入学入園準備の名入れなどに1台あると便利なミシン。ミシンのなかでも特に機能性に優れているのが「コンピューターミシン」です。ひらがな・漢字・アルファベットを縫う機能を内蔵していたり、自動で糸を切ったりと便利な機能が搭載されています。

そこで今回は、コンピューターミシンの選び方とおすすめのモデルをご紹介。興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

コンピューターミシンとは?

By: rakuten.co.jp

コンピューターミシンとは、縫い目や縫う模様、スピードなどをコンピューターで制御するミシンです。パネルやボタンを押すだけで簡単に操作できるため、家庭用ミシンのなかでも人気があります。同じく電気で動く「電動ミシン」「電子ミシン」と比べ、簡単に縫い物をきれいに仕上げられるのが魅力です。

コンピューターで操作をするので、ミシンをあまり使ったことのない初心者にもおすすめ。誤った操作をした場合はエラーメッセージが表示されるので、裁縫の失敗やミシンの故障も少なく、安心して使用できます。

コンピューターミシンの選び方

サイズで選ぶ

By: brother.co.jp

家庭用向けのコンピューターミシンは、フルサイズとコンパクトサイズの2種類に分けられます。フルサイズは各メーカーの主力ラインで、パワーがあるため幅広い縫い物に対応できるのが特徴。また、重量7kg以上、本体幅が45cm前後の製品が多くラインナップされています。

コンパクトサイズは重量が5kg前後で、本体幅38cm以下の製品が多く、収納性に優れているのが特徴。リーズナブルなモデルが多いので、ミシンを使う頻度の少ない方やシンプルな機能のミシンを探している方におすすめです。

ただし、ソーイングスペースが狭くパワーが小さいため、縫う対象によっては使いにくく感じる場合もあります。フルサイズに比べ耐久性が低く、寿命が短いのもデメリット。購入後に後悔しないよう、自分の用途に合ったモノを選びましょう。

便利な補助機能が付いているか確認

By: jaguar-net.co.jp

コンピューターミシンのなかには、より作業の手間を軽減できる機能を搭載したモデルもあるので確認が必要です。例えば、針穴に糸を簡単に通せる「自動糸通し」機能や、縫い終わったときに上糸と下糸をボタン操作で簡単にカットする「自動糸切り」機能などがあります。

また、「フットコントローラー」があると、足を使って縫い速度を調節可能。ミシンの作業効率を向上できるほか、曲線縫いなどにも便利です。フットコントローラーは、ミシンに付属していることもありますが、オプションでの購入もできます。椅子に座って頻繁に作業する方におすすめのアイテムです。

刺繍や文字縫い機能

By: brother.co.jp

コンピューターミシンには、刺繍や文字縫いができるモデルもラインナップ。なかには、刺繍データがダウンロードできる機能を有しているモノもあるのでチェックしてみてください。

衣類や小物などに名入れができる文字縫いのなかには、ひらがなや英語、数字などに対応したモデルもあります。未就学児〜小学生の子供がいる家庭におすすめの機能です。

静音設計

ミシンは、常時モーターが作動して針が上下運動をするので、静音性を重視する方は静音設計のコンピューターミシンを選ぶと安心です。

高性能モーターを搭載したモデルは、パワーに余裕があるため、パワフルながら静音性にも優れています。価格は高くなりますが、夜に使用する機会が多い方やマンションに住んでいる方などはチェックしてみてください。

フレームは金属製がおすすめ

By: amazon.co.jp

コンピューターミシンの骨格に相当するフレームもチェックしておくと安心です。安いミシンの場合は金属フレームを採用せず、フレームレス構造のモノもあります。

フレームレス構造は振動が発生しやすく、耐久性も劣る場合があるので注意が必要。長く愛用したい方は、金属フレームを採用したコンピューターミシンをチェックしてみてください。

初心者向けミシンか高機能ミシンか

ミシンメーカーのなかには、初心者向けと中上級者向けミシンをわかりやすく分けているメーカーもあります。初心者は、無理に高機能なミシンを選ぶのではなく、初心者向けの製品を選ぶと操作も簡単で安心です。

また、高機能ミシンのなかにも、初心者が使いやすいモデルも数多くラインナップされているため、あわせてチェックしてみてください。

コンピューターミシンのおすすめメーカー

ブラザー(Brother)

By: brother.co.jp

ブラザーは、プリンターや複合機などを扱う情報機器と、家庭用ミシンや刺繍ミシンなどのホームファッション機器を中心に事業展開しているメーカーです。ミシンにおいては、初心者向けから上級者向けの高機能モデルまで幅広くラインナップしているのが特徴。液晶画面をタッチして簡単に模様の位置を設定できるモデルなど、最先端の技術を搭載した製品を発売しているのもポイントです。

ジャノメ(JANOME)

By: amazon.co.jp

1921年に創立された、日本の老舗ミシンメーカーです。1979年には国産ミシンとして初のコンピューターミシン「メモリア」を発売。2013年には、家庭用ミシン生産累計が6000万台を超えています。

コンピューターミシン以外にも、実用ミシンや刺繍ミシン、業務用刺繍機など幅広く取り扱っているのが特徴。また、リーズナブルな価格で購入できるため、初心者におすすめです。

シンガー(SINGER)

By: rakuten.co.jp

アイザック・メリット・シンガーが1851年にアメリカで創業した、大手ミシンメーカーです。1889年に初の電動式ミシンを発売し、1890年には日本に進出しています。

1978年には世界初のタッチパネル搭載ミシンを発売するなど、先進的な機能を積極的に取り入れているのが魅力。使い勝手に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ジャガー(JAGUAR)

By: rakuten.co.jp

ジャガーは1949年に丸善ミシンとして創業。1952年には、日本製品として初の「ジグザグミシン」の開発に成功しています。

コンピューターミシンはもちろん、電子ミシンや電動ミシンを比較的リーズナブルな価格でラインナップしているのが特徴。コスパに優れたモノも多く、はじめてコンピューターミシンの購入を検討している方にもおすすめです。

コンピューターミシンのおすすめモデル

ブラザー(Brother) コンピューターミシン PS202

コンパクトタイプのコンピューターミシンです。ボタン穴かがりレバーの下ろし忘れた際などにエラーが表示されるので、初歩的なミスを防げます。

また、快適に作業を進めるための機能も充実。ボタンに適切な穴かがりができる「全自動ボタン穴かがり機能」や、押さえを水平に保つことでデニムや厚手のモノをスムーズに縫える押さえ固定ピンなどが搭載されています。

縫い目の長さや振り幅、模様をボタンで簡単に選択できるため、作品の幅が広がるのも魅力。液晶パネルを見ればすぐに判別でき、使いやすいモデルです。

ブラザー(Brother) CPV7203 SENSIA 120 コンピューターミシン

ワンタッチで簡単に糸通しができるコンピューターミシン。上糸はミシンに記載された順序に沿ってかけるだけ、下糸はボビンの矢印に沿って糸を通すだけでラクに操作できます。

7枚の送り歯が採用されているため、均一な縫い目で縫うことが可能。また、ボタンを押すだけでひと針縫いができる「一針ぬい」機能も魅力です。もうひと針縫いたいときなどに活躍します。

そのほか、ボタン穴かがりレバーの下ろし忘れなどを知らせるエラーメッセージ機能や、手元を照らすLEDライトなどもポイント。扱いやすさに配慮されているので、初心者にもおすすめのコンピューターミシンです。

ブラザー(Brother) コンピュータミシン S71-SL

ひらがなやカタカナ、英数字、「年・組」といった使用頻度の高い漢字に対応しているコンピューターミシンです。幼稚園・小学校の子供がいる家庭におすすめ。縫い模様や飾り模様、クロスステッチといった模様を40種類から選べるのもポイントです。

液晶パネルはバックライト付き。設定を確認でき、エラー操作をした際には通知する機能も搭載しています。振り幅や縫い目の長さを調節可能なので、作るアイテムや自分好みにあわせてカスタムできて便利です。

2ステップでできる糸通しや下糸巻きが簡単にできる機能も付いているため、作業に入るまでもスムーズ。サポート機能によってミシン初心者の方も操作しやすいモデルです。

ブラザー(Brother) 刺繍ミシン parie EMM1901

本格的な刺繍ができるコンピューターミシンです。メーカーのホームページから刺繍模様のデータをダウンロードできる仕様になっており、バリエーションを増やせるのが魅力。ワンステップで完了する自動糸通し機能や、自動糸切り機能など基本的な機能も充実しています。

また、カラー液晶タッチパネルを搭載しており、刺しゅう模様の選択などがしやすいのも魅力。使い勝手に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ジャノメ(JANOME) コンピュータミシン JN810

ワイドテーブルが付属しており、ワンピースやカーテンなどの大物を縫製するときにも使いやすいコンピューターミシン。ボタンを押し続けている間はゆっくりと縫える機能が付いていたり、縫うスピードをつまみで自由に調節できたりと、好みのスピードにカスタムして使えます。

さらに、糸切り機能や糸調子調節機能など、ボタンを押すだけで自動で操作する便利な機能を豊富に搭載。大きく見やすいLCDスクリーンに現在の設定が表示されるため、初心者でも使いやすいモデルです。

また、本製品は、生地の厚さを問わず縫いやすいのが魅力。7枚送り歯を採用しており、縫ったときの布縮みが少なく、布はしから縫い始めてもきれいに送れます。パワフルな貫通力を有しているため、デニムなどの厚手の生地も対応可能です。

シンガー(SINGER) コンピュータミシンSC300

260種類の豊富な縫いパターンに、ひらがななどの文字縫いができるコンピュータミシン。大きく見やすい大型液晶画面を搭載しており、使い勝手のよさが特徴です。

また、縫い模様や生地に合った糸調子を自動で制御する自動糸調子機能も魅力。さらに、手縫いの雰囲気に近い「キルトステッチ」などを楽しめるのもポイントです。

ブラウスなどの薄い布をしっかり縫える一方で、凹凸のある厚い生地などもスムーズに縫えます。手作りの楽しさが広がるおすすめのモデルです。

シンガー(SINGER) コンピュータミシン SN777DX

バックライト付きの液晶画面と、模様の選択がダイレクトにできるパネルが特徴的なコンピューターミシンです。ステッチの模様や飾りステッチはもちろん、数字・アルファベット・ひらがなの刺繍も可能。子供の持ち物などに刺繍をする際に便利な17文字の漢字にも対応しています。

縫いはじめはゆっくりスタートでき、縫い終わりの針停止位置を選べる設計なので、初心者でも操作しやすいのが魅力です。また、低速から高速まで、好みのスピードに調節できる機能や、フリーモーションで縫う際に便利なドロップフィードなども搭載。さまざまな作品作りで活躍します。

シンガー(SINGER) コンピュータミシン rumina1000

初心者でも扱いやすい、糸調子の自動制御機能が搭載されたコンピューターミシン。縫い模様にあわせて自動で調節するので、セットするだけで手軽かつきれいに縫い進められます。

縫い模様は、直線縫いからボタンホールかがりまで、実用的なパターンが12種類揃っているのもポイント。別売りの刺しゅう機を取り付ければ、細かく丁寧なデザインの刺繍も楽しめます。

また、本製品は小型の強力マグネットモーターを搭載。静音設計タイプのため、小さな子供がいる家庭や夜間に使いたいときに重宝します。

ジャガー(JAGUAR) コンピュータミシン KC400

298種類の文字模様を備えたコンピューターミシン。名入れができ、手作りの幅を広げたい方にぴったりのモデルです。糸通しと下糸は簡単にセット可能。下糸のセットミスなどが気になる方にもおすすめです。

フットコントローラーや、取り扱い説明DVDが付いているのも魅力。本格的にミシンを始めたい方や、子供の学用品作りなどをサポートするおすすめのコンピューターミシンです。

JUKI コンピュータミシン HZL-VS200V

工業用ミシンの技術を取り入れ、スムーズな縫い心地を実現しているコンピューターミシン。送り歯が布の広い範囲に接するので、目詰まりしにくく最後までしっかり送れます。厚みのある生地は縫い詰まりなく、薄手の生地も縫い縮みが出にくいタイプです。

また、針位置から右側のスペースと高さを大きく設計しているのもポイント。ソーイングスペースが広くとれるため、幅の広い生地も縫い進めやすい仕様です。本体右側に取り付けられた液晶パネルには、ボタンで選択した20種類の縫い模様が表示されます。自動の縫い糸切りや停止切替えボタンもワンタッチなので、簡単に操作可能です。

アルミダイキャスト製の土台を採用しており、耐久性にすぐれた設計なのも魅力。ハードケースも付属しているため、衝撃やホコリから守って保管できます。