寒い季節に恋しくなる日本酒の熱燗。家庭で作りたいときは電子レンジや鍋などを使うのが一般的ですが、美味しい本格的な熱燗を楽しみたいときは「酒燗器(さけかんき)」を使用するのがおすすめです。

電気で温めるタイプや、お湯を使って温める湯煎タイプなどその種類はさまざま。また、日本酒に合うデザインのモノを選べば、和の雰囲気も楽しめます。そこで今回は酒燗器のおすすめランキングをご紹介。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

酒燗器とは?

By: amazon.co.jp

酒燗器は日本酒の熱燗が作れるアイテム。電気式の酒燗器であれば、日本酒を入れたあとスイッチを入れたり、レバーを動かしたりという簡単な操作だけで手軽に温められます。

細かく温度の調節ができるモデルも揃っているため、人肌燗や飛切燗など好みに応じて温かさを変えられるのが魅力です。「熱燗が飲みたいけれど温めるのが面倒」という方はぜひチェックしてみてください。

酒燗器の選び方

温め方で選ぶ

By: amazon.co.jp

電気式

酒燗器は、温め方によって「電気式」と「湯煎式」の2種類に分けられます。電気式はその名の通りコンセントに繋げて電気で日本酒を温めるタイプのモデル。スイッチを入れるだけで温められる手軽さが魅力です。温度調節もレバーで簡単に行えるため、熱燗をラクに作りたい方に適しています。

湯煎式

湯煎式は容器に日本酒を入れた後、お湯で温めるタイプの酒燗器です。電気式と異なり時間も手間もかかりますが、そのぶん熱燗をじっくりと楽しめるのが魅力。陶器を用いた味のあるモデルが多いのも特徴で、見た目や雰囲気にもこだわりたい方に適しています。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

酒燗器を選ぶときは容量も確認しておきたいポイント。何度も日本酒を入れ直すのが面倒な方や、友人と一緒に熱燗を楽しむ機会が多い方は2合以上温められる大容量モデルが便利です。

一方、1度に飲む量が少ない方は1合半の酒燗器でも十分使えるので、飲む量やシチュエーションに応じて最適な容量の酒燗器を選びましょう

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒をただ温めるだけではなく、温度にもこだわりたいという方は温度調節機能付きのモデルがおすすめです。電気式の酒燗器であれば、レバーで細かく温度の調節ができるため、好みの温度に合わせられます。

熱燗の温度をキープしたい方は保温機能搭載の酒燗器がおすすめ。2杯目以降も同じ温度で熱燗を楽しめるので、いちいち温め直す手間が減ります。熱燗を頻繁に飲む方は機能性に優れたモデルをチョイスしてみてください。

酒燗器のおすすめランキング|電気式

第1位 ツインバード工業(TWINBIRD) 酒燗器 TW-D418B

ツインバード工業(TWINBIRD) 酒燗器 TW-D418B

日本酒を入れた後、約13分で熱燗が作れる酒燗器。鍋のような形で口が広いため、一升瓶から日本酒を注ぐときでもこぼれにくいのが特徴です。温度は人肌燗・上燗・熱燗・飛切燗の4段階で調節が可能。保温機能が付いており、2杯目以降も温度を保ったまま楽しめます。

容量は約350mlで、1合半の日本酒を温められるちょうどよいサイズ感が魅力。日本酒を入れる酒器本体はフッ素加工が施されているので、丸洗いができます。お手入れもラクに行える酒燗器を探している方におすすめです。

第2位 ニシヤマ(Nishiyama) 酒燗器 ほろよい DS-25K

ニシヤマ(Nishiyama) 酒燗器 ほろよい DS-25K

容量約450mlで2合半の日本酒が入れられる酒燗器。友人と一緒に晩酌を楽しむ場合など、たっぷりの熱燗を作りたいときにおすすめです。ぬる燗・熱燗・飛切燗の3段階で調節ができるため、好みに合わせて温度を変えられます。

容器に美濃焼を採用しており、趣のある見た目が楽しめるのも魅力。機能はもちろん、デザインも重視したいという方はぜひチェックしてみてください。

第3位 テスコム(TESCOM) 酒燗器 SK30

テスコム(TESCOM) 酒燗器 SK30

家電メーカー「テスコム」の電気式酒燗器。本体のレバーを左端に持っていけばぬる燗、右端に持っていけば熱燗ができあがる仕様で、操作はシンプルです。

容量は約450ml。レバーに印が付いているため、1合・2合・2合半と日本酒を入れた量によって正確に温度の調節ができます。電源コードの長さが約1.8mと長めなので、コンセントが遠い場所にあっても問題なく使えるのが魅力です。

第4位 丸山技研 酒燗器 MSK-252

丸山技研 酒燗器 MSK-252

モノ作りの町として知られる新潟県燕市で作られた酒燗器。12段階で細かく温度の調節ができるので、自分好みの温度で熱燗を楽しみたい方におすすめです。酒燗器本体にアルミダイキャスト、蓋にポリプロピレンを採用しており、陶器製の酒燗器と比べて割れにくいため安心して使用できます。

持ち手に突起があることで親指を置きやすく、注ぐときにラクなのもポイント。容量は2合半の日本酒が入れられる約450mlなので、大容量の酒燗器を探している方は要チェックです。

第5位 タマハシ 酒燗器 ゆめごこち YDS-25C

タマハシ 酒燗器 ゆめごこち YDS-25C

伝統的工芸品として知られる美濃焼を用いた酒燗器。通電スイッチを入れた後、レバーを動かすだけの簡単操作で日本酒が温められます。

温度はぬる燗・熱燗・飛切燗の3段階で調節が可能。容量は1合から2合半まで対応しているので、少しだけ飲みたい方にもたくさん飲みたい方にもおすすめです。

酒燗器のおすすめランキング|湯煎式

第1位 サンシン 卓上酒燗器 ミニかんすけ 匠 EKV5701

サンシン 卓上酒燗器 ミニかんすけ 匠 EKV5701

付属の容器「チロリ」を使用して日本酒を温める湯煎式の酒燗器。陶器にお湯を入れて15分ほど待った後、日本酒を入れたチロリをセットすれば熱燗が作れます。

温度は陶器に入れるお湯の量で調節可能。錫100%のチロリを採用しており、味がまろやかになるだけではなく、香りもしっかりと感じられるようになるのが魅力です。

第2位 黒結晶 保温器付き酒器

黒結晶 保温器付き酒器

温度を長く保つことができ、熱燗をじっくり味わえる酒燗器。重厚感のある見た目なので、ただ日本酒を温めるだけではなく雰囲気も楽しめます。

容量は約150mlと小さめのため、ひとり晩酌用の酒燗器を探している方におすすめ。ぐい呑みがセットになっているのもポイントです。

第3位 山川酒店 酒燗具 燗たのし

山川酒店 酒燗具 燗たのし

徳利を容器の中に入れてお燗するタイプの酒燗器。3〜4分ほどでスピーディーに熱燗を作れるのが魅力です。お燗した後は、容器の蓋を袴として使えるためテーブルを濡らさずに置けます。

容器に残ったお湯をそのまま使えば、余熱で徳利を温め直せるため便利。ただし、徳利自体は付属していないので、自分が普段愛用しているモノを使用して熱燗を作ってみてください。

第4位 黒結晶 手付ダブル酒燗器

黒結晶 手付ダブル酒燗器

熱燗を2本同時に作れる酒燗器。友人とふたりで晩酌を楽しみたいときなどに最適です。持ち手が付いているため、持ち運びもラクに行えます。

お湯を入れて温められるのはもちろん、氷水を入れれば冷やすこともできるので、夏に冷酒が飲みたいときにも適しています。容量は1本約130mlと小さいので、気軽に日本酒を楽しみたい方におすすめです。

第5位 燗冷器セット 青磁刷毛 美濃焼

燗冷器セット 青磁刷毛 美濃焼

燗冷器・徳利・コンロ・ぐい呑みがセットになったモデル。コンロ部分にロウソクなどの火種を用意して温めることで、熱燗が作れます。美濃焼を使用した雰囲気のあるデザインも特徴。ただ温めるだけではなく、和の雰囲気を楽しみたい方にもおすすめです。

アイテムとしては淡い色合いの「青磁刷毛」と落ち着きある色合いの「かがり火」の2種類が用意されているので、購入する際は好みに合わせて選んでみてください。