手軽に持ち運んでデュアルモニター環境などを実現できる「モバイルディスプレイ」。コンパクトな液晶モニターのことで、ノートパソコンの画面を映し出したり、動画やゲームを楽しんだりできる便利なアイテムです。しかし、種類が多いため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのモバイルディスプレイをご紹介。選び方についても解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

モバイルディスプレイのメリット

モバイルディスプレイを使う最大のメリットは、どこにでも持ち運べる点。ノートパソコンの画面を拡張してデュアルモニター環境を手軽に構築できます。外出先でも2つの画面で効率的な作業が可能です。

「Nintendo Switch」や「PS4」などの家庭用ゲーム機を接続すれば、手軽にゲームを楽しむことも可能。一般的な据え置きのディスプレイと異なり、スペースを取らないのも魅力です。

最近ではラインナップも増えてきており、比較的リーズナブルに購入できる高コスパモデルから、4Kの高画質に対応したモデルまで幅広く存在。自分に必要な機能などを考慮して選んでみてください。

モバイルディスプレイの選び方

画面サイズをチェック

By: amazon.co.jp

一口にモバイルディスプレイといっても、画面サイズはさまざま。小型モデルから大型モデルまでラインナップされています。快適に使うためにも、自分の用途に合った画面サイズのモノを選ぶ必要があります。

カフェやオフィスなどへ持ち運んで使用する機会が多い方は、15インチ以下の小型モデルがおすすめ。タブレット感覚で持ち運ぶことができ、バッグに入れてもかさばりにくいのが魅力です。

ゲームを楽しんだり、迫力ある映像を視聴したりしたい方は、15インチ以上の大型モデルがぴったり。持ち運びにくくはなりますが、画面の視認性が向上します。文字も見やすいため、作業効率を上げることも可能です。

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイを選ぶ際は、解像度も要チェック。一般的にディスプレイは、点灯する小さなドットが集まって映像を構成しています。解像度とは、ドットの密度のことで、密度が高いほど鮮明な映像を映し出すことが可能です。

安価なモデルでは、HD(1280×720)の解像度が多く採用されています。文字の見やすさや映像のきれいさを求めている方は、最低でもフルHD(1920×1080)の解像度を採用したモデルがおすすめです。

より鮮明な映像を楽しみたい方は4K(3840×2160)の解像度に対応したモデルもチェック。しかし、解像度が高いモノほど価格も高い傾向にあるため、予算を考慮したうえで選んでみてください。

接続方法をチェック

HDMI

By: asus.com

モバイルディスプレイを購入する際は、接続方法にも注目。対応している接続方法に応じて接続できる機器が異なるので、自分の接続したい機器に対応した端子を備えているかを事前に確認しておきましょう。

汎用性を求めている方は、HDMI端子に対応したモデルがおすすめ。HDMIは映像・音声信号を伝送する接続方法で、「PS4」や「Nintendo Switch」などの家庭用ゲーム機や、ノートパソコンなどさまざまな機器が対応しています。

また、モバイルディスプレイのほとんどがHDMI端子に対応しているため、選択肢が多いのも魅力。しかし、一口にHDMIといっても「ミニHDMIコネクタ」「マイクロHDMIコネクタ」など端子の形状に違いがあるので、購入する際は注意が必要です。

USB Type-C

By: princeton.co.jp

MacBook ProなどUSB Type-Cを採用した機器を接続する場合は、モバイルディスプレイもUSB Type-C端子に対応しているかをチェック。USB Type-Cは、映像・音声に加えてUSB信号を伝送できる接続方法です。コネクタの上下が対称のデザインで、差し込む方向を間違える心配がないのが魅力。また、優れた転送速度も実現しています。

対応機器であれば、ケーブル1本で映像・音声の出力に加えて給電も可能。特に外出先で使うシーンにおいて、持ち運ぶケーブルが少なくすむのでおすすめです。

VGA

VGAは、比較的古いパソコンで採用されているアナログ式の接続方法で、「D-Sub」とも呼ばれています。映像信号のみを出力でき、音声を出力するためには別途ケーブルが必要。解像度はフルHDまで対応しており、4Kには対応していません。

ちなみに、VGAはパソコンからモニターへ映像を出力する際に、映像が劣化してしまうことも。しかし、HDMI・USB Type-C非対応の機器を接続する必要がある方以外は、そこまで気にする必要はありません。

液晶パネルの種類をチェック

グレア液晶(光沢)

By: princeton.co.jp

画面の見やすさなどを気にする方は、液晶パネルの種類も要チェック。液晶パネルの種類には、大きく分けて「グレア(光沢)」と「ノングレア(非光沢)」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

グレア(光沢)は、ツヤのある液晶パネルで、高コントラストを実現しているのがメリット。きれいな映像を楽しめるため、画質にこだわりたい方におすすめです。

一方、外光や照明などが映り込みやすく、明るい場所での使用にやや不向き。ホコリや指紋などが目立ちやすい点も留意しておきましょう。

ノングレア液晶(非光沢)

By: amazon.co.jp

ノングレア(非光沢)は、グレアと対照的にツヤのない液晶パネルで、外光や照明が映り込みにくいのが特徴。映り込みによる余分な視覚情報が少ない分、目への負担が少なく長時間の作業にも適しています。また、表面がサラサラしているため、指紋やホコリが目立ちにくいのもメリットです。

一方、発色が控えめなため、コントラストが低めで写真や映像がぼやけて見えてしまうことも。特に、仕事で画像や映像などを扱っている方は、製作物の見え方が変わってしまう場合があるので注意しましょう。

タッチパネルに対応しているか

By: amazon.co.jp

操作性を重視したい方は、タッチパネルに対応したモデルがおすすめ。タッチパネルに対応したモバイルディスプレイを選べば、スマホやタブレットのように直感的な操作が可能です。スクロールや拡大・縮小・回転などの操作を指先で行えます。

両手で快適に操作したい方は、Windows8・8.1・10で標準サポートされている「10点マルチタッチ操作」に対応しているかもチェック。文字やイラストを書いたり、ゲームをしたりできるのもポイントです。

バッテリー内蔵型か給電型か

By: asus.com

モバイルディスプレイを購入する際は、バッテリーを内蔵しているかもチェックしておきましょう。バッテリー内蔵型なら、充電しておくことで電源がない場所でも使用可能。長時間使いたい方は、大容量バッテリーを内蔵したモデルを選びましょう。

時間を気にせず作業したい方は、給電型がおすすめ。給電型は名前の通り、電源から給電しながら使用するため、バッテリー残量を気にする必要がありません。一方、電源がない場所では使用できないので、使える場所が限られてしまう点は留意しておきましょう。

モバイルディスプレイのおすすめ|大型

エイスース(ASUS) ROG STRIX XG16AHPE


快適にゲームを楽しめる、高性能なモバイルディスプレイです。15.6インチの大画面を採用。144Hzの高速リフレッシュレートに対応しており、FPSやレーシングなどのゲームもなめらかに表現できます。

折りたためるキックスタンドを搭載しているのも魅力。見やすい角度に微調整できるので、快適な視野角と作業姿勢を実現できます。

最大連続3時間駆動できる大容量バッテリーを内蔵しており、電源がない場所で使用できるのもおすすめポイント。また、USB Type-Cとmicro HDMIポートを備えているので、さまざまな機器と接続できます。

2つのステレオスピーカーを搭載し、迫力あるサウンドを再生できるのも魅力。外出先で快適にゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 15.6型モバイルディスプレイ EX-LDC161DBM


最薄部約7mmの薄型、重量約730gの軽量を実現したモバイルディスプレイです。15.6インチと大画面ながら持ち運びしやすいのが特徴。収納ケースを付属しているので、便利に持ち運べます。

USB Type-C端子を搭載し、ノートパソコンとケーブル1本で接続できるのも魅力のひとつ。また、ミニHDMI端子も備えており、PS4・Nintendo Switch・Xbox Oneなど、さまざまなゲーム機と接続できます。

どの角度から見ても鮮やかな映像を楽しめる、ADSパネルを採用しているのもポイント。動きの速いシーンの残像感を低減できる、応答速度4msを実現しています。また、黄色味を抑えつつブルーライトを低減できる「ブルーリダクション2」を備えており、目に負担がかかりにくい仕様なのもメリットです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 持ち運べるセカンドスクリーン 16MQ70


16インチの大画面を実現したモバイルディスプレイです。USB Type-C端子を搭載し、対応のノートパソコンとケーブル1本で接続可能。手軽にデュアルモニター環境を構築できます。

WQXGA(2560×1600)の優れた解像度を実現しており、鮮明な映像や文字を表示できるのも魅力のひとつ。スタンドとしても使えるカバーが付属し、画面の角度を105°と120°の2段階から見やすい角度で固定できます。

カバースタンドを装着した状態でも990gの軽量を実現し、持ち運びしやすいのもポイント。USB Type-C接続に対応した高性能なモバイルディスプレイを探している方におすすめです。

EVICIV モバイルディスプレイ EVC-1701


17.3インチの大画面を搭載したモバイルディスプレイです。178°の広視野角パネルを採用し、どの角度から見ても鮮やかな映像を視聴可能。わずか916gの軽量設計なので、持ち運びにも適しています。

高コントラストを実現できるHDRに対応しているのも魅力のひとつ。また、本体と一体となっているスタンドを備えており、使用環境に応じて角度調節できるのはもちろん、横でも縦でも設置できます。

外光や照明などの映り込みを低減できる、ノングレアを採用しているのもおすすめポイント。目に優しく快適に作業できます。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) 21.5型タッチパネルLED液晶ディスプレイ GH-LCT22C


21.5インチの大画面を搭載したモバイルディスプレイです。上下左右178°の広視野角を実現できる、「ADSパネル」を採用しているのが特徴。フルHD(1920×1080)に対応し、高画質で映像や画像を楽しめます。

HDMI・DVI・VGAの3系統の端子に対応しているので、3台のパソコンを接続して切り替えて使うことも。ブルーライトを最大76%低減できると謳われている「ブルーライトカット機能」を備えているため、目の負担を軽減できます。

10ポイントのマルチタッチ機能を搭載しており、直感的に操作できるのもポイント。2Wと2Wの出力を備えた「ステレオスピーカー」を内蔵しているので、単体で映像やゲームなどを楽しめます。

モバイルディスプレイのおすすめ|タッチパネル対応

エイスース(ASUS) ProArt PA148CTV


色域を簡単に調節できる、独自の「ProArtプリセット」を搭載したモバイルディスプレイです。色の表現が重要な動画編集・写真加工などの用途にぴったり。正確性の高い、リアルな色表現が可能です。

非常にコンパクトなデザインのため、バッグなどに入れて手軽に持ち運べるのも魅力のひとつ。また、チラツキを低減できる「フリッカーフリー」や、ブルーライトを低減できる「ブルーライト軽減機能」も備えています。

2基のUSB Type-Cポートに加え、micro HDMIポートを搭載。ノートパソコンをはじめ、さまざまな機器を接続できます。10点マルチタッチに対応しているので、直感的な操作が可能です。

エイスース(ASUS) ZenScreen Touch MB16AMT


直感的な操作ができる、10点マルチタッチ操作に対応したモバイルディスプレイです。15.6型の大きめの液晶ディスプレイを採用。重さ約900g、薄さ9mmの軽量・薄型設計なので、手軽に持ち運べます。

7800mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、最大4時間連続で使用可能。電源がない場所でも使用できます。USB Type-C・micro HDMIポートを備えており、ノートパソコンやスマホ、ゲーム機などさまざまなデバイスを接続可能です。

画面表示の自動回転に対応しているため、横置きでも縦置きでも使用可能。縦置きにすれば、長いWebページも快適に閲覧できます。また、ブルーライトを軽減できる機能を備えているので、目が疲れにくく長時間の作業にも対応可能です。

ジャパンネクスト(JAPANNEXT) 15.6型 タッチ対応 フルHD ポータブルモニター JN-MD-IPS1563FHDR-T


10.5mmの薄さと約750gの軽さを兼ね備えたモバイルディスプレイです。10点タッチ機能を搭載しており、直感的な操作ができるのが特徴。ミニHDMIポートを備えており、ノートパソコンやゲーム機など、さまざまな機器に接続できます。

折りたたみ式のスマートケースを搭載しており、本体を傷やホコリから保護できるのも魅力のひとつ。さらに、高性能かつ広視野角を実現できるIPS系パネルを採用しています。

通常・FPS・RTSの3つのゲームモードを備えており視認性に優れているため、有利にゲームを進められるのもポイント。また、ステレオスピーカーを搭載しているので、別途スピーカーを購入しなくても単体で音を出力できます。

プリンストン(PRINCETON) ULTRA PLUS UP-M156T4K


高性能なモバイルディスプレイです。10点タッチ機能を備えたIPSパネルを採用。斜めからでもきれいな映像を視聴できます。また、鮮やかな発色を実現しながら、指紋加工が施されているのも特徴です。

4K(3840×2160)解像度に対応しており、高精細な映像を視聴できるのも魅力のひとつ。さらに、無段階で90°まで調節できるキックスタンドを備えているので、自分の見やすい角度で使用できます。

厚み6mm、重量982gの薄型・軽量デザインのため、持ち運びしやすい点もポイント。省スペースにも設置できます。USB Type-C端子を搭載しているので、ケーブル1本でノートパソコンやスマホと接続可能です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 15.6型フルHD対応モバイルディスプレイ LCD-CF161XDB-MT


10点マルチタッチに対応したモバイルディスプレイです。15.6型の大画面のため、優れた視認性が魅力。最薄部約6mm、重量約880gの薄型・軽量デザインなので、手軽に持ち運べます。

スタンド一体型で、無段階で角度調節が可能。USB Type-C端子と、ミニHDMI端子を搭載しており、さまざまな機器を接続できます。また、音声を出力できるスピーカーを備えているのも魅力です。

広視野角のADSパネルを採用しており、どの角度からでもきれいな映像を視聴可能。さらに、黄色味を抑えつつブルーライトを低減できる「ブルーリダクション2」を備えているのもポイントです。タッチパネルに対応した大画面モデルを探している方におすすめです。

モバイルディスプレイのおすすめ|4K

山善(YAMAZEN) モバイルモニター QMM4K-156


4Kの高精細な映像を映し出せるモバイルディスプレイです。タブレットのようなスタイリッシュなデザインが特徴。15.6インチと大画面のため、迫力ある視聴体験を実現できます。

広視野角なIPSパネルを採用しており、どの角度から見ても鮮やかな映像を視聴可能。5msと応答速度も優れているので、ゲームや映画など動きの速いコンテンツも鮮明に映し出せます。

HDMIとUSB Type-C接続に対応しており、ノートパソコンやタブレット、ゲーム機など幅広い機器を接続できるのもポイント。また、ブルーライト軽減機能も備えているので、長時間でも快適に使用できます。

ジャパンネクスト(JAPANNEXT) 15.6型 4K ポータブルモニター JN-MD-IPS1560UHDR


約10.5mmの薄さと約900gの軽さを両立したモバイルディスプレイです。4Kの高精細な映像を楽しめるのが特徴。15.6インチと画面サイズが大きめなため、没入感のある視聴体験ができます。

脱着式のスマートケースを付属しており、傷やホコリから保護できるだけでなく、スタンドとしても使用可能。VESAネジ規格に対応しており、アームなどに取り付けて使用できます。

HDRに対応しているため、高コントラストな映像を視聴できるのもポイント。ミニHDMIポートとUSB Type-Cポートを備えているので、さまざまな機器に接続できます。ゲームモードも用意しているので、ゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

ユニーク(UNIQ) プロメテウスモニター UQ-PM154KN


極限まで縁を狭くした「Narrow Bezel」採用のモバイルディスプレイです。省スペースに設置できるだけでなく、没入感のある視聴体験を実現。HDRに対応しているので、高コントラストを実現し、リアルな映像を楽しめます。

外光や照明の映り込みを低減できる、ノングレアパネルを採用しているのも魅力のひとつ。目への負担を軽減でき、指紋も目立ちにくい仕様です。

簡単に着脱できる、マグネット式専用スタンドカバーを付属。スタンドとして使えるだけでなく、傷やホコリからも保護できます。

EVICIV モバイルディスプレイ EV-15607


スマートなデザインが魅力のモバイルディスプレイです。カバーの一部に穴があいており、ペンを差し込めばスタンドとして使用可能。HDMI・USB OTG・USB Type-Cの3種類の接続端子を搭載しているので、さまざまな機器を接続できます。

ステレオスピーカーを備えており、単体で音を楽しめるのも魅力のひとつ。60Hzのリフレッシュレートに加え、5msの応答速度を実現しているので、低遅延で快適にゲームを楽しめます。

広視野角のIPSパネルを採用している点もポイント。また、チラツキを軽減できる「フリーカーレス機能」を備えているので、長時間使用しても疲れにくい仕様です。

Innocn 有機ELモバイルモニター PU15-PRE


高コントラストな映像を視聴できる、有機ELパネルを採用したモバイルディスプレイです。超高速な1msの応答速度を実現し、残像感の少ない映像表現が可能。広い色域に対応しているので、リアルな映像を楽しめます。

広視野角なOLEDパネルを採用しているため、どの角度からでも美しい映像を視聴可能。縁も狭いので、没入感も感じられます。また、縦向き・横向きを切り替えて使用できるのも魅力。ホコリや傷から保護できる保護カバーは、折りたたむことでスタンドとしても使用できます。

5000mAhの大容量バッテリーを内蔵し、電源がない場所でも使用可能。最大10点のマルチタッチにも対応しているので、直感的な操作もできます。画質だけでなく、機能性も重視したい方におすすめです。

モバイルディスプレイのおすすめ|安い低価格モデル

ARZOPA モバイルディスプレイ JPA1GAMUTMINI2K

幅広いシーンで使用できる、汎用性の高いモバイルディスプレイ。横置きでも縦置きでも使用できるため、サブモニターとしてはもちろん、ゲームも快適に楽しめます。

厚さ約8mm、重さ約356gと薄型・軽量デザインなので、持ち運びしやすいのも魅力。また、178°の広視野角を実現しているので、どの角度からでも鮮明な映像を楽しめます。

スタンドとしても機能する保護カバーを付属。基本機能が充実したコンパクトモデルを探している方におすすめです。

Eyoyo 13.3インチポータブルモニター


フルHDの高解像度を実現した、高コスパなモバイルディスプレイ。2基のミニHDMIポートを搭載しており、PS4・Xbox Oneなどさまざまなゲーム機を接続できます。

高品質なデュアルスピーカーを備えており、単体で音の出力が可能。VESA規格の75mm取り付け穴を用意しているため、モニターアームなどにも取り付けられます。シンプルな機能のモデルを求めている方や、初めてモバイルディスプレイを購入する方におすすめです。

cocopar 13.3インチ 3K モバイルモニター


ミニHDMI端子を2基搭載したモバイルディスプレイです。PS4・Nintendo Switchなど、さまざまなゲーム機を接続可能。ノートパソコンも接続できるので、手軽にマルチディスプレイ環境を構築できます。

広視野角を実現しており、さまざまな角度から色変化の少ない自然な色合いを再現可能。重量約658gの軽量設計のため、持ち運びにも適しています。非常にリーズナブルに購入できるので、できるだけコストを抑えたい方、モバイルディスプレイを初めて購入する方におすすめです。

Kenohua 13.3インチ モバイルモニター

アナログ接続である、VGAに対応したモバイルディスプレイです。旧式のパソコンを接続できるのが特徴。加えて、汎用性の高いHDMIポートも備えているので、ゲーム機などさまざまな機器を接続できます。

どの角度からでも鮮やかな映像を楽しめる、TFT液晶パネルを採用。60Hzのリフレッシュレート、5msの応答速度を実現しており、低遅延で快適にゲームを楽しめます。また、VESA規格に対応しているので、モニターアームなどへの取り付けも可能です。

InnoView モバイルディスプレイ INVPM406

15.8インチと大画面ながら、比較的リーズナブルに購入できる高コスパなモバイルディスプレイ。178°の広視野角を実現しており、斜めからでもきれいな映像を視聴できます。

フルHDの高解像度を実現。また、映像出力と給電を同時に行えるUSB Type-C端子も搭載しています。さらに、865gと軽量設計のため、持ち運びしやすいのもおすすめポイント。そのほか、3.5mmオーディオ端子も備えているので、スピーカーやイヤホンでも音を出力できます。

モバイルディスプレイの売れ筋ランキングをチェック

モバイルディスプレイのランキングをチェックしたい方はこちら。

pencilライターからヒトコト

モバイルディスプレイを使用することで、外出先でゲームを楽しんだり、デュアルモニター環境を構築したりできます。タッチパネルを採用したモデルなら、タブレットのように直感的な操作が可能。機能・解像度・画面サイズなどを考慮し、自分に合ったモデルを見つけてみてください。

記事内容について連絡
  • 【2022年版】Chromebookのおすすめ15選。人気モデルをピックアップ chevron-circle-right