「液晶テレビ」のなかでも人気がある、60インチサイズ。リビングに適したサイズで、迫力のある映像を大画面で視聴できます。また、最近は高精細な4K解像度の製品が多く、数年前よりも手頃な価格で高性能モデルを購入可能です。

そこで今回は、60インチ台の液晶テレビの選び方と、おすすめモデルをご紹介します。ぜひ、大画面の美しい映像で、テレビ番組・映画・ドラマ・スポーツといったさまざまなコンテンツを楽しんでみてください。

60インチ液晶テレビの適正視聴距離

60インチ台の液晶テレビは画面サイズが大きく、画面の縦幅は60インチで約75cm、65インチで約80cmあります。そのため、適切な視聴距離を取らないと画面全体を視界に入れられず、大型液晶テレビのメリットを実感しにくいので、購入前に設置場所をしっかり検討しておくのがおすすめです。

また、60インチ台のテレビを見る適正視聴距離は2.2mほどといわれており、12畳以上の部屋に設置するのが適しています。快適に視聴できる距離を十分に確保できるか、事前に確認しておきましょう。

60インチ液晶テレビの選び方

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

60インチ台の液晶テレビは、4Kのモノが主流です。4Kとは、3840×2160程度の解像度のこと。従来のフルHDテレビに比べ、4倍の解像度を備えているので、高画質で精細な映像表現が可能です。最近では、BS放送や各動画配信サービスなどでも4Kに特化したコンテンツが増えています。

また、中型以下の液晶テレビでは4Kの高画質を実感しにくいものですが、大型モデルなら解像度の高さをしっかり体感することが可能です。

ちなみに、60インチ台の大画面のテレビは、解像度が低いと画質の粗さが気になってしまう場合があります。そのため、最低でもフルHD以上の解像度があるモノを検討するのがおすすめです。

なお、数年前まで4Kの大型液晶テレビは高価でしたが、最近では価格も下がりつつあるうえ、省エネや画質向上などの便利な機能が充実しています。

ディスプレイの種類をチェック

液晶ディスプレイ

By: rakuten.co.jp

液晶ディスプレイとは、バックライトの光を液晶によって調節して、さまざまなカラーを再現する方式です。画面が明るく、消費電力は抑えめなのがメリットで、メリハリのある映像表現が楽しめます。サイズや価格帯、デザインなどラインナップも豊富で、条件にこだわりたい方におすすめです。

なお、常にバックライトを点灯しているため、黒色や陰影の表現はやや苦手。また、ゲームやスポーツなどの激しい動きに関しては滑らかさに欠け、残像やボヤけが気になることがあります。こうした弱点も、バックライトの部分駆動や倍速駆動といった技術によって一部のモデルでは改善しています。

有機EL

By: lg.com

有機ELディスプレイは、有機物を使った発光素子に電圧をかけることで発光させて映像を表示します。液晶ディスプレイとは違いバックライトを必要としないのが特徴。また、液晶と比べて薄いのもポイントです。

有機ELは発光自体を消せるため、より深い黒を再現できます。 ほかにも、応答速度がの速さや視野角の広さ、高コントラストなど、さまざまな画質面でのメリットがあります。

薄さや映像表現に優れる一方、製造コストが高く、全体的に液晶テレビよりも高額。パネルの耐久時間が液晶より短いのも注意点です。現状では48インチからの大型サイズのみが展開されています。

スピーカー性能をチェック

By: rakuten.co.jp

60インチ台の大画面で臨場感あふれる映像を楽しむなら、内蔵スピーカーにもこだわると、優れたサウンドで動画を鑑賞できるのでおすすめ。メーカーごとに独自のスピーカーを開発しており、モデルによって性能が異なるため、購入前にしっかり確認することが大切です。

また、コスパの観点から考えると、外付けスピーカーを別途用意するのもおすすめ。コストを抑えつつ迫力のあるサウンドを手に入れたい方は、チェックしておきましょう。

60インチ液晶テレビのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

高性能なオーディオ機器の製造で有名なソニーは、ノウハウを活かし、音質の優れた大型液晶テレビを開発しています。映像そのものから音が聴こえるような臨場感あふれるサウンドや、映画館のような立体的な音響を体験できるのが魅力です。

音質だけでなく画質にもこだわっており、高精細な4K映像を楽しめるのもポイント。テレビ番組などのハイビジョン映像を4K映像にアップコンバートする機能や、リアルな質感表現が可能な超解像処理に対応しています。映像とサウンドの両方にこだわる方は、ぜひチェックしてみてください。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

シャープの大型液晶テレビには、画質にこだわったモデルが豊富にラインナップされています。新4K衛星放送の視聴・録画や、地上波放送のアップコンバートなどの多彩な機能で、高精細な映像を楽しむことが可能です。

また、人工知能との連携機能「COCORO VISION」を搭載したモデルも存在。人工知能がユーザーの視聴や録画の傾向を分析し、おすすめの番組を提案します。4Kの高画質を存分に体感したい方は、ぜひ検討してみてください。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: lg.com

韓国の電機メーカーであるLGエレクトロニクスは、コスパに優れた液晶テレビやパソコン向けモニターを豊富に取り扱っていることで有名。リーズナブルで高性能な60インチの液晶テレビも、多数販売されています。

また、各動画配信サービスとの連携がスムーズなモデルや、「Alexa」「Google アシスタント」などの音声認識に対応したモデルを発売しているのもポイント。高画質で多機能な液晶テレビを探している方におすすめです。

60インチ液晶テレビのおすすめモデル

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-65X9500H 65インチ

BS・CS 4Kチューナーを2基ずつ内蔵した65インチの液晶テレビ。4K放送番組を視聴しながら、別の4K放送の番組を外付けHDDに録画が可能です。映像エンジンに高性能な「X1 Ultimate」に採用し、あらゆるコンテンツを鮮明な美しい映像で楽しめます。

また、VA型パネルながら広視野角を実現できる独自技術「X-Wide Angle」を搭載。斜めからの視聴が多いユーザーにも適しています。

さらに、スピーカーに音の定位感を向上させる音響技術「アコースティック マルチ オーディオ」を採用。迫力と立体感に富んだサウンドを鳴らします。 アプリの起動速度を向上した「サクサク操作」も搭載。洗練された操作系も相まって使いやすいのも魅力です。

iPhoneなど対応したApple製品から、ミラーリングが行える「Apple AirPlay 2」や、本機の操作が可能になる「Apple HomeKit」など、iOSデバイスとの親和性の高さもおすすめのポイントです。

シャープ(SHARP) AQUOS 8T-C60AX1 60インチ

8Kチューナー内蔵テレビの先駆けとなったモデル。NHKのBS 8K放送を受信することで、「スーパーハイビジョン」と呼ばれる、7680×4320ドットの超高精細な映像を堪能できます。

また、画像処理エンジンに新開発の「AQUOS 8K Smart Engine PRO」を搭載しているのも魅力です。4K放送や地上デジタル放送、ネット配信動画、ブルーレイなどを8K解像度にアップコンバートできます。さらに、新開発の「8K倍速液晶」を搭載し、8K映像を美しく滑らかに表現可能です。

1本のケーブルで8K伝送が可能なHDMI2.1端子も搭載。今後、8K出力が可能な映像機器が発売されても対応できるおすすめのテレビです。

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C60BN1 60インチ

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C60BN1

高画質を追求した60インチ4K液晶テレビです。独自の高画質エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO II」が4K放送をより臨場感豊かに映し出します。

また、4K解像度未満のコンテンツも「4K-Master アップコンバートプロ」で4Kに変換して視聴可能。4Kチューナーを2基内蔵しているため、4K放送を観ながらほかの4K放送を録画できます。

シャープ独自のAIoTクラウドサービス「COCORO VISION」に対応しているのも特徴です。内蔵のAIがよく見る番組や利用した時間帯を学習。好きなジャンルの番組や、よく見るタレントが出演する作品を音声で通知します。さらに、人が近づくとテレビが自動でONになり、おすすめ番組を表示。見たい番組の見逃しも防ぎます。

また、Google アシスタントがテレビに内蔵されており、リモコンのボタンを押して話しかけるだけで操作ができるのもおすすめです。

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C60BH1 60インチ

BS・CS 4Kチューナーを2基内蔵した4K液晶テレビ。60V型の大画面と4Kチューナー2基を搭載していながらリーズナブルなのが魅力のモデルです。

映り込みを抑える「4K低反射パネル」を採用。低域から高域まで臨場感豊かに再現する「バスレフ型スピーカーボックス」により、音質も良好です。また、別売り金具での壁掛けにも対応します。

シャープが推進する「AIoT」機能を拡充した「COCORO VISION」と、アプリを追加して楽しめるAndroid TVも搭載。動画配信サービスに対応しているのもおすすめのポイントです。

ボタン数が少なく文字が見やすい「シンプルリモコン」が付属。音声入力をはじめとする豊富な機能と、ユーザーに寄り添った使いやすさへの配慮を両立しています。

東芝(TOSHIBA) REGZA 65M540X 65インチ

4Kチューナー内蔵液晶テレビのベーシックモデルです。 映像処理エンジンに上位モデルと同等の「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用した「レグザエンジンCloud」を搭載。「地デジ ビューティX」「ネット動画 ビューティ」技術といった高度な映像回路を採用しているので、テレビ放送やネット動画でも高画質を楽しめます。

低遅延な「瞬速ゲームモード」も搭載しているので、動きの激しいゲーム用にもおすすめです。4K放送の外付けHDDへの録画も可能。Googleアシスタントに対応したスマートスピーカー連携機能を備えているのもポイントです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 60UK6200PJA 60インチ

リーズナブルな60インチ4K液晶テレビです。独自の「Active HDR」により、HDR映像を最適な明暗と色彩でリアルに表現します。また、通常の映像をHDR画質へ調節する「HDR Effect」機能も搭載しており、高コントラストで美しい映像表示が可能です。

Bluetooth送信機能を搭載しており、対応機器とワイヤレスで接続できるのもポイント。スマホの音楽を液晶テレビの内蔵スピーカーで再生したり、テレビの音声をBluetooth対応のスピーカーやイヤホンで再生したりできます。

4Kや8Kなどで採用される色域規格「BT.2020」をほぼカバーする豊かな色彩表現も魅力。大画面液晶テレビのエントリーモデルとしておすすめの製品です。

東芝(TOSHIBA) REGZA 65Z740X 65インチ

録画機能が充実した4K液晶テレビ。放送済みの番組を遡って見られるレグザ独自の全録機能「タイムシフトマシン」を内蔵しているほか、BS・CS 4Kチューナーを2基内蔵し、外付けHDDへの4K放送の録画にも対応しています。

クラウドを駆使した映像処理エンジン「レグザエンジンCloud PRO」と、動画配信サービス別の画質最適化回路「ネット動画ビューティーPRO」を新搭載。番組やコンテンツに応じた自然な高画質を実現できるのが特徴です。

また、直下型LEDバックライトのLEDの点滅を緻密に制御する「リアルブラックエリアコントロール」により、陰影感や繊細な表現に優れています。

「重低音バズーカオーディオシステムPRO」によるサウンド面も魅力。録画コンテンツを高画質かつ高音質で楽しみたい方におすすめの大型テレビです。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A58RA1000 58インチ

BS・CS 4Kチューナー2基と、4K対応の「Ultra HD Blu-ray」の再生に対応したディスクドライブを内蔵した4K液晶テレビ。 さらに、2TB HDDを内蔵し、4K放送の裏番組録画に対応。また、別売りの外付けHDDを接続した録画も可能です。

4K高画質へのアップコンバート回路「DIAMOND ENGINE 4K」や、映像を豊かな色彩で描き出すカラーマネジメントシステム「ウルトラカラーマトリックス」も搭載するなど画質面も充実しています。

4K放送とBlu-ray再生を中心に楽しみたい方におすすめです。