手のひらサイズの携帯用コンロとして知られている「アルコールストーブ」。アウトドアシーンで活躍するアイテムです。バーナーと比べると火力は低めですが、揺らめく炎が幻想的で、特にソロキャンパーには根強いファンがいます。

そこで今回は、アルコールストーブのおすすめモデルをご紹介。燃焼の仕組みや製品の選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

アルコールストーブとは?

By: amazon.co.jp

アルコールストーブとは、燃料に「燃料用アルコール」を使う携帯用コンロのこと。構造はいたってシンプルで、アルコールストーブ本体に燃料を入れ、ライターなどを使って着火させます。

ボタンを押すだけで簡単に使える「ガスバーナー」とはまた違った魅力のあるアルコールストーブ。ゆっくりとキャンプを楽しみたい方や、ミニマムキャンプを楽しみたい方に愛用されています。

アルコールストーブのメリット

By: amazon.co.jp

手のひらに収まるサイズが多く、軽量コンパクトなのが最大のメリット。積載荷物に制限のある登山や、ソロキャンプに向いています。燃料となるアルコールはドラッグストアなどにも置いてあり、調達しやすいのもポイント。燃料の価格も安く、コストパフォーマンスに優れています。

また、シンプルな構造なため壊れにくく、お気に入りのアイテムを長く愛用できるのも魅力。寒冷地にも強く、積雪期の登山やキャンプでも利用が可能です。

アルコールストーブの選び方

容量と燃焼時間をチェック

By: amazon.co.jp

アルコールストーブを購入する際は、容量と燃焼時間を確認しましょう。調理に使用する方は長時間燃焼する容量が大きいタイプがおすすめ。燃焼中に燃料を足せないため、容量チェックは重要です。

ただし、容量が大きいとアルコールストーブも大きくなるので、用途に合ったサイズを選ぶことも大切。また、火力や気温によっても燃費は異なります。火力の強いモノを探している方や冬季の使用を考えている方は、容量の大きいモノがおすすめです。

調理をするなら火力調節機能をチェック

By: amazon.co.jp

アルコールストーブで調理をするなら、火力調節機能があると便利。本体に機能が付いているわけではありませんが、火消し蓋を利用して火力を調節することが可能です。方法は簡単で、火消し蓋を点火しているアルコールストーブの上に置き、隙間を調節することで、中火や弱火など調理に合わせた火加減にできます。

素材をチェック

軽くて丈夫な「アルミ」

By: rakuten.co.jp

「アルミ」は、アルミホイルなどの生活雑貨はもちろん、一円硬貨などでも使用されており、広く普及しているのが特徴です。強度が高いほか、鉄や銅に比べて軽く、加工しやすいのもポイント。キャンプ用品としてはサビにくいのも魅力です。

独特の色合いがある「真鍮」

By: rakuten.co.jp

黄金色に輝く合金として知られる「真鍮」。別名「黄銅」とも呼ばれ、日本では五円硬貨に使用されています。銅と亜鉛がミックスされており、割合によって物性は変化しますが、比較的加工がしやすいのが特徴。色合いとしては使い込むほどに黒ずみ、経年変化が楽しめるのもポイントです。

強度が高い「チタン」

By: rakuten.co.jp

銀灰色で光沢がある「チタン」。アルミよりは重いものの、鉄よりは軽く、強度が高いのが特徴です。比較的高価で、素材としてはやや加工しにくい金属ですが、サビに強いのもポイント。金属疲労が起こりにくく、耐久性が高いのも魅力です。

付属品をチェック

安定感が高まる「五徳」

By: amazon.co.jp

五徳とは、クッカーやシェラカップなどを置くためのアイテムです。五徳付きのアルコールストーブなら、クッカーを載せた際の安定感が高く、安心して調理が可能。クッカーを乗せた途端に炎が消えてしまうこともありません。

ただし、五徳の脚の長さによって燃焼効率が変わるため、注意が必要です。燃焼効率を上げるには、高温になる青い炎の先端部とクッカーの高さを揃えるようにしましょう。

「風防」があれば風が強い日も安心

By: amazon.co.jp

「風防」とは風からアルコールストーブを保護する壁のことで、数枚のプレートを組み立てて使用します。アルコールストーブは火力自体が弱く、風が吹くと火力が弱くなることや、火が流れてしまい燃費が悪くなることがあるため、用意しておくと便利です。

風防を立てれば、風の強い日も安心してアルコールストーブを使用できます。また、アルコールの気化を促すことになるので、火力を高められるのもポイント。軽量で収納時はコンパクトになるため、持ち運びも容易です。

大きいサイズの風防を選べば、プレートの枚数を増減できるので、幅広い大きさのアルコールストーブに対応可能。なお、風が強いと風防ごとアルミストーブまで倒れてしまう危険があるため、使用時はしっかりと固定するようにしましょう。

安全に火を消せる「火消し蓋」

By: uneplage.net

アルコールランプは本体自体に火を消す機能はないため、蓋をして消火します。燃えているアルコールストーブに蓋をかぶせるだけと、特に複雑な作業は必要ありません。持ち手が付いたタイプは、より安全に使えるのでおすすめです。

アルコールストーブのおすすめメーカー

トランギア(trangia)

By: iwatani-primus.co.jp

「トランギア」はアウトドア系の調理器具を取り扱うスウェーデンのブランド。取っ手付きのアルミ製飯ごう「メスティン」が有名で、多くのユーザーから支持されています。

アルコールストーブ単体はもちろん、関連アイテムのラインナップが豊富なのも魅力のひとつ。調理時にあると便利な五徳も複数用意されているので、あわせてチェックしておきましょう。

バーゴ(VARGO)

By: amazon.co.jp

「バーゴ」はアメリカのアウトドアブランド。スポークなどのカトラリーやマグカップ、鍋などを扱っており、チタンやステンレス製のアイテムを多く揃えているのが特徴です。

アルコールストーブは複数展開していますが、いずれも軽さと耐久性を兼ね備えており、使い勝手は良好。長く使い続けられるアイテムを探している方におすすめです。

エバニュー(EVERNEW)

By: amazon.co.jp

「エバニュー」は1923年に創業した日本のブランドです。ネーミングは“いつも新しいなにかを追い求める”を表す造語で、その姿勢は製品開発に反映されています。

アウトドア事業への進出は、スポーツ用品と併行して小型調理器具のコッへルの製造を始めたのがきっかけ。1994年には世界で初めてチタン製コッヘルを発売し、話題となりました。

その後もさまざまな製品を開発しており、軽さ・強さ・精巧さを兼ね備えたアイテムは、国内外から高く評価されています。

アルコールストーブのおすすめモデル

トランギア(trangia) アルコールストーブ TRB25

同ブランドのロングセラーアイテム。燃焼効率の高さが人気の理由で、アルコールタンク3分の2ほどの燃料で、約25分間燃焼します。

消火用の蓋はスライド式のため火力を自在に調節でき、使い勝手に優れているのもポイント。風や寒冷地にも強く、厳しい環境のアウトドアフィールドでも利用が可能です。

真鍮製なので、使いこむほどに味わいが増していくのも魅力。機能性が高く、長く愛用できるアルコールストーブを探している方におすすめです。

トランギア(trangia) ゴトク付 アルコールバーナー TR23

アルコールストーブ「TRB25」と専用ゴトクのセットです。サイズは径15.5×高さ8.5cmと、安定感のある大きさ。風のあるフィールドでも、フライパンや鍋を置いて安心して料理できます。トランギアのアルコールストーブの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

バーゴ(VARGO) トライアドマルチフューエルストーブ T-305

便利な五徳がついているアルコールストーブ。容量44ml、燃焼時間は約20分で、500ccの水を約5〜6分で沸かせます。ソロキャンプで簡単な調理をするには十分な機能性です。

燃料を選ばず、アルコールのほかに、固定燃料や燃料ジェルが使えるのも特徴。チタン製のため重さが30gと軽く、耐久性の高さも持ち合わせています。軽量かつ使い勝手に優れたアルコールストーブを探している方におすすめです。

バーゴ(VARGO) チタニウム デカゴンストーブT-302

円形に広がった底面は安定感に優れており、五徳がなくても本体にそのまま鍋を置いて調理ができるアルコールストーブ。連続燃焼時間は20分で、カップ2杯の水が約5~6分で沸かせます。

横から火が出るサイドバーナータイプ。鍋全体に熱を行き渡らせられるので、平型クッカーの調理に適しています。また、チタン製のため、重さ34gと軽量なのもポイント。五徳が不要で、風が吹いても安定して使えるアルコールストーブを探している方におすすめです。

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ EBY254

中央だけでなく、側面からも炎が出る構造で、安定した火力が特徴のアルコールストーブです。本体内側には30、60mlの目盛りがついており、計量の手間が省けるのもポイント。30mlの燃料で約5分間燃焼でき、約400mlのお湯を沸かせます。

素材はチタンで、34gという軽さも魅力。五徳や燃料を入れる専用ボトルもオプションでラインナップされているので、自分のニーズに合ったアイテムを選んでみてください。

エバニュー(EVERNEW) アルコールストーブ用スタンドDX EBY255

アルコールストーブ・上部スタンド・下部スタンドのセット。スタンドは風よけになるほか、上昇気流によって燃焼効率を向上させられます。

燃料はアルコール以外にも、小枝や固形燃料が使えるのもメリット。料理を作ったり、小さな焚き火台として使ったりと、マルチで活躍するアイテムです。

収納時は、スタンドにアルコールストーブが入るのでコンパクトにまとまります。チタン製のため86gと軽く、サビに強いのもメリットです。

Funien アルコールストーブ

アルコールストーブ・五徳・火消し蓋がセットになったアイテム。リーズナブルな価格が魅力です。アルミ製のため丈夫でサビに強く、アウトドアユースでも気兼ねなく使えます。

サイズは径7.1×高さ4.3cm、本体重量は26gと軽く、登山やソロキャンプに携帯するのにおすすめです。スチール製、チタン製も手頃な価格でラインナップされているので、ぜひ検討してみてください。

アロクス(ALOCS) アルコールストーブ シングルバーナー CS-B02

燃料用アルコールのほかに、消毒用アルコールも燃料として使えるアルミ製のアルコールストーブ。風防の役割を果たす五徳がついているので、風が吹いてもストレスなく料理できます。

最大火力での連続燃焼時間は約30分で、火力の強さが特徴。蓋にはハンドルがついているため、消火や火の調節もスムーズに行えます。ソロキャンプでもしっかり調理したい方や、火力重視の方におすすめです。

ダラカ(DaLaCa) アルコールストーブ

ダラカは日本のアウトドアメーカー。高機能ながらも、リーズナブルな価格で購入できるのが特徴です。アルコールストーブ・五徳・中蓋・消火蓋がセットになっており、付属の収納ケースでコンパクトにまとまります。

消火蓋にはハンドルがついており、使い勝手のよさもポイント。また、銅製のため丈夫で、耐久性に優れているのもメリットです。カラーラインナップが豊富なほか、アルコール燃料がセットになっているタイプもあるので、ぜひチェックしてみてください。

FROMLIFE アルコールストーブ

リーズナブルな価格が魅力の銅製アルコールストーブ。10~20ccの燃料アルコールで、200mlのお湯が沸かせます。消火蓋のほか、風防の役割も果たす五徳もついているため、安心して調理が可能。

気軽に購入できる価格帯なので、アルコールストーブの使い心地を試してみたい方におすすめです

ソロストーブ(solostove) ソロアルコールバーナー

真鍮製で、ブランドロゴのデザインがおしゃれなアルコールストーブ。スクリューキャップにはゴムパッキンがついており、アルコール燃料を入れたまま持ち運びできるのが便利です。

蓋にはハンドルがついているため、熱くなった本体を触らずに、消火や火力調節ができます。長く愛用でき、使い勝手に優れたアルコールストーブを探している方におすすめです。

エスビット(Esbit) アルコールバーナー ESAB300BR0

真鍮製のアルコールストーブ。70mlの燃料で約25分間燃焼でき、燃焼効率のよさが特徴です。蓋にはラバーパッキングがついており、燃料が漏れにくい仕様も嬉しいポイント。また、ハンドルもついているので、消火や火力調節がしやすいのも魅力です。

サイズは、径7.4×高さ4.6cm。使いこむほど味わいが湧くので、経年変化を楽しめます。

野営エンスージアス(YAEI Enthusiast) アルコールストーブ

アルコールストーブと五徳のセットです。サイズは径6.5×高さ4.2cmで、チタン製のため軽量。登山やソロキャンプに適したモノを探している方におすすめです。

容量は約70mlで、高い火力もポイント。シンプルな外観にデザインされたブランドロゴもおしゃれです。キャンプギアにこだわりのある方は、チェックしてみてください。

Yogogo アルコールストーブ

足を広げると三脚になり、安定感に優れたステンレス製のアルコールストーブ。脚の部分は五徳にもなり、鍋のぐらつきを心配することなく、安心して料理ができます。

本体サイズは、径6.4×高さ6.9cm。収納時は脚が折りたため、付属のケースでコンパクトに持ち歩けます。1~2人で行くキャンプにおすすめです。

saap ステンレス製アルコールストーブ

五徳の役割も果たす風防スタンド・アルコールストーブ・蓋がセットになったアイテムです。連続燃焼時間は、70mlで最大約30分。優れた燃焼効率を備えるアルコールストーブです。

手頃な価格で、本体と風防スタンド、五徳がついているので、コスパ重視の方に適したアイテム。アルコールストーブのエントリーモデルとしてもおすすめです。