熱帯魚は水温の変化に敏感な生き物です。水温が急激に下がったり上がったりすると体調を崩すことがあるため、こまめな水温チェックは欠かせません。水槽に使い勝手のよい水温計を設置すれば、簡単に水温の管理ができます。

水温計にはさまざまな種類があるので、自分にとって見やすくて使いやすいモノを選ぶのが大切です。そこで今回は、水温計の選び方とおすすめの製品をご紹介します。

水温計の重要性とは?

熱帯魚などの魚類は、外部の温度によって体内温度が変わる変温動物です。水温を適切に管理しないと体調を崩してしまう場合があります。そのため、観賞魚を飼育する場合は水温計を用意するのが重要です。

なお、適した水温は魚の種類によっても異なり、たとえばネオンテトラやグッピーなどの淡水熱帯魚は約26℃、メダカや金魚は約23~25℃とされています。飼育する観賞魚の健康を維持するためにも、水温計を確認して水温調節をするようにしましょう。

水温計の選び方

タイプで選ぶ

センサーで水温を検知するデジタルタイプ

By: amazon.co.jp

ひと目で水温が分かるモノを使いたい場合は、デジタルタイプを選ぶのがおすすめです。液晶画面に水温が数字ではっきり表示されるので、楽に確認できます。水温と気温を測れるモノを選べば、室温のチェックもできるので便利です。また、測定値を記録するメモリ機能があるモノを使うと、より細かい温度管理ができます。

デジタルタイプは本体を水槽の外側に設置するため、大きめの魚を飼う場合にぶつかって壊れるトラブルを予防可能。水槽内に入れるのは細いセンサーだけなので、水生植物のアクアリウムを楽しみたい方も適しています。

ただし、デジタルタイプはアナログタイプと比べて価格が高いのがデメリット。また、本体が水に濡れると故障する可能性があるので、水替えの際は注意して作業しましょう。

価格が安い傾向にあるアナログタイプ

By: amazon.co.jp

価格が安い水温計を使いたい場合は、アナログタイプがぴったり。比較的リーズナブルなモノが多数揃っています。電池や電源アダプタが不要なため、水槽周りにケーブル類があると気になる場合にもおすすめです。サイズは大小さまざまなので、水槽の大きさに合わせて選べます。

デメリットは、目盛りの読み取りにやや手間がかかる点。デジタルタイプと比べてひと目で正確に水温を読み取るのは難しく、近づいて確認する必要があります。また、熱帯魚が水温計に衝突して、割れたり壊れたりすることもあるので注意が必要です。

淡水や海水などの水質で選ぶ

水温計は、熱帯魚を飼育する水槽の水質に合うモノを選ぶのが大切です。特に、塩分を含む人工海水などに水温計を設置する場合は、海水用のモノを使わないと感電したり水銀が漏れたりするトラブルが生じやすくなります。水温計を選ぶ際には、対応できる水質も忘れずに確認しましょう。

なお、水温計のなかには淡水海水両用のモノもあります。複数の水槽でさまざまな熱帯魚を育てている場合は、淡水海水両用タイプを選んでおくと安心です。

取り付け方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

デジタルタイプの場合、センサーだけを水槽の中に入れて、水温計本体は水槽の外側に取り付けます。吸盤や面ファスナーで水槽に貼り付けるタイプや、フックで水槽のフチに掛けるタイプがあるので、水槽の材質や取り付ける位置に合わせて選びましょう。

本体にスタンドが付いているモノなら、水槽に貼り付けなくても棚などに置いて使えるので、熱帯魚やアクアリウムを遮ることなく使用できます。なお、購入の際はセンサーコードの長さを確認し、水温計本体を置きたい場所まで届くかチェックしましょう。

アナログタイプの場合、多くの製品は吸盤で水槽内に取り付けます。磁石で取り付けるタイプもあるので、水槽に合わせて選んでみてください。

水槽の内側に水温計を設置したくない場合は、外側に貼り付けるタイプがおすすめ。金魚鉢でメダカや金魚を飼育する場合は、水面に浮かべて上から水温を確認できるアナログタイプを使うと便利です。

水温計のおすすめ|デジタル

日本動物薬品株式会社 マルチ水温計CT

気温と水温が1台で測れる便利なアイテム

2つのセンサーを搭載しており、気温と水温の測定が可能な水温計です。細やかな温度管理ができます。センサーコードが1mと長いので、設置場所を選ばないのもポイント。吸盤で水槽内に貼り付けられるため、見た目がすっきりします。本体背面にはスタンドが付いており、水槽台や棚に立てて使用できるので便利です。

最高温度・最低温度を記憶するメモリ機能が搭載されているのも魅力。シンプルながら使いやすいおすすめのデジタル水温計です。

ジェックス(GEX) クリア液晶デジタル水温計

レイアウトの邪魔にならずアクアリウムが楽しめる

透明液晶を採用したおしゃれなデザインのデジタル水温計です。水槽のレイアウトを邪魔しないので、熱帯魚だけでなくアクアリウムも楽しみたい方に適しています。センサーコードはなく、水槽の外側に貼り付けるだけで水温を確認できるのがポイント。水槽周りのインテリアをすっきり見せたい方にもおすすめです。

水槽内に入れて使うパーツがないため、コケや汚れが付かずきれいに使えるのも魅力のひとつ。設置の手間がかからないモノや、おしゃれなデザインのモノを探している方におすすめのデジタル水温計です。

ジェックス(GEX) ミニミニデジタル 水温計 DT-15N

コンパクトサイズで小さめの水槽にもぴったり

コンパクトなデジタル水温計を使いたい方におすすめの製品。本体サイズが幅4.6×奥行2×高さ5.7cmで、水槽内にすっきり設置できます。付属の吸盤により、水槽の内側に貼り付けるだけで設置できる手軽さもポイントです。

小さなサイズながら数字がはっきり表示されるため、ひと目で水温をチェックできます。価格も比較的安いので、初めてデジタル水温計を使う方やコストをかけたくない方におすすめ。メダカや亀を飼育する小さめの水槽にも適したデジタル水温計です。

コトブキ工芸(KOTOBUKI) デジメーター3ソーラー

ソーラーパネルを搭載した電池不要のデジタル水温計。電池のコストが掛からず経済的なのがポイントです。

センサーコードが約1mと長く、水槽から離れた位置にも設置できます。本体は両面テープ付きの面ファスナーで水槽の外側に設置できるだけでなく、スタンドに立てて置いておくことも可能。電池交換が面倒な方におすすめのデジタル水温計です。

テトラ(Tetra) デジタル水温計 WD-1

液晶画面が見やすいデジタル水温計を探している方におすすめの製品です。大型の液晶に水温がはっきり表示されるため、離れた場所からも確認できます。スタイリッシュなデザインでさまざまな水槽に合わせやすいのもポイント。本体は水槽の壁面に面ファスナーで取り付けたり、付属のスタンドに立てたりして使用できます。

水温センサーのみを水槽内に設置するタイプで、見た目がすっきりするのも魅力のひとつ。水温センサーは吸盤で水槽に取り付けられます。熱帯魚の観賞を邪魔しないスマートなデジタル水温計です。

水温計のおすすめ|アナログ

ジェックス(GEX) 水温計 中 TM-34

適温ゾーンが色分けされており、適切な水温かどうかを把握しやすいアナログ水温計。一般的な熱帯魚の適水温とされる24~28℃の目盛りが色付けされているため、簡単に水温管理ができます。目盛りの数字は斜めに表示されており、縦と横のどちら向きで設置してもすぐに水温を読み取り可能です。

本体の長さは約11.5cmと、設置しても邪魔になりにくい仕様。使いやすさを重視したおすすめのアナログ水温計です。

エヴァリス(EVERES) きっちり測れる水温計S

コンパクトで使いやすい水温計を探している方におすすめの製品です。本体サイズが直径約1.0×高さ9.5cmで、狭い水槽にもスマートに設置できます。適水温がひと目で分かるように目盛りを色分けしており、簡単に水温チェックが可能です。基準精度が±0.5℃なので、高精度に水温を測れます。

独自のツイン型キスゴムを採用しており、水槽の内側にしっかり固定可能。本体は縦にも横にも設置できるため、水量が少ない亀の水槽などにも適しています。価格が安いので、コストをかけずに水温チェックをしたい方におすすめです。

水作(Suisaku) マグテンプ L

磁石で水槽に取り付けられる便利な水温計です。小さく設計されているため、見た目がすっきりしたモノを設置したい方におすすめ。また、水の中に手を入れなくても設置ができます。

本体サイズが幅1×奥行1×高さ12.5cmとスリムなので、メダカなどの小さい水槽にもぴったりです。目盛りのデザインがシンプルで、さまざまな水槽に合わせやすいのもポイント。アクアリウムを楽しむおしゃれな水槽に設置しても違和感がありません。価格が比較的安いので、初めて水温計を使う方にもおすすめです。

コトブキ工芸(KOTOBUKI) スリムメーター K-102

小型の水槽にぴったりな極細タイプのアナログ水温計です。本体サイズが幅5.5×奥行1.8×高さ16.4cmで、水槽の内側に設置しても邪魔になりにくい仕様。数匹の熱帯魚を飼育する小さい水槽や、亀用の水槽にも適しています。淡水・海水両用タイプで、飼育する熱帯魚を選ばないのもポイントです。

水槽の端にもすっきり設置できるため、アクアリウムを妨げず楽しみたい方にもおすすめ。吸盤が透明なので、目立たない水温計を設置したい方にも適しています。価格が比較的リーズナブルでコスパがよいのもポイント。シンプルなデザインで、さまざまな水槽に合わせやすいアナログ水温計です。

スドー(SUDO) 浮かべる水温計 S-1877

水槽の水に浮かべて水温を量る水温計です。金魚鉢など、小さめの水槽でメダカや亀を飼育している方におすすめ。水に浮かべるだけなので設置の手間がなく、購入してすぐに使用でき便利です。本体サイズは約長さ70×幅35×厚さ15mmで、水面が狭くても場所を取らずに使えます。

目盛りが色分けされており、ひと目で適温になっているかを確認可能。目盛りの数字は左右の両方にあるため、どの方向からでも楽に水温チェックができます。価格が安いのでコストをかけたくない方にもおすすめです。