モバイルディスプレイは、パソコンやスマホに接続するだけで、いつでもどこでもデュアルディスプレイ環境を構築できるコンパクトなディスプレイです。

最近では、スマホと同じような感覚で使えるタッチパネルを搭載したモデルもラインナップされています。そこで今回は、モバイルディスプレイのおすすめ製品をご紹介。あわせて押さえておきたい基礎知識も解説するので、モバイルディスプレイの購入を予定している方は参考にしてみてください。

モバイルディスプレイとは?

モバイルディスプレイはカバンに入れて持ち運べるコンパクトサイズのディスプレイ。形状はタブレットに似ているもののOSは入っておらず、基本的にはモニターとしての機能だけを備えたシンプルな仕様が特徴です。

サイズは7インチから15インチを超えるモノまで、さまざまなモデルが展開されているのが魅力。持ち運びやすさを重視するなら小型モデル、動画を楽しんだりゲームをプレイしたりするなら、大画面モデルがおすすめです。

また、タッチパネルを搭載しているモデルであれば、スマホやタブレットのように直感的な操作ができます。

モバイルディスプレイのメリット

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイはスマホやノートパソコンのサブディスプレイとして便利で、どこでもデュアルモニター環境を構築できるのが魅力。出先でプレゼンなどをする場合にも重宝するアイテムです。

また、機能がシンプルで使い勝手も良好。タブレットに比べて安価なモデルが展開されているため、手軽に入手できておすすめです。

モバイルディスプレイの選び方

サイズと解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイを購入する前には、サイズと解像度を確認しておきましょう。モバイルディスプレイは、7~15インチ程度のサイズのモノが主流。Appleのスマホ「iPhone X」が5.8インチ程度なので、7インチは一般的なスマホより一回り大きいディスプレイといえます。ノートパソコンなどのディスプレイを増やす目的であれば、表示する内容にもよりますが、7インチモデルでも対応可能です。

ただし、ゲームをプレイしたりビジネスのプレゼンで使用したりするなら、使用しているデバイスより大画面のモデルを購入するのがおすすめ。また、頻繁に持ち運びするなら、あえてワンサイズ小さいモデルを購入する手もあります。

さらに、画面サイズだけではなく、解像度も重要です。解像度が高いほど、より高精細な画像・映像を映し出せます。

接続端子で選ぶ

HDMI

モバイルディスプレイの接続端子として一般的に採用されているのがHDMIです。HDMIには標準HDMI、mini HDMI、microHDMIの3種類があります。別途ケーブルを用意する場合は、しっかりと確認してから購入しましょう。

HDMIは転送速度が速いので、ゲームや動画などを表示するのにおすすめ。4Kに対応している規格もあります。USB接続とは違い、別に電源を確保する必要があるため注意しましょう。

USB Type-C

最近ではUSB Type-C(USB3.1)接続に対応したモバイルディスプレイが多くなっています。従来使われてきたUSB3.0(Type-A)に比べて、転送速度は最大4倍の速さになっているので映像の遅延なくモニター出力が可能です。

また、USB接続最大のメリットはモニターへの出力と電力給電がケーブル1本でできる点。簡単に接続でき、持ち運ぶケーブルも1本でよいので荷物が少なく済みます。

USB Type-C接続のモバイルディスプレイを選ぶときは、まずPC側にUSB Type-Cポートがあるかを確認しましょう。USB3.0ポートでないと動作しない機種などもあるので、USBの種類にも注意してみてください。

VGA

古くからあるアナログ端子で、最近では使われているモバイルディスプレイは少なくなっています。転送速度は速く動作の遅延などがないので安定しているのが特徴。ただし、4Kには対応していないため注意が必要です。

重量で選ぶ

モバイルディスプレイを持ち運んで使用する場合、重量を確認することも大切です。本体が軽ければ、カバンに入れて楽に持ち運べます。また、持ち運ぶならケースや保護カバーが付属しているかもチェックしておきましょう。

タッチパネル機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイをスマホやタッチ操作ができるデバイスに接続する場合は、タッチパネル機能が付いているかどうかを確認しておきましょう。

スマホで使う場合、タッチ操作ができれば大きな画面で普段通りの操作が可能なので、スマホゲームをやる際におすすめ。また、映像を見る以外に仕事や作業を行うなら、画面上でタッチできると直感的に操作できて便利です。

タッチパネル機能付きのモデルのなかには、10本の指まで使え、回転・拡大縮小・ズームができる10点タッチ機能を採用したモノもラインナップされています。

バッテリーの有無をチェック

外出先で使用する方は、バッテリー内蔵タイプのモバイルディスプレイがおすすめです。あらかじめ本体をフル充電しておくことで、電源がない場所でも作業を行えます。

また、購入時には、連続駆動時間もチェックしておきましょう。電源のない場所で使う時間が長い場合は、連続駆動時間が長いモノを選ぶと、充電切れを気にせず使えます。

スタンドの有無をチェック

By: amazon.co.jp

ゲーム用途やマルチディスプレイで作業を行う方は、スタンド付きのタイプを選びましょう。背面スタンドの角度を調節することで本体を自立させ、テレビのように画面を視聴できます。また、自宅で保管する際や、外出先への持ち運び時に傷が付いてしまうのを防ぐためにも、ディスプレイ部分を覆えるスタンドを搭載したモデルがおすすめです。

【サイズ順】モバイルディスプレイのおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 15.6インチ モバイルディスプレイ DP-01

15.6インチサイズのフルHDモバイルディスプレイです。USB Type-Cケーブル1本でPCと接続できるディスプレイポートオルタネートモード接続のほか、スタンダードなHDMI接続にも対応。マルチな機器と接続できるのが魅力です。

ディスプレイスタンドとしても使える専用カバー付き。Type-CケーブルとHDMIケーブルも付属しているので、別途ケーブルを用意しなくてもすぐに接続できます。使い勝手に優れたおすすめのモバイルディスプレイです。

エイスース(ASUS) ZenScreen MB16AHP

バッテリー駆動最大4時間で外出先でも使いやすいモバイルディスプレイ。液晶は15.6型のフルHDで、重さは約900gと、据え置きでも持ち運びでも扱いやすいのが特徴です。

パネルはノングレアのIPS方式を採用。コントラスト比は700:1で明暗がクッキリしているほか、色合いが鮮やかな点も魅力です。また、視野角が178°と広めなのもポイント。映像入力端子はUSB Type-CとmicroHDMIが備わっており、仕事でもプライベートでも使いやすい仕様です。

なお、本製品は画面へのタッチ操作が非対応ですが、シリーズには対応する15.6型モデル「MB16AMT」も用意。Windows 10と互換性があるので、気になる方はあわせてチェックしておきましょう。

エイサー(Acer) 15.6型モバイルディスプレイ PM161Qbu

フルHDパネルを搭載したモバイルディスプレイ。映像や図表、ゲーム画面を鮮明に表示できます。広視野角の「IPSパネル」を採用し、斜めから見ても画面をきれいに見られるのが特徴です。

付属しているUSB Type-Cのケーブル1本で、PCやスマホから映像出力や給電ができるのもポイント。背面にはスタンドが埋め込まれており、自立が可能です。また、上方向に15°、もしくは35°に角度を調節できます。

価格も安価で、コスパに優れている点も魅力。さらに、携帯に便利なケースも付いているので、楽に持ち運べます。仕事でモバイルディスプレイを使う方におすすめのモデルです。

EVICIV モバイルディスプレイ 15.6インチ EVC-1506

15.6インチの大画面モバイルディスプレイです。重さ905g、薄さ11mmのスリムデザインなので、持ち運びにも便利なのが特徴。滑り止め素材の保護カバーが付属しており、スタンドとしても使用可能です。

画面の解像度は1920×1080の大画面フルHDを搭載しています。IPS液晶パネルを採用しており、上下左右178°どの角度から見ても鮮やかな映像を見られるのもポイント。迫力があり自然で美しい色合いが再現できるので、動画鑑賞やゲームでの使用にぴったりです。

また、映像と音声、電力供給がType-Cケーブル1本をつなぐだけで可能。PCに接続するだけで使用できるので、初めてモバイルディスプレイを使う方でも簡単です。

さらに、60Hzの高速応答も可能。アクション映画やFPSゲームなどの動きの速いコンテンツも安心して楽しめます。ゲームや動画視聴、会議などで使うビジネス用として人気の製品です。

恵安(KEIAN) 15.6インチ ワイドモバイル液晶モニター KIPD4K156

タッチパネル搭載の15.6インチモバイルディスプレイです。タッチパネルは10点マルチタッチ機能に対応。PCとUSB Type-Cを接続すれば、映像を表示しながら10本の指まで使えて直観的に操作ができます。

解像度はフルHD画面の4倍の領域を表示できる3840×2160の4Kに対応。鮮明さとシャープさ、緻密さを表現できます。HDRにも対応しているので、鮮やかでより自然な映像を楽しめるのも魅力です。

接続はUSB Type-CとHDMIの両方に対応。USB Power Delivery対応アダプター、HDMI、USB Type-Cケーブルが付属しています。応答速度モードを最高設定にすることで、9msの応答速度を実現でき、ブレの少ないシャープな映像を映し出すことが可能です。

山善(YAMAZEN) モバイルモニター 15.6インチ QMM-156

画面の見やすさを重視する方におすすめのモバイルディスプレイです。15.6インチのディスプレイには、IPSパネルを採用しており、さまざまな角度から鮮明な映像を楽しめます。また、フルHD解像度に対応し、映像に迫力を感じられるのが特徴です。

ゲーム用途にも適しており、PS4・Nintendo Switch・Xboxといったゲーム機に対応しているほか、応答速度は3msで映像の遅延を防げます。さらに、ブルーライトの強さを1~100まで設定できるため、長時間の画面視聴でも目が疲れにくいモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ポータブルモニター ILD-A1616MS-B

スタイリッシュなスリムベゼルデザインを採用した15.6インチサイズのモバイルモニター。最大解像度は1920×1080のフルHD画質で、高画質な映像を楽しめます。

光の映り込みが少ないノングレアパネルを採用しているので、太陽や照明の位置を気にすることなく使用可能です。サイズは約幅356×奥行9×高さ227mmと薄型。本体重量は約550gと軽量です。また、画面を傷や汚れから守るスタンドカバーも付属します。気軽に持ち運べるので、外出先での使用にもぴったりです。

映像入力端子には、USB Type-C×2とmini HDMIを搭載。端子が異なる3つのケーブルが付属するのもメリットです。

Dragon Touch 15.6インチモバイルモニター S1 Pro UYH5

解像度3840×2160の4K UHD画質に対応したモバイルモニター。美しい高画質な映像で、ゲームや動画コンテンツなどを楽しみたい方におすすめです。ディスプレイサイズは15.6インチで、液晶パネルには上下左右178°の広い視野角を有するIPSパネルを搭載しています。

映像入力端子には、USB Type-C×2とmini HDMIを採用。パソコンや家庭用ゲーム機など、幅広いデバイスで使用できます。75×75mmのVESAマウント規格に対応しているので、モニターアームなどを使用しての設置も可能です。

また、縦置き・横置きの両方に対応しているのもポイント。磁石で吸着する折りたたみ式の保護カバーが付属しており、本体を支えるためのスタンドとしても機能します。

ユニーク(UNIQ) プロメテウスモニター UQ-PM154K

満足度の高いおすすめのモバイルモニター。高画質の4Kとダイナミックな映像美を堪能できるHDRに対応しており、コンテンツのポテンシャルを十分に引き出せるのが特徴です。

本製品はタッチパネルモデルで、画面サイズは15.6インチ。厚みはもっとも薄い部分で4.4mm、重さは655gとスリムかつ軽量に仕上がっています。画面タイプとしてはワイドで、パネルはIPS。視野角は178°と広く、見やすいのも魅力です。

また、アスペクト比16:9のウルトラHD仕様で、コントラスト比は1000:1、輝度は400cd/m2と高精細なのもポイント。ハイエンドクラスのモバイルモニターを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

レノボ(Lenovo) 14インチ ThinkVision M14 61DDUAR6JP

ワイド14インチで見やすいモバイルディスプレイです。重さは約570g、薄さ4mmと薄型・軽量デザインなので、持ち運びに便利。フルHDのIPS液晶を搭載しており、広視野角で鮮やかな映像を表示できます。

また、USB Type-Cケーブルだけで電力給電と画面出力が可能。USB Type-Cポートが筐体左右に備わっているので、ノートPCの位置やケーブルの長さを気にせず使えます。

さらに、パワーパススルー機能を搭載。ディスプレイ本体にある片方のUSB Type-CポートにノートPCを接続し、もう片方から給電することでディスプレイ本体の駆動とPC側への給電やバッテリー充電を行えます。

付属の自立式チルトスタンドは10~90°の角度調節が可能。高さ調節用のスタンドを使えばノートPCと同じ高さに合わせられるので、目線の移動が少なく目の疲れを軽減できます。使いやすく高級感のある製品です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 13.3型フルHD対応モバイルディスプレイ EX-LDC131DBM

スタンド付きでどこでもスムーズに使用できるモバイルディスプレイ。薄さ約10mm、重さ約740gと薄型軽量設計で、収納ケースも付属しているため、気軽に外へ持ち出してマルチディスプレイ環境を作れるのが魅力です。

フルHD解像度で快適に使えるのが特徴。低解像度の映像も美しく再現する「超解像技術」にも対応しています。コンテンツに応じた映像表示ができる「画面モード」も搭載。コンパクトながらも美しい画面表示での作業が可能です。

接続端子にはUSB Type-Cとmini HDMIを採用。Type-CポートでPCと接続した場合には、映像出力と給電がケーブル1本で行えるため、パソコン周りをすっきりと片づけられます。また、パソコンだけでなく各種ゲーム機での動作確認も行われており、さまざまなシーンでディスプレイを活用したい方におすすめです。

cocopar 13.3インチ モバイルモニター YC-133R

スタンド一体型でスマートなデザインが魅力の製品です。本体はアルミ製で4mmの極細フレームなので、映像に迫力があり臨場感を楽しむことが可能。スピーカーが内蔵されており、最大90°まで角度調節可能なフレームと滑り止めマットが本体に付属しています。

USB3.1 Gen2 Type-Cケーブル1本で映像と電力給電が可能。電源コンセントにつなぐ必要がありません。USB Type-Cケーブルをつなげばドック不要でNintendo Switchとも接続できるのもポイント。モバイルバッテリーからの給電も可能です。

画像解像度はフルHDとHDRモードに対応。上下左右どこから見ても色彩変化の少ないIPSパネルを採用しているので、美しく鮮やかな映像を楽しめます。ビジネス用としてもゲーム用としても使いやすいおすすめのモバイルディスプレイです。

ゲシック(GeChic) 13.3インチ モバイルモニター On-Lap 1306E

薄さは最厚部で9mm、重さ760gの薄型・軽量モバイルディスプレイです。本体には硬めの保護カバーが付属しており、持ち運びにも便利。保護カバーはスタンドにもなり、40〜80°に角度調節できます。

接続は、USB Type-CとHDMI入力の両方に対応。映像入力と電源供給をType-Cケーブル1本で行えます。USB Type-Cで電源供給を行い、HDMIで映像入力を行うこともできるので、旧タイプのノートPCや、ゲーム機などさまざまなデバイスに接続可能です。

解像度は1920×1080のフルHD。IPS方式の液晶パネル搭載なので広視野角の鮮明な映像を表示できます。13.3インチと適度な大きさで軽量設計が魅力の使いやすい製品です。

慶洋エンジニアリング(KEIYO) New Bridge 13.3インチモバイルモニター

最大表示解像度が1920×1080で、フルHD対応のモバイルディスプレイ。ガラス面のフルフラットで、視界を妨げにくいすっきりしたデザインが特徴です。

MHL対応のType-Cケーブルと電源用のType-Cケーブル、HDMIケーブルが付属。DVDプレーヤーやゲーム機、パソコンなどさまざまなデバイス接続に対応しています。

また、背面には2W+2Wのスピーカーを搭載しており、クリアな音質を楽しめるのも魅力です。モバイルディスプレイとしては価格も安いため、コスパを重視する方におすすめのモデルです。

ユニーク(UNIQ) プロメテウスモニター UQ-PM13FHD

画面占有率90%を実現するスリムベゼルディスプレイを採用した13.3インチのモバイルモニター。ボディには軽量かつ強度の高いカーボンファイバーを用い、シンプルで美しいデザインに仕上がっています。

ディスプレイにはIPSパネルを採用し、タッチ操作にも対応。4段階で調節できるブルーライト軽減機能も搭載しています。また、パネルにはガラス素材を採用し、指紋防止コーティングが施されているので、滑らかなタッチ操作が可能です。

解像度は1920×1080のフルHD画質で、インターフェースにはUSB Type-C×2とmini HDMIを搭載しています。重量は468gと軽量なので、気軽に持ち運べるのもメリットです。

センチュリー(CENTURY) 11.6インチHDMIマルチモニター plus one Full HD LCD-11600FHD3

フルHD画質に対応した11.6インチのモバイルディスプレイ。HDMIとDisplayPortの2通りの入力方式を採用しており、さまざまな用途に使用できるのが特徴です。デジタル映像著作権保護システム「HDCP」にも対応しているため、Blu-rayやコンテンツ保護されたオンライン動画も視聴できます。

ディスプレイにはIPS方式のノングレアパネルを採用。反射を抑えつつ、きめ細やかな美しい映像表現を楽しめます。本体の背面にはステレオ対応のスピーカーを2つ搭載。個別にオーディオ機器を準備する必要がなく便利です。

給電方法はUSBバスパワーとACアダプターの2通りに対応。外出先でもPCから給電しながら使用できます。使用場所を選ばないモバイルディスプレイを探している方におすすめです。

JAPANNEXT 10.1型ポータブルモニター JN-MD-IPS1010HDR

薄さ8.5mm、重さ約260gと薄型軽量設計のモバイルディスプレイ。10.1インチとコンパクトな画面ですが、携帯性と機能性に優れているのが特徴です。上下左右170°の視野角をもつIPSパネルを採用しており、さまざまな角度から美しい映像を楽しめます。

USB Type-Cケーブルによる接続で給電と映像表示を同時に行えるのが魅力。また、mini HDMI端子も備えているため、パソコンだけでなくさまざまな機器と接続して使用できます。

折りたたみ式の脱着スマートケースが付属しているのもポイント。本体を傷やホコリから守るだけでなく、スタンドとしても活用できます。コンパクトで持ち運びやすく、スマートに使えるモデルを探している方におすすめです。

JAPANNEXT Tri-Screen JN-TRI-IPS101HDR

2つの画面を備えた、10.1インチのモバイルモニターです。ノートパソコンに装着して、画面を最大3つに拡張できます。ノートパソコンに挟むようにして装着するので、モニターを設置するスペースがなくても使用できるのがメリットのひとつです。

収納字のサイズは幅286×奥行25×高さ182mmで、重量は840g。コンパクトに折りたたんで、気軽に持ち運べます。ノートパソコンと一緒に持ち運べば、いつでも3画面の広い作業領域を確保できるので便利です。

解像度は1920×1200で、液晶パネルにはIPS方式を採用。画面は好みの角度に広げられるため、複数人での画面の共有などにもおすすめです。