冬の厳しい寒さを、ぽかぽかと温めてくれる暖房器具。その中でも「暖炉型ファンヒーター」は、レトロでノスタルジックな雰囲気が魅力です。まるで本当に薪が燃えているような揺らめく炎の光は、温かみのある癒し空間をおしゃれに演出してくれます。

そこで今回は、暖炉型ファンヒーターのおすすめ人気モデルをご紹介。使いやすさから電気代までも解説するのでぜひ参考にしてみてください。

暖炉型ファンヒーターの選び方

形状をチェック

設置型

By: amazon.co.jp

置いて使うタイプの一般的な暖炉型ファンヒーター。大きさや機能などが多彩なので数多くのラインナップからニーズに合ったものを選択できます。基本的に上部は熱くならない設計のためスペースさえ確保できれば置き場所に困りません。

レトロな雰囲気で北欧スタイルのインテリアにピッタリくるモノやモノトーンでモダンなモノ、近未来的な少し変わったフォルムのモノなどデザインもさまざま。本物の暖炉に模して作られているので暖炉のある家を存分に味わいたい方におすすめです。

ただし、一般的なファンヒーターに比べて設置型の暖炉型ファンヒーターは重量があるので部屋間を気軽に移動させるのはやや困難。設置場所を想定してから購入しましょう。

壁掛け型

By: amazon.co.jp

薄型の壁掛け型は場所を取らずに設置できる暖炉型ファンヒーター。絵画のようなデザイン性の高さでより部屋をスタイリッシュに演出できます。部屋に暖房器具があるとそれだけでもかなりのスペースを占めてしまいますが、壁掛け型ならすっきりして見えるのも魅力。

平面が多い構造なので汚れを拭きやすく、掃除も簡単です。前面のガラス部分が熱くならないモノがほとんどなので子供やペットがやけどする心配もありません。

また、床に置かないので倒したり足をぶつけたりする心配がないのも安心。壁への取り付けは少し面倒な点はあるものの、1度取り付けてしまえば使い勝手のよいタイプです。

イルミネーション装置をチェック

LEDタイプ

By: amazon.co.jp

炎を演出するイルミネーション装置は大きく分けてLEDタイプとハロゲンに分けられます。LEDは消費電力が小さいのが魅力。非常に長持ちするためLEDライト交換の手間がほとんどなく、快適に使用できます。燃焼を伴わないので空気が汚れないのもメリットです。

また、LEDライトだけを点灯させて照明代わりにも使えるモデルがほとんどなので炎を眺めながら素敵なリラックスタイムを過ごすこともできます。

モデルによってはLEDではなく、シャンデリア電球などが使われているタイプもあります。LEDよりも消費電力と交換頻度が上がるのが難点ですが、交換時にはLED電球に換えることもできるので、電球タイプをチェックしておくとよいでしょう。

ハロゲンタイプ

By: amazon.co.jp

ハロゲンとはハロゲンランプを熱源とするヒーターのこと。ハロゲンランプは赤外線電球の1つで、電源を入れるとすぐに温まることが特徴です。つまり高熱を発するライトなのでほぼ発熱しないLEDとは真逆の仕組みで、より自然の炎に近い明るさを演出可能。

ハロゲンタイプの暖炉型ファンヒーターの中には発熱と同時に水を沸騰させて水蒸気を発生させられるモノもあり、空気が乾燥するのを防いでくれたり煙を演出したりできます。イルミネーション装置によって暖房の性能も変わってくるので、使用用途や好みに合わせて選びましょう。

適用畳数をチェック

By: amazon.co.jp

暖炉型ファンヒーターは発生する熱量が小さく、石油ストーブやオイルヒーターに比べると部屋全体を暖める力は弱い傾向にあります。購入する際は適用畳数を確認して使用する部屋に合わせて選びましょう。

ただ、暖炉型ファンヒーターの特徴は目の前の人を素早く集中的に暖めるといった使い方なので、製品によっては適用畳数が書かれていないモノもあります。

1畳をしっかり暖めるのに必要とされる電力は、340W前後。消費電力が1200W前後の暖炉型ファンヒーターなら、目安として木造の部屋で3~5畳、鉄筋コンクリートの部屋で4~8畳が適用畳数です。

消費電力をチェック

消費電力が大きいモノほど発生する熱量が高いので暖まりやすいですが、一般家庭の多くは1つの回路が20A、100Vが多いためこれ以上電力を使いすぎれば安全のためブレーカーが落ちます。

例えば、電子レンジと同時に使用した場合などは注意が必要なので、ライフスタイルや電力の使用状況をチェックしましょう。

また、消費電力は電気代につながります。1500Wで1時間つけたままにすれば約40円、600Wなら約16円なのでランニングコストも考慮して選ぶのがおすすめです。

安全装置をチェック

暖炉型ファンヒーターは安全装置も重要。例えば転倒オフ機能は、誤ってつまずいて暖炉型ファンヒーターを転倒させた場合、自動で電源がオフになる機能です。ヒーターの熱でカーペットなどから火事が起こるのを防ぎます。

また、温度ヒューズは、電気回路のトラブルを察知し本体が異常発熱を起こすのを防ぐ安全装置です。サーモスタットは本体が一定以上の温度になった時に一時的にOFFする安全装置のこと。本体が高温になりすぎることによるトラブルを防ぎます。

子さんやペットの有無、使用するときのシチュエーションを考慮して安全装置をチェックしてください。

機能をチェック

温度調節機能

By: amazon.co.jp

温度調節機能付きの暖炉型ファンヒーターは、状況に応じて暖め方を変えられるので便利。寒い朝は強運転で暖め、落ち着いてきたら弱運転にするなどの使い分けができるので電気代の節約にもおすすめです。

多くのモデルに搭載されている機能ですがモデルによって消費電力が変わるので、その点もチェックしておくとよいでしょう。

炎演出のみ機能

By: amazon.co.jp

オレンジの暖炉の明かりはそれだけで温かみを感じさせてくれます。特に眠る前は蛍光灯やスマートフォンの光よりも暖色系の明かりが推奨されているので、暖炉型ファンヒーターの明かりがピッタリです。

また、炎のゆらめきは「1/fゆらぎ」と呼ばれるリラックスに関わる法則を持っています。規則的なリズムの中に不規則な揺らぎが混じることで心地よいと感じられる効果です。

暖炉型ファンヒーターの中には暖房機能はオフにして炎の演出のみを見られるモデルもあります。寒くはないけれど炎の揺らめきを見つめたいときに活用できるのがポイント。ほのかな照明の効果もあるので、優しい明かりでリラックスしたいときにもおすすめです。

暖炉型ファンヒーターのおすすめモデル

ディンプレックス(Dimplex) 電気暖炉 マイクロストーブ MCS12J

ディンプレックスは、1949年にイギリスの港町で誕生したブランド。特に電気暖房機器においては世界トップクラスの企業です。暖炉型ファンヒーターは重厚感のある質感とリアルな炎の演出で多くのファンに愛されています。本製品は同メーカーの暖炉型ファンヒーターの中で最も小型な置き型タイプです。

7Wと省電力のLEDを搭載しており、イルミネーションのみの演出も可能。5段階の光の反射と屈折を利用したリアルな炎のイルミネーションは、癒し効果も抜群です。

温度調節は2段階可能で、消費電力が強設定で1200W、弱設定で604W。電気代は1時間あたり強で約32円、弱で約16円です。木造3畳まで、コンクリート8畳までの部屋を暖めるのに適しています。

安全装置は「転倒時電源遮断装置」と「過昇温度防止装置」を搭載しており、倒れたり本体が熱くなったりすると電源が切れるので安心して使えます。コンパクトで可愛らしいデザインが魅力の暖炉型ファンヒーターです。

ディンプレックス(Dimplex) 電気暖炉 ジセラ GSL12NJ

大きな部屋にも映える壁設置型タイプの製品。奥行きは17cmと場所を取らないのでリビングやキッチンにおすすめです。木目調の落ち着いたデザインはインテリアの邪魔をせずしっくりと部屋になじみます。

本製品は本体を壁に固定するためのビスやブラケットが付属しており、しっかり取り付ければ転倒の心配もありません。壁にも取り付け用の金具を付ける必要があるため、設置場所の壁に取り付け可能か確認しておきましょう。

炎を演出するイルミネーションは、触れても熱くないLEDタイプで省エネ。イルミネーションのみの使用も可能です。消費電力は強設定が1200W、弱設定が605Wで木造3畳まで、コンクリート8畳までの部屋向けです。リモコンが付属しているので離れた場所からでも操作できます。

また、安全装置は過昇温度防止装置を搭載。本体が熱くなりすぎると電源をオフにしてくれます。省スペースの暖炉型ファンヒーターを探している方におすすめの製品です。

ディンプレックス(Dimplex) 電気暖炉 オークハースト OKT12J

ディンプレックスの中でも、最も高級なモデルです。炎演出のイルミネーションはハロゲンを採用。水を入れることで部屋を暖めながら水蒸気を作り出します。たっぷり1Lのウォータータンク付きなので加湿器としての効果もバッチリ。

水蒸気が立ち上る自然の揺らめきにハロゲンの光を投影させ、よりリアルな炎の動きを再現します。炎の再現度は、非常に高いクオリティの「オプティミスト」技術として特許を取得。さらに、水蒸気の出方と炎のサイズも調節できるのでシーンに合わせて選択できます。

安全装置は転倒時電源遮断装置と過昇温度防止装置を搭載。消費電力は強設定で1200W、弱設定で700Wなので木造3畳まで、コンクリート8畳の部屋向けです。電気代は1時間あたり強で約32円、弱で約19円。

LEDではなくハロゲンタイプなのでイルミネーションの消費電力が200Wありますが、より自然な炎を楽しめる上、イルミネーションだけでも使えて便利。ほんのりとした温かさもあって癒されます。寒くないときは加湿器代わりに使うのもおすすめ。さまざまなシーンで活躍してくれるモデルです。

ベルソス(VERSOS) 暖炉型ファンヒーター VS-HF3200

海外製品を輸入販売している日本企業、ベルソスの暖炉型ファンヒーター。比較的安価なので暖炉型ファンヒーターの導入を迷っている方におすすめの製品です。

小型なフォルムながら重厚感のあるアンティークなデザインが魅力。4.3kgと軽いので部屋間の移動も簡単です。温風は強1200W、弱600Wの2段階切り替えが可能で3~8畳の部屋向け。スイッチは暖炉内に設置されているためデザインの雰囲気を壊さないのも魅力です。

炎演出のイルミネーションのみを灯せるので温かみのある色合いをライト代わりにも使用可能。安全装置は本体転倒時自動電源OFF機能とサーモスタット温度過上昇防止機能を搭載しています。電気代は強設定で1時間あたり約32円。安価ながら機能も安全装置もしっかり揃ったおすすめのモデルです。

スリーアップ(three-up) ノスタルジア 暖炉型ヒーター CHT-1540

クラッシックなデザインが魅力の暖炉型ファンヒーター。設置型ながら高さ55cmのミニサイズなので邪魔にならず、どこにでも移動しやすい手軽さが魅力です。

スイッチを入れるとすぐに暖かくなるファンヒーターの利点はそのままに、炎演出のイルミネーションがさらに温かさを演出してくれます。本体下部から温風が出る仕様のため、上部は熱くなりにくい設計。ヒーターは強1200W、弱600Wの2段階切り替えで、3~8畳の部屋向けです。

「温度ヒューズ」や「サーモスタット」「転倒時自動オフスイッチ」と安全装置も充実しているので子供がいるご家庭でも安心して使用できます。イルミネーションの炎の強さも調節できるので、シーンや好みに合わせて選択でき、癒し効果も抜群の製品です。

エスアイエス(SIS) 暖炉型ヒーター ルノン FP121

未来的な丸いフォルムが魅力の暖炉型ファンヒーター。暖炉と言うより焚火に近い見た目がおしゃれな製品です。

コロンとしていて可愛らしい見た目ながら機能面も充実。本体上部にあるダイヤルを回せばイルミネーションの大きさやヒーターの強さを調節できます。イルミネーションのみでの作動も可能なので癒し効果も抜群。

消費電力は弱設定で600W、強設定で1200W、強設定時の1時間あたりの電気代は約32円。3~8畳の部屋を優しく暖めてくれます。

転倒時自動オフ機能や、温度過昇防止装置も搭載しているので安全面もしっかり対応しているのも特徴。見た目のよさと機能性を併せ持つおすすめの暖炉型ファンヒーターです。

山善(YAMAZEN) 暖炉型ヒーター YDH-J10

ジェネリック家電メーカー山善の暖炉型ファンヒーターです。暖炉の雰囲気は楽しみながらも軽量でコンパクトな電気ファンヒーターを探している方におすすめ。ジェネリック家電とは、安くても高性能・高品質であるノーブランド家電のこと。基本性能をきちんと備えつつ、確かな品質で多くのファンを獲得しています。

山善の暖炉型ファンヒーターは、一般的な電気ファンヒーターのフォルムで真ん中に薪と炎のイルミネーションが設置されている仕組み。すっきりしたシルエットと、ノスタルジックな暖炉のよさを上手に両立しています。

本体重量は7.3kg、高さ45cmと女性でも扱いやすいサイズ。部屋間の移動も楽々です。操作スイッチは背面にあり、インテリアの邪魔になりません。コンパクトサイズでもしっかり薪のイルミネーションを楽しめるのが魅力です。

弱設定500W、強設定1000Wとヒーターの強さは2段階設定可能で6畳までの部屋向き。強設定で電気代は1時間あたり約27円、弱設定なら約14円です。転倒オフスイッチやサーモスタット、温度ヒューズの3つの安全装置も搭載されているので安心。最大消費電力が小さめの省エネタイプなので、足元などを集中して暖めるのにおすすめです。

山善(YAMAZEN) 暖炉型ヒーター YDH-SL10P(

価格の安さを保ちながらアンティークで重厚感のあるフォルムを求めている方におすすめのモデル。暖炉型の扉を開閉できる仕組みを採用しており、スイッチは扉に隠れるよう内部に配置。よりリアルな暖炉を再現しています。高さ60cmに加え脚付きなので高めの位置をしっかり暖められるのも特徴。

消費電力は弱設定500W、強設定1000Wの2段階設定。炎演出のイルミネーションのみの運転も可能です。イルミネーションはダイヤル式を採用しているため、弱から強まで光の強さを好みに合わせて選べます。

炎は光の反射や屈折を使い、本物の暖炉のように演出しているのも魅力。転倒オフスイッチやサーモスタット、温度ヒューズの3つの安全装置も搭載しているので、安全面もしっかり配慮されています。

Best Choice Products 壁掛け用 電気暖炉 BCP-FP01

壁掛け型の暖炉型ファンヒーター。88.9×48.3cmの大型サイズなのでインテリアとしてもかなりインパクトがある製品です。

3Dフレームテクノロジーにより、リアルな炎を再現。反射や屈折を使うのではなく光を投影するタイプなので他とは違った光の演出を楽しみたい方にもピッタリです。操作は背面のスイッチで行い、前面に操作盤は全くないためインテリアの邪魔をしません。

また、光やヒーターの強さを調整できるリモコンが付属しているので離れたところからの操作も可能。ハイパワーの1500Wと750Wから選択でき、強設定の1500W使用時の電気代は1時間あたり約40円です。8畳までの部屋を暖めるのに適しています。

ノスタルジックさだけでなく、エレガンスさも十分に演出できるハイセンスなモデル。前面は美しいガラス仕上げで熱を持たない構造なので、リビングはもちろん寝室の暖房器具としてもおすすめです。