丸ノコとは、円形の刃を回転させて木材や金属などを切断する電動工具。手動のノコギリよりも正確かつスピーディーに直線切りができるのが利点です。丸ノコは便利な道具である一方、使い方を間違うと危険な場合もあります。だからこそ、自分の用途に合ったものを選ぶことが大事です。

そこで今回は、丸ノコのおすすめモデルもご紹介。あわせて丸ノコの選び方についても詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

丸ノコの選び方

切るものに合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

木材を切る

木材のカットに適している丸ノコはいくつかあります。最も手軽なのが「手持ち式丸ノコ」です。軽量なモデルが多く、女性でも片手で取り回しやすいのが魅力。ただし、フリーハンドで使用するタイプなので、正確に切るには練習が必要です。

定規を使わなくても高い精度で直線カットできるのが、「卓上丸ノコ」や「卓上スライド丸ノコ」。角度切りや傾斜切りなども可能です。「卓上丸ノコ」は丸ノコがアームに固定されているので直角を正確に出せ、精密なカットを実現します。より幅の広い木材を切りたい場合には、卓上丸ノコのアームが前後にスライドする「卓上スライド丸ノコ」がおすすめです。

サイディングや金属を切る

サイディング(建物の外壁に使われる素材)や金属を切るときにおすすめなのが「集じん丸ノコ」です。木工用の丸ノコでも切ること自体はできますが、空気中に粉じんが舞い上がってしまう恐れがあります。集じん丸ノコは、切断時に出る粉じんを集めるダストボックスが付いているのが特徴。空気汚染を防ぐことができます。

給電方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

コードありタイプ

AC電源に接続して使うコードありタイプは、安定的なパワーと本体価格の安さが特徴。長時間使ってもパワーが落ちないので、切断作業がスムーズです。190mmや216mmなど外径の大きい刃(チップソー)に対応した機種も豊富に揃っています。

また、コードレスタイプと比べて価格が安いのも特徴。コストを抑えたい方におすすめです。ただし、電源とケーブルで繋がれているので、あまり遠くに離れられない点には注意が必要。高所や屋外での作業には不向きです。

コードレスタイプ

バッテリーを搭載したコードレスタイプは、取り回しやすさが魅力。移動しながら使う場合や、コンセントが近くにない場所での使用時に重宝します。かつてはAC電源タイプに比べてパワーが足りないと言われていましたが、最近はパワフルなモデルも多数登場。とくに18V以上のコードレスタイプ丸ノコは、コードありタタイプと遜色がなく、おすすめです。

使い勝手に優れたコードレスタイプの丸ノコですが、バッテリーを搭載しているため本体が重く、使用時間にも限りがあるのが難点。またバッテリーや充電器の価格が高くつく場合もあります。メーカーによっては、ほかの電動工具とバッテリーを共用できる機種もあるので、購入前にお手持ちの電動工具をチェックしてみてください。

刃の形状で選ぶ

最大切り込みの深さをチェック

丸ノコの刃を選ぶ際にこだわるべきは「最大切り込みの深さ」です。刃の外径が85mmのものだと、最大切込みの深さは25.5mm。同様に、外径125mmなら37mm、外径147mmなら47mm、外径165mmなら56mm、外径190mmなら69mm、外径216mmなら80mmまで深く切り込むことが可能です。切るものに合わせて選びましょう。

最近では深切りタイプの丸ノコが主流になりつつあります。深切りタイプは、同じサイズの刃でより深く切り込めるので、ワンサイズ上の丸ノコと同等の切断能力を発揮。また、216mm以上の大きな刃を搭載した丸ノコもあります。なお、「最大切り込みの深さ」は、直角で切断する場合の目安です。たとえば45°の角度をつけて切る場合は、切り込みが浅くなるので注意してください。

歯数をチェック

丸ノコの刃を選ぶ際は、「歯数」もチェックしましょう。丸ノコは、歯数が39以上のものから100以上のものまで多彩に揃っています。刃の外径が大きくなるほど歯数は増えますが、40~70歯程度のものが一般的です。

切断面をなめらかに仕上げたい場合は、歯数が多めの丸ノコがおすすめ。切り口の仕上がりよりも切断作業のスピーディーさにこだわる場合には、歯数が少なめの丸ノコが適しています。刃が少ないとバリが出やすくなりますが、切断時の抵抗が減るため速く切れます。一般的に歯の数は「P」で表示されているので、確認してみてください。

刃のサイズをチェック

丸ノコは、刃が消耗してくると切れ味が衰え、絶断面が荒れてしまいます。刃を買い替える際は、必ず購入時に付いていた刃と同じサイズのものを選んでください。丸ノコは、刃のサイズに合わせてボディやカバーを設計されているので、異なるサイズの刃に付け替えることはできません。なお、刃のサイズが合っていれば他メーカーのものでも使用できます。

丸ノコのおすすめモデル|コードレスタイプ

ハイコーキ(HiKOKI) コードレス丸ノコ C18DBAL

HiKOKI (ハイコーキ) コードレス丸ノコ C18DBAL(NN)

型枠材60mmをスピーディーにカットできる、コードレス丸ノコ。刃外径は165mmで、66mmの深さまで切り込めます。18Vのリチウムイオン電池充電式です。

本体の重さは約2.57kgと軽く、サイズは294×188×255mmとコンパクト。ハンドルと重心の距離が近いため取り回しやすい点も魅力です。また、機体を水平に保ちやすいよう、従来品より重心の位置を改善したことで、取り回しやすさがアップ。作業時の疲労も軽減できます。

丸ノコの動作音を抑えられるサイレントモードを搭載。騒音が気になるリフォームや内装工事などの際に役立ちます。また危険なキックバックを低減するシステムも採用。刃の挟み込みなどによってモーターの回転速度が急に低下した場合は自動で瞬時にモーターを停止するので、初心者でも安心して使えます。電池・充電器は別売りです。

ハイコーキ(HiKOKI) コードレス丸ノコ C3606DA

HiKOKI (ハイコーキ) コードレス丸ノコ C3606DA(2XPB)

パワフルさを重視する方におすすめしたいコードレス丸ノコ。36Vリチウムイオン蓄電池「マルチボルト」を搭載しています。従来の18V丸ノコに比べると、切断スピードと粘り強さは約2倍。連続使用しても止まりにくいので、作業がスムーズに行えます。

刃の外径は165mmで、最大切り込み深さは66mm。1回の充電で45mm角の垂木なら、約750回切断できるパワーを備えています。これだけのパワーがありながら、本体の重さは3.3kg、サイズは292×全幅188×全高262mmとコンパクト。いろいろな場所に持ち運んで、軽快に使えます。

建物内で丸ノコを使う際は騒音が気になりますが、本製品はサイレントモード機能付きで安心。パワーモード時より5dBも騒音を低減します。サイレントモードで使用中にモーターへの負荷が大きくなり過ぎると、パワーモードに自動的に切り替わるので、状況に応じたスムーズなカットが可能です。

そのほかにも、キックバック軽減システムや切り込み深さ調整機構、平行度を微調整できる機構、墨線が見やすくなる高輝度LEDライトなどの役立つ機能を搭載。安全でスムーズな作業をサポートします。また、本体の接地面がフラットなので、横置きしてもぐらつかず、刃の交換時も安心して行えます。本製品は収納時に便利な純正ケース付きです。

マキタ(MAKITA) 充電式マルノコ HS631DZSB

マキタ(MAKITA) 充電式マルノコ HS631DZSB

この1台で、型枠・きざみ・造作作業ができる、使い勝手のいい丸ノコ。AC電源タイプとほぼ同等のパワーを有しています。刃の外径は165mm、最大切り込み深さは約66mmで、二寸二分の厚さも一発で切断可能。ベース素材は、変形しにくいアルミ製です。

搭載しているモーターは、ハイパワー大型ブラシモーター。刃が1分間に5000回転するので、切断作業がスムーズです。切りにくい素材を切る際にモーターに負荷がかかると、切断スピードを自動で変速します。

精密なカットを実現するためには、ベース側面と刃の平行度を保ちながら切断しなければなりません。しかし、本製品には、平行度をより高精度に保つための固定ツマミや微調整機能が付いているので安心です。また、アンギュラ(角度)ガイドとベースが別になっているので、切り込み深さをスムーズに調整できます。

そのほかにも、切りクズを後部に吹き飛ばすブロワ機能や、切り込み深さストッパー、切断中に墨線を確認しやすい構造、左5°傾斜切断機能などを採用。効率よく、安全な切断作業をサポートします。なお、バッテリー・充電器は別売りなので注意しましょう。

マキタ(MAKITA) 防じんマルノコ KS521DZ

マキタ(MAKITA) 防じんマルノコ KS521DZ

約4300回/分の高速回転で、切断効率と作業性に優れた防じん丸ノコ。小型で軽量なリチウムイオンバッテリー搭載したことで、従来品と比べて約2倍の切断スピードを実現します。刃の外径は125mm、最大切り込み深さは約37mmで、本体は高さ206×長さ330×幅132mmとコンパクト。プロはもちろん丸ノコを使い慣れていない方にも使いやすい1台です。

本製品はデジタル通信による最適充電ができるのもポイント。ニッケル水素差込み式バッテリーにくらべてバッテリー寿命までの総作業量が約3.3倍と長持ちします。メモリ効果がないので、継ぎ足し充電も可能です。また、自己放電の少ないバッテリーなので、長期間使わずにいても満充電時のように快適に作業できます。

刃・モータ・ハンドルを最適なバランスで配置した設計により、使いやすさをアップ。薄暗い現場での「見にくさ」をサポートするLEDライトや、刃先位置目印、工具レス調整トップガイドなど、使用感を高める機能も多数搭載しています。また、ベース素材は歪みにくいアルミ製なので、長期間快適に使用可能です。なお、本製品は本体のみなので、バッテリーと充電器は別途購入しておきましょう。

リョービ(RYOBI) 充電式丸ノコ BW-470 612001A

リョービ(Ryobi) 充電式丸ノコ BW-470 612001A

コンパクトで深く切れる丸ノコを探している人におすすめの1台。刃外径125mmでありながら最大切り込み深さ約47mmを実現したコードレス丸ノコです。深さ調節がしやすいダイカスト製リンクを採用しています。

バッテリーは、14.4Vのリチウムイオン電池。回転の落ち込みを抑止できる高回転モーターを採用しています。1回の充電で、2×10mm材なら約70本、12×900mmのコンパネ材なら約45本、45×45mmの垂木なら約350本ほど切断することが可能です。また、直角度や平行度を微調整できる機構や、ブレーキ機能、墨線上の切りクズを吹き飛ばすブロワ機能、LEDライトなどを搭載。さらに、逆傾斜での切断も可能です。

本製品は丸ノコ本体のほか、125mmのレーザースリットチップソー(40P)・充電器・電池パック・収納用バッグ・六角棒レンチがセットになっています。

マキタ(MAKITA) 充電式マルノコ HS300DW

マキタ(MAKITA) 充電式マルノコ HS300DW

手軽に使えるコードレスタイプの丸ノコ。バッテリーを含んでも約1.4kgという重量は、コードレスタイプの丸ノコでは世界最軽量クラスです。充電式インパクトドライバーと同程度の軽さで、これからDIYを始めるという方でも扱いやすいのが魅力。長時間の作業でも疲れにくいというメリットがあります。

本体の寸法も300×170×154mmとコンパクト。外径は85mmで、最大切り込みの深さは25.5mmです。ブロワ機能が搭載されているため、切り粉を吹き飛ばしながら効率よく作業を進められます。手軽さを重視して丸ノコを選びたい方におすすめです。

ボッシュ(BOSCH) コードレス丸のこ GKS 10.8V-LIH

ボッシュ(BOSCH) コードレス丸のこ GKS 10.8V-LIH

軽さと使い勝手のよさを両立させた丸ノコ。重量は約1.4kgで、バッテリーを搭載しているコードレスタイプの丸ノコのなかでも軽量です。外径85mmで、26.5mmの深さまで切り込めます。

約30分でフル充電が完了するため、効率的に作業を進められるのも嬉しいポイント。LEDライトが搭載されているので、けがき線が見やすいというメリットもあります。手軽で使いやすい丸ノコを探している方におすすめです。

マックス(MAX) 充電式丸のこ PJ-CS53CDP

マックス(MAX) 充電式丸のこ PJ-CS53CDP

用途に応じてシンプルな丸ノコと防塵丸ノコを使い分けできる製品。大きな特徴は、着脱式のダストボックスが搭載されていることです。粉塵を出したくないときはダストボックスをつけたまま飛散を防ぎ、邪魔に感じるときはワンタッチで取り外せます。

丸ノコ本体を持ち上げなくても、ダストボックスを取り外すだけで手軽にゴミを捨てられるのが魅力です。外径125mmで、最大切り込み深さは47mm。約5300回転/分という高速回転により、切断効率と作業性を高めます。防塵機能を搭載し、スピーディに作業を進められる丸ノコを探している方におすすめです。

丸ノコのおすすめモデル|コードありタイプ

マキタ(MAKITA) 電気マルノコ M565

マキタ(MAKITA)電気マルノコ M565

プロ仕様のパワフルさとシャープな切れ味が魅力。約5500回転/分のパワーでしっかり切り込める、作業性能に優れたモデルです。さまざまな木材や合板をスピーディーにカットすることができます。刃外径165mmで、最大切り込み深さは約57mm。45°傾斜が可能で、その際の切り込み深さは最大38mmです。

セイフティカバーには「切り込み深さ目盛」が付いています。この目盛にベース下面を合わせるだけで、切り込み深さを設定することが可能です。また、前面に大型トップガイドが付いているので、墨線と刃先を合わせやすく、正確な切断ができます。作業中は、ブロワ機能で刃先周辺の切りクズを吹き飛ばせるので、墨線が見やすくなる点も魅力です。刃の上部には安全のためのブレードカバーを採用。カバーの内側は切りクズをスムーズに排出させる構造になっています。

モーター部がフラットになっているのも本製品の特徴。横置きしたときにしっかり安定するので、刃の交換を安全に行えます。また、丸ノコの寿命を左右するベース素材には、アルミダイキャストを採用。滑りがよい上、変形もしにくいので長く愛用できます。

ハイコーキ(HiKOKI) ブレーキ付電気丸のこ FC5MA

ハイコーキ(HiKOKI)  ブレーキ付電気丸のこ FC5MA

初心者でも気軽に使いやすい、汎用性の高いモデル。刃外径は146mmで、最大切り込み深さは約46mm。800Wのパワフルモーターを搭載し、1分間に約5100回の高速回転で力強く切り進められるので、作業効率に優れています。本体重量は約2.2kgと軽く、取り回しやすい点も魅力です。

高剛性アルミベースで、ブレのない安定したカットが可能です。また、より安全に作業ができるブレーキ付き。持ち手の滑りにくさも重視し、手にフィットするソフトグリップを採用しています。

ブロワ機能で墨線上に飛び散った切りクズを吹き飛ばせるので、切断作業が妨げられることもありません。フロア材・コンパネ材・角材・垂木などさまざまな部材の切断に対応しています。本製品は、145mmチップソー(刃数40)・六角棒スパナ・マニュアル付きです。

リョービ(RYOBI) 丸ノコ MW-46A 610509A

リョービ(RYOBI) 丸ノコ MW-46A 610509A

本製品は、重さは約2.1kgと軽く、サイズも長さ243×幅205×高さ213mmと小型なので、取り回しやすいモデルです。刃外径147mm、最大切り込みの深さは約46mmで、傾斜切断も0~45°まで対応。板材から垂木まで、多種多様な木材のカットに使えます。

1分間に3700回転のパワーは、一般的なDIYなら必要十分。電源コードも2mあるので、作業もスムーズに行えます。また、147mmチップソー・ソーガイドフェンス・六角棒レンチ(5mm)が付属しているのもうれしいポイント。別売りの集じんノズルとホースを接続すれば、木屑を気にすることなく便利に使えます。

ハイコーキ(HiKOKI) 丸ノコ C6MB4

ハイコーキ(HiKOKI) 丸ノコ C6MB4

プロの大工さんも使用している、実力派の丸ノコ。5000回転/分の高速回転パワーで、木材をきれいにカットします。刃外径は165mmで、最大切り込み深さは90°で約57mm、傾斜45°で約39mm。電源コードは長さ5mもあるので、コンセントの少ない作業場でも快適に作業できます。

また、リフォームや内装工事の現場は薄暗いことを考慮し、LEDツインライトを搭載。刃先や墨線が見やすくなるので、作業効率がアップします。ほかにも、ワンタッチ深さ調整機能やブロワ機能、切りクズを後方に排出する機能なども搭載。わずか2万円以下で、プロも納得の使い勝手を手に入れることが可能です。なお、本製品にはシャープな切れ味が魅力の165mmチップソー(刃数52)・ボックススパナ・六角棒スパナが付属しています。

マキタ(MAKITA) 電気マルノコ 逆勝手 5632BLA

マキタ(MAKITA) 電気マルノコ 逆勝手 5632BLA

左利きの方におすすめの逆勝手の丸ノコ。これを右手で使うと墨線が見やすくなることから、右利きの方でも使用できます。本製品は刃外径165mm、最大切り込み深さ約57mm。1分間に4700回の回転パワーでしっかりと切り進めます。

持ち手部分は滑りにくく握りやすいソフトグリップ仕様。ブレーキも搭載しているので、安心して切断作業を行えます。刃先や墨線が見えにくいときはライトを点灯させることで、スムーズに作業できるのもポイント。歪みなどの変形が起きにくいアルミベースなので、安定した切断ができます。

リョービ(RYOBI) 電子丸ノコ W-663ED 611020A

リョービ(RYOBI) 電子丸ノコ W-663ED 611020A

外径165mm、最大切り込み深さ66mmの丸ノコ。滑りをよくするためのスライドシートを搭載しているのが特徴です。材料に傷がつくのを防ぎながら、スムーズに切断できます。約4000回転/分の高速回転で、スピーディに作業を進められるのもおすすめポイントです。

けがき線が見やすいよう、LEDライトが搭載されているのも魅力のひとつ。さらに切り粉を飛ばすブロワ機能も搭載されているため、正確な作業を行えます。スムーズに作業を進められるバランスのよい丸ノコを探している方におすすめです。

トライビル(Trybuil) 電気丸ノコ TAC-700

トライビル(Trybuil) 電気丸ノコ TAC-700

安定したパワーを備えているコード式の丸ノコ。約4500回転/分の高速回転により、素材を素早く切断可能です。外径147mmで、最大切り込み深さは47mm。歯数は40Pと少なめなので、よりスピーディに切断できます。

平行定規と六角棒レンチが付属しており、スムーズな作業をサポートします。角度や切り込み深さの調節も手軽に行えるため、これからDIYを始める初心者の方にもおすすめです。

新興製作所(SHINKO) 卓上丸ノコ STC-190

新興製作所(SHINKO) 卓上丸ノコ STC-190

外径190mmの丸ノコ。約4500回転/分の高速回転によって、素早く作業を進められます。刃数は72Pと多めで、切断面が滑らかに仕上がるのが特徴。切り口の美しさを重視して丸ノコを選びたい方におすすめです。

チップソー・ダストバッグ・スパナ・六角レンチなどが付属しているのも嬉しいポイント。テーブルやノコ刃の角度調節がワンタッチで行えるため、手軽に扱える丸ノコを探している方にもおすすめです。