料理するときに欠かせないアイテム「ボウル」。食材を小分けして揃えておいたり、混ぜて調理したり、使いみちはさまざまです。ステンレスでできた実用的なモノから、テーブルにそのまま出したくなるようなおしゃれなガラス製のモノまであります。

そこで今回は、ボウルの選び方とおすすめの製品をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ボウルの選び方

素材をチェック

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレスは、ボウルに使われる定番の素材です。ニオイ移りがしにくく、汚れ落ちがよいのでお手入れしやすいのがポイント。食器洗い乾燥機の使用も可能です。

レンジやオーブンでは使用できませんが、熱伝導がよいのでチョコレートを湯煎にかけるときなどに適しています。また、冷えるスピードも速いため、生クリームを泡立てるときなど、温度を下げて使うときにもおすすめ。

使用しているうちに小さなキズは付きますが、クリームクレンザーなどで磨けばピカピカになります。ステンレス製のボウルは、長く大切に使えるアイテムです。

ガラス

By: amazon.co.jp

レンジでそのまま使用できて便利なのがガラス製のボウルです。なかには、オーブンでの使用ができるアイテムもあります。シンプルなデザインのガラス製のボウルは、レンジで調理したあとそのまま食卓に並べても、違和感がないのがポイントです。

ガラス製のボウルは重いのが難点ですが、安定感があり、ハンドミキサーなどを使うときに動きにくいという便利な点もあります。

また、酸や塩分のある食材を使っても、ニオイが移ったり、変質したりすることがないのもガラス製ボウルの特徴。お酢を使うマリネや、ドレッシングを作るときにはガラス製のボウルを選ぶのがおすすめです。

木製

By: amazon.co.jp

木製のボウルは、ナチュラルであたたかみがあるのが最大のポイント。熱伝導が悪いため、熱いモノを入れても手に持ちやすいのが魅力です。

キズが付きやすいので、ミキサーなどを使用するのには不向き。また、極度な乾燥にも弱いため、食器洗い乾燥機も避けましょう。

野菜をざっくり混ぜたサラダをそのまま食卓に出すなど、食器と同じように使えるのがおすすめ。水気が長く付いていると、もろくなったりカビてしまったりする恐れがあるため、洗ったあとは早めに水分を拭き取って乾燥させるなど、お手入れには注意してみてください。

ホーロー

By: rakuten.co.jp

ホーロー製のボウルは、金属製の下地をガラス質でコーティングしたツルツルの質感が特徴です。汚れやニオイも付きにくく、汚れ落ちがよいのがホーロー製のボウルの魅力。ひき肉をこねたり、お魚を調理したりするのに適しています。

レンジは使えませんが、オーブンや直火で使用可能できるモノも。食器と並べても違和感がないデザインのモノが多いため、調理したあとそのままテーブルに出せるのもうれしいポイントです。食器洗い乾燥機の使用も可能ですが、ガラスのコーティングは衝撃に弱いので、取扱には注意しておきましょう。

ポリカーボネート

By: amazon.co.jp

プラスチックのなかでも熱や衝撃にも強いポリカーボネート製のボウルは、軽くて安価なのがポイントです。レンジでも使え、落としても割れにくいため人気があります。

ガラスのように透明なので、中身が見えるのもポイント。ガラス製のボウルは重くて迷っている方におすすめのアイテムです。普通のプラスチックと違い酸などにも強いので、ガラス製のモノと同じように使えます。

なお、細かいキズが付きやすいので、ハンドミキサーなどの使用には不向きです。キズが増えると雑菌が繁殖しやすくなるため、早めに買い換えるなど注意が必要です。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ボウルには、ドレッシングを混ぜるような小さなモノから、生クリームを泡立てるときに使うような大きなモノまで、さまざまなサイズのモノがあります。

通常の料理に使うのなら、直径が15cmほどの中サイズのモノから、28cmほどの大きなサイズのモノまで、3種類ほど揃えておくと用途に合わせて使い分けられるのでおすすめです。

複数がセットになって、重ねて収納できるボウルも発売されています。同じシリーズで揃えると、デザインも統一されてスッキリまとめることが可能です。

熱いモノやレンジで使うなら耐熱素材を選ぼう

By: amazon.co.jp

どんな調理方法をするかによっても、選ぶボウルは異なります。熱いモノやレンジで使うなら、耐熱素材で作られたボウルを選びましょう。

ステンレスやホーロー製のアイテムは、レンジでは使用できません。また、ステンレスは熱伝導がよいため、熱いモノを入れるとボウル自体も高温になってしまいます。

熱いモノを調理したり、レンジを使ったりするときには、ガラス製のボウルやポリカーボネート製のボウルを使用するのがおすすめです。

ボウルのおすすめ

ナガオ 燕三条 深型ボウルセット

ものづくりの町・新潟県燕三条で作られたステンレス製ボウルセット。20・23・26cmの3種類のサイズのボウルが含まれています。どのボウルも汎用性が高い大きさなので、幅広い料理に使えるのが特徴です。

深型設計のため材料が飛び散りにくく、ケーキやクッキーなどお菓子作りにもおすすめ。フチ部分まで滑らかに仕上げられており、見た目も高級感があります。錆びにくく耐久性に優れた18-8ステンレスを採用しているので、長く愛用できるモノが欲しい方に人気の製品です。

貝印 深型ボール NEW COOKDAY DF5406

内側に容量のメモリが付いており、パンやケーキ作りなどに重宝するボウル。深型設計なので中身が飛び散りにくく、食材を混ぜやすいのが特徴です。ボウルの直径は21cmで、2〜3人分くらいの食材の調理に適しています。

サビにくく汚れがつきにくいステンレススチール製のため、お手入れがしやすいのも魅力。熱が伝わりやすく、バターやチョコレートの湯煎にも適しています。お菓子作りが好きな方はもちろん、さまざまな調理に使えるモノが欲しい方におすすめです。

貝印 スイーツづくりにぴったりな深型ケーキボール DL6308

生クリームを泡立てたり生地を混ぜたりするのに適したボウル。直径24cmの大きめサイズなので、調理時にも安定感があります。高さ約13cmの深型設計により、食材が飛び出しにくいのもポイントです。

ステンレススチールで作られており、耐久性が高いのも特徴。泡立て器やハンドミキサーなどの調理器具を使う機会の多い方におすすめの製品です。

柳宗理 ステンレスボール 5点セット フルサイズ

シンプルで使いやすいステンレスボウル5点セット。耐摩耗性のある18-8ステンレス製なので、泡立て器やハンドミキサーなどの使用に適しています。表面はつや消し仕上げが施され、傷が目立にくいのも特徴です。

調理時にボウルが傾きにくく、安定感も良好。直径約13・16・19・23・27cmの5種類のサイズが含まれているため、ドレッシングからパン生地作りまで多彩な用途をこなします。長く愛用できるボウルが欲しい方におすすめの製品です。

パール金属(PEARL METAL) ステンレスボール3点セット ララシャイン H-5371

直径約16・18・22cmのステンレスボウル3点セット。すべてのボウルが重ねられるので、省スペースで保管できます。大きなサイズでも190gと軽量なため、取り回しやすさも良好です。

食洗機に対応しているので、使用後のお手入れも簡単。熱伝導性も高く、チョコレートの湯煎や生クリームの泡立てにも適しています。また、比較的リーズナブルな価格設定も魅力です。コストパフォーマンスのよさを追求したい方はチェックしてみてください。

ラバーゼ(la base) 燕三条 ステンレスボウル LB-004

従来のステンレスボウルよりも厚めに作られ、安定感があるアイテム。底やフチは厚みを残し、側面は薄くすることで約200gという軽さを実現しています。直径約15.9×高さ7.2cmの小さめサイズで、少量の食材の下ごしらえにぴったりです。

フチ部分には角度がつけられ、手にフィットしやすく汚れがたまりにくいのもポイント。表面はヘアライン仕上げにより光沢をなくし、上質な雰囲気を演出しています。使いやすさを追求したステンレスボウルが欲しい方におすすめの製品です。

イワキ(iwaki) 耐熱ガラスボウル KBC325

お手入れがしやすい耐熱ガラス製ボウル。色やニオイが移りにくいため、カレー・ケチャップ・ニンニクなどを使う料理の下ごしらえに適しています。2.5Lの大容量サイズなので、たくさんの食材を一度に調理できるのも魅力です。

温度変化による変形が起きにくく、電子レンジやオーブン調理が可能。食洗機に対応しており、ほかの食器と分けて洗う手間もかかりません。幅広い用途に使えるモノが欲しい方におすすめの製品です。

イワキ(iwaki) リップボウル 3点セット

250・100・50mlの3種類のサイズが揃うボウルセット。すべてのボウルを重ねられるので、省スペースで保管できます。一番大きなボウルでも90gと軽量なため、取り扱いやすいのも魅力です。

温度変化に強い耐熱ガラス製なので、オーブンや電子レンジ調理が可能。注ぎ口が付いており、ドレッシング・ソース・溶き卵などの食材を別容器に移すときも便利です。シンプルでおしゃれなデザインのため、テーブルウェアとしても適しています。

ハリオ(HARIO) 片口ボウル3個セット KB-1318

使い勝手のよい耐熱ガラス製ボウルセット。容量は100・200・400mlの小さめサイズで、ドレッシングや少量のサラダなどを作るのにちょうどよい大きさです。余計な装飾がないシンプルなデザインなので、テーブルウェアとしても使えます。

すべてのボウルを重ねられ、コンパクトに収納できるのもポイント。耐熱ボウルのため、電子レンジ調理や熱湯消毒も可能です。一人暮らしの方や、多機能なボウルが欲しい方に適しています。

イシガキ産業 ザル ボウル 4074

耐熱ガラスボウルとパンチングザルのセット製品。ザルは錆びにくいステンレスで作られており、野菜の水を切ったりお米を洗ったりするのに重宝します。ボウルとザルはぴったりと重なるので、収納しやすいのもポイントです。

ボウルは電子レンジやオーブン調理が可能。ニオイ移りがしにくく油も染み込みにくいため、お手入れがしやすいのも特徴です。幅広い用途に使えるモノを探している方はチェックしてみてください。

Kitsure 耐熱ガラス ボウル 5個セット

大きさの異なる5種類のガラスボウルセット。少量のドレッシングやソース作りから、パン生地作りまで幅広い用途をこなせるのが特徴です。また、シンプルなデザインなので、食卓にそのまま出しても違和感なく使えます。

120℃の耐熱温度差があるため、急激な温度変化に強いのもポイント。本製品を冷蔵庫から取り出したばかりでも、電子レンジやオーブン調理ができると謳われています。色移りしにくく油汚れも落としやすいので、お手入れの手間をかけたくない方にもおすすめです。

HARIO (ハリオ) ミキシングボウル MXP-1500

高さ約11.5cmの深型設計により、食材が混ぜやすく飛び散りにくいボウル。ハンドミキサーや泡立て器などを使う調理に適しています。直径はやや小さめに設計しているため、すっきりと収納しやすいのも魅力です。

しっかりとした安定感もあるので、調理時にボウルが動きにくいのもポイント。耐熱ガラス製のため、電子レンジ・オーブン・食洗機にも対応しています。パンやお菓子作りにはもちろん、サラダボウルとしてもおすすめの製品です。

パイレックス(PYREX) ボウル 3.6L CP-8560

電子レンジだけでなく、オーブン調理も可能な強化ガラス製ボウル。下ごしらえしたモノをそのまま加熱できるため、別容器に移し替える手間がかかりません。外径26.5cmの大きめサイズなので、3〜4人分の料理作りにぴったりです。

食材の色やニオイが移りにくく、使用後のお手入れが簡単にできるのもポイント。食洗機にも対応しています。シンプルで使いやすいボウルが欲しい方におすすめです。

丸和貿易 アカシア サラダボール2型 L 100374903

あたたかみのあるデザインが魅力の木製サラダボウル。木には熱を伝えにくい性質があるため、料理の適温を保ちやすいのが特徴です。サラダやフルーツなど、冷たいモノを盛りつけるのに適しています。

サイズは直径約18×高さ8cmで、1〜2人分の料理を入れるのに適した大きさ。金属やホーロー製ボウルと異なり軽量なので、取り回しやすいのもポイントです。食卓をおしゃれな雰囲気に演出したい方はチェックしてみてください。

グッドプラス(GoodPlus+) MOKUボウル

天然木のあたたかみのある風合いを楽しめる木製ボウル。北欧家具に使われることの多いブナ材を採用し、割れにくく手触りも優しいのが特徴です。ブナ材ならではの繊細な木目で、食卓をおしゃれに演出します。

サイズは直径約24×高さ6.7cmで、サラダやパスタなどをあえるのに適した大きさ。薄くウレタン加工を施しているため水分が染み込みにくく、お手入れがしやすいのもポイントです。デザイン性と使い勝手のよさを追求したい方は検討してみてください。

野田琺瑯(NODA HORO) ボール BO-14

1934年創業の老舗メーカー「野田琺瑯」のホーロー製ボウル。栃木県栃木市の自社工場にて、職人が1つずつ手作業で製作しています。プラスチック製ボウルと比べニオイや汚れがつきにくく、汚れを落としやすいのが特徴です。

直径は14cmで、卵を溶いたり野菜をあえたりするのにちょうどよい大きさ。約170gとプラスチック製のモノと比べてやや重みがあるため、しっかりとした安定感があります。真っ白でおしゃれなデザインなので、見た目にもこだわりたい方におすすめです。

富士ホーロー(FUJIHORO) 片口ボール ビームス BM-15B

おしゃれな見た目が目を引くホーロー製ボウル。表面がツルツルしているので汚れやニオイがつきにくく、お手入れがしやすいアイテムです。熱や酸にも強いので、熱いモノを入れたり食材を保存したりするのにも適しています。

ボウルの内側にはメモリが付いており、内容量の目安をつけられるのもポイント。さらに、食材を別の容器や鍋などに移すのに便利な注ぎ口も付属しています。デザイン性と機能性の両方を追求したい方におすすめです。

リッチェル(Richell) らくチンお料理ボウル たれーぬ

深型設計と内反りのフォルムにより、食材を混ぜやすく飛び散りにくいアイテム。指をかけられる持ち手があるため、調理時にも安定感があります。注ぎ口が付いているので、溶き卵やドレッシングなどが別容器に注ぎやすいのもポイントです。

電子レンジ調理に対応しているため、時短料理にもぴったり。フタが付いているので、調理後には食材の保存容器としても使用できます。銀イオンによる抗菌加工が施され、衛生面が気になる方にもおすすめです。

エンテック(ENTEC) クックボール PB-424

透明で中身が見やすいポリカーボネート製ボウル。本体のサイズは直径24.2×高さ11.5cmと大きめですが、重さは約210gと軽量なのが特徴です。耐熱温度が140℃あるため、電子レンジや食洗機も使用できます。

耐衝撃性があるため、落としたりぶつけたりしても割れにくいのもポイント。熱湯を注いでも変形しにくいので、チョコレートやバターの湯煎にも適しています。子供と一緒に料理をする方や、気軽に使えるボウルが欲しい方におすすめです。

ヨシカワ レンジボウル 3pcs SJ1229

汎用性が高い直径17・19・21cmの3種類のボウルがセットになったアイテム。ガラスのように透明なポリメチルペンテンで作られており、食材の様子を見やすいのが特徴です。

耐熱温度は200℃と、電子レンジでの調理が可能。また、軽量なので、取り扱いやすいのも魅力です。さらに、本製品を落としたりぶつけたりしても割れにくく、小さな子供やペットのいる方にも適しています。

オクソー(OXO) ミキシングボウル フタ付き 1064541

専用のフタが付属しているプラスチック製ボウル。調理した食材を移し替える必要がなく、そのまま冷蔵庫で保存できるのが特徴です。食洗機に対応しているため、使用後のお手入れの手間をかけたくない方にも適しています。

幅約12×奥行き14×高さ7cmのコンパクト設計により、省スペースでの保管が可能。本体の底面には滑り止めが付いており、調理中にボウルが滑ったり倒れたりしにくいのもポイントです。調理だけでなく、保存容器として使えるモノが欲しい方はチェックしてみてください。

シービージャパン(CB JAPAN) 耐熱ボウル

電子レンジ調理ができるカラフルな耐熱ボウル。食材を耐熱容器に移し替える必要がないため、洗い物をなるべく増やしたくない方に適しています。見た目がおしゃれなので、調理が終わったら食卓にそのまま出せるのも魅力です。

カラーバリエーションは、オレンジ・グリーン・ピンク・レッドの4種類。約3Lの容量がありながら約195gと軽量のため、取り回しやすさも良好です。深型設計なので食べ物が混ぜやすく、サラダボウルとしても重宝します。おしゃれで使い勝手のよいボウルが欲しい方はチェックしてみてください。

ナガオ 耐熱クックボウルセット

割れにくくお手入れがしやすいポリカーボネート製ボウルセット。直径7・9・11・13cmのボウルが1つずつ含まれています。ドレッシングを混ぜたり、離乳食を作ったりするのに便利な大きさです。

ガラスのように透明なため、食材の様子を確かめながら調理できるのもポイント。耐熱温度は140℃で、電子レンジ調理や食洗機にも対応しています。また、内側にメモリが付いているので、おおよその計量も可能です。多機能なボウルを探している方はチェックしてみてください。

下村企販(SHIMOMURA) レンジで使える ミニボウル3個組 39401

少量の食材の調理に便利なミニボウルセット。ボウルの容量は240mlで、溶き卵・水溶き片栗粉・ドレッシング・ソースなどを作るのに適したサイズです。内側に50mlずつのメモリが付いているので、分量の目安もつけられます。

耐熱温度は200℃あるため、電子レンジでバターを溶かしたり少量のお湯をあたためたりするのにぴったり。注ぎ口が付いており、調理したモノを注ぎやすいのもポイントです。お弁当やお菓子などを作る機会の多い方はチェックしてみてください。