モバイルディスプレイとは、パソコンやスマホに接続するだけで、いつでもどこでもデュアルディスプレイ環境を構築できるコンパクトなディスプレイです。

近年では、スマホと同じような感覚で使えるタッチパネルを搭載したモデルもラインナップされています。そこで今回は、モバイルディスプレイのおすすめ製品をご紹介。あわせて押さえておきたい基礎知識も紹介するので、モバイルディスプレイの購入を予定している方は参考にしてみてください。

モバイルディスプレイとは?

By: asus.com

モバイルディスプレイとは、パソコンやスマホと接続するだけで、デュアルディスプレイ環境を作り出せる機器です。AC電源だけではなくUSBからでも給電できたり、映像の出力までUSB経由で行えたりと、通常のディスプレイにはない機能が追加されています。

近年では、サイズは7インチ程度のものから15インチを超えるものまで、さまざまなモデルが販売されており、持ち運びやすさを重視するなら、小型モデルがおすすめ。また、動画を楽しんだりゲームをプレイしたりするなら、大画面モデルを購入するのがおすすめです。

モバイルディスプレイとタブレットの違い

モバイルディスプレイとよく似た製品に「タブレット」があります。形状は似ていますが、まったく異なる機器なので注意しましょう。

モバイルディスプレイは、単体で使えるものではなく、PCやタブレットと接続することを想定して作られた機器です。ディスプレイを増やしたりひと回り大きな画面に映像を映し出したりするために使用します。モバイルディスプレイは、メインで使用するデバイスを補助するための製品だと考えてください。

一方、タブレットは単体でアプリなどの操作が可能なため、使い方や機能はスマホと似ています。ただし、スマホより画面が大きく、処理速度も早い製品もラインナップされています。

モバイルディスプレイの選び方

サイズと解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイを購入する前に、サイズと解像度を確認しておきましょう。用途によって必要な性能は異なります。

モバイルディスプレイは、7~15インチ程度のサイズのモノが主流。Apple社のスマホ「iPhone X」が5.8インチ程度なので、7インチは一般的なスマホより一回り大きいディスプレイといえます。ノートPCなどのディスプレイを増やす目的であれば、表示する内容にもよりますが、7インチモデルでも対応可能です。

ただし、ゲームをプレイしたりビジネスのプレゼンで使用したりするなら、より大画面のモデルを購入するのがおすすめ。また、頻繁に持ち運びするなら、あえてワンサイズ小さいモデルを購入する手もあります。

さらに、画面サイズだけではなく、解像度も重要です。解像度が高いほど、より高精細な画像・映像を映し出すことができます。具体的にはフルHD

接続端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイは、USB接続・HDMI接続・VGA接続のいずれかを採用しているモノがほとんどです。USBタイプの場合はマウスを操作した際などに動作の遅延が発生する場合もあるので、HDMIタイプかVGAタイプをおすすめします。

また、USB3.0ポートでないと動作しない場合や、電源の供給のためにUSBポートを2つ以上使用する場合もあるので、購入の際は自分のパソコンの外部出力端子やUSBポートの数を確認しておきましょう。

重量で選ぶ

By: gechic.com

モバイルディスプレイを持ち運んで使用する場合、重量を確認することも大切です。本体の重量が軽ければカバンに入れて持ち運ぶ際もストレスになりません。

重量に関しては、軽ければ軽いほど便利です。また、持ち運ぶならケースや保護カバーが付属しているモデルや薄さを意識して購入することをおすすめします。

タッチパネル機能で選ぶ


   

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイをスマホやタッチ操作ができるデバイスに接続する場合は、タッチパネル機能がついているかどうかを確認するのがおすすめです。

スマホで使う場合、タッチ操作ができれば大きな画面で普段通りの操作が可能になり、特にゲームをやる際の満足感が上がります。また、映像を見るだけならまだしも、仕事や何らかの作業を伴うなら画面上でタッチ出来ると直感的に作業ができるので便利です。

タッチパネル機能付きのモデルの中には、10本の指まで使え、回転や拡大縮小、ズームなどができる10点タッチの静電容量方式を採用したモノもラインナップされています。

モバイルディスプレイのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: asus.com

エイスースは台湾に拠点を置くメーカーです。パソコンやスマートフォン、タブレット端末のほか、電子機器を総合的に取り扱うことで知られています。

販売する機器の中でも特にメジャーなのはゲーミング関連のモニターで、横幅が広く湾曲したモデルやゲーム画面のラグをほとんど感じさせないモデル、高いリフレッシュレートによるヌルヌルな動きを実現したモデルを製造することで有名です。

モニター関連の開発には強く、モバイルディスプレイに関しては価格を抑えながら高い品質のモノをラインナップしています。

ゲシック(GeChic)

By: gechic.com

ゲシックは、2011年に生まれた台湾のメーカーです。モバイルディスプレイの開発に力を注ぎ、薄型や軽量化、省電力といった外出時にネックとなる部分を改良した設計をしています。

販売するモノのサイズは11から15インチなどのやや小型サイズが中心で、メイドイン台湾による製作の国内完結にこだわりを持つのが特徴。なかでもタッチパネル機能がついたモバイルディスプレイがよく売れており、高品質な点が人気の秘密です。

モバイルディスプレイのおすすめモデル

エイスース(ASUS) ZenScreen MB16AC

エイスース(ASUS) ZenScreen MB16AC

エイスースが販売する15.6インチのフルHDモバイルディスプレイ。本体内部の無駄を削ぎ落とすことにより、約780gの重量と8mmの幅を実現しており、同サイズの中で最も軽いモデルのひとつと言われています。

電源供給はUSBケーブル1本で済むほか、Windowsの端末と合わせれば縦横に回転するため、作業内容の幅が広がるのも魅力。目の疲労を抑えるブルーライトカット機能もあり、長時間の使用でも安心です。

スタンド機能付きの折りたたみ式ケースが付属するので、持ち運びはもちろん立てるのも簡単。また、右下に空いた穴にペンを挿すことでケースを使わずに立てることを可能にします。

エイスース(ASUS) ZenScreen GO MB16AP

エイスース(ASUS) ZenScreen GO MB16AP

同社の「ZenScreen」にバッテリーを搭載したタイプのモバイルディスプレイです。フル充電から最大4時間バッテリーが持続しつつ、約850gの軽量を実現しているのが魅力。

バッテリーは高速チャージ機能「QC3.0」に対応しているため従来よりも2倍の速度で充電でき、ノートパソコンやモバイル端末の映像出力に対応します。

そのほか、ブルーライトカットや向きに合わせた回転、ケースが付属する点はZenScreenと同じなので、価格が少し高くても屋外で快適に使いたいという方におすすめです。

エイスース(ASUS) MB169B+

エイスース(ASUS) MB169B+

グラフィック処理を軽減する技術を組み込むことにより、接続する端末側の性能に依存しないで映像出力できる15.6インチモバイルディスプレイです。

縦横の画面回転で映像に合わせた最適な向きを選べるほか、周囲の暗さによって明るさが自動調整され、いつでも見やすく使えるのが魅力。

専用のスリーブケースが付属し、ケーブルと本体を優しく保護するので持ち運びも良好です。ノートパソコンとのデュアルディスプレイ環境をエイスースのモノで安く構築したいという方におすすめします。

ゲシック(GeChic) On-Lap 1503H

ゲシック(GeChic) On-Lap 1503H

ゲシックがリリースしているタッチパネル非対応のハイエンドモバイルディスプレイです。フルHDの美しい画面は明るさや色彩を個別に調整できるほか、5種類のプリセットからゲームや映画など好みに合わせた映像に調整できます。

モニター接続は簡単にでき、背面に別売りの専用拡張ドッグを取り付けることで独自のカスタマイズができるのが魅力。スティック型PCを接続すれば、モニターを本当のパソコンのようにして使うことも可能です。

折りたたみスタンドも使いやすく、マウント用パーツによる固定方法も豊富なので、拡張性に優れたモバイルディスプレイが欲しいという方におすすめします。

ゲシック(GeChic) On-Lap 1503I

ゲシック(GeChic) On-Lap 1503I

高精度のタッチパネルを搭載した、ゲシックの最上位モバイルディスプレイです。Windows10のタッチ、ジェスチャー機能に対応しているため、まるでタブレットのように使えるのが魅力。

静電式タッチペンを使ったお絵描きや、タッチ操作が必要なゲームなどもでき、仕事はもちろん遊び用としても使えます。

パソコンから給電できますが、磁石によるモバイルバッテリーの吸着も可能な仕様のため、外部のバッテリーに給電を任せて安定した電源で使いたいという方にもおすすめです。

ゲシック(GeChic)On-Lap 1102I

なるべく小型サイズのタッチパネルを搭載したモデルを探している方におすすめの11.6インチモバイルディスプレイです。

A4サイズのコピー用紙よりもコンパクトかつ約670gで軽いため、屋外でデジタルカメラ用モニターとして使ったり、会議のプレゼンに使ったりするのに適しています。

誤って電源のオンオフをしないためのロックやタイマー機能など、細かい部分に配慮している点も魅力。キーホール付きで、人が多い場所で使う際に盗まれない対策をすることも可能です。

ココパー(cocopar) 2Kモバイルモニター HDR 13.3 inch 2K

ココパー(cocopar) 2Kモバイルモニター HDR 13.3 inch 2K

小型は物足りないけど15インチほどでは少し大きすぎると感じる方に最適な2K対応モバイルディスプレイです。13.3インチと程よい大きさで、500g程度の重さしかないため持ち運びの負担も少ないのが魅力。

家庭用電源を使った安定運用はもちろん、モバイルバッテリーやパソコン、ゲーム機からの給電もできるため、いつでもどこでも使えます。機能が充実している割には価格が安く、コスパのよさで決めたい方におすすめです。

ココパー(cocopar) 4Kモバイルモニター HDR JSJ-1564K

ココパー(cocopar) 4Kモバイルモニター HDR JSJ-1564K

4Kの高い解像度に対応しつつ、鮮やかな映像出力が可能な15.6インチのモバイルディスプレイです。スタンド機能がついたカバーがついても1kg程度の重さしかなく、持ち運びのしやすさは抜群。

ココパーのモデルは同解像度のモバイルディスプレイのなかで高い信頼性を誇ります。決して安いとは言えないものの、4K解像度にこだわりを持ち、安定を取りたいという方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) LCD-MF161XP

アイ・オー・データ(I-O DATA) LCD-MF161XP

15.6インチの大きさを確保しつつ、約900gで持ち運びがしやすいモバイルディスプレイです。HDMI接続はもちろん、スマホの充電にも使用されるUSB-Cケーブルを使用することで、給電と映像出力をまとめて行えるのが魅力。

独自の技術を使い、低解像度でもキレイに映し出せる能力のほか、映像を鮮やかにするHDRと似た「エンハンストカラー」機能が搭載、長時間の使用でも目の疲れを抑える「ブルーリダクション」など、欲しかった機能がたくさんあります。

3段階に角度調整できるスタンドにもなるケースもついているため、どこでもサブモニターとして活用可能。3年保証もあるので、安心して長期間にわたり使いたい方におすすめです。

UPERFECT 10.1インチ USB モバイルモニター SP-01

UPERFECT 10.1インチ USB モバイルモニター SP-01

鉛筆程度の幅しかなく、10.1インチの程よいサイズを持った薄型軽量モバイルディスプレイです。2Kの高画質に対応し、ゲームはもちろんパソコンのモニターとして使用できます。

HDMIケーブルを使えば簡単にゲームなどと接続できるほか、モバイルバッテリーを使ったUSB給電も可能なので外出先でも安心して利用可能。必要な機能を持ちつつも安い価格を実現しているため、コスパ重視の方におすすめです。

Diginnos DG-NP09D

Diginnos DG-NP09D

パソコン本体や関連商製品を取り扱うメーカー、ドスパラが手がける8.9インチフルHDモバイルディスプレイです。マットな黒の質感で高級感を持ち、指紋がつきにくいのが嬉しい点。

また、8000mAhの大容量バッテリーを内蔵しているため4-5時間の安定した駆動が可能で、スピーカー付きで外出先でも不安なく使えます。海外メーカーが多い中でドスパラは日本企業なので、国産のモノが欲しいというこだわりを持つ方におすすめです。

Eleduino 089A

Eleduino 089A

8.9インチのIPS液晶を使ったコンパクトなモバイルディスプレイです。HDMIケーブルを使ってパソコンに接続できるほか、変換コード通せばスマートフォンでも使えます。

最大の特徴はVESA規格に対応する、壁掛けやモニターアームとの接続が可能な75×75mmの4つ穴を背面につけていること。モバイルディスプレイとしては珍しい仕様で、しっかりと固定して使うことも可能です。

外出中の利用はもちろん、自宅でモニターアームを使って上下左右に動かせるサブモニターを導入したいという方におすすめします。

ラッキースター ファンフォロー XSP-01

高級感があるアルミ素材のフレームを使った約10インチのモバイルディスプレイです。小型ながら2K HDRの映像を出力する力強さを持ち、HDMI接続で手軽に高画質なゲームや映画を楽しめます。

Nintendo Switchの場合、モニター出力はもちろん、USB接続口から給電できるためコード類の整理がしやすくなるほか、PS4やXboxなどとも繋げられるのが魅力です。スタンドも付属でついてきて、高性能にも関わらず安いことから、コスパを求めている方におすすめします。

ユーラック DS-01

ユーラック DS-01

本体の重さが約250g、幅が9mmしかない軽量薄型モバイルディスプレイです。モニターサイズは7インチで、大きめのスマートフォン程度なので、カバンはもちろんポケットに入れて手軽に持ち歩くことも可能。

付属のHDMIケーブルを繋ぐことでゲーム機やノートパソコンのモニターとして使用できるほか、AC電源またはモバイルバッテリーで供給し、外出先はもちろん自宅で安定した使い方までこなします。

フルHDではないものの、持ち運びのしやすさと価格が安いことからサブモニターや監視カメラ用などにおすすめです。

センチュリー plus one Touch LCD-8000HT LCD-8000HT_FP

センチュリー plus one Touch LCD-8000HT LCD-8000HT_FP

8インチと小さめながら、高感度のタッチパネルを実装したモバイルディスプレイです。HDMI接続ができるため、パソコンはもちろんゲーム機と合わせて使うこともできます。

駆動方法はパソコンなどから直接または家庭用電源を選択可能で、スタンドもあるため立てかけも簡単。解像度は1024×768ピクセルで低く見えるものの、サイズを考えたら十分鮮明な映像です。コンパクトで持ち運びやすい携帯性の高さと、タッチパネルによるジェスチャー操作を両立したモノが欲しい方におすすめします。