工作や手芸、DIYなどで活躍するグルーガン。強力に、すばやく接着できる使い勝手のよさから愛用する方も増えており、最近は100均でもグルーガンが販売されているほどです。

しかし、せっかくグルーガンを購入するなら耐久性や温度など、納得いくものを選びたいところ。そこで、使いやすいグルーガンを選ぶ際にチェックすべきポイントをまとめました。さらに、おすすめのグルーガンも紹介するので購入を検討している方は参考にしてみてください。

グルーガンとは?

By: amazon.co.jp

グルーガンとは、グルースティックと呼ばれる固形の樹脂を溶かしてモノを接着する道具です。銃のような形をしているものが多く、引き金部分を引くと溶けたグルーが出てくるので、これを接着剤としてモノをくっつけます。

溶けたグルーは接着力が強固なので、通常の接着剤ではくっつけにくいモノもしっかり接着できるのが魅力。また、10~30秒ほどの短時間で固まり、接着剤のように長時間乾くのを待たなくてよいので、作業がスピーディに進められます。

木材、紙、布、皮、ガラス、プラスチック、金属などさまざまな素材の接着に使えるため、用途は多岐にわたります。DIYやハンドメイドなどを頻繁に行っている人は、ぜひひとつは持っておきたいツールです。

グルーガンの選び方

温度で選ぶ

By: amazon.co.jp

グルーガンを選ぶ際に、注意しておきたいのが設定温度。グルーガンは、グルースティックという棒状の樹脂を差し込み、それを溶かして使用するものですが、そのグルースティックには高温で溶けるタイプと低温で溶けるタイプの2種類があります。

グルースティックを溶かすのに、高温タイプは約170℃、低温タイプは約120℃の温度が必要。もし、購入したグルーガンと使用したいグルースティックの温度が合わないと、使用できない危険性もあります。

グルーガンを購入する前に、使用したいグルースティックの温度に対応しているかどうか必ずチェックしましょう。なかには、低温と高温を切り替えられるタイプもあるので、心配な方はこのようなタイプを検討してみることをおすすめします。

スイッチの有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

グルーガンには、グルースティックの加熱をスタートするスイッチがついているタイプとついていないタイプがあります。ついていないタイプは、コンセントにプラグを差し込むとすぐにグルースティックの加熱が始まる仕様です。

すぐに加熱が始まってしまうため、グルーガンを使い慣れていない方は慌ててしまったり、余分にグルースティックを溶かして無駄にしてしまったりとトラブルが生じることもあります。

このタイプは、加熱をやめるにはプラグを抜くしかないため、作業途中にプラグの抜き差しを頻繁にしなくてはなりません。それが面倒と感じる方は、加熱スタートのスイッチがついているタイプを選ぶようにしましょう。

電源コードの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

グルーガンは、おもに電源コード式と乾電池式の2タイプがあります。電源コード式は、電池切れを気にせず安定したパワーで作業ができますが、コードがある分、コンセントの近くでしか使えなかったり、コードが届く範囲でしか移動できなかったりと、作業する場所が限られるのがデメリット。

作業中にコードが邪魔になってしまったり、うっかり足を引っかけてしまったりという可能性も考えられます。電源コード式を選ぶ場合は、コードの長さもチェックしておきましょう。

一方、乾電池式はコードがないので、好きなところで自由に作業できるのがメリット。コードが邪魔になったり、作業範囲が制限されたりすることがないので、大きな作品を作る際も身軽に動けます。

また、USB接続などで充電できるタイプのグルーガンであれば、電池の交換が必要なく自宅で充電できるので便利です。気になる方はぜひチェックしてみてください。

グルーガンのおすすめ

SK11 ボンドガン ピタガン GM-100

SK11 ボンドガン ピタガン GM-100

小さめサイズで、子どもや女性にも使いやすいグルーガン。電源コード式で、パワーが弱まることなく安定して使えるのがメリットです。溶けたグルーが出てくる先端は、液だれがすると使いにくいものですが、本商品は液漏れ防止機能付きノズル採用で液だれしにくく、快適に使えます。

ノズル温度は160℃。コンセントにプラグを差し込むと加熱が始まるので、手元のトリガーを引いてグルーを出します。ノズルが細いのでアートフラワーやリース作りなど細かな作業におすすめです。木材や紙、皮革、プラスチックなど、さまざまなものが接着できます。

スタンドがついているので、作業途中に置き場所に困らないのも嬉しいおすすめのモデルです。

ボッシュ(BOSCH) バッテリーグルーガン GLUEPEN

ボッシュ(BOSCH) バッテリーグルーガン GLUEPEN

スタイリッシュなペン型グルーガン。リチウムイオンバッテリー内蔵で、フル充電すれば30分の連続使用が可能です。継ぎ足し充電もできる上、自然放電しにくいので思い立った時にいつでも使えるのが嬉しいところ。マイクロUSBで手軽に充電でき、コードレスで手軽に使えるのもポイントです。

レバーを離すだけでグルーの液だれを防止する機能や、ノズル内にグルーが詰まったり固まったりしにくい仕様など、さまざまな点に電動工具メーカーであるボッシュの技術が光ります。耐久性に優れており、長く愛用できるグルーガンです。

初心者にも安心な加熱スタートスイッチつき。スイッチを入れてたったの15秒で予熱ができるので、スピーディに使い始められます。先端は細く、グルーも少しずつ出るのでアクセサリーやプラモデルなど、細かいモノの接着作業をしたい方におすすめです。

人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインで手になじみやすく、軽いので子どもにもおすすめ。先端部には熱くなりにくいシリコンカバーがつけられているので安心です。

グルーガン 高温 低温 スイッチ切替

グルーガン 高温 低温 スイッチ切替

高温と低温の温度切り替えスイッチがついているグルーガン。高温タイプ・低温タイプどちらのグルースティックも使えて便利です。用途に応じてグルースティックを使い分けられるので、これ一台で幅広い分野に対応できます。

軽量でコンパクトなので、女性や子どもにも使いやすくおすすめです。電源コード式でパワーが衰えることなく、安定して使用できるのもメリット。コードの長さは1.2mと余裕があるので、作業もスムーズに進みます。

VOLADOR 小型グルーガン 高温タイプ 充電式

VOLADOR 小型グルーガン 高温タイプ 充電式

リチウム電池が内蔵されており、USBに接続するだけで手軽に充電できる便利なグルーガン。フル充電すれば、2~2.5時間の使用が可能です。コードレスなので、移動もラクラク。好きな場所で作業ができるので効率もアップします。

本体下部には加熱スタートスイッチがついており、初心者の方も落ち着いて使用可能。トリガーの引き具合でグルーの量を調節できるので、グルーを出しすぎずに済むのもメリットです。

ノズル部分は、300℃まで耐えられる高品質のものを使用。長時間使用しても変形することなく、安心して使用できます。熱くなるノズル先端には、保温スリーブがついているため安全面にも配慮。うっかり火傷の危険を軽減します。グルーガンを初めて使う方にもおすすめです。

作業中断時に便利なスタンドつき。手のひらサイズで、気軽に使えるグルーガンです。

高儀 EARTH MAN 乾電池式 コードレスグルーガン GG-210CL

高儀 EARTH MAN 乾電池式 コードレスグルーガン GG-210CL

乾電池式で、使いたいときにすぐ使えるグルーガン。コードがないので邪魔にならず、近くにコンセントがないところでもスムーズに作業できます。単3アルカリ乾電池が4本必要で、連続しておよそ45分使用可能です。

グリップに加熱スタートスイッチがついており、オンにすると加熱が始まります。このスイッチを入れると、先端にあるLEDライトが光るようになっているので、加熱していることが見た目にもわかりやすく安全です。

また、このLEDライトは作業時に先端を照らす役割も果たします。細かな部分を接着する際や、薄暗くて見えにくい場所での作業の際に便利。スタンド付きで、作業途中でも置き場所に困らないのが嬉しいところです。

miniグルーガン

miniグルーガン

雑貨のようなカラフルなルックスが目を引くグルーガン。可愛い見た目で、作業がグッと楽しくなります。子どもやDIYに初めて挑戦する女性にもおすすめです。低温タイプで、リースやアクセサリー、フォトフレーム、小さめの棚など、小物の接着に向いています。

電源コード式なので、安定したパワーで使用できるのがメリットです。コードの長さは1.4mと長めで、余裕をもって使用できるのも嬉しいところ。ワンタッチで使えるスタンド付きで、作業がスムーズに進められます。

TACKLIFE グルーガン PGG01B

TACKLIFE グルーガン PGG01B

リチウム電池内蔵で、USBに接続すれば充電できるグルーガン。コードレスなので作業範囲が限定されず、好きなところで使用できるのが魅力です。フル充電すれば35分間連続で使用できます。本体上部にはバッテリー残量表示もあり、バッテリーの減りがひと目でチェックできて安心。

また、本体上部には加熱スタートスイッチもついています。このスイッチは2.5秒押し続けるとオンになる仕様で、不意に作動してしまうトラブルを防げる安心設計。予熱は1分とスピーディで、すぐに作業に取り掛かれます。予熱完了を知らせるインジケータもついているので便利です。

ノズルには熱伝導率に優れた黄銅を使用。また、高温になっても変形しにくいので、長時間使用しても安全です。トリガーの引き具合でグルーの量を調節できるのもポイント。いつもちょうどいい量が出せるので、グルーの節約にもなります。

スタンバイ時や作業途中に便利なスタンド付き。木材や布はもちろん、プラスチックや金属、ガラスなどさまざまな素材を接着できる便利なグルーガンです。