価格相場も下がり入手しやすくなった40インチ液晶テレビ。有名メーカーでもフルHDは4万円台から、高精細が魅力の4K対応型も10万円以内のモデルがラインナップしています。

今回は、新技術も続々投入されている40インチ液晶テレビの選び方をわかりやすく解説。おすすめのメーカーと製品もご紹介します。テレビ番組や動画配信コンテンツなど、さまざまなエンターテイメントを大画面で楽しんでください。

40インチのサイズはどんな方におすすめ?

By: sony.jp

40インチ液晶テレビは、迫力のある視聴体験がしたいという方におすすめです。40インチの大画面液晶テレビを見るには大きな部屋が必要なイメージがありますが、最もキレイに見られる「視聴距離」は、40インチフルHDで150cm程度、4Kテレビなら75cm程度と短いため、6畳程度の部屋でも利用できます。寝室や書斎などプライベートスペースでの使用もおすすめです。

40インチ液晶テレビのラインナップのなかには、4万円前後で入手できるモデルもあるほか、フルHDはもちろん、高精細な4K対応モデルも登場しています。

40インチ液晶テレビの選び方

40インチ液晶テレビの解像度をチェック

フルHD

By: amazon.co.jp

フルHDテレビの画素数は1920×1080で、207万画素を有しています。また、ヨコとタテの長さの比率を表すアスペクト比は16:9です。液晶テレビを最もキレイに視聴できる視聴距離は、画面の高さの3倍と言われています。40インチ液晶テレビの画面高さは約50cmなので、150cmが最適な視聴距離です。6畳ほどの部屋でも美しい映像でテレビを視聴できます。

4K

By: amazon.co.jp

4Kテレビは3840×2160で表され、829万画素を有しています。アスペクト比はフルHDと同様の16:9です。フルHDの4倍に相当する画素数があるので同サイズのテレビの場合、1つの画素はより細かくなります。その結果、映像が滑らかで画素の粗さが目立たないのがメリットです。

さらに、フルHDより視聴距離が短いのが特徴。4Kの視聴距離は画面高さの1.5倍。高さ50cmのテレビであれば75cmという近距離で迫力ある映像が楽しめます。

40インチ液晶テレビの機能をチェック

チューナー数および録画機能をチェック

テレビ放送を受信するチューナーを2つ以上搭載している液晶テレビは、番組を録画しながら別の番組を視聴できるのが魅力。ミドルクラス以上は2つチューナーを備えているモデルが一般的です。ハイエンドクラスになると3つのチューナーを使用して2番組を同時録画できる液晶テレビもあります。

一般的に、40インチ液晶テレビの録画はUSBケーブルで接続した外付けHDDに保存するため、USB端子を1つ、あるいは2つ搭載しているモデルが主流です。メーカーによっては、テレビ本体にHDDやブルーレイレコーダーを内蔵しているモノもあります。1台でテレビ録画・ブルーレイ再生・ダビングができるので便利です。別途レコーダーを接続するよりもスペースをとらず、操作が簡単というメリットもあります。

映像をチェック

By: mitsubishielectric.co.jp

液晶パネルのバックライトには「直下型」と「エッジ型」の2つの方式があります。エッジ型は省エネ性に優れており、スマートフォンなどで採用されている方式。それに対して直下型は主に大型画面のパネルに用いられています。画面が均等に明るくなる特徴があるため、画質にこだわる方は直下型を選ぶとよいでしょう。

最近、パソコンディスプレイなどでも注目されている技術が「ハイダイナミックレンジ(HDR)」です。従来よりも輝度差を拡大した映像信号のことを指します。HDR機能が搭載されているモデルは明暗差が大きい映像でも、よりリアルに再現できる豊かな階調表現が魅力です。フルHDに比べ4倍の情報量を有する4K映像で特に力を発揮する機能なので、4Kテレビを探している方はHDR対応モデルをおすすめします。

動きの速いスポーツなどの番組をよく見る方は前後のコマを利用して新たなコマを作成する「倍速機能」もチェックしておくと安心です。チラつきや残像を抑えた鮮明な映像が楽しめます。

オーディオと音声機能をチェック

By: toshiba.co.jp

テレビや動画配信のコンテンツを臨場感豊かに視聴するためには、映像ばかりではなくスピーカーも重要です。音質を重視する方はスピーカーの性能もチェックしましょう。メーカーによっては有名オーディオブランドのスピーカーを搭載しているモデルもラインナップしています。

また、人間の声だけをクリアにして聞き取りやすくする音声機能を備えた40インチ液晶テレビもあります。深夜などボリュームを上げられないときに便利な機能です。

ネットワーク機能と入出力端子をチェック

テレビ放送だけでなく、インターネットに接続して動画配信サービスなどのコンテンツを楽しみたい方は、ネットワーク機能もチェックしましょう。最近では、ミドルクラス以上モデルの多くが有線LAN機能や無線LAN機能を内蔵しています。

また、入力端子はHDMI端子の数を確認しておきましょう。エントリーモデルは1つ、ミドルクラスは2つが主流。ハイエンドモデルのなかには4つのHDMI端子を搭載したモノもあります。ブルーレイレコーダーやAVアンプ、ゲーム機との接続を検討されている方はチェックしておくと安心です。

40インチ液晶テレビのおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: jp.sharp

日本国内で知名度の高いAQUOSシリーズをリリースしているメーカーです。液晶テレビブランドとして製品ラインナップが多彩なのが魅力。2018年12月の8K放送開始の際には、2017年末から8K対応液晶テレビを発売するなど、他社に比べて8K放送に対するこだわりが強いのが特徴です。

40インチ液晶テレビも4K対応のモデルを展開しています。液晶テレビ選びのときは、最初にチェックしたいメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

同社の液晶テレビブランドである「レグザ」シリーズは、予約録画なしで好きなときに番組を視聴できる「タイムシフト機能」などの高度でユニークな技術を搭載していることが特徴です。

映像補正や色調にも優れたモデルをラインナップしているのもポイント。また、BS/CS 4Kチューナー内蔵テレビも発売しており、すぐに4K衛星放送を楽しめます。今後も目が離せない液晶テレビメーカーです。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

HDDとブルーレイレコーダーを搭載した録画テレビが人気の国内メーカー。2013年に生産を終了したパソコン用ディスプレイが高く評価されており、その高い技術は液晶テレビにも引き継がれています。

同社がリリースする「リアル」シリーズは、リモコンで液晶画面の向きを変えられる「オートターン機能」を搭載していることやスリムフレームを採用していることなどが特徴。日常的に使いやすい液晶テレビを探している方におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

ソニーは液晶テレビ「ブラビア」シリーズを展開しています。画質や音響性能に優れたモデルが多いのがメリットです。ソニーの超解像エンジン「X-Reality PRO」は、映像の圧縮や伝送のプロセスにおいて失われた映像情報を再現することにより、オリジナルに近い信号を作り出すのがポイント。テレビ番組やブルーレイディスクなどのコンテンツをリアルな映像で楽しめます。

音響面では高音質の「S-Masterデジタルアンプ」を搭載しているのが特徴。音の高低によって変化しやすい出力を一定にする「クリアフェーズ」機能や、声の大きさをコントロールできる「ボイスズーム」機能など、視聴しやすい機能が充実しています。

40インチの液晶テレビおすすめモデル|フルHD

東芝(TOSHIBA) 液晶テレビ REGZA 40V31

東芝(TOSHIBA) 液晶テレビ REGZA 40V31

放送中の番組を最初から見たり、過去番組をハードディスク容量の許す限りさかのぼって視聴できたりする「タイムシフト」機能を搭載したフルHD液晶テレビ。別の部屋にあるテレビに録画番組をシェアする「レグザリンク」機能があるなど、便利に使えます。

映像のノイズ除去や鮮やかかつ細部を高精細に補正する「地デジビューティ」、明暗をしっかり描いて質感を表現する「質感リアライザー」を搭載。映像をより美しくするように配慮されているのが魅力です。

BS・地デジは3チューナー搭載しており、別番組を2つまで録画可能。コスパにも優れており、テレビを頻繁に視聴する方におすすめします。

シャープ(SHARP) 液晶テレビ AQUOS 2T-C40AE1

シャープ(SHARP) 液晶テレビ AQUOS 2T-C40AE1

地上・BS・CSをそれぞれ2チューナーずつ搭載するフルHD液晶テレビ。番組を見ながら、放送中の裏番組を録画できます。また、直下型バックライトを採用しており鮮明かつクリアな映像を楽しめるのが魅力です。

番組検索は「人名」「ジャンル」「カテゴリ」など豊富なやり方があり、好みのコンテンツを探すのに便利。「AQUOSタイムシフト」機能を使えば急な来客で見られなかったシーンや、もう1度見たい場面も視聴できます。

声の高さを調整して聞き取りやすくする「音声くっきりボタン」があるのもポイント。同価格帯のREGZAと比較すると若干安く、費用を抑えつつ国産が欲しい方におすすめです。

ソニー(SONY) 43V型 液晶テレビ ブラビア KJ-43W730E

あらゆるコンテンツをオリジナルに近い映像として生成する「X-Reality PRO」を備えており、高画質が特徴のフルHD液晶テレビです。外付けHDDを接続することで、視聴しながら裏番組を録画できるのもポイントです。

無線LANと接続することで、動画や音楽など多彩なサービスを楽しめます。電源のオンオフや録画・機器接続の状態をLEDで表現する機能も搭載。価格は高めですが、高画質にテレビやネットのコンテンツを楽しみたい方におすすめのモデルです。

TCL 40V型 デジタルフルハイビジョン液晶テレビ 40D2900F

TCL	40V型 デジタルフルハイビジョン液晶テレビ 40D2900F

3万円台で購入できるコスパに優れたフルHD液晶テレビ。HDMIポートを4つ備えているほか、CEC機能によりゲーム機やパソコンの起動に合わせて映像切り換えを連動させられます。ARC接続も対応するため、高音質なスピーカーとも合わせられるのが魅力です。

裏番組の録画機能が充実しているのもポイント。日時指定や即時録画などが行え、録画中の再生にも対応します。番組表は当日含む8日間まで表示可能。年齢制限のある番組はロックをかけられるので、お子さんのいる家庭でも安心です。

USBデバイスのデータ読み取りもでき、音楽・動画の再生や写真のスライドショーを映すことも可能。過不足ない機能を持つ安いモデルを探している方におすすめです。

ジョワイユ 液晶テレビ JOY-40VHD184

ジョワイユ 液晶テレビ JOY-40VHD184

HDMIポートを4つ備えたフルHD液晶テレビ。MHLにも対応しており、スマートフォンの映像を40インチの大画面に映せるのが魅力です。ダブルチューナー搭載で、地上・BS・CS番組が視聴できます。

緊急警報通知があるので、災害時に役立つのもポイント。5Wのスピーカーをダブルで搭載しているため、高音質な音声を聞くことも可能です。価格は3万円台と安価なので、費用を抑えたい方や、最低限の機能が得られれば問題ない方におすすめします。

ドウシシャ(DOSHISHA) 液晶テレビ DOL40H100

ドウシシャ(DOSHISHA) 液晶テレビ DOL40H100

REGZAを手がける東芝の基盤を搭載し、国産メーカーのドウシシャによる企画・デザインで生まれたフルHD液晶テレビ。解像度をオリジナルよりも高める「美・彩・細エンジン」を備え、高精細な映像が楽しめます。

スピーカーに和紙素材を用いて広がり豊かな音響を再現したり、ブルーライトをガードしたりする機能があるのもポイント。番組表の閲覧やHDD録画も可能です。地上・BS・CSチューナーが内蔵されており、3万円台の安価で、コスパに優れたモデルが欲しい方におすすめのモデルです。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A40BHR11 40インチ

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A40BHR11 40インチ

便利な機能が充実したフルHD液晶テレビです。テレビ本体に1TBハードディスクとブルーレイレコーダーを内蔵。1台あれば、好きなテレビ番組を録画したり、お気に入りの映画やドラマを楽しんだり、さまざまな使い方ができます。専用アプリ「REAL Remote 予約」を使えば、外出先から録画予約できるのも大きなポイント。

映像のクオリティを左右する映像エンジンには、三菱独自の高画質回路を搭載した「DIAMOND Engine」を採用。「DIAMOND Panel」との組み合わせにより、深みと奥行きのある色鮮やかな映像が楽しめます。ボタンひとつで画面を見やすい角度に調節できる「オートターン」や、カメラで撮影した写真・動画を大画面で楽しめる「SDカードスロット」など、オプション機能が充実しているのも魅力です。

ハイセンス(Hisense) 43A50 43インチ

ハイセンス(Hisense) 43A50 43インチ

コストパフォーマンスに優れたフルHD液晶テレビ。リーズナブルな価格にも関わらず、明暗部による色ムラの少ない「直下型LEDバックライト」や、斜めからでも鮮明な映像が楽しめる「IPSパネル」を採用。価格と性能のバランスで選びたい方におすすめの1台です。

低音域のデータを補完して臨場感豊かなサウンドを再現する「スーパーバス機能」や、USBメモリに保存した写真が大画面で見れる「キャラリーモード」を搭載しています。別売りの「外付けHDD」を接続すれば録画も可能。地デジ・BS・CSをそれぞれ2チューナーずつ搭載しており、視聴中に裏番組の録画ができるのも嬉しいポイントです。

40インチの液晶テレビおすすめモデル|4K

東芝(TOSHIBA) REGZA 4K対応 液晶テレビ 40M510X

東芝(TOSHIBA) REGZA 4K対応 液晶テレビ 40M510X

大画面・高画質を両立させる「レグザエンジンBeauty」搭載の4K対応液晶テレビ。HDR再生もできるほか、高輝度のLEDを点滅させてボケをなくしたり、低フレームレートの映像を滑らかにしたりする「4Kダイレクトモーション120」機能を備えているのが魅力です。

地上・BS・CSは3チューナーずつあり、裏番組を同時に2個まで録画可能。REGZA独自のタイムシフト録画にも対応するほか、NetflixやYouTubeなどの動画配信サービスも楽しめます。

クローム仕上げのスタンドが付属しており、さりげない高級感を備えているのもポイント。テレビ番組と動画配信サービスの両方を楽しみたい方におすすめの4Kテレビです。

シャープ(SHARP) AQUOS 4K対応 液晶テレビ 4T-C40AJ1

シャープ(SHARP) AQUOS 4K対応 液晶テレビ 4T-C40AJ1

低反射パネルを採用することで、明るい場所での映り込みを少なくした4K対応液晶テレビ。フルHDなどのコンテンツをアップコンバートでき、高精細な映像を楽しめるのが魅力です。

HDRにも対応するほか、素早い動きの映像をくっきり映せる「120スピード」機能を備えているのもポイント。クリアなサウンドをダイレクトに届けるスピーカーを持ち、映像・音質共に楽しめます。

人工知能がよく視聴する番組を学習して知らせてくれたり、リモコンに話しかけることで音声検索できたりするのもポイント。40インチの4K対応モデルのなかでは安価な部類なので、高画質モデルは欲しいけれど予算を抑えたいという方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL 4K対応 液晶テレビ LCD-A40RA1000

三菱電機(MITSUBISHI) REAL 4K対応 液晶テレビ LCD-A40RA1000

4K衛星放送に対応するチューナーを内蔵した液晶テレビ。4K画質のメディアを再生可能なレコーダーを搭載しており、1台でテレビ放送や録画などを高画質に楽しめます。

4K以下のコンテンツもアップコンバートできるエンジンを搭載。HDR入力や映像の遅延をなくす「ゲームモード」、ボケを防止する「ダイヤモンドモーション120」機能があるのも魅力です。

Wi-Fi接続も可能で、YouTube・TSUTAYA TV・アクトビラなどの動画配信サービスに対応しています。価格は40インチの4K対応テレビのなかでは最も高い部類ですが、新衛星放送を存分に楽しみたい方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-43X8500G 43インチ

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-43X8500G 43インチ

ソニー独自の映像技術が詰まった4K液晶テレビです。映像信号を分析して最適な画像処理を行う4K高画質プロセッサー「HDR X1」や、あらゆる映像を4K画質にアップコンバートする「4K X-Reality PRO」を搭載しています。

4Kコンテンツはもちろん、4K未対応のコンテンツも高精細化してきれいな映像で楽しることが可能。コマ数を増やして動きをなめらかにする「コマ数補間技術」により、動きの速いスポーツやゲームが快適に楽しめるのも魅力です。

スタイリッシュかつスリムなデザインを実現していながら、クリアで迫力ある音が楽しめる「バスレフ型スピーカー」や、三次元のリアルな立体音響を実現する「ドルビーアトモス」など、音質面に優れているのも特徴。さまざまなネット動画が楽しめるAndroid TVに対応しているので、映画やドラマを自宅で気軽に楽しみたい方にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 43UM7500PJA 43インチ

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 43UM7500PJA 43インチ

4K液晶テレビは欲しいけど価格が高くて手が出せないという方におすすめのモデルです。人工知能が最適な画像処理・輝度調節を行う「AI映像」「AI輝度」機能や、液晶パネルの魅力を最大限に引き出す高性能映像エンジン「α7 Gen2 Intelligent Processor」など、最新の映像技術を搭載していながらリーズナブルな価格を実現しています。

ディスプレイには、上下左右どこから見ても色鮮やかな映像が楽しめる「IPSパネル」を採用しているので、家族や友人などと大人数でテレビを楽しみたい方にもおすすめ。「1時間後にテレビを消して」のような自然な会話感覚で操作ができる「ThinQ AI」や、スマホやパソコンで見ているコンテンツを大画面で楽しめる「AirPlay 2」など、便利な機能が充実しているのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-43GX850 43インチ

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-43GX850 43インチ

地上・BS・CS・BS4K・CS4Kチューナー内蔵の4K液晶テレビです。明るく鮮やかな映像表現が可能な「4K高輝度IPS液晶パネル」に加えて、あらゆる色を忠実に再現する「ヘキサクロマドライブ」を採用しています。映画館で使われており最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」を採用することで、臨場感あふれるサウンドが体験できるのも魅力です。

機能面では、喋りかけるだけで操作できる「スマートスピーカー連携機能」、最新の映画やドラマが手軽に楽しめる「4Kビデオ・オンデマンドサービス」、スマホやタブレットで録画した番組が見られる「Panasonic Media Access」を搭載。テレビと接地面の間を真空状態にする「転倒防止スタンド」を採用することで、倒れにくいのも大きな特徴です。