「ヘッジトリマー」は、庭の樹木を見栄えよく剪定するのに便利なアイテム。ひとくちにヘッジトリマーといっても機能には多様なものがあり、何を選べばよいのか迷ってしまいます。

そこで今回は、機能性に優れたおすすめのヘッジトリマーを厳選してご紹介。選び方も解説しているので参考にしてみてください。

ヘッジトリマーとは?

By: amazon.co.jp

ヘッジトリマーとは、生け垣や庭木の長さを整える剪定作業用の機械です。刈り幅を200mm・300mmなど一定に保てるのが特徴。枝葉の長さを整える機能に特化しているので、チェーンソーのように太い木を切るのには不向きです。

メーカーによっては生垣バリカン・植木バリカン・剪定バリカンなどと呼ぶこともあり、用途に合わせて多種多様な形状の製品が開発されています。

ヘッジトリマーの選び方

充電式かエンジン式か

充電式のメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

ヘッジトリマー初心者や女性におすすめなのが、バッテリーを内蔵した充電式のヘッジトリマーです。エンジン式よりも軽い製品が多く、稼働音も小さめなのが特徴。住宅街など騒音が気になる場所でも安心して使えます。

しかし、充電式は連続稼働時間が30分~45分前後とやや短め。予備バッテリーがなければ再充電まで時間がかかるので、広い範囲を剪定したい方は注意しましょう。

エンジン式のメリット・デメリット

マキタ(MAKITA) エンジン畦刈・ポールヘッジトリマ MEN3000

By: amazon.co.jp

広大な面積を長時間剪定したい方におすすめなのが、エンジン式のヘッジトリマーです。燃料を継ぎ足せば時間を気にせず作業を続けられるのが魅力。また、パワフルな製品が多いのも嬉しいポイントです。

ただし、あらかじめ燃料の準備が必要であったり、使い終わった後に燃料を抜いて保管する必要があったりと手間がかかるのが難点。また、充電式よりも稼働音が大きめで排気ガスも出るため、早朝や住宅が密集している場所で使うと近所迷惑になる可能性があるので注意が必要です。

ヘッジトリマーのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

マキタ(MAKITA) 充電式生垣バリカン MUH464DZ

By: amazon.co.jp

「マキタ」は1915年に誕生した日本の総合電動工具メーカー。電動工具市場において国内シェア1位を誇り、世界160ヵ国に供給網を展開しています。マキタのヘッジトリマーは軽さや使い勝手を重視しているので、まずチェックしておきたいメーカーです。

ゼノア

ゼノア ヘッジトリマ HT751Pro-1 AH20012

By: amazon.co.jp

「ゼノア」は100年以上の歴史を持つ老舗の農林・造園機器メーカー。2007年にはスウェーデンの世界的な林業機械メーカー「ハスクバーナ」の完全子会社となり、ハスクバーナ・ゼノア株式会社として生まれ変わりました。

ゼノアのハイパワーかつ燃費に優れたエンジン式ヘッジトリマーは、多くの園芸職人から支持されています。

ハイコーキ(Hikoki)

ハイコーキ(Hikoki) エンジンヘッジトリマ CH22EBP

By: rakuten.co.jp

「ハイコーキ」は工機ホールディングス株式会社が展開する工具ブランド。以前は「日立工機」として知られていましたが、2018年10月よりブランド名がハイコーキへと一新されました。

ハイコーキのヘッジトリマーは初心者でも扱いやすい軽量モデルからプロ仕様のものまで幅広いので、ぜひチェックしてみてください。

リョービ(RYOBI)

リョービ(RYOBI) 充電式ヘッジトリマ BHT-3000

By: amazon.co.jp

電動工具を中心に、さまざまな工具を取り扱う「リョービ」。プロ用の本格的なものから初心者でも扱いやすいDIY用のものまでラインナップが充実しているのが特徴です。

リョービのヘッジトリマーは刃の形状や刈り込み幅などの選択肢が豊富なのが魅力。細かな用途に対応できるアイテムを探している方には、一度チェックしてもらいたいメーカーです。

ボッシュ(BOSCH)

ボッシュ(BOSCH) コードレスガーデンバリカンセット ISIO2

By: amazon.co.jp

「ボッシュ」はドイツを拠点とする自動車部品・電動工具のメーカー。世界的な知名度を誇り、日本でも多くの方から支持されています。ボッシュの充電式ヘッジトリマーは非常にパワフル。また、豊富なアタッチメントを備えるなど機能性は抜群です。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER)

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) コードレスヘッジトリマー GTC1850LN

By: amazon.co.jp

「ブラック・アンド・デッカー」はアメリカで誕生した電動工具メーカー。約100年の歴史を誇り、アポロ15号の月面着陸の際には同社のコードレスドリルが使用されました。日本においてもコスパに優れた電動工具メーカーとして人気を集めています。

ヘッジトリマーのおすすめモデル|エンジン式

マキタ(MAKITA) エンジンヘッジトリマー EH6000S

マキタ(MAKITA) エンジンヘッジトリマ EH6000S

排気量22.2mlのエンジンを積んだヘッジトリマーです。内部に4つの振動吸収スプリングを備えているのが特徴。スターターロープを引っ張るだけでエンジンを起動できるので、初心者でも簡単に操作できます。

重量は約4.9kg。刈り込み幅は600mmと大きめなので、広いスペースを効率よく剪定するのに向いています。プロも愛用するパワフルなヘッジトリマーを探している方におすすめです。

マキタ(MAKITA) エンジン畦刈・ポールヘッジトリマー MEN3000

マキタ(MAKITA) エンジン畦刈・ポールヘッジトリマ MEN3000

ポールと刃を合わせた長さが2mを超えるロングタイプのヘッジトリマーです。高い位置の生け垣の剪定や路肩の草を効率よく刈れるのが魅力。ポールの中央にはループハンドルを備えており、操作性も良好です。

刃は剪定時に葉っぱの飛散が少ないシャーブレード仕様。また、刃の角度を13段階調整できるので、作業内容に合わせて柔軟に対応できます。

収納時には刃を180°折り畳めるのも嬉しいポイント。高所作業向けのヘッジトリマーを探している方におすすめです。

ゼノア ヘッジトリマー HT751Pro-1 AH20012

ゼノア ヘッジトリマ HT751Pro-1 AH20012

広大な範囲を剪定するプロのために作られたロングセラーのヘッジトリマーです。エンジンの耐久性に定評があり、長時間の剪定作業でも安定して可動するのが魅力。また、パワフルでありながら低燃費なのも嬉しいポイントです。

ブレードの長さは大きめの710mm。異物を巻き込んでも刃が折れにくいクラッチスリップ機能を備えており、連続作業も安心してこなせます。さらに、切れ味が鈍くなってもボルトを6本外すだけで簡単にブレードを交換できるのも魅力です。

低振動設計の両手ハンドルを採用しており、操作性も抜群。初心者から上級者まで幅広くおすすめしたいヘッジトリマーです。

ゼノア ヘッジトリマー CHT401Pro-1 AH20017

ゼノア ヘッジトリマ CHT401Pro-1 AH20017

玉つくりの剪定に便利な両刃タイプのエンジン式ヘッジトリマーです。回転式リヤハンドルを備えているのが特徴。生け垣の側面を刈る際も楽な姿勢をキープできるので、じっくり剪定作業に取り組めます。

両手のハンドルには4点防振機能がついており、作業中の振動を大幅に軽減。また、エンジン式のなかでは比較的軽量で低重心設計なので、作業中の負担が少ないプロ仕様のヘッジトリマーを探している方におすすめです。

ハイコーキ(Hikoki) エンジンヘッジトリマー CH22EBP

ハイコーキ(Hikoki) エンジンヘッジトリマ CH22EBP

作業がしやすい回転式リヤハンドルを備えたエンジン式ヘッジトリマーです。リヤハンドルは5段階に角度調整が可能。また、前方排気設計を取り入れており、排気ガスが剪定物や作業する人に直接かかりにくい構造になっています。

ブレードには切れ味抜群の三面研磨ブレードを採用。切り口へのダメージを最小限に抑えながら剪定できるので、植物が枯れてしまうリスクを減らせます。

刈り込み幅は560mm。広い範囲を効率よく剪定したい方や、パワーを重視する方におすすめの製品です。

ヘッジトリマーのおすすめモデル|充電式

マキタ(MAKITA) 充電式生垣バリカン MUH464DZ

マキタ(MAKITA) 充電式生垣バリカン MUH464DZ

刈り込み幅460mmの充電式ヘッジトリマーです。クランク軸とギヤの間にゴムスリーブを配置することで、騒音を大幅に低減。また、防振二重構造によって、剪定作業時の不快な振動を減らして滑らかな使い心地を実現しています。

1回22分の充電で約60分稼働。また、剪定した枝葉をキャッチするチップレシーバーを備えているのも嬉しいポイントです。住宅密集地や早朝作業でも気兼ねなく使えるヘッジトリマーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

マキタ(MAKITA) 充電式ミニ生垣バリカン MUH260DW

マキタ(MAKITA) 充電式ミニ生垣バリカン MUH260DW

刈り込み幅260mmの小型電動ヘッジトリマーです。刃にはサビが付きにくい特殊コーディングが施されている上に、簡単に着脱可能。別売りのパーツと付け替えれば芝生用のバリカンとしても活用できます。

1充電あたりの連続稼働時間は約30分とやや短め。ただし継ぎ足し充電ができるので、落ちた枝葉を掃除している間に小まめに充電すれば何度も繰り返し作業できます。

本体重量は約1.2kgと非常に軽く、女性でも無理なく扱えるのが嬉しいポイント。初心者でも楽に扱える軽量ヘッジトリマーを探している方におすすめです。

ハイコーキ(Hikoki) コードレス植木バリカンFCH14DSL

ハイコーキ(Hikoki) コードレス植木バリカンFCH14DSL

重量約1.8kgの軽量ヘッジトリマーです。切断した枝葉から手を守るプロテクターを備えているのが特徴。プロテクターは半透明なので、刃先をしっかり見ながら作業できます。

ブレードは切れ味抜群の三面研磨刃を採用。刃にはニッケルコーティングと熱処理が施されており、サビに強く安定した切れ味を持続できます。

1回の充電で稼働する時間は約30分。ロックオフボタンを押してから電源スイッチを入れないと稼働しない仕様なので、間違って作動させてしまう事故を防げます。細部まで安全性への配慮が行き届いたおすすめの製品です。

ハイコーキ(Hikoki) コードレス植木バリカン FCH18DSL

ハイコーキ(Hikoki) コードレス植木バリカン FCH18DSL

大型チップレシーバーで、刈りながら枝葉を集められるヘッジトリマーです。連続稼働時間が約75分と長いのが特徴。重量は約2.5kgと軽めなので、長時間の作業も無理なく続けられます。

ブレードには植物へのダメージが少ない三面研磨刃を採用。また、たわみにくいアルミ合金を使っているため、刈り残しが減ってスムーズに剪定作業を進められます。

半透明のプロテクター付きで、切った枝葉から手を守れるのも嬉しいポイント。バッテリー持ちを重視する方におすすめです。

リョービ(RYOBI) 充電式ロングヘッジトリマー BHL-1800L1 666300A

リョービ(RYOBI) 充電式ロングヘッジトリマ BHL-1800L1 666300A

幅の広い植え込みや高所作業用に開発された電動ヘッジトリマーです。柄とブレードを合わせた長さは1,285mm。ブレードには日本製高級刃を採用しているので、切れ味は抜群です。

1充電あたりの連続作業時間は約20分。左右どちらにも取り付けられる大型チップレシーバーを備えているため、剪定後の片付けが楽にできます。広い範囲を剪定できるので、なるべく脚立を使わずに作業したい方にもおすすめです。

リョービ(RYOBI) 充電式ヘッジトリマー BHT-3000

リョービ(RYOBI) 充電式ヘッジトリマ BHT-3000

重量約2.2kg、刈り込み幅300mmの充電式電動ヘッジトリマーです。振動を抑制する特殊構造を取り入れており、腕への負担が少ないのが魅力。また、持ちやすいハンドルがついているので、楽な姿勢で作業できます。

ブレードは生け垣の側面をスムーズにカットできる両刃駆動方式。さらに、より鋭角で切れる3面研磨刃を採用しているため、切り口を必要以上に傷つけず、庭木を守りながら剪定できます。

電池パックが2つセットついているので、交互に使えば長時間作業できるのも嬉しいポイント。庭が広めの方にもおすすめのヘッジトリマーです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスガーデンバリカンセット ISIO2

ボッシュ(BOSCH) コードレスガーデンバリカンセット ISIO2

ヘッジトリマーと芝刈り機の役目を1台でこなせるアイテムです。工具なしでブレードを交換できるのが特徴。また、約500gと非常に軽量なので、体力に自信がない方でも安心して使えます。

片手で扱えるコンパクトサイズで、塀の近くなど作業しにくい場所でもスムーズに剪定できるのもポイント。さらに、別売りの延長ハンドルを使えば高所作業もこなせます。

充電1回での連続稼働時間は約40分。生け垣・庭木だけでなく芝生のお手入れもできる汎用性の高いヘッジトリマーを探している方におすすめです。

ボッシュ(BOSCH) 18VコードレスポールヘッジトリマーUHP18H

ボッシュ(BOSCH) 18VコードレスポールヘッジトリマーUHP18H

幅が広い生け垣や高い庭木の剪定が簡単にできるヘッジトリマーです。ボールは2,100mmから2,600mmまで伸縮可能。ヘッド部分の角度は135°の範囲で10段階調整できるので、さまざまな状況に対応して効率よく作業できます。

2.5Ahバッテリーでの連続稼働時間は約45分。音も比較的静かなので、住宅街でも近所迷惑を気にせず使えるおすすめのヘッジトリマーです。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) コードレスヘッジトリマー GTC1850LN

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) コードレスヘッジトリマー GTC1850LN

500mmのロングブレードを備えた電動ヘッジトリマーです。独自設計のブレードで、振動を大幅に軽減できるのが特徴。また、18mmの枝も切断できるなどパワーにも優れています。

安全性を考慮して、両手で握らないと作動しない設計になっているのもポイント。フル充電で約46分稼働するので、広範囲を効率よく剪定できる充電式ヘッジトリマーを求めている方におすすめです。