詳細な設定の必要がなく、シンプルな操作で手軽にフォトジェニックな写真が撮影できる「トイカメラ」。デザインに優れたモノが多く、リーズナブルな価格で手に入れられるモノが多いためインテリアやファッションとして楽しむ方もいます。

そこで今回は、トイカメラのおすすめモデルをフィルム式とデジタル式の2種類に分けてご紹介。一風変わったおしゃれな写真を楽しみたい方はぜひ参考にしてみてください。

トイカメラとは?

フィルムカメラとの違い

By: amazon.co.jp

トイカメラは元々、フィルムカメラの廉価版として作られました。レンズやボディにプラスチックを採用するなど、フィルムカメラよりも安価な素材を使っており、その名の通りおもちゃのような見た目をしています。

撮影すると、被写体が歪んだりピンボケしてしまったり、実物とは違う色に写ってしまったりしますが、それがかえって「芸術的に見える」と評判になりました。手軽にフォトジェニックな写真を撮りたい方にぴったりです。

トイカメラの魅力

By: amazon.co.jp

トイカメラの魅力として、価格の安さが挙げられます。安価な素材を採用しているため、ほとんどの製品は1万円前後の価格で購入することが可能です。

また、シンプルな機能も魅力。露出光やシャッタースピードなどの調整をする必要がなく、簡単な手順でおしゃれな写真が撮れます。逆に言えば、トイカメラは必要最低限の機能しか備えていないため、高精細な写真を撮ることはできません。限られた機能の中でピンボケや歪み、色調のズレを楽しみたい場合に適しています。

トイカメラの選び方

種類で選ぶ

撮った写真を現像するフィルムタイプ

By: amazon.co.jp

フィルムを使用して撮影するタイプのトイカメラです。さまざまな種類のフィルムを使い分けられるのが魅力。例えば、レッドスケールフィルムを使用した場合、赤みを帯びた写真が撮れます。一方、白黒フィルムを使用すればモノクロ写真の撮影が可能です。ただし、フィルムタイプを選ぶ場合はフィルム代や現像代が必要になる点には注意しましょう。

写真の加工やデータ化ができるデジタルタイプ

By: amazon.co.jp

「トイデジ」とも呼ばれるデジタルタイプのトイカメラは、SDカードなどの記録媒体に写真を保存できるのが特徴です。フィルムの残り枚数を気にせず、より多くの写真を撮影して保存できます。

また、パソコンなどにデータを転送できるのもポイント。インスタグラムやフェイスブックなどのSNSで撮った写真を共有したい方にもおすすめです。Wi-Fi機能つきのSDカードに対応しているモデルなら、より簡単にデータを転送できます。

フィルムタイプはフィルムの種類にも注目

一般的なのは135フィルムとも呼ばれる35mmフィルムです。パトローネと呼ばれる金属製ケースの中に入っており、両端に巻き上げ用の穴が複数開いているのが特徴。現像する際はパトローネ内にフィルムを巻き戻す必要があります。

中判カメラで使用するのは、35mmフィルムよりも幅の広い120フィルムです。「スプール」と呼ばれる軸に遮光用の紙と重ねて巻き付けられているのが特徴です。装填する際に緩まないように注意しましょう。

また、幅が16mmの「110フィルム」に対応しているトイカメラもあります。カートリッジの両端にフィルムを巻き取るマガジンを搭載しており、撮影が終了すると自動的に巻かれるのが特徴です。

デジタルタイプは液晶モニターの有無を確認

By: amazon.co.jp

撮った写真をすぐに確認したい場合は、背面に液晶モニターを搭載しているトイカメラがおすすめです。液晶モニターがあれば撮影した写真をすぐに確かめられるため、ボケ具合や明度などをその場で変えて再度撮影できます。

また、あえて液晶モニターを搭載していない製品を選ぶのもおすすめ。現像するまでどんな写真が撮れたのかが分からないのもトイカメラの醍醐味です。液晶モニターの有無は好みで選びましょう。

どんな風合いの写真が撮れるのかをチェック

By: amazon.co.jp

トイカメラは製品によって歪みやボケ、色調などに特徴があります。選んだ製品によって写真の風合いが異なっているため、購入前にそれぞれどのような風合いの写真が撮れるのか確認しておきましょう。公式サイトやSNSなどに上がっている写真を参考にするのがおすすめです。

見た目のおしゃれさも重要

By: amazon.co.jp

トイカメラはプラスチックなど安価で加工しやすい素材を用いているためデザインが豊富です。レトロなデザインのモノや高級感のあるモノなど、さまざまな色や形をしたトイカメラがあります。そのため、ファッションに取り入れたりインテリアとして飾っておいたりできるのも魅力です。

トイカメラのおすすめブランド

ホルガ(HOLGA)

By: amazon.co.jp

香港発のトイカメラブランド「ホルガ」。トイカメラの代名詞ともいえるほど人気を博しています。おしゃれなレトロデザインで、ファッションに取り入れて持ち運べるのが魅力。

フィルムタイプのほか、カラーラインナップが豊富なデジタルタイプのトイカメラも人気。ホルガ独特のデザインを残して設計されており、いい意味でデジタルらしくないレトロさが魅力です。

ロモ(LOMO)

By: amazon.co.jp

「ロモ」は、トイカメラ「DIANA」シリーズで有名な老舗ブランドです。高級感を感じさせるデザインで、多くのファンの心を捉えています。

フラッシュの取り付けが可能なモデルや35mmフィルムを使用するコンパクトなMiniシリーズなど、数多くのラインナップを取り揃えているのが魅力です。

ヴィヴィター(Vivitar)

By: amazon.co.jp

「ヴィヴィター」は、カメラレンズのメーカーとしても有名なブランドです。デジタルタイプの一部機種には「ビビッドモード」が搭載されており、コントラストがはっきりとした極彩色の写真を撮影できます。

トイカメラのおすすめモデル|フィルムタイプ

ロモグラフィー(Lomography) Lomo LC-A+

本トイカメラは、鮮やかな色合いの写真が撮れるためインパクトの強い写真が好みの方におすすめです。「MXスイッチ」をスライドさせて簡単に多重露光撮影ができるほか、レンズカバーを使えば四隅が暗くなる「トンネルエフェクト」効果を出した写真も撮れます。

また、本製品は35mmフィルムに対応。カラーネガやスライドフィルム、モノクロフィルムなどを使用してさまざまな風合いの写真を楽しめます。

ロモグラフィー(Lomography) Sprocket Rocket hp400

35mmフィルムに対応しているトイカメラです。カラーやスライド、白黒やレッドスケールのフィルムに対応しており、フィルム交換でさまざまな写真表現を楽しめます。

「スプロケット」と呼ばれるフィルムの穴部分まで撮影できるため、ダイナミックな写真を撮りたい方にもおすすめです。また、ワイドアングルレンズを搭載しており、パノラマ写真も楽しめます。広範囲を写せるため、街並みの撮影や集合写真の撮影にもおすすめです。ブレ防止にも役立つ3脚穴も搭載しているのもポイント。

スクロールノブを使用すれば、多重露光も可能です。長時間露光もできるため、動く光の動線を撮影したい時にも便利。さらに、夜間撮影に便利なバルブモードを搭載しているので、昼夜問わず使えます。

ロモグラフィー(Lomography) Diana Mini hp500

35mmフィルム対応のトイカメラです。スイッチひとつで気軽にハーフとスクエアの写真を撮影できるのが魅力。フォーマットの種類が増えることでより表現の幅が広がります。

また、フラッシュ用のカラーフィルターを使用すれば、ビビッドな色の写真を撮影することも可能。多重露光や長時間露光機能も搭載されているため、トイカメラならではの風合いを存分に楽しめます。軽量で持ち運びやすく、ハーフフレーム設定であればフィルム1本で最大72枚の撮影ができるので旅行用としてもおすすめのトイカメラです。

富士フイルム(FUJIFILM) チェキ instax mini 8+ INS MINI 8P

本製品はインスタントカメラですが、トイカメラの様なフォトジェニックな写真が撮影できます。丸っとした可愛らしいフォルムが特徴。カラーラインナップも豊富で、ファッションやインテリアに合わせて選べます。レンズ横にミラーを装備しているため、自撮りをする際にも便利です。

明るさ調節ダイヤルを搭載しているのも魅力。ダイヤル部分には天候などがイラストで分かりやすく表記されているため、カメラ初心者の方も簡単に明るさ調整できます。ハイキーモードを使用すれば、明るく柔らかな印象の写真が簡単に撮れるため、人物撮影にもおすすめです。フラッシュ機能も搭載しており、暗い室内での使用にも対応できます。

さらに、接写レンズも搭載。付属の専用アダプターを使用して、料理やペットなどの被写体に35cmまで近づいて撮影できます。

トイカメラのおすすめモデル|デジタルタイプ

ホルガ(HOLGA) HOLGA DIGITAL

デジタルタイプですが、フィルムタイプを意識したレトロなデザインに仕上がっています。ファッション感覚で取り入れたり、使わないときはインテリアとして飾っておいたりしてもおしゃれです。

絞りは、F2.8とF8の2パターンを搭載。天候や室内の明るさに合わせて撮影できます。液晶画面が搭載されていないため、フィルムカメラの様に撮影した写真の確認を楽しみにしておけるのもポイント。また、ホルガ最大の魅力ともいえるトンネル効果や独特のポケも再現でき、写真の縦横比を本体上部のダイヤルで4:3または1:1に設定可能です。

ホットシューがついているためフラッシュ撮影にも対応可能です。ホルガ専用のアクセサリーも豊富で、3脚やコンバージョンレンズなど、シーンに合わせて適切なアクセサリーを購入して使用できます。Wi-Fi内蔵のSDカードも搭載できるため、SNSで気軽に共有できるのも魅力です。

チノン(CHINON) Digital Harinezumi 3.0

人気の高いデジタルハリネズミのトイカメラです。左右が突出した独特なデザインが特徴。光沢のあるメタリックな質感で、親しみやすさと高級感を両立させています。

10種類のカメラモードに対応しており、写真の風合いを変化させられます。ハイコントラストなモノクローム写真が撮影できる「monochrome_hard」や極彩色の「vivid 2」、霧の中で撮影したような「Smoky」など、さまざまなモードを搭載。

また、3cmまで近づいて撮影できる超近接撮影や、粗い写真が撮影できる3.5倍相当のデジタルズームも可能です。さらに、写真だけでなく動画撮影にも対応しています。3種類のフレームレートから選択でき、8mmフィルムのようなカクカクとした動画撮影や、コマ撮り撮影も可能。初心者の方でも簡単にさまざまな表現ができるのでおすすめです。

ヴィヴィター(Vivitar) vivicam 5050 VIV-5050

ビビッドな発色の写真が撮影できるトイカメラです。ホワイトバランスや明度の調節も可能。モノクロやセピアの写真ももちろん撮影できます。背面には液晶がついているため、撮影した写真の確認をすぐに確認できるので初心者の方にも扱いやすいのが魅力です。

また、専用アクセサリーを豊富にラインナップしているのもポイント。「防水ハウジング」を使用すれば雨の日も海や川に行く際も撮影できます。また、「GIZMONレンズシリーズ」を使えば、マクロ撮影や魚眼撮影のほか、周辺光量落ちした写真の撮影も可能です。

SDカードと8GBまでのSDHCメモリーカードに対応しており、多くの写真を撮影して保存できます。電源は単4アルカリ乾電池を2本使用。充電器などを持ち運ぶ必要がなく、旅行先で電源が切れても近くのコンビニなどで入手して使えます。

パワーショベル(Powershovel) デジタルカメラ SUN&CLOUD 3107

本製品は、3種類の給電方法があるのが特徴。ソーラーパネルが組み込まれているため、12時間ほど窓際に置いて太陽光を当てると充電が満タンになります。ハンドルも付属しており、手間はかかりますが手回しでも充電できます。100~150回転で4~8枚撮影でき、節電したい方におすすめです。USBによる充電も可能。PCやACアダプターなどと接続して約75分で充電できます。

カラー8種とモノクロ7種の全15種類のカラーモードを搭載しており、自分好みの表現が楽しめるのもポイント。セルフタイマーやフラッシュの設定も可能です。また、お気に入りのモードを3つまで登録でき、シーンに合わせて自分好みに撮影できる「ショートカットボタン」を搭載しているのも魅力。写真だけでなくムービー撮影もできるおすすめの製品です。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) トイカメラ DSC Pieni DSC-PIENI

アクセサリー感覚で持ち歩けるトイカメラです。手の中に納まるほどの超小型で、ネックストラップが付属しているため首から下げて持ち歩けます。

コンパクトながらも高性能で、静止画のほか音声付のムービーも撮影できます。カメラ背面にはマグネットを内蔵しており、金属製のモノや冷蔵庫などにも固定可能。紛失防止やムービー撮影の際にも便利です。

液晶は搭載しておりませんが、付属のUSBケーブルでPCにつないで写真を確認できます。写り方は、水彩画や油絵のような風合いが特徴。価格もリーズナブルなので、ちょっとしたプレゼントにも最適です。

タカラトミー(TAKARA TOMY) 3D ショットカム

玩具メーカーとして有名なタカラトミーがリリースしているトイカメラです。撮影した画像をL判サイズでプリントすると、1枚の紙に2枚の写真がレイアウトされる特殊な設計です。また、上下を切り取って付属の専用ビュアーで見ると被写体が立体的に見えます。

専用ビュアーは紙製で、平らに折りたためばポストカードサイズになるため、プレゼントにもおすすめ。メッセージを書き込んでグリーティングカードとして贈るのにも適しています。少し変わった趣向のトイカメラを探している方におすすめです。

ポラロイド(Polaroid) Polaroid Snap POLSP01B

プリンタを内蔵しているポラロイドカメラです。本製品もトイカメラの様なレトロな写真を撮影できます。撮影後すぐに印刷できるため、撮った写真をその場でプレゼントしたい時などに活躍。薄型のポケットサイズで持ち運びやすく、必要な時にすぐ取り出せます。

写真印刷には「ZINK Paper」を採用しており、にじみにくく鮮やかな発色が魅力です。写真の裏側はシールになっているため、ノートやアルバムなどに貼って楽しめます。「クイックプリント」機能を使えば、写真のプリント中も撮影も可能。連続で撮影したい時にも便利です。32GBのmicroSDカードに対応しており、多くの写真を保存しておけます。

風合いは写真ポラロイド独特のレトロな仕上がりです。カラー・モノクロ・セピアの3つの撮影モードを搭載。縁の有無も設定でき、さまざまな表現が楽しめるのも特徴です。10秒のセルフタイマー機能がついているため、集合写真の撮影にも適しているおすすめのカメラです。

ドローグ(DROGRACE) キッズカメラ

子供におすすめのトイカメラです。写真撮影のほか、動画撮影やゲームができます。耐衝撃に優れた素材を採用しているため、落としても安心。操作もシンプルなので小さな子供でも直感的に操作できます。

付属の防水ハウジングは水深30mまでの防水に対応しており、プールや海での撮影に便利です。そのほかにも自転車用マウントなど複数のアクセサリーが付属。アウトドアやスポーツでの使用にもおすすめです。

撮影する際は、7種類のフレームモードとフィルターモードを搭載しており、撮影した写真をデコレーションできるのも魅力です。バッテリーを内蔵しており、USBケーブルで充電可能。3時間で充電完了します。最大32GBのmicroSDカードを装備できるため、長時間撮影の際にもおすすめです。