴィリング(Zwilling) スチーム&スモーカーセット 40999-028

ツヴィリング(Zwilling) スチーム&スモーカーセット 40999-028

調理用器具を専門とするツヴィリングが、最新のテクノロジーを駆使した燻製器。IHクッキングヒーターにも対応しているため、オール電化のご家庭や、火の扱いが苦手な方でも気軽に燻製を楽しめます。

密封性がよく煙を逃がさないため、換気扇を回していれば煙も臭いも気になりません。さらに「シグマクラシック(SIGMA Classic)」と呼ばれる蓄熱性に優れた構造のおかげで、必要最低限の加熱で調理できるため、ガス代を節約できます。

また、スモーキングチップをのせる鍋底と食材を置く網の間には、ドーム状のカバーを取り付けられるため、食材の水分がたれてチップが汚れてしまうことを防げる点も優秀です。

キャメロンズ(Camerons) ミニスモーカー

キャメロンズ(Camerons) ミニスモーカー

世界的に有名な燻製器を製造するキャメロンが開発した、マルチな熱源に対応したステンレス製の燻製器。IH・ガスコンロ・オーブン・炭火などで使用できるため、どんな場所でも燻製作りを楽しめます。

また、ハンドル部分が折りたためるため、収納も持ち運びもコンパクトです。フタと容器の隙間から少し煙が漏れだしてしまいますが、換気扇を回していれば部屋に煙やニオイを最小限に抑えられ気になりません。

ステンレス製ならではのお手入れのしやすさと、落としても壊れない耐久性があり、世界中で愛用されています。

ロゴス(LOGOS) LOGOSの森林 スモークタワー 81066000

ロゴス(LOGOS) LOGOSの森林 スモークタワー 81066000

バーベキュー用品を扱うロゴスが開発した、温薫も熱薫も楽しめる円柱タイプのステンレス製燻製器。食材と熱源との間に距離があるため、備え付けの温度計を参考に簡単に温度を調節できます。自家製ベーコンやソーセージの温燻を作りたい方におすすめです。

温薫の場合は温度を80℃に保つ必要があります。スモークタワーでは、スモークウッドに点火し、ゆっくり加熱しながら温度を上げるため、初心者の方でも簡単です。容器の密閉性が低く、煙が周囲に広がりやすいため、庭やガレージなど屋外での使用に向いています。

グリチネ(GLICINE) 燻製スモークロースター ASR-240(KH)

グリチネ(GLICINE) 燻製スモークロースター ASR-240(KH)

温度と時間を設定するだけで簡単に燻製ができる家電タイプの燻製器。温度管理も時間管理もすべて機械に任せられるため失敗がほとんどなく、初心者の方でも本格的な燻製を楽しめます。ただし、温度設定は100~250℃となるため熱薫専用です。

ガスコンロもIHコンロも必要がなく、スモークロースターひとつで簡単に燻製が作れます。事前に準備すべきものは、食材とスモーキングチップのみ。レシピやお試し用チップが同梱されているため、食材さえあればすぐに燻製を始められます。

パナソニック(Panasonic) スモーク&ロースター けむらん亭 NF-RT1000

パナソニック(Panasonic) スモーク&ロースター けむらん亭 NF-RT1000

触媒の力で煙やニオイが気にならない家電タイプの燻製調理機。内蔵されたファンが、燻製容器から出た煙や水蒸気を触媒フィルターまで送り出し、ニオイ成分を無味無臭の気体として分解・排出します。排気がクリーンなため、室内での燻製調理に最適です。

また「オートクリーンモード」のボタンを押すと、触媒がロースターの内側に付いた汚れを水と二酸化炭素に分解するので、掃除がラクラク。少しの手間で調理ができるため、晩酌のおつまみに少量の燻製を作りたい方にもおすすめです。