自宅に家庭用ポップコーンメーカーがあれば、借りてきた映画を見るときや本を読んでリラックスしたいときに、美味しいポップコーンを楽しめます。しかし、誰もが持っているアイテムではないため、どうやって選べばよいかわからないことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめ家庭用ポップコーンメーカーをご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

家庭用ポップコーンメーカーの選び方

加熱方式をチェック

電子レンジ式

By: amazon.co.jp

家庭用ポップコーンメーカーのなかでも特に人気を集めているのが、電子レンジで加熱するタイプです。火を使用しないため安全に使えて、レンジ庫内に入れてボタンを押すだけで手軽にポップコーンができます。

シンプルな構造の製品も多く、初めてポップコーン作りに挑戦する方が容易に使えるのもメリット。電子レンジで使えるよう小さめサイズな製品が主流なので、収納場所に困らないのもポイントです。

電気式

By: rakuten.co.jp

電気タイプは、コンセントを繋いで電気で加熱して作れるのが特徴。スイッチを入れてボタンを操作するだけで手軽に作れます。火を使わないので、安全に調理できるのが魅力です。

ただし、製品自体が熱くなってしまうことが多く、小さな子供がいる家庭では注意が必要。また、動作音が大きいモデルが多いため、集合住宅であれば夜中の使用を避けるといった配慮が必要です。

直火式

By: rakuten.co.jp

直火タイプは、鍋やフライパンのような形になっており、火にかけて使用するのが特徴。火加減の調節をする手間はありますが、火を使える場所であればどこでもポップコーンを楽しめるのがメリットです。自宅だけでなく、キャンプなどアウトドアシーンでもポップコーンを食べられるので、大人数が集まる場面で活躍します。

ポップコーンの形状をチェック

バタフライタイプ

バタフライタイプは、蝶が羽を広げているような形状のモノを指します。塩や胡椒など粉末状の調味料や、溶かしたチーズなどを絡めやすいのが特徴です。塩気のある味付けのポップコーンを楽しみたい方は、バタフライタイプに対応したポップコーンメーカーをチェックしておきましょう。

マッシュルームタイプ

輸入スナックでよく見る、ふんわりと丸い形状がマッシュルームタイプです。さっくりとした食感を楽しめるほか、ソース類を絡めやすいのが特徴。キャラメルソースやメイプルソースなどと相性がよいため、甘い味付けが好きな方におすすめです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ポップコーンメーカーを選ぶときに気をつけておきたいのがサイズです。大きすぎると電子レンジに入らなかったり、収納場所がなかったりと、せっかく購入しても使えない場合があります。

一方、小さすぎると一度に十分な量のポップコーンを作れず、何度も作る手間が必要になることもあるので注意が必要。電子レンジの大きさや収納スペース、一度に作りたいポップコーンの量を考慮して最適なサイズを選ぶようにしましょう。

使いやすさや便利機能をチェック

By: amazon.co.jp

構造がシンプルで洗いやすい製品を選べば、頻繁にポップコーンを作っても煩わしさを感じません。また、取っ手が付いているモノや、本体を抱えてそのままポップコーンを食べられるモノなら使いやすくて便利です。

さらに、ポップコーンを食べる前に不発のコーン種を取り除く、便利な機能が付いているポップコーンメーカーも存在します。より手軽に美味しいポップコーンを楽しめるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

家庭用ポップコーンメーカーのおすすめモデル|電子レンジ式

maruhiro 電子レンジでポップコーン

本体・フタともにしなやかなシリコン素材を採用した、人気のポップコーンメーカーです。シリコンの柔らかなフタが加熱中に盛り上がり、本体内の蒸気を調節するためカリッと香ばしく仕上がります。本体はそのまま、容器としても使用可能。また、不使用時は20×6cmのコンパクトサイズに折りたためるので、収納にも困りません。

シリコンの特性上、汚れにくく臭いがつきにくいのもポイントです。さらに、ノンオイルで作れるため、ヘルシーにポップコーンを楽しめます。そのほか、キャラメルやショコラ、バター醤油ペッパーなど、全11種類のレシピ集も付属。可愛らしいビビットカラーでデザイン性にも優れた、おすすめのアイテムです。

ジョセフジョセフ(Joseph Joseph) M-クイジーン シングルポップコーンメーカー 2個セット 45018

一人暮らしの方におすすめの、一人用ポップコーンメーカーの2個セットです。素材には、柔らかな耐熱シリコンを採用。カップの中にポップコーン豆を投入して上部を折りたたみ、電子レンジで加熱するだけでポップコーンができ上がります。完成後に好みのシーズニングを本体内に入れてシェイクすれば、味付きポップコーンを楽しむことも可能です。

食洗器で洗えるため、簡単にお手入れできるのもポイント。また、10×10×14.5cmの小型サイズで、狭いスペースにも楽々と収納できます。カラーは、オレンジとグレーの2色を展開。なお、庫内の高さが15cm以上の電子レンジでないと使用できないので、購入時には電子レンジのサイズを忘れずに確認しておきましょう。

ジョセフジョセフ(Joseph Joseph) M-クイジーン ポップコーンメーカー 45028

食べる前に不発のコーン種を取り除ける、便利なポップコーンメーカーです。フタに小さな穴が設けられており、加熱後にフタをしたまま本体をひっくり返せば、不発のコーン種のみを取り出すことが可能。ストレスなく食べ進めたい方にぴったりです。

また、完成後に容器内へシーズニングを加えてシェイクすれば、味付きポップコーンも簡単に作れます。さらに、容器には取っ手が付いているため、電子レンジから簡単に取り出してテーブルに運べるのも魅力。ポップなオレンジカラーで気分も盛り上がるおすすめアイテムです。

マイヤー(Meyer) レンジでポップコーン PCP-2.7RD

取っ手付きで、電子レンジから簡単に取り出せるポップコーンメーカーです。容器にポップコーン豆を入れて、電子レンジで3〜4分加熱するだけでポップコーンが作れます。また、透明なガラスに英文字が描かれたポップでおしゃれなデザインも魅力です。

本体もフタも食器洗浄機に対応しているため、お手入れにも手間が掛かりません。なお、サイズは23.5×16×19cmとやや大きめ。高さ21cm以上、かつ回転テーブルの直径が27cm以上の電子レンジで使用するようにしましょう。

曙産業 チンしてキャラメルポップコーン RE-935

これ一台でポップコーンもキャラメルソースも作れる、便利なポップコーンメーカーです。ポップコーン・キャラメルソースともに、必要な材料を「受け容器」に投入して、別々に電子レンジで加熱するだけで完成。ポップコーンとキャメルソースを混ぜれば、簡単にキャラメルポップコーンが楽しめます。

また、食洗機に対応しているため、お手入れも簡単。専用のスプーンやヘラが付属しているので、別途道具を準備する必要もありません。さらに、気軽に購入できるリーズナブルな価格帯も魅力。かわいいキャラクターデザインで楽しくポップコーンが作れる、おすすめのポップコーンメーカーです。

家庭用ポップコーンメーカーのおすすめモデル|電気式

ミナトワークス ポップコーンメーカー POP-601

ホットプレートタイプのポップコーンメーカーです。調理時にオイルを使用できるのに加え、フタには余計な水分を逃がす「蒸気穴」が設けてあるため、カリッと香ばしく仕上がります。また、フタの蒸気穴に「ボウルキャップ」を取り付けて本体をひっくり返せば、フタがボウルに早変わり。そのままテーブルに運んで、熱々のポップコーンを楽しめます。

さらに、コーン・オイル用の2つの専用計量スプーンが付属しているので、簡単に分量を量れるのもポイント。電源コードは本体底面に収められるため、収納にも困りません。最大6Lものポップコーンを作れる大容量タイプで、家族みんなでポップコーンを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ビタントニオ(Vitantonio) ポップコーンメーカー(POPCORN MAKER) VPC-10

バタフライ型とマッシュルーム型どちらにも対応した、人気のポップコーンメーカーです。ハニーレモンやキャラメルなどのスイーツ系から、焦がし醤油やガーリックアンチョビなどのおつまみ系まで、多彩なフレーバーのレシピ集が付属。レシピに合わせてポップコーン豆のタイプを選びながら、専門店のような味わいを楽しめます。

操作方法も、ダイヤルをONに回すだけと簡単です。約2分で60gのポップコーンができ上がり、完成後は自動で電源OFFになります。また、付属の専用容器を本体スロットの真下にセットすることで、ポップコーンの飛び散りも防止。専用容器からそのまま食べられるので別の容器に入れ替える必要がなく、便利に使えるアイテムです。

エスアイエス(SIS) ポップコーンメーカー PM-3600

レトロでおしゃれなデザインが魅力のポップコーンメーカーです。看板部分はライトアップすることもでき、明るいライトがポップコーンを美味しそうに照らし出します。自宅用はもちろん、ちょっとしたイベントやパーティー用にもおすすめです。

操作方法も、本体内のケトルにポップコーン豆を入れてスイッチを押すだけと簡単。ケトルからポップコーンが弾け出てきたら、ハンドルを回すことでポップコーンを取り出せます。また、オイルを入れての調理ができるため、香ばしく仕上がるのもポイントです。

さらに、キャラメルやのりしお、チーズなどの多彩なフレーバーレシピも付属。サイズは32×31.5×49cmとややかさばりますが、デザイン性重視の方はぜひチェックしてみてください。

ROOMMATE ポップコーンフレーバー EB-RM9800A

汎用性の高さが特徴のポップコーンメーカーです。ホットプレートタイプで、フタ部分を取り外せば目玉焼きやホットケーキ、ウインナーソテーなども作れます。油が使用できるので、ポップコーンが香ばしくカリッと仕上がるのもポイントです。

また、操作方法も簡単。ポップコーン豆と少量の油を投入して電源ボタンを押し、フタに付いたハンドルを回すだけでムラなく加熱できます。ポップコーンが弾け始めたらハンドルをさらに回すと、フタの開口部からボウルの中へポップコーンが出てくる仕様です。

さらに、25×18×24cmのコンパクトサイズで設置場所に困らないのも魅力。さまざまな焼き物料理に使いたい方へおすすめのポップコーンメーカーです。

プリズメイト(PRISMATE) ポッピング バケツ(POPPING BUCKET) PR-SK005

レトロ感がかわいい、バケツ型のポップコーンメーカーです。口が大きくポップコーンを取り出しやすいため、大人数で楽しみたい方におすすめ。付属のスコップでポップコーン豆をバケツ内部へ投入し、電源をONにするだけでポップコーンが完成します。

バケツのフタを閉めておけば、そのままポップコーンを保管しておくことも可能。また、バタフライ型・マッシュルーム型の2種類のポップコーン豆に対応しているのも魅力です。さらに、レシピブックも付属しているので、スイーツ系からおつまみ系まで多彩な味付けにチャレンジできます。

D-STYLIST らくらくポップコーンメーカー KK-00285

約11.5×17.5×26.5cmのコンパクト仕様で、テーブルに楽々と設置できるポップコーンメーカーです。操作方法も本体内へポップコーン豆を投入して電源を入れると簡単で、たった3分でおいしいポップコーンが完成します。メジャーカップが付属しているため、ポップコーン豆の投入量も簡単に量ることが可能です。

また、完成したポップコーンは、本体のスロットからポンポンと飛び出してくるのも特徴。さらに、本体とメジャーカップ、カバーは簡単に取り外せるので、お手入れにも手間がかかりにくいのも魅力です。楽しくポップコーンが作りたい方はチェックしてみてください。

クイジナート(Cuisinart) ポップコーンメーカー CPM-700PCJ

最大約2.4Lのポップコーンが作れる、大容量タイプのポップコーンメーカーです。ポップコーン豆とオイルを投入して電源ONにするだけで、簡単に香ばしいポップコーンが完成。加熱中に本体内のシャフトが回転することで、少量のオイルでも均一に混ざり美味しく仕上がります。

フタには大きな通気孔を設けており、余分な水分を排出できるためカリッと食感を楽しめるのもポイントです。また、完成後に本体をひっくり返せば、フタはそのままボウルとしても使用可能。作り立てのポップコーンをすぐにテーブルに運んで食べられます。さらに、電源コードは本体下部に収納できるのも魅力。使い勝手のよいおすすめアイテムです。

家庭用ポップコーンメーカーのおすすめモデル|直火式

ファイヤーサイド(FIRESIDE) ポップコーンホッパー 26011

ガス火のほかにIHやストーブの天板でも使用できる、おすすめのポップコーンメーカーです。本製品は、持ち手が回転ハンドルになっているのが特徴。ハンドルを回しながら加熱することでムラなく火が通るため、ポップコーン豆の弾け残りを防ぎながら、サクッと美味しく仕上げられます。

また、ポップなカラーを採用したおしゃれなデザインも魅力。なお、ポップコーン豆が弾けるためには230℃以上の温度が必要なので、火加減をうまく調節しながら活用してみてください。

ファイヤーサイド(FIRESIDE) シェイクポップ(SHAKE POP) 2710

アウトドアシーンで手軽にポップコーン作りを楽しめるアイテムです。本製品は頑丈なステンレス素材に、焦げ付き防止のコーティングを施しているのが特徴。たき火の強い火力でも安全に使用できるうえに、お手入れも簡単です。

また、不使用時はハンドルをポッパー内に収納できるので、保管や持ち運びにも困りません。野外で美味しく香ばしいポップコーンを作りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Wirley Pop ポップコーンポッパー Sweet & Easy

簡単に美味しいポップコーンが作れる、回転ハンドル付きのアイテムです。フタの回転ハンドルを回しながらムラなく加熱することで、約3分間と短時間で完成するうえに、ポップコーン豆の弾け残りを減らすことも可能。また、鍋内をかき混ぜることで砂糖が鍋にこびり付いてしまうのも防げるので、キャラメルポップコーンなども手軽に作れます。

フタの蒸気孔から余分な水分を逃がせるため、ふんわりカリカリの食感に仕上がるのもポイント。さらに、丈夫なステンレス製なので長持ちします。そのほか、 IH対応なのも魅力。一度に5.7Lものポップコーンを作れる大容量タイプで、ちょっとしたイベントなどにもおすすめです。