リーズナブルかつ品質のよさに定評のある中国の家電メーカー「ハイアール」。ハイアールの冷蔵庫は340Lと大容量のモデルから一人暮らしにピッタリな100L以下のコンパクトなモデルまでラインナップ。機能性に優れたタイプや消費電力を考慮したタイプなどが人気です。

そこで、今回はハイアール冷蔵庫のおすすめモデルをご紹介。人気シリーズの特徴や選び方なども合わせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイアールの冷蔵庫シリーズの特徴

Globalシリーズ

By: amazon.co.jp

大容量で、デザイン性や機能性に優れた「Globalシリーズ」。400L以上の大容量モデルや「区っ切り棚冷凍室」「ドア操作パネル」などを搭載した多機能なモデルを多くラインナップしています。

ハイアール冷蔵庫のなかでは比較的高価な製品が多いので予算をチェックしておきましょう。とはいえ他メーカーの同容量製品と比較すると格安のため、家族で長期的に使う予定の方におすすめです。

Liveシリーズ

By: rakuten.co.jp

生活を快適にするために使いやすさを重視した「Liveシリーズ」。一人暮らしにピッタリな100L以下のモデルから、大容量400L以上のモデルまでさまざまな容量をラインナップ。自分の生活に合わせたサイズを選べるのも魅力です。機能性も充実しており、上に電子レンジを設置できる「耐熱性能天板」や時短調理ができる「ソフト冷凍」などを搭載したモデルもあります。

なかなか自分に合った冷蔵庫が見つけられない方でも、ラインナップが豊富で適切な製品を見つけやすいのも特徴。価格もリーズナブルな製品が多く、コスパを重視している方にもおすすめのシリーズです。

Joyシリーズ

By: amazon.co.jp

コンパクトで一人暮らしの方にピッタリな製品が多い「Joyシリーズ」。100L以下の小型冷蔵庫が多く、1ドアタイプもあります。種類が豊富で、一人暮らしにピッタリのモノから寝室や子供部屋などちょっとしたスペースに設置する2台目としても人気です。

小型ながらも機能性は充実。冷蔵庫の上に電子レンジを設置できる「耐熱性能天板」や2Lのペットボトルがすっぽり入るポケットを搭載したモデルもラインナップしています。リーズナブルで小型の冷蔵庫を探している方におすすめです。

ハイアールの冷蔵庫の選び方

容量で選ぶ

冷蔵庫を選ぶ際に容量は重要なポイント。一般的に「利用する人数×70L+170L」がおおまかな目安になります。

一人暮らしで、あまりまとめ買いをしない場合は100〜200Lの容量がおすすめ。設置スペースがなくても設置できて、圧迫感がないのが特徴です。自炊をしない方など利用頻度が少ない方は100L以下も検討してみてください。

2〜3人で利用する際は310L以上の容量がおすすめ。ある程度食材も入り、スペースも取りません。冷凍食品をよく使う方は冷凍室の容量も合わせてチェックしましょう。

4人以上の家族の場合は400L以上の大容量がおすすめ。大容量の場合ある程度設置にスペースを取りますが、作り置きにも対応できるため、使い勝手のよさが特徴です。ハイアール冷蔵庫はサイズが豊富なので、自分のライフスタイルや利用人数に適した容量を選びましょう。

ドアタイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイアールのドアタイプは大きく分けて「1ドアタイプ」「2ドアタイプ」「4ドアタイプ」の3種類があります。

1ドアタイプは冷凍室がなくコンパクトなため設置スペースを取らないのが特徴。リーズナブルに購入できるのも魅力で、一人暮らしの方や2台目として購入する方におすすめです。

2ドアタイプは最も一般的で、冷蔵室と冷凍室で構成されているタイプ。一人暮らしでの利用に適しているコンパクトなモデルから、2人以上の利用に適した大容量モデルまで、豊富なラインナップがあります。

4ドアタイプは400L以上の大容量タイプです。収納スペースが豊富でドアが観音開きのため導線を確保しやすいのも特徴。大きめなので家族で利用する方におすすめです。

機能で選ぶ

区っ切り棚冷凍室

By: amazon.co.jp

大きなモノもすっきり収納できる「区っ切り棚冷蔵室」。冷凍室の容量に合わせて仕切り棚やクリアバスケットで区切られているため、冷凍食品を整理整頓して収納できます。食品の出し入れがしやすくなるので、冷凍室を有効的に使いたい方におすすめの機能です。

耐熱性能天板

By: amazon.co.jp

冷蔵庫の上に電子レンジを設置できる「耐熱性能天板」。デットスペースになりがちな冷蔵庫の上を有効に使えるので、一人暮らしで十分なスペースが取れない方にうれしい仕様です。ただし、耐荷重や耐熱にも上限があり設置できない場合もあるので、購入する際は電子レンジと合わせてチェックしましょう。

ドア面操作パネル

By: amazon.co.jp

冷蔵庫を開かなくても庫内の温度設定やモード変更が行える「ドア面操作パネル」。搭載されている機能はモデルによりますが、「急冷蔵モード」や「急冷凍モード」の切り替え、消費電力を抑える「ホリディモード」などの設定ができます。食品に合わせて細かく温度などを変更したい方におすすめです。

ハイアールの冷蔵庫おすすめモデル

ハイアール(Haier) JR-N40H

ちょっとしたスペース、プライベート空間にピッタリの40L冷蔵庫です。幅47.4cmのコンパクトボディで限られたスペースにも設置しやすいのが特徴。落ち着きのあるカラーのためインテリアにも合わせやすいのがポイントです。

小型ながら2Lのペットボトルが3本収納できるポケットを搭載。寝室や子供部屋など2台目として購入を考えている方におすすめです。

ハイアール(Haier) JR-N130A

置き場所を選ばないコンパクトな130L冷蔵庫。幅47.4×奥行49.5cmの圧迫感のないスリムボディのため、ワンルームなど設置スペースが少ない方にもおすすめです。さらに、おしゃれなデザインも魅力のひとつ。さまざまなスタイルのインテリアに馴染みます。

電子レンジが乗せられる「耐熱性能天板」を採用し、部屋をすっきりさせられるのもうれしいポイント。使いやすさの面から見ても、高さ調節が可能なトレイや2Lのペットボトルが収納できる「すっきりポケット」を搭載。一人暮らしで自炊をする方におすすめです。

ハイアール(Haier) JR-NF148B

実用的でシンプルなデザインが魅力の148L冷蔵庫です。幅約50cmのコンパクトボディなので、すっきり設置が可能。シンプルなデザインで、部屋の雰囲気に合わせやすいのも魅力です。

54Lの「区っ切り棚冷凍室」を搭載しており、大きなモノもたっぷり収納でき、食材の出し入れがしやすいのも特徴。冷凍室を有効的に使いたい方にもおすすめです。電子レンジが乗せられる「耐熱性能天板」が採用されているのもうれしいポイント。148Lとやや大きめの容量のため、自炊をする一人暮らしの方や二人暮らしの方にピッタリの冷蔵庫です。

ハイアール(Haier) JR-NF262A

By: rakuten.co.jp

127Lと大容量の冷凍室を採用した262Lの冷蔵庫です。解凍要らずで時短調理ができる「ソフト冷凍」は、凍っているのに下準備なしで必要な分だけ切り分けて使用可能。

冷蔵室内にはライフスタイルに合わせて温度変更ができる「セレクトゾーン」を設置。-20〜5℃まで1℃単位で設定できるので、食品の種類に応じて使い分けられます。冷蔵室と冷凍室のバランスの取れた冷蔵庫を探している方におすすめです。

ハイアール(Haier) フローレンス・ホワイト・アモーレ JR-NF340A

実用性に優れながらも洗練されたデザインの340L冷蔵庫です。凹凸のないシンプルな2ドアタイプで、ドアハンドルの代わりに扉側面に「スリット式グリップ」を採用。実用性を保ちながら無駄のないデザインが魅力です。340Lと大容量タイプで、冷凍室も119Lの「区っ切り棚冷凍室」を搭載。大きなモノもすっきり収納できるので、まとめ買いや作り置きも安心です。

用途に合わせてモード設定ができる「ドア面操作パネル」も採用しており、冷蔵庫を開けなくてもモード変更が可能。シチュエーションに合わせて細かく設定したい方にもおすすめです。

ハイアール(Haier) JR-NF468A

圧倒的な収納量の468L冷蔵庫。たっぷり保存可能で、まとめ買いや作り置きにも最適です。冷凍室には大容量154Lの「区っ切り棚冷凍室」を搭載。6段に区切られており、アイスや冷凍食品もきれいに収納・整理できます。ドアには凹凸のないシンプルな「フルフレンチ4ドア」を採用。庫内が見わたしやすく、冷気を逃がしにくいのも特徴です。

用途に合わせてモード設定が可能な「ドア面操作パネル」を搭載しており、シチュエーションに合わせてモード変更が可能。大容量ながらリーズナブルに購入できるので、予算を抑えたい方にもおすすめです。