何年も使ううちに味が出てくる革小物。綺麗な既製品もよいですが、自分で作ればより愛着が出て長く使えます。レザークラフトミシンならバッグなども作成可能。趣味の時間もより充実します。

しかし、布よりも滑りやすく分厚いレザーを本格的に取り扱うには専用の機材が必要です。この記事ではレザークラフトミシンの選び方からおすすめのレザークラフトミシンまで紹介。自分にぴったりのミシンを選びましょう。

レザークラフトミシンとは?

レザークラフトミシンとはその名の通り革製品の作成に適したミシンのことです。手縫いでチクチクと時間を費やして縫うのもひとつの楽しみ方ですが、ポーチやバッグなどの大きなものになると時間がかかり手も痛くなります。

そこで役に立つのがレザークラフトミシン。家庭用や職業用などさまざまな種類や機能を持ったモノがあり、正しく機種を選定して使用すれば細かな装飾も手縫いより綺麗で丈夫に仕上がります。

特に直線を綺麗に縫えるのが魅力。手縫いならではの味わいを楽しむのもよいですが、慣れないうちはレザークラフトミシンを使うのがおすすめです。

レザークラフトミシンと普通のミシンの違い

By: amazon.co.jp

レザーはフェルトなどと違って硬く厚い生地なので、普通のミシンでは送っている最中にずれたり針が折れたりしてしまいます。しかし、レザークラフトミシンなら、厚くて硬い革もしっかりと送り、針も太いので安心です。

また、レザークラフトミシンはダイレクトに針を刺せるのも特徴。革小物を手縫いする時は針の通り穴を開けてから縫う必要がありますが、レザークラフトミシンなら普通の布と同じように縫えます。

ただ、レザークラフトミシンは厚い革を相手にする分ミシン針が折れてしまいやすいのがデメリット。革の厚みに合わせてミシン針を取り換えるのが長く使うポイントです。

針折れが心配な方は、太くて丈夫な11~16号のミシン針を使いましょう。コードバンやエナメルレザーなど硬い革を扱う場合はチタン製のミシン針を使うのもおすすめです。

レザークラフトミシンの選び方

ミシンの種類を知る

By: rakuten.co.jp

レザークラフトミシンには、「家庭用」「職業用」「工業用」の3種類があります。革小物を素早く綺麗に仕上げるモノを選ぶためには、まず初めにそれぞれの特徴を掴んでおくことが大切。

それぞれパワーや価格が異なるので、使用頻度や用途に合わせて適切なモノを選びましょう。自分に合ったモノを選べば、レザークラフトがより快適で楽しくなります。

ちょっとした作業なら「家庭用ミシン」

By: amazon.co.jp

破れてしまった革小物を直す時など、月に数回趣味で使いたい方には家庭用レザークラフトミシンがおすすめです。家庭用のレザークラフトミシンは布を縫うことを前提に作られているモノが多いですが、中にはレザーを縫えるモノもあります。

価格設定もリーズナブルなので手を出しやすいのもポイント。フェルトなどの薄手の布を中心に、ジーンズなど厚手の生地や革小物を少し作ってみたいという方におすすめです。

ただ、家庭用レザークラフトミシンは「レザー用」と表記していても縫える革の厚さに制限がある場合が多いので購入前に要チェックしておきましょう。大抵の場合、ジーンズのような厚さ4~8mmのモノに対応しています。

8mm以上の幅がある厚手のレザーを家庭用レザークラフトミシンで縫いたい場合は、あらかじめ縫い穴を開けておき、ピッチを合わせて縫いましょう。

本格的に始めるなら「職業用ミシン」

By: amazon.co.jp

頻繁にレザー小物を作りたい方や本格的に厚手のモノが作りたい方には商業用のレザークラフトミシンがおすすめです。家庭用のモノよりもパワーがあるので厚手のレザーも滑らずしっかり縫えます。

ただ、職業用のレザークラフトミシンは家庭用よりも高価なのが難点。また、本体サイズも大きいためレザークラフトミシン専用の場所が必要です。購入前に費用や設置場所などを十分に検討しておきましょう。

厚い革もパワフルに縫える「工業用ミシン」

By: plus-e-shop.com

工業用ミシンはほとんどが金属製でできており、硬い革もしっかりと縫えます。縫製工場などで使用されており、24時間稼働できる頑丈さが魅力です。また、1分で5000針と職業用レザークラフトミシンよりも3倍以上速く縫えます。

ただし、作業台に設置して使用するため専用の設置場所が必要なのが難点です。また、運転音が大きいため一般家庭で使うのには向いていません。

さらにミシンオイル潤滑方式を採用しているため、オイル交換など定期的なメンテナンスが必要です。大型で音も大きいため、レザークラフト専用のアトリエを作るなど本格的にレザークラフトに取り組みたい方におすすめのレザークラフトミシンです。

送り方の違い

下送り

「下送り」は下の歯だけが動いて生地を送る方式です。上の押さえは動かず、生地が滑らないよう押さえています。家庭用ミシンを含む多くのミシンがこの送り方を採用しており、普通の生地を縫う分には十分な方式です。

ただ、下送りの場合縫いピッチが狂いやすく、滑りやすいレザーなどの厚手の布を重ねて送る場合はしっかりと送り切れず、縫いずれが生じやすくなります。布を扱う分には快適ですが、レザークラフトには不向きな方式です。

上下送り

By: plus-e-shop.com

「上下送り」は上の押さえと下の歯が同調して生地を送る方式です。上下両方が動くため、分厚く滑りやすいレザーもしっかりと掴んで送っていきます。

上下の動きが連動するため、重ねて縫う時にも縫いずれが起きにくいのが特徴。職業用ミシンの多くがこの方式を採用しており、革などの厚手のモノを扱うのに向いている方式です。

総合送り

By: juki.co.jp

「総合送り」は上押さえと下の歯、針棒の3つを同調させて送る方式です。上下に加えて針棒も同調して動くため、分厚いレザーも滑ることなくしっかりと縫えるのが特徴。工業用ミシンに多く採用されている方式です。

上下送りよりも強力ですが、高価で大きく重いのが難点。趣味の範囲なら職業用ミシンで十分です。製品として売り出したり、複数の生地を重ねたりして特殊な使い方をしたい方は総合送りのモノを選びましょう。

形状で選ぶ

直線が得意な「平ミシン」

By: rakuten.co.jp

平ミシンは台座が平らなので直線縫いに適しています。扱いやすいのでレザークラフトミシン初心者の方や、長い時間をかけて手を痛めながら直線を手縫いしている方におすすめです。

直線で縫う箇所が多い場合作業時間が大幅に短縮でき、カバンやポーチなどの大物もスピーディに作れます。台座をアーム状にできるミシンも多いですが、基本的には直線縫い専用ミシンとして考えておきましょう。

袋モノにも対応できる「腕ミシン」

By: juki.co.jp

腕ミシンは筒縫い用のアームの先端近くにハリが付いています。バッグの底やマチなどの狭く立体的な部分を縫うのに適しているミシンです。平ミシンでは縫えないような箇所も縫えるので、なんでも作れる1台を探している方には腕ミシンが適しています。

ただ、高額で扱いも難しいため初心者の方には向いていません。また、工業用に作られているモノが多く、市販品ではほとんど出回っていないのも難点です。

新品or中古品?

中古品は新品に比べると安く手に入るのがメリット。メンテナンスや保証などが行き届いた中古のレザークラフトミシンも多数出品されています。特に金属製のレザークラフトミシンは丈夫なので、メンテナンスしながら長く使えるのが魅力です。

ただ、中古品は新品よりも短い期間しか使えないのがデメリット。基本的には長く使える新品のレザークラフトミシンがおすすめです。

しかし、工業用のレザークラフトミシンは市販品としてほとんど売り出されないので、新品を手に入れるためにはメーカーに直接連絡する必要があります。工業用のモノが欲しい場合は中古品も選択肢に入れましょう。

レザークラフトミシンのおすすめモデル

シンガー(SINGER) コンピュータミシン モナミ ピアファインⅡ SF230

7枚送り歯を備えたレザークラフトミシンです。「レザー押さえ」モードを搭載しているので滑りやすい生地もスムーズに送れます。厚めのデニム地だけでなく、レースやリネンなどの薄手で縫いにくい生地にも対応。凸凹としたタオル地やベアの耳などの曲線縫いもスムーズに縫えます。

薄手の布から厚手のデニム地にも適しているので、布類を中心に時折レザークラフトを楽しみたい方におすすめです。

また、多数の種類の生地を快適に扱えるよう、「コンピューター式自動糸調子」機能を搭載。生地や縫い模様に合った糸調子をコンピューターが自動で算出してくれるので、初心者の方にも扱いやすいモデルです。

「自動糸切り」機能も搭載しており、ワンタッチで上下の糸を自動で切れるのでハサミが必要ありません。内部には小型マグネットモーターを搭載しており、静音性に優れているのも特徴。マンションなど集合住宅で使用したい方にもおすすめです。

ブラザー(Brother) Nouvelle PRO ヌーベル470 TAT7601

「下針送り」機能を搭載している職業用ミシンです。縫いずれが起きやすいベルベットやジョーゼットなどの柔らかな生地も、下針がしっかりと送るので綺麗に縫えます。送り歯の高さや押さえ圧力も調節可能。薄手から厚手まで生地に合わせて送り歯の高さが調節できるので、デリケートな生地も適切な圧力をかけて縫えるのが特徴です。

ボタンを押すだけで上糸と下糸を同時にカットする「自動糸切り」や、両手を使えない時でも布押さえが上下できる「ひざ上げレバー」機能を搭載。布押さえを12mmまでリフトできるので、レザーなどの厚物や段縫いに便利です。

ミシンに何かトラブルが起こった場合はコンピューター制御で自動的に停止するので安全。下糸を針板の上に引き上げる必要がないのでレザークラフトミシン初心者の方でも扱いやすいモデルです。

ジャノメ(JANOME) パワフル 電動ミシン LC7500K 731A

レザー押さえ、レザー針を標準装備しているレザークラフトミシンです。届いたその日にレザークラフトが始められます。厚手のレザーもしっかり縫えるパワーが特徴。薄い生地にも対応しているので、レザーを中心に幅広い生地を扱いたい方におすすめです。

上糸調子ダイヤルには普通・中厚・厚地と表示されているので、扱う生地の厚さによって適切な糸調子が一目で選べます。また、素材がばたつかないように強力な無段階押さえ圧調節機能を搭載。滑りやすい厚手のレザーもしっかり固定できるのが魅力です。

補助テーブルを取り外せばフリーアームとしても使えるので、ジーンズの裾上げや袋を縫いたい時にも便利。直線やジグザグ、縫い目の粗さなどもダイヤルで自由に調節できるので、縫い目までこだわって細かくデザインしたい方にもおすすめです。

無段階圧調節やフリーアーム機能など便利な機能が多いので、初心者からレザークラフトに慣れている方まで楽しめます。

ジューキ(JUKI) コンピュータミシン GRACE 100B HZL-G100B

送り歯を水平に保ちながら布を送る「BOX送り」を採用しているレザークラフトミシンです。この技術は工業用ミシンでも採用されており、縫い縮みや布ズレを防いで直線が綺麗に縫えるのが特徴です。

送りのパワーが強いので、裾上げ時など折り目が重なり段になっている部分もスムーズに乗り越えられます。針位置より右側のスペースが広いので、大きめの作品作りにも便利。別売りのワイドテーブルと合わせればより快適です。

また、ボタンホールなど布地を縫う時にもおすすめ。付属の穴がかり押さえにボタンをセットするだけで適切な穴がかりができる「自動ボタン穴かがり」機能を搭載しています。

レバー操作だけで素早く針糸通しができる自動糸通し機能が付いているのもポイント。LEDランプや液晶バックライトも搭載しており、扱いやすいレザークラフトミシンです。

ジューキ(JUKI) 職業用ミシン シュプール30デラックス TL-30DX

パワフルなモーターで厚いレザーもスムーズに縫えるレザークラフトミシンです。工業用ミシンにも採用されているアルミダイキャストフレームを搭載しているため、振動が少なく稼働音も静かなのが魅力。集合住宅での使用や夜間早朝の使用にもおすすめです。

押さえ圧調節機能が付いているので、レザーのような厚手のモノだけでなく薄物も綺麗に縫えます。糸調子目盛りもあり、素材や糸に合わせて調整しやすいのも特徴です。

手を使わずにひざの操作だけで押さえを上下できるひざ上げレバーも搭載。12mmまで押さえが上げられるので、厚いレザーも扱えます。自動糸切り機能や自動糸通し機能も搭載しているので、針穴への糸通しもボタンひとつで簡単です。

ミシンをストップすると針は下の位置で停止し、スイッチを押すたび半針ずつ上下するので細かい作業にも便利。低速にも対応しているので、縫い終わりなど少しだけ縫いたい時にも活躍します。

シンガー(SINGER) プロフェッショナル(Professional) 直線ポータブルミシン 103DX

繊細な押さえ圧調節ができるので、薄物から厚物まで幅広く扱えるレザークラフトミシンです。オプションで上送り押さえを付ければ、縫いずれしやすいベルベッドなども綺麗に仕上げられます。

コントローラーは踏み心地が軽く、長時間の使用でも脚が疲れにくい薄型のモノを採用。62×41.5cmのサイドテーブルが初めから付属しているので、大きなモノの裁縫にも便利です。

そのほか縫い初めと縫い終わりの作業時に両手が使えるひざ上げレバーや、ボタンひとつで簡単に糸が切れる自動糸切り機能、ツインラインプなども付いています。

また、縫いながら下糸巻きができる専用モーターを搭載しているので、巻き終わると自動で停止。縫っている途中でもスペアボビンの準備ができるので作業も効率的に進められます。

シンガー(SINGER) モナミ ヌウ アルファ SC300

スムーズな布送りができる7枚送り歯を搭載しているレザークラフトミシンです。押さえを水平に保てる段縫い押さえボタンも搭載しているので、厚物縫いもスムーズに開始できます。

さらに、生地や縫い模様に合った糸調子を自動で算出するコンピューターを搭載。ブラウスなどの薄手のモノから重ね縫い、厚手のデニムもスムーズに縫えます。縫いずれしやすいタオル地や曲線縫いにもおすすめです。

内部には小型強力マグネットモーター搭載しているので、静音性も良好。集合住宅など音が気になる場所でも手軽に使えます。手ぬい風キルトステッチもできるので、刺し子風デザインに挑戦したい方にもおすすめです。

また、自動糸切り機能や8種類のボタンホール機能も搭載。レザークラフトだけでなく普段使いにもおすすめです。特にボタンホール押さえはアンダープレート付きで、滑りやすい生地もしっかりと送れます。

ベビーロック(babylock) 職業用高速直線ミシン エクシムプロ 9600

1分で1600針とポータブル職業用ミシンの中ではトップクラスの速さを備えたレザークラフトミシンです。上下軸、釜軸にボールベアリングを使用しているので縫いずれを気にせずスムーズに縫えます。

また、フットコントローラーを踏んだ時の最高速度を手元のスライドレバーで調節できるのも魅力。800~1600針/分の間で無段階に調整できるので繊細な作業の要求される箇所も縫いやすいよう設計されています。

直径12mmの太い上下軸を採用しているので厚みのあるレザーもスムーズにソーイング。押さえ圧は生地に合わせて調節でき、薄手のモノも綺麗に仕上がります。押さえが布の厚みを感知するので、厚みに応じて適切な上糸量を供給するのもポイントです。

上下送り機能も付いているので、縫いずれの起こりやすいレザーも綺麗に縫えるのが特徴です。レザー押さえなどのオプショングッズを使用すれば、レザーやビニールなどの滑りやすい生地もさらにスムーズに縫えます。

ジャノメ(JANOME) コンピューターミシン NP1000

縫い模様が30種類もあるレザークラフトミシンです。模様が多いほどデザインの幅が広がり、よりオリジナリティのある革小物を作れます。

7枚送り歯を採用しているので、薄手のモノから厚手のモノまで縫いずれを気にせず縫えるのが特徴。押さえ固定ピン付き基本押さえ機能も搭載しているので、段差縫いなどでも縫い目が縮みにくく綺麗に仕上がります。

自動糸調子機能付きで、さまざまな生地を扱いたい方にもおすすめ。糸のかけ方や縫い方によって自分でも調節できますが、初心者の方には難しい作業なのでこの機能があった方が便利です。

糸抜けストッパー付天秤なので、使用中の糸抜けもありません。糸絡みしにくくスムーズに縫えるのも特徴です。また、購入時からハードケースが付属しているので持ち運びも簡単。内部には発泡材が貼られており、衝撃からミシンを守れます。

アックスヤマザキ(AXE YAMAZAKI) アンティークミシン ブルーバード HA-1・lll

インテリアとしても映えるアンティークな見た目が特徴のミシンです。強力モーターを内蔵した平ミシンなので、直線を縫うのに適しています。針板の針穴が小さく開いており、滑りやすいレザーも押え金が掴んで離しません。

また、家庭用ミシンに多く使われている水平全回転釜に比べて糸への負担を軽減した垂直半回転釜を採用。押さえ調節や送り歯の高さも高い・低い・送り無しの3段階調節ができるので、厚手のモノだけでなく薄手のモノもより綺麗な縫い目に仕上がります。

レバーで縫い目や返し縫いの長さを調節でき、常に一定の送り量にも設定できるので、1目ごとに慎重に縫うレザークラフトに適しているのも魅力です。スピードも調節できて初心者の方も安心。フットコントローラー式で両手が使えるのもポイントです。持ち運び便利なミシンケース付きで収納にも困りません。