数あるタブレットのなかでも人気の高い「iPad」。iPad Pro、iPad Air、iPadと種類があり、画面サイズやスペックだけでなく、入出力端子にも違いがあります。iPadにはイヤホンが付属しておらず、どの接続タイプのイヤホンが使用できるかもiPadの種類によって異なるのがポイント。

そこで今回は、iPadで使えるイヤホンを接続方法別にご紹介します。選び方も解説するので、チェックしてみてください。

iPadのモデル別対応イヤホン

iPad Pro / iPad Air

By: apple.com

iPad Proおよび第4世代のiPad Airにイヤホンを接続する場合、Bluetoothによるワイヤレス接続とUSB Type-C端子を利用した有線接続の2種類が利用できます。どちらのモデルも接続範囲が広く安定性の高いBluetooth 5.0に対応しているので、イヤホンもVer.5.0対応モデルから選択するのがおすすめです。

USB Type-C端子を利用する場合には、iOSデバイスから出力されたデジタル信号をイヤホン側でアナログに変換します。そのため、音質の劣化が少なく、クオリティの高いサウンドを再生可能。マイク音声もデジタル信号で伝送されるので、ノイズの少ないクリアな音で通話が行えます。

音質にこだわる方は有線接続、手軽に音楽を楽しみたい方はワイヤレス接続がおすすめです。

iPad / iPad mini

By: amazon.co.jp

iPadおよびiPad miniにイヤホンを接続する場合は、Bluetoothによるワイヤレス接続と、Lightning端子や3.5mmイヤホンジャックを利用した有線接続の3種類が利用可能。ただし、iPad miniはBluetooth 5.0に対応していますが、iPadはVer.4.2対応です。iPadにBluetooth 5.0対応イヤホンを使用しても、接続安定性の高さを活かせないので留意しましょう。

Lightning端子を利用してイヤホンを有線接続する場合、iOSデバイスの充電が同時に行えない点も注意。充電しながら音楽を楽しみたい場合には、3.5mmイヤホンジャックの利用や別途変換アダプターを用意するのがおすすめです。

iPad用イヤホンの選び方

H1チップ搭載モデルがおすすめ

By: apple.com

iPad以外にiPhoneやMacBookなどApple製品を複数使用している方は「H1チップ」を搭載したモデルがおすすめ。H1チップを搭載することで、デバイス間の切り替えをシームレスにおこなえ、1つのイヤホンで複数のデバイスを快適に行き来できます。

また、接続の安定性が高く、音の遅延が少ないのもメリット。バッテリー駆動時間も長く、ペアリングも簡単にできるので、利便性を求める方にピッタリです。最近ではApple傘下の「ビーツ」のイヤホンにもH1チップを搭載したモデルがラインナップ。デザインや性能面を考慮したうえで選んでみてください。

用途に合わせた接続方法を選ぼう

音楽鑑賞がメインなら「ワイヤレスイヤホン」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホンは、Bluetoothと呼ばれる無線通信規格を使って接続するタイプ。ケーブルのわずらわしさから解放されるため、ストレスなく音楽が楽しめます。使用中にケーブルが絡まったり、引っかかったりする心配がなく、外出先での使用にもおすすめです。

ただし、無線通信を利用するワイヤレスイヤホンは、音声ファイルを圧縮して転送するため、少なからず音の遅延と音質の劣化が発生してしまいます。

音楽鑑賞がメインなら遅延はそれほど気になりませんが、ゲームをプレイしたり動画を見たりする際には、ストレスに感じることがあるので選ぶ際には気をつけましょう。

動画視聴なら遅延がない「有線タイプ」

By: rakuten.co.jp

有線タイプのイヤホンは、物理的にケーブルで接続するため、音の遅延を気にせず使用可能。動画やゲームも快適に楽しめます。

音声データを転送する際、データを圧縮する必要がなく原音に近い音を楽しめるのも大きなポイント。イヤホンの音質にこだわりたい方におすすめです。

一方で、有線イヤホンはケーブルを強く引っ張ったり、どこかに引っ掛けたりすると、中の銅線が断線して音が聞こえなくなることがあります。取り扱いには注意しましょう。

リモコンとマイクの有無をチェック

By: amazon.co.jp

最近のイヤホンはスマホでの使用を想定しており、ほとんどのモデルにハンズフリー通話対応のマイクと、通話や音楽再生操作が可能なリモコンが付いています。

ただし、一部の3.5mmオーディオ接続イヤホンでは、マイクやリモコンが付いていません。また、付いていても、iPadでのリモコン操作に対応していない場合があるので要チェックです。

リモコン付きイヤホンでも操作できる内容はモデルごとに異なります。特に、LINEやSkypeなどのSNS通話アプリに対しては、マイクは使えてもリモコンは使えず、応答・終話ができない場合もあるので注意しましょう。

ワイヤレスなら対応コーデックと連続使用時間をチェック

By: sony.jp

Bluetooth接続には、音質と遅延を左右する「コーデック」という要素が存在。サウンドのデータを送受信する際の伝送規格のことで、iPadをはじめとするiOSデバイスでは、SBCとAACに対応しています。

このうち、AACがより高音質で低遅延なコーデック。iPadでハイクオリティなBluetoothリスニングを楽しみたいなら、AirPodsをはじめとする、AAC受信対応のイヤホンを選ぶのがおすすめです。

また、Bluetoothイヤホンは原理上、内蔵バッテリーによって動作。イヤホンごとに1回のフル充電での連続使用時間は異なります。数分から十数分程度の急速充電で数時間の連続使用が可能なモノもあるので、チェックしてみてください。

iPad用イヤホンのおすすめモデル|Bluetooth

アップル(Apple) AirPods Pro

「アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載したiPadにおすすめのイヤホンです。外向きと内向きの両方に搭載されたマイクが不要な音を検知し、逆位相の音を発生させてノイズを低減。包み込むようなサウンドを実現しています。

周囲の音を自然に聞き取りたい場合には、「外部音取り込みモード」も便利。本体の軸部分に搭載されている感圧センサーを長押しすれば、簡単にノイズキャンセリング機能と外音取り込みモードを切り替えられます。

ソフトで柔軟なシリコン製のイヤーチップは3サイズ付属。耳の形に馴染みやすく、心地よいフィット感が得られる点も魅力です。

アップル(Apple) AirPods

Appleの「H1チップ」を搭載したiPadにおすすめのイヤホンです。iOSデバイスとの相性がよく、素早く安定した接続ができるのが特徴。ワイヤレス接続ながら、音の遅延や途切れが少ない点も魅力です。

耳に装着するだけで、自動的にオーディオを再生する機能も便利。片耳だけでも使えるので、ハンズフリー通話を頻繁に行う方にもおすすめです。本製品は、2基の「ビームフォーミングマイクロフォン」を搭載。周囲のノイズを低減し、発する声をしっかりと集音できるのがポイントです。

Qi規格の充電マットを利用すればワイヤレス充電も可能。充電中はケース前面のLEDインジケーターが点灯します。約15分充電するだけで最大3時間の再生が可能になる点もおすすめです。

ビーツ(Beats) Beats Flex

価格と性能のバランスに優れたBluetoothイヤホンです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、1回の充電で最大12時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを搭載。バッテリー残量を気にせず1日中音楽が楽しめます。

わずか10分の急速充電で約1.5時間の再生ができる「Fast Fuel」に対応しているのも魅力。うっかり充電するのを忘れても、すぐに使えます。独自の複層構造ドライバーを採用することで、お気に入りの音楽が高音質で楽しめるのも特徴です。

ビーツ(Beats) Powerbeats MWNV2PA

Apple H1チップを搭載したBluetoothイヤホン。iPad・iPhone・Apple Watch・Macなど、Appleデバイス間をシームレスに切り替えて使えるのが特徴です。

重量は約26.3gで、連続再生時間は約15時間。耳にぴったりフィットする調節可能なイヤーフックと、複数サイズから選べるイヤーチップを組み合わせることで、快適な着け心地を実現しているのもポイントです。

スカルキャンディ(Skullcandy) Indy ANC S2IYW-N740

大迫力の12mmドライバーを搭載したBluetoothイヤホン。お気に入りの音楽が臨場感あふれるサウンドで楽しめます。音の遅延を抑える左右同時伝送を採用することで、ワイヤレスながら、動画やゲームが快適に楽しめるのも大きな特徴です。

機能面では、ハイブリッド方式のノイズキャンセリングや、イヤホンを装着したまま外部の音を確認できるアンビエントモード、ユーザーに合う適切なプロファイルを作成できるパーソナルサウンドに対応。

アクティブノイズキャンセリングが有効な際の駆動時間は、イヤホン単体で約5時間、ケースありで約19時間と長く、外出先でもバッテリー残量を気にせず長時間音楽が楽しめます。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air 2 Pro AK-A3951N11

基本性能が充実したアンカーの人気モデルです。周囲の音を検知し雑音を除去する独自のウルトラノイズキャンセリングに対応。専用の「Soundcoreアプリ」を使えば、シチュエーションに応じてノイズキャンセリングの強さが選べるのも嬉しいポイントです。

さまざまな耳の大きさにフィットするよう、イヤーチップは全9種類のサイズが付属。イヤホンのフィット感が気になる方でも安心して使えます。

ケーブルレスで充電できるワイヤレス充電対応のケースや、15分間の充電で約3時間の音楽再生が可能な短時間充電など、実用性に優れた便利な機能も魅力です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP800N

便利な機能が充実したソニーの人気モデルです。躍動感のある重低音を再生する「EXTRA BASSサウンド」に対応。クラブミュージックやロックなど、ビートが重視されるジャンルの音楽を楽しみたい方におすすめです。

専用のスマートフォン向けアプリ「Headphones Connect」を使えば、イコライザー設定で自分好みの音質にカスタムできるのも魅力。フル充電時は本体のみで最大約9時間の再生が可能なので、バッテリー残量を気にせず長時間音楽が楽しめます。

カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・ブルー・オレンジの全4色から選択が可能。周囲のノイズを抑えて集音するノイズサプレッションにより、クリアな音声通話が楽しめるのも特徴です。

iPad用イヤホンのおすすめモデル|USB Type-C

ベルキン(belkin) ROCKSTAR G3H0002bt

シンプルで扱いやすいUSB Type-Cイヤホン。高耐久のフラットケーブルを採用しており、断線しにくく絡まりにくいのが魅力です。ケーブルの分岐Y字部分には便利なケーブルマネージメント機能が付いているので、片耳だけで使う際もケーブルをすっきりとまとめておけます。

防水性があると謳われているのもポイント。汗が気になる運動時などにも便利です。

ソニー(SONY) USB Type-C ステレオイヤホン STH50C

高感度9.7mmヘッドホンドライバーユニット採用したUSB Type-Cイヤホン。低音から高音までバランスのとれたクリアなサウンドが楽しめます。

重量わずか15.2gの軽量モデルながら、192kHz/24bitのハイレゾオーディオ再生に対応した、高音質D/Aコンバーターを内蔵。高音質音源を心置きなく楽しめるのも大きな特徴です。

そのほか、長時間のリスニングでも疲れにくいハイブリッドイヤーピースや、ノイズの少ない繊細な音を再生する独立グラウンドケーブルなど、基本性能も充実。全方位に広がるリアルな臨場感が楽しめる「360 Reality Audio」に認定されているのも魅力のひとつです。

ソニー(SONY) 2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット SBH90C

快適さと使い勝手を考慮したUSB Type-Cイヤホンです。柔らかなシリコン素材を採用することで、首まわりにしっくりと馴染む装着感を実現。長時間のリスニングでも疲れにくいのがポイントです。

192kHz/24bitのハイレゾオーディオ再生に対応した高音質D/Aコンバーターや、高感度の9.7mmヘッドホンドライバーユニット、メリハリある低域再生が可能なビートレスポンスコントロールを採用することで、お気に入りの音楽が高音質で楽しめるのも魅力。また、コーデックはAACにも対応しています。

USB Type-Cによる有線接続と、Bluetoothによるワイヤレス接続の2種類に対応しているのもポイント。さまざまな用途やシチュエーションで使えます。

レイザー(Razer) Hammerhead USB-C ANC RZ12-02780100-R3M1

アクティブノイズキャンセリング対応のUSB Type-Cイヤホン。ボタンひとつで外部の騒音を軽減できるため、周りがうるさい環境でも快適なリスニングが楽しめます。

2種類のドライバーを組み合わせた「ハイブリッドデュアルドライバーシステム」を搭載することで、低音域と高・中音域を分離して処理し、音のゆがみを軽減。音楽だけでなく、映画やゲームも没入感あふれるサウンドで楽しみたい方におすすめです。

イヤホン本体は硬質アルミ、ケーブルには編組被膜が施されているので、耐久性も良好。優れた遮音性能と快適なフィット感を実現する「Comply T-500 フォームイヤチップ」が付属しているのも嬉しいポイントです。

ハクライ(HACRAY) USB Type-C ステレオイヤホン HR13085

機能性とデザイン性に優れたUSB Type-Cイヤホン。ハウジング部分にヘアライン加工のアルミ素材を採用することで、高級感のあるスタイリッシュな見た目に仕上がっています。

再生周波数帯域は5~70000Hzで、CDを超える情報量を持つハイレゾ音源に対応。お気に入りの音楽を高音質で楽しみたい方にもおすすめです。イヤーチップは、サイズの異なる3種類が付属しているので、イヤホンのフィット感が気になる方でも調節して使えます。

iPad用イヤホンのおすすめモデル|3.5mmオーディオ

アップル(Apple) EarPods MNHF2FE/A

シンプルで使いやすいインナーイヤー型のイヤホン。どんな耳の形にも快適に収まるよう作られているので、カナル型のように耳穴に合ったピースを選ばなくても、耳にしっかりフィットさせて使えます。

ケーブルには、便利なトラックコントロールが付いており、音量調節や音楽の再生・停止などがボタンひとつで気軽に操作可能。内蔵のインラインマイクを使えば、クリアな音質で音声通話が楽しめます。

気軽に購入できるリーズナブルな価格も魅力なので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS550XiS

独自の「9.8mm SOLID BASS HDドライバー」を搭載したイヤホン。磁力を高める高精度設計の磁気回路により、パワフルな重低音を楽しめるのが特徴です。

ハイレゾ対応モデルなので、お気に入りの高音質音源を楽しみたい方におすすめ。相手の声が聞きやすく余計な音を拾わない内蔵マイク付きで、ビデオ会議や音声通話でも快適に使えます。

カラーバリエーションは、シャンパンゴールド・ブラック・ブルー・レッドの全4色から選択が可能。ファッション感覚で自分好みの色を選びたい方にもおすすめです。

ファイナル(final) A4000 FI-A4DPLDN

優れたデザインと音質を実現したイヤホンです。接触面積を限定する独自の形状を採用することで、圧迫感のない付け心地を実現。長時間の使用でも疲れにくく快適に使えます。

音質を左右するドライバーには、新設計の「f-CORE DU」を搭載。音の解像度が高くメリハリがあるため、POPやJAZZなどの音楽を楽しみたい方におすすめです。

タッチノイズを抑えるイヤーフックや、高い遮音性と快適な着け心地を実現するオリジナルイヤーピース、ケーブルを丸めて収納できるシリコン製キャリーケースなど、オプションも充実。特殊マット塗装が施されたスタイリッシュなデザインも魅力です。

ラディウス(radius) Ne EXTRA HP-NX30

独自の「FLW構造ドライバー」を搭載したイヤホンです。再生周波数帯域は10Hz~45kHzで、低域から高域までパワフルかつ繊細に再現できるのが特徴。リーズナブルな価格ながら、ハイレゾ音源の再生に対応しているのも魅力です。

イヤーピースの装着位置を2段階で調節できる「アジャスタブルポート」と、独自形状のディープマウントイヤーピースを組み合わせることで、ワンランク上の優れたフィット感を実現。長時間のリスニングにもおすすめのモデルです。

エックスラウンド(XROUND) AERO XRD-XA01

独自の空気力学と3Dチューニング技術を応用したカナル型イヤホンです。音楽鑑賞ではダイナミックな音場を、ゲームでは優れた定位感を発揮し、細かな音もしっかり聞き分けられます。

軽量かつ剛性のあるアルミ筐体を採用しているのも魅力です。イヤーピースは、AEROイヤーピース・ボーカル強化イヤーピースの2種類が付属しており用途に応じて付け替えが可能。

CDを超える情報量を持つハイレゾ音源に対応しているのも嬉しいポイントです。

iPad用イヤホンのおすすめモデル|Lightning

アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector

安心して使用できるAppleの純正イヤホンです。有線タイプで、AirPods ProやAir Podsに比べてリーズナブルな価格で購入できるのがメリット。購入時にかかるコストを抑えたい場合におすすめです。

耳の形状に基づいてデザインされた筐体は、オープンイヤータイプを採用。カナル型の圧迫感が苦手な方にも適しています。本製品は、音の劣化を抑えつつ出力を最大化する設計により、音質面も良好。聴き疲れしにくいサウンドが好みの方におすすめのiPad向けイヤホンです。

オウルテック(Owltech) Lightningイヤホン OWL-EPLT01

大口径の10mmドライバーを採用したLightningイヤホン。EDMやロックなどを迫力ある重低音で楽しみたい方におすすめです。リーズナブルな価格ながら、安心して使えるApple 正規ライセンス MFi認証を取得済みなのも嬉しいポイント。

イヤーピースは、S・M・Lの3サイズが付属しているので、耳のサイズに合わせて変更できます。ブラック・シルバー・シャンパンゴールド・ネイビー・ローズゴールドの選べるカラーバリエーションも魅力です。

エレコム(ELECOM) 巻取りイヤホン EHP-LFR10CM

携帯性に優れたLightningイヤホン。コンパクトな巻取りハウジングを採用しているので、持ち運びや装着時の負担を最小限に抑えられます。ケーブルの長さは、使うシチュエーションに応じて5段階の調節が可能。

バランスの取れたフラットな高音質を再生する「9.2mmダイナミックドライバー」を搭載しているので、イヤホンの音質にこだわりたい方にもおすすめです。多機能リモコンマイク付きで、音楽だけでなくハンズフリー通話も快適に楽しめます。さらに、Appleの正規ライセンスを取得しているのもポイントです。

ラディウス(radius) Ne EXTRA Ne HP-NX30L

楽曲再生アプリ「NePLAYER」に対応したLightningイヤホン。アプリで設定したイコライザーのプリセットを、ボタンひとつで呼び出せるのが特徴です。ケーブルには、Lightningコネクタの充電ポートが付いているので、バッテリー残量を気にせず長時間音楽や動画を楽しめます。

独自技術の「FLW構造ドライバー」により、全音域においてバランスの取れたサウンドを実現しているのも特徴です。なお、本製品はAppleの正規ライセンスを取得しています。

エーディーブイ(ADV.) 911 ADV911L

独自設計の8mmダイナミックドライバーを採用したLightningイヤホン。しっかりした低音からクリアで広がりのある高音までバランスよく表現できるのが特徴です。音楽はもちろん、お気に入りの動画やゲームも快適に楽しめます。

イヤーピースは、シリコンイヤーピース・オーバルタイプ・フォームタイプの3種類が付属。ケーブルには、断線に強く絡みにくいナイロンメッシュケーブルを採用しているので、イヤホンの耐久性が気になる方でも安心してできます。CNCマシンにより精密加工された、スタイリッシュなアルミニウム合金ボディも魅力のひとつです。