バターを販売されている状態から取り出し、入れ替えて冷蔵庫で保存するのに便利な「バターケース」。バターが取りやすいだけでなく、密閉することで酸化を防いでおいしさをキープできるというメリットがあります。

そこで今回は、バターケースのおすすめ製品をご紹介。素材によって特徴が異なり、おしゃれなモデルも多数あります。選び方についてもあわせて解説しているので、参考にしてみてください。

バターケースを使うメリット

By: amazon.co.jp

バターは空気に触れるたびに酸化がすすみ、味や風味が落ちてきます。バターケースに入れて密閉性を高めることで、バター本来の風味を保てるのがメリット。また、箱などに包装されている状態から入れ替えることで、使用するときに取り出しやすくなり、毎日トーストにバターを塗って食べる方にとっては便利なアイテムです。

おしゃれなデザインを選ぶと、食卓を少し贅沢で華やかな雰囲気に演出できます。バターを切り分ける機能が付いているモノもあり、料理やお菓子作りで使う際に計量のストレスが軽減されるのでおすすめです。

バターケースの選び方

素材をチェック

木製

By: rakuten.co.jp

木製のモノは温度変化の影響を受けにくいのが特徴です。冷蔵庫に入れてもバターが硬くなり過ぎず、常温に出しても溶けにくいため、バターの品質を保ってくれます。

ただし、木は水分や湿気を吸いやすい性質があるため、カビの発生には注意が必要です。天然素材に由来するあたたかみのあるデザインは、カフェ風の小物を好む方に人気があります。

プラスチック

By: rakuten.co.jp

プラスチックは軽いため、出し入れや洗うときにストレスなく扱える素材です。デザイン性ではほかの素材に劣りますが、比較的安価に手に入り、丈夫で壊れにくいのでコスパに優れています。クリアなカラーのモノは、残量が把握しやすいのがポイントです。

陶器

By: rakuten.co.jp

陶器はニオイ移りしにくい素材のため、冷蔵庫内のほかの食材のニオイが付かず、バターの風味を維持するのに役立ちます。洗うのも乾かすのも簡単で、清潔に保てるのがメリット。独特のなめらかなツヤに、色柄のデザインが映えます。ただし、重くて衝撃に弱いため取り扱いには注意が必要です。

ガラス

By: amazon.co.jp

ガラス製はニオイ移りが少ないことに加え、ラグジュアリーな高級感が魅力です。食事中に使う機会が多い方は、テーブルに置くだけで華やかな雰囲気が演出できるのでおすすめ。重くて割れやすいので取り扱いに注意しましょう。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

バターケースのサイズは、日頃よく使うバターのサイズに合わせて選びましょう。大きく分けて100・200・450gのサイズに合わせた製品があります。200gが一般的に市販されているバターのサイズ、100gはそれを半分にして容器に入れる形です。

450gは業務用や製菓用などとして販売されている大容量タイプにあたります。家族構成や使用頻度、冷蔵庫内の収納スペースなどを考慮して最適なサイズを選んでください。

密閉性の高いものを選ぼう

By: amazon.co.jp

バターは空気に触れた部分から酸化が始まり、色や風味が変化していきます。バターの風味を長期間キープするためには、フタの口にパッキンが使用されているモノや、ロック式になっているモノなど、密閉性を高める工夫がされている製品がおすすめです。

バターナイフを差し込む穴が開いている製品は便利ですが、すき間から空気が入ることを想定しておきましょう。

バターケースのおすすめアイテム

東屋 バターケース 200g全判

東屋 バターケース 200g全判

市販の200gのバターがそのまま入る、おしゃれな木製のバターケースです。東屋は、使い勝手のよい生活雑貨で知られるメーカー。材料や製法にこだわったアイテムは高価ですが、機能性やデザイン性に魅せられるファンが多くいます。

本製品は無垢の山桜の木を、ひとつひとつ丁寧にくり抜いて作られたモノです。冷蔵庫に入れてもバターが硬くなり過ぎず、常温に出しても溶けにくいため、バターが取り扱いやすいのがメリット。

表面は胡桃油で仕上げられていて、自然な風合いがどんな食卓にも馴染みます。使ううちに、ツヤを増す経年変化も楽しみのひとつ。フタの裏側をカッティングボードとして使えるので便利です。

ダスホルツ(Das Holz) バターケース ブラックチェリー

ダスホルツ(Das Holz) バターケース ブラックチェリー

ダスホルツは、アメリカを産地とする広葉樹の一枚板を福岡県大川市で加工した国産品です。無垢材をくりぬいて作っているためつなぎ目がなく、美しい木目が楽しめます。本製品は北米では「エンペラーカラー」と評されるブラックチェリーを使用しており、使い込むほどに増す深い味わいが魅力です。

ブラックチェリーのほか、ブラックウォルナット、ハードメープルのラインナップがあります。200gのバターが入るサイズで、上下どちらにバターを入れても使用できるデザインです。軽くて冷蔵庫から出し入れしすく、朝食のテーブルに添えるだけで、気分よく一日をスタートさせることができます。

高橋工芸 Kakudo バターケース ハーフ チェリー

高橋工芸 Kakudo バターケース ハーフ チェリー

北海道の木製テーブルウェアメーカーである、高橋工芸の木製バターケースです。200gの半分のサイズのバターが入れられます。本製品は角度にこだわった機能性を追求するKakudoシリーズのひとつ。四隅は丸みを帯びており、すべての辺はなめらかに角が落とされています。

角が丸いことで隅に残ったバターが取りやすく、持ったときの手触りがやさしく仕上がっているのがポイント。さらに、フタの合わせ目に45°の角度が付けられているのが特徴で、密閉性を高める役割があります。

学校給食用にも採用されている食器用ポリウレタンで仕上げ塗装されているため、安心して使用できるのもうれしいポイント。ハーフサイズで冷蔵庫で置き場所を取らず、バターの使用量が少ない方におすすめです。

曙産業 バターカッティングケース ST-3006

曙産業 バターカッティングケース ST-3006

ワイヤープレートの上にバターを置いてフタで押し込むだけで、小分けにカットできる便利なバターケースです。2種類のワイヤープレートが付いていて、450g用は10gに200g用は5gの大きさにカットできます。

大容量サイズは、お菓子作りやホームベーカリー、料理などで頻繁にバターを使用する方におすすめ。カットしておくと計量する手間が省けスムーズに作業が進められるうえ、ナイフなどの洗い物も減らせます。プラスチック製で軽く、お手入れも簡単です。

スケーター 定量カッティングガイド付バターケース BTG1

スケーター 定量カッティングガイド付バターケース BTG1

側面のカッティングガイド通りに包丁を入れるだけで、バターを5・10・15gの分量にカットできます。ケース内に収納できるバターナイフが付属しているため、バターを切り分けておくと、あとはナイフで取り出すだけ。

容器の内側はくっつき防止加工がされており、ナイフが先割れタイプなので、ストレスなくカットしたバターを取り出せます。手軽で洗い物を出すこともなく、調理の時短につながる便利アイテム。リーズナブルで使い勝手のよい製品なので、デザイン性にはこだわらず機能性重視の方におすすめです。

スケーター ふわふわバターナイフ付き密封バターケース PBJ1F

スケーター ふわふわバターナイフ付き密封バターケース PBJ1F

硬いバターをふわふわに削り取れるバターナイフと、密封性の高いバターケースのセットです。バターナイフの凹凸が付いた部分でバターを削り取り取ると、トーストに載せたときにすばやく伸びのよいバターが作れます。ナイフはケース内に収納できるので便利です。

バターケースのフタにはパッキンが付いているため密閉性が高く、乾燥から守ってくれるのでバターの風味を損なわずに保存できます。225gのバターをそのまま入れるのにぴったりのサイズ。バタートーストを毎朝食べる方にとっては、ストレスなく風味のよいバターが味わえる便利なアイテムなのでおすすめです。

貝印 Kai House Select バター5gカット保存ケース FP5150

貝印 Kai House Select バター5gカット保存ケース FP5150

市販の200gのバターを約5gずつにカットできるワイヤープレート付きのバターケースです。ワイヤープレートの上にバターを置き、フタで押し込むとブロック状に小分けされたバターが完成します。約5gのサイズは調理やトーストに塗るのにぴったりの容量。

調理器具や刃物類を専門に扱う貝印の製品で、品質にも間違いがありません。バターを入れる部分が透明で中身が見えやすく、残量がひと目で確認できるのもポイントです。丈夫で軽いプラスチック性は、面倒な手入れが不要で長く使えます。

白山陶器 ブルーム バターケース

白山陶器 ブルーム バターケース

白山陶器は長崎県で波佐見焼を製造するメーカーです。ブルームシリーズは、400年の歴史を持つ波佐見焼を、現代的にデザインした植物モチーフで彩ることで、北欧風の雰囲気が醸し出されています。白地に描かれた深く鮮やかな瑠璃色が爽やかで、朝の食卓にぴったりです。

200gのバターをそのまま入れることができ、陶器製はニオイ移りに強いのがポイント。約640gと容器自体が重く、バターを移し入れると出し入れに少々負担がかかりますが、重厚感のある見た目が魅力のひとつでもあります。高級感があり飽きがこないデザインなので、プレゼントにもおすすめです。

キントー(KINTO) TAKU バターケース

キントー(KINTO) TAKU バターケース

シックに食卓を演出するTAKUシリーズのバターケースです。磁器製の本体と竹製のフタという異素材の組み合わせがスタイリッシュ。手入れがしやすい陶器のメリットと木製の温度変化を受けにくい性質を兼ね備えた製品です。

本体内側の四隅が角ばった形状ではないので、バターが溜まりにくく洗いやすくなっています。フタはカッティングボードとして使用可能。ブラックとホワイトの2色展開で好みに合わせて選べます。磁器部分は食洗機を使用できるので便利です。

パサバチェ バターケース H-3584

パサバチェ バターケース H-3584

トルコの老舗ガラスメーカーであるパサバチェのバターケースです。パサバチェはキッチン用のガラス製品を主に扱っていて、欧米やヨーロッパで長年愛用されています。ガラス製はニオイ移りが少なく、高級感があるのが魅力。

ストライプのデザインが光を反射して輝く様子は繊細な雰囲気ですが、ガラスには厚みがあり丈夫な作りなので安心です。リーズナブルな価格で、日常に特別感をプラスできるコスパの高いアイテムです。エレガントな雰囲気を好む方におすすめです。

キルナー(KILNER) バターケース

キルナー(KILNER ) バターケース

キルナーはイギリスのハウスウェアブランドで、キルナージャーと呼ばれる密封保存容器が有名です。シンプルでレトロな雰囲気を持つデザインが魅力。側面に施されたロゴと上面の「BUTTER」の文字がおしゃれです。

フタに高さがあるタイプで底面が薄いため、フタを開けてそのまま台の上でバターを切ることができます。ラグジュアリーなムードを持つモノが多いガラス製のバターケースのなかでは珍しく、カジュアルさを持ち合わせているのがポイント。繊細過ぎないデザインのアイテムとしておすすめです。

廣田硝子 レイシーバターケース

廣田硝子 レイシーバターケース

廣田硝子は1899年に東京で創業された老舗のガラス専門店です。本製品は、クラシカルな植物模様がおしゃれなガラス製のバターケース。レイシーシリーズは、同メーカーの製品のなかでもひときわエレガントで美しいアイテムです。

繊細なデザインがガラスの質感とあいまって、高級感のある見た目に仕上がっているのが魅力。モダンなパーティーの席やレトロな日常の風景のどちらにもしっくり馴染みます。フタには切込みが入っていて、バターナイフを入れたままにできるので便利です。200gのバターをそのまま入れられます。

野田琺瑯(NODA HORO) バターケース 200g用 BT-200

野田琺瑯(NODA HORO) バターケース 200g用 BT-200

ニオイ移りしにくいホーロー製のバターケースです。冷蔵庫内の食材のニオイが移りにくいので、バターの風味が損なわれません。フタの素材にはサクラの天然木が使用されていて、デザイン性も抜群。フタを裏返してカッティングボードとして使用でき、そのまま食卓にサーブしてもおしゃれです。

ホーロー部分は、洗いやすく手入れがしやすいのもポイント。美しい白色の凛とした佇まいは、和風・洋風どんなインテリアにもマッチします。プラスチック製などと比べて容器自体が重く、表面がガラス質で衝撃や落下に弱いため、取り扱いには注意が必要です。

富士ホーロー(FUJIHORO) バターケース 200g用 N-450

富士ホーロー(FUJIHORO) バターケース 200g用 N-450

200gのホーロー製バターケースです。フタのフチにセットされた2重構造のシリコーンガスケットが、ホーローのなめらかな表面にぴったり密着して、バターの乾燥を防ぎ新鮮さを保ちます。

ホーローはニオイが付きにくい特性があるため、冷蔵庫内の臭いを吸着しないのがメリットです。また周りの温度を伝えやすいため、冷蔵庫から出すと短時間で常温に戻すことができ、トーストに塗る際やお菓子作りのときに役立ちます。

真っ白でシンプルなデザインは保存しても美しく収納でき、テーブルに出してもおしゃれに決まるアイテム。密閉性の高い製品を探している方におすすめです。

ヨシカワ バターケースコンテナ AS0043

ヨシカワ バターケースコンテナ AS0043

楽しく料理を作って食べる「EAT+COOKING」をテーマに生まれたイイトコシリーズのバターケースです。フタはステンレス製で、保冷性がありニオイが付きにくいのが特徴。取っ手部分にロック機能があり、カチッとはめ込むことで密閉性を高めています。

プラスチック製のトレーには凸クサビが施されているのでバターが固定され、すくうときに滑りにくいのがポイントです。底面に付いた目盛は、小分けするためにナイフで切るときのガイドラインになります。シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力。新潟県燕市のステンレスでつくられた、丈夫で長く使えるアイテムです。