家でも、ふわふわのわたあめを作れる「家庭用わたあめメーカー」。昔ながらの白くて甘いわたあめはもちろん、フレーバー付きのわたあめも楽しめます。わたあめをトッピングしたわたあめスイーツやわたあめドリンクも人気です。ホームパーティーや誕生日イベントに大活躍します。

そこで今回は、おすすめの家庭用わたあめメーカーをご紹介。選び方なども参考に、気になる方はぜひチェックしてみてください。

家庭用わたあめメーカーの仕組み

By: rakuten.co.jp

わたあめメーカーの中央部には電気ヒーターが内蔵されており、回転皿を加熱します。熱せられた回転皿にザラメなどの材料を投入すると、熱によって溶けて細い糸状になり、穴から噴出する仕組みです。それを割り箸などのスティックでからめ取ってわたあめを作ります。

家庭用わたあめメーカーの選び方

使える材料をチェック

わたあめメーカーは、製品によって使える材料が限定されます。「どんなわたあめを作りたいか」を明確にして、必要な材料が使えるモノを選ぶのがポイントです。

わたあめの材料として主に使えるのは、「ザラメ」「グラニュー糖」「飴玉」の3つ。昔ながらの白いわたあめを作る際は、ザラメやグラニュー糖を使用します。市販の色付きザラメを使えば、カラフルわたあめを作ることも可能です。

フレーバー付きのわたあめを楽しみたい場合は、市販の飴玉に対応したモノが最適。フルーツやコーラ、ソーダなど、さまざまな味を楽しめるわたあめを作れます。

ただし、ノンシュガータイプや、飴玉の中にパウダーやキャラメルなど異物が入っている場合は使えない場合が多いので、あらかじめ確認しておきましょう。

出力をチェック

By: amazon.co.jp

家庭用わたあめメーカーでは、300〜400Wのモノが一般的です。なかには、100W前後の経済的なモノから、500Wの大出力なモノまであります。

出力が高いモノは、火力があり回転皿をすばやく加熱できるのがメリットです。低出力なモノなら予熱に5〜10分ほどかかるところ、高出力なモノは1〜2分程度で余熱できます。待ち時間を短縮したい方や、ホームパーティーで効率よくわたあめを作りたい方は、より高出力なモノがおすすめです。

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

わたあめメーカーのサイズは、幅30×奥行30×高さ20cm前後のモノが一般的です。大きなわたあめを作りたい場合は、受け皿のサイズにも注目。受け皿が大きいほど、大きなわたあめを作りやすくなります。

お店で売っているようなジャンボサイズのわたあめを作れるモノもあるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

なお、わたあめメーカーは頻繁に使用する家電ではないため、収納のしやすさをチェックするのもポイント。受け皿が組立て式のモノは、分解してよりコンパクトに箱詰めできるので、収納場所が狭い場合などにおすすめです。

収納スペースを確保したうえで、置き場所に困らないモノを選びましょう。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

わたあめメーカーの使用後は、回転皿や受け皿にわたあめがくっ付いたり焦げ付いたりするので、お手入れが必要です。お手入れせずに使い続けると、回転皿の穴が詰まってわたあめをうまく作れなくなるだけでなく、故障の原因にもなってしまいます。長く愛用したい方は、細かい部分までお手入れできるモノがおすすめです。

特に汚れやすい回転皿や受け皿は、分解して丸洗いできるかを確認。なかには、ドライバーを使ってネジを外す必要があるモノもあります。細かい作業が苦手な方は、ネジ式ではないタイプを検討してみてください。なお、砂糖はお湯によく溶けるので、お湯で洗えるかどうかもあわせてチェックしましょう。

子供と楽しむならSTマーク付きのモノが安全

By: amazon.co.jp

STマークとは、一般社団法人日本玩具協会により、子供が使用しても安全と認められた「玩具」に表示されるマーク。初めてのわたあめ作りを親子一緒に楽しみたい方などは、STマーク付きのわたあめメーカーをおすすめします。

火傷などの心配をせず、安心して楽しめるのがメリットです。対象年齢もあるので、確認して選びましょう。

ただし、STマークを付与されたモノはおもちゃの部類なので、余熱に時間がかかったり、一度に作れるわたあめの量が少なかったりする場合があります。時間に余裕のある休日などに、子供とゆっくりわたあめ作りを楽しみたい方におすすめです。

家庭用わたあめメーカーのおすすめ

ディースタイリスト(D-STYLIST) スイートクラウド KK-00355

ディースタイリスト(D-STYLIST) スイートクラウド KK-00355

省スペースで収納できるわたあめメーカーです。パッケージが幅31.2×奥行15×高さ31.2cm程度とスリム。重さも約1kgと軽量で持ち上げやすく、高い場所でもラクに収納できます。本体も幅27×奥行27×高さ17cm程度とコンパクト。高さが低いので、ハイテーブルの上での使用にもおすすめです。

「わたあめ専用スティック」が2本付属しています。わたあめがくっ付きやすいように、表面を凹凸に加工。まるいわたあめを簡単に作れるのが魅力です。ザラメと飴玉を使用でき、カラフルなわたあめやフレーバー付きのわたあめも作って楽しめます。

350Wの出力ながら、予熱時間は約1分とスピーディー。最大20分まで連続して運転でき、パーティーなどで数人分まとめてわたあめを作りたい場合にもおすすめです。受け皿と回転皿は、手で分解して丸洗い可能。ぬるま湯や台所洗剤で洗えばこびり付いた汚れもきれいに落とせます。

ディースタイリスト(D-STYLIST) わたあめ屋さん KDCC-002

ディースタイリスト(D-STYLIST) わたあめ屋さん KDCC-002

飴玉やザラメを使って、大人の頭の大きさほどのわたあめを作れるわたあめメーカー。450Wの高出力で、約2分と短い予熱時間で効率よくわたあめを作れるのがメリットです。最大30分の連続運転が可能で、ホームパーティーなどでたくさんわたあめを作りたい場合にも適しています。

フタ・トレイ・飴玉投入皿は、手で取り外して丸洗い可能。ぬるま湯にも対応し、こびり付いたわたあめを溶かしてきれいに落とせるのもポイントです。

ディースタイリスト(D-STYLIST) ジャンボわたあめ屋さん KDCC-003

ディースタイリスト(D-STYLIST) ジャンボわたあめ屋さん KDCC-003

巨大わたあめを作れるわたあめメーカーです。直径約37cmの大きな受け皿を搭載。わたあめをからめやすい付属の「わたあめ棒」を使えば、お店のような大きなわたあめを簡単に作れます。ザラメはもちろん、市販のキャンディーにも対応。最大30分連続して使用でき、ホームパーティーや誕生日イベントにもおすすめです。

受け皿と飴玉投入口は、手で取り外して丸洗い可能。受け皿は4つに分解でき、お湯にしばらくつけておけば、くっ付いたわたあめも簡単に落とせます。また、分解したまま箱に詰められるので、使用時よりもコンパクトに収納できるのもメリットです。

セラヴィ コットンキャンディメーカー CLV-341

セラヴィ コットンキャンディメーカー CLV-341

レトロ感のあるおしゃれなデザインが魅力のわたあめメーカー。ホームパーティーなどの雰囲気にもよく合います。インテリアとして楽しみたい方やギフトとして購入したい方にもおすすめです。

本体は直径約28cmと、大きなわたあめも作れるサイズ。飴玉やザラメを投入でき、オリジナルのわたがしを作って楽しめます。

500Wの高出力も魅力。約2分間の予熱で、すばやくわたあめを作り始められるのもポイントです。最大30分間連続運転でき、たくさんのわたあめを作れます。回転皿とカバーは、手で取り外してお湯や水で丸洗い可能です。汚れが落ちにくい場合は、食器用中性洗剤も使えます。

エスアイエス(SIS) The Cotton Candy Maker GCM-540

エス・アイ・エス(SIS) The Cotton Candy Maker GCM-540

砕いたハードキャンディーとザラメが使えるわたあめメーカー。500Wの高出力で予熱時間が1〜2分と短く、待ち時間が気になる方にもおすすめです。連続使用時間は最大約20分。子供の手のひらサイズのわたあめなら数個作れます。

子供のおやつや、わたあめのアレンジメニューを自宅で手作りしたい方などにも最適です。受け皿と回転皿は、手で取り外せます。食器用洗剤などを使って汚れをきれいに落とせるので衛生的です。

プリズメイト(PRISMATE) コットンブロック PR-SK026

プリズメイト(PRISMATE) コットンブロック PR-SK026

ザラメとグラニュー糖が使えるわたあめメーカーです。わたがしを使ったアレンジレシピを紹介するレシピブックが付属。カラフルなわたがしを作って、おしゃれなわたあめドリンクやわたあめスイーツなどを楽しみたい方におすすめです。

わたあめをからめ取るためのスティックを6本と、作ったわたあめをスティックごと立てて置けるスタンドも付属しています。カラースプレーなどで飾り付けする際に便利です。スタンドごとテーブルに置けば、わたがしパーティーを楽しめます。

ハピネット(Happinet) ふんわりおいしい Newあめdeわたあめ

ハピネット(Happinet) ふんわりおいしい Newあめdeわたあめ

STマークを取得しており、子供も安全に使えるわたあめメーカー。対象年齢は8歳以上です。クッキングトイながら、ふわふわのわたあめを楽しめます。飴玉1個で大人の握りこぶしほどのわたあめを作ることが可能。飴玉を使ってさまざまな味のわたあめを作れるので、子供が飽きにくいのもポイントです。

ボウル部分は分解して丸洗い可能。お湯にしばらくつけておけば、飴のべたつきもきれいに落とせます。

アガツマ(AGATSUMA) アンパンマン よくばりたべっ子わたあめ

アガツマ(AGATSUMA) アンパンマン よくばりたべっ子わたあめ

子供と一緒にわたがし作りを楽しめるわたがしメーカーです。対象年齢は8歳以上。熱くなる部分には触れられないようになっており、安心して使用できます。

グラニュー糖と市販の飴玉が使用可能。昔ながらの白いわたあめはもちろん、飴玉を使えばイチゴ味やメロン味のわたあめを作れます。飴玉の色を反映するので、味だけでなくカラフルな見た目も楽しめます。

カバーと受け皿は、手で取り外して丸洗いが可能。回転皿は、ドライバーを使って分解。取り外したプレートと保護カバーは丸洗いでき、ほかの細かい部分もやわらかい布で拭くなどして簡単にお手入れできるのもポイントです。

グリーンハウス(Green House) わたあめメーカー GH-WATAAS

グリーンハウス(Green House) わたあめメーカー GH-WATAAS

温度が過度に上がると自動で運転を停止するわたあめメーカー。安全性が高く安心して使用できます。幅約28×奥行28×高さ17cmのコンパクトサイズ。狭いキッチンで使いやすいのもポイントです。材料として使えるのはザラメのみ。白いわたあめはもちろん、色付きザラメを使ってカラフルなわたあめも作れます。

回転皿とカバーは、手で取り外せて丸洗い可能。食器用洗剤などを使えば、くっ付いたザラメもきれいに落とせてお手入れも簡単です。

番外編:わたあめを上手に作るコツ

By: amazon.co.jp

お店に売っているような丸くてふわふわのわたあめを作るためには、いくつかのコツがあります。まず、わたあめメーカーは、湿気の少ない場所に設置するのがポイントです。湿気が多いと、わたあめが湿ってしぼみがち。湿度の低い日の方が、ふわふわで大きなわたがしに仕上がります。

次に、わたあめ用の割り箸やスティックをあらかじめ水に浸して湿らせておくことです。回転皿から噴き出るわたあめがくっ付きやすくなります。回転皿に沿って数周ぐるりと割り箸を回せば、わたあめを逃がさずしっかりとからめ取ることが可能です。

また、大きくて丸いわたあめを作るためには、割り箸を指でクルクル回転させながら上下に動かすのも重要なポイント。上向きに立てて回転させると割り箸の下部に、下向きなら割り箸の上部にわたあめが付いて大きくなります。バランスよく形を整えれば、お店のようなわたがしが完成します。

番外編:飛び散るわたあめに注意

By: amazon.co.jp

家庭用わたあめメーカーには業務用のように屋根がなく、使用中に釜から噴き出る細かい糸状のわたあめが空中に舞い上がって部屋中に散らばることがよくあります。散らばったわたあめが床や壁にくっつくと掃除が大変です。

キッチン用の油よけガードなどでわたあめメーカーの周りを高く囲ったり、床にレジャーシートや新聞紙をひいたりと工夫すると、後片付けがラクになります。ただし、使用中は囲いが熱くなるので、触れないように気をつけましょう。

ベランダなど電源コードが届く範囲の屋外で使用するのもおすすめ。また、軍手などをしてわたあめを作れば、手がべたつくことも予防できます。

番外編:わたあめを使ったアイディアレシピ

By: rakuten.co.jp

わたあめはそのまま食べるのもおいしいですが、アレンジ次第で楽しみ方が広がります。カラースプレーでわたあめを飾り付ければ、おしゃれなスイーツに。ホームパーティーにも最適です。

カラフルなわたあめを入れたグラスに炭酸水と氷を入れ、上にアイスクリームをのせれば、わたあめクリームソーダのできあがり。炭酸水の代わりにお酒を注いで作るわたあめカクテルや、わたあめシャンパンなども人気です。

子供の誕生日イベントなどでは、パンケーキにわたあめをのせてアレンジ。上からシロップをかけると、わたあめがあっという間に溶ける様子を見て楽しめます。食べきれなかったわたあめは、翌朝に食パンにのせてトーストすれば、シュガーラスクにもなります。アレンジの仕方は豊富にあるので、オリジナルメニューを作って楽しんでみてください。