従来の薄型テレビは、大画面になると画像の粗さが気になるポイントでしたが、4K技術の普及によって大型テレビでも高精細な映像を映せるようになりました。

テレビ番組はもちろん、映画やゲーム、動画コンテンツなどを大迫力で楽しみたい方は、ぜひ大型サイズへの買い替えがおすすめです。そこで、今回は購入する時のポイントをふまえ、おすすめの60インチ液晶テレビをご紹介します。

液晶テレビの選び方

フルHDテレビと4Kテレビの違い

By: sony.jp

フルHDテレビと4Kテレビの最大の違いは「解像度」です。フルHDは解像度が1920×1080ピクセルなのに対して、4Kテレビは3840×2160ピクセル。実にフルHDの4倍も高精細な映像が楽しめます。

小型~中型の液晶テレビでは、4K画質のよさがあまり実感できませんが、大型の60インチクラスの液晶テレビならば高画質な映像が楽しめます。

60インチの液晶テレビを買うなら4Kがおすすめ

KJ-65X9300D_room_image_a

By: sony.jp

大型テレビで映像を観たいという方は、4K対応の液晶テレビがおすすめです。小~中型テレビならばフルHD画質でも十分美しいのですが、液晶の大きさが50インチを超えると画質の粗が目立ってきます。

全ての映像が4K画質になるアップコンバート機能

By: sony.jp

4Kテレビの中には、フルHD画質の映像を4K画質にアップコンバートして再生できるモデルがあります。この機能を有している液晶テレビならば、4K対応の動画コンテンツ以外の映像も高画質で鑑賞できます。

テレビ放送はもちろん、DVDやブルーレイもキレイになるのでおすすめです。4Kテレビを購入するときは、アップコンバート機能を搭載しているかどうか確認してみましょう。

60インチだとどれくらいの広さの部屋が最適なのか

By: sony.jp

4Kの液晶テレビは近くでも高精細で見ることができます。ただし、60インチのテレビは高さが75cm前後あるので、あまり近すぎると映像の全景が見られません。

具体的な距離としては、60インチの視聴距離は2.2mが最適といわれています。部屋の広さにすると、12畳以上の部屋がおすすめです。

60インチ液晶テレビの特長

By: sony.jp

液晶テレビを販売しているメーカーはたくさんありますが、60インチの液晶テレビをも取り揃えているケースはそれほど多くはありません。ちなみに国内であればシャープやパナソニックのラインナップは充実しており、有力候補。海外ブランドではLGエレクトロニクスも選択肢としてはアリです。

なお、大型テレビでユーザーが悩みがちなのが「60インチ」と「65インチ」の差。結論からいうと60インチであれ、65インチであれ、画質に大きな差はありません。なお、価格的には60インチ液晶テレビと65インチ液晶テレビでは、10万円近くの差が付いているものもあります。ただ、機能の有無や接続端子の数などがサイズによって異なっている場合があるので、スペックはしっかり確認しておきましょう。

60インチの液晶テレビおすすめモデル

現在、60インチを超えるテレビは「4K対応」が一般的です。以前は非対応のモデルも多かったのですが、大画面ではドットの粗が目立つため、あまり実用的ではありませんでした。市場では今も60インチ4K非対応のテレビが流通していますが、映像コンテンツを楽しむためにも4K対応モデルをおすすめします。

シャープ(SHARP) AQUOS LC-60UH5

最近さまざまな分野に活用が始まっている、話題の人工知能が搭載された60インチ液晶テレビ。よく見る番組の傾向や時間帯、好きなタレントを学習して、条件に合った番組を音声でおすすめしてくれます。また、人感センサーにより、人が近づくと自動的に電源が入る設定が可能。本体には標準でWi-Fiを内蔵しているため、ワイヤレスでインターネットに接続できるのも魅力です。

付属のリモコンにはマイクの機能が搭載。話しかけると音声を認識して、見たい番組のジャンルなどから番組を検索してくれます。また「コンテンツ」ボタンを押すと、現在見ている放送の裏番組の情報や過去に録画した番組をリストで画面に表示。放送を見ながらでも別の面白い番組がないかを手軽に探せます。

本体にはUSB端子があり、市販の外付けハードディスクの接続が可能。3チューナーを搭載しているので、テレビを見ながら同時に2つの番組を録画できます。チューナーは地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルチューナーを搭載。テレビコンテンツをもっと楽しみたいという方におすすめです。

シャープ(SHARP) AQUOS LC-60US5

60インチの大画面で高画質の4K映像を楽しむなら、音にもこだわりたいもの。そこで、オーディオメーカーとして評価の高いオンキヨーとのコラボレーションにより高音質を再現した、こちらの液晶テレビがおすすめ。臨場感あふれる映像が楽しめます。

録画した番組を見ていても、放送中の番組が気になるときに便利なのが「2画面機能」。2つの画面を左右に並べて表示して、リモコンのカーソルキーで左右の音を簡単に切り替えることができます。

省エネモードの機能を搭載しているので、画面の明るさを抑えて消費電力の抑制が可能。深夜にテレビの放送が終了して、番組が映らない状態が約15分間続くと自動で電源がオフになります。夜間にテレビを見ながら寝てしまっても、大丈夫です。さらに設定により、一定の時間何も操作をしなければ自動で電源を切ることもできるので、テレビの消し忘れを防止。さまざまな形で省エネ・節電設計がされた液晶テレビです。

シャープ(SHARP) AQUOS LC-60U45

スマートフォンでインターネットの動画を視聴する機会が多い方におすすめの液晶テレビです。動画を大きな60インチの画面で見るのに便利な「YouTubeダイレクトキー」をリモコンに搭載。ボタンを押すだけでYouTubeに簡単にアクセスできて便利です。本体にはWi-Fiを内蔵しているので余計なケーブルが必要なく、ワイヤレスでインターネットに接続が可能。

インターネットを活用して家族をサポートする「見守りサービス」機能も搭載。テレビの電源を入れると電子メールに自動でお知らせするサービスは、離れて住む家族を見守る安心の仕組みです。

画面はフルHDの4倍の約829万画素で、液晶に定評のあるシャープの技術が発揮。60インチの大画面液晶テレビでも画素の粗さが気にならずに、高精細な映像を表現します。色についても鮮やかに再現し、自然な映像を実現。速い動きの映像でも残像感が少なく、映画を鑑賞すれば映画館で観るような臨場感を味わえておすすめです。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-60CX800N

60インチの大画面で3D映像が楽しめる液晶テレビ。別売の3Dグラスで見ると3D映像を再現します。本体が浮いているように見えるスラントデザインがスタイリッシュ。液晶の周りの額縁が狭いため、60インチの大画面でも大きさを感じさせません。上下左右で約178度の広い視野角があるので、斜めから見てもクリアな映像が実現。多くの人が一緒にテレビを観ても、同じくキレイな映像を共有できます。

別売のUSBハードディスクとつなげば、番組を簡単に録画が可能。「SeeQVault」規格に対応しているため、USBハードディスクに録画した番組を他のテレビに接続して視聴できます。自宅だけではなく、外出先でも録画した番組を持ち出して見られるのでおすすめ。

本体に無線LANを内蔵しているので、ケーブルいらずでインターネットに接続が可能。YouTubeの4K動画も迫力の大画面で再生できます。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-60DX850

音声入力機能「ダイレクト音声操作」に対応した液晶テレビです。テレビに向かって話しかけるだけで、リモコンがなくてもチャンネル切り替えなどができます。リモコンをよく見失ってしまう方も安心です。

本体にUSB端子が搭載され、市販のUSBハードディスクとつなげば番組の録画ができます。3チューナーを搭載しているので、放送を見ながら同時に2つの裏番組を録画可能。見たい番組が重なっても問題ありません。

高輝度のIPSパネルを搭載しているので、60インチの大きさでもくっきりと鮮やかな映像を表現。正面だけでなく斜めから見ても明るい映像を楽しめるので、部屋で置き場所が制限されることがありません。「バックライトエリア制御」の技術により、映像の明暗をはっきりと再現。ハイコントラストを特徴とした映像もリアルに表現します。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-60EX850

最大出力100Wの強力なアンプで迫力のサウンドを楽しめる液晶テレビ。60インチの大画面で迫力の映像に相応しい高音質を再現します。また、見る映像の種類によって最適の音や好みに合わせた音に設定が可能。通常の放送にはバランスの良い「スタンダード」、音楽番組には音を重視した「ミュージック」、ニュースなどには人の声が聴きやすい「快聴」、低音を強調するなど個人の好みに調整する「ユーザー」と、4種類の音を設定できます。

音だけではなく色にもこだわっているのがこの液晶テレビ。パナソニック独自の技術「ヘキサクロマドライブ」により忠実に色を再現します。暗いシーンや淡い薄暮などを自然に描写。大自然を紹介するドキュメンタリー番組では、まるで実際の風景を見るような感覚を味わえます。

本体に内蔵された無線LANでインターネットに接続すれば、画面にテレビ番組や録画番組、ネット動画を一覧で表示が可能。それぞれ比較をしながら一番見たいと思う番組を見られておすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 60UJ6500

コストパフォーマンスに優れた60インチの液晶テレビ。普通のテレビ番組やブルーレイなども4K品質へとアップコンバートします。普段見ていたテレビ番組やコレクションしているDVDをより美しい画質で楽しむことが可能です。

フレーム幅はわずか約2.4mmという極細で、お部屋に置いても60インチの大きさを感じさせません。シックなデザインなので、ほかの家具とも調和しやすいのもポイント。インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

映像だけではなくサウンドも高性能。Hi-Fi Audioアルゴリズムも採用し、迫力あるサラウンドがさらに進化し、音の広がりに加えて高さも表現しています。高品質の映像とともにサウンドについても満足できる60インチ液晶テレビです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 60UH7500

できるだけ安い60インチの液晶テレビをお求めの方におすすめなのがこちらの製品。15万円前後で購入できるので、初めて大画面の液晶テレビを試すのに適しています。

価格が安くてもデザイン性に優れ、性能も十分なスペックがあります。次世代パネル「IPS 4K」を搭載しているので、4K画質を高いレベルで実現。広い視野角と細やかな色調を表示し、鮮やかな映像を楽しめます。

本体の背面と側面にUSB端子があり、市販のUSBハードディスクに番組の録画が可能。テレビ放送を見ながらでも、裏番組の録画をできます。

Wi-Fiを内蔵しているので、インターネットに簡単に接続が可能。テレビ番組に飽き足らず、さまざまな動画コンテンツを楽しみたい方なら満足できるおすすめの液晶テレビです。