発売当初に比べて、リーズナブルな価格の製品も多くなった「4Kテレビ」。4KのBS・CS放送は2018年12月から開始される予定なので、買い替えを検討している方はそろそろ準備が必要です。

一方で、一人暮らしなどあまり大きなサイズのモノを置けない場合は「フルHD液晶テレビ」でも十分な場合もあります。そこで今回は、液晶テレビのおすすめモデルをピックアップ。選び方や比較ポイントについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

テレビの主な種類

液晶テレビ

By: panasonic.jp

液晶テレビは本体内にあるバックライトが常時発光し、その前に設置された液晶パネルが不要な色を遮ることで色を作り映像を映し出します。液晶のメリットはサイズのバリエーションが豊富なこと。小さな電卓から60インチ以上の大画面テレビにまで対応します。

また、表面がつや消し仕上げなので、明るい部屋で視聴しても光や人物が映り込むことがなく快適。最近では比較的安価になっているので、リーズナブルな点も魅力です。

一方で、バックライトの影響により、ややくすんで見えるのはデメリット。また、液晶がシャッターのように切り替わる際に動きの速い映像についていけず、ボケてしまうのも欠点です。

①4Kテレビ

By: amazon.co.jp

4Kテレビとは、画面を構成する画素数が3840×2160=約800万画素という高精細のテレビのこと。フルHDテレビの画素数が約200万画素なので、比較すると4倍もの高密度で、緻密な映像が見られるのが特徴です。発売当初は各社で激しい価格競争が起こりましたが、現在価格は下がりつつあります。

4Kテレビについて、もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

②フルHDテレビ

By: amazon.jp

フルHDテレビは解像度が1920×1080=約200万画素のテレビ。これに対してハイビジョンと呼ばれるHDテレビは1280×720=約90万画素。画像の違いに差があるので、しっかりと確認しておきましょう。

現在の地上波を楽しむにはフルHDの解像度があれば十分ですが、4Kコンテンツが主流となった場合はその美しさを享受できないため、「これからテレビを買い換えるなら4K」と考える方が増えています。4Kの実用放送は2018年の12月からなので、その点は留意しておきましょう。

有機ELテレビ

By: sony.jp

有機ELテレビは発光材料に有機物を使い、自発光方式で映像を表示するテレビ。自力で光るので、従来の液晶テレビに搭載されているバックライトと放電スペースが不要となり、液晶パネルが薄いのが特徴です。薄さは5~7mm程度。裏面に熱がこもらないので、壁に密着させて設置することもできます。

もうひとつ注目したいのが有機ELの画面に表示される黒色。パネルそのものが発光するため、バックライトで黒色がボヤけるようなことはなく、鮮明に映るのがポイントです。また、光量をコントロールできるので、立体感や奥行きのある映像をより美しく楽しめます。

有機ELテレビについて、もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

液晶テレビの選び方

画面サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

液晶テレビを購入する際に確認すべきなのが、テレビのサイズと部屋の広さとのバランス。狭い部屋にとんでもなく大きいテレビを設置することは無謀だとわかるものですが、最適なサイズを把握しておくことはオーバースペック回避にも繋がるので重要です。

目安となるのは、テレビを置く位置との視聴距離。フルHDならテレビ画面の縦寸法×3倍、4Kならテレビ画面の縦寸法×1.5倍がおすすめの視聴距離です。例えば、縦寸法が約50cmの40V型フルHDテレビであれば、約1.5mの視聴距離が許容範囲。ぜひ、留意しておいてください。

入出力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

液晶テレビで通常の放送を視聴する以外にさまざまなコンテンツを楽しみたい方は入出力端子をチェックしておきましょう。

DVDやブルーレイプレーヤーなどのAV機器を接続するならHDMI入力端子、外付けハードディスクに番組を録画するならUSB端子が必要です。液晶テレビを購入する際は対応する端子はもちろん、その数もしっかりと確認しておきましょう。

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

より映像を楽しむには音質のクオリティも重要。製品によっては映像ジャンルに合った音質を選べるモノもあるので、しっかりと確認しておきましょう。

なお、別途スピーカーを用意して音質環境を向上させることは可能ですが、部屋の広さが十分でない場合は液晶テレビに内蔵されているスピーカーでカバーすることになります。気になる方はメーカー独自の技術を駆使したスピーカーを搭載しているか、またはオーディオメーカーとコラボしたスピーカーを採用しているなどはチェックしておきましょう。

インターネット接続で選ぶ

最近は動画配信サービスが増えてきて、映画やスポーツ中継をインターネットで見られるようになりました。動画をスマホやタブレット、パソコンよりも大きい画面で見たい方は、インターネットに接続できる液晶テレビがおすすめです。

インターネットに接続する方法はパソコンと同じく2種類で、有線か無線。有線対応の液晶テレビにはLANポートが備えられているので、LANケーブルで液晶テレビとルーターをつなげればインターネットに接続できます。

無線はWi-Fi対応液晶テレビとなり、ケーブルは必要不要。テレビ画面に表示される手順に従えばインターネットに接続できます。

液晶テレビの比較ポイント

HDR対応の有無で比較

By: amazon.co.jp

「HDR」は明るさの幅を広げて表現できる技術のこと。正式名称はハイダイナミックレンジ(High Dynamic Range)といいます。明暗をバランスよく保ってくれるため、通常のスタンダードダイナミックレンジと比べて色が潰れたり飛んだりせず、特に風景を映すときに最適です。4K液晶テレビで画質にこだわるならHDR対応機種を選びましょう。

録画方法で比較

By:amazon.co.jp

テレビの録画については大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつはハードディスク内蔵タイプ、もうひとつが外付けハードディスク対応タイプです。

ハードディスクが内蔵されていれば、追加で外付けハードディスクを用意する必要がありません。録画機能付きテレビを購入するだけで番組の録画ができます。なお、機能についてはメーカーによってさまざまです。

外付けハードディスクタイプの録画機能付きテレビの場合は、追加でハードディスクを用意すれば番組の録画が可能。ただし、ハードディスクを購入するときは「テレビ録画対応」のモデルを選ぶ必要があります。また、テレビ録画用のハードディスクでも、すべての録画機能付きテレビに対応しているわけではないので、しっかりと確認しておきましょう。

倍速駆動の有無で比較

液晶テレビは、速い動きのある映像だと残像が出やすいというデメリットがあります。これを改善するのが倍速駆動技術です。液晶テレビは基本的に1秒で60コマの映像を表示しますが、このコマ数を2~4倍に上げることで残像を軽減した滑らかな動きにできます。スポーツ番組をよく見る方は、倍速駆動に対応した液晶テレビがおすすめです。

LEDバックライトの種類で比較

By: amazon.jp

液晶テレビのバックライトはLEDを採用しているモノがほとんどです。このLEDの配置の仕方は大きく分けて2種類。まずひとつは直下型タイプで、液晶の裏にLEDバックライトがびっしりと敷き詰められています。輝度が高く画面を均一に発色できるため、明るく映してくれるのが特徴。デメリットは、テレビ本体に厚みが出てしまうことです。

もうひとつはエッジ型タイプ。LEDバックライトを液晶の裏の上下もしくは左右のみに配置しています。直下型タイプと比べて消費電力を抑えられるほか、薄型で軽量な機種を多く揃えているのがポイントです。ただし画面中央の明るさが低減してしまうので、その点は留意しておきましょう。

映りのよさを重視するのであれば、直下型LEDバックライトがおすすめ。テレビ本体の薄さを重視する場合は、エッジ型LEDバックライトがおすすめです。

液晶テレビのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.jp

VIERA(ビエラ)シリーズを展開しているパナソニック。高画質の追求だけでなく使いやすさも重視した製品づくりが特徴。音声操作に対応している機種なら、リモコンに話しかけるだけで簡単に使えます。専用アプリと連携させれば、スマホやタブレットからも音声操作ができて便利です。

テレビ番組表はもちろん、YouTube検索やインターネット検索、さらには地図検索なども可能。その充実した機能は多岐に渡り、幅広い年齢層におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

BRAVIA(ブラビア)シリーズを展開しているソニー。ブラウン管時代からテレビメーカーとして支持を集めていましたが、液晶テレビ時代になってもその人気は健在です。

日本でも屈指の薄型・軽量技術が特徴。画質面においても高品質なほか、オーディオメーカーとして培った技術も駆使し、サウンドの音質が高いのも注目したいポイントです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.jp

REGZA(レグザ)シリーズで液晶テレビを展開する東芝。予約録画なしで好きなときに番組を視聴できる「タイムシフト機能」に定評があります。

なお、テレビ事業を担当する東芝映像ソリューションは、2018年に中国の電機メーカーであるハイセンスへ譲渡されましたが、同ブランドの自社開発・販売・修理は継続。技術力は健在なので、美しい映像美は要チェックです。

シャープ(SHARP)

By: amazon.jp

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入って経営再建したシャープ。テレビ事業ではAQUOS(アクオス)シリーズを展開しています。

メーカーとしては、まだ薄型の液晶テレビが一般的ではなかった頃から先んじて開発を進めていた経緯があり、経験とノウハウは健在。広い色域で豊かに発色する技術「リッチカラーテクノロジー」が魅力で、ビビットな画質を好む方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: amazon.co.jp

幅広く黒物家電を展開しているLGエレクトロニクス。液晶テレビに関しては、国内メーカーの製品と比較して価格の安さが魅力です。とはいえ、リーズナブルだからといって品質が劣るわけではなく、明暗を美しく描くHDR機能や立体的な音響を再現するドルビービジョンなど、卓越した技術を搭載したモデルをラインナップしています。

また、LGは日本の大手企業に有機ELディスプレイを供給していることでも知られており、有機ELテレビを購入したい方は候補となるメーカーです。

4K液晶テレビのおすすめ人気ランキング

第1位 ソニー(SONY) 4K対応液晶テレビ ブラビア KJ-49X9000F 49V型

サウンドにもこだわった高性能4K液晶テレビ

4Kプロセッサーを搭載したおすすめの液晶テレビ。直下型のLEDバックライトシステムを採用し、高画質な映像が特徴です。また、ベゼルをスリムにすることによって本体サイズを約109.3×62.9×6.9cmに抑え、デザイン性も良好。スピーカーは正面から見えない構造で、本体下部の左右に搭載した「バスレフ型スピーカー」を採用しており、迫力あるサウンドもポイントです。

USB端子を3つ搭載し、外付けハードディスクを接続すれば番組録画が可能。チューナーは地上波とBS・110度CSを各2基内蔵しているのでテレビを見ながら裏番組の録画ができます。

本製品は無線LANとBluetoothを搭載。動画配信サービスを大画面で楽しめるのも魅力です。リモコンにはYouTubeやなど、主要なサービスの専用ボタンがあるので簡単に操作可能。壁掛けにも適したおすすめの4K対応液晶テレビです。

第2位 シャープ(SHARP) 4K対応液晶テレビ AQUOS 4T-C40AJ1 40V型

回転式スタンド搭載で角度調整がカンタン

シャープの4K対応液晶テレビ。40V型で約90.1×54.1×9.4cmの大きさは、広さが8畳前後の部屋でもレイアウトが容易です。専用スタンドは回転式で左右に約30°動かせて、テレビを見る位置に合わせて最適な角度に調節できます。

地上デジタル、BS/110度CSデジタル放送用のチューナーをそれぞれ3基ずつ搭載。ハードディスクをUSB端子に接続すれば、テレビを見ながら裏番組を2番組同時に録画することもできます。

さらに、画面を2つに分割表示することも可能。テレビ放送を見ながら録画番組を見たり、スポーツ中継を見ながらゲームをしたり、楽しみ方が広がるおすすめの液晶テレビです。

第3位 東芝(TOSHIBA) 4K対応液晶テレビ レグザ 43C310X 43V型

高画質&低遅延のゲームモード対応モデル

東芝のレグザシリーズで4Kに対応した液晶テレビ。画面のブロックノイズやモスキートノイズを低減し、映像や文字を鮮明に再現して字幕も読みやすくなっています。

録画専用のUSB端子を備え、外付けハードディスクに録画することも可能。チューナーは、地上デジタル、BS/110度CSデジタルをそれぞれ3チューナー搭載し、「W録対応」によってテレビを見ながら別の2番組を同時に録画できるほか、最大で6TBまでのUSBハードディスクに対応するので容量は十分です。

本製品にはゲームモードを搭載し、高画質を維持しながら画像処理の遅延時間を約0.83msecに短縮。動きの速いゲームでもストレスなくプレイできます。大画面で家庭用テレビゲーム機を楽しみたい方におすすめの液晶テレビです。

第4位 パナソニック(Panasonic) 4K対応液晶テレビ VIERA TH-55FX800 55V型

スリムなフレームレスデザインを採用

高精細な4Kテレビを大画面で楽しみたいという方におすすめの液晶テレビ。55V型ですが「フレームレスデザイン」を採用していて、スタンドを含めたサイズが約1234×775×254mmで、ベゼル幅は約6mmと狭く、スリムに仕上がっているのが特徴です。

地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルをそれぞれ3チューナー搭載し、2つの裏番組を同時に外付けUSBハードディスクに録画可能。また、「フリーワード録画」機能が備えられ、好きなタレントやスポーツ競技などのキーワードを登録すると、関連する番組を録画できて便利です。

サウンド設定については、スタンダード、ミュージック、快聴、スポーツ、ユーザーと5つのモードを搭載。見る映像のジャンルに合わせて最適な音を設定できます。汎用性の高い液晶テレビを探している方におすすめです。

第5位 LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K対応液晶テレビ 43UJ630A 43V型

コスパに優れた4K対応液晶テレビ

リーズナブルな価格帯で購入できる4K対応液晶テレビ。独自技術の「Color Master Engine」により、カラーやコントラスト、精細度のレベルを高めて映像コンテンツをきれいに再現できるのが特徴です。

チューナーは地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルをそれぞれ2基内蔵。テレビを見ながら裏番組を外付けのUSBハードディスクに録画が可能です。

Wi-Fi機能を内蔵し、スマホとテレビをペアリングすれば、アプリをテレビの画面で使用できます。また、リモコンには主要なネットサービスが登録されていて、ボタンひとつで接続できるのもポイントです。

43V型で約97.7×57.5×8.1cmのサイズは、広さが8畳前後の部屋に置いても周囲を圧迫しない大きさ。コスパ重視で液晶テレビを探している方におすすめです。

液晶テレビのおすすめ人気ランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) 液晶テレビ VIERA TH-43F300 43V型

広視野角のIPSパネルを採用

43V型の大画面液晶テレビ。広い視野角を持つIPSパネルを採用し、斜めからでもきれいに見られるので置き場所に融通が利きます。サイズはテレビスタンドを含んで約97.4×61.4×24.7cmで、8畳前後のリビングに最適な大きさです。

USB端子に外付けハードディスクを接続すれば簡単に録画が可能。地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルのチューナーをそれぞれ2基搭載しているので、テレビを見ながら裏番組の録画もできます。

リモコンに「らくらくアイコン」ボタンが採用されているのもポイント。テレビ画面に「ビエラリンク」「ジャンル検索」「注目番組」「裏番組一覧」「予約一覧」「メディアプレーヤー」の機能アイコンが表示されるので操作はスムーズです。使い勝手のよい液晶テレビを求めている方はぜひチェックしてみてください。

第2位 東芝(TOSHIBA) 液晶テレビ REGZA 40V31 40V型

ネット動画も楽しめる液晶テレビ

見たい番組がたくさんある方や家族で趣味のジャンルが異なるときにおすすめの液晶テレビ。地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルをそれぞれ3チューナー搭載しているので、テレビ放送を見ながら同時に裏番組を最大2番組まで録画できます。

「ゲーム」や「映画プロ」などのメニューが用意されているのもポイント。ゲームモードでは画像処理の遅延時間を抑え、動作の速さがポイントになる格闘ゲームなども快適にプレイが可能です。映画モードではブルーレイソフトやDVDの再現性を重視し、本格的に映画鑑賞を楽しめます。

インターネットに接続すれば、リモコンの「クラウドメニュー」ボタンを押すだけでYouTubeやNetflixなど対応する動画配信サービスを利用できるのもポイント。汎用性の高いおすすめの液晶テレビです。

第3位 シャープ(SHARP) 液晶テレビ AQUOS LC-24P5-B 24V型

部屋を圧迫しないコンパクトモデル

一人暮らしの方におすすめの液晶テレビ。24V型の画面にサイズが幅55.7×奥行21.0×高さ38.9cmとコンパクトにまとまっているのが特徴です。重さも約5.1kgと比較的軽量なので、部屋の模様替えをする際も簡単に移動できます。

地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルのチューナーをそれぞれ2基内蔵。外付けハードディスクをUSB端子に接続すれば番組を視聴しながら同時に裏番組を録画できます。番組選びも画面で「カテゴリ」や「タレント名」などで検索して探せて便利です。

画面は2つに分割して映像を表示可能。テレビ放送と録画番組を同時に視聴するなど、自由な視聴スタイルができます。一人暮らしの方以外にも、寝室用の2台目としてもおすすめの液晶テレビです。

第4位 三菱電機(MITSUBISHI) 液晶テレビ REAL LCD-A32BHR9 32V型

テレビひとつで録画・再生に対応

ブルーレイドライブを内蔵した液晶テレビ。画面は32V型で本体サイズは743×548×32mmで、ブルーレイの再生や録画に対応しているほか、録画可能な1TBのハードディスクを内蔵しているのが特徴です。

地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルのチューナーをそれぞれ3基搭載しているので、2番組を同時に録画することも可能。本体には外付けハードディスクに対応したUSB端子も備えているので、内蔵ハードディスクの容量が足りなくなっても安心です。

第5位 オリオン電機(ORION) 液晶テレビ RN-32SH10

高音質が特徴のハイコスパモデル

低価格で購入できるおすすめの32V型液晶テレビです。本体は約73.5×52.4×18.8cm。価格は3万円以下とリーズナブルですが、チューナーは地上デジタル、BS/110度CSデジタルをそれぞれ2基搭載。外付けのUSBハードディスクに対応しているので裏番組の録画も可能です。

「極音」という名前の通り、サウンド面にこだわっているのが特徴。高級オーディオにも使われている高音質用フイルムコンデンサーを採用することで、スピーカーの音質を向上させています。

また、RN-32SH10モデルは、音声をキレイに再現する「バランスド・ドームツイーター」を搭載。傾斜をつけて臨場感を高めるなど、細かな工夫が施されています。テレビ放送はもちろん、映画やライブ映像を大迫力のサウンドで楽しみたい方におすすめです。

テレビのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

テレビのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:有機ELテレビのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) 有機ELテレビ VIERA TH-55FZ950 55V型

“漆黒”を再現できる高性能4K有機ELテレビ

液晶テレビで人気のVIERAシリーズの4K有機ELテレビ。有機ELパネルの強みをいかした黒色の表現に加えて、明るさの表現も強化しており、ハイクオリティ画質を堪能できるのが特徴です。

外付けハードディスクに対応し、裏番組を同時に2番組を録画可能。地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルと見たい番組が多い方におすすめです。

本製品はインターネットへの接続も可能。リモコンにはNetflixの専用ボタンが備えられて簡単にアクセスできるほか、YouTubeを大画面の4K画質で視聴できます。

パネルでもっとも薄い部分は約4.6mmで、55V型の本体サイズは約122.8×77.4cm。壁掛けにも対応できるので、広いリビングで優雅に映画を楽しみたい方におすすめです。

第2位 ソニー(SONY) 有機ELテレビ ブラビア KJ-55A8F 55V型

迫力のリアルサウンドが楽しめる

映像だけでなく、サウンドにもこだわりたい方におすすめの有機ELテレビ。画面そのものを振動させて音を出す「アコースティック サーフェス」を搭載し、高画質に加えて映像をリアルに感じられるのが特徴です。

黒色をしっかり表現する有機ELパネルを採用し、高画質プロセッサーの「X1 Extreme」によって映像処理の速度を向上。倍速駆動パネルによって、スポーツ中継で激しい動きがあっても残像が残りにくく、選手の速い動きもストレスなく視聴することができます。

USB接続によって最大16TBまでの外付けハードディスクに録画可能。インターネットにも対応し、リモコンの専用ボタンで動画配信サービスを利用できます。スタンドを除いたサイズは約1226×712×55mm。壁掛けにも対応するおすすめの有機ELテレビです。

第3位 LGエレクトロニクス(LG Electronics) 有機ELテレビ OLED55B7P 55V型

有機ELデビューにおすすめのハイコスパモデル

コスパ良好でおすすめの有機ELテレビ。55V型の有機ELテレビが20万円台で購入できるのがポイントです。有機ELの特徴をいかして、本体のもっとも薄い部分は4.6mm。本体サイズは約1229×759mmですが、壁掛けにも対応できます。

録画は外付けハードディスクをUSB接続によって対応。地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルをそれぞれ裏番組の録画もできます。

画面の黒色を際立って表現する有機ELパネルを採用。お得感の高いモデルなので、特にこだわりはなく「次にテレビを買い換えるなら有機ELテレビがいい」と思っている方は要チェックです。