寒い季節に恋しくなる日本酒の熱燗。家庭で作りたいときは電子レンジや鍋などを使うのが一般的ですが、美味しい本格的な熱燗を楽しみたいときは「酒燗器(さけかんき)」を使用するのがおすすめです。

電気であたためるタイプや、お湯を使ってあたためる湯煎タイプなど、種類はさまざま。また、日本酒に合うデザインのモノを選べば、和の雰囲気も楽しめます。そこで今回は、酒燗器のおすすめランキングをご紹介。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

酒燗器とは?

By: rakuten.co.jp

酒燗器は日本酒の熱燗が作れるアイテム。電気式の酒燗器であれば、日本酒を入れたあとスイッチを入れたり、レバーを動かしたりする簡単な操作だけで手軽にあたためられます。

細かく温度の調節ができるモデルも揃っているため、人肌燗や飛切燗など好みに応じてあたたかさを変えられるのが魅力。「熱燗が飲みたいけれどあたためるのが面倒」という方におすすめです。

酒燗器の選び方

あたため方で選ぶ

電気式

By: amazon.co.jp

電源コードをつなぎ、スイッチひとつで手軽に日本酒をあたためられる「電気式」。単体で日本酒をあたためられるため、火を使ったりお湯を用意したりする必要がなく、手軽に熱燗を作ることが可能です。

なかには、ダイカスト素材などを使用した耐久性に優れているモノや、徳利部分を取り外して丸洗いできるお手入れしやすいモノも販売されています。手間をかけず気軽に熱燗を楽しみたい方におすすめです。

湯煎式

By: rakuten.co.jp

日本酒を容器に入れ、お湯につけて熱燗を作るタイプの「湯煎式」。湯煎式のモデルは陶器製のモノが多く、雰囲気や見た目にこだわりたい方にもおすすめ。電気式に比べて手間がかかるものの、まろやかな味わいを楽しめるのが魅力です。

また、電力を必要としないため、コンセントがない場面でも使用できるのがポイント。お湯などの準備は必要ですが、時間をかけてじっくりと熱燗を楽しめます。さらに、コードを必要としないので、コンパクトに収納しやすいのもメリットです。

容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

酒燗器を選ぶときは容量も確認しておきたいポイント。何度も日本酒を入れ直すのが面倒な方や、家族や友人と一緒に熱燗を楽しむ機会が多い方は2合以上あたためられる大容量モデルが便利です。

一方、一度に飲む量が少ない方は1合半程度の酒燗器でも十分使えます。飲む量やシチュエーションに適した容量の酒燗器を選びましょう。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

あたためる温度にもこだわりたい方には、温度調節機能付きのモデルがおすすめです。電気式の酒燗器であれば、レバーで細かく温度の調節ができるモノもあるので、好みの温度に合わせられます。

熱燗の温度をキープしたい場合は、保温機能搭載の酒燗器をチェック。2杯目以降も同じ温度で熱燗を楽しめるため、あたため直す手間が減ります。お気に入りの日本酒を熱燗でじっくり楽しみたい方におすすめです。

酒燗器のおすすめランキング|電気式

第1位 ツインバード工業(TWINBIRD) 酒燗器 TW-D418B

日本酒を入れた後、約13分で熱燗が作れる酒燗器。鍋のような形で口が広いため、一升瓶から日本酒を注ぐときでもこぼれにくいのが特徴です。温度は人肌燗・上燗・熱燗・飛切燗の4段階で調節が可能。保温機能が付いており、2杯目以降も温度を保ったまま楽しめます。

容量は約300mlで、1合半の日本酒をあたためられるちょうどよいサイズ感が魅力。日本酒を入れる酒器本体はフッ素加工が施されているので、丸洗いができます。お手入れもラクに行える酒燗器を探している方におすすめです。

第2位 丸山技研(Maruyama Giken) 酒燗器 MSK-252

容量約450mlと、たっぷり2合半の日本酒をあたためられる電気式の酒燗器です。熱板と容器にアルミダイカスト素材を使用。ハンドルは持ちやすい形状で、酒を注ぎやすいのがポイントです。

また、本体下部のレバーを操作することにより、12段階の温度調節が可能。シンプルなデザインで使いやすく、はじめて電気式の酒燗器を使う方に適しています。価格もリーズナブルなため、手に取りやすいアイテムです。

第3位 ニシヤマ 酒燗器 ほろよい DS-25K

美濃焼の容器を採用しており、風情を感じられるレトロなデザインが魅力の電気式酒燗器です。たっぷりの熱燗を作れる450mlタイプで、複数人でも楽しめます。

また、ぬる燗・熱燗・飛切燗それぞれに適した温度に調節しやすい目盛りが付いているのも特徴。容量ごとの目安が記載されているため、いつもと違う容量の酒をあたためるときも、こだわりの温度で熱燗を楽しめます。

焼き物のあたたかみを感じながら日本酒をゆっくり味わいたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第4位 テスコム(TESCOM) 酒燗器 SK31

レバーを左に動かすとぬる燗に、右へ動かすと熱燗に、無段階の温度調節が可能な酒燗器。たっぷりと熱燗を作れる2合半の容器を備え、容量別の目安も表示されています。

また、日本酒をじっくりとあたためられる陶磁器製の容器を採用しているのも特徴。保温性に優れているため比較的冷めにくく、ゆっくり楽しめます。さらに、台座と容器は分離でき、容器をラクに洗浄できるのもポイント。普段の晩酌などにも使いやすい、手軽に使えるおすすめの酒燗器です。

第5位 タマハシ ゆめここち YDS-25C

容器に美濃焼の陶器を採用した、優しいデザインの電気式酒燗器です。使い込むほどに味わい深い色へ変化していく陶器そのものを楽しめるのもポイント。長期間愛用できる、こだわりの酒燗器を探している方におすすめのアイテムです。

1合から2合半まで容量に応じて、ぬる燗・熱燗・飛切燗の調節がしやすい目安を表記しているのも特徴。シンプルな操作で初心者の方でも扱いやすい、エントリーモデルです。

酒燗器のおすすめランキング|湯煎式

第1位 エールネット(ale-net) 黒結晶 酒燗器

陶器製の徳利を採用した、風情あふれる湯煎式の酒燗器です。容量は300mlで、日本酒を一度に1合半ほどあたためられます。1〜2人でゆっくり晩酌したいときにおすすめです。

また、熱燗だけでなく、氷水を入れて冷酒を楽しめるのもポイント。季節を問わず、場面に応じて日本酒を楽しめるのが魅力です。さらに、食洗機に対応しているので、ラクにお手入れ可能。美しいデザインかつシンプルな構造で使いやすいため、日本酒が好きな方への贈り物としても適しています。

第2位 エールネット(ale-net) 燗冷器セット 青磁刷毛 美濃焼

美濃焼の徳利とぐい呑みがセットになった酒燗器です。固形燃料をセットできるコンロが付属しているのが特徴。湯煎しながら、固形燃料で加熱・保温ができるため、熱々の熱燗をじっくりと楽しみたい方におすすめです。

また、旅館のような和の雰囲気を味わえるデザインもポイント。徳利の容量は320mlと、1〜2人で熱燗を楽しみやすいサイズです。湯煎タイプでも酒のあたたかさをなるべくキープしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第3位 サンシン 卓上酒燗器 ミニかんすけ 匠 EKV5701

熱伝導性に優れた錫で作られているチロリが特徴的な、級酒燗器です。錫チロリは職人の手で造られている国産品であるのもポイント。日本酒が好きな方への特別なプレゼントにもおすすめです。

そのほか、木枠や陶器つぼも国産品。木枠には持ち運びがしやすいように取っ手が付けられています。陶器は割れにくい作りで、酒燗器を長く愛用したい方にぴったりです。

第4位 万葉庵 手付き燗冷器セット いぶし 51-54-43

保温性に優れた、美濃焼の湯煎式酒燗器です。お湯だけでなく、氷や水を入れることで冷酒を楽しめるのも特徴。季節や気分に応じて、好みの方法で日本酒を楽しめるのが魅力のアイテムです。

徳利は125mlと小ぶりなサイズのため、少量の熱燗を手軽に作れるのもポイント。さらに、取っ手が付いており、熱湯を注いだ状態でも持ち運ぶことが可能です。毎日少しずつ日本酒を楽しめる、手軽に使える酒燗器を探している方に適しています。

第5位 あづま商店 酒燗器

深みのあるカラーがおしゃれな、陶器製の酒燗器。徳利の容量は約150mlで、1合は少し多いと感じる方におすすめです。

熱燗から冷酒まで、好みの温度に調節しやすいのが大きな魅力。熱燗だけでなく、日本酒をキンキンに冷やしたまま、じっくりと楽しみたい場面にも対応できます。さらに、80℃程度のお湯で燗するとやわらかいぬる燗ができるなど、さまざまな使い方で楽しむことが可能です。