何年も使ううちに味が出てくる革小物。綺麗な既製品もよいですが、自分で作ればより愛着が出て長く使えるうえ、趣味の時間もより充実します。

レザークラフトミシンなら、布よりも滑りやすく分厚いレザーを本格的に取り扱え、小物だけでなくバッグなども作成可能です。そこで今回は、レザークラフトミシンの選び方とおすすめのレザークラフトミシンを紹介。自分にぴったりのミシンを選びましょう。

レザークラフトミシンとは?

By: juki.co.jp

レザークラフトミシンとは、その名の通り革製品の作成に適したミシンのことです。手縫いもひとつの楽しみ方ですが、ポーチやバッグなどの大きなモノになると時間がかかり、手も痛くなります。

そこで役に立つのがレザークラフトミシン。家庭用や職業用など、さまざまな種類や機能を持ったモノがラインナップされています。素早く縫製ができるうえ、正しく機種を選定して使用すれば、細かな装飾も手縫いより綺麗で丈夫に仕上がるのが嬉しいポイントです。

特に直線を綺麗に縫えるのが魅力。手縫いならではの味わいを楽しむのもよいですが、作業スピードを上げたい方はレザークラフトミシンを使うのがおすすめです。

レザークラフトミシンと普通のミシンの違い

By: babylock.co.jp

レザーはフェルトなどと違って硬く厚い生地なので、普通のミシンでは送っている最中にずれたり針が折れたりしてしまいます。しかし、レザークラフトミシンなら、厚くて硬い革もしっかりと送り、針も太いため安心です。

また、レザークラフトミシンはダイレクトに針を刺せるのも特徴。革小物を手縫いするときは針の通り穴を開けてから縫う必要がありますが、レザークラフトミシンなら普通の布と同じように縫えます。

ただし、レザークラフトミシンとはいえ厚い革を縫うとミシン針が折れてしまうこともあるため、太くて丈夫な11~16号のミシン針を使いましょう。また、革の厚みに合わせてミシン針を取り換えるのが長く使うポイントです。

レザークラフトミシンの選び方

ミシンの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

レザークラフトミシンには、「家庭用」「職業用」「工業用」の3種類があります。革小物を素早く綺麗に仕上げるモノを選ぶためには、まず初めにそれぞれの特徴を掴んでおくことが大切です。

それぞれパワーや価格が異なるので、使用頻度や用途に合わせて適切なモノを選びましょう。自分に合ったモノを選べば、レザークラフトがより快適で楽しくなります。

ちょっとした作業なら「家庭用ミシン」

By: amazon.co.jp

破れてしまった革小物を直すときや、月に数回趣味で使いたい方には家庭用レザークラフトミシンがおすすめです。家庭用のレザークラフトミシンは布を縫うことを前提に作られているモノが多いですが、なかにはレザーを縫えるモノもあります。

価格設定がリーズナブルなので手を出しやすいのもポイント。革小物を作りたい方はもちろん、ジーンズなど厚手の生地などに使いたい方にもぴったりです。

ただし、家庭用レザークラフトミシンは「レザー用」と表記していても縫える革の厚さに制限がある場合が多いため、購入前によくチェックしておきましょう。

本格的に始めるなら「職業用ミシン」

By: amazon.co.jp

頻繁に革小物を作りたい方や、本格的に厚手のモノが作りたい方には、職業用のレザークラフトミシンがおすすめ。職業用のレザークラフトミシンは家庭用よりもやや高価ですが、パワーがあるため、レザーのカバンなどを作りたい方に重宝します。

ただし、本体サイズが大きいモノもあり、レザークラフトミシン専用の場所が必要なケースもあるので、購入前に費用や設置場所などを十分に検討しておきましょう。

厚い革もパワフルに縫える「工業用ミシン」

By: rakuten.co.jp

工業用ミシンはほとんどが金属でできており、硬い革もしっかりと縫えます。縫製工場などで使用されており、長い時間稼働できる頑丈さが魅力です。また、1分で5000針と職業用レザークラフトミシンよりも3倍以上速く縫えます。

ただし、作業台に設置して使用するため専用の設置場所が必要なのが難点。また、運転音も大きいため集合住宅などでの設置には不向きです。

さらにミシンオイル潤滑方式を採用しているため、オイル交換など定期的なメンテナンスが必要なことにも留意しておきましょう。本格的にレザークラフトに取り組みたい方にはおすすめの製品です。

送り方で選ぶ

下送り

「下送り」は下の歯だけが動いて生地を送る方式です。上の押さえは動かず、生地が滑らないよう押さえているのが特徴。家庭用ミシンを含む多くのミシンがこの送り方を採用しており、普通の生地を縫う分には十分な方式です。

ただし、下送りの場合は縫いピッチが狂いやすいのが難点。滑りやすいレザーなどの厚手の布を重ねて送る場合はしっかりと送り切れず、縫いずれが生じやすくなります。下送りのミシンでレザーを扱う際は、薄手や滑りにくいモノを選ぶのがおすすめです。

上下送り

By: rakuten.co.jp

「上下送り」は上の押さえと下の歯が同調して生地を送る方式です。上下両方が動くため、分厚く滑りやすいレザーもしっかりと掴んで送っていきます。

上下の動きが連動するため、重ねて縫うときにも縫いずれが起きにくいのが特徴。職業用ミシンの多くがこの方式を採用しており、革などの厚手のモノを扱うのに向いている方式です。

総合送り

By: rakuten.co.jp

「総合送り」は上押さえ・下の歯・針棒の3つを同調させて送る方式です。上下に加えて針棒も同調して動くため、分厚いレザーも滑りにくく縫えるのが特徴。工業用ミシンに多く採用されている方式です。

上下送りよりも強力なので、製品として売り出したり、複数の生地を重ねたりして特殊な使い方をしたい方は総合送りのモノを選びましょう。

形状で選ぶ

直線が得意な「平ミシン」

By: amazon.co.jp

平ミシンは台座が平らなので直線縫いに適しています。扱いやすいためレザークラフトミシン初心者の方におすすめです。

直線で縫う箇所が多い場合作業時間が大幅に短縮でき、カバンやポーチなどの大物もスピーディに作れます。台座をアーム状にできるミシンも多いですが、基本的には直線縫い専用ミシンとして考えておきましょう。

袋モノにも対応できる「腕ミシン」

By: rakuten.co.jp

腕ミシンとは、筒縫い用のアームの先端近くにハリが付いている形状のミシンのこと。バッグの底やマチなどの狭く立体的な部分を縫うのにも重宝します。平ミシンでは縫えないような箇所も縫えるので、なんでも作れる1台を探している方におすすめです。

腕ミシンのほとんどは工業用に作られており、入手が難しいのが難点。アームが伸びるようになっており、筒状のモノを縫える家庭用や職業用のモノも販売されているため、必要に応じてチェックしてみましょう。

新品or中古品?

中古品は新品に比べると安く手に入るのがメリット。なかには、メンテナンスや保証などが行き届いた中古のレザークラフトミシンも多数出品されています。特に金属製のレザークラフトミシンは、メンテナンスしながら長く使えるのが魅力です。

ただし、中古品は基本的に新品よりも短い期間しか使えないのがデメリット。モーターが消耗していたり、ガタつきがあったりというケースもあるため、基本的には長く使える新品のレザークラフトミシンがおすすめです。

しかし、工業用のレザークラフトミシンは市販品としてほとんど売り出されないので、新品を手に入れるためにはメーカーに直接連絡する必要があります。工業用のモノが欲しい場合は中古品も選択肢に入れましょう。

レザークラフトミシンのおすすめモデル

蛇の目ミシン工業(JANOME) レザークラフト対応 パワフル 電動ミシン LC7500


厚手のレザーを縫いたいときにも使える

レザー針やレザー押さえが付属した、家庭用のレザークラフトミシンです。20番までの太い糸にも対応しているため、厚手のレザーを縫いたいときにも便利。押さえ圧を無段階で調節できるので、厚めのレザー生地もホールドできます。

平ミシンですが台座をアーム状にできるため、袋モノを作りたい方にもおすすめ。また、別売りのアタッチメント「送りジョーズ」を購入すれば、滑りやすいレザー素材も、しっかり固定しながら縫えます。比較的安いため、コストパフォーマンスを重視する方に重宝する製品です。

ジューキ(JUKI) Antique Black HZL-J1000


レザークラフトミシン初心者の方でも使いやすい

スタイリッシュなデザインの家庭用レザークラフトミシンです。7枚送り歯を採用しているので、厚手の生地を縫うときも快適。しっかりホールドしながら、生地を送れるのが特徴です。

50種類のソーイングパターンを搭載しており、さまざまな模様が楽しめます。また、「自動糸通し」や、ボタンを押すことで押さえが水平に保たれるなどの便利な機能も搭載されており、縫い始めが楽になるのもポイントです。

「模様一覧シート」や筒物が簡単に縫える「フリーアーム」のほか、ミシンの稼働状態をライトの色で知らせる機能も搭載。使いやすく設計されているため、レザークラフトミシン初心者の方にもおすすめです。

ジューキ(JUKI) シュプール30デラックス TL-30DX


パワフルなモーターで、縫い目も綺麗に

工業用ミシンの機構を採用している、職業用のレザークラフトミシン。厚手の素材も縫えるパワフルなモーターを搭載しており、縫い目も綺麗に仕上がります。直線専用なので、スクエア型の作品を作ることが多い方におすすめです。

パワフルですが、タフなアルミダイキャストフレームを使っているため振動が少なく、静音性も良好。また、ワンタッチで針穴に糸が通せる「自動糸通し」や、ワンボタンで上下の糸が切れる「自動糸切り」など、便利な機能も搭載しています。

55~1500針/分の速度に対応しているので、慎重に縫いたい箇所のコントロールもしやすいモデルです。

ジューキ(JUKI) 職業用直線本縫いミシンHY-SPEC SL-700EX

By: juki.co.jp

工業用ミシンの技術が取り入れられた職業用ミシン。針元を明るく照らせるLEDランプが搭載されており、光量の調節にも対応しています。部屋の明るさに合わせて、縫い目や縫い線が見やすいように調節可能です。

厚みのあるレザーもスムーズに縫いやすい点が魅力。「太糸テンション」や糸逃げ溝が深い厚物用針板など、太い糸の糸締まりを向上させる構造が複数採用されています。もちろん、薄い生地もハイクオリティに仕上げられるので、さまざまなシーンで活用可能です。

押さえ部分を2mmまで浮かせた状態で使用できる「フロート機能」の搭載もポイント。縫い伸びを抑えたり、厚い生地の段部をスムーズに乗り越えたりできます。

フットコントローラーも使用可能。コントロールペダルと糸切りスイッチが組み合わされているため、自然な流れで糸切りができます。

シンガー(SINGER) プロフェッショナル 103DX

効率的に作品を制作でき、作品の細部にまでこだわれる、職業用のレザークラフトミシン。ヒザを使って押さえの上げ下げができるので、縫製中に両手を使って効率的に作業したい方におすすめです。

より多くの作品を快適に作れるよう設計されているのが特徴。縫っている途中でもスペアボビンの準備ができるほか、ボタンを押すだけで上糸・下糸を切れる機能も搭載しているため、作業スピードのアップが可能です。

ライトは2個搭載されており、手元を明るく照らします。また、大きめの返し縫いレバーや糸切りボタンなど、操作性も良好。薄型のフットコントローラーも採用しており、長時間の作業でも足が疲れにくいと謳われています。本格的にレザー素材の作品を扱う、プロ向けのモデルです。

ベビーロック(baby lock) エクシムプロ 9600

パワフルに効率よく使えるレザークラフトミシンです。1分間に1600針縫えると謳われている、スピードが魅力的。素早くレザークラフト作品を仕上げたい方におすすめです。

上軸・下軸・釜軸にボールベアリングを採用しており、安定感も良好。また、スライドレバーによって、フットコントローラーの最高速度を800~1600針/分まで無段階に切り替えできるので、微妙な調節が必要な箇所も楽に縫えます。

無段階の「押さえ圧調整」にも対応。生地の厚みに応じて糸案内が上下する「おまかせ糸案内」や、上糸・下糸を同時にカットする自動糸切り機能を搭載するなど、使い勝手のよいレザークラフトミシンです。

ベビーロック(baby lock) エクシムプロ EP9400LS 極

職業用ミシンながら、工業用ミシンに引けを取らない機能性や使いやすさを備えたミシン。薄手の生地はもちろん、太い8番手の糸が使用できるので、レザーや厚手の生地も美しく仕上がるのが特徴です。

1分間に1600針の縫い速度を実現していながら安定感があるのも魅力。直線縫いの性能にこだわりたい方におすすめです。

目盛付き工業用針板を搭載しているのに加え、押さえを頻繁に交換してもミシン本体に傷がつきにくい「アタッチメント取り付けコマ」を採用し、より使いやすさが高められています。また、手元を照らすLEDツインライトや補助テーブルも付属しているので、本格的にレザークラフトを楽しみたい方はチェックしてみてください。

バードランドミシン レザークラフター パワーキャット LC-PZP

工業用ミシンながらコンパクトに設置できるレザークラフトミシンです。工業用ミシンのなかでは比較的小さいのが特徴。上下送りで、押さえ圧の調節にも対応しているため、厚さのあるレザーをホールドしたい方におすすめです。

直線・ジグザグ・返し縫い機能を搭載しており、ステッチで作品の風合いを変えたいときにも重宝します。また、使用可能な糸は50〜5番。薄地の布地であれば1番・0番の糸も使用可能です。

フットコントローラー仕様で、速度を自由自在に変更できるのもポイント。低速から中速まで安定した縫製ができるため、厚めの布地でも一気に縫い上げられます。

バードランドミシン シリンダーベット総合送りミシン LC1-341

総合送りを採用した工業用の腕ミシンです。レザー生地をしっかりとホールドしながら縫えるのが魅力。ラミネートやテント生地などに対応しているのも特徴です。

「ボックス送り」を採用しており、レザー素材へのダメージを軽減しながら縫製可能。針の貫通力が高くレザーなどの厚手の生地も楽に縫えます。

30〜0番の糸に対応し、10〜12mm程度の厚みを縫製可能。パワフルに縫製できるミシンを探している方におすすめです。