アクアリウムをおしゃれにするだけでなく、熱帯魚や水草の生育にも必要な「水槽ライト」。最近ではLEDライトや蛍光灯、メタルハイドライトなど種類が多く、初心者ほど選ぶのが難しいアイテムです。

そこで今回は、水槽ライトの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。自分のアクアリウムに合う水槽ライトを選ぶためにも、ぜひ参考にしてみてください。

水槽ライトの基礎知識

By: amazon.co.jp

ケルビン(K)

ケルビン(K)とは光の色合いを数値化したものです。ロウソクのような赤みを帯びた光は2000K、太陽光は7500K、晴天の青空は10000Kと例えられます。ケルビンが高くなるにつれて、強く青みを帯びた光になるのが特徴。熱帯魚や水草の飼育には8000Kあれば十分ですが、強い光が必要なサンゴやイソギンチャクを飼育する場合には10000〜20000Kが必要です。

ルーメン(lm)

光の明るさを表すのがルーメン(lm)です。数値が大きいほど明るい色が発せられます。ただし、光を照らす範囲が狭いと水槽内の隅々に光が行き届きません。購入前には照射範囲も確認しておきましょう。

また、もしもルーメンの表記がない場合はワット数(W)を確認することで光の明るさを把握できます。ワット数もルーメン(lm)同様、値が大きいほど明るい光が発せられるという特徴があります。

ルクス(lx)

ルクス(lx)とは光を照らす範囲を示しています。ただ、照明器具の場合は利用する条件下によって値が変化してしまうため、製品によってはルクス(lx)が記載されていない場合があります。水槽ライトを照らす範囲を広めたい場合は、ルーメン(lm)値の高いライトを使うか、複数のライトを使うのがおすすめです。

ナノメートル(nm)

ナノメートル(nm)とは光の波長のことをいいます。波長の長いものから順に赤・橙・黄・緑・青・藍・紫と変化していくのが特徴です。特に水草飼育をする際に参考にします。光合成に必要な600~700nmの赤系の光と、400〜500nmの青系の光を組み合わせて使用するのが一般的です。

水槽ライトの種類

LEDライト

By: rakuten.co.jp

水槽ライトにもっとも一般的に使用されているライトの種類です。最近ではLED素子の種類が多く、さまざまな色の組み合わせができるため、生体に合わせて光の色を調節できます。また、寿命が長く電気代が安いのも人気の理由です。

一方、光合成に必要な波長が弱いのがデメリット。水草飼育にこだわらなければ、コストを抑えられるためおすすめです。

蛍光灯

昔から観賞用ライトで使用されているのが蛍光灯です。アクアリウムでは一般的なグロースターター式、消費電力が大幅に抑えられるインバーター式、スイッチを入れるとすぐに点灯するラビットスタート式の3種類があります。複数本並べて使用するのが特徴で、水草飼育用の水槽ライトを探している方におすすめです。

メタルハイドライト(メタハラ)

By: kamihata.co.jp

メタルハイドライトは野球場や車のハイビームに使われるほどの光量が特徴です。水槽の下まで強い光が届き、水草の育成にも使用できます。また、海水でのサンゴやイソギンチャクの飼育にもおすすめ。光が直線的なため水面が波打つと影ができ、水の揺らぎも演出できます。

一方、熱を発するため水槽内の水を管理するためにクーラー対策が必要。高価でランニングコストがかかるデメリットもあります。

水槽ライトの選び方

水槽のサイズをチェック

水槽のサイズによって、水槽ライトの選び方を工夫しましょう。例えば30cmの水槽には350~700lm程度が必要です。また、45cmには、1000~2000lm程度、60cmには1500~3000lm程度が必要といわれています。購入前は、水槽のサイズを確認したうえで水槽ライトを選ぶのがおすすめです。

設置方法をチェック

By: amazon.co.jp

設置方法も水槽ライトを選ぶ際に重要です。水槽ライトには、水槽の上に載せるタイプ、自立式タイプ、水槽に挟み込むクリップタイプなどさまざまなタイプがあります。光の明るさや照射範囲はもちろん、メンテナンスのしやすさも考えてタイプを選びましょう。メンテナンスのしやすさを重視したい方には、取り付けがしやすいクリップタイプか、水槽の上に載せるタイプがおすすめです。

タイマー機能があれば便利

By: amazon.co.jp

水槽ライトにはタイマー機能が付いているモノもあります。水草の成長や魚の生活リズムに合わせて光を調節できるため便利です。なかには光の変化を工夫することで成長しやすい水草や、産卵しやすくなる魚もいます。生体によって光を当てる時間を工夫したり、成長に合わせて照射時間を変化させたりとアクアリウムの楽しさを広げられる機能として人気です。

水槽ライトのおすすめモデル|LEDライト

チャーム(charm) アクロ TRIANGLE LED GROW 600

幅56.2×奥行き9.5×高さ5cmと大きめのサイズで、最大幅72cmまでの大型水槽への設置にも対応している水槽ライト。色温度は7200Kで、ライト3本合わせて3000lmの明るさがあります。660nmで赤系の波長を発する性能を備えており、水草の飼育に適したモデルです。

非常に優れた発光効率の白色LEDチップを搭載しているのも特徴。消費電力は白1Wあたりの明るさが約115lmと、コスパにも優れています。また、ボディの素材にアルマイト加工が表面に施されたアルミを採用。高い耐食性と耐摩耗性を備えています。三角形でスタイリッシュなボディデザインも魅力です。

設置は、リフトによって水槽の上に載せるか、吊り下げるかの2通り。大きめの水槽で水草が育てられる、高性能な水槽ライトを探している方におすすめです。

水作(Suisaku) ライトアップ 600 ブラック

スマートでスッキリとしたボディデザインがおしゃれな水槽ライト。歪みがなく放熱性が高いアルミボディのため、本体内に熱がこもりにくく、LEDチップの消耗を軽減します。薄型で高輝度のLEDチップを採用しており、8000Kで青く透明感がある光を発するのも特徴。

936lmの明るさがあり、LEDチップの照射角度が120°なので水層全体が明るく照らせるのも魅力です。また、60~72cmの水槽に対応し、本体の両サイドを6cmまでスライド伸長可能。水槽のサイズに合わせて設置ができます。

大きめの水槽で、観賞魚の飼育をする方におすすめの水槽ライトです。

ジェックス(GEX) クリアLED エコリオ アーム カラー

白・青・赤と3色の独立スイッチを搭載した水槽ライト。好みによって、単色で使用するのはもちろん、全7通りの色の組み合わせも楽しめます。照射角度は120°と、水槽を幅広く照らせるのも特徴。また、省エネ設計で長寿命なため、コスパも優れています。

本体のサイズは、幅17×奥行き4×高さ1.5cmと非常にコンパクト。小型の水槽に使用するのはもちろん、価格も安いので手軽なサブ照明としての活用にもおすすめのモデルです。

ジェックス(GEX) クリアLED リーフグロー

水草などの植物を飼育するのに便利な水槽ライト。色温度は6500Kで、白く自然な光を発し、水槽内を鮮やかに照らします。また、植物が育つのに適する波長と、300lmの明るさにより光合成をしっかりとサポートするのも特徴です。

セッティング方法は、アタッチメントとスタンドの2WAY仕様。アタッチメントでフレームレスの水槽に直接取り付けたり、スタンドで自立させたりと、水槽の大きさやタイプに応じて使用できます。

さらに、長さ35cmのフレキシブルアームを採用しており、自由に照射角度や位置を変えられるのも魅力。価格も安いため、小型の水槽で手軽に水草などの植物が飼育できるアクアリウムライトを探している方におすすめです。

ニッソー(NISSO) LEDライナー450

タッチセンサーの採用により、軽く触れるだけで簡単に操作ができる水槽ライト。ONとOFFはもちろん、全点灯・白色点灯・赤青点灯と3種類の切り替えが可能です。ライトには、水草の発芽と葉や花芽などの成長促進に有効な640nmの赤LED、成長方向を促すとされる460nmの青LEDを採用。

また、耐久性や耐腐食性に優れたアルマイトボディにより、長持ちしやすいのはもちろん、高い放熱性を備えているのも特徴です。効率よくLEDが発する熱を逃がします。

サイズは、幅45×奥行き8.5×高さ2.8cmで、45cmの水槽に適したモデル。本体はガラスフタの上に載せて設置します。上部フィルターに合わせやすく、一体感が生まれるため、スマートでおしゃれなインテリアとして使用したい方におすすめです。

ニッソー(NISSO) PG スーパークリアLED 900

光束が2080lmと高く、広範囲を明るく照らせる水槽ライト。色温度は12000K、演色性はRa81と、水をきらめかせ透明感を引き立たせます。クリアで白い光と、魚や水草の赤みを色濃く見せる光の点灯の2パターンから選択可能です。

サイズは幅90×奥行き9.4×高さ3.4cmと、幅90cmの水槽に対応。ライトリフトが付いているため、フレームレスと枠付きのどちらの水槽の上にも設置できます。大きめの水槽に使用でき、アクアリウム内を美しく輝かせたい方におすすめのモデルです。

EAYHM アクアリウムライト

リモコンでONとOFFをはじめ光量の調節やタイマーも設定できる水槽ライト。9・12・18時間の3段階にタイマーが設定できます。飼育している生物のリズムに合わせたり、コスト軽減をしたりしたい場合に便利。夜間や外出時の使用にも役立ちます。

LEDライトは、ホワイト14・ウォームホワイト4・レッド4・グリーン3・ブルー2個の、計27個を搭載。さらに、白色点灯・カラー点灯・全点灯と、3種類の点灯モードがあり、水槽内を幻想的な空間に彩ります。

本体は水槽の上に載せるタイプ。両サイドが伸縮するブラケットを搭載し、30~50cmの水槽に対応しています。また、電源アダプタは電気用品安全法の基準をクリアした「PSE認証」を取得。ライトの発光寿命は約50000時間を備えるため、安心して長期間使用したい方にもおすすめの水槽ライトです。

Anpet LED水族館ランプ

アームやランプが自由に動かせる、クリップ式の水槽ライト。アームの高さや角度が調節できるだけでなく、ランプの接続部分も回転させられ、さまざまな範囲を照らせるのが特徴です。水槽枠に、ネジでスムーズに固定できるため、設置も簡単に行えます。

ライトには2.9WのLEDランプを採用しており、消費電力が少なく長寿命なため、エコでコスパが高いのも魅力。また、価格が安いのもポイントです。ライトパネルのサイズは、長さ19.5×幅2.5cmとコンパクトで、40cm以下の水槽に適しています。

小型の水槽で、手軽に使用できるアクアリウムライトを探している方におすすめのアイテムです。

水槽ライトのおすすめモデル|蛍光灯

カミハタ(KAMIHATA) ヴォルテス 30W ホワイト

シンプルなデザインでアクアリウムの美しさを引き立たせる水槽ライト。アーム型の専用スタンドがセットとなっており、キャリアバーを設置し吊り下げてライトアップする仕様です。アームの先端にある可変式のジョイント部により、照射角度の調節が可能。

水槽にスタンドを固定させるキャリアバーの設置面が広いため、グラつきも少なく安定して使用できます。ランプに採用しているのは30Wのスパイラル蛍光灯で、高性能リフレクターの搭載によって明るさを向上。光束は1800lmを備え、明るい光で水槽内を優雅に照らしだします。

また、コードは310cmの長さがあるので、電源が離れている場所での使用にも便利。おしゃれで使い勝手のよい水槽ライトで、熱帯魚をはじめ、水草やサンゴ礁の飼育を行いたい方におすすめです。

テクニカ(TECNICA) インバーターライト60 3灯式クリアー18W 3本付

夏と冬の温度差によって明るさを調節し、安定した明るさで飼育ができる水槽ライト。インバーター基盤の回路が、ランプが切れかけるなどの異常に反応して電源が遮断される構造です。インバーター基盤は、3本の蛍光灯に搭載されており、しっかりとした温度対策がなされているのも特徴。

また、放熱板が外部カバーに接続されており、放熱効果に優れているので、温度が上がりやすい夏場でも効率よく熱を放散します。

高い反射率を備えるドイツ製のステンレス反射板を、効率よく下方に光を照射できる形状に加工。60cmと大きめの水槽でも、明るい光で効率よく照らせます。年間を通して適切な明るさと温度が調節できる水槽ライトを探している方におすすめのモデルです。

興和(KOWA) コンパクトクリップタイプ NZ KS-CX

全長20cm、開口部の幅12cmとコンパクトで、重量も380gと軽量で扱いやすい小型の水槽ライト。クリップ式を採用しているため、水槽への取り付けが簡単なのも特徴です。

色温度は17000Kのボール型蛍光ランプを搭載しており、熱帯の海で水深5mを想定した波長域。発熱量が抑えられているので、水温上昇を軽減します。また、電球と比べ約4倍もの明るさを備え、豊富な光量によりメタハラに近い輝きを発揮するのも魅力。

高性能で手軽に取り扱いができる水槽ライトを求める方におすすめのアイテムです。

アクアシステム (AQUA SYSTEM) アクシーキュート300 ホワイト

幅29.6×奥行き6.6×高さ4.6cmとコンパクトで、30cm程の小型水槽への使用に適したアクアリウムライト。スッキリとしたデザインで、小さめの水槽をインテリアとしても引き立たせます。

ランプには、コンパクトで明るいのが特徴のPL蛍光管を使用。水草をはじめ、海洋無脊椎動物の飼育も可能です。また、可動式の脚部も付属しており、オールガラスの枠なし水槽にしっかりと取り付けて使用できます。価格も安いため、初心者の方にもおすすめの水槽ライトです。

アクアシステム (AQUA SYSTEM) アクシーファイン 18W ホワイト

サイズが幅38×奥行き6×高さ6cmで、40~45cm幅の水槽に適したアーム式アクアリウムライト。ランプにコンパクトなPL管を採用しているため、本体のスリム化を実現しています。

また、18Wのランプに加え大型反射板の搭載により、明るさも良好。電球を水はねなどから守る透明カバーも付いており、劣化や故障といったリスクも軽減します。

アーム部分は吸盤と固定ネジによってしっかりと水槽に固定可能。さらに、本体とアーム間には可動箇所も設けられているので、水槽の横側や後ろ側への設置もできます。価格が安いのも魅力で、大型水槽に複数台使用するのにもおすすめの水槽ライトです。

水槽ライトのおすすめモデル|メタハラ

カミハタ(KAMIHATA) ファンネル2 150W 20000K

アルミ製ボディの採用により、サビに強いのが特徴の水槽ライト。厚さ7mmのアルミ板を使用しており、重厚感のあるボディながら、重量は2.3kgと軽量です。サイズも幅26×奥行き20×高さ9.5cmとコンパクトなので取り扱いがしやすいのも魅力。

また、150Wの明るさに加え、大きめの照射開口部に「高反射エンボス式リフレクター」を採用していることで、広い範囲を照らして反射効率も向上させています。本体のサイドはメッシュになっているため通気性がよく、さらに吊り式の保護ガラスによって空気が流れやすく熱がこもりにくい構造です。

吊り下げがしやすいリング調節金具も搭載。ワイヤーの長さ調節ができるだけでなく、本体の落下を防ぐストッパーも付いています。青く強い光を発する20000Kを備え、幅広い海洋生物の飼育におすすめの水槽ライトです。

エムズワン(M’s one) アクアライティングシステム ME-31501S

流れるようなボディデザインがおしゃれな吊り下げ式の水槽ライト。素材には、耐食性に優れたアルミを採用しているため、海水に強いのが特徴です。本体のサイズは、幅30×奥行き25×高さ14cm。重量は3kgと軽量なので設置も簡単に行えます。

本体の両サイドにはフィン加工が施されており、内部から効率よく放熱。内蔵の部品へのダメージも軽減し、製品の寿命を延ばすのにも貢献します。

また、独自の反射板設計による効率的な長短型配光により、光を広範囲に拡散させるのも特徴。水槽ライトとしてオールマイティな性能を備えているので、熱帯魚などの海水魚やサンゴはもちろん、水草の飼育などにもおすすめのモデルです。

水槽ライトのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

水槽ライトのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。