冷たい空気は下にたまるため、冬は足の冷えを実感しやすい季節です。そんな足元をじんわり温めてくれるのが「フットヒーター」。エアコンでは足元の冷えが解消されない方へおすすめです。

フットヒーターは、デスクでの勉強や仕事を効率よく行うのにも役立ちます。そこで今回は、1台あると便利なフットヒーターをご紹介。選び方についても解説しているので、併せてチェックしてみてください。

フットヒーターのメリット・デメリット

フットヒーターのメリット

By: amazon.co.jp

フットヒーターの最大のメリットは、足元だけをピンポイントで温められること。心地よさを感じやすく、次第に体全体が温まります。温風を出さないので、空気を汚さず乾燥もしないのも魅力。暖房器具の温風でのどを傷めやすい方にもおすすめです。

ピンポイント暖房のため電気代も経済的。1人で過ごす時間が多く、部屋全体を温める必要がない場合に便利です。また、電気ヒーター式など大きめのフットヒーターなら、複数人での使用もできます。

さらに、価格もリーズナブルなので、セカンド暖房として取り入れやすいのもポイント。ひざ掛けと併用することで、こたつのような使い方もできるおすすめアイテムです。

フットヒーターのデメリット

足元を温めることに特化しているため、部屋全体の空間を温める力はほとんどありません。フットヒーターをリビングで使っても、リビングの空気は冷たいままなので、フットヒーターから離れると足元は冷えてしまうのがデメリットです。

また、フットヒーターといっても、採用している発熱体によって温まり方が全く異なります。例えば、ホットカーペットタイプのフットヒーターは、フローリングの上に敷くとフローリングに熱が逃げてしまい、温まりが悪くなるため注意しておきましょう。

フットヒーターは見た目や価格だけでなく、発熱体や消費電力もしっかりチェックして購入してみてください。

フットヒーターの選び方

価格で選ぶ

フットヒーターは製品によって価格もさまざまです。もちろん高価なモノの方が機能は充実していますが、使わない機能が付いていても勿体無いので、使用シーンと照らし合わせながら選びましょう。

また、フットヒーターはメインではなくセカンド暖房として使用する方が多いため、ほかの暖房器具との兼ね合いも考慮して予算を決めるのがおすすめです。

1人用か複数用かで選ぶ

By: amazon.co.jp

フットヒーターを使う人数によって、選ぶモノも大きく変わります。1人用ならベーシックなカーペットはもちろん、スリッパのように足を差し込んで使うモノや腰から下全体をくるんで温めるモノ、足湯のように膝から下を入れて使うモノなど、ラインナップは豊富です。

複数人で使う場合は、変則的な形よりもベーシックなカーペットや木製ヒータータイプが最適。木製ヒーターにも、横長の足を置いて温めるタイプから掘りごたつ向けの四角いモノまで、さまざまな種類の製品が展開されています。

使う場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

机やオフィスで使う場合は、デスク用のヒーターがおすすめ。机の下にすっぽり入るちょうどよいサイズが展開されています。折りたためるモノがほとんどなので、収納にも便利です。

また、足先を温めつつ部屋の中を移動したいなら、スリッパタイプが便利。ソファでゆったりテレビを観たいときは、腰から下をくるむモノが最適です。

さらに、形状だけでなく、デザインも考慮するとよりスタイリッシュに暖を取れます。例えば、台所にフットヒーターを使いたい方には、インテリアを邪魔しない木目調のアイテムを選ぶのがおすすめ。さまざまな種類のフットヒーターがラインナップされているため、使う場所に合わせて選択してみてください。

メーカーで選ぶ

By: amazon.co.jp

フットヒーターとして人気が高いメーカーはメトロです。こたつなどの暖房製品を取り扱っており、こたつ用ヒーターは業界トップクラスのシェアを有しています。木製のフットヒーターから薄型の持ち運びをしやすいヒーターまで、数多くの製品を展開。温かみあるデザインが特徴です。

また、大手電機メーカーのパナソニックは、スタイリッシュなデザインと高い機能性が特徴。おしゃれなアイテムを幅広く扱っています。

価格重視なら、山善やコイズミ、アイリスオーヤマのアイテムがおすすめ。シンプルで低価格ながら、大手メーカーに負けない品質を持っているのが特徴です。

フットヒーターのおすすめ|ホットカーペット

パナソニック(Panasonic) 電気ひざかけ くるけっと DC-H4

パナソニック(Panasonic) 電気ひざかけ くるけっと DC-H4

本体サイズが約縦155×横93cmの、ひざ掛けタイプの電気ヒーターです。上半身が冷えるときは、ショールのように羽織っても使えるため、さまざまなシーンで利用しやすいモデル。レベル「強」の表面温度は約44℃。熱すぎないので、やけどの心配が少ないのもポイントです。

生地は、ポリエステル65%・アクリル35%。抗菌・防臭加工に加え、ダニ対策が施されています。また、コントローラーを外して洗濯機で丸洗いできるのも魅力。1時間あたりの電気料金は最大でも約2円と、省エネにも配慮されたおすすめモデルです。

パナソニック(Panasonic) ホットパネルL DC-PK4

パナソニック(Panasonic) ホットパネルL DC-PK4

約縦58×横176cmと、大型のパネル型フットヒーター。4〜6人でも使いやすいサイズなのがメリットです。5段階の温度調節が可能で、最高温度は約50℃。寒さに応じて、好みの温度に自由に設定できます。

8時間の自動電源オフ機能を搭載しているため、電源を切り忘れても安心です。重量は約2kgと、大型サイズのパネル型ヒーターとしては比較的軽量。部屋間の移動も簡単です。大人数での使用を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

アルインコ(ALINCO) ヒーターブーツ ほっとふわりー MCB006

アルインコ(ALINCO) ヒーターブーツ ほっとふわりー MCB006

肌触りの良い感触が特徴のブーツ型ヒーターです。本体サイズは、約幅27×奥行28×高さ18cm。足サイズ22〜26cmに対応しています。ACアダプターを含む重量は約480gと軽量。持ち運びしやすいのがメリットです。

連続使用時間は30分。また、底面に滑り止め加工が施されているため、使用中に滑りにくいのもポイント。足先が冷えやすい方など、足元を効果的に温められる暖房器具を探している方におすすめです。

テクノス(TEKNOS) ホットカーペット 1畳用 TWA-1000BI

テクノス(TEKNOS) ホットカーペット 1畳用 TWA-1000BI

生活家電・加湿器・こたつなどの季節家電で40年以上の歴史を持つ、テクノスのホットカーペットです。本体サイズは、約縦90×横190cm。キッチンなど狭い場所で使いやすい大きさです。シンプルな操作パネルで、操作しやすいのがポイント。最大45℃まで無段階で調節できます。

柔らかめの生地を採用しており、折りたたみも可能。使わないときは、コンパクトに収納できます。また、ダニ退治機能が付いているのも魅力。価格もリーズナブルで、コスパに優れたおすすめのモデルです。

山善(YAMAZEN) 空気をキレイにするホットカーペット 1畳用 SUS-101

ヤマゼン(YAMAZEN) 空気をキレイにするホットカーペット 1畳用 SUS-101

ニオイのもとを安全な物質に分解する「トリプルフレッシュ加工」を本体表生地に施した、1畳サイズのホットカーペットです。ホルムアルデヒドや生活臭、ペット臭などを消臭できるのがメリット。ニオイが気になる方におすすめです。

5段階の温度調節が可能で、最高表面温度は45度。寒さに応じて自由に温度調節ができます。また、コタツが使用できるのも魅力。併用すれば、さらに体が温まります。使い勝手に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

フットヒーターのおすすめ|電気ヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ブラックコートヒーター IEHDB-800

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ブラックコートヒーター IEHDB-800

アイリスオーヤマが展開している電気ヒーター。2灯のシーズヒーターにブラックコートを施したことにより、遠赤外線放出量を増やしているのが特徴。身体の芯まで温められるのがメリットです。

サイズは、約幅40×奥行16×高さ38cmとコンパクト。特に奥行がスリムなため、脱衣所やキッチンといった狭い場所でも設置しやすいのがポイントです。出力は400・800Wの2段切り替え式。また、転倒時安全装置を搭載しているので、安全性にも優れたおすすめアイテムです。

ドウシシャ(DOSHISHA) パーソナルセラミックヒーター 人感センサー CHT-061

ドウシシャ(DOSHISHA) パーソナルセラミックヒーター 人感センサー CHT-061

人感センサーを内蔵した小型のセラミックヒーターです。サイズは約幅18×奥行11×高さ14cm。コンパクトなので、トイレや洗面所など、狭い場所で重宝します。

出力は300・600Wの強弱2段切替式。電源オフタイマーを1・2・4時間の3段階で設定できるのもポイント。活性炭フィルターを搭載しており、気になるニオイも消臭できるおすすめアイテムです。

ドウシシャ(DOSHISHA) パーソナルセラミックヒーター DCH-1805

ドウシシャ(DOSHISHA) パーソナルセラミックヒーター DCH-1805

小型ながら、最大出力1200Wとハイパワーなセラミックヒーターです。出力は強1200Wと弱600Wの2段に切り替え可能。コンクリートは約8畳まで、木造は約5畳までの使用に適しています。

吸気口にはフィルターを備えており、ホコリなどを軽減できるのがポイント。複数人で利用するときに便利な自動首振り機能も搭載しています。また、必要以上の加熱や発火を防ぐ温度ヒューズや、転倒時のオフスイッチを備えているのも魅力。安全性にも配慮されたおすすめのモデルです。

メトロ(Metro) 木枠フットヒーター MFH321ET

メトロ(Metro) 木枠フットヒーター MFH321ET

木枠に天然木ラバーウッドを採用したフットヒーター。本モデルは、2灯のハロゲンヒーターを採用した大型モデルです。サイズは約幅80×奥行22×高さ11cm。幅が広いので、1人での使用はもちろん、家族でも使える汎用性の高さが魅力です。

また、脱臭機能および、消し忘れ防止の5時間電源オフタイマーを搭載しているのもメリット。クリーンポケットが付いているため、使い続けるうちにたまったホコリも簡単に捨てられます。使い勝手に優れたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) 一人用コタツ 天板付 YMK-104

ヤマゼン(YAMAZEN) 一人用コタツ 天板付 YMK-104

山善が展開している1人用コタツです。本体サイズは、約幅30×奥行30×高さ26cmとコンパクト。重量も約3.9kgと軽いので、持ち運びしやすいのが特徴です。

また、汎用性に優れているのもポイント。毛布やコタツ掛けを使えばコタツとして、デスクの下に置けばフットヒーターとして利用できます。

さらに、天板が付いているのも魅力。ドリンクや本、スマホ置きとして重宝します。コード長は3mと長め。コンセントから離れた場所でも使いやすいおすすめアイテムです。

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKH-0480/W

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKH-0480/W

人がいなくなると約2分後に運転がストップする、人感センサーを搭載したモデルです。1・2・3時間で電源がオフとなるタイマーに加え、5時間で自動オフする機能など、ヒーターの切り忘れ防止に配慮されています。忙しい朝などでも、切り忘れがないので安心です。

出力は、200・400Wの2段階で調節できます。また、本体サイズが約幅13×奥行16×高さ46cmと、スリムな形状なのもポイント。洗面所や脱衣所といった狭い場所でも使いやすい、おすすめの電気ヒーターです。