「水平器」は、建築現場やDIYで作業をする際に欠かせないアイテム。本体に内蔵された気泡の位置などによって水平・垂直を確認する検査器具です。水平器には気泡管タイプやデジタルタイプなどさまざまなタイプがあり、どれを購入したらよいのか悩むことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、水平器のおすすめのモデルを厳選して紹介します。選び方の解説もするので、水平器の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

水平器と水準器の違いをチェック

By: amazon.co.jp

水平器は建築工事や配管工事、DIYで工作する際に傾きを確認する際や、高低差を確認する場合に使用される検査器具です。液体が入ったカプセル内の気泡の位置を確認するタイプ、精度の高いデジタルタイプ、プロ向けのレーザータイプなど、さまざまな水平器があります。

また、狭い範囲の傾きを簡易的にチェックするものを「水準器」、高度な水平確認や高低差を求める場合に使用するものを「水平器」と呼ぶという意見も散見されますが、どちらも対象物の傾きを確認する検査器具であり、水平器と水準器は同等のものとして扱っても問題ありません。

水平器の選び方

水平器の種類をチェック

気泡管水平器

By: amazon.co.jp

最も一般的に使用されているタイプの水平器です。気泡管と呼ばれるアクリル管やガラス管の中に液体と気泡が入っており、表示されている確認線を見ながら気泡の位置で傾き具合を確認します。また、もっとも安価な水平器なのでDIYで使用する場合におすすめです。

デジタル水平器

By: amazon.co.jp

傾きを数値としてデジタル表示するタイプの水平器は、より精度を重視したい場合におすすめです。製品によっては気泡管も内蔵しているタイプがあり、各メーカーからさまざまなタイプが販売されています。なお、気泡管タイプと比べて価格が高めなので、コスパ重視の方は注意が必要です。

丸型水平器

By: amazon.co.jp

丸型タイプの水平器は、単純に対象の水平・垂直を確認するのではなく、より広い場所の水平や360°の傾きを確認可能です。室内の傾きを調べたい場合などには数箇所に設置することで、どの部分に歪みがあるかを調べられます。

レーザー水平器

By: amazon.co.jp

水平器にレーザー機能を搭載したタイプが「レーザー水平器」です。水平でない部分の高低差を算出する場合や、水平な位置からどのくらい離れているかなどを簡単に割り出すことが可能です。また、「墨出し」が可能なのもレーザー水平器の特徴。

墨出しとは、必要な線や位置を床や壁に表示する作業のことで、プロの建築現場では欠かせない作業です。レーザー水平器を用いることで、レーザーに合わせてガイドラインを引いたり、マスキングしたりといった作業が容易にできます。

水平器の精度をチェック

By: amazon.co.jp

水平器は、プロの現場とDIYで使用する場合では求められる精度が異なるため、よりレベルの高い作業をするのであれば、精度の高いモデルが必要です。水平器には100円ショップで購入できるような安価なものからプロ向けのタイプまでさまざまな種類があります。

求める精度レベルや製品の仕様、価格などを参考にしながら、なるべく精度の高い水平器を購入しましょう。

水平器のメーカーをチェック

タジマ

By: amazon.co.jp

タジマはハンドツールの大手メーカーです。さまざまなタイプの水平器を製造・販売しており、なかでもスタンダードタイプの「ボックスレベルスタンダード」は低価格ながらも精度が高く根強い人気を誇っています。

シンワ測定

By: amazon.co.jp

ものづくりの街として有名な新潟県三条市に本社をかまえているメーカー。高精度で使いやすい計測機器を多く手がけており、計測機器のトップメーカーの一つとして地位を確立しています。水平器は、デジタルタイプや、レーザータイプをラインナップしており、精度の高さと信頼性の高さがあるため、必ずチェックしておきたいメーカーです。

アカツキ製作所

By: rakuten.co.jp

日本で初めて国産水平器を製造したメーカーとし知られており、水平器の製造・販売に特化した水平器ブランド「KOD」を手がけています。製造は国内工場でおこなっており、高精度で高品質な水平器はユーザーから高い評価を受けています。

水平器のおすすめモデル

シンワ測定 ブルーレベル 300mm マグネット付 76379

シンワ測定 ブルーレベル 300mm マグネット付 76379

本体サイズが25×300×55mmと大きめの水平器です。中央と左右の3ヶ所に気泡管を内蔵しており、水平・垂直・45°の3通りで傾き確認がおこなえます。また、それぞれの気泡管は直径12mmの見やすい大型な気泡管を採用しており、一目で見やすく視認性に優れているのもポイントです。

測定面はV字型に掘られた溝が設けられており、細いパイプを測定したい場合に役立ちます。くわえて、強力なマグネットを装備しているのでガス管や水道管など金属部分を測定したいときにも便利です。

シンワ測定 ハンディレベル Light100mm 76342

シンワ測定 ハンディレベル Light100mm 76342

シンワ測定から販売されているハンディタイプの水平器で、サイズは50×100×90mm、重さはわずか39gほどと軽量コンパクトなモデルです。ポケットに入れて手軽に持ち運びたい場合や、安価でシンプルな水平器を探している方におすすめです。

また、シンプルながらも計測精度は±0.1343°と、DIYで実用する上で十分な性能。また、気泡管にはブルー系のカラーリングを採用しており、視認性にも優れています。

シンワ測定 ブルーレベル デジタル 600mm マグネット付き 76327

シンワ測定 ブルーレベル デジタル 600mm マグネット付き 76327

デジタル表示する液晶画面を内蔵したデジタル水平器。大きさも65×600×27mmと最大級レベルなので、建築現場や本格的なDIYで使用したい方におすすめのモデルです。また、機能性も抜群。水平、垂直はもちろん、1mあたりの立ち上がり角度や、道路の勾配なども測定可能です。

液晶画面にはバックライト付いており、測定数値を正確に表示します。さらに、デジタル表示とは別に気泡管も搭載されているのもポイント。万が一、故障や電池切れで液晶画面を見られなくなった際にも計測できるおすすめモデルです。

シンワ測定 丸型気泡管B φ16mm 76329

シンワ測定 丸型気泡管B Ф16mm 76329

360°の水平方向を測定したい場合におすすめの丸型水平器です。大きさは直径16×8.5mmとコンパクト。ポケットに入れて携帯したい場合に重宝します。三脚に取り付けて使用したり、ドリルの頭に取り付けて垂直に穴を開けたりする場合に活躍するモデルです。

また、広い場所を測定したい場合には対象物の数か所に本製品をセットすることで、より精度の高い測定が可能になります。

タジマ オプティマレベル 130mm ゴールド OPT-130G

タジマ オプティマレベル 130mm ゴールド OPT-130G

黒い本体が特徴的な水平器で、黄緑がかった液体とのコントラストの違いによって気泡管が見やすくなっています。中央と左右に気泡管を配備しており、水平・垂直・45°を一度に確認できるのがポイント。さらに、パイプを測定する際に役立つV字底や強力マグネットを搭載しており、使い勝手のよい水平器です。

気泡管には6本のリングを表示しており、精度の高い測定をしたい場合におすすめ。また、左右にカラビナや脱落防止コードを取り付けられる通し穴を設けており、常に身に着けた状態で作業ができます。

タジマ ボックスレベルスタンダード 300mm BX2-S30

タジマ ボックスレベルスタンダード 300mm BX2-S30

長さが300mmと大型なスタンダードタイプの水平器です。材質には軽量なアルミニウムを採用しており、重さはわずか180g。なるべく荷物を軽くしたい場合に最適なおすすめモデルです。気泡管は中央と片側の2ヶ所に配備しており、水平と垂直方向の傾きを測定できます。

本体表面には「特殊ハードアルマイト表面処理」を施しており、キズがつきにくいのも特徴。また、弾力性に富んだゴム「エラストマー」を採用したサイドプロテクターを側面に配備しているので、耐久性にも優れています。

タジマ オプティマレベル 170mm シルバー OPT-170S

タジマ オプティマレベル 170mm シルバー OPT-170S

気泡管部分に蓄光プレートを内蔵した水平器で、夜間や暗い場所で測定作業する際におすすめのモデルです。最大の特徴が本体下部の測定面に約330mT (ミリテスラ)もの強力ネオ磁石を搭載していること。テスラとは磁石の強さを示す単位で、以前は「ガウス」を使用していましたが計量法の改正でテスラになりました。

テスラの数値が大きいほど磁力が強く、しっかりと金属面に固定したい場合に活躍します。また、本体側面には衝撃吸収バンパーを装備。本体材質に使用しているアルミ合金の採用と相まって、優れた耐久性を実現したおすすめモデルです。

新潟精機 SK アルミ水平器 マグネット付 ALM-450

新潟精機 SK アルミ水平器 マグネット付 ALM-450

測定器具や検査器具を取り扱っている「新潟精機株式会社」の水平器。長さが30cmあるので、広い場所を測定したい場合に重宝します。気泡管は中央と左右に3ヶ所配備。水平・垂直・45°の3方向から測定作業が可能です。

また、気泡管には6本の確認線を表示。水平・1/100分勾配・2/100勾配の3つの傾きを確認できます。本体には軽量なアルミニウムを採用。さらには衝撃に強いプロテクターを装備しており、万が一落としてしまっても壊れにくいおすすめモデルです。

デジパス(Digi-Pas) DWL 280 Pro

デジパス(Digi-Pas) DWL  280 Pro

アメリカのカリフォルニアに拠点を構え、精密測定機器を展開している「Digi-Pas」のデジタル水平器です。IP67の防水・防塵性や耐凍結、耐衝撃性に優れており、過酷な現場で水平器を使用するプロの現場で活躍するおすすめモデルです。

また、アメリカ製ならではのインチやフィート表示にも対応。mm(ミリメートル)表示との切り替えも可能です。さらに、角度誤差の自己校正機能も搭載しており、正確で精度の高い測定ができます。

マイゾックス デジレベルコンパクト 210mm DGL-C

マイゾックス デジレベルコンパクト 210mm DGL-C

手頃な価格ながらも機能性は高く、コストパフォーマンスに優れたデジタル水平器。HOLDボタンによって目的の数値を固定することが可能で、0°・45°・90°の位置をブザーで知らせてくれます。接地面はV字溝付き。さらに強力マグネットも付いているので鉄骨や銅管などを計測したい場合におすすめのモデルです。

また、本体を逆さまにしても自動的に数字を反転してくれるのもポイント。さまざまな現場のシチュエーションに合わせて使用可能です。ただし、防水ではないので屋外で使用する際には注意してください。

エビス(EBISU) 水平器 ポストレベル ED-POSMR

エビス(EBISU) 水平器 ポストレベル ED-POSMR

エビスは建築、土木関係で使用される水平器を取り扱っているメーカーです。当製品はL字型のフォルムが特徴的で、木製の柱やスチール製パイプなどに取り付けて使用します。柱に取り付ける際には、付属の取り付けバンドで簡単にセット可能です。

また、ゴムに磁石を練り込んだ「ゴム磁石」も付属しており、金属製のポールにセットする際に便利。測定は水平と1/100勾配、2/100勾配の3段階で可能。気泡管には6本の確認線が表示されているので、精度の高い測定ができるおすすめモデルです。

KOD PQ-100M設備用コンパクトレベル

KOD PQ-100M設備用コンパクトレベル

KODは水平器を専門に製造・販売しているアカツキ製作所が手がけるブランド。当製品はコンパクトながらも3つの気泡を内蔵しており、水平・垂直・45°の3通りの確認が可能なモデルです。本体に樹脂を採用しているのも特徴。透明な樹脂に気泡管が埋め込まれているデザインです。

また、測定面にはマグネットを搭載しており金属面を測定する際に便利で、精度も±0.1433°内と気泡管水平器としては高いレベル。大きさは35×100×15mmとコンパクトながらも、優れた精度を実現しているおすすめモデルです。

ボッシュ(BOSCH) ミニレーザーレベル GLL1P

ボッシュ(BOSCH) ミニレーザーレベル GLL1P

大手電動工具メーカーであるボッシュからリリースされている水平器です。レーザー機能を搭載しており、水平と垂直の2通りの測定ができる多機能なコンパクトモデル。本体側面から照射するレベルレーザーにより離れた位置の測定が可能です。

棚を壁に設置する際や壁紙を貼り付けるときのライン出し、階段の角度に合わせて絵を展示するなど、プロの建築現場はもちろん、DIYでも活躍します。レーザー照射はライン照射で5m、ポイント照射で20mまで測定が可能。電源は単4形アルカリ電池2本を使用して、約15時間の連続使用できます。

VOICE 3ライン グリーンレーザー墨出し器 VLG-3X

VOICE 3ライン グリーンレーザー墨出し器 VLG-3X

レーザー墨出し器として使用できるレーザー型水平器。プロ用ともいうべき多機能モデルであり、価格もその分高めです。レーザーが指し示す方向によって、離れた位置の測定も容易。測定は精度の狂いにくいジンバル(マグネットダンパー)式を採用しており、振動に強いのが特徴です。

また、高性能なダイレクトグリーンダイオードを採用しているのもポイント。ダイオードの弱点である温度条件の狭さをクリアしており、本製品は夏場の暑い季節や冬の寒い現場でも常に明るく安定したレーザーの照射が可能です。