DIYや家具の組み立てをする際に、作業をスムーズに進めてくれる「電動ドリル」。かつては家電量販店やホームセンターなどで購入するアイテムでしたが、最近はネットでも気軽に注文でき、初心者向けから本格的なアイテムまでラインナップされています。

そこで今回は、電動ドリルの選び方とおすすめモデルを形状別にご紹介。これからDIYを趣味にしたい方はチェックしてみください。

電動ドリルとは?

By: amazon.co.jp

電動ドリルは「電気ドリル」とも呼ばれ、搭載されたモーターの回転によって木材や金属、コンクリートなどの穴あけに使用する工具です。本格的なDIYを楽しむ際には欠かせない道具であり、家具の組み立てや部屋の模様替えなどのシーンでもあると便利。また、先端のピットを交換すれば電動ドライバーとしても使用できるので、ネジの多い家具を組み立てる際にも重宝します。

電動ドリルには種類によってパワーや穴あけ能力が異なるため、対象の素材や用途に合わせて適切に選ぶことが重要です。また、形状や給電方法もモデルによって異なります。自分にとっての使い勝手を考慮して選びましょう。

電動ドリルの選び方

種類で選ぶ

ドリルドライバー

山善(YAMAZEN) TRYBUIL ドリルドライバー TAD-250

By: amazon.co.jp

ドリルドライバーは、先端部分のビットを交換することで、ドリルにもドライバーにも変更できるタイプ。穴あけ・ドライバー以外のさまざまな使い方が可能です。先端のビットがセットになった製品が多く、1台あると重宝します。

選ぶ製品によってパワーが弱~強まで選べるので、DIYや家具の組み立てにおすすめ。ラインナップも豊富で、用途に合わせた1台を見つけやすいのも魅力です。

インパクトドライバー・振動ドリル

リョービ(RYOBI) インパクトドライバー CID1100

By: amazon.co.jp

ドリルドライバーよりさらにハイパワーなのがインパクトドライバーです。ドリルドライバーと同じように先端のビットを交換することで、穴あけやドライバーなどさまざまな使い方が可能。ネジを回しながら打撃を与える構造で、大工仕事やリフォームなど本格的な作業も効率よくこなせます。

ただ、パワーが非常に強いので、柔らかい木材に使用する場合は注意が必要。衝撃が強すぎたり、ネジ山を潰してしまったりすることもあるので、使用する素材に合わせて使いましょう。

形状で選ぶ

ピストル型

By: amazon.co.jp

文字通りピストル型の形状が特徴で、もっとも主流のタイプ。比較的軽量なモデルが多く扱いやすいため、DIYを楽しむ方におすすめです。操作はハンドルに搭載されたトリガーの動作で入れたり切ったりします。トルクの大きさやバッテリー電圧の選択肢も多いなど、用途に合ったモデルを探しやすいのもポイントです。

ただ、トルクが大きく締めつける力が強いタイプほどバッテリー容量が大きくなり、扱いにくくなるため注意が必要。また、扱いやすい反面、強い力をかける作業には適さないので注意しましょう。

Dハンドル型

By: amazon.co.jp

持ち手にD型の形状を採用しているのがDハンドル型です。大型で高出力なモデルに多く採用されています。回転軸とグリップ部が一直線になっており、軸方向に力をかけやすいのが特徴です。押し当てるようにして堀り進む構造で、コンクリートの穴あけに便利なタイプ。本格的なDIYや現場作業で活躍します。

アングル型

By: amazon.co.jp

通常のドリルでは使いにくい狭い場所や、角部分の穴あけに最適なタイプがアングル型です。先端部がL型になっているのが特徴。建築現場でおもに使用され、構造物がすでに設置されている箇所など、作業エリアが限定されている場所で活躍します。

狭い場所で使用することを想定しており、多くのモデルで充電式を採用しているのも特徴です。

穴あけ能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

電動ドリルにはドリルチャックが設けられており、ピットの交換が簡単にできるようになっています。ピットの太さによって穴あけ能力が異なるため、チャックの取付能力を確認しておきましょう。電動ドリルのスペックは「mm」で表示されており、最大の穴あけ能力を示しています。

表示より太いピットは取り付けられないため注意が必要。チャックを締めることでピットを固定する構造になっており、表示より細いピットなら基本的に取り付け可能です。電動ドリルのピットには6.5・10・13mmの3種類があります。

給電方法をチェック

By: amazon.co.jp

電動ドリルにはコード式と充電式の2種類があります。それぞれのメリット・デメリットを確認して、使い勝手のよい方を選ぶようにしましょう。

コード式のメリットは軽量で長時間使える点。コンセントから給電するので、パワー不足になったり、途中で充電がなくなったりすることがありません。取り回しはよくありませんが、コードレス式より価格も安いので初めて電動ドリルを購入する方におすすめです。

充電式のメリットはコードレスなところ。屋外などで移動しながら作業する方におすすめです。なお、購入の際は充電時間とフル充電時の作業時間を要チェック。充電時間が短すぎる製品は稼働時間も少ないので、充電時間と稼働時間を照らし合わせて選びましょう。

サイズ感をチェック

By: amazon.co.jp

電動ドリルを選ぶ際はサイズ感をチェックしておきましょう。特に、手の小さい方や女性でも持ちやすく扱いやすいのが小型の電動ドリル。電動ドリルはしっかりと握らないと操作しにくく危険も伴うため、重さやサイズ感には注意が必要です。

また、狭い場所や簡単な家具の組み立て作業においても、小型のモデルは使いやすく便利。ただ、一般的に小型になるほどパワーも小さくなるため、本格的な作業には適していません。小型モデルは大型の本格モデルより価格もお手頃なので、初めて電動ドリルを購入する方やDIY初心者におすすめです。

電動ドリルのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

マキタ(MAKITA) DIYモデル インパクトドライバー MTD0100

By: amazon.co.jp

国内最大手の総合電動工具メーカーで、国内シェアの半数以上を占めています。グリーンの本体カラーが特徴で、工具メーカーの代表的存在です。初心者向けからプロ向けの製品までラインナップが豊富なメーカーです。

ハイコーキ(HiKOKI)

ハイコーキ(HiKOKI) コードレスドライバドリル FDS18DGL

By: amazon.co.jp

ハイコーキは、マキタに続く国内大手の総合電動工具メーカーです。2018年に会社名が日立工機から工機ホールディングスに変更になり、ブランド名も変更されました。ハイコーキが開発した新型バッテリーの「マルチボルトシリーズ」は、充電器に合わせて自動的に電圧を切り替えられる優れモノ。ラインナップが豊富なのも魅力です。

リョービ(RYOBI)

By: rakuten.co.jp

リョービは電動工具・ガーデン機器・清掃機器などを手がけるメーカー。プロ向けの「プロモデル」、DIY向けの「DIYモデル」、初心者向けの「エントリーモデル」が分かれているのが特徴です。比較的低価格で、手軽に購入できるのがポイント。幅広いニーズに応える製品が揃っているのが魅力です。

ボッシュ(BOSCH)

By: rakuten.co.jp

世界トップシェアのドイツのメーカーです。その重厚感のあるデザインと堅牢さが人気で、バッテリー・モーターの保護機能がしっかりしているのがポイント。「二重絶縁+エルゴノミクス+軽量強化樹脂ボディ」の3つを合わせもち、安全性が高いのも特徴です。

電動ドリルのおすすめモデル|ピストル型

ハイコーキ(HiKOKI) コードレスインパクトドライバ FWH14DGL

ハイコーキ(HiKOKI) コードレスインパクトドライバ FWH14DGL

最大トルク数140N・mで、パワフルに締め付けられるインパクトドライバー。全長約166mmで重さ約1.3kgのコンパクト形状。細径ハンドルを採用しているので、女性もラクに扱えます。コードのない充電式のため取り回しやすく、さまざまな場所に持ち運んで作業できる点も魅力です。

手元を明るく照らせる白色LEDライトも装備。スイッチと連動して点灯するタイプなので、消し忘れの心配がありません。本体には予備のビットを収納できる「ビットホルダー」も付いています。

本製品には電池・充電池が付属していますが、日立製の14.4Vリチウムイオン電池であれば1.3~6.0Ahまでの高容量タイプも使用可能です。また、本体や付属品はすべてスタイリッシュな小型インジェクションケースにまとめて収容できます。収納時や持ち運びに便利です。

リョービ(RYOBI) ドライバードリル CDD-1020

リョービ(RYOBI) ドライバードリル CDD-1020

家庭でのDIYに必要十分なパワーを持つ電動ドライバードリル。最大トルク数は低速・ドリルモードで30N・mあり、トルク数は20段クラッチで細かく調節できます。コード式なので急な充電切れの心配がなく、思い立った時にすぐ使えて便利です。

また、グリップは片手でも両手でも握りやすい形状を採用しています。最大穴あけ能力は鉄工で約8mm、木工で約21mm。ネジ締め能力は木ネジ5.1×40mm。約1kgの重さをいかして、ラクにネジ締めや穴あけができるのも魅力です。

スイッチ1つで逆回転もできるので、組み立て家具の解体などをする際にも便利。ドライバビットNo.2×65mmを付属しています。

ボッシュ(BOSCH) 電動ドライバー IXO5

ボッシュ(BOSCH) 電動ドライバー IXO5

女性でも片手で持ちやすい重さ約300gの電動ドライバー。コードレスタイプなので好きな場所に持ち運んで作業できます。カラーボックスなど家具の組み立てが短時間でできるほか、ちょっとした棚作りにも最適。DIY初心者におすすめします。

スイッチは人体工学に基づいた「エルゴスイッチ」を採用。手の大きな男性もしっかり握って操作できます。また、暗所での作業に役立つLEDライトも搭載。ライトはスポットと広角の切り替えができるので、用途に合わせた使い分けが可能です。

10種類のドライバービットが用意されているのもポイント。ビット類や本体、充電器をまとめて収納できるコンパクトな収納ケースも付属しています。

ボッシュ(BOSCH) 電気ドリル GBM10RE/N

BOSCH(ボッシュ) 電気ドリル GBM10RE/N

全長約210mmのコンパクトボディに450Wのハイパワーモーターを搭載した、ボッシュの電気ドリルです。スイングカーボンブラシを採用し、トルクと耐久性を高めました。電子無段階スイッチは、操作しやすい2フィンガータイプ。また、スイッチ1つで正転・逆転を切り替えられるほか、「オン保持ボタン」を押せば連続作業も可能です。

両手ではもちろん、片手でも持ちやすいインラインデザインが特徴。細かい振動を吸収することで疲労を軽減する、ソフトラバーグリップを採用しています。コード式なので使いたい際にすぐ使える点も魅力です。

Kuromatsu 電動ドライバー

Kuromatsu 電動ドライバー

ネジの締め付けや穴あけもできる、電動ドリルドライバー。価格が安いにもかかわらず、44本ものビットを付属しているので、部品を追加購入する必要がないお得なセットです。付属品のなかでも注目なのが「ビット延長アダプター」。本体が入らない狭い場所でのネジ締めなども可能です。

ダイヤルリンクを回せば、締め付けトルク数を調節できる点も魅力。強く締め過ぎてネジや木材などを壊してしまう心配もありません。コードがなく取り回しやすい充電式タイプで、フル充電なら最大約5時間稼働できます。

LEDライトは前方を照らすモノのほか、持ち手の下部にも装備。本体はボタン1つでピストル型からアングル型に変形できるのでいろいろな場所で便利に使えます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電動インパクトドライバー JID80

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電動インパクトドライバー JID80

本格的なDIY作業にもおすすめの充電式インパクトドライバーです。内部にハンマー機能を備えているので、回転と打撃による強力なトルクを発揮。硬い素材や厚みのある木材にもしっかりネジ締めできます。

握る強さを変えることで、スピードを調節できる仕様。少しずつスピードを上げれば、まっすぐにネジを打ち込めます。手元のスイッチを押すと正転・逆転の切り替えが可能。ネジを緩めたり、締め直したりする際に便利です。開店と同時に点灯するLEDライトも搭載しています。

本体のほかに、プラスビット4本、マイナスビット3本、六角ビット3本を標準装備。家具の組み立てやカーテンレールの取り付け、リフォーム作業など、さまざまな作業に対応できます。

KIMO コードレスインパクトドライバー QM-3601b

KIMO コードレスインパクトドライバー QM-3601b

コードレスながら最大トルク300N・mの圧倒的なパワーを発揮する、インパクトドライバー。トリガースイッチを押すだけで作動し無段変速が可能です。強力な回転と打撃によって、さまざまなサイズのボルト・木ネジ・六角を締め付けられます。

充電式なので、高い場所や屋外での使用も可能。また、ワンタッチで回転方向を切り替えられるほか、手元を照らすLEDライトも搭載しているので、使い勝手にも優れています。ビット10本と20V・2.0Ahバッテリー、充電器、携帯に便利な専用ケース付きです。

電動ドリルのおすすめモデル|Dハンドル型

マキタ(MAKITA) 電気ドリル 6305A

マキタ(Makita) 電気ドリル 6305A

鉄板の穴あけにおすすめの電動ドリル。850Wのパワーで高いトルクを発揮するのが特徴です。また、1分間に約1300回回転するスピードも魅力。鉄工なら直径約13mm、木工なら約30mmの穴あけ能力があります。

外装式カーボンブラシや耐屈曲コードガードを採用するなど、ハードな現場にも耐えうる耐久性を備えたドリルです。また、ブレーキ付きの二重絶縁タイプなので安心して使えるのもうれしいポイント。使い勝手のよさと耐久性、安全性を兼ね備えた電気ドリルです。

マキタ(MAKITA) 低速用ドリル 6304LR

マキタ(Makita) 低速用ドリル 6304LR

大きめの穴あけ作業にパワーを発揮する電気ドリルです。木工なら直径約38mm、鉄工なら約13mmの穴あけ能力があります。高トルクなので重穿孔も可能。逆転もできるため、分厚い材料からキリを抜き取る際もスムーズです。

手元のスイッチの押し加減で、回転数を無段階で調節できます。パワフルに穴あけするときもサイドグリップやストッパポールを使えば、手元がブレず、安全かつ正確な作業が可能です。

ハイコーキ(HiKOKI) 木工用電気ドリル DW30

ハイコーキ(HiKOKI) 木工用電気ドリル DW30

860Wのハイパワーモーターを搭載した木工用の電気ドリルです。最大穴あけ能力は木工で約36mm、鉄工で約13mm。回転数は1分間に約1200回で、スピーディーに穴あけができるため作業効率がアップします。

握りやすいソフトグリップ仕様のハンドルのほか、補助グリップも付いているので、安定的な作業が可能。また、電源コードは約5mと長いので、広い現場でも重宝します。

リョービ(RYOBI) 電気ドリル 648701A

リョービ(RYOBI) 電気ドリル 648701A

金属・木材・プラスチックへの穴あけ作業に最適な、プロ仕様の電気ドリルです。直径約13mmの大型チャックを装備。さまざまなサイズの先端ドリル刃に対応しているので、多彩な素材の穴あけはもちろん、土穴堀りにも使えます。

本体には大型補助ハンドルが付いているため、ブレを軽減し安定した作業が可能。さらに、ハンドル部の素材にソフトグリップを採用したことで、握りやすさと防振効果も高めています。

また、正転・逆転スイッチも付いているので、ドリルが抜けなくなった際も安心です。機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

電動ドリルのおすすめモデル|アングル型

マキタ(MAKITA) 充電式アングルドリル DA340DRF

マキタ(Makita) 充電式アングルドリル DA340DRF

14.4V・3.0Ahのリチウムイオンバッテリー搭載した、充電式の電気ドリルです。継ぎ足し充電ができ、自己放電も少ないため長期間保管した後でもフル充電に近いパワーで使えます。

ヘッドハイトは約66mm、センターハイトは約23.5mmとコンパクトなので、狭い場所でもスムーズな作業が可能。また、1回の充電で直径約25mmの穴を約200個あけることができ、直径5.1×38mmの木ネジなら約480本分締められます。

スイッチには、ハンドル部分のどこを握っても操作しやすいように大型のレバースイッチを採用。そのほか、左右に取り付けできるサイドグリップやフック、紛失しやすいチャックキーを収納できる「チャックキーホルダー」を装備するなど、使い勝手にも配慮しています。

マキタ(MAKITA) 充電式アングルドリル 18V 10mm 本体のみ DA350DZ

マキタ(Makita) 充電式アングルドリル 18V 10mm 本体のみ DA350DZ

1回の充電で従来よりも作業量が約25%アップした、パワフルな充電式ドリル。バッテリーは18V・3.0Ahのリチウムイオン電池です。ヘッドハイト約66mm、センターハイト約23.5mmのコンパクトヘッドなので、一般的な電気ドリルでは作業しにくい壁際や天井の隅などでも快適に使えます。

本体には「チャックキーホルダー」が付いているので、先端工具の取り換えもスムーズ。また、操作性に優れた大型レバースイッチや手元を明るく照らすLEDライトなど使いやすい装備も搭載しています。

ハイコーキ(HiKOKI) コードレスコーナードリル DN14DSL(NN)

ハイコーキ(HiKOKI) コードレスコーナードリル DN14DSL(NN)

クラス最小のコンパクトヘッドを装備した、コードレスドリル。ヘッドの高さは約66mm、センターハイトは約23mmと小さいので、狭所作業もラクに行えます。手元を明るく照らすLEDライトを装備しているので、暗い場所での作業もスムーズです。

ネジ締めのほか鉄工・木工の穴あけ作業にも対応。スイッチは大型のパドルスイッチを採用しているので、操作性に優れています。付属のサイドハンドルを左右どちらかに取り付ければ、より安定的な作業が可能です。

ハイコーキ(HiKOKI) 電子コーナードリル D10YB

ハイコーキ(HiKOKI) 電子コーナードリル D10YB

ダイヤルを回して簡単に回転数を調節できる電子ドリルです。ネジのサイズや穴の大きさ、鉄や木など素材に合わせて最適な作業ができます。

最大穴あけ能力は鉄工なら約10mm、木工なら約22mmで、チャック能力は約1.5~10mmです。スイッチはハンドルを握りながら押せる大型タイプなので、操作しやすい点も魅力。また、ボタン1つで正転・逆転を切り替えられるので、キリを引き抜くときやネジを緩めるときもスムーズに作業できます。