まるでホチキスのような見た目をしている「ハンディミシン」。裾上げやほつれ直しが手軽にできるので、家に1台あると便利です。

今回は、おすすめのハンディミシンをご紹介します。お直しや縫製時の仮止めだけでなく、布マスクやミニポーチなどの小物をつくるときにも重宝するので、チェックしてみてください。

ハンディミシンの魅力

By: amazon.co.jp

ミシンと比べて小型で軽量な「ハンディミシン」。本格的な縫製には向きませんが、ほつれ直しや簡易的な縫い物をするときにぴったりのアイテムです。手縫いが苦手な裁縫初心者や、わざわざミシンを出すのが面倒という方におすすめ。コンパクトサイズなので収納場所にも困りません。

片手でも持って作業できるため、ハンガーに吊るしたままでも着用したままでも作業可能。持ち運び可能なサイズのモノを選べば、外出先での緊急時にも役立ちます。

2枚重ねて生地を縫いたいときや、デニムなどの厚手の生地にも対応できる製品もあるので、購入前にチェックしておきましょう。また、服だけでなく、カーテンやクロスなどのお直しにも使えます。汎用性が高くミシンよりもリーズナブルで、1台持っておくと便利なアイテムです。

ハンディミシンの選び方

タイプで選ぶ

手動式

By: amazon.co.jp

ほつれ直しや小物を縫う際など、サッと使用したい場合には手動式がおすすめ。電動式よりも格安な傾向があるので、トライしやすいのが特徴です。また、自分のペースで縫い進められるため、ハンディミシンを初めて使う方や裁縫自体があまり得意ではない方にも適しています。

軽量・小型なタイプが多いため、持ち歩きにも便利。取り回しもしやすく、どんな場面でも使いやすさに優れています。ただし、ホチキスのように挟んで縫うため、多少の力が必要です。握力が弱い方や長時間使用するときは疲れを感じやすいので、より小型で軽量なモデルを選びましょう。

電動式

By: rakuten.co.jp

裾広なスカートやカーテン、厚みのある布地を縫う場合には、電動式のハンディミシンがおすすめ。電力で駆動するのでパワフルに縫い進められます。力を入れずに、スイッチひとつで自動的に縫い進められるのがポイント。手が疲れにくいのも電動式の魅力です。

なかには、手元のスイッチのほかにフットペダル付きのモノもあって便利。手動式に比べると値段は張りますが、ミシンを購入するよりも断然安価で購入できます。ただし、自動で布を縫い進めるため、ミシンを使ったことがない方にとってはやや扱いにくいのが難点。製品によって性能が違うので、裁縫初心者の方は簡単に使えるかどうかもチェックして選びましょう。

電源で選ぶ

乾電池

乾電池で動くタイプのハンディミシンは、コードレスで使えるので取り回しやすいのが魅力。外出先や旅行先に携帯しやすく、場所を選ばず使用可能です。

ただし、使った分だけ電池を消耗するので、電池交換の手間がかかります。電池残量が少なくなるとパワーが落ちて作業しにくくなるため、予備の電池を持ち歩いておくと安心です。

ACアダプタ

ACアダプタタイプは、コンセントから直接給電できるため、ハイパワーで駆動。性能がよいモデルのなかには、通常サイズのミシン顔負けのクオリティで仕上げられるモノもあります。

ACアダプタタイプの難点は、コンセントがないと使用できないところ。コンセントが近くにある環境に場所を移して作業する必要があります。また、コードがあるので、縫うモノによっては取り回しにくいこともあるので注意しましょう。

USBタイプ

USBポートを搭載しているパソコンなどから給電できるタイプ。オフィスでも使用できるため、スーツのほつれが気になったときなどに使えて便利です。

ACアダプタタイプと同様に、コードの長さやUSBポートの位置によっては扱いにくく感じることもあります。なお、USB交換アダプタを取り付ければ、コンセントに挿して使用可能です。

大きさや重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンディミシンは、使用する人の手に合ったサイズのモノを選びましょう。一般的に20cmほどのモノが多い傾向にありますが、なかには30cm前後のモノもあります。大きすぎても使いにくさを感じるので、性能と併せて大きさの確認も必須です。

また、片手で持って使用することが多いため、重量もチェックしてみてください。100~400gほどまで幅広くあるので、片手で持っても負担にならない重さのモノを選ぶのがポイントです。ペットボトルなどを使って、どれくらいの重さなら片手でも作業しやすいか、事前に確認しておきましょう。

持ち運んで使いたい方は、カバンに入れやすいサイズかどうか、携帯していても疲れない重さであるかも調べておくことをおすすめします。

付属品で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンディミシンには、裁縫に必要なアイテムが付属しているタイプもあります。裁縫初心者の方は、糸通しや糸切りばさみ、予備のミシン針など、裁縫に最低限必要なモノが付属しているハンディミシンを選びましょう。糸巻きとしての役割を持つボビンが複数ついているモノなら、さまざまな色の糸を一回一回巻き直さずに使えて便利です。

また、電動式のハンディミシンは、電池やアダプタ変換器がついているかどうかの確認が必要。なかには別売のモノもあるので、事前にチェックしてみてください。

ハンディミシンのおすすめ

富士パックス販売 電動ハンドミシン アミーガー SV-1655

富士パックス販売 電動ハンドミシン アミーガー SV-1655

乾電池電源を採用している電動ハンディミシン。サイズは縦約21×横5×高さ7.2cmとコンパクトなので、手の小さな方でも扱いやすいモデルです。手元にあるスイッチで簡単に縫えるので、ハンディミシンを初めて使う方にもおすすめ。スイッチストッパーがついており、安全に使えます。

デニム生地や重ね縫いもできるパワフルさが魅力。コードレスなので、カーテンを吊るしたまま修繕できるなど、取り回しやすいのがポイントです。付属品として針2本と糸、ニッパーなどがついているため、家に裁縫道具が揃っていなくてもすぐに使えます。

マクロス ハンディーミシン ラフィ MEH-74

マクロス ハンディーミシン ラフィ MEH-74

赤と白のバイカラーがかわいらしいデザインのハンディミシンです。縦27×横5×高さ8.5cmと少々大きめサイズですが、丸みのあるフォルムで手にもなじみやすいのが特徴。電動式で、電源は単3アルカリ乾電池4本かアダプタの2種類が使えて便利です。

対応生地は厚さ1mmまでのウールやレザー、デニムなど。シルクも縫えるので、シルク製スカーフなどのちょっとしたほつれ直しにも活躍します。また、本体には呼びボビンが3個、スピンドル、予備ミシン針、糸通しが付属。すぐに裁縫を始められます。

Spring Come ハンディミシン RZ-HAN

Spring Come ハンディミシン RZ-HA

手のひらに収まるコンパクトなハンディミシンです。ホチキスのような見た目でカバンに入れてもかさばりにくく、携帯性も良好。片手で操作でき、手動タイプなので場所を選ばず使えます。

厚手の生地にも対応でき、ジーンズを2枚重ねた厚さまで縫えます。洋服はもちろん、カーテンなどのインテリアにも使用可能。重さは約130gと軽量なので、長時間使っていても疲れにくいのがポイントです。

Miraland ハンドヘルドミシン

Miraland ハンドヘルドミシン

電池とUSBの2パターンで駆動する電動式ハンディミシンです。縦21×高さ7cmのコンパクトサイズで、片手でも簡単に操作可能。スイッチの誤作動を防ぐ安全ストッパー付きなので、安心して使えます。

本体には針が10本、はさみ、ボビン11種など、使用時に必要なアイテムが多数付属。すぐに裁縫を始められて便利です。ジーンズ2枚程度までの厚さであれば、厚手の生地にも対応します。