手軽に燻製を手作りできる「燻製器」。アウトドアの定番アイテムとして人気がありますが、最近では家庭でも燻製作りを楽しむ方が増えています。しかし、一口に燻製器といっても、素材やサイズ、形状などは多種多様。また、使用できる熱源や調理できる食材の量も製品によってさまざまです。

そこで今回は、アウトドア用と家庭用に分けておすすめの燻製器をご紹介。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

燻製器の種類

キャンプ・アウトドア用

By: uniflame.co.jp

アウトドア用の燻製器は、サイズの大きなモノが多いのが特徴。バーベキュー用の高火力な炭火やバーナー、低火力なスモークウッドなど、屋外ならではの熱源を使って調理できます。

高さのあるモノなら、魚や肉などをフックで吊るして丸ごと調理も可能。また、網棚を2段以上設置できるモノなら、一度に大量の燻製を作れます。バーベキューやキャンプなど、家族や友人と大人数で燻製作りを楽しめるのがメリットです。

さらに、アウトドア用の燻製器のなかには、折りたたんでコンパクトに持ち運べるモノもラインナップ。キャンプ用の荷物が多い場合でも、ラクに持ち運べます。車のトランクにも省スペースで収納できて便利です。

家庭用

By: amazon.co.jp

家庭用の燻製器は、コンパクトなモノが主流。アウトドア用に比べ小さめですが、すばやく庫内温度を上げられるので、短時間で燻製を作れるのが魅力です。

最近では、ガスコンロや電気コンロはもちろん、IHヒーターを熱源に使用できるモノも人気。オール電化のキッチンでも、手軽に燻製を楽しめます。

また、家庭用の燻製器では、燻製以外の調理に対応できるモノも多くラインナップ。汎用性の高いモノを探している方は、チェックしてみてください。

燻製器の選び方

素材をチェック

By: amazon.co.jp

燻製器には、金属製と非金属製の2種類が存在します。アウトドア用では、耐久性の高い鉄やステンレスの金属製が主流。鉄は、重くて錆びやすいのが難点ですが、熱伝導性や保温性が高く、燻製作りに適しています。

ステンレスは、保温性が高く庫内の熱が逃げにくいのがメリット。IHヒーターとも相性がよく、家庭用の燻製器にもよく使用されます。錆びにくく、長く愛用したい方にもおすすめです。

非金属製の素材には、段ボールや陶土などが挙げられます。段ボール製のモノは、手軽に温薫を楽しめるのが魅力です。

陶土から作られる土鍋は、加熱することで遠赤外線を多く放出。食材や庫内をすばやく加熱できます。保温性・蓄熱性も高く、加熱をやめても余熱で調理できるので経済的です。衝撃に弱く割れやすいといった弱点もありますが、短時間で手軽に燻製を楽しみたい方に適しています。

サイズと形状をチェック

By: amazon.co.jp

アウトドア用・家庭用に関係なく、燻製器のサイズや形状は多種多様。一度に調理したい食材の量や大きさにあわせて、最適なモノ選ぶのがポイントです。

アウトドア用では、大人数分の燻製を一度に調理しやすい縦長タイプが人気。付属のフックで大きな食材を吊るしたり、段に分けて網棚を設置して小さな食材を並べたりと、幅広い食材に対応できます。また、小人数のアウトドアなら鍋タイプもおすすめ。軽量でラクに持ち運べます。

家庭用では、鍋タイプが主流。網棚の直径が大きいモノはより多くの食材をセットできるので、ホームパーティーにも適しています。さらに、ナッツのように小さな食材を調理したい場合は、網目の大きさもチェックしておきましょう。

家庭用は深さのあるモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用の燻製器は、キッチンでも使いやすいコンパクトなモノが一般的。それゆえ、熱源と食材が接近しすぎて、食材が焦げてしまうこともあります。なるべく失敗したくない方は、深さのあるモノを選ぶのがポイントです。

また、フタに高さがあるモノもおすすめ。庫内スペースが広くなり、スモークチップの煙が循環しやすくなります。煙がムラなく食材を包み込み、香り高くおいしい燻製に仕上げられるのがメリットです。

温度調節がしやすいモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

燻製の調理方法には、熱燻・温燻・冷燻の3種類があります。それぞれの種類によって燻すときの温度が異なるので、よりさまざまな燻製料理を楽しみたい方は、温度調節しやすいモノかどうかもチェックしておきましょう。

なお、温燻・冷燻を作りたい場合は、温度調節がしやすいアウトドア用の大きな燻製器を選ぶのがおすすめ。また、温度計を搭載しているモノだと、温度管理がしやすいのでおすすめです。

キャンプ用燻製器のおすすめ

ソト(SOTO) いぶし処 スモークスターターキット ST-124SK

コンパクトサイズで使いやすい燻製器です。厚さ4.4cmに折りたためるので、キャンプなどのアウトドアでも気軽に持ち運びができます。

食材を出し入れする扉が大きく設計されているほか、2段の網棚は取り外しも可能。小さめサイズながら、温燻から熱燻まで多様に楽しめるのも魅力です。

また、吊り下げ用のフックが付属しているのもポイント。初めて燻製に挑戦する方や、リーズナブルな燻製器を探している方におすすめのモデルです。

ソト(SOTO) 燻家 スモークハウス ST-114

手軽に燻製を始められる段ボール製の燻製器です。火を使用する「熱燻」はできないものの、煙で燻す「温燻」に対応。チーズやハムなど、温燻によって香りが立つ食材を手軽に堪能できます。

また、幅23×奥行23×高さ52cmと広さがあるうえ、繰り返し使えるのもポイント。使用後は折りたためるので、すっきりと収納できるのも魅力です。

さらに、金棒やフックが付属しているのもメリットのひとつ。食材を吊り下げて調理できるうえ、購入してからすぐに使えます。燃えるゴミとして簡単に捨てられるため、荷物を多く持ちたくない方にもおすすめの製品です。

ロゴス(LOGOS) LOGOSの森林 スモークタワー 81066000

本格的なスモークが楽しめるステンレス製の燻製器。高さがあるので、ブロック肉や魚などの食材も簡単にスモークできます。発煙したスモークウッドを入れるだけで温燻を楽しめるほか、カセットコンロを使用して熱燻も楽しめます。温度計が搭載されているので、庫内の温度を管理できるのも魅力です。

また、引き出し式のスモークケースは深底設計になっており、チップやウッドの継ぎ足しが片手で手軽にできます。さらに、食材を吊ったり置いたりするのに便利なS字フックと網が、各3個ずつ付属しているのもメリット。食材に応じて、フックや網の取り付け位置の調節も可能です。

加えて、各部品が本体から分離できるので洗いやすく、衛生面も安心。耐久性があり、手軽に使える燻製器を探している方におすすめのモデルです。

エスアイエス(SIS) 3in1 BBQコンロ PY8501

1台で燻製・蒸す・焼くの三役をこなす製品です。天井蓋には温度計が搭載されており、燻製時の温度管理に活躍します。空気口が備わっているため、手軽に温度調節が可能です。

また、ステアーとフックが付属しており、魚を吊るして燻製できます。さらに付属の網を使えば、燻するだけでなく、蒸したり焼いたりすることも可能です。

網棚は2段設計で、取り外しできるのもポイント。庭でバーベキューする方や、アウトドア用のアイテムをなるべく少なくしたい方におすすめのモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) デリカ ステンレス角型スモーカー M-6508

すっきりと置けるステンレス製の燻製器。幅30×奥行18×高さ40cmとスリム設計ながら、しっかりと高さがあるのがポイントです。付属のフックで、魚やソーセージを吊るして調理できます。

また、フタはスライド式になっているため取り外しやすく、お手入れが簡単なのも魅力。調理具合の確認や、燻製中のチップの継ぎ足しもスムーズに行えます。

ソロキャンプはもちろん、2~4人分の燻製を作るのにぴったりのモデルです。

アペルカ(APELUCA ) TABLETOP SMOKER APS7000

タジン鍋のようなおしゃれなデザインが特徴の燻製器です。フタには空気穴があり、燻製時の煙の量や水蒸気の排出量を調節して、好みの調理ができます。

直火とスモークウッドのどちらにも対応しているため、使い勝手がよいのが魅力。また、目の細かいザルを使用するため、ナッツやチーズなどの小さな食材も簡単に燻製できます。

さらに、収納袋が付属されているうえ小型で軽量なため、持ち運びしやすいのもポイント。おしゃれでスマートな燻製器を探している方におすすめのモデルです。

ユニフレーム(UNIFLAME) インスタントスモーカー ロング 665978

大量の食材をスモークできる燻製器です。網は4枚付属しており、最下段にスモークチップの入った皿を設置して、残りの3段に食材をセットできます。食材によって置く場所を変えて、燻製具合を調節できるのも魅力です。

また、食材がたっぷり入る大容量ながら折りたたみができるのもポイント。折りたたみ時には厚さ約5cmと非常にコンパクトになるので、持ち運ぶ際もかさばりません。

直火とスモークウッドどちらにも対応する、大容量の燻製器を探している方におすすめのモデルです。

キャメロンズ(Camerons) ミニスモーカーCMS

1人での使用にぴったりの燻製器です。炭火だけでなく、ガス・オーブン・IHにも対応。アウトドアはもちろん、家庭用としても使用できます。

大きな食材や厚みのある食材には対応が難しいものの、1人分のおつまみであれば手軽に燻製が可能。また、サイズは幅17.5×奥行42.5×高さ7cmとコンパクトなうえ、ハンドル部分も折りたためるため、手軽に持ち運び可能です。

ソロキャンプ時に使うリーズナブルでシンプルな燻製器を探している方におすすめのモデルです。

家庭用燻製器のおすすめ

パナソニック(Panasonic) スモーク&ロースター けむらん亭 NF-RT1000

ボタン操作のみで燻製を作れる燻製器です。使い方は、まず付属の「くんせい容器」と「くんせい網」に別売りのスモークチップを乗せ、網棚にアルミホイルを敷いて好みの食材を並べます。アルミホイルでくんせい容器を包み、「くんせい」メニューとタイマーをセット後、スタートボタンを押すだけです。

本製品の庫内には、二酸化マンガン入りの特殊な塗料が塗布されており、「オートクリーンモード」とあわせることで汚れにくく、お手入れも簡単。さらに、「14層の触媒フィルター」と「強制排気ファン」で煙を大幅にカットできるため、燻製時のニオイ対策にも役立ちます。

なお、燻製以外のオートメニューも豊富なので、多機能な燻製器を探している方におすすめのモデルです。

ドウシシャ(DOSHISHA) もくもくクイックスモーカー S LCQS-S-02

食材がやわらかく仕上がる燻製器です。熱源に別売りの固形燃料を使用するため、過度な加熱を抑えながらソフトな燻製が作れます。

フタは耐熱ガラス製で、燻製時に食材の様子を確認できるのが魅力。幅15×奥行15×高さ15cmとコンパクトで卓上でも使いやすく、片付け時にも場所を取りません。

また、約20回分のサクラチップとレシピブックが付属しているのもポイント。すぐに燻製作りを始められます。調理皿は直径約12cmなので、1~2人分の燻製を家庭で楽しみたい方におすすめのモデルです。

ソト(SOTO) スモークポットIH ST-128

陶器製で食材に熱が伝わりやすく、滞留する燻煙で手軽に燻製ができるおすすめアイテム。IHとガスのどちらにも対応しているほか、密閉性に優れているので、家庭用燻製器としてぴったりです。

また、鍋の底には銀の発熱体が焼き付けられているのもポイント。さらに、その表面にはガラスコーティングが施されており、加熱むらを軽減して異常な加熱を防ぎます。

フタには温度計が搭載されているので、食材にあわせて庫内の温度の調節が可能。2人分程度のおつまみが短時間で作れる燻製器を探している方に、おすすめのモデルです。

ソト(SOTO) キッチン香房 ST-125

ガスコンロ対応の鍋型燻製器です。直径21×高さ16cmと手頃なサイズなので、一人暮らしでも簡単に燻製を楽しめます。

フタのつまみは木製で燻製中も熱くならず、食材の確認にも便利。食材をセットする燻製網は、フタを浮かせられる特殊な形状に加工されているため、余分な煙を排出して香り高い燻製に仕上げられます。

耐久性と保温性に優れたステンレス製なのも魅力。ハンドルは折りたたみ式なので、収納にも役立ちます。扱いやすいため、燻製を頻繁に楽しみたい方におすすめのモデルです。

サーモス(THERMOS) イージースモーカー RPD-13

火から下ろした余熱で本格的な燻製ができる燻製器です。耐熱温度差400℃以上の「超耐熱セラミックス鍋」の温度を、魔法びん構造の保温容器がしっかりとキープ。「真空断熱技術」によって、鍋を火にかけ続けたように食材をじっくりと燻します。

また、クッキングレシピが付属しているため、初心者の方でも安心。鍋の最大直径は約22.5cmなので、2〜3人分の燻製を楽しめます。時短で経済的に燻製を楽しみたい方におすすめのモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型 燻製鍋 M-6548

大容量ながらリーズナブルなガス火用の燻製器。鉄製なので、熱伝導性と保温性が高いのが魅力です。直径約30cmと大きめサイズで、一度にたくさんの食材で燻製を楽しめます。

使い方は、鍋の底にスモークチップを置き、網の上に食材を置いて火にかけ、フタをするだけ。カセットコンロにも対応するので、屋外でも使用できます。

非常にシンプルな操作で使えるため、初心者の方にもぴったり。手軽に使えてコスパのよい燻製器を探している方におすすめのモデルです。

貝印 脇屋匠鍋 DY-5302

燻製を含む7種類の調理が楽しめる製品。炒める・茹でる・煮る・揚げる・焼く・蒸す・燻製の調理法に対応する汎用性の高いアイテムです。直火とIHヒーターどちらでも使えるので、普段使いはもちろん、庭先などでのバーベキューでも使えます。

鉄製で重量は約2.4kgとやや重ためですが、食材に熱が伝わりやすく保温性が高いのがメリット。直径は約28cmで4~6分の食材を並べられるため、家族や友人と燻製を楽しみたい方や、大きめの食材を調理したい方におすすめのモデルです。

燻製器のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

燻製器のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編|燻製におすすめのスモークチップ

尾上製作所(ONOE) スモークチップ サクラ ON-1323

ポピュラーなサクラのスモークチップです。強い香りが特徴で、短時間で食材に色付けと香り付けが可能。個性的な香りなので、チーズや青魚などといった味がしっかりしている食材に適しています。

刺激やヤニが比較的少なく、器具がベタつきにくいのも魅力。使いやすいうえ、大容量でリーズナブルなため、初心者の方にもおすすめのスモークチップです。

ウェーバー(weber) 燻製 ウッドチップ 17143

どんな食材にもあわせやすいヒッコリーのスモークチップ。北アメリカ原産のクルミ科の樹木であるヒッコリーは、欧米ではポピュラーなチップとして扱われています。

自然な木材が使用されており、なめらかでやわらかな甘いフレーバーが特徴。ひとつひとつのチップが大きく、じっくりとスモークされるので、渋味や苦味などのクセが食材に付きにくいのが魅力です。

ハムやベーコン、魚などはもちろん、野菜や茹で卵など、幅広い食材の熱燻に使いたい方におすすめです。

進誠産業 スモークチップ リンゴ 89737

フルーティーで芳しい、リンゴのスモークチップです。果実ならではのマイルドな香りでクセが少なく、鶏肉などのさっぱりとした食材に適しています。

また、香りが強すぎないことから、燻製が苦手な方でもあっさりとした味わいを楽しめるのが魅力。食材の色付きもよく、深いフレーバーが堪能できます。淡泊な食材を燻製にしたい方や、ふんわりとした香りで食材を燻したい方におすすめのスモークチップです。