モバイルディスプレイとは、パソコンやスマホに接続するだけで、いつでもどこでもデュアルディスプレイ環境を構築できるコンパクトなディスプレイです。

最近では、スマホと同じような感覚で使えるタッチパネルを搭載したモデルもラインナップされています。そこで今回は、モバイルディスプレイのおすすめ製品をご紹介。あわせて押さえておきたい基礎知識も紹介するので、モバイルディスプレイの購入を予定している方は参考にしてみてください。

モバイルディスプレイとは?

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイとは、パソコンやスマホと接続するだけで、デュアルディスプレイ環境を作り出せる機器です。AC電源だけではなくUSBからでも給電できたり、映像の出力までUSB経由で行えたりと、通常のディスプレイにはない機能が追加されています。

近年では、サイズは7インチ程度のものから15インチを超えるものまで、さまざまなモデルが販売されており、持ち運びやすさを重視するなら、小型モデルがおすすめ。また、動画を楽しんだりゲームをプレイしたりするなら、大画面モデルを購入するのがおすすめです。

モバイルディスプレイとタブレットの違い

モバイルディスプレイとよく似た製品に「タブレット」があります。形状は似ていますが、まったく異なる機器なので注意しましょう。

モバイルディスプレイは、単体で使えるものではなく、PCやタブレットと接続することを想定して作られた機器です。ディスプレイを増やしたりひと回り大きな画面に映像を映し出したりするために使用します。モバイルディスプレイは、メインで使用するデバイスを補助するための製品だと考えてください。

一方、タブレットは単体でアプリなどの操作が可能なため、使い方や機能はスマホと似ています。ただし、スマホより画面が大きく、処理速度も早い製品もラインナップされています。

モバイルディスプレイの選び方

サイズと解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイを購入する前に、サイズと解像度を確認しておきましょう。用途によって必要な性能は異なります。

モバイルディスプレイは、7~15インチ程度のサイズのモノが主流。Apple社のスマホ「iPhone X」が5.8インチ程度なので、7インチは一般的なスマホより一回り大きいディスプレイといえます。ノートPCなどのディスプレイを増やす目的であれば、表示する内容にもよりますが、7インチモデルでも対応可能です。

ただし、ゲームをプレイしたりビジネスのプレゼンで使用したりするなら、より大画面のモデルを購入するのがおすすめ。また、頻繁に持ち運びするなら、あえてワンサイズ小さいモデルを購入する手もあります。

さらに、画面サイズだけではなく、解像度も重要です。解像度が高いほど、より高精細な画像・映像を映し出すことができます。

接続端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイは、USB・HDMI・VGA接続のいずれかを採用しているモノがほとんどです。USBタイプの場合はマウスを操作した際などに動作の遅延が発生する場合もあるので、HDMIタイプかVGAタイプがおすすめ。

また、USB3.0ポートでないと動作しない場合や、電源の供給のためにUSBポートを2つ以上使用する場合もあるので、購入の際は自分のパソコンの外部出力端子やUSBポートの数を確認しておきましょう。

重量で選ぶ

By: gechic.com

モバイルディスプレイを持ち運んで使用する場合、重量を確認することも大切です。本体の重量が軽ければカバンに入れて持ち運ぶ際もストレスになりません。

重量に関しては、軽ければ軽いほど便利です。また、持ち運ぶならケースや保護カバーが付属しているモデルや薄さを意識して購入することをおすすめします。

タッチパネル機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルディスプレイをスマホやタッチ操作ができるデバイスに接続する場合は、タッチパネル機能がついているかどうかを確認するのがおすすめです。

スマホで使う場合、タッチ操作ができれば大きな画面で普段通りの操作が可能になり、特にゲームをやる際の満足感が上がります。また、映像を見る以外に、仕事や何らかの作業を伴うなら画面上でタッチ出来ると直感的に作業ができるので便利です。

タッチパネル機能付きのモデルのなかには、10本の指まで使え、回転や拡大縮小、ズームなどができる10点タッチの静電容量方式を採用したモノもラインナップされています。

モバイルディスプレイのおすすめモデル

エイスース(ASUS) ZenScreen MB16AC

エイスース(ASUS) ZenScreen MB16AC

1920×1080ドットのフルHD解像度を備えた15.6インチモバイル液晶ディスプレイ。重量約780g、厚さが8mmとこのサイズにしては軽量・コンパクトなのが特徴です。映像の入力と電源供給はUSBケーブル1本で可能。Windows端末と合わせれば縦横に回転するため活用の幅が広がります。

広視野角のIPSパネルを採用しており、斜めからでも画面が見やすいのもポイント。目にやさしいブルーライト軽減機能や、画面のチラツキをなくすフリッカーフリー技術を採用しているので、長時間使用でも疲れにくいのも魅力です。

付属の専用ケースは、縦置き横置き両対応のスタンドとして利用できるのも便利。屋内外で幅広く活躍できるおすすめのモバイルディスプレイです。

エイスース(ASUS) MB168B

エイスース(ASUS) MB168B

1366×768ドットのWXGA解像度を持つモバイルディスプレイ。15.6インチのモバイル対応モデルとしてはリーズナブルなことが魅力です。

重量約800g、厚さ8mmとコンパクトなので持ち運びも快適。PCとの接続はUSBケーブル1本のみで外部電源が不要なため、モバイル用途に最適です。

また、専用ソフトをWindows端末にインストールすることで、タブレットのように縦表示と横表示を自動で切り替えられます。コスパに優れた、大型のモバイルディスプレイを探している方におすすめです。

エイスース(ASUS) MB169B+

エイスース(ASUS) MB169B+

フルHDの15.6インチモバイルディスプレイとしてはリーズナブルなのが魅力のモデル。さらに、視野角の広いIPSパネルを使用しているので、どの角度から見ても綺麗に見えます。重量約800g、厚さが8mmと軽量・コンパクトなのもポイント。Windows端末では、縦表示と横表示を自動で切り替える機能が使えるのも魅力です。

USBケーブル1本で映像・電源入力が可能なので、使い勝手のよさも良好。軽量かつシンプルなデザインのスタンド機能付専用スリーブケースが付属するのもおすすめポイントです。

エイスース(ASUS) ZenScreen GO MB16AP

エイスース(ASUS) ZenScreen GO MB16AP

バッテリーを内蔵したフルHD解像度の15.6インチモバイルディスプレイ。7800Ahの大容量バッテリーにより、輝度100%設定時でも最大4時間の長時間駆動が可能なのが魅力です。

高速充電のQuick Charge 3.0をサポートし、通常USBの2倍速で本体のバッテリーに充電可能。バッテリー駆動を長時間必要とする環境で役立ちます。

映像入力はUSB Type-C端子。Windows/Macに加え、「DisplayLink」アプリを使用することで、Androidスマートフォンの画面を表示できるので活用範囲も広がります。

重量・サイズ増加につながりやすいバッテリーを内蔵しながらも、重量850g、厚さ8mmの軽量・薄型も魅力。屋外でも軽快に使える大型モデルとしておすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) LCD-MF161XP

USB Type-CとHDMIミニ接続の両方に対応した15.6インチモバイルディスプレイ。PCとUSBケーブル1本での接続で映像と給電をまとめて行えるので便利です。また、HDMI端子を利用するとPCに加え、ゲーム機、BDプレーヤーなど幅広い機器と接続が可能。なお、この際の電源供給は付属ACアダプターで行います。

周囲の明るさや、映す映像の種類によって鮮やかさを変えられる「エンハンストカラー」機能や、低解像度の映像も美しく再現する「超解像技術」によって、幅広い映像をキレイに堪能可能です。

3段階に角度調整できるスタンド機能付きのケースも付属するので、どこでも快適に使えます。約900gと軽量なので持ち運びがラクなのもおすすめポイントです。

ゲシック(GeChic) On-Lap 1102H-V2

容量6900mAhのバッテリーが内蔵されたフルHDモバイルディスプレイです。屋外など、電源に制限がある場所でも利用できるところが魅力。パネルの大きさはA4サイズよりも小さい11.6型、薄さは約11㎜、本体重量は590gと、モバイルモニターのなかでも小型・軽量なモデルです。

別売アクセサリーの「リアドック」を使うことでスティックPCとの接続が可能。屋外での使用も考えている方におすすめのモバイルディスプレイです。

ゲシック(GeChic) On-Lap 1503H

ゲシック(GeChic) On-Lap 1503H

広視野角のIPSパネルを採用したフルHD解像度の15.6インチモバイルディスプレイ。背面に別売り専用拡張ドックを装着して接続性や機能を高められるのが特徴です。

例えば、「ワイヤレスHDMIアダプタ」を接続してスマートフォンの画面をミラーリング表示が可能。また、「HDMI-A/USB-A ドックポートケーブル」を使用すれば、映像入力用のHDMIケーブルと電源入力用のUSBケーブルを背面側にまとめられるため、正面側からケーブルが目立たないように設置できます。

角度を三段階から選べる据え置きスタンドも付属するので、見やすく設置できるのもポイントです。黒と紺色の引き締まったボディカラーも周囲となじみやすいデザイン。スマートですっきりした使い心地の大型モバイルディスプレイとしておすすめです。

ゲシック(GeChic) On-Lap 1503I

ゲシック(GeChic) On-Lap 1503I

高精度のタッチパネルを搭載した、フルHD解像度の15.6インチモバイルディスプレイ。10点マルチタッチに対応し、Windows10のタッチ、ジェスチャー機能が使用できます。

背面に専用ドックを装着した状態でWindows 10搭載のスティック型PCと組み合わせれば、大型Windowsタブレットのように操作・運用が可能なので便利です。

給電はUSB端子経由。磁石によるモバイルバッテリーの吸着も可能なため、かさばらずにすっきりとモバイル使用できます。

静電式タッチペンを使ってのお絵描きや、タッチ操作が必要なゲームもできるので、仕事だけでなく趣味や遊びにも活躍できるおすすめディスプレイです。

cocopar 15.6インチ4Kモバイルディスプレイ JSJ-1564K

cocopar 15.6インチ4Kモバイルディスプレイ JSJ-1564K

3840×2160ドットの表示が可能な、4K解像度に対応した15.6インチモデル。さらに、明暗差を拡大することで自然な陰影感を表現できる4K映像向けの新規格・HDRにも準拠。4KとHDRの両方に対応するPS4・Xbox One Xといったハイスペックなゲーム機からの高画質を最大限に活かして楽しめます。

HDMIはじめ、USB Type-C・DisplayPort入力にも対応。PC用としても高い汎用性を持ちます。スタンド機能が付いたカバーが付属しているので出先でも見やすく使用可能です。

本体重量800g、厚さ1cmのコンパクトさも魅力。ベゼルが狭くスタイリッシュなデザインもスマートな印象を高めています。ディスプレイは小さくても画質にはこだわりたい方におすすめです。

EVICIV 13.3インチ超薄型モバイルディスプレイ EVC-1301

EVICIV 13.3インチ超薄型モバイルディスプレイ EVC-1301

13.3インチのフルHDモバイルディスプレイです。15インチでは大きいと感じる方に程よいサイズ。重量624g、厚さ8mmと持ち運びやすいのも魅力です。

AC電源をはじめモバイルバッテリーやPCなどからのUSB給電にも対応。さらにUSB Type-C接続で給電と映像を1本で伝送することもできます。価格もリーズナブルなのでコスパ重視の方におすすめのモデルです。

cocopar 4Kモバイルディスプレイ dg-125k

cocopar 4Kモバイルディスプレイ dg-125k

3840×2160ドットの4K解像度に対応した12.5インチモバイルディスプレイ。高精細な4K解像度に対応したディスプレイとしては最小クラスなのが特徴です。

自然な明暗を表現できるHDR規格にも対応。HDR出力対応のゲーム機やPCとの組み合わせでリアルな映像を楽しめます。重量510g、厚さ9mmと軽量・コンパクト。映像入力はHDMIとDisplayPortに対応します。なお、電源はバッテリーやUSB給電ではなく、ACアダプターなので屋内使用向けです。

屋外使用にはこだわらず、コンパクトさと高画質を追求する方に最適。13インチ前後で高性能なモデルを探している方にもおすすめです。

UPERFECT 10.1インチモバイルディスプレイ SP-01

UPERFECT 10.1インチモバイルディスプレイ SP-01

10.1インチのモバイルディスプレイ。解像度2560×1600とフルHDを超える高画質が特徴です。ビジネス用途はもちろん、HDMI接続を使用して、ゲームや映画なども高精細な画面で楽しめます。スピーカーが内蔵していることに加え、イヤホン端子も装備するのでサウンド面も万全です。

モバイルバッテリーによるUSB給電が可能なので屋外でも使用可能。一方、屋内ではAC給電できるので据え置き用途にも活躍できます。本体重量328gと軽いのも魅力。視野角の広いIPSパネルを使用しながらもリーズナブルな価格なのもおすすめポイントです。

UPERFECT HDR対応 10.1インチモバイルディスプレイ SP-02

UPERFECT HDR対応 10.1インチモバイルディスプレイ SP-02

10.1インチの小型サイズながら高画質なモバイルディスプレイ。フルHDを超える2K解像度の2560×1600ドットに加え、よりリアルな明暗を描写できるHDR規格にも対応。HDR出力をサポートするPS4やXbox One Sといったゲーム機と接続することで、没入感の高いプレイを楽しめます。

視野角の広いIPSパネルを採用しているのもポイント。ミニHDMI入力を2系統備えるので、ゲーム機や映像機器とPCを同時に繋げるのも便利です。

フレームには、アルミ素材を使用しているため、高級感があります。本体の重さは400gと軽量なことに加え、幅が9mmの薄さで、スマートに持ち運べるのが魅力。機能性だけでなく、デザインを重視する方におすすめです。

デジノス(Diginnos) 8.9インチバッテリー内蔵モバイルディスプレイ DG-NP09D

デジノス(Diginnos) 8.9インチバッテリー内蔵モバイルディスプレイ DG-NP09D

8.9インチと小型ながら、フルHDを超えるWUXGA(1920×1200)解像度を持つ高品位モデル。8000mAhの大容量バッテリーを内蔵し、約4.5時間の使用が可能です。約490gの軽量でモバイル使用にも適しています。

各種ケーブルや電源アダプターを付属するので買ってすぐに使えるのも便利。接続はHDMIなのでPCはじめゲーム機や映像機器などと幅広く組み合わせられます。本体にスピーカーも内蔵するので外部スピーカー不要なのもポイント。価格もリーズナブルなので、価格重視の方におすすめです。

METIS 7インチディスプレイ NDR-7

METIS 7インチディスプレイ NDR-7

豊富な映像入力が特徴の7インチディスプレイ。映像入力がHDMIに加えてVGA、コンポジットAV端子に対応しています。HDMIを備えないPCやDVD、ビデオデッキなど幅広い機器と接続が可能。各種ケーブルが付属しているのも便利です。

電源はACアダプターに加えてシガーソケットからも取れるので車載用にも最適。リモコンも付属しているので、少し離れたところからでも快適に使用できます。専用スタンドも付属しているので好みの角度で安定させて見られるのもポイントです。

ETEPON 7インチディスプレイ EP007

ETEPON 7インチディスプレイ EP007

7インチとモバイルディスプレイとしても小型のモデルです。解像度は1024×600と低めになりますが、大きめのスマートフォン程度のサイズに厚さがわずか7mmなのでカバンはもちろん、ポケットに入れて持ち歩けるほどです。

HDMI端子を装備したPC、ゲーム機などと接続できます。超小型コンピューターである「Raspberry Pi 」との接続互換性を謳っているのも特徴です。電源はUSB端子からの供給ですが、USB-ACアダプターも付属するので据え置き使用も可能。画質よりもサイズと手軽さを重視した用途に最適です。サブモニター用にもおすすめできます。