以前よりも価格相場が下がり、入手しやすくなった「40インチ液晶テレビ」。有名メーカーのフルHDモデルでも3万円台から、高精細な4K対応モデルでも10万円以内からラインナップされています。

そこで今回は、40インチ台でおすすめの液晶テレビをご紹介。あわせて、選び方や人気のメーカーも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

40インチ液晶テレビの選び方

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

40インチ液晶テレビの解像度には、「フルHD」と「4K」の2種類があります。フルHDは「フルハイビジョン」とも呼ばれ、解像度は1920×1080で207万画素。4Kのモデルに比べて、価格が安い傾向にあるのが特徴です。一方で、4Kの解像度は3840×2160で、829万画素を有します。フルHDの4倍に相当する画素数があり、滑らかな映像を楽しめるのがメリットです。

また、液晶テレビで美しい映像を楽しむための「適性視聴距離」は、4Kの場合は画面の高さの1.5倍、フルHDの場合は3倍といわれています。40インチ液晶テレビの画面の高さは約50cmなので、75cmもしくは150cm程度離れて視聴するのがおすすめ。適性視聴距離を考えると、40インチ液晶テレビは一人暮らしのワンルームなどにも設置しやすいサイズです。

録画機能をチェック

By: mitsubishielectric.co.jp

一般的に、テレビ番組の録画にはブルーレイレコーダーや外付けHDDを利用しますが、モデルによっては本体に録画機能を搭載したモノもあります。ブルーレイレコーダーやHDDを内蔵したモデルなら配線や接続の手間が少なく済むほか、テレビのリモコンで操作できるので、気軽に録画可能。テレビ周りをスッキリ片付けやすいのもメリットです。

また、録画機能を頻繁に使う場合は、テレビに搭載されたチューナーの数もチェックしておきましょう。2つ以上のチューナーを搭載したモデルなら、テレビを見ながら別のチャンネルの番組を録画できるため、見たいプログラムが重なってしまった際に便利です。

ネットワーク機能をチェック

By: sony.jp

40インチ液晶テレビのなかには、自宅のインターネット回線と接続できるモデルもラインナップされています。Wi-Fiに対応したモデルなら、自宅に無線ルーターを設置していれば、配線作業が不要で簡単に接続可能。「YouTube」「Netflix」「Amazonプライムビデオ」などの動画配信サービスで、豊富なコンテンツを40インチの大型画面で楽しみたい方におすすめの機能です。

また、LAN接続すれば、別の部屋に設置したテレビで録画番組を視聴できるモデルも存在。自分の部屋や寝室でもコンテンツを楽しみたい場合に重宝します。

40インチ液晶テレビのおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: jp.sharp

日本国内で知名度の高い「AQUOS」シリーズを発売しているメーカーです。液晶テレビブランドとして、製品のラインナップが多彩なのが魅力。8K放送開始前の2017年末から8K対応モデルを発売するなど、新技術に対するこだわりが強いのも特徴です。

40インチ台の液晶テレビにおいては、4K対応の高性能なモデルを多数展開。液晶テレビを選ぶ際に、必ずチェックしておきたい人気メーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

液晶テレビブランドである「レグザ」シリーズを展開しているメーカー。予約録画なしで好きなときに番組を視聴できる「タイムシフト機能」など、高度でユニークな機能を搭載しているのが特徴です。

また、映像補正や色調に優れたモデルもラインナップされています。BS・CS 4Kチューナー内蔵テレビも発売しており、4K衛星放送を楽しむことが可能です。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

HDDとブルーレイレコーダーを搭載した録画テレビが人気の国内メーカー。2013年に生産終了したパソコン用ディスプレイの評価が高く、培われたノウハウや技術は、現在の液晶テレビにも引き継がれています。

三菱電機の「リアル」シリーズは、リモコンで液晶画面の向きを変えられる「オートターン機能」や、スリムフレームが特徴。日常的に使いやすい液晶テレビを多く発売するメーカーです。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

液晶テレビ「ブラビア」シリーズを展開するメーカーです。画質や音響性能に優れたモデルが多いのが特徴。ソニーの超解像エンジン「X-Reality PRO」は、映像の圧縮・伝送のプロセスで失われた映像情報を再現し、オリジナルに近い信号を作り出します。テレビ番組やブルーレイディスクなどのコンテンツをリアルな映像で楽しむことが可能です。

音響面では、高音質の「S-Masterデジタルアンプ」を搭載しているのがポイント。音の高低で変化しやすい出力を一定にする「クリアフェーズ」や、声の大きさをコントロールできる「ボイスズーム」など、快適に視聴しやすい機能が充実しています。

40インチのフルHD液晶テレビおすすめモデル

シャープ(SHARP) AQUOS 2T-C42BE1

シャープ(SHARP) AQUOS 2T-C42BE1

ニュースやドラマの声を聞き取りやすい、42V型のフルハイビジョン液晶テレビ。リモコンの「くっきり」ボタンを押すと、音声がより聞こえやすいモードに切り替え可能です。また、直下型LEDバックライトを搭載しているため、色鮮やかな映像を楽しめます。

地上・BS・110°CSデジタルチューナー放送をそれぞれ2つずつ搭載しているのもポイント。別売りの外付けHDDを取り付ければ、裏番組の録画が可能です。家庭内ネットワークにLAN接続すれば、別の部屋に設置したAQUOSテレビなどで、録画した番組を楽しめます。

「おはようタイマー」を搭載しているのも魅力です。時刻を設定し、テレビのスピーカーからベル音を鳴らすことが可能。繰り返し鳴るスヌーズ機能付きで、寝坊の予防にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) REGZA 40S22

東芝(TOSHIBA) REGZA 40S22

高画質な映像が楽しめる、フルハイビジョンの40インチ液晶テレビ。画素ごとに映像処理を行う「レクザエンジンファイン」を搭載し、より高精細な映像を映し出します。また、「質感リアライザー」が明暗部のコントラストを調節。奥行きや細部の質感まで再現できるのが魅力です。

別売りの外付けハードディスクへの録画に対応しているのもポイント。地上・BS・110°CSデジタル放送のチューナーを2つずつ搭載しているため、番組を視聴しながら裏番組を録画できます。スロー再生も可能なので、ゴルフのフォームなどを確認したい方にもおすすめです。

付属のリモコンで、外部機器を操作できるのも魅力。別売りのレグザブルーレイやレグザサウンドシステムのほか、ヤマハやオンキョーを含むレグザ以外のオーディオ機器にも対応しており、リモコン1本でそれぞれの電源や音量を操作できます。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A40BHR11

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A40BHR11

2番組を同時に録画できる、40インチのフルハイビジョン液晶テレビ。ブルーレイレコーダーと容量1TBのハードディスクを内蔵し、テレビ1台で録画が可能です。地上・BS・100度CSデジタル放送のチューナーを3つずつ搭載しているので、番組を視聴しながら裏番組を2つ録画できます。

高画質な映像を映し出す「DIAMOND Engine」を搭載しているのもポイント。画面のノイズを低減するほか、目に優しい明るさを調節する機能が備わっています。また、パネルには光沢処理を施した「DIAMOND Panel」を採用。奥行き感や質感を、より忠実に再現できるのも魅力です。

オーディオ面では、高音質を楽しめる「DIATONEスピーカー」を搭載。画面から音が聞こえてくるような臨場感を体感できます。重低音を響かせる「DIATONE BASS技術」により、映画館のような迫力ある音を楽しめるのもメリットです。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-43W730E

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-43W730E

インターネット配信動画も楽しめる、43V型フルハイビジョン液晶テレビ。ネットワーク機能を搭載しているため、インターネットに接続すれば、「YouTube」「YouTube KIDS」「Netflix」などの動画サービスを利用できます。無線LANを内蔵しており、ケーブルを使わずにネット接続できるのも魅力です。

超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載しているのもポイント。細かい部分の質感まで再現可能です。テレビ番組はもちろん、ブルーレイやネットの動画なども高画質で楽しめます。

別売りの外付けHDDに録画することも可能。地上・BS・110°CSデジタル放送のチューナーを2つずつ搭載しています。「1.3倍早見再生」や「オートチャプター」など、再生機能が充実しているのもメリットです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) LUCA LT-40A420

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) LUCA LT-40A420

安い価格ながら使いやすい、人気の40V型フルハイビジョン液晶テレビ。リモコンに「オフタイマー」ボタンを搭載しているため、電源の切り忘れを予防可能です。テレビの電源を切る時間は、30・60・90分後の3通りから選択できます。

また、「オンタイマー」機能も搭載しており、電源を入れたい時刻だけでなく起動した際のチャンネルと音量も設定可能。番組を冒頭から見逃したくない方におすすめです。

別売りの外付けHDDに裏番組を録画できるのもポイント。放送時間が重なっていなければ、最大64件まで録画予約できます。毎週同じ時間帯の番組を録画する「毎週予約」や、選択した番組と同じ番組を録画する「見つけて自動録画」など、録画機能が充実しているのも魅力です。

40インチの4K液晶テレビおすすめモデル

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C40BJ1

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C40BJ1

新4K衛星放送が録画できる、40インチの4K液晶テレビ。BS4K・110°CS 4K放送のチューナーを各2つ搭載し、別売りの外付けHDDを取り付ければ裏番組が録画可能です。また、地上・BS・110°CSデジタル放送のチューナーを各3つ搭載しているため、裏番組を2つまで同時録画できます。

新4K衛星放送で採用されるHDR規格「HLG」に対応しているのも魅力。映像処理エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO II」が、幅広い輝度情報を再現します。色彩表現力を高める「リッチカラーテクノロジー」により、色鮮やかで臨場感豊かな映像を楽しめるのもポイントです。

「4K-Master アップコンバート プロ」を搭載しており、地上デジタル放送を4K画質に変換することも可能。ノイズの少ない高画質な映像を楽しめます。インターネットに接続すれば、ネット動画を高解像度で映し出せるのもメリットです。

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C40AJ1

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C40AJ1

人工知能機能「ココロビジョン」を搭載した、40V型4K液晶テレビ。視聴履歴を学習し、ユーザーの好みに合わせておすすめの番組を提案します。また、登録した地域のイベント情報なども提供。休日におでかけする際の楽しみが広がります。

「AQUOS 4K Smart Engine」を搭載しており、臨場感豊かな映像を映し出せるのもポイントです。さらに、「4K-Master アップコンバート」技術により、地上デジタル放送を含む、さまざまな映像を高精細な映像に変換。インターネットに接続すれば、ネットの動画も高画質で楽しめます。

別売りの外付けHDDへの録画に対応しているのも魅力。地上・BS・110°CSデジタル放送のチューナーを3つずつ搭載しているため、番組を視聴しながら、裏番組を2つ同時に録画できます。

東芝(TOSHIBA) REGZA 43Z730X

東芝(TOSHIBA) REGZA 43Z730X

見逃した番組を過去の番組表から視聴できる、43V型4K液晶テレビです。別売りの外付けHDDを取り付ければ、地上デジタルの番組を最大6チャンネル、約80時間分を録画可能。録画の予約を忘れた際も安心です。

チューナーは、地上・BS・100度CSデジタル放送を各3つ、BS4K・110°CS4K放送を各2つ搭載。外付けHDDへの裏録画にも対応しています。映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」を搭載しており、ノイズが少なく色鮮やかな映像が楽しめるのもポイントです。

オーディオ面では、「重低音バズーカウーファー」と「大型バスレフ2ウェイスピーカー」を搭載。クリアで戦列な重低音を出力します。また、優れた音像補正技術により、臨場感あふれるサウンドを体感できるのも魅力です。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A40RA2000

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A40RA2000

録画機能が充実した、40インチの4K液晶テレビ。容量2TBのハードディスクを内蔵し、BS4K・110°CS4K放送を1番組、地上・BS・110°CSデジタル放送は2番組まで同時に裏録画できます。

「おこのみ自動録画」機能を搭載しているのもポイント。キーワードや出演者などを登録すれば、当てはまる番組を自動で録画します。番組を自分で探す手間を省けて便利です。また、「新番組自動録画機能」を使えば、ドラマの初回放送を自動で録画します。新ドラマの初回を見逃したくない方におすすめです。

さらに、高性能エンジン「DIAMOND ENGINE 4K」を搭載しており、フルハイビジョンやブルーレイの映像を4K画質に変換可能。インターネットに接続すれば、ネットの動画も高精細かつ高コントラストで楽しめます。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-43X8500G

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-43X8500G

臨場感あふれる音と映像を楽しめる、43V型4K液晶テレビです。前後左右に加え、上からも音が聞こえる立体音響を実現する、「ドルビーアトモス」対応のスピーカーを搭載。デジタルアンプ「S-Master」により、原音に忠実な音を再現できるのも魅力です。

映像面では、4K高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載。高精細で高コントラストな映像を映し出します。「倍速駆動」パネルを搭載しているのもポイント。スポーツなど激しい動きのある映像も、残像感の少ない滑らかな画質で楽しめます。

また、BS4K・110°CS4K放送と、地上・BS・110°CSデジタル放送のチューナーを各2つ搭載しているのもメリット。別売りの外付けHDDを接続すれば、裏番組を録画可能です。ハードディスクは最大16TBの容量に対応し、お気に入りの4K番組をコレクションできます。