木材や金属をきれいに切断したいときに活躍する「バンドソー」。帯状になった刃を一定方向に回転させることで、ほかの切断工具よりもきれいに仕上がるのが魅力です。

しかし、バンドソーはさまざまなメーカーから販売されており、どれを選べばよいか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのバンドソーをご紹介します。選び方やおすすめのメーカーも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

バンドソーとは?

By: amazon.co.jp

バンドソーとは、帯のように輪っか状になった刃を回転させて金属や木材を切断する工具のことです。刃を一方向に回転させながら素材を切断するため、ほかの切断工具よりスムーズできれいに切れるのが特徴。刃の幅が広く、摩擦熱がでないように作られているのもポイントです。

軽量タイプやコードレスタイプのモノも普及してきており、DIY用として家庭で使用したい方にもおすすめ。また、金属を切断する電動丸ノコなどと比べて刃が低速で回転しているので火花が少ないのも魅力です。

バンドソーのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

バンドソーは、一定方向への回転運動によって素材を切断するため、素材の断面がなめらかに仕上がるのがメリットです。また、作業時の騒音が比較的小さく、DIYなど家庭で使用しやすいのも魅力。密集した住宅地などでの作業にもおすすめです。

「自重切断」機能があるモノは本体の重さで素材を切断できます。作業者が体重をかけて切断する必要がなく、作業中の負担を減らせるのもポイント。ただし、刃に厚みがあることにより、糸のこ盤と比べると曲線の切断は苦手なので注意が必要です。

バンドソーの選び方

用途をチェック

木材などを切断する木工

By: amazon.co.jp

木工用のバンドソーは、のこ刃が縦になっており、切断用のテーブルがあるモノが一般的です。バンドソー本体を素材に押し付けて切断する鉄工用のモノと異なり、素材そのものを刃に押し付けて切断を行うのが特徴。

木材以外にもアルミ板などの柔らかい金属の切断できるモノもあります。また、糸のこよりもパワーが強くスムーズに作業ができるのも魅力です。

ステンレスなどの金属を切断する鉄工

By: amazon.co.jp

ステンレスや金属製のパイプなどをカットする鉄工用のバンドソーは、高い切断力がありながら火花が少ないのが魅力です。比較的安全に作業ができます。

刃が低速で回転するため、作業時の音が静かなのもポイント。住宅地にある建設現場や工場などでも騒音を気にせず使いやすいのもメリットです。

タイプをチェック

固定して使える卓上タイプ

By: amazon.co.jp

卓上タイプは、机の上などの安定した場所に固定して使えるのが特徴です。形状によって主に横型・縦型タイプの2種類があります。「卓上横型タイプ」はバンドソーのなかでも一般的な形状です。金属・アルミ製のパイプや角材・板材といったさまざまな素材の切断に使用できます。

自重や油圧によって刃が下降する構造になので、簡単に素材を切断できるのが魅力です。素材の固定方法には、2枚の板で素材を挟んで固定する「平板式」とチェーンで素材を固定する「チェーン式」の2種類があります。

主に木材やアルミといった柔らかな素材の切断に使用するなら「卓上縦型タイプ」がおすすめです。横型タイプのモノと異なり、素材を刃に押し当てて切断するのが特徴。角材の縦切断や板材の曲線切り抜きといった切断ができるのがメリットです。

持ち運びできるポータブルタイプ

By: amazon.co.jp

ポータブルのバンドソーは、ほとんどが充電式で持ち運びしやすいのが特徴。高所や近くに電源がない屋外での作業、上向きでの作業を行えるのが魅力です。素材そのものが大きく動かせない場合にも活躍します。

バッテリーを含めても3.5kgほどと軽量なモデルもあり、取り回しやすいのもポイントです。コードレスであってもパワフルに使える製品もあります。

角度切りできるかチェック

By: amazon.co.jp

バンドソーのなかには、テーブルを傾斜させることにより角度切りができるモデルもあります。木材やパイプなどの素材を斜めに切断したいときなどに便利です。

なお、特定の角度に傾斜させるときや、水平に戻すときには角度計を併用するのがおすすめ。ブレードとの角度を正確に保てるので、あわせてチェックしてみてください。

替刃で刃を交換できるかチェック

By: amazon.co.jp

バンドソーの刃は消耗品であるため、替刃で刃を交換できるかどうかをチェックしましょう。モデルによっては替刃を入手しにくい場合があり、注意が必要です。基本的に大手メーカーのモノであれば、通販サイトなどで替刃を入手しやすくおすすめ。

また、ほかの製品の替刃が使用できる場合もあるため、購入前に調べておくと安心です。

バンドソーのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

マキタは愛知県に本社がある、電動工具・園芸用機器・エア工具・家庭用機器メーカーです。1915年の創業から続く老舗メーカーで、バンドソーは使用する用途や場所に応じてモデルを選択できます。

リチウムイオンバッテリーを搭載したポータブルタイプのモデルは、コンパクトながら高性能なモノが多いのが特徴です。狭い場所や上向きでの作業が必要なシーンに適しています。

アサダ

By: amazon.co.jp

アサダ株式会社は1941年に愛知県で設立した、配管機械・工具および環境機器の製造や開発を行っているメーカーです。高度な設計技術と生産技能により、高品質な製品を展開しているのが特徴。

アサダ株式会社のバンドソーは、軽量なポータブルタイプや角度切りができる卓上横型タイプなどを展開しており、利用シーンに合わせて選べます。のこ刃張りがワンタッチでできるモノもあるので、替刃の交換がしやすいのもメリットです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは1918年に設立した日本の老舗メーカーです。家電・空質空調・電気設備といった製品の開発や製造・販売を行っています。

パナソニックのバンドソーは、電池を替えるだけで18Vと14.4V両方に対応できるモデルがラインナップ。パナソニックのバッテリーを持っていれば導入コストを抑えられます。また、防塵・耐水設計のモノを展開しており、耐久性に優れたモノを使いたい方におすすめです。

バンドソーのおすすめ

マキタ(MAKITA) 充電式ポータブルバンドソー PB183DRGX

全長392mmとコンパクトなポータブルタイプの鉄工用バンドソーです。本体には変形しにくい新アルミフレームを採用。重負荷時のブレード外れやスリップを抑制できます。最大切断能力は66mmで、軽天材であれば簡単に切断可能。小型ながらハイパワーなのが魅力です。

また、本体には無段変速ダイヤルを搭載。素材に合わせたスピード調節ができるのもポイントです。グリップがブレードの真上に配置され、さまざまな姿勢で使いやすいのも特徴。さらに、ロックオンスイッチを搭載しているため、連続で作業する際の負担を軽減できます。

取り回しやすくハイパワーなバンドソーを探している方におすすめです。

マキタ(MAKITA) 充電式ポータブルバンドソー バッテリー2本・充電器・ケース付 PB180DRGX

ハイスピード切断ができるポータブルタイプの鉄工用バンドソーです。重心上にバッテリーを配置しており、刃先に適度な重さを加えられるのが魅力。

コードレスながらも最大切断能力はAC機並。無段変速ダイヤルにより、樹脂からステンレス、炭素鋼まで幅広い素材に合わせたスピードで切断が可能です。

また、本体にはLEDライトを搭載。暗い場所での作業時にも手元が見やすく効率的に作業できるのがポイントです。コードレスで高い切断能力のあるバンドソーを探している方はチェックしてみてください。

アサダ 充電式バンドソー H60Eco BH060

18Vリチウムイオンバッテリを含めても3.5kgと軽量なポータブルタイプの鉄工用バンドソーです。取り回しやすく高所や上向きでの作業時に活躍します。安い価格ながらバッテリーが2つ付属しているのが魅力。また、容量表示ランプで残量を確認しながら作業できるのも特徴です。

本製品用の替刃も販売されており、事前にストックしておけるのもポイント。付属するプラスチックケースに本体・バッテリ・充電器が収納できるため、携帯性にも優れています。リーズナブルで軽量なバンドソーを使いたい方におすすめです。

アサダ バンドソービーバー4 BB400

素材を束ねて一気に切断できる卓上横型タイプのバンドソーです。チェーンで素材を固定する「チェーン式」を採用。鋼管・角パイプ・丸棒の切断や角度切りに対応しています。切断後に自動で電源スイッチが切れる仕様で安全対策がされているのも魅力です。

また、「切断調整ノブ」が搭載されており、素材に合った荷重設定にできるのもポイント。のこ刃の露出が少なく、簡単な操作で切断を行えるのもメリットです。パイプなどをまとめて切断できるバンドソーを探している方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) デュアル バンドソー 18V軽量3.0Ah電池パック×2個・充電器・ケース付 EZ45A5PN2G

18Vと14.4V両方のバッテリーが1台で使えるポータブルタイプの鉄工用バンドソーです。切断カバー部分がコンパクトなため、狭い場所での作業をしやすいのが特徴。柱や天井の近くでの作業で活躍します。本製品は18Vのバッテリーを付属していますが、14.4Vバッテリーを購入すれば使用できるのも魅力です。

「刃周速切替スイッチ」を搭載しており、素材に合わせて3段階のスピード調整が可能。大型ガイドプレートにより素材をしっかり固定できるのもポイントです。防塵・耐水設計も備えています。

大手メーカー品なので替刃を入手しやすいのもメリット。機能性に優れたコンパクトなバンドソーを探している方におすすめです。

新ダイワ(shindaiwa) バンドソー 平バイスタイプ RB120FV

長さ615×幅260×高さ355mmとコンパクトサイズを採用した、卓上横型タイプの鉄工用バンドソーです。フレームを垂直に立てることで、卓上縦型タイプとしても使用できるのが魅力。簡易角度切りや板材の切断も可能です。

素材の固定方法は2枚の板で素材を挟んで固定する「平板式」。丸パイプなら直径120mmまで切断できます。幅広い素材に対応できるコンパクトなバンドソーを探している方におすすめです。

京セラ(KYOCERA) 卓上バンドソー TBS-80

素材を刃に押し当てて切断する卓上縦型タイプの木工用バンドソーです。木材だけでなく、プラスチックやアルミ板の切断も可能。直線だけでなく、曲線切りにも対応できるのが魅力です。

また、テーブルは最大45°まで傾斜が可能なため、角度切りができるのもポイント。刃のスピードを無段階に調節できる変速ダイヤルを搭載しており、素材に合わせたスピードで切断ができます。複雑な切断が可能なバンドソーを探している方におすすめです。

プロクソン(PROXXON) ミニバンドソウ 木工・金工用 No.28170

横395×奥行き280×高さ480mm、重さ5.5kgとコンパクトな卓上縦型タイプのバンドソーです。別売の刃に交換すれば木材だけでなく、金属やガラスも切断可能。テーブルは最大45°まで傾斜できるため、角度切りにも対応しています。

本体には無段電子コントロールを搭載。素材に適した刃のスピードに変更できるのも魅力です。また、集じんアダプター接続穴が配置されています。比較的価格が安く、初めてバンドソーを購入する方にもおすすめです。

イリイ(IRII CORPORATION) 金属用バンドソー TR-035EB

静音モーターを採用し騒音が気になりにくい卓上横型タイプの鉄工用バンドソーです。自重送り切断と切断終了時自動停止スイッチを搭載。本体の重みで素材を切断し、終了後には自動停止するためハンズフリーでの作業か可能と謳われています。

本体を垂直にし、付属のテーブルを取り付けると卓上縦型タイプとしても使用可能。また、角度調整付きバイスを標準装備しており、丸材・角材の角度切りにも対応しています。刃の速度を3段階で調節できるため、素材に適したスピードに変更できるのも魅力です。多機能なバンドソーを探している方はチェックしてみてください。

ハイコーキ(HiKOKI) ロータリバンドソー CB13FB

全長603mm・重さ18kgと比較的小型で軽い卓上横型タイプのバンドソーです。刃のスピードを素材に合わせて無段階で変更できる「無段変速機能」や、設定した速度を一定に保つ「定速度制御」を搭載。のこ刃の寿命を延ばし長く使えるのが魅力です。

素材の固定方法は2枚の板で素材を挟んで固定する平板式で、直角から45°までの角度切りに対応しています。また、切断時の荷重を4段階で切り替えできるため、素材に合わせて効率よく作業可能。本体にはLEDライトを搭載し、暗所での作業もスムーズに行えます。

素材に合わせて効率よく作業できるバンドソーを探している方におすすめです。

エスケー11(SK11) 木工用バンドソー SWB-200N

刃幅が小さく、円や曲線切断も可能な卓上縦型タイプの木工用バンドソーです。刃をひねらない程度の緩やかな曲線や、半径50mm以上の円・四角形・六角形の切り出しにも対応。黒檀・樫・桜といった固い木材も切断できます。

本体にはアルミダイキャスト製大型プーリーを採用。厚い素材もスピーディーにカットできるのが魅力です。裏面には集じん接続口があるため、集じん機を接続して切削クズを集めながら作業可能。後片付けの手間を減らせるのもポイントです。複雑な切断ができるため、木材のDIYで使用したい方はチェックしてみてください。

バンドソーの売れ筋ランキングをチェック

バンドソーのランキングをチェックしたい方はこちら。