アクアリウムをおしゃれにするだけでなく、熱帯魚や水草の生育にも必要な「水槽ライト」。最近ではLEDライトや蛍光灯、メタルハイドライトなど種類が多く、初心者ほど選ぶのが難しいアイテムです。そこで今回は、水槽ライトの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

自分のアクアリウムに合う水槽ライトを選ぶためにも、ぜひ参考にしてみてください。

水槽ライトの基礎知識

By: amazon.co.jp

ケルビン(K)

ケルビン(K)とは光の色合いを数値化したものです。ロウソクのような赤みを帯びた光は2000K、太陽光は7500K、晴天の青空は10000Kと例えられます。ケルビンが高くなるにつれて、強く青みを帯びた光になるのが特徴。熱帯魚や水草の飼育には8000Kあれば十分ですが、強い光が必要なサンゴやイソギンチャクを飼育する場合には10000〜20000Kが必要です。

ルーメン(lm)

光の明るさを表すのがルーメン(lm)です。数値が大きいほど明るい色が発せられます。ただし、光を照らす範囲が狭いと水槽内の隅々に光が行き届きません。購入前には照射範囲も確認しておきましょう。また、もしもルーメンの表記がない場合はワット数(W)を確認することで光の明るさを把握できます。ワット数もルーメン(lm)同様、値が大きいほど明るい光が発せられるという特徴があります。

ルクス(lx)

ルクス(lx)とは光を照らす範囲を示しています。ただ照明器具の場合は、利用する条件下によって値が変化してしまうため、製品によってはルクス(lx)が記載されていない場合があります。水槽ライトを照らす範囲を広めたい場合は、ルーメン(lm)値の高いライトを使うか、複数のライトを使うのがおすすめです。

ナノメートル(nm)

ナノメートル(nm)とは光の波長のことをいいます。波長の長いものから順に赤・橙・黄・緑・青・藍・紫と変化していくのが特徴です。特に水草飼育をする際に参考にする単位。光合成に必要な600~700nmの赤系の光と、400〜500nmの青系の光を組み合わせて使用するのが一般的です。

水槽ライトの種類

LEDライト

By: amazon.co.jp

水槽ライトにもっとも一般的に使用されているライトの種類です。最近ではLED素子の種類が多く、さまざまな色の組み合わせができるため、生体に合わせて光の色を調節できる特徴があります。また、寿命が長く電気代が安いのも人気の理由です。一方、光合成に必要な波長が弱いのがデメリット。水草飼育にこだわらなければ、コストを抑えられるためおすすめです。

蛍光灯

昔から観賞用ライトで使用されているのが蛍光灯です。アクアリウムでは一般的なグロースターター式、消費電力が大幅に抑えられるインバーター式、スイッチを入れるとすぐに点灯するラビットスタート式の3種類があります。複数本並べて使用するのが特徴で、水草飼育用の水槽ライトを探している方におすすめです。

メタルハイドライト(メタハラ)

By: kamihata.co.jp

メタルハイドライトは野球場や車のハイビームに使われるほどの光量が特徴です。水槽の下まで強い光が届き、水草の育成にも使用できます。また、海水でのサンゴやイソギンチャク飼育にもおすすめ。光が直線的なため水面が波打つと影ができ、水の揺らぎも演出できます。

一方、熱を発するため水槽内の水を管理するためにクーラー対策が必要。高価でランニングコストがかかるデメリットもあります。

水槽ライトの選び方

水槽のサイズをチェック

水槽のサイズによって、水槽ライトの選び方を工夫しましょう。例えば30cmの水槽には350~700lm程度が必要です。また、45cmには、1000~2000lm程度、60cmには1500~3000lm程度が必要といわれています。購入前は、水槽のサイズを確認したうえで水槽ライトを選ぶのがおすすめです。

設置方法をチェック

By: amazon.co.jp

設置方法も水槽ライトを選ぶ際に重要です。水槽ライトには、水槽の上に載せるタイプ、自立式タイプ、水槽に挟み込むクリップタイプなどさまざまなタイプがあります。光の明るさや照射範囲はもちろん、メンテナンスのしやすさも考えてタイプを選びましょう。メンテナンスのしやすさを重視したい方には、取り付けがしやすいクリップタイプか、水槽の上に載せるタイプがおすすめです。

タイマー機能があれば便利

By: amazon.co.jp

水槽ライトにはタイマー機能が付いているモノもあります。水草の成長や魚の生活リズムに合わせて光を調節できるため便利です。なかには光の変化を工夫することで成長しやすい水草や、産卵しやすくなる魚もいます。生体によって光を当てる時間を工夫したり、成長に合わせて照射時間を変化させたりとアクアリウムの楽しさを広げられる機能として人気です。

水槽ライトのおすすめモデル|LEDライト

VOLADOR アクアリウムライト

VOLADOR アクアリウムライト

幻想的な雰囲気を演出したい方におすすめの水槽ライトです。白色LED36個、彩色LED6個の計42個のLEDを搭載しており、彩色証明モードかブルーモードの2パターンで水槽を照らせます。本体には放熱性の高いアルミを使用。熱によるLEDの劣化や水温の上昇を防ぎます。

また伸縮可能なため、30〜50cmの水槽に対応しています。水槽の上に設置するタイプですが、本体が薄いため目立たないのも人気の理由です。

寿工芸 フラットLED 300

寿工芸 フラットLED 300

水槽全体を明るく照らす水槽ライトです。照射角度が120°あります。また、最薄部はわずか6mmとスリムな設計。複数台使用しても目立ちにくいデザインです。また、白色LEDをメインに赤色と青色LEDの発光波長を加えています。より自然な光を再現できるため、水草飼育におすすめです。

さらに、放熱性が高いアルミを使用しているのも魅力。LEDの劣化を防ぎ、水温の上昇も避けられます。スライド式リフトアップパーツを使用しているのも特徴。枠付き水槽、フレームレス水槽どちらのタイプにも対応します。

EAYHM アクアリウムライト

EAYHM アクアリウムライト

長寿命かつ安全性の高い水槽ライトを探している方におすすめです。電源アダプタがPSE認証されており、16W高輝度フルスペクトルLEDを採用しているため、高出力かつ省電力を実現します。発光時間は約50000時間と長寿命です。また、アルミを使用しているため、本体重量が540gと軽いのも魅力。防水・放熱効果も期待できます。

27個のLEDが付いており、カラー点灯モード・全点灯モードと使い分けができるのも特徴。タイマーも使用できます。伸縮できるため、42〜65cmの水槽に使用できるのも人気の理由です。

ニッソー LEDライナー600 NLF-101 ブラック

ニッソー LEDライナー600 NLF-101 ブラック

簡単操作で全点灯・白点灯・赤青点灯の3パターンの切り替えができる水槽ライトです。水草の成長段階に合わせてライトの色を変えられます。また、95lmの高効率LEDチップを採用しているため、消費電力を抑えられるのも魅力です。

さらに本体には、アルミニウムの表面を酸化させて膜を作り、腐食しにくくするアルマイトを施しているのも特徴。LEDの発熱を効率よく放熱するため、水槽の温度上昇を防ぎます。特に60cmの水槽で水草飼育をしている方におすすめです。

ジェックス(GEX) クリアLED POWERX 600

ジェックス(GEX) クリアLED POWERX 600

明るさを重視したい方におすすめの水槽ライトです。1400ルーメンの明るさに加えて色温度が11000ケルビンのため、水の透明感を演出できます。魚や水草を美しく見せたい方に人気です。

また、本体が8mmと薄いため、フレームレス水槽との一体感を演出できるのも魅力。脚ゴムが付いているため、水槽の蓋の上に直接置けるのも特徴です。

テトラ LEDミニライト

テトラ LEDミニライト

小型水槽用におすすめの水槽ライトです。水槽の横幅が17〜32cmかつフレーム幅が16mm以下のフレームに対応しています。クリップタイプで取り付けできるため、メンテナンス時に便利。約10万時間の長寿命LEDが使用されているのも特徴です。

また、ブルー・ホワイトの2色のLEDランプを切り替えられるのも魅力。同時点灯も可能なため、透明感のある光や水中に差し込む太陽の光、青白く光る月の光を再現できます。グッピーや熱帯魚の鑑賞はもちろん水草の飼育にもおすすめです。

エーハイム LEDライトブルー2

エーハイム LEDライトブルー2

サンゴ・イソギンチャクの飼育におすすめの水槽ライトです。褐虫藻の光合成を促す波長域である400〜500nmの光を発せられます。光の照度は320lx、色の温度は約25000Kです。ランプの寿命は約20000時間あるため、長く使い続けられるのも魅力。

厚さ20mm以下のガラスを使用したフレームレスの水槽に設置できます。また、アームを上下・左右にスライドできるため、ライトの位置を調節できるのも特徴です。

ニッソー LEDライトスマートタッチ ブラック

ニッソー LEDライトスマートタッチ ブラック

水槽に引っ掛けるだけで簡単に設置できる水槽ライトです。スイッチのオンオフの切り替えもワンタッチで可能。厚さ5mmのフレームレス小型水槽に対応しています。ほかの水槽ライトとは異なるデザインも人気の理由です。

また、LEDは白15個青が3個搭載されています。コンパクトで使いやすい水槽ライトを探している方におすすめです。

水槽ライトのおすすめモデル|蛍光灯

カミハタ ヴォルテス

カミハタ ヴォルテス

海水魚または淡水魚の鑑賞におすすめの水槽ライトです。30Wの蛍光灯(E26)に対応しています。軽量な高反射リフレクターが付いているため、水槽内を明るく照らすのが魅力。

また、アルマイト加工が施された素材を使用しているため、劣化しにくいのが特徴です。さらに、シンプルなデザインも人気の理由。クリップで挟むか、チェーンで吊り下げて設置できます。

アクアシステム アクシーファイン 18W

アクアシステム アクシーファイン 18W

横幅45cm程度の水槽で水草飼育をしたい方におすすめの水槽ライトです。18W球と大型反射板が使われています。水槽に挟み込むクリップタイプなので取り外しも簡単。吸盤と固定ネジでしっかり固定できます。

また、アームと本体の間にも可動箇所があるのも魅力。水槽の横側にも後ろ側にも取り付けられます。さらに、水はねなどから電球を保護する透明カバーが付いているのも特徴。複数台使用にもおすすめです。

カミハタ ネオアーム

カミハタ ネオアーム

小型かつシンプルなデザインの水槽ライトを探している方におすすめです。特殊アタッチメントを使用しているため、初心者でも取り付けが簡単なのが魅力。挟む面積が大きいため、ブレることなく固定できます。水槽の厚みは5mmから10mmまで対応可能です。また、アームが長いのも特徴。真上から光を照らせます。

さらに、コードがアーム内に収まるため見た目もすっきりさせられるのも魅力です。特に海水魚・淡水魚の鑑賞におすすめ。一方、ハロゲンライト・白熱球は高温になる恐れがあり使用できないため、注意が必要です。

アクアシステム アクシーファインスポット

アクアシステム アクシーファインスポット

小型水槽におすすめの水槽ライトです。ガラス厚8mmまでのフレームレス水槽に対応しています。クリップタイプのため、取り付けしやすく水槽のメンテナンス時に便利です。

横幅30cmまでの水槽に最適ですが、複数使いすることでより大きな水槽にも活用できます。アーム部分の長さは約13cm。口金サイズはE26に対応しています。

水槽ライトのおすすめモデル|メタハラ

エムズワン ME-31501 150W

エムズワン ME-31501 150W

メタルハイドライトの水槽ライトを、初めて買う方におすすめです。耐食性のあるアルミを使用しているため、劣化を防ぎます。また、フィン加工が施されていることによって熱を効率よく逃すのも魅力です。部品にかかる負荷を軽減するため、長期間使用できます。

ハイブリッド照明システムを採用しているのも特徴です。水草や海水魚などの生体に合わせてランプの組み合わせを変えられるため、幅広い飼育ジャンルに適応します。

コードの長さは2.5mあり、本体サイズは横幅300×奥行き250×高さ140mm。設置する際は市販の専用スタンドやアーム、天井吊り下げ用フックが必要です。

カミハタ ファンネル2 150W

カミハタ ファンネル2 150W

コンパクトながら90cmの水槽を隅々まで照らせる水槽ライトです。本体サイズは横幅260×奥行き200×高さ95mm。重さは2.3kgと小柄ながら、エンボス式リフレクターを搭載することで面積当たりの照射量を高めています。

また、インバーター安定器を搭載しているのも特徴。点灯不良時や異常過熱時の安全保護装置を内蔵しています。さらに、照射器の保護ガラスに5mmの強化ガラスが使われているのも魅力。故障を防ぐため、長く使える水槽ライトを探している方におすすめです。