足の冷えやすい冬場に活躍する「フットヒーター」。エアコンだけでは足元の冷えが解消されない方におすすめです。フットヒーターは、デスクでの勉強や仕事を効率よく行うのにも役立ちます。

そこで今回は、1台あると便利なフットヒーターをご紹介。選び方についても解説しているので、併せてチェックしてみてください。

フットヒーターのメリット・デメリット

フットヒーターのメリット

By: amazon.co.jp

フットヒーターの最大のメリットは、足元だけをピンポイントであたためられること。心地よく、次第に体全体があたたまります。温風を出さないので、空気を汚さず乾燥もしないのも魅力。暖房器具の温風でのどを傷めやすい方にもおすすめです。

ピンポイント暖房のため電気代も経済的。1人で過ごす時間が多く、部屋全体をあたためる必要がない場合に便利です。また、電気ヒーター式など大きめのフットヒーターなら、複数人での使用もできます。

さらに、価格もリーズナブルなので、セカンド暖房として取り入れやすいのもポイント。ひざ掛けと併用することで、こたつのような使い方もできるおすすめアイテムです。

フットヒーターの選び方

発熱体の種類で選ぶ

石英菅タイプ

By: amazon.co.jp

発熱体として鉄クロム線を石英管内に設置したヒーターです。体の芯まであたたまりやすいといわれている遠赤外線を放射するのが特徴。簡単な構造なため、低コストで製造でき、価格が安いのが魅力です。

一方、石英管は熱には強いものの、割れやすいので、強い衝撃には注意が必要。また、比較的故障しやすい傾向があるので、長期間の使用には向かない面もあります。

石英菅タイプのヒーターはかなり昔からあり、単に電気ストーブと言えば石英管タイプという時代もありました。その後、遠赤外線をより効率よく放射できるカーボンヒーターなどの登場により、ヒーターの主流ではなくなっています。価格重視でフットヒーターを探している方におすすめです。

ハロゲンタイプ

By: rakuten.co.jp

ハロゲンランプに電気を通すと発熱する原理を利用した暖房機器。ハロゲンランプから放射される赤外線輻射熱を近くのモノに直接当ててあたためます。スイッチを入れるとすぐにあたたかくなるのが利点。また、仕組みが簡単なため価格が安く、数千円程度から買えるのも魅力です。

一方、ほかの方式に比べて、消費電力が高い割にあたためられる範囲が狭い弱点があります。暖房時は高温になるため、お子さんやペットなどが誤って近づきすぎないよう注意する必要も。トイレや脱衣所のような、狭くて滞在時間が短い場所を、一人分だけ素早くあたためる用途に適しています。

カーボンタイプ

By: amazon.co.jp

カーボンヒーターは炭素繊維に電気を流してあたためる暖房機器。表面だけでなく、体の芯まであたたまりやすい遠赤外線を放射するのが特徴です。

また、赤外線放射量はハロゲンヒーターの約2倍なので、 同じ温度にするまでにカーボンヒーターはハロゲンヒーターの約1/2の電気代で済みます。できるだけ電気代を抑えてヒーターを使いたい方にもおすすめ。ただし、あたためられる範囲は狭いため、パーソナルユースのスポット使用向けにおすすめです。

なお、発熱体がカーボンのなかでも、黒鉛を発熱体としている物をグラファイトヒーターといいます。カーボンヒーターよりも速暖性に優れ、赤外線の照射量も更に多いのがメリットですが、価格は高めです。

その他のタイプ

By: amazon.co.jp

そのほかでは、薄いパネル状の素材にできる「マイカ(雲母)」を使用した暖房機器もあります。速暖性に優れることと、面状であることによってあたたまり方が均一なことが特徴。かさばらず、持ち運びやすい点と、機器のどこに載せても同じようにあたたかい点はフットヒーターに向いた特性といえます。仕事場や自宅の足元に敷くといった使い方がおすすめです。

また、耐熱性のシリコンゴムを発熱体に使用するシリコンタイプは、高い柔軟性と複雑な形状の発熱体を構成できるのが特徴です。シリコンゴムはパネル状とコード状のモノがあり、パネル状であれば均一にあたたまります。ただし、シリコンタイプは工業用に利用されることが多く、一般用の選択肢が少ないのが難点です。

価格で選ぶ

フットヒーターは製品によって価格もさまざまです。もちろん高価なモノの方が機能は充実していますが、使わない機能が付いていても勿体無いので、使用シーンと照らし合わせながら選びましょう。

また、フットヒーターはメインではなくセカンド暖房として使用する方が多いため、ほかの暖房器具との兼ね合いも考慮して予算を決めるのがおすすめです。

1人用か複数用かで選ぶ

By: amazon.co.jp

フットヒーターを使う人数によって、選ぶモノも大きく変わります。1人用ならベーシックなカーペットはもちろん、スリッパのように足を差し込んで使うモノや腰から下全体をくるんであたためるモノ、足湯のように膝から下を入れて使うモノなど、ラインナップは豊富です。

複数人で使う場合は、変則的な形よりもベーシックなカーペットや木製ヒータータイプが最適。木製ヒーターにも、横長の足を置いてあたためるタイプから掘りごたつ向けの四角いモノまで、さまざまな種類の製品が展開されています。

使う場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

フットヒーターは使う場所によっても最適なタイプは異なります。常時使うようなリビングや仕事部屋であれば、急速にあたためることよりも、持続的にじっくりあたためられる遠赤外線タイプのヒーターがおすすめです。

一方、トイレや脱衣所のような一時的な滞在場所では暖房能力の高さよりも、速暖性を重視して選びたいところ。狭い場所では置く場所が確保できるか、ヒーターのサイズを確認することも必要です。

電源コードの長さが足りるかもチェックしましょう。子供部屋やペットのいる家庭の場合、あまりコードを長く引き回すと、足に引っ掛かる危険性にも注意しましょう。

安全機能をチェック

By: amazon.co.jp

フットヒーターを選ぶ際にチェックしたいのが安全機能です。万が一、ヒーターを切り忘れて長時間放置しても、思わぬ事故につながることを防止できます。

連続使用時間が長くなると自動で電源をオフにする機能や、設定された温度を保つように働くサーモスタットで温度上昇を防ぐ機能、人が近くにいないとスタンバイモードになる人感センサーなどが代表的です。

何らかの原因で一定以上に温度が上がっても、自動で電源が切れるようにするヒューズ機能の有無もポイントです。

フットヒーターのおすすめ|ホットカーペット

パナソニック(Panasonic) ホットパネルL DC-PK4

パナソニック(Panasonic) ホットパネルL DC-PK4

縦58×横176cmと、大型のパネル型フットヒーター。4〜6人でも使いやすいサイズなのがメリットです。5段階の温度調節が可能で、最高温度は約50℃。寒さに応じて、好みの温度に自由に設定できます。

8時間の自動電源オフ機能を搭載しているため、電源を切り忘れても安心です。重量は約2kgと、大型サイズのパネル型ヒーターとしては比較的軽量。部屋間の移動も簡単です。大人数での使用を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

アルインコ(ALINCO) ヒーターブーツ MCB006

アルインコ(ALINCO) ヒーターブーツ ほっとふわりー MCB006

肌触りのよい感触が特徴のブーツ型ヒーターです。本体サイズは、幅27×奥行28×高さ18cm。足サイズ22〜26cmに対応しています。ACアダプターを含む重量は約480gと軽量。持ち運びしやすいのがメリットです。

連続使用時間は30分。また、底面に滑り止め加工が施されているため、使用中に滑りにくいのもポイント。足先が冷えやすい方など、足元を効果的にあたためられる暖房器具を探している方におすすめです。

テクノス(TEKNOS) ホットカーペット 1畳用 TWA-1000BI

テクノス(TEKNOS) ホットカーペット 1畳用 TWA-1000BI

生活家電・加湿器・こたつなどの季節家電で40年以上の歴史を持つ、テクノスのホットカーペットです。本体サイズは、縦90×横190cm。キッチンなど狭い場所で使いやすい大きさです。シンプルな操作パネルで、使いやすいのがポイント。最大45℃まで無段階で調節できます。

柔らかめの生地を採用しており、折りたたみも可能。使わないときは、コンパクトに収納できます。また、「ダニ退治」機能が付いているのも魅力。価格もリーズナブルで、気軽に使えるおすすめのモデルです。

山善(YAMAZEN) ホットカーペット ミニマット YMM-K404

山善(YAMAZEN) ホットカーペット ミニマット YMM-K404

およそ縦40×横40cmとコンパクトな正方形で、一人用に最適なホットカーペットタイプのフットヒーターです。表面温度は約45℃と適度なあたたかさ。本体重量も420gと軽量なので、移動もラクなのが魅力です。

スイッチのオン/オフのみでシンプルなに操作できます。また、ふかふかの表面は手触りがよく、裸足でも快適。さらに、温度ヒューズを搭載しているので、電源の切り忘れを防止できます。

コードはおよそ2mあるので、延長コード不要で電源が取りやすいのもポイント。消費電力は27Wで、一時間当たりの電気代が約0.37円と省エネなのも魅力です。ソファやデスクの足元に置くだけでなく、座布団としても使えます。なお、50cm角タイプもラインナップしているので、スペースに余裕がある方におすすめです。

アピックス(APIX) フットヒーター AFH-109

アピックス(APIX) フットヒーター AFH-109

サイズがおよそ幅40×奥行35×高さ12.6cmと、デスク下に設置しやすいコンパクトなフットヒーター。速暖性に優れ、あたたまり方が均一なマイカパネルを使用しています。遠赤外線を放射するので、じっくりあたたまれるのも魅力。45~55℃で足裏を指先まで快適にあたためます。

また、5.5°の傾斜を付けているので、足が置きやすいのがポイント。加えて、すべり止め防止に肌触りのよい植毛加工を施しています。電源スイッチ操作のみで、温度調節はなしのシンプル仕様。無音・無排気なので、デスクワーク中の使用にも最適です。

4時間連続使用すると自動で電源が切れる機能を搭載するので、切り忘れても安心。消費電力は100Wで、1時間当たりの電気代は約2.7円と省エネなのもおすすめポイントです。かわいらしいピンクのカラーリングのモデルも展開。プレゼントにもおすすめのフットヒーターです。

パナソニック(Panasonic) 電気ひざかけ くるけっと DC-H4

パナソニック(Panasonic) 電気ひざかけ くるけっと DC-H4

本体サイズが縦155×横93cmの、ひざ掛けタイプの電気ヒーターです。上半身が冷えるときは、ショールのように羽織っても使えるため、さまざまなシーンで利用しやすいモデル。レベル「強」の表面温度は約44℃。熱すぎないので、やけどの心配が少ないのもポイントです。

生地にはポリエステル65%とアクリル35%を使用。抗菌・防臭加工に加え、ダニ対策が施されています。また、コントローラーを外して洗濯機で丸洗いできるのも魅力。1時間あたりの電気料金は最大でも約2円と、省エネにも配慮されたおすすめモデルです。

フットヒーターのおすすめ|電気ヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ブラックコートヒーター IEHDB-800

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ブラックコートヒーター IEHDB-800

アイリスオーヤマが展開している電気ヒーター。2灯のシーズヒーターにブラックコートを施したことにより、遠赤外線放出量を増やしているのが特徴。身体の芯まであたためられるのがメリットです。

サイズはおよそ幅40×奥行16×高さ38cmとコンパクト。特に奥行がスリムなため、脱衣所やキッチンといった狭い場所でも設置しやすいのがポイントです。出力は400・800Wの2段切り替え式。また、転倒時安全装置を搭載しているので、安全性にも優れたおすすめアイテムです。

ドウシシャ(DOSHISHA) パーソナルセラミックヒーター 人感センサー CHT-061

ドウシシャ(DOSHISHA) パーソナルセラミックヒーター 人感センサー CHT-061

人感センサーを内蔵した小型のセラミックヒーターです。サイズは約幅18×奥行11×高さ14cm。コンパクトなので、トイレや洗面所など、狭い場所で重宝します。

出力は300・600Wの強弱2段切替式。電源オフタイマーを1・2・4時間の3段階で設定できるのもポイント。活性炭フィルターを搭載しており、気になるニオイも消臭できるおすすめアイテムです。

ドウシシャ(DOSHISHA) パーソナルセラミックヒーター DCH-1805

ドウシシャ(DOSHISHA) パーソナルセラミックヒーター DCH-1805

小型ながら、最大出力1200Wとハイパワーなセラミックヒーターです。出力は強1200Wと弱600Wの2段に切り替え可能。コンクリートは約8畳まで、木造は約5畳までの使用に適しています。

吸気口にはフィルターを備えており、ホコリなどを軽減できるのがポイント。複数人で利用するときに便利な自動首振り機能も搭載しています。また、必要以上の加熱や発火を防ぐ温度ヒューズや、転倒時のオフスイッチを備えているのも魅力。安全性にも配慮されたおすすめのモデルです。

メトロ(Metro) 木枠フットヒーター MFH321ET

メトロ(Metro) 木枠フットヒーター MFH321ET

木枠に天然木ラバーウッドを採用したフットヒーター。本モデルは、2灯のハロゲンヒーターを採用した大型モデルです。サイズは約幅80×奥行22×高さ11cm。幅が広いので、1人での使用はもちろん、家族でも使える汎用性の高さが魅力です。

また、脱臭機能および、消し忘れ防止の5時間電源オフタイマーを搭載しているのもメリット。クリーンポケットが付いているため、使い続けるうちにたまったホコリも簡単に捨てられます。使い勝手に優れたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) 一人用コタツ 天板付 YMK-104

ヤマゼン(YAMAZEN) 一人用コタツ 天板付 YMK-104

山善が展開している1人用コタツです。本体サイズは、約幅30×奥行30×高さ26cmとコンパクト。重量も約3.9kgと軽いので、持ち運びしやすいのが特徴です。

また、汎用性に優れているのもポイント。毛布やコタツ掛けを使えばコタツとして、デスクの下に置けばフットヒーターとして利用できます。

さらに、天板が付いているのも魅力。ドリンクや本、スマホ置きとして重宝します。コード長は3mと長め。コンセントから離れた場所でも使いやすいおすすめアイテムです。

コイズミ(KOIZUMI) グラファイトヒーター KEH-0990

コイズミ(KOIZUMI) グラファイトヒーター KEH-0990

暖房出力を320・640・960の3段階に切り替えできる電気ヒーター。設置場所の広さや、使用人数によって、適切にあたため方を調節できます。ヒーターには、遠赤加工を施した石英管式を採用。体の芯まであたためやすいのが魅力です。

また、本体内に容量360mlの水タンクを搭載しており、スチーム機能が利用可能。冬場の乾燥対策に役立ちます。二重安全転倒スイッチにより、安全対策もばっちり。サイズはおよそ幅35×奥行19×高さ40cmとコンパクトです。

さらに、組み立て不要で、箱から出してすぐ使えるのも便利。トイレや洗面所のような狭い場所から、暖房能力を生かしてオフィスのようなやや広い場所まで活躍できるおすすめのフットヒーターです。

アピックス(APIX) 2way CARBON HEATER ACH-668

アピックス(APIX) 2way CARBON HEATER ACH-668

縦置き、横置きの両方に対応するカーボンヒーター。デスク下に横置きして足元をしっかりあたためられるだけでなく、トイレや脱衣所といった狭い空間では縦置きにすることで、スペース取らずに足から下半身全体をあたためられます。重量はおよそ1.65kgと軽いので持ち運びやすいのもポイントです。

熱効率の高いスパイラル形状カーボン管を採用。速暖性に優れ、広範囲に光熱を放射できます。200Wと400Wの強弱切替で、暖房性能重視か、省エネ性重視かを選択可能です。

また、メッキ仕上げの大きなダイヤルで切替えやすいスイッチで操作性も良好。最大180分のオフタイマーを搭載しており、就寝前の使用などにも適しています。さらに、傾斜感知式の転倒オフスイッチも搭載しているので、間違って倒してしまっても安心です。懐かしい雰囲気を感じさせるレトログリーンの塗装と、シンプルなデザインがインテリアに映えます。