高画質の映像を楽しめる「液晶テレビ」。フルHD液晶テレビが主流でしたが、最近では4K液晶テレビのラインナップも豊富です。製品ごとに液晶の大きさや機能性が異なるので、あらかじめ用途を明確にしておきましょう。

今回は、液晶テレビのおすすめアイテムをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

液晶テレビと有機ELテレビの違い

By: tcl.com

液晶テレビと有機ELテレビの違いは、主に黒色の再現力と液晶の薄さ、そして価格です。

有機ELテレビは、液晶テレビでは表現できない漆黒を再現可能。高精細かつ高コントラストの映像を楽しめます。また、液晶テレビに比べて薄型なのも特徴です。

一方液晶テレビは、黒に近い色を再現するのがポイント。有機ELテレビと比べて比較的リーズナブルな価格のモノが多く、フルHDや4Kのラインナップも豊富です。

有機ELテレビについて詳しく知りたい方はこちら

液晶テレビの寿命や買い替え時期はいつ?

By: sony.jp

テレビの寿命は、平均で約9.3年といわれています。テレビを買い替える理由の多くは故障が原因です。長く使っていると電源を入れても映像や音が出なかったり、画面の明るさを維持できなかったりと、さまざまな症状が現れます。

最近市場で流通している液晶テレビは10年前の製品と比べて、画質・薄さ・機能性が向上しているのが特徴です。故障をしていなくても新しい液晶テレビに買い替えることで、液晶テレビの楽しみ方が広がります。

液晶テレビの選び方

部屋の広さや視聴距離に合わせたサイズを選ぶ

適切な視聴距離とは?

液晶テレビの適切な視聴距離は、画面の高さの約3倍です。例えば、40V型の液晶テレビの場合、画面の高さが約50cmなので、視聴距離は約1.5mとなります。

ブラウン管テレビの場合、画面の高さの約5〜7mの距離が必要ですが、液晶テレビは高精細な映像を表示するため、近くで視聴しても画質が損なわれにくいのが特徴です。

ただし、計算して出せる視聴距離はあくまでも目安。コンテンツや環境によって見えやすさは異なるため、実際に設置してから必要な距離を確保しましょう。

インチ・型・V型の違いは?

By: amazon.co.jp

「インチ」と「型」は同じ意味ですが、「型(インチ)」と「V型」は意味が異なります。

「インチ」と「型」は、液晶テレビのフレームに隠れた範囲を含むサイズです。一方、V型のVは「ビジュアルサイズ」の頭文字であり、実際に映像が映し出される有効画面の大きさを表しています。そのため、40V型と40型を比較した場合、40V型の方が画面が大きく見えます。

画面サイズを重視している方は、「型(インチ)」と「V型」の表記をチェックしましょう。

解像度で選ぶ

小型・中型テレビに多い「フルHD」

By: tcl.com

「フルHD」はフルハイビジョンとも呼ばれており、解像度が「1920×1080」画素の規格です。

4Kと比べると解像度は落ちますが、フルハイビジョンでも十分に綺麗な映像を楽しめます。フルハイビジョンの液晶テレビは、主に小型や中型に多いのが特徴。設置のしやすさと画質を求めている方にもおすすめです。

フルハイビジョンの液晶テレビは、4K液晶テレビよりもリーズナブルな価格の製品がたくさんあります。

大型テレビは「4K」がおすすめ

By: amazon.co.jp

「4K」は、解像度「3840×2160」画素の規格です。フルハイビジョンと比べて約4倍の画素数を実現しており、高精細かつ色鮮やかな映像を届けられます。

4K液晶テレビは高解像度なので、画面サイズが大きくても美しい映像を保ちやすいのが特徴。大画面で迫力のある映像を届けられます。テレビ番組だけでなく、映画やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

IPSパネルとVAパネルの違い

IPSパネルとVAパネルは、どちらも特徴的な機能が備わっており両者に優劣はありません。設置環境や用途に合わせて選びましょう。

IPSパネルは、高画質かつ広視野角なのがポイント。液晶分子を回転させてバックライトの光を調節する仕組みを採用しています。どの角度から見ても色の変化が少ないので、複数人でテレビを視聴するときにおすすめです。

VAパネルは、画面が明るくてコントラストに優れています。純粋な黒色を表現しやすく、映画向けの映像を楽しめるのが魅力です。正面からじっくり映像を視聴する方は、VAパネルが適しています。

録画機能をチェック

By: amazon.co.jp

録画機能を重視している方は、チューナー数とハードディスクの有無をチェックしましょう。

2基のチューナーを内蔵した製品は、リアルタイムで放送を視聴しながら裏番組を録画できます。3基のチューナーを内蔵した製品は、番組を視聴しながら2番組の同時録画が可能です。チューナー数によって録画できる番組数が異なるので、用途に合わせて選びましょう。

ハードディスク非搭載モデルは、別売りの外付けハードディスクを準備する必要があります。たくさんの番組を録画する方は、大容量のハードディスクがおすすめです。

HDR対応の有無をチェック

HDRとは「High Dynamic Range」の略で、高精細かつ高コントラストを実現する高画質技術です。明るい部分の白飛びや、暗い部分の黒つぶれを低減しながら色鮮やかな映像を映します。

従来のSDRと比べて豊かな色彩表現を楽しめるのが魅力。臨場感あふれる映像に仕上がるので、映画やドラマなど視聴する方はHDR搭載モデルがおすすめです。なお、4K液晶テレビのなかにはHDR非対応の製品もあるので、あらかじめチェックしておきましょう。

その他の機能にも注目

音質にもこだわりたいなら「スピーカー性能」をチェック

音質を重視する方は、スピーカー性能をチェックしましょう。立体音響技術「ドルビーアトモス」対応モデルは、前後左右だけでなく、高さ方向の音表現が可能。映画館のような包み込まれるサウンド体験ができます。臨場感あふれる音を届けられるので、映画やドラマを視聴する方にもおすすめです。

液晶テレビのなかには、AIが番組のジャンルを分析して、コンテンツに適した音質に自動調節する製品も存在。ボリュームを下げても声や効果音をクリアに聴き取れます。

スポーツ観戦が多いなら「倍速機能」をチェック

スポーツ観戦を楽しみたい方は「倍速機能」の有無をチェックしましょう。倍速機能とは、複数のフレームから物体の動き量を検出して、クリアかつ滑らかな映像処理をおこなう技術のことです。

オブジェクトと背景を分けて認識するため、輪郭をクリアに保ちながら倍速補間が可能。球技・陸上競技・ウィンタースポーツなど、激しく動き回るスポーツを視聴するときにもおすすめです。

YouTubeやNetflixが視聴できる「インターネット接続機能」も

液晶テレビでYouTubeやNetflixを視聴したい方は、インターネット接続機能を搭載した製品を選びましょう。接続方法は有線接続と無線接続の2種類。 Wi-Fiを利用する無線接続はケーブル不要なので、設置場所を選ばずにテレビを使用できます。

インターネット接続対応モデルは、さまざまな動画サービスから好みのコンテンツを楽しめるのが魅力。地上波放送だけでなく、映画やドラマの視聴も可能です。また、専用リモコンに「アプリダイレクトボタン」を搭載した製品は、ボタンを押すだけで動画サービスを起動できます。

液晶テレビのおすすめメーカー

東芝(TOSHIBA)

「東芝」は、生活家電・映像製品・音響機器など、幅広い製品を手がけている総合電機メーカーです。

東芝の液晶テレビは、高画質性能と使いやすさを兼ね備えた「レグザエンジンZRⅡ」を搭載しているのが特徴。地デジAIビューティZRⅡ・ネット動画ビューティZRⅡ・美肌フェイストーンZRⅡに対応しており、コンテンツに合わせて見やすい画質を再現します。

また、Netflix・Amazon Prime video・YouTubeなど、さまざまな動画サービスにも対応。好みの動画サービスから、ドラマや映画などのコンテンツをテレビの画面で楽しめます。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

「ソニー」は、映像製品・スマートフォン周辺機器・記録メディアなど、さまざまな製品を取り扱っている総合電機メーカーです。

ソニーの液晶テレビは、オーディオ性能に優れているのが特徴。独自の音響技術「アコースティックマルチオーディオ」を採用しており、迫力あるサウンドを楽しめます。

また、4K液晶テレビのなかには、3基のチューナーを内蔵した製品も存在。リアルタイムで地上波放送を視聴しながら、2番組を同時に録画できます。

パナソニック(Panasonic)

「パナソニック」は、生活家電・空調家電・キッチン家電など、幅広い製品を手がけている電機メーカーです。

パナソニックの液晶テレビは、高画質性能を追求しているのが特徴。「4Kファインリマスターエンジン」を搭載しており、高輝度かつ色鮮やかな映像を表現できます。

なかには、GoogleアシスタントやAmazon Alexaなどのスマートスピーカーに対応した製品も存在。声をかけるだけで、電源を点けたりチャンネルを切り替えたりと、さまざまな操作をおこなえます。

液晶テレビのおすすめモデル|小型(~24V型)

シャープ(SHARP) 22V型 AQUOS フルハイビジョン液晶テレビ 2T-C22AD

LEDバックライトを採用したフルハイビジョン液晶テレビです。コンパクトサイズかつ薄型モデルなので、書斎や寝室などのスペースにも設置しやすく、自由にレイアウトできます。発光効率に優れているため、画面全体を明るく照らせるのもポイントです。

裏番組を録画できる「デジタル2チューナー」を搭載。映画を視聴しながら、リアルタイムで放送しているドラマなどを録画できます。

また、「簡単サクッと検索」では、番組のカテゴリや人名を選ぶだけで観たい番組を見つけられるのもポイントです。リモコンの「音声くっきり」ボタンを押すと、低音や高音を調節して聞き取りやすい音声を届けます。

そのほか、無信号電源オフ・無操作電源オフ・明るさセンサーなど、自動で節電する機能を備えているのも特徴。省エネ性能を重視している方にもおすすめです。

Aston 22V型 フルハイビジョン 液晶テレビ AST-221S

滑らかで美しい映像を表現できるフルハイビジョン液晶テレビです。コンパクトサイズながら高精細な映像を届けられます。

HDMIケーブルを用いてPCと簡単に接続できるため、テレビの大画面でゲームを楽しめます。遅延が少ないので、動きの早いアクションゲームを快適にプレイできるのも魅力。また、専用リモコンは直感的にわかりやすい設計を採用しており、使いやすさも良好です。

設置方法は据え置きと壁掛けの2通り。レイアウトや好みに合わせて設置方法を変更できます。

液晶テレビのおすすめモデル|中型(32~40V型)

ソニー(SONY) フルハイビジョン液晶テレビ KJ-32W730E

独自の解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したフルハイビジョン液晶テレビです。圧縮や伝送で失われやすい細かい情報を保ち、オリジナルに近い映像を表現します。また、全体の音量を変えずに声の音量のみ変更する「クリアボイス」を搭載。聴き取りやすさに合わせて設定を変えられます。

専用リモコンは、文字が大きくて見やすいのが特徴。スリムボディなので手に馴染みやすく、快適に操作できます。また、テレビの電源を自動的にオフにする「スリープタイマー」や、時間になったら電源を点ける「オンタイマー」などの便利機能が充実しているのも魅力です。

そのほか、別売りのUSBハードディスクを接続すれば、手軽にテレビ番組の録画が可能。「オートチャプター」を設定すると、録画中の番組に区切りをつけられるので、試聴したいチャプターをすばやく表示できます。

シャープ(SHARP) 40V型 AQUOS 4K液晶テレビ 4T-C40BH1

高精細4K低反射パネルを採用した4K液晶テレビです。大画面でも画素の粗さが目立ちにくく、高解像度の映像を楽しめます。HDR映像に対応しているので、高コントラストかつ低ノイズの映像を届けられるのもポイントです。風景の奥行き感や人肌の質感まで忠実に再現します。

低域から広域までバランスのよい音質を再現する「バスレフ型スピーカーボックス」を搭載。高精細な4K画質と優れた音質により、臨場感溢れるコンテンツを楽しめます。地上波放送だけでなく、ゲームや映画を試聴したい方にもおすすめです。

4Kダブルチューナーを内蔵。新4K衛星放送を試聴しながら、裏番組を録画できます。また、無信号電源オフ・無操作電源オフ・おはようタイマーなどの便利機能も豊富です。

シャープ(SHARP) 40V型 AQUOS 4K液晶テレビ 4T-C40CL1

4K画像処理エンジン「Medalist S1」を搭載した4K液晶テレビです。高精細かつ色鮮やかな映像表現が可能。8Kテレビの開発で培った「4K Master アップコンバートプロ」技術により、解像度や映像レベルを判断して高精細な処理をおこないます。地上波放送だけでなくネット動画も高画質に映るのが魅力です。

クリアなサウンドをダイレクトに届ける「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」を搭載。音声を前方に導くので、音抜けのよいサウンドを楽しめます。また、リスニングエリアを広げる「Eilex PRISM」を採用しているのも特徴です。

Netflixやhuluなどの多彩なネット動画サービスに対応。インターネットに繋ぐだけで手軽にコンテンツを楽しめます。また、専用リモコンには「アプリダイレクトボタン」を搭載しており、ボタンを押すだけで好きなアプリを起動できるのもポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 40インチ フルハイビジョン液晶テレビ 40FB10P

見たままの色彩美を表現するフルハイビジョン液晶テレビです。明暗のコントラストを忠実に再現する「VAパネル」を採用しているので、深みのある映像を届けられます。「直下型LEDバックライト」により、LEDで画面全体を明るく照らすのもポイントです。

Wチューナー内蔵で、裏番組の同時録画が可能。家族でスポーツ観戦をしながらリアルタイムで放送中のドラマなどを録画できるため、家族でテレビを楽しむときにも便利です。別売りのHDDを接続するだけで、レコーダーなしで録画ができます。

地上波デジタル・BSデジタル・110度CSデジタルに対応しており、選べる番組の幅が豊富。双方向データ放送を利用することで、リモコンを使ってクイズ番組に参加したりリクエストを送信したりと、さまざまな機能を活用できます。

ティーシーエル(TCL) 40V型 フルハイビジョン液晶テレビ 40S516

Androidシステムを搭載したフルハイビジョン液晶テレビです。Netflix・YouTube・U-NEXTなど、多彩な動画サービスに対応。クロームキャスト機能を活用すれば、液晶テレビにスマートフォンの映像や音楽も流せます。スマホゲームを映して、家族や友人と一緒に楽しめるのもポイントです。

また、「マイクロディミング」機能も搭載。映像情報をシーン別に細かく分析して細部の明暗を再現します。コントラストや風景の奥行き感を美しく表現できるのが魅力です。

Wチューナーを搭載しているので、好きな放送を試聴しながら裏番組の録画が可能。同じ時間帯に見たい放送が重なっても対応できます。また、迫力のあるサウンドを届ける「Dolby Audio」を採用するなど、サウンド性能にこだわっているのも特徴です。

液晶テレビのおすすめモデル|大型(40V型~)

東芝(TOSHIBA) 43V型 4K液晶レグザ 43Z670L

高画質性能と操作性を兼ね備えた4K液晶テレビです。色鮮やかな高画質を実現する「直下型高輝度量子ドット倍速パネル」を搭載しており、高精細かつ高コントラストの映像を届けられます。倍速駆動により、スポーツなどの動きがはやいシーンを滑らかに表現できるのも魅力です。

地デジAIビューティZRⅡ・美肌フェイストーンZRⅡ・おまかせAIピクチャーZRⅡなど、高画質を追求する機能が充実。美肌フェイストーンZRⅡでは、黒ずみや白飛びを低減して、人肌の立体感や質感をリアルに再現します。また、地上波放送だけでなく、ネット動画の精細感を向上できるのもポイントです。

Netflix・Amazon prime video・YouTubeなど、多彩な動画サービスに対応。好みの動画サービスから、ドラマ・映画・アニメなどのコンテンツを楽しめます。専用リモコンにはダイレクトボタンを配置しているので、使いやすさも良好です。

東芝(TOSHIBA) 50V型 4K液晶レグザ 50M550L

「レグザエンジンZRⅡ」を採用した4K液晶テレビです。4K放送・ネット動画・地上デジタル放送など、さまざまなコンテンツを高画質で楽しめます。

「レグザパワーオーディオシステム」を搭載。低音から高音まで、バランスに優れたクリアなサウンドを届けられます。AIが番組のジャンルを判断して、コンテンツに合わせた音質に自動調節する「おまかせAIサウンド」を活用できるのも魅力です。高画質性能だけでなく、サウンド性能にもこだわっています。

新4K衛星放送用のチューナーを2基内蔵。外付けUSBハードディスクを接続することで、4K放送を試聴しながら別の4K放送を録画できます。また、早見早聞・追っかけ再生・レジューム再生など、優れた再生機能を備えているのもポイントです。

ソニー(SONY) 50V型 4K液晶テレビ XRJ-50X90K

自然で美しい高コントラストの映像表現をする4K液晶テレビです。直下型LED部分駆動と認知特性プロセッサー「XR」により、リアルな色合いや精細感を実現しています。

Google TVを搭載しているので、ネット動画を試聴する方にもおすすめ。YouTubeやAmazon Prime videoなどの動画サービスから好みのコンテンツを試聴可能です。また、Googleアシスタントを活用して、音声でコンテンツ検索をしたりチャンネルを切り替えたり、さまざまな操作をおこなえます。

3基のチューナーを内蔵。番組を試聴しながら、別の2番組を同時に録画できます。専用アプリ「Video & TV SideView」をインストールすると、外出先からスマートフォンを使って録画予約が可能です。

ソニー(SONY) 65V型 4K液晶テレビ XRJ-65X95K

高コントラストの映像を表現する「Mini LEDバックライト」を搭載した4K液晶テレビです。認知特性プロセッサー「XR」とバックライト駆動技術により、高輝度かつ引き締まった映像を楽しめます。地上波放送だけでなく、ネット動画も4K画質にアップコンバート可能です。

3チューナーを内蔵。地上波放送を試聴しながら、2番組を同時録画できます。また、独自の音響技術「アコースティックマルチオーディオ」を採用しており、臨場感のあるサウンドを表現できるのも魅力です。

「Video&TV SideView」を搭載。スマートフォンをリモコン代わりにして操作したり、外出先から録画予約をしたり、さまざまな機能を活用できます。そのほか、公式アプリ「My BRAVIA」をインストールすると、人気テレビ番組の情報やブラビア活用のヒントを得られるのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) 43V型 ビエラ 4K液晶テレビ TH-43GR770

高精細な映像を楽しめるIPSパネルの4K液晶テレビです。上下左右178°の広視野角を実現しているのが特徴。正面だけでなく、斜めからでもテレビを楽しめます。また、「色忠実補正回路」のはたらきにより、ノイズの少ない色鮮やかな画質に仕上がるのもポイントです。

迫力の低音を届ける「ダイナミックサウンドシステム」を採用。左右のフルレンジスピーカーから、抜けのよいクリアなサウンドを楽しめます。スタンダード・ミュージック・スポーツなど、コンテンツに適した設定に切り替えられるのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) 43V型 4Kダブルチューナー内蔵ビエラ TH-43LX900

高輝度かつ色鮮やかな映像を届ける4K液晶テレビです。「4Kファインリマスターエンジン」を搭載。新4K衛星放送だけでなく、地上デジタル放送やネット動画も4K高精細化します。さらに、「ダイナミックメタデータクリエーション」により、ハイコントラストな映像を表現できるのも魅力です。

立体音響技術「Dolby Atmos」に対応。テレビのスピーカーだけで、臨場感のあるサウンドを生み出します。映画やゲームなどのコンテンツを楽しみたいときにもおすすめです。

また、スタンダード・ミュージック・スポーツなど、多彩なサウンドモードを搭載しており、コンテンツの種類に合わせて設定を切り替えられます。

Google アシスタントやAmazon Alexaなど、スマートスピーカーとの連携が可能。話しかけるだけで電源を操作したりチャンネルを切り替えたりできます。

ハイセンス(HISENSE) 43V型 4K液晶テレビ 43U7H

高性能な映像エンジン「NEOエンジンPro」を搭載した4K液晶テレビです。4K放送だけでなく、地上デジタル放送やネット動画も高精細かつ滑らかな映像に表現。さまざまな動画サービスに対応しているので、映画・ドラマ・スポーツなど、幅広いコンテンツを楽しめます。

立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応。繊細な音まで忠実に再現するため、臨場感溢れる映像を楽しめます。テレビ背面にはサブウーファーを内蔵しており、大迫力のサウンドを届けられるのも魅力です。高画質性能だけでなく、サウンド性能にもこだわっています。

3段階解像処理とフレーム補間処理をおこなう「ゲームモードPro」を搭載。低遅延かつ高精細に映し出すため、反応速度が問われるFPSやアクションゲームなども快適におこなえます。

シャープ(SHARP) 43V型 AQUOS4K液晶テレビ 4T-C43EN2

画像処理エンジン「Medalist S3」を搭載した4K液晶テレビです。100通り以上の映像を学習したAIを活用することで、コンテンツに適した映像を届けます。パネルの表面には外光や映り込みを低減する「N-Blackパネル」を採用しており、4K映像の視認性が向上するのも特徴です。

Netflix・YouTube・U-NEXTなどの動画サービスにも対応。インターネットに接続するだけで、映画やドラマなど好みのコンテンツを楽しめます。また、専用リモコンには「アプリダイレクトボタン」が付いており、人気サービスをスピーディーに起動できるのも魅力です。

4Kダブルチューナーを内蔵。4K放送を試聴しながら2番組の同時録画が可能です。そのほか、AQUOSブルーレイと接続することで、タイムシフト機能を使用できます。

シャープ(SHARP) 50V型 AQUOS 4K液晶テレビ 4T-C50EL1

高画質性能と使いやすさを兼ね備えた4K液晶テレビです。「4K超解像アップコンバート」を搭載。精細感復元・リアリティ復元・ネット動画クリア補正などの技術により、コンテンツに合わせて見やすい映像を届けます。HDR映像に対応しており、風景の奥行き感や人肌の質感を忠実に再現できるのもポイントです。

前方に向けてサウンドを届ける「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」を採用。スピーカーネットを取り除くことで、音抜けのよいクリアなサウンドを実感できます。「音楽ライブ」モードを備えており臨場感溢れる空間を再現できるため、音楽ライブ配信や音楽番組を試聴するときにおすすめです。

4Kダブルチューナーを内蔵。4K放送を試聴しながら、別の4K放送や地上デジタル放送を2番組同時録画できます。そのほか、AQUOSブルーレイを接続することで、試聴中の番組を自動録画する「AQUOSタイムシフト」を使用可能です。

液晶テレビの売れ筋ランキングをチェック

液晶テレビのランキングをチェックしたい方はこちら。