冷たい空気は下にたまるため、冬は足の冷えを実感しやすい季節。そんな足元をじんわり温めてくれるのがフットヒーターです。エアコンでは足元の冷えが解消されない方へおすすめ。

フットヒーターはデスクでの勉強や仕事を効率よく行うのにも役立ちます。そこで今回は、1台あると便利なフットヒーターをご紹介。選び方についても解説しますのでチェックしてみてください。

フットヒーターのメリット・デメリット

フットヒーターのメリット

By: amazon.co.jp

フットヒーターの最大のメリットは、足元だけをピンポイントで温めること。足元から体全身をゆっくり温めます。温風を出さないため空気も汚さず乾燥もしない、エコ暖房の1つです。暖房器具の温風でのどを傷めやすい方にもおすすめ。

また、ピンポイント暖房なので電気代も経済的。1人の時間が多く、部屋全体を温める必要がない場合に便利です。電気ヒーター式の大きめフットヒーターなら複数人での使用も可能なので家族団らんの時間をぽかぽかに温めてくれます。

フットヒーターは3,000円前後のモノからあり、セカンド暖房として取り入れやすい価格もメリット。ひざ掛けと併用することでこたつのような使い方もでき、冬の寒さから守ってくれるアイテムです。

フットヒーターのデメリット

足元を温めるのに特化しているので、部屋全体の空間を温める力はほとんどありません。フットヒーターをリビングで使っても、リビングの空気は冷たいままなのでフットヒーターから離れると足元は冷えてしまうのがデメリットです。

また、フットヒーターと言っても採用している発熱体によって温まり方が全く違います。例えばホットカーペットタイプのフットヒーターは、フローリングの上に敷くとフローリングに熱が逃げてしまい温まりが悪くなるので対策が必要。

フットヒーターは見た目や価格だけでなく、発熱体や消費電力もしっかりチェックして購入するとよいでしょう。

フットヒーターの選び方

価格で選ぶ

フットヒーターは安価なモノで3,000円、高価なモノなら3万円と価格差があります。もちろん高価な方が機能は充実していますが、使わない機能が付いていても勿体無いので、使用シーンと照らし合わせながら選びましょう。

また、フットヒーターはメインではなくセカンド暖房として使用する方が多いので、他の暖房器具との兼ね合いも考慮してしっかり予算を決めるのがおすすめ。だいたい1万円前後のモノが人気です。

1人用か複数用かで選ぶ

By: amazon.co.jp

フットヒーターを使う人数によって選ぶモノも大きく変わります。1人用ならベーシックなカーペットはもちろん、スリッパのように足を差し込んで使うモノや腰から下全体をくるんで温めるモノ、足湯のように膝から下を入れて使うモノなど種類は豊富です。

複数人で使う場合は変則的な形よりもベーシックなカーペットや木製ヒータータイプが最適。木製ヒーターにも横長の足を置いて温めるタイプから、掘りごたつ向けの四角いモノまでさまざまな種類が揃っています。

使う場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

机やオフィスで使う場合は、デスク用のヒーターがおすすめ。机の下にすっぽり入るちょうどよいサイズが揃っており、足の冷えを解決してくれます。ひざ掛けと併用すれば温かさもアップ。折りたためるモノがほとんどなので収納にも便利です。

また、足先を温めつつ部屋の中を移動したいならスリッパタイプが便利。ソファでゆったりテレビを見たいときは、腰から下をくるむモノが役立ちます。

形状だけでなくデザインも考慮するとよりスタイリッシュに暖を取れます。例えば台所にフットヒーターを使いたい方には、インテリアを邪魔しない木目調のアイテムを選ぶのがおすすめ。さまざまな種類のフットヒーターがあるので使う場所に合わせて選びましょう。

メーカーで選ぶ

By: amazon.co.jp

フットヒーターとして人気が高いメーカーはメトロです。こたつなどの暖房製品を取り扱っており、こたつ用ヒーターは業界トップクラスのシェアを誇ります。木製のフットヒーターから薄型の持ち運びをしやすいヒーターまで数多く展開しており、木製の温かみあるデザインが特徴です。

また、大手電機メーカー、パナソニックはスタイリッシュなデザインと高い機能性が特徴で、幅広いアイテムを扱っています。

価格重視なら山善やコイズミ、アイリスオーヤマのアイテムがおすすめ。搭載している機能は少ないですが、シンプルで低価格ながら大手メーカーに負けない品質を持っているのが特徴です。

フットヒーターのおすすめ|ホットカーペット

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ホットマット HCM-40S

足元を温めるのにちょうどよい40×40cmのコンパクトサイズホットカーペットです。ふわふわと柔らかな肌触りで、靴下はもちろん素足でも使い心地抜群。3,000円以下と非常にリーズナブルながら2段階の温度切り替え付きなので周りの気温に合わせて調整が可能です。

電気代は「強」使用時でも1時間あたり約0.5円と経済的。電源をオンにしてからすぐに温かくなるため、寒い夜はベッドの足元に敷いて湯たんぽ代わりにも使用できます。重量は400gと軽く、持ち運びも簡単なのでさまざまな場面で活用できるアイテムです。

パナソニック(Panasonic) デスクヒーター DC-PKD3-C

机の下で使用するのにピッタリのデスク用フットヒーター。座りっぱなしの姿勢で冷えやすい、ひざ下から足元までを効果的に温める仕様です。ひざを囲うように置くとほんのり温まり、快適なぬくもりが実感できます。使わないときは折りたためるので場所を取りません。

電気代は1時間あたり約4.5円。消費電力はやや高く、本体価格も1万円前後と比較的高価ですが、ホットカーペットだと熱すぎてしまう方や低温やけどが心配な方におすすめのフットヒーターです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) デスクヒーター DEH-45

ミニこたつのように上からかぶせるタイプのアイリスオーヤマのデスク用フットヒーター。普段使っているデスクに、両面テープや磁石で天板を貼り付けて使用します。一風変わったデザインですが、温めた空気を逃がさず効率的に暖房効果を得られる製品です。

3時間の自動オフ機能や温度の上がりすぎを防ぐ安全装置付きなので、仕事や作業に集中してしまっても安心。専用のフリースカバーは洗濯機で丸洗いできるので清潔に保てます。1時間あたりの電気代は約2.5円。お腹や太もも周辺を温める効果が高いおすすめのフットヒーターです。

パナソニック(Panasonic) 足温器 DF-SAC30

マイクロファイバーを採用したぽかぽか生地に足を入れて使用できるホットカーペットタイプのフットヒーター。小型のクッションと同等のサイズなので、フットヒーターとしてはもちろん冷えがちな腰やおしりを温めるのにも活躍します。ベッドに入れておけば、冷たい布団に悩まされることもありません。

パワーは5段階調整可能なので室温に合わせて選択できます。室温15℃、パワー強で使用した場合、1時間の電気代は約0.3円。10時間使ってもわずか3円と非常に経済的なのも魅力です。また、サーモスタット式の温度制御付きなので万一の温度上昇も安心。

さらに、カバーは洗濯機で丸洗いできるので清潔に保てます。非常にコンパクトなので持ち運びはもちろん、収納にも便利なフットヒーターです。

パナソニック(Panasonic) ホットパネルM DC-PK3

特に冷えやすいキッチンにおすすめのフットヒーター。120×43cmとキッチンやテーブル下に敷くのにピッタリの縦長サイズです。キッチンのインテリアに馴染みやすい木目調デザインが魅力。表面は防汚・防水効果の高い塩化ビニールを採用しているのでうっかり水をこぼしてしまっても安心です。

1時間あたりの電気代は2.7円と大きいサイズながら経済的。自動電源オフ機能も付いているので切り忘れる心配もありません。ただ、ホットカーペットは、フローリングで使用すると床に温かさが奪われてしまうのが難点なので、断熱のためにアルミシートやカーペットを下に敷いて使うのもおすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) 電気スリッパ KDF-4082

ホットカーペットとは少し異なりますが、動きながら使用したい方におすすめのスリッパタイプのフットヒーター。男女共に使用できるサイズです。1足ずつコードがつながっており、それぞれの足を別々に動かせるので履いたまま別室への移動も楽々。

足元をすっぽり覆うタイプで足首まできちんと温めてくれます。汗や汚れが気になる時はカバーを丸ごと洗濯できるので便利です。1時間あたりの電気代は約0.2円と経済的なのも魅力。

温かいルームシューズや靴下を履いていても、どうしても足先が冷えてしまう方におすすめのフットヒーターです。

フットヒーターのおすすめ|電気ヒーター

メトロ(Metro) 木枠フットヒーター MFH181ET

フットヒーターやこたつ用ヒーターを数多く展開する大手メーカー、メトロの電気ヒーター。落ち着きのあるダークブラウンの木枠でハロゲンヒーターを囲っており、アンティーク風のインテリアのようなおしゃれさが魅力です。

また、電源を入れた後の素早い立ち上がりが特徴。多くのハロゲンヒーターはハイパワーさゆえに消費電力の高さや熱が上がりすぎることがデメリットでしたが、本製品の電気代は1時間あたり約4.8円と経済的で、温度ヒューズ・サーモスタッド・電流ヒューズの3段階対策で安全性に配慮されています。

木枠でしっかり囲まれているため、直に足をのせることも可能。狭い範囲であれば空間を温める力もあるため、ミニこたつのような温かさを求める方におすすめです。

メトロ(Metro) 薄型フットヒーター MFM-480

熱伝導率に非常に優れた「マイカ」を採用したフットヒーター。ホットカーペットのような線状ではなく面状の発熱体なので、熱ムラがなく均一に温まります。

また、マイカは急速昇温に優れ、たった20秒でスタンバイ完了。冷えを感じた時、足元をすぐに温めるのに役立ちます。さらに、マイコン制御を搭載しており、足の動きを察知するので5分間足の動きがなければスタンバイモードになるのも魅力です。

5時間連続使用した場合、1時間あたりの電気代はわずか1.3円。板面はアルミなので汚れたときにさっと拭けるのでお手入れも簡単です。1.6kgと女性でも持ち運びやすい軽さもポイント。厚さは3cmと邪魔になりにくい設計なので収納にも便利なフットヒーターです。

ドウシシャ(DOSHISHA) 足元パネルヒーター PHT-0051J

ドウシシャの人感センサー付きパネル式フットヒーターです。人の動きを感知すると自動で運転を開始し、人がいなくなれば電源を自動でオフします。電源を入れるとすぐに温まるので、人の出入りの激しいトイレの足元やバスルームの足元を温めるのにおすすめです。

パネル式ヒーターは輻射熱と呼ばれる遠赤外線の熱線を利用したタイプで、消費電力わずか50Wの省電力なのが魅力。1時間あたりの電気代は約1.3円です。薄型で使い勝手がよく、テーブルにマグネットで取り付けることができます。

フットヒーターの中では比較的高価ですが、日常の電気代を安くしたい方や人感センサータイプのヒーターが欲しい方におすすめの製品です。

ドウシシャ(DOSHISHA) d-design セラミックヒーター CHMT-011

しっかり足元を温めたい方におすすめの温風が出るタイプのフットヒーター。上部から出る温風が足元を包み込むように効率よく温め、まるで足湯に浸かっているかのような心地よさが魅力です。

1時間あたりの電気代は約3.5円。PTCヒーターを採用しており、一定の温かさまで上がると電気が流れにくくなる設計なので余計な電力を使わず、電気代を抑えながら温かさを保てます。

また、気になる臭いをしっかりカットする消臭機能付きなのも特徴。消費電力は120Wと温風式ヒーターの中では比較的省エネ設計です。シンプルながら、転倒オフスイッチや6時間自動電源オフなど安全面にも配慮されています。インテリアと調和するスタイリッシュなデザインで、部屋はもちろんオフィスにもおすすめです。