詳細な設定が必要なく、シンプルな操作で手軽にフォトジェニックな写真が撮影できる「トイカメラ」。デザイン性に優れたモノが多く、リーズナブルな価格で手に入れられるのが魅力です。

そこで今回は、トイカメラのおすすめモデルをフィルム式とデジタル式の2種類に分けてご紹介。ひと味違ったおしゃれな写真を楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

トイカメラとは?

By: amazon.co.jp

「トイカメラ」は、見た目も造りも「おもちゃ」のようなカメラです。元々はフィルムカメラの廉価版として、製造コストを最大限に抑えることを目的に作られました。そのため、一般的なカメラに比べると工作精度や品質が劣り、撮影時には被写体が歪んだりピンボケしたり、現実とかけ離れた色調が生じたりする傾向があるのが特徴。

しかし、その不安定で特殊な写りがかえってアーティスティックな雰囲気を演出してくれることから、一部では熱狂的なファンを生み出しています。また、直感的に操作できるため、子供でも簡単に取り扱えるのがポイントです。

なお、トイカメラには撮影対象が大きく歪曲して見える「魚眼レンズ」を標準搭載している製品や、パノラマ写真を撮影できる製品など、ユニークな製品が多数存在しています。自分好みの一台を選んで、トイカメラならではの味わい深い仕上がりを楽しんでみてください。

トイカメラの魅力

By: amazon.co.jp

トイカメラの魅力として、価格の安さが挙げられます。安価な素材を採用しているため、ほとんどの製品は1万円前後の価格で購入することが可能です。

また、シンプルな機能も魅力。露出光やシャッタースピードなどの調節をする必要がなく、簡単操作でおしゃれな写真が撮れます。逆に言えば、トイカメラは必要最低限の機能しか備えていないため、高精細な写真を撮ることはできません。限られた機能のなかでピンボケや歪み、色調のズレを楽しみたい場合に適しています。

トイカメラの種類

撮った写真を現像するフィルムタイプ

By: amazon.co.jp

フィルムを使用して撮影するタイプのトイカメラです。さまざまな種類のフィルムを使い分けられるのが魅力。例えば、レッドスケールフィルムを使用した場合、赤みを帯びた写真が撮れます。一方、白黒フィルムを使用すればモノクロ写真の撮影が可能。ただし、フィルムタイプの場合、フィルム代や現像代が別途必要になる点には注意が必要です。

写真の加工やデータ化ができるデジタルタイプ

By: amazon.co.jp

「トイデジ」とも呼ばれるデジタルタイプのトイカメラは、SDカードなどの記録媒体に写真を保存できるのが特徴。フィルムの残り枚数を気にせず、より多くの写真を撮影して保存できます。

また、パソコンなどにデータを転送できるのもポイント。インスタグラムやフェイスブックなどのSNSで撮った写真を共有したい方にもおすすめです。Wi-Fi機能付きのSDカードに対応しているモデルなら、より簡単にデータを転送できます。

トイカメラの選び方

フィルムタイプはフィルムの種類に注目

一般的なのは135フィルムとも呼ばれる35mmフィルムです。パトローネと呼ばれる金属製ケースのなかに入っており、両端に巻き上げ用の穴が複数開いているのが特徴。現像する際はパトローネ内にフィルムを巻き戻す必要があります。

中判カメラで使用するのは、35mmフィルムよりも幅の広い120フィルムです。「スプール」と呼ばれる軸に、遮光用の紙と重ねて巻き付けられているのが特徴です。装填する際に緩まないように注意しましょう。

また、幅が16mmの「110フィルム」に対応したトイカメラもあります。カートリッジの両端にフィルムを巻き取るマガジンを搭載しており、撮影が終了すると自動的に巻かれるのが特徴です。

デジタルタイプは液晶モニターの有無をチェック

By: amazon.co.jp

撮った写真をすぐに確認したい場合は、背面に液晶モニターを搭載したトイカメラがおすすめです。液晶モニターがあれば撮影した写真をすぐに確かめられるため、ボケ具合や明度などをその場で変えて再度撮影できます。

あえて液晶モニターを搭載していない製品を選ぶのもおすすめ。現像するまでどんな写真が撮れたのかが分からないのもトイカメラの醍醐味です。好みで液晶モニターの有無を選びましょう。

どんな風合いの写真が撮れるのかをチェック

By: amazon.co.jp

トイカメラは製品によって歪みやボケ、色調などに特徴があります。選んだ製品によって写真の風合いが異なるため、それぞれどのような風合いの写真が撮れるのか購入前に確認しておきましょう。公式サイトやSNSなどに上がっている写真を参考にするのがおすすめです。

トイカメラのおすすめブランド

ロモ(LOMO)

By: amazon.co.jp

「ロモ」は、トイカメラ「DIANA」シリーズで有名な老舗ブランドです。高級感のあるデザインで、多くのファンの心を捉えています。

フラッシュの取り付けが可能なモデルや、35mmフィルムを使用するコンパクトなMiniシリーズなど、数多くのラインナップを取り揃えているのが魅力です。

ホルガ(HOLGA)

By: amazon.co.jp

香港発のトイカメラブランド「ホルガ」。トイカメラの代名詞ともいえるほど人気を博しています。おしゃれでレトロなデザインが特徴です。

フィルムタイプのほか、カラーラインナップが豊富なデジタルタイプのトイカメラも人気。ホルガ独特のデザインで設計されており、よい意味でデジタルらしくないレトロさが魅力です。

トイカメラのおすすめモデル|フィルムタイプ

ロモグラフィー(Lomography) Sprocket Rocket

ロモグラフィー(Lomography) Sprocket Rocket

本製品はフィルムの両端にある長方形の穴「スプロケット穴」がそのまま写り込んだ、ユニークな写真に仕上がります。また、画角106°の超広角で、35mmフィルムを隅から隅まで使ったパノラマ写真を撮影できるのもポイント。美しい街並みや集合写真などを1枚に収めたいときにおすすめです。

さらに、フィルムの巻き上げ・巻き戻しが自由自在な「スクロールノブ」を搭載しているため、初心者でも簡単に「多重露光」写真が撮影できます。そのほか、外付けフラッシュを取り付けられる部位「ホットシュー」や、三脚穴を標準装備しているのも魅力。なお、液晶モニターは付いていないため、現像するまでどんな写真が撮れているのかわからないワクワク感も楽しめます。

ロモグラフィー(Lomography) Diana Mini

ロモグラフィー(Lomography) Diana Mini

手のひらサイズで簡単に持ち運べるトイカメラです。見た目のかわいらしさとは裏腹に、機能性は充実。使用フィルムは35mmですが、本体背面に設けたスイッチを切り替えることで、24×17mmのハーフと24×24mmのスクエアの2パターンからフォーマットを選択できます。

また、複数の写真を1枚に重ねる「多重露光」機能も搭載。この機能をオンにしたまま異なる風景を撮影するだけで、簡単に幻想的な多重写真が撮影できます。さらに、シャッタースピードを遅くすることで、動いている被写体の軌跡をそのまま写し出せる「長時間露光」にも対応。

そのほか、離れた所からシャッターを切れるカメラアクセサリー「ケーブルレリーズ」用の穴や、三脚穴も標準装備しています。液晶モニターは付いていませんが、おしゃれな見た目と優れた実用性を兼ね備えたおすすめの一台です。

ロモグラフィー(Lomography) fisheye No.2

ロモグラフィー(Lomography) fisheye No.2

170°の視界がぎゅっと凝縮された、魚眼写真が撮影できるトイカメラです。ピントがどこにでも合うように設計されたレンズを採用しているため、貴重なシャッターチャンスを逃しません。フィルムは、最も一般的な35mmに対応。

また、フラッシュを内蔵しているので夜間の撮影も安心です。よりパワフルに光を当てたい場合には、本体に搭載された「ホットシュー」に外付けフラッシュを取り付けることも可能。さらに、「長時間露光」や「多重露光」撮影機能を備えているため、さまざまな機能を組み合わせることで独創的な魚眼写真にチャレンジできます。

ホルガ(HOLGA) 120CFN

ホルガ(HOLGA) 120CFN

多くのアーティストやカメラファンから熱狂的な人気を誇る、トイカメラ「ホルガ」の最上位機種です。写真の四隅が暗く写る「トンネル効果」やボケ・歪み・光漏れなど、トイカメラならではの仕上がりを存分に楽しめます。

また、赤・青・黄・ノーマルの4色をダイヤルひとつでチェンジできる「カラーフラッシュ」を内蔵しているため、劇的に色を変化させたサイケデリックな写真を撮れるのも魅力。別売りの「HOLGAエフェクトキット」と組み合わせることで、被写体をぼかして柔らかな雰囲気を演出したり、画面を分割撮影したりとさらに多様な撮影にチャレンジできます。

そのほか、付属のマスクを活用することで、6×6と6×4.5の2パターンからフォーマットを選択することが可能。フォトジェニックな写真を撮りたい方にぴったりの人気アイテムです。

富士フイルム(FUJIFILM) チェキ instax mini 8+ INS MINI 8P

富士フイルム(FUJIFILM) チェキ instax mini 8+ INS MINI 8P

本製品は、撮った写真をその場ですぐにプリントできるインスタントカメラタイプのトイカメラです。写真下部の空きスペースに文字を書き込めるため、メッセージ付き写真でアルバムを作って友達や家族にプレゼントしたり、料理写真にレシピメモを添えてレシピブックを作ってみたりと、多彩な使い方が楽しめます。

さらに、周囲の明るさを自動的に感知し、適切な撮影モードをランプ表示で教えてくれる「明るさ調整ダイヤル」を搭載。ランプが点灯している箇所にダイヤルを合わせるだけで簡単に明るさの調節ができるため、カメラ初心者でもキレイに撮影できます。ダイヤルを「ハイキーモード」にセットすれば、淡い光に包まれたようなアーティスティックな写真を撮影可能です。

さらに、付属の接写レンズを取り付けることで、花や小物などの小さな被写体も鮮明に写し出せます。そのほか、本体前面には「セルフショットミラー」が付いているため、自撮りも簡単です。

トイカメラのおすすめモデル|デジタルタイプ

ホルガ(HOLGA) DIGITAL Black

ホルガ(HOLGA) DIGITAL Black

トイカメラの王道、ホルガのデジタルタイプです。ホルガ最大の特徴ともいえる周辺露光落ち「トンネル効果」や味わい深いピンボケ感、おもちゃのような本体質感などがそのまま再現されています。

使い勝手も、フィルムタイプと大きな違いはありません。本体背面に液晶モニターを搭載していないため、どんな風に撮れているかは後のお楽しみ。しかし、Wi-Fi内蔵のSDカードをカメラ内部にセットするだけで、撮った写真をその場でチェックしてインスタグラムに投稿できます。

また、レンズから入る光の量を調節する「絞り」はF2.8・F8.0の2パターンから選択できるので、天候や室内の明るさに合わせて撮影することも可能です。さらに、写真の縦横比は本体上部のダイヤルで4:3または1:1に切り替えられます。そのほか、デジタルタイプらしからぬレトロかわいいデザインも魅力。トイカメラの醍醐味を存分に味わえる、おすすめのアイテムです。

ハピカム(HappiCAMU) ビジョンキッズ 高性能トイカメラ JP032

ハピカム(HappiCAMU) ビジョンキッズ  高性能トイカメラ JP032

優れた機能性を誇る、子供用のトイカメラです。サイズは約高さ6×幅8×奥行き5.5cm、重さ73gのコンパクトタイプで小さな子供でも扱いやすいほか、ネックストラップとリストストラップが付属しているため、カメラを誤って落としてしまう心配もありません。

解像度1500万画素のレンズを採用しているので、暗い場所でもきれいな撮影が可能。また、解像度1080pの動画を撮れるのもポイントです。本体背面には液晶モニターが付いているため、写り具合もチェックできます。

さらに、3枚連続撮影・タイマー撮影・タイマー連続撮影などの多彩な撮影モードに対応。顔認証・4倍ズーム・手振れ補正などの便利な機能も多数搭載しています。そのほか、21種類の「フレームデザイン」と、モノクロ・レトロ・レッド調・ブルー調の4種類の「エフェクトフィルタ」から好みの加工を選べます。おもちゃのようなデザインで、プレゼントにもおすすめのアイテムです。

デジタルブルー(Digital Blue) LEGO デジタルトイカメラ クラシック

デジタルブルー(Digital Blue) LEGO デジタルトイカメラ クラシック

ユニークなデザインが魅力のトイカメラです。本体の上部・下部にはレゴブロックをはめられる突起があるため、自分好みにカスタマイズが可能。カメラとしてのみならず、おしゃれなインテリアとしてもおすすめです。

また、おもちゃのような見た目でありながら実用性も良好。トイカメラならではの味わい深い写真を撮影できるほか、フラッシュが内蔵されているため暗い場所でも安心です。撮影した画像は、USBケーブルを経由してパソコンにインポートできます。さらに、本体背面には液晶モニターを搭載しているため、写り具合をチェックしながら撮影できるのもポイント。レゴ好きの方は要チェックです。

パワーショベル(Powershovel) SUN & CLOUD 3107W

パワーショベル(Powershovel) SUN & CLOUD 3107W

自家発電ができるユニークなトイカメラです。日当たりのよい窓際に置いておけば充電される「ソーラーパネル充電」、本体側面に設けたハンドルを回すことで充電できる「手動充電」、付属のUSBケーブルをパソコンやACアダプターに接続して充電する「USB充電」と、3パターンの充電方式に対応。バッテリー残量を気にせず撮影を楽しみたい方におすすめです。

また、本製品は動画撮影が可能。1秒あたり、1コマ・8コマ・30コマと3種類のフレームノートから選択して、好みのスタイルの動画を撮影できます。搭載しているカラーモードはカラー8種、モノクロ7種の全15種です。

さらに、ピントは約150cm~のノーマルと約60〜150cmのポートレイト、約25〜35cmのマクロの3段階で調節できます。そのほか、撮影時に補助光として使える「LEDライト」も搭載。実用性に優れたトイカメラを探している方におすすめのアイテムです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) トイカメラ DSC Pieni

ケンコー(Kenko) トイカメラ DSC Pieni

レトロなデザインがかわいらしいトイカメラです。幅約51×高さ36×奥行き18mmと手のなかにすっぽり収まってしまう超小型サイズに加え、ネックストラップも付属しているのでアクセサリー感覚で持ち運びたい方におすすめ。また、本体背面にはマグネットを内蔵しているため、冷蔵庫などに貼りつけられるのもポイントです。

本体上部にある「MODEボタン」を押せば、写真撮影・動画撮影・音声録音の3つのモードを切り替えられます。液晶モニターもファインダーも搭載されていないため、撮れた写真や動画のチェックは家に帰ってからのお楽しみ。

データは付属のUSB接続ケーブルでパソコンに取り込めるほか、別売りのmicro SD・SDHCに保存もできます。本体カラーは、ブラック・コーラルピンク・レモンイエロー・スカイブルーの計4色展開。気軽に購入できる、安い価格帯も魅力です。気軽に写真や動画撮影を楽しんでみてください。

DROGRACE キッズカメラ IP68

DROGRACE キッズカメラ IP68

子供へのプレゼントにおすすめのトイカメラです。カメラ本体に、水深30mまで対応可能な防水ケース・自転車用マウント・粘着式マウント・固定用ネジなどの多彩なアクセサリーが付属。シュノーケリングやスキーなどのアウトドアスポーツをしながら、写真・動画撮影を楽しめます。

また、顔認識・露出補正・4倍ズームなどの多彩な撮影モードを搭載しているので、カメラに慣れていない子供でも簡単にかつキレイに撮影できるのもポイント。さらに、40種類の写真フレーム・7種類のフィルター効果から好みに応じて選択できます。

そのほか、タイマー撮影機能やゲーム機能が付いているのも魅力。撮影した写真・動画は、付属のUSBケーブルでパソコンに転送できます。本体カラーは、イエローとブルーの2色を展開。リーズナブルでありながら、さまざまなシーンで大活躍してくれる人気アイテムです。

ポラロイド(Polaroid) Polaroid Snap POLSP01B

ポラロイド(Polaroid) Polaroid Snap POLSP01B

撮った写真をその場でプリントできる、インスタントカメラタイプでありながら、データのデジタル保存もできるトイカメラです。 32GBまでのmicro SDカードに対応しており、撮影したデータは簡単にパソコンへ取り込めます。また、カラー・モノクロ・セピアの3つの撮影モードから選択できるのもポイント。

さらに、写真の裏側はシールになっているため、ノートやアルバムなど好きなところに貼って楽しめます。そのほか、10秒固定のセルフタイマーや、4枚の写真を1枚にプリントできる「フォトブースモード」なども搭載。薄型設計で持ち運びにも便利なおすすめアイテムです。

ペーパーショット(Paper Shoot) CROZ D.I.Y Transparent Camera

ペーパーショット(Paper Shoot) CROZ D.I.Y Transparent Camera

透明ボディで中身が見える、おしゃれな組み立て式トイカメラです。余計な装飾を削ぎ落したシンプルな構造であり、本体に搭載されたボタンは「電源・シャッターボタン」と「撮影モード選択ボタン」のふたつのみ。撮影モードはノーマル・モノクロ・セピア・ブルーの4種類から選択できます。

また、通常レンズのほかに広角レンズ・魚眼レンズが付属しているのもポイント。さらに、約10.5×7.5×1.1mmの薄型コンパクトサイズで持ち運びも簡単です。デザイン性の高いトイカメラを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

フーヴィー(FUUVI) ビスケットカメラ2 BIS2

フーヴィー(FUUVI) ビスケットカメラ2 BIS2

クリームを挟んだ丸いビスケット型がかわいらしいトイカメラです。コンパクトなサイズ感で、持ち運びも簡単。焼きたてのビスケットのような、甘くふんわりとした写りを楽しめます。

また、micro SD・micro SDHCに対応しているため、データ容量を気にせずにたくさん撮影できるのもポイント。さらに、写真に加えて音声付きの動画撮影もできます。持っているだけで気分が上がりそうな、おすすめのトイカメラです。