おもちゃのようにシンプルな構造をしている「トイカメラ」。一眼レフカメラやデジタルカメラと比べると性能や機能は劣るものの、レトロで味わい深い写真が撮れるのが魅力です。価格もリーズナブルで、お手軽に撮影を楽しみたい方にもピッタリなアイテムといえるでしょう。

そこで、今回は人気のおすすめトイカメラをピックアップしました。種類や選び方など、覚えておきたいポイントも一緒に解説します。これから購入を考えている方はぜひチェックしてください。

トイカメラとは?

トイカメラの基礎知識



トイカメラとは、おもちゃのような素材で作られたカメラのことです。もともとは大衆向けに作られた低コストの製品で、現在主流のデジタルカメラと比べると性能では劣ります。撮影すると被写体が歪んだり、ピンボケしてしまったり、実物とは違う色に写ってしまいますが、それがかえって「芸術的に見える」と評判になりました。お手軽にフォトジェニックな写真を撮りたい方にぴったりです。

近年は、おしゃれなデザインのトイカメラも数多く登場しています。サイズも小さいので持ち運びも簡単。カメラを片手に街歩きをするのならば、トイカメラもおすすめです。

トイカメラのメリット



トイカメラ最大の魅力は「リーズナブル」である点です。流通している商品は1万円以下がほとんどで、人気ブランドのハイエンドモデルでも3万円程度です。一眼レフカメラやデジタルカメラはちょっと手が届かないという方は検討してみてください。

また、もうひとつのメリットとして「機能がシンプル」という点が挙げられます。一般的なカメラでフォトジェニックな写真を撮る場合は、露出補正やホワイトバランスなど、細かい調整をする必要があります。ビギナーの方だとちょっと戸惑ってしまうかもしれません。しかし、トイカメラならばシャッターを押すだけで簡単におしゃれな写真が撮れます。気軽に撮影を楽しみたいという方にはトイカメラがおすすめです。

トイカメラとフィルムカメラの違い



もともと、トイカメラはフィルムカメラの廉価版として作られたものです。レンズやボディなどの素材を安価なものに変えたり、機能を減らしたりすることで、リーズナブルな価格設定にしています。「写真が撮れる」という点以外はほとんど別物と言っていいでしょう。

最大の違いは「性能」です。フィルムカメラならば、トイカメラのようなフォトジェニックな写真を撮ることもできます。しかし、トイカメラではフィルムカメラのような高精細な写真を撮ることはできません。リアルな写真を撮りたい方はフィルムカメラがおすすめです。

トイカメラの種類

デジタル



デジタル式のトイカメラはSDカードなどの記録媒体に写真を保存するタイプ。パソコンなどにデータ移行しやすいので、インスタグラムやツイッターなどに写真を投稿したい方に向いています。また、フィルム式と比べてたくさんの写真を保存できるのも特徴です。

スマートフォンのカメラアプリでもトイカメラ風な加工ができますが、近年はカメラ機能がデジカメ並みに高性能化してきたため、「綺麗に写りすぎてしまう」という問題がありました。レトロな風合いの写真を撮りたいときはデジタル式のトイカメラがおすすめです。

フィルム



トイカメラにはフィルムを使用して撮影するタイプもあります。フィルムといっても種類はさまざまで、使い分けることによって、さらに面白い写真を撮れます。

たとえば、レッドスケールフィルムを使うと写真が赤みを帯びたり、白黒フィルムを使えば簡単にモノクロ写真が撮れます。個性的な写真を撮りたい方はフィルム式のトイカメラがおすすめです。

また、ひとつの写真に違う被写体を重ねて写す「重ね撮り」という特殊な撮影もできます。ただし、フィルム代や現像代が必要になる点には注意しましょう。

トイカメラの選び方

価格



トイカメラは価格帯が広く、安いものだと1000円以下の商品もあります。おもちゃのようなカメラとはいえ、見映えのよい写真を撮る場合は、それなりの予算が必要です。初めての方におすすめなのは5000円以上のトイカメラ。カメラの性能はもちろん、使い勝手のよいものが揃っています。

サイズ



トイカメラはデザインも豊富。手の中にすっぽりと隠れてしまうようなサイズから、デジタルカメラ並みのサイズなど、種類によってさまざまです。カメラを複数台持つ場合は、持ち運びが容易な小さいものがおすすめです。

機能



トイカメラのなかには、パノラマ写真機能が付いたものや、天候によって撮影モードを変えられるものなど、便利機能が搭載された製品もあります。凝った写真を撮りたいという方は、機能にも注目してみてください。

液晶モニターの有無



トイデジタルの場合、液晶モニターがあれば、撮影した写真をすぐに確かめることができます。ただ、液晶モニターがないタイプが劣っているわけではありません。パソコンなどに繋ぐまで写真の出来が分からないというワクワク感があります。

トイカメラのおすすめ|デジタル

ホルガ(HOLGA) HOLGA DIGITAL


香港で生まれたホルガのトイカメラです。フィルム全盛期のころから有名な老舗メーカーで、世界中に愛好家がいます。歴史を感じさせるレトロなデザインが特徴で、特に若い女性から高い人気を集めています。レンズや外部フラッシュは、フィルム式と同じ純正パーツが装着できるのもポイントです。

持ち運びが簡単な手のひらサイズ。重さは約100gと軽く、首から下げてもほとんど負担を感じません。街歩き用のトイカメラを探している方は要チェックです。

スーパーヘッズ(superheadz) Digital Harinezumi 3.0


「表現系デジタルカメラのキング」と呼ばれているトイカメラ。フィルム式のお手軽さはそのままに、多彩なカラーモードを搭載しているのが特長です。通常撮影の「NORMAL」をはじめ、前衛的なモノクローム写真が撮影できる「monochrome_hard」や、色彩が派手になる「vivid 2」など、10種類の撮影モードに対応しています。

また、「Digital Harinezumi 3.0」は動画機能も搭載。複雑な設定をすることなく、まるで往年のモノクロ映画のような独特のムービーを撮影できます。写真と動画を両方楽しみたい方におすすめのトイカメラです。

ビビター(Vivitar) ViviCam 8027


アメリカに本社を置いているビビターのトイカメラ。クラシカルなデザインが特徴的ながら背面には液晶モニターが付いており、男女ともに人気の高いモデルです。カラーモードはスタンダード・セピア・モノクロ・ビビッドの4種に対応しています。フォトジェニックな写真が撮りたい場合はビビッドモードがおすすめです。

注目したいのは「ViviLinkメニュー」。付属の画像管理ソフトと連携して、Facebookなどのウェブサイトに画像をアップロードできます。なお海外製ではありますが、日本語モードに対応しているので、英語が苦手な方にもおすすめです。

タカラトミー(TAKARA TOMY) 3D ショットカム


玩具メーカーとして有名なタカラトミーのトイカメラです。カメラ本体に付いているふたつのレンズによって、オリジナル3D写真を撮影可能。画像データをプリントして、付属の組み立て式ビューワーを通して見るだけで、お手軽に立体写真を鑑賞できます。

液晶モニターがないので、その場で画像を確認することはできませんが、あとでじっくりとデータチェックするのも写真撮影の魅力のひとつです。

トイカメラのおすすめ|フィルム

ホルガ(HOLGA) HOLGA120CFN カラーフィルター内蔵ストロボ付き



ホルガブランドの上位機種です。カラーフラッシュ機能を搭載しており、ダイヤルひとつで切り替えができます。ノーマル・赤・黄・青のフラッシュを使い分ければ、インパクトのある写真を撮ることが可能。派手でインパクトのある写真を撮りたい方におすすめです。

トイカメラとしてはサイズが若干大きめですが、レンズやボディはプラスチック製のため、首からぶら下げても負担になりません。街歩き用としてもおすすめです。

ロモグラフィー(Lomography) LOMO LC-A+


ロシア製の「Lomo LC-A」の生産終了後に、リニューアルして登場したトイカメラ。四隅が暗くなる「トンネルエフェクト」や強いコントラスト、カラフルな発色など、これぞトイカメラといったフォトジェニックな写真が撮影できます。

「MX」と書かれたスイッチを入れれば簡単に「重ね撮り」できるのもポイント。2枚の映像を重ねた不思議な写真のことで、表現の幅がぐっと広がります。プロカメラマンやアーティストも使っている人気モデルのため、トイカメラ入門者にもおすすめです。

ロモグラフィー(Lomography) Diana Mini & Flash Package


手のひらサイズで持ち運びやすいトイカメラ。「Diana Mini」最大の特長は、通常サイズの「スクエア」のほか、「ハーフ」にも対応している点です。ハーフとは、フィルムの1コマを縦に2分割したサイズで撮影できるモードで、たとえば24枚撮りのフィルムなら2倍の48枚の写真を撮れます。

シャッタースピードはスタンダードな1/60(Nモード)と、ボタンを押している間にシャッターが開きっぱなしになるバルブ(Bモード)に対応。バルブに切り替えれば、車のライトが線で繋がったような写真や、水の流れが帯になったような写真など、幻想的な光景をフィルムに収めることができます。

ロモグラフィー(Lomography) Sprocket Rocket


パノラマ写真に対応したトイカメラです。通常の35mmフィルムには上下に露光されない箇所がありますが、「Sprocket Rocket」はこの穴も含んだフィルム全面を使って撮影できます。ダイナミックな写真を撮りたい方におすすめです。

また、1910~30年代にかけてヨーロッパやアメリカで流行したアールデコ調なデザインがおしゃれかつ、カラーバリエーションも豊富なので見た目にもこだわりたい方におすすめです。

スーパーヘッズ(superheadz) Vivitar ultra wide and slim


中国製の人気モデル「Vivitar Ultra Wide&Slim」をリメイクしたトイカメラです。広角レンズを採用しているのが特徴で、空や街など、広がりのある風景を撮るときに最適。また、遠近感が強調されるので迫力のある写真が撮れるのもポイントです。

もうひとつの特徴はリーズナブルである点です。シャッタースピードが固定されているなど、機能に制限がありますが、その分安価で入手できます。トイカメラの入門用としておすすめです。