詳細な設定が必要なく、シンプルな操作で手軽にフォトジェニックな写真が撮影できる「トイカメラ」。デザイン性に優れたモノが多く、リーズナブルな価格で手に入れられるのが魅力です。

そこで今回は、トイカメラのおすすめモデルをフィルム式とデジタル式の2種類に分けてご紹介。ひと味違ったおしゃれな写真を楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

トイカメラとは?

By: amazon.co.jp

「トイカメラ」は、見た目も作りも「おもちゃ」のようなカメラです。元々はフィルムカメラの廉価版として、製造コストを最大限に抑えることを目的に作られました。そのため、一般的なカメラに比べると工作精度や品質が劣り、撮影時には被写体が歪んだりピンボケしたり、現実とかけ離れた色調が生じたりする傾向があります。

しかし、その不安定で特殊な写りがかえってアーティスティックな雰囲気を演出することから、一部では熱狂的なファンを生み出しています。また、直感的に操作できるため、子供でも簡単に取り扱えるのがポイントです。

なお、トイカメラには撮影対象が大きく歪曲して見える「魚眼レンズ」を標準搭載している製品や、パノラマ写真を撮影できる製品など、ユニークなモノが多数存在しています。自分好みの一台を選んで、トイカメラならではの味わい深い仕上がりを楽しんでみてください。

トイカメラの魅力

By: kenko-tokina.co.jp

トイカメラの魅力として、価格の安さが挙げられます。安価な素材を採用しているため、ほとんどの製品は1万円前後の価格で購入可能。

また、シンプルな機能も魅力です。露出光やシャッタースピードなどの調節をする必要がなく、簡単な操作でおしゃれな写真が撮れます。逆にいえば、トイカメラは必要最低限の機能しか備えていないため、高精細な写真は撮れません。限られた機能のなかでピンボケや歪み、色調のズレを楽しみたい場合に適しています。

トイカメラの種類

写真の加工やデータ化ができるデジタルタイプ

By: amazon.co.jp

「トイデジ」とも呼ばれるデジタルタイプのトイカメラは、SDカードなどの記録媒体に写真を保存できるのが特徴。フィルムの残り枚数を気にせず、より多くの写真を撮影して保存できます。

また、パソコンなどにデータを転送できるのもポイント。撮った写真をInstagramやFacebookなどのSNSで共有したい方にもおすすめです。Wi-Fi機能付きのSDカードに対応しているモデルなら、より簡単にデータを転送できます。

撮った写真を現像するフィルムタイプ

By: amazon.co.jp

フィルムを使用して撮影するタイプのトイカメラです。さまざまな種類のフィルムを使い分けられるのが魅力。例えば、レッドスケールフィルムを使用した場合、赤みを帯びた写真が撮れます。一方、白黒フィルムを使用すればモノクロ写真の撮影が可能。ただし、フィルムタイプの場合、フィルム代や現像代が別途必要になる点には注意が必要です。

トイカメラの選び方

デジタルタイプは液晶モニターの有無をチェック

By: amazon.co.jp

撮った写真をすぐに確認したい場合は、背面に液晶モニターを搭載したトイカメラがおすすめです。液晶モニターがあれば撮影した写真をすぐに確かめられるため、ボケ具合や明度などをその場で変えて再度撮影できます。

あえて液晶モニターが搭載されていない製品を選ぶのもおすすめ。現像するまでどんな写真が撮れたのかが分からないのもトイカメラの醍醐味です。好みで液晶モニターの有無を選びましょう。

フィルムタイプはフィルムの種類に注目

一般的なのは135フィルムとも呼ばれる35mmフィルムです。パトローネと呼ばれる金属製ケースのなかに入っており、両端に巻き上げ用の穴が複数開いています。現像する際はパトローネ内にフィルムを巻き戻す必要があります。

中判カメラで使用するのは、35mmフィルムよりも幅の広い120フィルムです。「スプール」と呼ばれる軸に、遮光用の紙と重ねて巻き付けられているのが特徴です。装填する際は緩まないよう注意しましょう。

また、幅が16mmの「110フィルム」に対応したトイカメラもあります。カートリッジの両端にフィルムを巻き取るマガジンが搭載されており、撮影が終了すると自動的に巻かれるのが特徴です。

どんな風合いの写真が撮れるのかをチェック

By: amazon.co.jp

トイカメラは製品によって歪みやボケ、色調などに特徴があります。選んだ製品によって写真の風合いが異なるため、それぞれどのような風合いの写真が撮れるのか購入前に確認しておきましょう。公式サイトやSNSなどに上がっている写真を参考にするのがおすすめです。

防水機能の有無をチェック

By: canon.jp

トイカメラを水辺でも使いたい場合は防水性能を搭載したモデルがおすすめ。水滴の侵入や水圧による故障からトイカメラを守れるので、プールや海、川での水遊びにも使えます。また、子供にも安心して持たせられるのもポイントです。

防水対応のトイカメラを選ぶ際は水深10m以上の潜水に対応できるモデルを選びましょう。プールはもちろん、浅い海でのシュノーケリングやダイビングでも十分に対応できるだけの防水性能を持っているので、水辺でも安心して使用できます。

動画撮影ができるかチェック

By: amazon.co.jp

デジタルタイプのトイカメラには写真だけではなく動画も撮影できるモデルも発売されています。ビデオカメラほど高画質ではないものの、小型ボディで気軽に動画も記録できるのが特徴。旅行やパーティー、アウトドアなど、トイカメラの活用シーンが広がります。

トイカメラならではの独創的な描写や多彩なフィルター効果を動画にも適用して撮影できるのが魅力。ビデオカメラで撮影するのとは一味違った動画が楽しめます。また、音声付き動画の記録に対応するモデルがあるのもポイントです。

トイカメラのおすすめブランド

ロモグラフィー(Lomography)

By: rakuten.co.jp

「ロモグラフィー」は、トイカメラ「Diana」シリーズで有名な老舗ブランドです。高級感のあるデザインで、多くのファンの心を捉えています。

フラッシュの取り付けが可能なモデルや、35mmフィルムを使用するコンパクトなMiniシリーズなど、数多くのラインナップを取り揃えているのが魅力です。

ホルガ(HOLGA)

By: rakuten.co.jp

香港発のトイカメラブランド「ホルガ」。トイカメラの代名詞ともいえるほど人気を博しています。おしゃれでレトロなデザインが特徴です。

フィルムタイプのほか、カラーラインナップが豊富なデジタルタイプのトイカメラも人気。ホルガ独特のデザインで設計されており、よい意味でデジタルらしくないレトロさが魅力です。

トイカメラのおすすめモデル|デジタルタイプ

ホルガ(HOLGA) トイカメラ Holga Digital

独特の世界観を持つ描写が楽しめるデジタルタイプのトイカメラです。トイカメラの代名詞ともいえる「HOLGA」のデジタル版。プラスチックレンズによる独特なピンボケ感や周辺露光落ち(トンネル効果)など、世界中のファンを虜にした写りが手軽に堪能できます。

画像の縦横比はコンデジと同じ4:3のほか、Instagramでも使える1:1も選択が可能。表現に応じて使い分けが楽しめます。また、16GBまでのWi-Fi内蔵SDカードにも対応しているので、スマホへの画像転送が簡単なのも魅力です。

重さは約110gと軽量コンパクト。フラッシュやコンバージョンレンズなど、多彩なアクセサリーもオプションで用意されています。

ボンザート(BONZART) トイカメラ BONZART Lit+

多彩な撮影が楽しめる手のひらサイズのデジタル式トイカメラです。重さ約33gの小さなボディには1.44型の背面液晶モニターを搭載。撮影時の構図確認や撮影後の画像確認が行えるので、納得のいく画像が撮影できるまで何度も撮影し直せます。

有効画素数は約30万画素と控えめですが、露出補正やホワイトバランス、8種類のカラーエフェクトなど豊富なメニュー設定で個性的な写真を撮れるのが魅力。また、音声付き動画の記録にも対応しており、バッテリーやカード残量が続くかぎり存分に撮影が楽しめます。

最大16GBまでのmicroSDカードが使用可能。また、三脚穴とセルフタイマー機能を備えているので自撮りにも活用できます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) トイカメラ DSC Pieni

アクセサリー感覚で持ち歩けるおしゃれなデジタルタイプのトイカメラです。モデル名の「Pieni(ピエニ)」はフィンランド語で「小さい」という意味。重さ約18gの小型ボディは付属のネックストラップを使えばネックレスのように身に着けられます。

水彩画や油絵のような味わいのある描写も特徴。有効画素数は約131万で、静止画のほかに音声付き動画も撮影できます。

最大2GBまでのmicroSDカードが使用可能。背面液晶モニターは非搭載ですが、マグネットを内蔵するので、使わないときは冷蔵庫などに固定すれば雑貨としても楽しめます。安い価格で気軽に購入できるのも魅力です。

ポラロイド(Polaroid) デジタルインスタントカメラ Polaroid Snap

根強い人気を持つポラロイドカメラにデジタル機能を追加したインスタントトイカメラです。重さ約215gのボディには有効約1000万画素のイメージセンサーを搭載。フチの有無のほか、カラー・モノクロ・セピアの3種類のモードを選びつつ撮影が楽しめます。

撮影したその場で写真をプリントアウトできるのも特徴。印刷方式にはインクを必要としない感熱式のZINK Paperを使用するため、にじみにくく鮮やかな写真プリントが楽しめます。また、用紙の裏面はシールになっているので、フォトブックなどが簡単に作れるのも魅力です。

32GBまでのmicroSDカードが使用可能。夜景撮影や自撮りに役立つセルフタイマー機能も搭載しています。

ヤシカ(YASHICA) トイカメラ YASHICA digiFilm camera Y35

フィルムのような撮影体験が味わえる通好みのデジタル式トイカメラです。往年の名機「Electro35」を模したヴィンテージデザインのボディには35mm F2のガラス製広角レンズを搭載。撮影時はシャッターボタンを押す度に巻き上げレバーを操作するので、フィルムカメラのような操作感が楽しめます。

「digiFilmシステム」の採用も特徴。フィルムに似た形状を持つdigiFilmモジュールをカメラ内にセットして撮影します。digiFilmは全6種類で、それぞれ色合い・ISO感度・縦横比が異なるのが特徴。一台で多彩な描写が堪能できます。

Wi-Fi内蔵SDカードに対応。有効画素数は約1400万で、シャッター速度や露出補正などの設定変更もできます。

キヤノン(Canon) アソビカメラ iNSPiC REC FV-100

身に着けてどこでも気軽に撮影が楽しめるデジタルタイプのトイカメラです。キヤノンが手掛けた新機軸のカメラで、一体型のカラビナでバッグやベルトに装着して簡単に携帯できるのが特徴。水深2mまでの防水性能と耐衝撃性能も備えているので、旅行やアウトドアのお供にも重宝します。

難しい設定は不要で、操作は4種類のモードから選ぶだけ。約1300万画素の写真やフルHD動画が撮影できるほか、スマホと連携すれば遠隔操作も可能です。撮影した写真や動画はスマホに転送するまで確認できないので、予測できない写りが楽しめます。

重さは約90gと軽量コンパクト。オプションで全5種類のジャケットが用意されており、その日の気分に合わせて着せ替えが楽しめるのも魅力です。

Aokeou トイカメラ

子供へのプレゼントとして人気を持つデジタルタイプのトイカメラです。環境に優しいシリコン素材のボディはデザインがかわいいだけではなく、落としても壊れにくいのも特徴。子供が使う初めてのカメラとしてもおすすめです。

前面レンズと背面ファインダーの2箇所に有効約2000万画素のデュアルカメラを搭載。2型の背面モニターを見ながら4種類のフィルター効果を活用しつつ撮影できるほか、セルフタイマー機能を使って自撮りも簡単に楽しめます。また、フルHD動画も撮影が可能です。

ネックストラップと32GBのmicroSDカードが付属しているので、届いたらすぐに使えます。背面モニターでは簡単なゲームが楽しめるのも魅力です。

ドログレイス(DROGRACE) キッズカメラ

アクションカメラのように使える防水仕様のデジタル式トイカメラです。重さ約50gの軽量コンパクトなボディに付属の防水ケースを付けると、水深30mまで防水対応。耐衝撃性にも優れているので、プールやシュノーケリングなど水辺のレジャーでも安心して子供に使わせられます。

「3枚連続撮影」や「タイマー撮影」のほか、フルHD動画の撮影にも対応。顔認識AFを搭載しているので、写真と動画の両方で顔にピントを合わせられます。また、7種類のカラーフィルターと40種類のフォトフレームで画像をアレンジできるのも魅力です。

最大32GBのmicroSDカードに対応。自転車のハンドルバーやヘルメットにカメラを取り付けられるアクセサリーが付属します。

トイカメラのおすすめモデル|フィルムタイプ

ロモグラフィー(Lomography) トイカメラ Diana Mini and Flash

2種類のフォーマットで撮影が楽しめるフィルムタイプの小型トイカメラです。撮影には36枚撮りの35mmフィルムを使用。Instagramでも使えるスクエアに加えて、1コマを2分割して別々の写真を最大72枚まで記録できるハーフフレームにも対応しており、各フォーマットはスイッチで簡単に切り替えられます。

焦点距離24mmの広角レンズを搭載。絞りはF8とF11の2種類が選択できるので、明るさや表現に応じて使い分けができます。

付属のカラーフラッシュで多彩な効果を追加できるのもポイント。暗い場所でも明るく撮影できるほか、カラーフィルターで照射する光の色合いを変えて特定の色を強調できます。

ロモグラフィー(Lomography) トイカメラ Diana F+

カルト的な人気を持つ伝説の中判トイカメラを現代に復刻させたフィルムタイプのトイカメラです。Dianaでしか表現できない彩度が極限まで高められたソフトで、優しい描写が堪能できます。

焦点距離75mmのプラスチック製中望遠レンズを搭載。絞りはF8・F11・F16から選べるので、独特なピンボケ感を残した写真も楽しめます。さらに、パノラマ撮影や多重露光撮影、長時間露光撮影など多彩な撮影モードが選択できるのも魅力です。

撮影には中判の120フィルムを使用。付属のカラーフラッシュを活用すれば、光や色による演出効果を加えた本格的な作品撮りも楽しめます。

ホルガ(HOLGA) ブローニーフィルムカメラ HOLGA 120N

熱狂的なファンが数多くいる人気のフィルム式トイカメラです。1982年に登場した伝説的なトイカメラ「HOLGA 120S」の後継モデル。不鮮鋭なピントや極端な周辺減光、像の流れなど、ホルガでしか得られない味のある描写が安い価格で楽しめます。

本体同様、レンズもプラスチック製なのが特徴。ガラスのように透明度が高くないため、オールドレンズを使用したような味のある写りが堪能できます。シャッター速度は1/100秒、F値はF8で固定です。

撮影には中判の120フィルムを使用。別売の専用フィルムホルダーを使えば、35mmフィルムやポラロイドフィルムでの撮影もできます。

ホルガ(HOLGA) ブローニーフィルムカメラ HOLGA 120GCFN 魚眼セット

ホルガの魅力を存分に堪能できるフィルム式トイカメラのセットです。基本的な仕様はベーシックモデルのHOLGA 120Nと共通していますが、ガラス製のレンズを採用しているのが特徴。加えて、内蔵フラッシュを搭載しているので、暗い場所でも気軽に撮影が楽しめます。

魚眼コンバーターが付属するのもポイント。レンズの先端に装着することで、周辺部の風景が大きく歪むデフォルメ効果が付与されるので、個性的な写りのスナップや人物ポートレートが撮影できます。

撮影には中判の120フィルムを使用。リーズナブルな価格も魅力です。

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ instax mini 11

人気のチェキがより使いやすく進化したフィルム式インスタントトイカメラです。撮影したその場で写真をインスタントフィルムにプリントアウトできるのが特徴。旅行やイベントなどで仲間たちと思い出をシェアする際などに重宝します。

新機能「明るさオート」を搭載。周りの明るさに応じて最適なシャッター速度やフラッシュ光量が自動的に設定されるので、暗い場所でも人物は自然に、背景は明るく仕上げられます。

レンズ部を引き出すと「セルフィーモード」に切り替えできるのもポイント。近接距離からでもピントが合いやすくなるので、ピンボケせずに自撮りができます。また、自撮り時はレンズ横のセルフショットミラーで構図の確認も可能です。

富士フイルム(FUJIFILM) ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ20

時を操る効果が楽しめるハイブリッド型のインスタントトイカメラです。動画からベストな瞬間を切り取る「フレームブラグ」や、被写体の動きに時間差をつけた4コマ分割フォームで捉える「時間差撮影」などの機能が搭載されています。

多彩な撮影モードも特徴。二重露光・バルブ(長時間露光)・分割・コラージュのほか、10種類を超えるフィルター効果・周辺減光効果・明るさ調節などを駆使して個性的な写真表現が追求できます。

フィルム写真の印刷には画面サイズ62×62mmのスクエアチェキを使用。Instagramでも使える正方形写真が気軽に楽しめます。また、撮影した写真や動画はmicroSDカードにも記録が可能です。