DIYや家具の組み立てをする際に、作業をスムーズに進めてくれる「電動ドリル」。かつては家電量販店やホームセンターなどで購入するアイテムでしたが、最近はネットでも気軽に注文でき、初心者向けから本格的なアイテムまでラインナップされています。

そこで今回は、電動ドリルの選び方とおすすめモデルを形状別にご紹介。これからDIYを趣味にしたい方はチェックしてみください。

電動ドリルとは?

By: amazon.co.jp

電動ドリルは「電気ドリル」とも呼ばれ、搭載されたモーターの回転によって木材や金属、コンクリートなどの穴あけに使用する工具です。本格的なDIYを楽しむ際には欠かせない道具であり、家具の組み立てや部屋の模様替えなどのシーンでもあると便利。また、先端のピットを交換すれば電動ドライバーとしても使用できるので、ネジの多い家具を組み立てる際にも重宝します。

電動ドリルには種類によってパワーや穴あけ能力が異なるため、対象の素材や用途に合わせて適切に選ぶことが重要です。また、形状や給電方法もモデルによって異なります。自分にとっての使い勝手を考慮して選びましょう。

インパクトドライバー・振動ドリルとの違い

インパクトドライバーとは?

By: amazon.co.jp

回転に打撃を加えて穴をあけるのが「インパクトドライバー」。回転方向に打撃を組みあわせるので、硬い素材への穴あけに適しています。また、ドリルビットをドライバー用のビットに切り替えれば、電動ドライバーとしても使用可能。

強い力でネジを締めたり緩めたりしたい場合におすすめです。電動ドライバーと同じく、コンパクトなモデルが多いのも特徴。ドリルとしても、ドライバーとしても活躍するので、DIYでも人気の電動工具です。

振動ドリルとは?

By: amazon.co.jp

垂直方向に振動を加えて穴をあける「振動ドリル」。インパクトドライバーでは穴あけできないようなコンクリートやモルタルなどの硬い素材であっても、効率よく穴があけられます。モードの切り替えによって振動機能をオフにし、電動ドライバーとしても使用できるのが一般的。

インパクトドライバーよりもパワーがあり、サイズの大きいモデルが多い傾向があります。また、比較的リーズナブルな価格のモデルが多いのもメリットです。

電動ドリルの選び方

形状で選ぶ

ピストル型

By: amazon.co.jp

文字通りピストル型の形状が特徴で、もっとも主流のタイプ。比較的軽量なモデルが多く扱いやすいため、DIYを楽しむ方におすすめです。操作はハンドルに搭載されたトリガーの動作で入れたり切ったりします。トルクの大きさやバッテリー電圧の選択肢も多く、用途に合ったモデルを探しやすいのもポイントです。

ただ、トルクが大きく締めつける力が強いタイプほどバッテリー容量が大きくなり、扱いにくくなるため注意が必要。また、扱いやすい反面、強い力をかける作業には適さないので注意しましょう。

Dハンドル型

By: amazon.co.jp

持ち手にD型の形状を採用しているのがDハンドル型です。大型で高出力なモデルに多く採用されています。回転軸とグリップ部が一直線になっており、軸方向に力をかけやすいのが特徴です。押し当てるようにして堀り進む構造で、コンクリートの穴あけに便利なタイプ。本格的なDIYや現場作業で活躍します。

アングル型

By: amazon.co.jp

通常のドリルでは使いにくい狭い場所や、角部分の穴あけに適したタイプがアングル型です。先端部がL型になっているのが特徴。建築現場でおもに使用され、構造物がすでに設置されている箇所など、作業エリアが限定されている場所で活躍します。

狭い場所で使用することを想定しており、多くのモデルで充電式を採用しているのも特徴です。

穴あけ能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

電動ドリルにはドリルチャックが設けられており、ピットの交換が簡単にできるようになっています。ピットの太さによって穴あけ能力が異なるため、チャックの取付能力を確認しておきましょう。電動ドリルのスペックは「mm」で表示されており、最大の穴あけ能力を示しています。

電動ドリルのピットには6.5・10・13mmの3種類があります。表示より太いピットは取り付けられないため注意が必要。チャックを締めることでピットを固定する構造になっており、表示より細いピットなら基本的に取り付け可能です。

給電方法をチェック

By: amazon.co.jp

電動ドリルにはコード式と充電式の2種類があります。それぞれのメリット・デメリットを確認して、使い勝手のよい方を選ぶようにしましょう。

コード式のメリットは軽量で長時間使える点。コンセントから給電するので、パワー不足になったり、途中で充電がなくなったりする心配がありません。取り回しは限られますが、コードレス式より価格も安いので初めて電動ドリルを購入する方におすすめです。

充電式のメリットはコードレスなところ。屋外などで移動しながら作業する方におすすめです。なお、購入の際は充電時間とフル充電時の作業時間を要チェック。充電時間が短すぎる製品は稼働時間も少ないので、充電時間と稼働時間を照らし合わせて選びましょう。

サイズ感をチェック

By: amazon.co.jp

電動ドリルを選ぶ際はサイズ感をチェックしておきましょう。特に、手の小さい方でも持ちやすく扱いやすいのが小型の電動ドリル。電動ドリルはしっかりと握らないと操作しにくく危険を伴うため、重さやサイズ感には注意が必要です。

また、狭い場所や簡単な家具の組み立て作業においても、小型のモデルは使いやすく便利。ただ、一般的に小型になるほどパワーも小さくなるため、本格的な作業には適していません。小型モデルは大型の本格モデルより価格もお手頃なので、初めて電動ドリルを購入する方やDIY初心者におすすめです。

電動ドリルのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

国内最大手の総合電動工具メーカーで、国内シェアの半数以上を占めています。グリーンの本体カラーが特徴で、工具メーカーの代表的存在です。初心者向けからプロ向けの製品までラインナップが豊富なメーカーです。

ハイコーキ(HiKOKI)

By: amazon.co.jp

ハイコーキは、マキタに続く国内大手の総合電動工具メーカーです。2018年に会社名が日立工機から工機ホールディングスに変更になり、ブランド名も変更されました。ハイコーキが開発した新型バッテリーの「マルチボルトシリーズ」は、充電器に合わせて自動的に電圧を切り替えられる優れモノ。ラインナップが豊富なのも魅力です。

リョービ(RYOBI)

By: rakuten.co.jp

リョービは電動工具・ガーデン機器・清掃機器などを手がけるメーカー。プロ向けの「プロモデル」、DIY向けの「DIYモデル」、初心者向けの「エントリーモデル」が分かれているのが特徴です。比較的低価格で、手軽に購入できるのがポイント。幅広いニーズに応える製品が揃っているのが魅力です。

ボッシュ(BOSCH)

By: rakuten.co.jp

世界トップレベルのシェアを有するドイツのメーカーです。その重厚感のあるデザインと堅牢さが人気で、バッテリーやモーターの保護機能がしっかりしているのがポイント。「二重絶縁+エルゴノミクス+軽量強化樹脂ボディ」の3つを併せ持ち、安全性が高いのも特徴です。

電動ドリルのおすすめモデル|ピストル型

マキタ(MAKITA) 6.5mm高速ドリル DP2010

コンパクトで軽量な扱いやすいピストル型の電動ドリルです。全長209mm、重量1kgのボディながら、ハイパワーなモーターを搭載しており、鉄工で6.5mm、木工で15mmまでの穴あけが可能。

無段階変速機能付きのトリガーには、「スピード調整ネジ」を搭載されています。トリガーを引いた際の最大回転数を、使用するシーンにあわせて調節可能。「正逆転切り替えレバー」や「ロックボタン」が、操作しやすい位置に搭載されているのもポイントです。

コード式ですが、ケーブルの長さが約2mあるので効率よく作業が行えます。握りやすいグリップの軽量ボディは、長時間の作業にも便利。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、初めて電動ドリルを購入する場合にもおすすめです。

ハイコーキ(HiKOKI) 電気ドリル FD10VST

ハイパワーで金属や木材に効率よく穴あけできるピストル型の電動ドリルです。本体の全長は約227mmと取り回しのしやすいコンパクトサイズ。鉄工10mm、木工25mmまでの穴あけに対応しており、約2mのコードをコンセントに挿して使用します。

「正逆転切替レバー」や「スイッチストッパ」が操作しやすい位置に搭載されているのもポイント。簡単にドリルの回転方向を変えられます。別売りの専用スタンドを利用すれば、材料を押さえて安定した作業が可能。

パワフルながら、比較的リーズナブルな価格で購入できる点もおすすめです。

リョービ(RYOBI) コンパクトボディ CD-6500

軽量で使い勝手に優れたピストル型の電動ドリルです。本体重量が0.8kgなので、使用時の腕や手への負担が少なく、長時間の作業におすすめ。手に馴染むソフトグリップが採用されているのもポイントです。給電はコンセントから行うコード式を採用しています。

鉄工は6.5mm、木工は9mmまでの穴あけが可能です。本体サイズは約187×55×145mmとコンパクト。狭い場所の穴あけやネジ締めにも便利です。電源コードの長さは約2m。小型ながらDIYには十分なパワーが搭載されている、おすすめのモデルです。

ボッシュ(BOSCH) ドリル GBM 10 RE/N Professional

優れた耐久性が人気のピストル型電動ドリルです。450Wのパワフルなモーターを搭載。トルクと耐久性が向上した「スイングカーボンブラシ」が採用されているのがポイントです。また、全ての軸受けにボールベアリングを搭載した「オールボールベアリング構造」も魅力。

正確なアライメントを保持する「焼結ベアリングブラケット」や高耐久性な「ヘリカルギア」とあわせて、長寿命を実現する仕様です。ボディの全長が約210mmと短いのも特徴。細かい振動を吸収するソフトラバーグリップもメリットです。

コード式ですが、スリムなエルゴノミックデザインにより、操作性が向上。「オン保持ボタン」が搭載されているので、長時間の連続作業にもおすすめです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスドリル UNEO 10.8LI

力を入れずにマルチに使えるピストル型の電動ドリルです。軽量でコンパクトなスティックタイプの10.8Vリチウムイオンバッテリーを採用。コンクリート10mm、鉄工8mm、木工20mmまでの穴あけが可能です。

ボッシュのプロ用ハンマードリルと同じく、打撃システムを採用しているので、力を入れなくても硬い素材へ穴があけられます。ビットの交換がワンタッチで行える「SDSクリックシステム」が搭載されている点もおすすめです。

新興製作所(SHINKO POWER TOOLS) 電気ドライバードリル ACD-280A

リーズナブルな価格で購入できるピストル型の電動ドリルです。金属や木材の穴あけはもちろん、ネジ締めにも使用可能。鉄工8mm、木工21mmまでの穴あけに対応しており、ドリルやドライバービットの交換も簡単です。

本体の全長は約230mmで、重量は1.35kg。比較的コンパクトで、使い勝手に優れているのもポイントです。また、本製品には、プラスドライバービットと4本のドリルビットが付属しています。

トリガーには無段階変速機能が搭載されているので、回転速度の調節も簡単。また、「正逆回転ワンタッチ切替」が搭載されているため便利に使えます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 充電式ドライバドリル JCD28

10本のドライバービットが付属したピストル型の電動ドリルです。スピード調節機能やクラッチ機能が搭載されており、回転スピードやトルクの切り替えが簡単。手元のスイッチを押すだけで回転を逆にできる点もメリットです。

ヘッド部やハンドル下部にはLEDライトが搭載されているので、暗い場所での作業にも便利。充電式のバッテリーで駆動するので、屋外での使用にもおすすめです。本製品にはバッテリーやドライバービットのほか、充電器も付属しています。バッテリーの充電時間は約1時間です。

リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、電動ドライバー兼電動ドリルとして使えるコスパの高さも魅力です。本体重量が約0.83kgと軽く、全長約200mmと比較的コンパクトなので、長時間作業時の負担が軽く使い勝手にも優れています。

電動ドリルのおすすめモデル|Dハンドル型

マキタ(MAKITA) 13mm ドリル 6304LR

大径の穴あけ作業で活躍するDハンドル型の電動ドリルです。高トルクでサイドグリップも付いているので、重穿孔にも適しています。ソフトグリップを採用しており、握りやすく滑りにくいのもメリットです。鉄工13mm、木工38mmまでの穴あけに対応。

正逆転機能が搭載されているので、穴あけ後のドリル抜き取りも簡単に行えます。トリガーは無段変速対応。回転数を指先で細かく調節できるのがポイントです。本体の全長は358mm、重量は2.6kgあり、硬い素材に大きめの穴をあける場合に適しています。

マキタ(MAKITA) 13mm ドリル 6305A

軽量化と使いやすさを追求して作られたDハンドル型の電動ドリルです。本体重量を2.6kgに抑えているにも関わらず、850Wのパワフルなモーターを搭載。二重絶縁が施されており、通電表示ランプも付いているので、安全性に優れています。

ロックボタンが大型で押しやすいのもポイント。耐屈曲性コードガードにより、電源ケーブルが断線しにくいのもメリットです。本体の全長は346mm。サイドハンドルが付いているので安定した作業が行える点もおすすめです。

ハイコーキ(HiKOKI) 正逆転ドリル DW30YA

スムーズに回転の正逆が切り替えられるDハンドル型の電動ドリルです。正逆転切り替えスイッチにはタンブラー式を採用。操作が簡単でドリルの抜き取りもスピーディに行えます。滑りにくく持ちやすいソフトグリップが搭載されているのもポイント。

サイドハンドルも付属しているので、安定して作業ができるのも魅力です。鉄工は13mm、木工36mmまでの穴あけに対応。ハイパワーな860Wのモーターが搭載されています。

ハイコーキ(HiKOKI) 電気ドリル D13SB

ハイパワーな860Wのモーターを搭載したDハンドル型の電動ドリルです。回転軸とドリルチャックのズレが小さいので、高精度な穴あけが可能。鉄工は13mm、木工は36mmまでの穴あけに対応しています。ソフトグリップを採用しているので、握りやすく滑りにくいのも魅力。

比較的リーズナブルなので、初めてDハンドル型の電動ドリルを購入する方にもおすすめです。

リョービ(RYOBI) ドリル D-1300VR

大型の補助ハンドルが付いたDハンドル型の電動ドリルです。左手で持つハンドルが大きく、安定した操作が可能。握り心地がよく、防振効果のあるソフトグリップを採用しており、長時間作業時の手や腕にかかる負担を軽減できるのが魅力です。

また、連続作業に便利な「スイッチロックボタン」も搭載。鉄工は13mm、木工は30mmの穴あけに対応しています。

安全性を考慮した二重絶縁構造の樹脂製モーターケースが採用されており、重量が2.1kgに抑えられているのもポイントです。ギヤケースやインナーケースには、高耐久性のアルミダイキャストを使用しています。

電動ドリルのおすすめモデル|アングル型

マキタ(MAKITA) 10mm 充電式アングルドリル DA350DRF

天井や壁際など狭い場所でも効率よく作業できるアングル型の電動ドリルです。鉄工は10mm、木工は25mmまでの穴あけに対応。ヘッド部にはLEDライトが搭載されており、暗い場所でも作業しやすいのがポイントです。

大型のレバースイッチが付いており、握る位置に関わらず操作しやすい点も魅力。給電にはリチウムイオンバッテリーを使用しています。本体重量がバッテリーを含めても約1.6kgと軽量。

本製品には、バッテリーや充電器が付属していますが、マキタの充電バッテリーを所有している方であれば、本体だけの購入もおすすめです。

マキタ(MAKITA) 13mm充電式アングルドリル DA460DPG2

バッテリーを2本取り付けられるアングル型の電動ドリルです。18V+18Vのハイパワーでコード式を超えるような力強さを実現。硬い素材への大径穴あけにおすすめです。軽負荷時はスピーディ、重負荷時はパワフルと回転速度が自動で切り替わります。

持ちやすい縦長のボディは、軸芯が押さえやすく振り回されにくいので、安定した作業が行えます。作業する姿勢にあわせて角度を変更できる「回転式ハンドル」が搭載されているのもポイント。

穴あけ中に過負荷がかかった場合には、ビットの回転が停止されるので、安心して使えます。ヘッド部にはLEDライトも搭載。トリガーは無段変速に対応しているので、細かく回転数を調節できます。

本体はバッテリーを含むと約6kgと重めですが、パワフルに穴あけ作業を行いたい方におすすめです。

マキタ(MAKITA) 13mm アングルドリル DA4000LR

狭い場所の穴あけに適したアングル型の電動ドリルです。710Wのハイパワーと高トルクで効率よく穴あけが可能。付属の六角レンチを使用すれば、簡単に回転速度の高速、低速を切り替えできます。

作業しやすい位置が保持できるサイドグリップも付属。本体重量は3.7kgと重めですが、鉄工は13mm、木工は38mmの穴あけに対応できます。

ハイコーキ(HiKOKI) 14.4V コードレスコーナドリル DN14DSL

狭所作業の穴あけやネジ締めに便利なアングル型の電動ドリルです。ヘッドハイトは約66mm、センターハイトは約23mmなので、狭い場所にも入りやすいのが特徴。

ヘッド部にはLEDライトも搭載しており、手元を明るく照らせるので天井裏や影になる場所での作業にも適しています。サイドハンドルはボディの両側に取り付け可能。右手でも左手でも使えるのが魅力です。スイッチは、操作性に優れた大型のパドルタイプを採用しています。

本製品にはバッテリーや充電器も付属しており、電池残量表示機能も付いたおすすめのモデルです。

ハイコーキ(HiKOKI) 電子コーナドリル D10YB

ダイヤル式無段変速機構が搭載されたコンパクトなアングル型の電動ドリルです。本体の全長は290mmほどながら、コード式を採用しており、パワフルなモーターも搭載。鉄工は10mm、木工は22mmまでの穴あけに対応できます。

樹脂製のボディにはサイドハンドルが取り付け可能。二重絶縁仕様で安心して使える点もおすすめです。

電動ドリルのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電動ドリルのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。