「バターケース」は、開封後のバターの保管に便利な容器。陶器・ホーロー・木・ステンレス・ガラス・プラスチックなどさまざまな素材があり、デザインや機能性にこだわったモノが豊富に展開されています。

そこで今回は、選び方のポイントとおすすめのバターケースをご紹介。バターをカットして収納できるモノや、業務用の大きなバターを収納できるモノもあるので、使いやすいモノを見つけてみてください。

バターケースを使うメリット

By: amazon.co.jp

バターケースは、開封したての大きなバターを収納できるのが特徴。フタを外すだけで、必要なときにサッとバターを取り出せます。

また、バターケースが外気や冷気の入り込みを軽減するため、バターの酸化や乾燥を抑えて保管できるのもメリット。密閉性の高いモノも多く、バターの風味を保ちやすいのも魅力です。

さらに、バターケースは持ち運びやすいため、食卓でバターを使いたい場合にも便利。おしゃれなモノなら食卓を華やかに演出できます。

バターケースの選び方

素材ごとの特徴をチェック

陶器・ホーロー

By: amazon.co.jp

陶器製やホーロー製のバターケースは、つるりとした質感が特徴。デザイン性に優れたモノが多いため、食卓をおしゃれに演出したい方にもおすすめの素材です。

また、保冷性に優れているのも魅力。冷蔵庫からバターケースを取り出した後の内部の急激な温度変化を軽減。バターがすぐに溶けてしまう心配を減らせます。

ただし、衝撃に弱いため、落としたりぶつけたりすると破損しやすい場合も。冷蔵庫からバターケースを出し入れする際は注意しましょう。

ガラス

By: amazon.co.jp

ガラス製バターケースは、反射した光がきらきらと輝く高級感のある外観が魅力。ホームパーティーなどで食卓に並べれば、華やかな雰囲気を楽しめます。

また、透明なので、パッと見てバターの残量を確認できて便利です。一方で、バターケースにバターが付着すると、汚れが目立ちやすいのが難点。ただし、ガラスは汚れがよく落ちるため、頻繁に洗えばきれいな外観を保てます。

ガラスは比較的重く、使用頻度が高い場合に使いにくさを感じてしまう場合も。扱いやすさよりもデザイン性を重視する方におすすめです。

木製

By: amazon.co.jp

木製バターケースは、ぬくもりを感じられるナチュラルな外観が特徴。使うほどに色味が変化し、味わい深い経年変化を楽しめます。

また、比較的軽いため、楽に扱えるのもポイント。持ち運びやすいので、食卓でバターを使う機会が多い方におすすめです。

さらに、木材は調湿性と断熱性があり、バターケース内部の湿度や温度を一定に保ちやすいのもメリット。乾燥や温度変化による影響を受けにくいのも魅力です。

ただし、天然素材なので、汚れや水濡れによりカビが発生しやすいのがデメリット。汚れを落としたあとは、しっかり乾燥させることが大切です。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス製バターケースは丈夫で破損しにくいため、気楽に扱えるのが大きなメリット。また、金属ながらサビに強く、長く使いたい方にぴったりです。

汚れ落ちがよいので、お手入れも簡単。汚れもニオイもすっきり落としやすいため、衛生的に使用できます。

冷蔵庫に入れたあとに、すばやく冷却できるのも特徴。バターケースの表面や内部が冷えやすいのも魅力です。

プラスチック

By: amazon.co.jp

プラスチック製バターケースは、軽量で扱いやすいのが特徴。冷蔵庫から出し入れしやすく、必要なときにサッと取り出せるのも魅力です。

透明なケースを採用したモノであれば、フタをした状態でバターの残量や状態を確認しやすいのもメリット。いざ使おうとしたらバターが足りなかったという失敗を減らせます。

ただし、色移りやニオイ移りがしやすいほか、表面に細かい傷が付きやすい場合も。清潔感を保ちたい方は、定期的に買い替えるのがおすすめです。

密閉性が高いモノなら酸化やニオイ移りを防げる

By: amazon.co.jp

密閉性の高いバターケースは、少量の空気を閉じ込めながらバターを保管できるのが特徴。触れる空気が少ないため、バターの酸化を最小限に抑えられます。また、冷蔵庫のニオイも移りにくく、バターの香りを長持ちさせることが可能です。

密閉性にこだわりたい方は、フタにパッキンやバルブが付いているモノや、フタとケースの間に隙間ができないように設計されたモノなどをチェックしてみてください。

バターに合わせたサイズ・容量を選ぶ

市販のバターなら「200g程度」がおすすめ

By: amazon.co.jp

市販バターの重量は、幅広く展開されています。なかでも、200gが主流です。バターケースを選ぶ際は、ケースの内寸がバターよりも大きいモノを選ぶのがポイント。ケースの内寸が分からない場合は、200g用と明記されたモノをチェックしてみてください。

一方で、100g以下のバターの保管なら、100g用のミニサイズでも十分。コンパクトなので、省スペースで使えて便利です。

業務用バターには「450g」のモノを

By: amazon.co.jp

家族の人数が多い場合や、料理やお菓子作りでバターの消費量が多い場合は、450gの業務用バターを収納できるバターケースがおすすめです。

450gのバター専用に設計されたモノも展開されています。ただし、200gバターよりも高さがある場合が多いため、容器の深さに注目して選びましょう。

なお、バターケースもバターもサイズが大きいため、保管時の重量が重くなりがち。手にかかる負担を軽減したい方は、プラスチックなど軽い素材で作られたバターケースをチェックしてみてください。

カッター付きやフタがまな板になると切り出しやすい

By: amazon.co.jp

バターは、冷えると硬く固まります。そのため、冷蔵庫から出してすぐの状態は、包丁で切ったり、バターナイフですくったりするのが困難。時間をおけばやわらかくなりますが、急いで使いたい場合は事前にカットするのがおすすめです。

必要なときにバターをサッと取り出したい方は、カッター付きのバターケースがおすすめ。1個あたり5~20gのスライスにバターをカットしてから収納できるため、必要な分量のバターを簡単に取り出せます。

一方で、好きな分量だけカットして使いたい方は、フタをまな板として使えるバターケースが便利です。別途まな板を用意する手間を省けるほか、容器をひっくり返すだけで簡単にバターを出し入れできます。

洗いやすいモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

バターの主成分は乳脂肪なので、使用後のバターケースはぬめりがなくなるまでしっかり洗うことが大切。しっかりと洗うことで衛生的に使用できます。

フタとケースの接触面など凹凸の多い部分や、角ばった四隅などは汚れを落としにくいので注意。シンプルでフラットな形状のモノなら、洗いやすくておすすめです。

また、食洗機で洗えるバターケースも存在。お手入れの手間を軽減したい方はチェックしてみてください。

バターケースのおすすめ

キントー(KINTO) バターケース 16251

フタとケースの間にシリコーンが付いており、フタをする際の衝撃や音を軽減できる200g用磁器製バターケース。衝撃でフチが欠けたり、気になる音がしたりしにくく、気軽に使用できます。

また、食洗機に対応しており、お手入れの手間を軽減したい方にもおすすめ。表面がつるりとした陶器製なので、手洗いでも簡単に汚れを落とせます。

シンプルですっきりとしたデザインも魅力的。食卓へ出して使いたい方にもぴったりです。

キントー(KINTO) TAKU バターケース 2773

おしゃれなデザインの磁器製バターケース。フタの素材には竹を採用しているのが特徴です。竹と磁器を組み合わせたスタイリッシュなデザインなので、食卓でバターを使う機会が多い方にもおすすめ。食卓をおしゃれに演出します。

ケースは食洗機に対応しており、お手入れ簡単。さらに、内側の四隅に丸みがあるため、隅まですっきり汚れを落としやすいのもメリットです。

白山陶器 CONTE ロング

四隅の角に丸みがあり、お手入れしやすい磁器製バターケース。磁器製ならではのつるりとした質感で、ニオイ移りや色移りがしにくく、きれいに使いたい方におすすめです。

市販バター200gがちょうど入るサイズ感。バターケースとして使用するほか、ジャムや漬物の容器としても活用できます。

さらに、ツヤのあるおしゃれな色合いも魅力。北欧テイストのキッチンやテーブルウェアとよくマッチします。

ミスターボス バターケース オニオン

付属のバターナイフも収納できる、おすすめの陶器製バターケースです。浅めの仕切り付きで、バターとナイフがくっつかない構造。また、片隅のくぼみにナイフの持ち手を置けるため、必要なときにサッと取り出せます。

フタとケースに出っ張りがあり、指を引っ掛けて持ちやすいように設計されているのもポイントです。また、レトロ感のある北欧調の花柄デザインがおしゃれ。デザイン性の高いバターケースを探している方は、チェックしてみてください。

ワールドクリエイト バターケース ハーフ 26248 BBT9301

しのぎ模様の白磁と木製フタの組み合わせがおしゃれなバターケースです。あたたかみのあるデザインが特徴。さまざまなテイストの食卓に合わせやすいのも魅力です。

また、小ぶりサイズのため、省スペースで冷蔵庫に収納できて便利。200gのバターを半分にカットして保管できます。

一人暮らしの方やバターを少しずつ取り出して使いたい方にぴったりの、コンパクトなバターケースです。

野田琺瑯(NODA HORO) バターケース 450g用 BT-450

内寸幅14.8×奥行8.6×高さ6.2cmと大きく、450gの業務用バターの保管にぴったりなホーロー製のバターケース。バターの消費量が多い方や、お菓子作りが趣味の方などにおすすめです。

冷却性の高いホーローを採用しているのが特徴。バターをしっかり冷やして保存できます。また、木製フタを採用した北欧調デザインも魅力。キッチンや食卓をおしゃれに演出できます。

なお、200g用サイズも展開しているので、バターの大きさに合わせてチェックしてみてください。

富士ホーロー(FUJIHORO) バターケース 200g用 N-200

密閉フタを採用し、バターの酸化やニオイ移りを抑えながら保管できる200g用ホーロー製バターケース。二重構造のガスケットにより、しっかり密閉できます。バターのおいしさにこだわりたい方におすすめです。

表面がつるりとしているホーロー素材なのでお手入れをしやすいのが特徴。バターを使い終わった後も清潔に保てます。

なお、200g用のほかに、450g用も展開しているので、バターのサイズに合わせて選んでみてください。

廣田硝子 バターケース 5553-OA

レトロ感のあるガラス容器と木製フタを組み合わせたデザインがおしゃれなバターケース。あたたかみのあるデザインで、北欧風やナチュラルテイストのキッチンによく馴染みます。

市販の200gバターが入るサイズ感。また、木製のフタは、バタートレイとしても使えるのが特徴です。食卓でバターを切って使いたい場合にも活躍します。

ケースが透明で、バターの残量や状態をひと目で確認できるのもポイント。フタを開けて確認する手間を省けて便利です。さらに、シンプルな形状で、お手入れも簡単。デザイン製が高く、使いやすいバターケースを探している方は、チェックしてみてください。

廣田硝子 レイシー バターケース 623

花柄があしらわれたクラシカルなデザインで、食卓を華やかに演出したい方におすすめのガラス製バターケース。高級感があり、ホームパーティーなどにもおすすめです。

フタに切り込みがあるため、バターナイフを入れたままフタを閉じられるのもメリット。食卓で使う際に、バターナイフの置き場所に困る心配を減らせます。市販の200gバターにぴったりのサイズなのも特徴。おしゃれながら便利に使えるバターケースです。

キルナー(KILNER) バターディッシュ 0025 350

高さ7.2×幅17×奥行10cmのサイズで、250gまでのバターを収納できるガラス製バターケース。市販の200gバターがゆったりと収まるため、幅広く使えます。

側面に「KILNER」のブランドロゴがあしらわれたデザインも魅力的。食卓をおしゃれに演出したい方におすすめです。

また、食洗機にも対応しており、お手入れ簡単。ガラスなのでニオイや汚れをすっきり落としやすく、清潔に使いたい方にも適しています。

アデリア(ADERIA) バターケース ガラス製 F-70604

フタの四辺に丸い粒があしらわれたかわいいデザインが魅力のガラス製バターケース。ガラス職人により丁寧に作られています。普段使いはもちろん、ホームパーティーなどで使用したい方にもおすすめです。

また、ケースの片隅に、市販のバターナイフを置ける小窓が付いているのもポイント。バターナイフと一緒に食卓へ出せるので便利です。デザイン性にこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

東屋 バターケース 200g全判 AZAW00202

山桜の無垢材をくり抜いて作られているバターケース。美しい外観が魅力です。表面は胡桃油で仕上げられており、上品なツヤ感を楽しめます。

あたたかみのあるデザインで風合いが楽しめるのが特徴。使い込めば色合いも変化します。

200gのバターが収まるサイズ感で使い勝手がよいのもポイント。シンプルでさまざまな食卓に合いやすいバターケースを探している方は、チェックしてみてください。

ヨシカワ EAトCO バターケース コンテナー AS0043

冷却性と保冷性の高いステンレス製のフタが付いており、バターをしっかり冷やして保存したい方におすすめのバターケース。また、密閉性があり、バターの酸化やニオイ移りも抑えられます。

樹脂製トレーに、切り分けに便利なラインが付いているのもポイント。一定のサイズにカットできます。使い勝手のよいバターケースを探している方にぴったりです。

三宝産業 UK ロイヤルバターディッシュ 小判型 03101120

ケースとフタに丈夫なステンレスを使用しており、長く愛用したい方におすすめのバターケースです。汚れやニオイが落としやすいため清潔に使えるのが特徴。また、冷却性と保冷性があり、バターをしっかり冷やして保存できます。

外寸幅17.5×奥行9×高さ7cmで、使いやすいサイズ感。また、シンプルでおしゃれなデザインなのも魅力です。さまざまな食卓に置きやすいバターケースを探している方は、チェックしてみてください。

スケーター(Skater) ステンレス バターカッター付ケース 業務用バター BTG2DXN-A

450gのブロックバターを20等分にカットできるカッター付きバターケース。開封後のバターをトレーに置き、常温に戻したら上からカッターを押すだけで簡単にカットできます。

1個あたり約20gなので、料理やお菓子作りでバターを使いたいときに便利。また、先端がフォーク状のバターナイフも付属しており、スライスしたバターを楽に取り出せます。

さらに、カッターとバターナイフをケースの中に収納できるのもうれしいポイント。紛失を防げるほか、必要なときにサッとナイフを使えます。

なお、450g用のほかに、200g用も展開しているので、よく使うバターに合わせてチェックしてみてください。

スケーター(Skater) ふわふわバターナイフ付きバターケース PBJ1F_332050

付属のバターナイフを収納したまま密封できるプラスチック製バターケース。必要なときにナイフをサッと使えるのが特徴です。

付属のバターナイフは片側がギザギザしており、硬めのバターでも削り取りやすくて便利。ふわふわなバターを削れるのも魅力です。また、もう一方の片側はフラットな形状で、トーストなどにバターを塗り広げられます。

トースト用のバターを便利に保管できるバターケースを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

曙産業 すぐ切れるバターカットケース ST-3008

冷蔵庫から出してすぐの冷たいバターでもカットすると謳われているカッター付きバターケース。常温に戻す手間と時間を省けるため、より手軽に使えます。また、バターの温度変化を抑えられ、鮮度を保ちやすいのもメリットです。

約5gと小さなブロックにカットできるのが特徴。トーストや料理などで少量ずつバターを使いたい場合に便利です。

11.5×11.5×9.3cmと比較的コンパクトなサイズ感。冷蔵庫に省スペースで収納できるバターケースを探している方にもおすすめです。

曙産業 プレミアムカットできちゃうバターケース ST-3007

約5gと薄めのスライスができるカッター付きの200g用バターケース。トーストやホットケーキなどに塗り広げやすい、薄いバターをカットできます。

スライスしたバターを取り出しやすいフォーク型のバターナイフが付属しているのもおすすめポイント。また、使用後のバターナイフは、お手入れした後にバターと一緒にケースの中に収納できます。

曙産業 カットできちゃうポンドバターケース ST-3009

450gの業務用ポンドバター専用に設計されており、ひと押しで簡単にカットできるカッター付きバターケース。1個あたり約10gにカットできるため、お菓子作りはもちろん、トーストでバターを使いたい場合にも活躍します。

また、密閉性の高いフタ付きで、酸化やニオイ移りも軽減。保管とカットの両方ができる便利なバターケースです。

山崎実業 バルブ付き密閉業務用バターケース タワー 5376

バルブ付きのフタを採用しており、しっかり密閉できるプラスチック製バターケースです。ワンプッシュで簡単に密閉できて便利。乾燥によるパサつきも抑えられます。

また、フタのパーツは分解して洗えるので清潔に保てるのが特徴。食洗機にも対応しているため、お手入れの手間を減らしたい方にもおすすめです。

シンプルなデザインで食卓に馴染みやすいのもポイント。業務用の大きなバターがしっかりと収まるので、バターをたくさん使用する方にぴったりです。

バターケースのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

バターケースのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。