通園・通学グッズを作る際や趣味の洋服作りなどに使用できるミシン。さまざまなメーカーから、コンピューターミシン・電子ミシン・電動ミシンなど多種多様なモデルが販売されていますが、ジャノメのミシンは品質が高く世界中から人気を集めています。

そこで今回は、ジャノメのミシンのおすすめ製品をご紹介します。ジャノメ製品の魅力や選び方のコツも解説するので、参考にしてみてください。

ジャノメ(JANOME)とは?

By: amazon.co.jp

1921年創業の「ジャノメ」は、東京都に本社を構える日本国内のミシンメーカーです。ミシンの糸巻の形式が「蛇の目式」と呼ばれていたことが社名の由来。家庭用刺繍ミシンを開発したことで知られており、老舗メーカーとして高い人気を集めています。

現在では、家庭用ミシンを製造するほか、全国の小中高校・専門学校・大学などに学校用ミシンを提供。サーボプレスや卓上ロボットなどの産業機器も取り扱っています。

ジャノメのミシンの魅力

By: amazon.co.jp

ジャノメのミシンはラインナップが豊富。コンピューターミシン・電子ミシン・電動ミシンなどを製造しており、初心者から上級者まで幅広い層に人気です。

品質が高く、耐久性に優れているのもポイント。人間工学に基づいてユーザーにやさしく設計されています。また、価格と機能のバランスがよいので、コスパのよさを求める場合にもおすすめです。

ジャノメのミシンの選び方

タイプをチェック

コンピューターミシン

By: rakuten.co.jp

「コンピューターミシン」は、現在販売されているミシンのなかでも主流といわれているタイプ。本体にコンピューターが内蔵されており、針の上下運動や振幅運動を制御します。低速時でもパワフルなので、デニムなど厚手の生地を縫う際にも便利。縫い目が安定しやすい点も魅力です。

また、多彩な機能を備えているのもポイント。ディスプレイを搭載したモデルが多く、設定を簡単に行えます。さらに、対応できる縫い模様やステッチの種類が充実。初心者が使いやすいだけでなく、豊富な機能によって上級者からも人気を集めています。

ジャノメが製造するコンピューターミシンの価格は、2~4万円ほどが主流。電子ミシンや電動ミシンよりはやや高価ですが、幅広い用途に使用できます。

電子ミシン

By: amazon.co.jp

「電子ミシン」は、本体に内蔵している電子回路で針の上下運動をコントロールするタイプ。コンピューターミシンと同じく低速時でもパワーを維持しやすいので、デニムやレザーなどの厚物を縫う際にも使用できます。

多くのモデルが本体前面や側面にコントロール部を搭載。ボタン・レバー・ダイヤルを操作するだけで糸の調子や縫い目が調節できるため、ディスプレイをタッチして操作するのが苦手な方にもおすすめです。

また、ミシン停止時に針が上がった状態でストップする製品も存在。針上停止機能を備えているモデルであれば、縫物を引っ張って、布や針を破損してしまうトラブルを防げます。ジャノメが製造する電子ミシンの価格は、1~2万円台が主流。比較的手頃な価格で購入できる点もメリットです。

電動ミシン

By: rakuten.co.jp

シンプルな構造を採用しているのが「電動ミシン」の特徴。比較的コンパクトなモデルが多く、出し入れの際の負荷を軽減できるのがメリットです。また、リーズナブルな製品が多いのもポイント。コンピューターミシンや電子ミシンほど針の貫通力が高くないので、薄手の布を縫う際に使用するのがおすすめです。

搭載されている機能も基本的なものに絞られており、用途が限定されている場合に便利。本体に備えている速度切換スイッチや、フットコントローラーで縫うスピードを調節するモデルが多く存在します。なお、ミシンに慣れていない初心者の方は扱いにくさを感じる場合があるため、留意しておきましょう。

機能をチェック

自動糸調子機能

By: amazon.co.jp

縫ったあとの布地は、表面に上糸、裏面に下糸のみが見える状態が正常。ただし、ミシンに慣れていない場合には、キレイに仕上げられないことがあります。

下糸と上糸が引っ張りあう強さを自動で調節する「自動糸調子機能」が搭載されていれば、縫い目をキレイに仕上げることが可能。糸の太さ・縫い模様・縫い目の長さなどに応じて調節できるので、初心者におすすめです。

自動糸切り機能・自動糸通し機能

By: amazon.co.jp

ミシンを使用する際は、事前に上糸と下糸をセットする必要があります。上糸は決まった位置に順番にかけて針に通し、下糸はボビンに巻き付けてセットするのが一般的。使い方に慣れていないと、準備の段階で時間がかかってしまうこともあります。

「自動糸通し機能」を備えている製品であれば、準備にかかる手間を軽減可能。レバーの操作で簡単に針に糸を通せます。また、上糸と下糸の両方をカットする「自動糸切り機能」も弁理。ワンプッシュで糸をカットできる製品や縫い終わりに自動でカットする製品などが存在します。

縫い目・ステッチ

By: amazon.co.jp

ミシンで縫う際に使用できる「縫い目」「ステッチ」の種類や数は、製品ごとに異なります。直線縫いやジグザグ縫いだけでなく、多彩なステッチを利用できるモデルも存在しているのが特徴です。

ただし、縫い目やステッチを豊富に搭載している製品ほど価格も高くなる傾向があります。購入する際は、予算と使用する縫い目やステッチの種類を考慮して選択するのがおすすめです。

液晶パネル・タッチパネル

By: amazon.co.jp

コンピューターミシンの多くには「液晶パネル」が搭載されています。選択している縫い目やステッチ、使用する押さえなどの情報が大きく表示されており、ひと目で確認しやすいのが魅力です。

また、「タッチパネル」に対応しているモノであれば、液晶パネルを指でタッチして操作可能。スマホやタブレットのような直感的な操作を好む方におすすめです。

厚物縫い機能

By: amazon.co.jp

薄い生地のみに使用するのであればあまり問題ありませんが、ミシンでデニムやレザーなど比較的厚手に生地を縫う際は、ある程度のパワーが必要です。特に、縫い始めなど低速時にパワーが安定しないモデルは、厚物に針が通りにくいので留意しておきましょう。

厚い物を縫う機会が多い場合には、「厚物縫い機能」を搭載したミシンが便利。ジーンズの裾上げなど、厚物はもちろん段差を縫う際にも便利です。

ワイドテーブルの有無をチェック

By: amazon.co.jp

ミシンは製品ごとに本体やソーイングスペースのサイズが異なります。小物やちょっとした縫物を行う場合には、作業スペースが狭めでもあまり問題ありません。ただし、洋服の縫製などに使用する場合は、ある程度の作業スペースが必要。作業に合うソーイングスペースを備えたモデルを選択するのがおすすめです。

「ワイドテーブル」を取り付けられるモデルであれば、フラットな作業面を拡大できます。作業時応じて脱着できるので、小物から大物まで幅広い縫製を行う場合に便利です。

フットコントローラーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

作業中に縫う速度を変更したい場合には、ミシン本体に搭載されている速度調節用のスライダーやボタンなどを片手で操作する必要があります。「フットコントローラー」が付属しているミシンであれば、足で踏むことで縫うスピードを調節可能。作業中に両手を使用したい場合に便利です。

踏み込む深さを変えることで、細かな部分や曲線を縫う際にスピードを抑えたり直線を縫う際に速度をアップしたりできるのがメリット。フットコントローラーが標準で付属しているモノや、別途オプションで購入できるモノが存在します。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

ミシンを使用する際にはある程度の運転音が出ますが、なかには静音性に優れたモデルも存在します。モーターや個々のパーツに品質の高いものを採用している製品であれば、比較的音が静かです。

昼間だけでなく、夜間や早朝にミシンを使用する場合に便利。集合住宅で騒音問題を心配する場合にも静音性の高いミシンを選択するのがおすすめです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ミシンは製品ごとにサイズが異なり、コンパクト・レギュラー・ワイドなどのタイプが存在します。コンパクトミシンは本体の幅が38cm以下のモデル。小型なだけでなく軽量な製品が多く、持ち運ぶ際の負荷を軽減できるのが魅力です。

レギュラーミシンは、本体の幅が40cmほどのモデル。コンパクトミシンよりもソーイングスペースが広く、生地を広げて縫う際に便利です。ワイドミシンは、本体の幅が45cm前後のタイプ。ソーイングスペースが広いだけでなく、パワフルなモーターを搭載しているのが特徴です。

価格をチェック

ミシンは製品ごとに価格が異なるので、予算に合わせて選択するのがおすすめ。ジャノメのミシンには、1万円弱のモデルから5万円を超えるモデルまで、さまざまな製品が存在します。

電動ミシンは比較的低価格なモデルが多め。多彩な機能を備えたコンピューターミシンになると、高額なモデルが増加します。価格が高いモデルほど搭載されている機能も充実しているため、必要な機能と予算のバランスに優れたモデルを選びましょう。

ジャノメのミシンのおすすめ

ジャノメ(JANOME) コンピュータミシン JN810

視認性に優れた液晶パネルを配置したミシン

取り外し可能なワイドテーブルが付属しているジャノメのコンピューターミシンです。本体サイズは幅40.6×奥行18.4×高さ29.8cmのレギュラーサイズ。小物やちょっとしたモノを縫う際はもちろん、洋服作りなど大物を縫う際にも利用できます。

また、自動糸切り機能を備えているのもポイント。ボタンを押すだけで上糸と下糸をカットできるので、作業をスムーズに進められます。本体の前面にはLCDスクリーンと呼ばれる液晶パネルを配置。大型で視認性に優れており、設定をひと目で確認できます。

自動糸調子機能を搭載しているため、キレイに仕上がりやすいのも魅力。さらに、パワフルな貫通力で、デニムやレザーを縫う際にも使えます。説明DVDが同梱されているのもメリット。動画でミシンの使い方を学べるので、初心者にもおすすめです。

ジャノメ(JANOME) コンピュータミシン NP3000

下糸クイック機能を搭載し、準備の手間がかからない

下糸クイック機能を搭載している、ジャノメのコンピューターミシンです。下糸を引き上げる必要がなく、準備の手間を軽減できるのが特徴。ボビンを入れて、矢印にそって糸を通すだけなので、スムーズに作業に入れます。

大型で視認性に優れたLCDスクリーン下部には、ダイレクト選択ボタンを搭載。使用頻度の高いステッチボタンも備えており、簡単に選べるのがメリットです。

また、自動糸切り機能を搭載しているのもポイント。ボタンを押すだけで上糸と下糸をカットできるほか、縫い終わりに自動でカットするように設定もできます。さらに、コードリール式フットコントローラーが付属。足を使って縫うスピードを調節できて便利です。

押さえ圧は6段階で切り替え可能。薄地から厚地まで幅広い布地に対応できます。そのほか、使用できるステッチの種類は300種類。文字などが縫えるので、名前を刺繍したい場合にも便利です。

ジャノメ(JANOME) コンピュータミシン MP400SE

収納時にホコリの侵入を軽減できる

かわいらしいデザインが特徴的な、ジャノメのコンピューターミシンです。おしゃれな収納バッグが付属しているのが特徴。持ち運ぶ際に便利なだけでなく、収納時にホコリの侵入を軽減できるのもメリットです。

また、オリジナルピンクッションが備わっているのもポイント。まち針をミシン本体に刺しておけるので、スムーズに作業が進められます。縫い終わりに自動で糸をカットする、自動糸切り機能も搭載。ボタンを押すだけで簡単に糸をカットできます。

針板の素材には、金属を使用。耐久性だけでなく静音性のアップが期待できるため、夜間や早朝にミシンを利用する場合にも便利です。本体中央部にはLCDスクリーンを搭載。20種類の縫い模様を簡単に選択したり確認したりできる点も魅力です。

ジャノメ(JANOME) コンピュータミシン MP470MSE

純正の針元レンズが付属している、ジャノメのコンピューターミシンです。倍率2倍のレンズで針元を確認できるのが特徴。針に糸を通す際はもちろん、作業中に針の先を視認しやすいのが魅力です。

電源コードはコードリール式を採用。不使用時は、ミシン本体にコードを収納しておけます。また、自動糸切り機能や自動糸調子機能を備えているのもポイント。使い勝手に優れています。さらに、針板はオール金属製。静音性が高いので、夜間や早朝時にミシンを使用する頻度が高い方におすすめです。

そのほか、まち針をミシン本体に刺しておけるオリジナルピンクッションや収納バッグが付属。フットコントローラーも別売で用意されており、足で縫うスピードを調節したい場合に便利です。

ジャノメ(JANOME) コンピュータミシン JN831

デニムなどの厚物もパワフルに縫える、ジャノメのコンピューターミシンです。59種類のステッチに対応しているのが特徴。通園通学グッズや洋服作りなど、幅広い用途に使えます。

また、ハードカバーが付属するのもメリット。収納時にミシン本体にホコリが侵入してしまうトラブルを予防したい場合に便利です。フットコントローラーなどの付属品も充実しています。

さらに、自動返し縫いや自動止め縫い機能を搭載しているのも魅力。自動糸調子機能も備わっており、初心者でも扱いやすいモデルです。本体は幅40.6×奥行18.4×高さ29.8cmのレギュラーミシン。ワイドテーブルも同梱されており、ソーイングスペースを広めに確保できる点もおすすめです。

ジャノメ(JANOME) メモリークラフトH8800

多彩な機能を搭載している、ハイスペックなジャノメのコンピューターミシンです。タッチパネル式の液晶パネルを採用しているのが特徴。画面上で簡単に設定できます。

また、ミシン停止時に自動で押さえが上がるのもポイント。曲線を縫う際はもちろん、縫い進む方向を変更する場合に便利です。スマート糸通し機能も備えているので、レバー1つで簡単に糸を通すことが可能。準備に手間をかけたくない場合にも便利です。

本体サイズは幅50.4×奥行23.6×高さ31.6cmのワイドタイプで、ソーイングスペースのサイズは幅21×高さ12cm。手元を照らすLEDライトを搭載しており、作業が快適に進められます。付属品として、大型のフットコントローラーを同梱。サイズが大きめで、足でコントロールしやすい設計です。

ジャノメ(JANOME) 電子ミシン JE2300

シンプルな機能を搭載している、使い勝手に優れたジャノメの電子ミシンです。標準糸調子機能を備えているのが特徴。ダイヤルを回すだけで上糸の調子を合わせられます。

また、自動糸通し機能が付いているのもポイント。針に糸を通す作業をスピーディに行えます。さらに、ボビンケースが不要な水平釜を採用。下糸の残量がひと目で確認できて便利です。

縫うスピードは、おそい~はやいの間で調節可能。スライダーを操作するだけで、スピードを設定できます。縫い模様は、ダイヤルを回して変更可能。選択中の模様が確認しやすい設計です。

ジャノメ(JANOME) 電子速度制御ミシン N-265

小型かつ軽量に設計されているジャノメの電子ミシンです。本体サイズは幅35.4×奥行15.9×高さ26.1cmのコンパクトミシン。出し入れの際にかかる負荷を軽減できるのが魅力です。

スタートやストップのボタン、返し縫いレバー、速度調節スライダーは手元部分に配置。ボタン類がコンパクトな位置にまとめられており、操作性に優れているのもポイントです。ステッチは、直線縫い・ジグザグ縫い・三重縫いなど9種類に対応。ボタンホール縫いも備わっているため、幅広い用途に使用できます。

また、デニムなどの厚物を6枚程度重ねて縫うことが可能。パワフルなモーターが備わっています。本製品は、ジャノメが製造する電子ミシンのなかでもリーズナブルなモデル。コスパを重視する方にもおすすめです。

ジャノメ(JANOME) 2ウェイコンパクト電子ミシン Nuikiru N-778

「ヌイキル機構」と呼ばれるロックメスを内蔵している、ジャノメの電子ミシンです。布を裁断しながら裁ち目かがりできるのが特徴。カットした布がほつれてしまうのを予防できます。また、フットコントローラーが付属しているのもポイント。本体に配置されているスライダーだけでなく、足で縫う速度を調節可能です。

さらに、パワフルなモーターを備えているのもメリット。デニムのような厚手の生地も、6枚程度を重ねて縫えると謳われています。手元には照明ランプが付いており、針元をしっかりと確認可能。安全性に優れている点もおすすめです。

そのほか、ミシンを停止した際は、針が上の位置でストップする設計。布を引っ張った際に破けてしまうのを避けたい場合に便利です。

ジャノメ(JANOME) ヌイキル内蔵型電子制御ミシン N-515

ロックメスを内蔵しているジャノメの電子ミシンです。布の端を切り落としながら、縁縫いできるのが特徴。レバーを下ろすだけで使用でき、取り付け作業などの手間がかからない点も魅力です。メスロックミシンと同等の切れ味を有しており、薄地から厚地まで幅広い布地をカットできます。

縫うスピードは、電子制御による無段階調節が可能。本体に配置されているスピードレバーをスライドさせ、直線や曲線など用途に応じて速度を変更できます。また、水平全回転カマを備えているのもポイント。下糸のセットを簡単かつ静かにできるのがメリットです。さらに、糸通し器も備えています。針に糸を通す準備作業をスピーディに行える点も便利です。

ジャノメ(JANOME) コンパクト電子速度制御ミシン Nuikiru N-365

補助テーブルが着脱でき、幅広い用途に使用できるジャノメの電子ミシンです。袖縫いや筒縫いに使用する際に便利。フリーアーム式のミシンとして使えるのが特徴です。

また、糸通し機能を搭載しているのもポイント。針へ糸を通す作業を面倒に感じる場合や、準備作業をスピーディに終えたい場合におすすめです。さらに、水平全回転カマを備えているのもメリット。下糸を簡単かつ静かにセットできます。

ステッチは、直線縫いやジグザグ縫いのほか、ボタンホール縫いにも対応。切り替えも手軽に行え、使い勝手に優れています。

ジャノメ(JANOME) 電動ミシン JN508DX

足元で操作ができるジャノメの電動ミシンです。標準でフットコントローラーが付属。スタートやストップの操作だけでなく、スピード調節も足でできるので、両手を使って作業を行いたい場合に便利です。

使用するステッチの種類は、ダイヤルを回すだけで設定可能。直線縫いやジグザク縫いなど幅広いステッチに対応できます。また、水平全回転カマを採用しているのもポイント。下糸を簡単にセットできるため、準備作業をスピーディに行えます。

本体サイズは幅38.5×奥行15×高さ28.2cm。上部にハンドルが付いており、簡単に持ち運べるのもメリットです。

ジャノメ(JANOME) 電動ミシン JA525

リーズナブルな価格で購入できる、ジャノメの電動ミシンです。本体サイズは幅29×高さ22.8×奥行12.7cmのコンパクトミシン。重量は2.2kgと比較的軽く、出し入れの際にかかる負荷を軽減できます。

縫い模様は8種類に対応。ダイヤルを回すだけで簡単に切り替えられるのもポイントです。また、フットスイッチが標準で付属しています。縫う速度は調節できませんが、スタートとストップの操作を足でコントロール可能です。

下糸のカバーは透明で、残量をひと目でチェックしやすい仕様。水平釜が採用されており、下糸のセットを簡単に行えます。

ジャノメ(JANOME) 電動ミシン パワフル電動ミシン LC7500K

レトロでおしゃれなデザインを採用している、ジャノメの電動ミシンです。機能性だけでなく、外観にもこだわって選択したい方におすすめ。頑丈なアルミダイカストボディなので、耐久性にも優れています。

また、レザー針が標準で付属しているのもポイント。厚手の生地を縫う際にも便利です。糸の調子はダイヤルを回すだけで簡単に設定可能。ダイヤルには普通・中厚・厚地の表示があり、布地の厚みに応じて選択できます。

さらに、垂直半回転カマを採用しているのもメリット。布地の表面だけでなく、裏面もキレイに仕上げられます。

ジャノメ(JANOME) 電動ミシン JA-701

シンプルな操作で使いやすい、低価格なジャノメの電動ミシンです。本体サイズは幅29×奥行12.7×高さ22.8cm。コンパクトに設計されているほか、重量も2.2kgと比較的軽く、手軽に出し入れできます。

使用するステッチは8種類から選択可能。本体前面に備わっているダイヤルを回すだけで、簡単に設定できます。また、フットコントローラーが標準で付属しているのもポイント。足を使って縫う速度を調節できるので、両手で作業が行えます。

さらに、上糸調節ダイヤルを備えているのもメリット。布地の厚みに応じて、上糸の調子を設定できます。

ジャノメ(JANOME) 電動ミシン JA777

コンパクトに設計されているジャノメの電動ミシンです。本体サイズは幅28.9×奥行12.7×高さ22.8cm。重量も2.2kgと比較的軽く、持ち運びやすいのが特徴です。

また、簡単糸調子機能を備えているのもポイント。ダイヤルを回すだけで上糸の調子を簡単に設定可能です。さらに、返し縫いは、本体前面のレバーを操作するだけで行えます。押している間は返し縫い、離した際は前進縫いする仕様です。

そのほか、水平釜を採用しているのもメリット。下糸を簡単にセットできるだけでなく、糸くずの手入れも楽に行えます。使用するステッチの種類は、ダイヤルを回すだけで設定可能。10パターンの縫い模様が使用できます。

ジャノメのミシンの売れ筋ランキングをチェック

ジャノメのミシンのランキングをチェックしたい方はこちら。