工作や手芸、DIYなどで活躍する「グルーガン」。強力に、すばやく接着できる使い勝手のよさから愛用する方も増えています。

しかし、せっかくグルーガンを購入するなら耐久性や温度など、納得いくものを選びたいところ。そこで今回は、おすすめのグルーガンをご紹介。使いやすいグルーガンを選ぶ際にチェックすしておきたいポイントもまとめているので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

グルーガンとは?

By: amazon.co.jp

グルーガンとは、グルースティックと呼ばれる固形の樹脂を溶かしてモノを接着する道具です。銃のような形をしているモノが多く、引き金部分を引くと溶けたグルーが出てくるので、これを接着剤としてモノをくっつけます。

溶けたグルーは接着力が強固のため、通常の接着剤ではくっつけにくいモノもしっかりと接着できるのが魅力。また、接着剤のように長時間乾くのを待たなくてよいので、作業がスピーディに進められます。

木材や紙、ガラス、金属、プラスチックなどさまざまな素材の接着に使えるため、用途は多岐にわたります。DIYやハンドメイドなどを頻繁に行っている方は、ぜひひとつは持っておきたいツールです。

グルーガンの選び方

温度で選ぶ

By: amazon.co.jp

グルーガンを選ぶ際に、注意しておきたいのが設定温度。グルーガンはグルースティックという棒状の樹脂を差し込み、それを溶かして使用しますが、グルースティックには高温で溶けるタイプと低温で溶けるタイプの2種類があります。

グルースティックを溶かすのに、高温タイプは170℃前後、低温タイプは120前後の温度が必要。もし、購入したグルーガンと使用したいグルースティックの温度が合わないと、使用できないこともあるので留意しておきましょう。

スイッチの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

グルーガンには、グルースティックの加熱をスタートするスイッチがついているタイプとついていないタイプがあります。

ついていないタイプは、コンセントにプラグを差し込むとすぐにグルースティックの加熱が始まる仕様です。すぐに加熱が始まってしまうため、グルーガンを使い慣れていない方は慌ててしまったり、余分にグルースティックを溶かして無駄にしてしまったりとトラブルが生じることもあります。

一方で、スイッチが搭載されているモノであれば、いちいちコンセントを抜き差しすることなく切り替えが可能。利便性を求める方は、ぜひチェックしてみてください。

電源コードの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

グルーガンはおもに電源コード式と充電式、乾電池式の3タイプがあります。電源コード式は、電池切れを気にせず安定したパワーで作業できますが、コードがあるのでコンセントの近くでしか使えなかったり、コードが届く範囲でしか移動できなかったりと、作業する場所が限られるのがデメリットです。

一方、乾電池式や充電式はコードを必要としないため、好きなところで自由に作業できるのがメリット。コードが邪魔になったり、作業範囲が制限されたりすることがなく身軽に動けます。

使いやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

グルーガンで細かな作業をするなら、長さ14〜15cmほどのコンパクトなモノがおすすめ。子供や手のひらが小さな方でもしっかりと握れます。一方、手が大きめな方などは、長さ20cmを目安に選んでみてください。

また、グルーガンには約100〜300gまでさまざまな重さのモノがラインナップされています。扱いやすさを重視したい場合は、200g以下のモノがおすすめです。なお、グルーガンは通電を始めてから数十秒〜数分の余熱時間がかかります。グルーガンを使用する頻度の高い方は、余熱時間がなるべく短いモノもチェックしておきましょう。

そのほか、搭載されていると便利なのがスタンド機能。グルーガンがテーブルで自立するため、作業を中断したいときなどに便利です。基本的に先端を下に向けて置けるので、溶けたグルーが本体に逆流するのも防げます。

グルーガンのおすすめ

Anesty グルーガン50W

Anesty グルーガン50W

高温タイプのグルーガン。余熱時間が2〜3分と短いため、作業がすぐに始められます。先端のノズルが細長いので、必要な分だけグルーを出せるのもポイントです。

ハンドルは人体工学に基づいて設計されており、握りやすく、長時間使っても疲れにくいのも魅力。また、ランプ付きの電源スイッチが搭載されているため、作業中に電源ケーブルを抜き差しする必要もありません。

重さは約200gで、子供でも扱いやすいのも魅力。アクセサリー作りやおもちゃの組み立てなど、細かな作業におすすめの製品です。

Blufree グルーガン 60/100W

Blufree グルーガン 60/100W

2段階のパワーを選択でき、幅広い用途に対応できるグルーガン。DIYや日用品の修理など強力な接着に対応している100Wモードと、アクセサリー作りやビーズ細工などの細かな作業に適した60Wモードの2種類が選択できます。

高温を維持しながらも本体が変形しないよう、高品質プラスチックを採用。また、過熱を防止する安全装置が内蔵されており、安全性にも配慮されています。電源ケーブルの長さは1.4mあるため可動範囲が広く、取り回しやすさも魅力です。

TOPELEK グルーガン 小型 20W

TOPELEK グルーガン 小型 20W

手のひらが小さな方や、子供にも使いやすい小型グルーガン。先端に保護カバーが付いているので、うっかり触れてしまうリスクを軽減できます。グルーガンは3分ほどで急加熱するため、作業をすぐに始められるのもポイントです。電源スイッチは独立しているので誤作動を起こしにくく、プラグを抜き差しする手間もかかりません。

電源コードは1.5mの長さがあり、取り回しやすいのも魅力です。また、スタンドが付属しているため、使いやすいところに自立させることも可能。紙や布、プラスチック、金属などさまざまな素材を接着でき、幅広い場面で活躍するおすすめの製品です。

BOSCH コードレスグルーガン

BOSCH コードレスグルーガン

リチウムイオン電池が内蔵されており、場所を選ばずに使えるグルーガン。100gの軽量ボディで、細かな作業がしやすく作られています。また、約15秒の余熱時間で使用できるため、待機時間の短さも魅力です。

ノズルの先端部にシリコンカバーが採用されているので、過度な高熱化による火傷を予防。さらに、独自の液だれ防止機能も搭載され、不必要な箇所にグルーが付きにくいのもポイントです。電源を気にせずグルーガンを使いたい方や細かな箇所を装飾したい方は、ぜひ検討してみてください。

BOSCH コードレスグルーペン グルーイ 06032A2100

BOSCH コードレスグルーペン グルーイ 06032A2100

ペンを持つような感覚で使える、コンパクトなグルーガンです。スライドタイプの押しボタンを採用しており、作業内容に合わせて人差し指でも親指でもグルーを押し出せます。

専用のミニグルースティックは、スペースにはめ込むだけで装填できるため子供でも簡単に補充可能。また、繰り返し使える充電池が搭載され、ランニングコストが低いのも魅力。オートオフ機能もあるので、電源の消し忘れによる無駄もありません。布や紙への装飾に活躍するおすすめアイテムです。

elesories グルーガン ELE350 35W

elesories グルーガン ELE350 35W

プラスチック製のスタンドが付属しており、デスクで自立できるグルーガン。スタンドは折りたたみ式なので、作業を妨げることもありません。電源ケーブルの長さは1.4mあり、取り回しやすいのも魅力です。

グリップの下部に電源スイッチが付いているため、手元の操作だけで簡単にグルーガンを始動できます。セラミックPTC加熱チップが搭載され、安定的にグルーが放出できるのもポイント。液だれを起こしにくく、細かな作業におすすめのグルーガンです。

SK11 ボンドガン ピタガン GM-100

SK11 ボンドガン ピタガン GM-100

グルーガンを気軽に試してみたい方におすすめの製品。ノズルに液漏れ防止機能が付いており、おもちゃの組み立てや手芸など細かい作業もスムーズにできます。

木材・布・皮革・プラスチックなどであれば、しっかりとした接着力を発揮。なお、本製品にはスイッチが付属していません。電源ケーブルを差し込むと自動的に機械が熱くなるため留意しておきましょう。

CELIFE USB充電式 グルーガン 小型

CELIFE USB充電式 グルーガン 小型

人体工学に基づいてハンドルが設計されており、手が疲れにくいグルーガン。手のひらサイズの取り回しやすい大きさなので、子供にもおすすめです。高品質な30本のグルースティックが付属しているため、すぐに作業を始められます。

グリップ部分にUSB充電ポートが付いており、充電すれば90分ほど使用可能。電源コードがあるモノよりも取り回しやすく、作業場所を選びません。電源スイッチにはLEDライトが搭載されているので、消し忘れを予防する安心設計。本体の重量は200gと軽量のため、持ち運びやすさも魅力の製品です。

PopDesign-01 コードレスグルーガン

PopDesign-01 コードレスグルーガン

2200mAのリチウム電池が内蔵されており、コードレスで使用できるグルーガンです。満充電にすれば最大45分間稼働し、野外でも使用可能。持ちやすくコンパクトなので、携帯性にも優れています。

電源スイッチに連動してパワーランプが点灯するため、電源の消し忘れを予防。自動温度制御機能を搭載しているので過熱を予防し、安全面も配慮されています。機能面が充実しているだけでなく、見た目のかわいらしさも魅力の製品です。

RAGNAROS グルーガン

RAGNAROS グルーガン

190〜230℃の高温でグルーを溶かす、プロ仕様の中大型グルーガンです。温度を自動的にコントロールするため、一定量のグルーを安定して放出可能。内部にヒューズが設置されているので、過熱時は機能を停止します。

グリップに滑り止め加工が施されているため、握りやすく安定した作業が可能。ノズルは耐久性や耐熱性に優れた銅を採用し、長期間使用して変形しにくいのもポイントです。

また、ノズルにはプラスチック製の保護カバーが付いているので、指先を火傷しないよう配慮されています。本格的なグルーガンが欲しい方は、ぜひ検討してみてください。

高儀 EARTH MAN 乾電池式 コードレスグルーガン GG-210CL

高儀 EARTH MAN 乾電池式 コードレスグルーガン GG-210CL

単3電池を使用して動くコードレスグルーガンです。本製品のサイズは16.5×4.1×15.2cmで、重さは約150gと軽量コンパクト。シンプルな構造なので、グルーガンが初めての方でも扱いやすいのがポイントです。

低温タイプのグルーガンのため火傷するリスクが少なく、子供の工作用にもおすすめ。高温では溶けてしまう薄いプラスチックの接着にも重宝します。木材・紙・革・布などの使用におすすめのアイテムです。

POWERGIANT グルーガン

POWERGIANT グルーガン

リチウム電池が内蔵されており、電源コードの長さを気にせずに使えるグルーガンです。グリップ部分にUSB充電ポートを差し込み、モバイルバッテリーやパソコンなどで充電可能。約4時間で満充電になり、約2〜2.5時間グルーガンを使用できます。

直径7mmのグルースティックが30本付属しており、すぐに作業が始められるのもポイント。ハンドルを押す力によってグルーの量が調節できるため、アクセサリー作りなど細かな作業に適しています。電源を気にせず使えるので、屋外での作業にも重宝する製品です。

POLARIS ミニグルーガン

POLARIS ミニグルーガン

子供や手のひらが小さな方にも使いやすいグルーガン。本体サイズは約11.5×11×2.8cm、重量は140gと軽量なので、長時間使っても手が疲れにくいのが特徴です。グルースティックの残量が見える窓が付いており、補充のタイミングがひと目で分かります。

木材や紙、布・プラスチックなどさまざまな素材に接着可能。ほかにはないユニークなデザインを採用しており、見た目にもこだわりたい方におすすめの製品です。