電動ドリルはDIYや家具の組み立てをする際に、作業をスムーズに進めてくれる電動工具。かつては家電量販店やホームセンターなどで購入するアイテムでしたが、最近はネットでも気軽に注文でき、初心者向けから本格的な製品まで揃っています。

そこで今回は、電動ドリルの選び方とおすすめモデルをご紹介。コード有無によってラインナップを分けたので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

電動ドリルの選び方

電動ドリルの種類をチェック

小型タイプのドリル

By: amazon.co.jp

小型タイプは、女性でも使いやすいのが特徴。主に家具の組み立てなど、簡単な作業で使いたい方におすすめです。パワーは大きくないため硬すぎる素材には不向きですが、木材や薄い鉄板への穴あけが可能。軽量であることに加え、価格も手ごろなのでDIY初心者におすすめです。

ドリルドライバー

山善(YAMAZEN) TRYBUIL ドリルドライバー TAD-250

By: amazon.co.jp

ドリルドライバーは、先端部分のビットを交換することで、ドリルにもドライバーにも変更できるタイプ。穴あけ・ドライバー以外のさまざまな使い方が可能です。先端のビットがセットになった製品が多く、1台あると重宝します。

選ぶ製品によってパワーが弱~強まで選べるので、DIYや家具の組み立てにおすすめ。ラインナップも豊富で、用途に合わせた1台を見つけやすいのも魅力です。

インパクトドライバー・振動ドリル

リョービ(RYOBI) インパクトドライバー CID1100

By: amazon.co.jp

ドリルドライバーよりさらにハイパワーなのがインパクトドライバーです。ドリルドライバーと同じように先端のビットを交換することで、穴あけやドライバーなどさまざまな使い方が可能。ネジを回しながら打撃を与える構造で、大工仕事やリフォームなど本格的な作業も効率よくこなせます。

ただ、パワーが非常に強いので、柔らかい木材に使用する場合は注意が必要。衝撃が強すぎたり、ネジ山を潰してしまったりすることもあるので、使用する素材に合わせて使いましょう。

電動ドリルのパワーをチェック

By: amazon.co.jp

電動ドリルは、バッテリーによってパワーが変わるのが特徴。小型の製品だと3.6Vほどですが、インパクトドライバーなどハイパワータイプの製品の場合は14V以上の製品もあります。

電動ドリルに関しては、パワーが強いほどよいというわけではありません。使用する目的・素材によってはそこまで強さを必要としない場合があります。家具の組み立てや簡単なDIYであれば出力としては10V程度で十分です。パワーを上げるほど価格も上がるので、その点は留意しておきましょう。

電動ドリルの給電方法をチェック

By: amazon.co.jp

電動ドリルにはコード式と充電式の2種類があります。それぞれのメリット・デメリットを確認して、使い勝手のよい方を選ぶようにしましょう。

コード式のメリットは軽量で長時間使える点。コンセントから給電するので、パワー不足になったり、途中で充電がなくなったりすることがありません。取り回しはよくありませんが、コードレス式より価格も安いので初めて電動ドリルを購入する方におすすめです。

充電式のメリットはコードがないところ。屋外など移動して作業する方におすすめです。なお、購入の際は充電にかかる時間とフル充電時の作業時間の確認が必須です。充電時間が短すぎる製品は稼働時間も少ないので、充電時間と稼働時間を照らし合わせて選びましょう。

電動ドリルのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

マキタ(MAKITA) DIYモデル インパクトドライバー MTD0100

By: amazon.co.jp

国内最大手の総合電動工具メーカーで、国内シェアの半数以上を占めています。グリーンの本体カラーが特徴で、工具メーカーの代表的存在です。初心者向けの製品からプロ向けの製品までラインナップが豊富なメーカーです。

ハイコーキ(HiKOKI)

ハイコーキ(HiKOKI) コードレスドライバドリル FDS18DGL

By: amazon.co.jp

2018年に会社名が工機ホールディングスに変更になり、ブランド名もハイコーキに変更された旧日立工機。マキタに続く国内大手の総合電動工具メーカーです。ハイコーキが開発した新型バッテリーの「マルチボルトシリーズ」は、充電器に合わせて自動的に電圧を切り替えられる優れもの。ラインナップが豊富なのも魅力です。

リョービ(RYOBI)

リョービ(RYOBI) ドリル MD-12VR

By: amazon.co.jp

リョービは電動工具やガーデン機器、清掃機器などを手がけるメーカー。プロ向けの「プロモデル」、DIY向けの「DIYモデル」、初心者向けの「エントリーモデル」が分かれているのが特徴です。比較的低価格で、手軽に購入できるのがポイント。幅広いニーズに応える製品が揃っているのが魅力です。

ボッシュ(BOSCH)

ボッシュ(BOSCH) 電気ドリル GBM10RE/N

By: amazon.co.jp

世界トップシェアのドイツのメーカーです。その重厚感のあるデザインと堅牢さが人気で、バッテリー・モーターの保護機能がしっかりしているのがポイント。「二重絶縁+エルゴノミクス+軽量強化樹脂ボディ」の3つを合わせもち、安全性が高いのも特徴です。

電動ドリルのおすすめモデル|コードレス

クロマツ(Kuromatsu) 充電式電動ドライバー

クロマツ(Kuromatsu) 充電式電動ドライバー

ハンディタイプで取り回しのしやすいコードレス電動ドライバーです。本体サイズは約140×130mm、重量は680gほどなので、初心者や女性でも使いやすい重さです。ボディ形状はワンタッチで変えられるので、シーンに応じて簡単に使い分けられます。

約1.5~3時間でフル充電可能な3.6Vリチウムイオンバッテリーを採用。バッテリーでの最大駆動時間は約4~5時間です。また、モバイルバッテリーからの充電が可能。携帯性に優れており、屋外で使う工具としておすすめです。

付属しているビットは44種類。自由に曲げられる延長棒が付属しているので、狭い場所のネジ締めに最適です。本体やビット、延長棒はまとめてケースに収められるので、コンパクトに収納しておけます。価格がリーズナブルなので、初めて電動ドリルを購入する方におすすめです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスドライバー IXO 5

ボッシュ(BOSCH) コードレスドライバー IXO 5

ハンディタイプで取り回しのしやすいコードレス電動ドライバーです。本体サイズは約145×140×35mmと非常にコンパクト。重量はわずか300gほどで、軽量です。2箇所の電源スイッチやスポット、広角の切替が可能なLEDライトなど、小さな筐体に便利な機能が多数搭載しています。

約3時間でフル充電可能な3.6Vリチウムイオンバッテリーを採用。microUSBに対応しているため、コンセントだけでなくモバイルバッテリーからの充電も可能です。付属しているドライバービットは10種類。使用ビットサイズはHEX3.35mmで、大きさの違うプラスビットが5種類、六角ビットが2種類、トルクスビットが2種類、マイナスビットが1種類同梱されています。

火に風を送れる「バーベキューファン」やワインボトルのコルクを開ける際に使える「ワインオープナー」など、豊富に用意されている別売りアダプターを購入すれば、さまざまな用途に使用可能。ドリルアダプター付属モデルであれば、購入してすぐに使えます。電動ドリルをさまざまな用途で使用したい方におすすめです。

ハイコーキ(HiKOKI) 12V コードレスドライバドリル FDS12DVD

ハイコーキ(HiKOKI) 12V コードレスドライバドリル FDS12DVD

22段階のトルク調整が可能なコードレス電動ドリルです。ドリル使用時の最大穴あけ能力は鉄工12mm・木工25mmで、余計な力を入れずにサクサクと作業できます。本体重量は電池を含めて約1.5kgなので、手に持つと重厚感がありますが、手首にかけるストラップを使用すれば落とす心配はありません。

回転速度はHigh・Lowの2種類を切替えできます。また、細かなスピードはトリガーの引き具合で調節も可能です。約30分でフル充電できるニカドバッテリーのほか、予備電池が1つ付属。使用時に予備電池を充電しておけば、電池切れの際も中断せずに作業を継続できます。コストパフォーマンスに優れたパワフルな電動ドリルとしておすすめのモデルです。

ブラックアンドデッカー(Black + Decker) マルチツール プラス 18V EVO183P1

ブラックアンドデッカー(Black + Decker) マルチツール プラス 18V EVO183P1

多彩な用途に対応できるマルチ機能を備えた電動ドリルです。ドリルドライバーやインパクトドライバーとしてだけでなく、丸のこやサンダーヘッドが付属されているので、ヘッドを交換するだけでさまざまな作業を1台でらくらくとこなせます。

バッテリー電圧はパワフルな動作が期待できる18V。付属の急速充電器によって、約40分でフル充電できます。電子式のトリガーによって、回転スピードを無段階調整が可能。本体前部には暗所での作業を助けるLEDライトが搭載されています。10種類のドライバービットと1種類のドリルビットが付属。1台で数種類の電動工具の役割を果たしてくれる便利さがおすすめです。

パナソニック(Panasonic) スティックインパクトドライバー EZ7521

パナソニック(Panasonic) スティックインパクトドライバー EZ7521

スティック型の形状でも使える2WAYタイプの電動ドリルです。通常の電動ドリルが入らないような狭い場所であっても、直線的なスティックデザインの「EZ7521」であれば、作業がしやすくなります。また本体前方を照らすスポットLEDや広い範囲を照らせるワイドLEDを備えているので、暗所での作業にもおすすめです。

搭載されている7.2Vのリチウムイオンは、フル充電までは約55分かかりますが、実用充電が約35分となっていることで充電待ちのストレスを軽減。付属バッテリーは、予備分を含めて2つ同梱され、さらに急速充電器やプラスチック製のケースも付属されています。本体重量は約550gと軽量で、持ち運びも容易。コストを抑えたい場合や2台目を購入する場合は付属品が省略されたモデルがおすすめです。

マキタ(MAKITA) 充電式4モードインパクトドライバ TP141DRFX

マキタ(MAKITA) 充電式4モードインパクトドライバ TP141DRFX

使用用途に応じて選択できる4つのモードを搭載。ネジやボルトを強力かつ高速で締め付けられる「インパクトモード」は、打撃力を3段階で切替できます。作業内容に合わせてトルクを使い分ければ、ネジ山を潰すトラブルを防止することも可能です。

ドリルとしての使用時は、小径の穴あけに適した通常の「ドリルモード」と硬いコンクリートでも穴あけできる「震動ドリルモード」を使い分け可能。電子機器や家電製品に使用されるような小さなネジを締める場合は「ネジ締めモード」が便利です。

付属している電池は18Vリチウムイオンバッテリーを採用。予備を含めて2つのバッテリーと充電器が付属されています。備えているバッテリーの最大作業量は穴あけ約850本分。より長時間の作業が行いたい場合は、上位バッテリーを追加購入すれば対応できます。価格は高めですが、性能・品質・耐久性において妥協したくない方におすすめです。

電動ドリルのおすすめモデル|コードあり

シンコー(SHINKO) ACドライバードリル ACD-280A

シンコー(SHINKO) ACドライバードリル ACD-280A

リーズナブルな価格で手に入る、コスパ抜群の電動ドリルです。ドライバービットやドリルビットが付属しているので、購入後にすぐ使い始められます。電源はコンセントから得るタイプなので力強い回転が可能。ドリル使用時の最大穴あけ能力は鉄工8mm・木工21mmです。

握りやすいグリップ近くに正逆回転スイッチを搭載。トリガーの反応もよく、操作性に優れています。さらにビットの付替えは手動で行える「キーレスチャック」仕様。初心者でも簡単にドリルやドライバーを付替えられます。

電動ドリル本体の価格が安いので、ドライバービットやドリルビットの追加購入にコストをかけられる点がメリット。ネジの種類や穴のサイズに応じて頻繁にビットを付替える方におすすめです。

リョービ(RYOBI) ドライバドリル FDD-1010KT 646003A

リョービ(RYOBI) ドライバドリル FDD-1010KT 646003A

自宅でのDIYや初心者用電動ドリルとして最適なエントリーモデルです。本体と一緒に14種類のビット・ソケットが収納できるキャリングケースが付属されており、楽々と持ち運び可能。消費電力は70Wとコンパクトながら充分なパワーを備えていて、ドリル使用時の最大穴あけ能力は鉄工5mm・木工10mmです。

ネジ締めつけ時のパワーは1~20段階で細かく調整可能。電動ドライバーの使用に不慣れで、締めすぎやネジ山の潰れといったトラブルが心配な方におすすめです。また、本体重量は約800gと軽量。グリップ部分は握りやすい細身のデザインなので、腕や手への負担もあまりありません。

ドリルビットだけでなく、ドライバービットも付属しているのでネジ締め・穴あけを1台でこなせます。コスパ重視で電動ドリルを探している方におすすめのモデルです。

高儀(TAKAGI) EARTH MAN AC100Vインパクトドライバー IDR-160

高儀(TAKAGI) EARTH MAN AC100Vインパクトドライバー IDR-160

ベルトに下げて携帯できる使い勝手のよいインパクトドライバーです。持ち手部分に金属製のフックが取り付けられており、ベルトやズボンに引掛けておけます。本体サイズは約180×60×235mm。重量は約1.1kgと比較的軽量な部類の電動ドリルなので、作業に慣れていない方や女性でも安心して使えます。

電源ケーブルは、約5mのロングサイズ。コンセントから離れた場所や広範囲での作業が可能です。付属品はネジ締め用の両頭ドライバービットが2つ。穴あけが目的の方は別途ドリルビットの購入が必要ですが、ドライバーとして使用する方は購入後すぐに使い始められます。

ボッシュ(BOSCH) 電気ドリル GBM10RE/N

ボッシュ(BOSCH) 電気ドリル GBM10RE/N

耐久性やパワーに優れた電動ドリル。回転部分のすべてにベアリングを搭載しており、滑らかに回転するのが特徴です。

また、本体の全長は約210mmで使いやすさが考慮された短めのデザインを採用しているのもポイント。そして、重量は約1.25kgと比較的軽めなので、作業時の手・腕への負担が軽減されます。

本体サイズは抑えながらもハイパワーな450Wモーターを搭載し、ドリル使用時の最大穴あけ能力は鉄工10mm・木工25mm。機能面では連続した作業に便利な「回転保持ボタン」があるのが特徴です。さらに電子式のトリガーは指2本で操作できるスペースが設けられており、回転スピードの微妙な調整がしやすくなっています。

グリップ部分には細かい振動を吸収してくれるソフトラバーを採用。そのため、作業時の疲労を軽減する役割を果たします。パワフルながら使い勝手もよく、身体への負担を軽減した電動ドリルを求める方におすすめです。

ハイコーキ(HiKOKI) インパクトドライバ WH12VE

ハイコーキ(HiKOKI) インパクトドライバ WH12VE

「ハイコーキ」の独自技術を採用した電動ドリルです。最適なタイミングで打撃を行う技術によって、スムーズかつ安定したネジ締めが可能。4段階の打撃力切替機能によって、パワーを必要とする作業から繊細な作業まで効率よくこなせます。

また、トリガースイッチは微調整のしやすい電子式。軽い力で操作できるので、パワーの調整を細かくコントロールできます。

モーターの発熱を抑制したまま、力強い回転が可能なのもポイント。温度上昇を抑えることで、連続した作業を効率的にこなせます。ボディ全長は約170mmと比較的コンパクトな設計です。

さらに、厚みも約58mmとなっているので、狭い場所での作業効率や携帯性を向上。手元を照らす高輝度LEDライトや5mのロング電源コードなど、使い手の利便性が考えられています。5mのコードで足りない方は、10mの電源コードが搭載されたモデルも選択が可能です。