家庭で美味しい水が飲める「浄水器」。水道水のニオイや汚れを軽減する効果が期待できるアイテムとして知られていますが、製品によって性能や形状が異なります。

そこで今回は、浄水器のおすすめ製品をランキング形式でご紹介。種類ごとに項目を分けてアイテムをピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

浄水器とは?

By: amazon.co.jp

水道水は殺菌のために塩素が使われているので、微量ながらも残留塩素が含まれています。また、水道管や給水塔がきちんとメンテナンスされていない場合、カビやサビなどといった有害物質が発生する可能性もゼロではありません。

浄水器とは、ろ過材(フィルター)を通して、水道水に含まれる不純物やニオイの軽減を目的とした製品のこと。家庭に浄水器を設置することにより、美味しい水を飲むことが可能です。

浄水器の種類

蛇口直結型

By: amazon.co.jp

蛇口直結型とは、蛇口の先に取り付けるタイプのシンプルな浄水器。リーズナブルでコンパクトなタイプが揃っており、取り付けや取り外しが容易なのも特徴です。

しかし、フィルター容量が小さいので、カートリッジを交換する頻度が高くなるのがデメリット。取り換え時期の目安は2〜4ヵ月ほどです。なお、蛇口のサイズや形状によっては取り付けができない場合もあるため、事前にチェックしておきましょう。

ポット型

By: amazon.co.jp

蛇口直結型や据え置き型と異なり、水道の水栓につなげずポットに入れた水をフィルターで浄水するタイプの浄水器。ピッチャー型浄水器と呼ばれることもあります。

容量は1〜3L程度が一般的で比較的小さいため、寝室や居間など自由に移動できるのがメリット。2Lペットボトルほどのサイズのモデルも多いので、飲料用として冷蔵庫で冷やしておくことも可能です。リーズナブルなモデルも多数ラインナップされています。

据え置き型(シンクトップ)

By: panasonic.jp

据え置き型(シンクトップ)は、キッチンシンクの上に備え付けて使用する浄水器で、浄水能力に優れているのが特徴です。取り付け用の部品が付属しているモノが多いため、自分でラクに設置できるのがポイント。カートリッジの寿命は12〜24ヶ月のモデルが主流です。

フィルターの容量が大きいので、水道の使用量が多い方におすすめ。なお、稀に水道と接続するホースに黒カビなどが発生することがあるため、使用する際はカートリッジだけでなく、ホースの汚れにも注意しておきましょう。

ビルトイン型

By: cleansui.com

蛇口と一体化しているビルトイン型は、シンク周辺の場所をとらないのが特徴。空間が広がるので、キッチンを広く使いたい方に適しています。性能にこだわりを持って浄水器を使いたい方や、水栓のデザインを変えてキッチンに個性を出したい方にもおすすめ。

しかし、タンクをシンクの下に設置する工事が必要なため、導入コストが高くなる点には注意が必要です。予算を考慮して選びましょう。

浄水器の選び方

カートリッジ・フィルターをチェック

除去できる物質・成分を確認しよう

By: torayvino.com

浄水器が除去できる物質や成分は、フィルターに採用されている「ろ材」によって異なります。ろ材には主に「活性炭」や「中空糸膜」「不織布」などがあり、大半の浄水器ではろ材を組み合わせているので、除去したい対象に合わせて選択することが大切です。

活性炭は多くの浄水器に用いられているろ材で、残留塩素やカビ臭などの除去に対応。中空糸膜はカビや鉄サビ、細菌などの除去に適しています。

不織布はより粒子の大きな不純物を除去。製品ごとに、家庭用品品質表示法や浄水器協会で定める除去対象物質のうち、どの物質に対応しているかを表示しているので、必ず確認してから選ぶようにしましょう。

ランニングコストは「価格」と「交換時期」に注目

浄水器を購入する際には、本体価格だけでなく、ランニングコストも考慮することが重要。多くの浄水器は定期的にカートリッジを交換する必要があるため、カートリッジの価格と交換する時期を確認しましょう。

蛇口直結型やポット型の製品ならば短くて1ヵ月、長くても3ヵ月程度でカートリッジを交換するモノが一般的。一方、据え置き型やビルトイン型ならば、1年以上使用できるモノが多く、交換の手間やランニングコストを削減できます。

寿命を過ぎたカートリッジを使い続けた場合、浄水効果を発揮できないだけでなく、カートリッジ自体が不衛生になってしまう可能性もあるため、注意が必要。同じ浄水器を長く使い続けたい方は、カートリッジの価格と交換頻度を確認して、自分に合った製品を探してみてください。

蛇口直結型は取り付けが可能なサイズや形状に注意

蛇口直結型の浄水器を選ぶ際には、自宅の蛇口に取り付けができるサイズと形状の製品であることを確認しましょう。蛇口直結型はコンパクトかつ安価な製品が多く、取り付けやすいのが魅力ですが、サイズや形状もさまざまな製品がラインナップされているため、注意が必要です。

蛇口はメーカーによって形状や口の広さが異なるため、適合しない製品の場合には取り付けができなかったり、別途接続部品を購入する必要があったりします。自宅の蛇口に取り付け可能かどうか、購入前に確認するのがおすすめです。

据え置き型は設置場所に合ったサイズを選ぼう

By: amazon.co.jp

据え置き型はキッチンのシンク周りに設置するため、設置スペースの確認が必要。浄水器のサイズはメーカーによって異なりますが、幅20×奥行10×高さ30cm程度におさまるコンパクトなモノが大半です。

キッチンに設置するスペースが広く確保できない場合には、よりコンパクトなモノを選ぶのがおすすめ。ただし、製品によって除去物質やその他の機能が異なるため、購入前には自宅のキッチンに設置できるサイズで、求める機能を備えた製品であるかを確認するようにしましょう。

「浄水器適合マーク」があるかチェック

By: torayvino.com

信頼性の高い浄水器を探している場合には、「浄水器適合マーク」を表示した製品がおすすめ。浄水器適合マークとは、浄水器協会がJIS規格と協会独自の基準を満たした浄水器に認めるマークです。

浄水器適合マークが表示された製品は、JIS規格に基づく試験が実施された安全な製品であることと、その他の性能について、メーカー以外の第三者委員による評価を受けています。製品の適合性が協会によって管理されているため、浄水器を選ぶ際に安心感を求める場合にはマークの有無をチェックしましょう。

液晶機能があると便利

By: amazon.co.jp

使い勝手を重視するならば、液晶機能付きの浄水器がおすすめ。液晶機能付きの浄水器は、カートリッジや電池の交換時期を一目で確認できるのが魅力です。購入時の浄水機能をキープするためにはカートリッジの交換が必須なので、こまめな手入れが苦手な方も安心して使えます。

製品によっては浄水量を表示して、計量カップなしで水の量を計れる機能も搭載。おおよその目安として水の量を確認できるため、ちょっとした調理の際にも便利です。

浄水器のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手家電メーカー「パナソニック」の浄水器は、ラインナップが豊富なのが特徴。蛇口直結型浄水器に関しては、一般的にカートリッジ交換時期が2〜4ヵ月ほどのモデルが多いですが、パナソニックのモデルは約6〜12ヵ月と長いのがポイントです。

三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui)

By: amazon.co.jp

三菱ケミカル・クリンスイはポット型や据え置き型など、さまざまなタイプの浄水器を揃えています。中空糸膜の開発を自社で行っているのが特徴で、とくに中空糸膜フィルターを採用した浄水器の品揃えが充実しています。

東レ・トレビーノ

By: rakuten.co.jp

東レは繊維や機能化成品、エンジニアリングなどさまざまな分野で知名度の高い大手企業。トレビーノは、東レの中空糸フィルターをはじめとする、繊維や樹脂等の技術を生かして開発された浄水器です。さまざまなろ材を組み合わせたモノや、さまざまな形状のラインナップを取り揃えており、自分の使い方に合わせて適切な製品を選べます。

ブリタ(BRITA)

By: rakuten.co.jp

ブリタは2016年に創立50周年を迎えた、ドイツに本拠を置く老舗の浄水器メーカー。国内外に28の子会社や支店があり、国際的にも知名度の高いおすすめメーカーです。家庭用のポット型浄水器だけでなく、持ち歩きできるボトル型浄水器や、冷蔵庫のドアポケットに収納しやすいカラフェ型浄水器など、コンパクトサイズの製品を多く開発しています。

メーカーのおすすめモデル

フレシャス(FRECIOUS) every frecious mini

貯水タンクに水道水を注ぐだけで使える浄水型ウォーターサーバー。専用の浄水カートリッジが付属しており、いつでもたっぷりの美味しい水を楽しめるのが特徴です。専用カートリッジは家庭用品品質表示法に定められる13物質に、水銀・アルミ・鉄を含めた計16項目の除去に対応しています。

冷水と温水をサーバー内に常備しているのもポイント。冷たい水はもちろん、湯沸かしの手間をかけずにホットコーヒーやあたたかいお茶などを楽しめます。コンパクトデザインのため、キッチンに省スペースで設置が可能。リビングや一人暮らしの部屋でも場所を取らないので、好きな場所に設置して使用できます。

交換用のカートリッジが半年に1度無料で届くのも魅力。交換忘れの心配がなく、適切なタイミングでお手入れできます。カートリッジの脱着は片手で行えるので、誰でも簡単に交換可能。お手入れの手間もかからず、サーバーのレンタル代のみで気軽に美味しい水を楽しめるのでおすすめです。また、乗り換えキャンペーンなども定期的に実施しているので、気になる方はチェックしてみてください。


浄水器のおすすめモデル|蛇口直結型

第1位 パナソニック(Panasonic) 浄水器 TK-CJ12

計17種類の除去対象物質に対応した蛇口直結型浄水器。約4000Lまでのろ過に対応しており、1日10L使用した場合でも約1年間使えるカートリッジを採用しているのが特徴です。コンパクトサイズながらも頻繁なカートリッジ交換が不要で、手間を削減できます。

ろ材には不織布と粒状活性炭、中空糸膜を採用。塩素や水の濁り、カビ臭などの気になる水の汚れを除去します。水切替レバーが備わっているため、自分の使い方に合わせて選択可能です。

さまざまな形状の蛇口に対応できるのもポイント。固定具セットが付属しているため、蛇口に合わせて固定方法を選べます。手軽に使えて長持ちする、コスパのよい浄水器を探している方におすすめです。

第2位 東レインターナショナル(TORAY INTERNATIONAL) トレビーノ カセッティ MK207SLX

1分あたり3Lの浄水が可能な蛇口直結型浄水器。13物質の除去に対応しており、独自のろ過システムで素早くたっぷり浄水できます。水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分は残して、濁りや鉄サビ、細菌などの汚れを浄水できるのが特徴です。

大きく見やすいデジタル液晶を採用しているのも魅力。浄水の総使用量を表示しているため、一目でカートリッジ交換のタイミングが確認できます。また、吐水口カバーは簡単に外して洗えるので、こまめに手入れしながら使いたい方も安心です。

総ろ過水量は1500Lで、1日10Lの使用なら5ヵ月、15Lの使用なら3ヵ月の連続使用が可能。長持ちするため、ランニングコストにも優れています。料理などで頻繁に水を使うキッチンへの設置に適した時短浄水モデルです。

第3位 三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui) クリンスイ CSP801

独自の高性能カートリッジを採用した蛇口直結型の浄水器。中空糸膜やセラミック、活性炭の働きにより、鉛やトリハロメタンをはじめとした全15物質を除去できるのが特徴です。総ろ過水量は900Lで、1日10L使用した場合、約3ヵ月間使用できます。

見やすいデジタル液晶を搭載しているのも魅力。カートリッジの使用残量をカウントダウン表示するため、交換時期が予測できます。また、交換時期にはオレンジランプが点滅して一目で判断できるため便利です。

適切な水量で浄水できているかを通知するランプを搭載しているのもポイント。視覚的に浄水の様子を確認して調節できるため、浄水能力を引き出せます。また、原水シャワーモードに設定すると節水が可能なので、水を使い分けて節水もしたい方におすすめです。

第4位 パナソニック(Panasonic) 浄水器 TK-CJ22

1分あたり1.8Lの浄水が可能な蛇口直結型の浄水器。ろ材には不織布・粒状活性炭・中空糸膜を採用しており、17物質の除去に対応しているのが特徴です。手入れがしやすい形状のため、こまめに手入れしながら使用できます。

浄水可能量を表示する液晶画面を搭載しているのも魅力。総使用量4000Lのうち、あとどれだけ使えるかを一目で判別できます。1日10L使用しても約1年間使える長寿命カートリッジのため、ランニングコストが気になる方も安心です。

泡沫原水ストレートと泡沫シャワーを切替できる水切替レバーを備えているのもポイント。用途に合わせて使い分けできます。カートリッジの交換時期を逃さず使いたい方におすすめです。

第5位 東レインターナショナル(TORAY INTERNATIONAL) トレビーノ カセッティ MK206SMX

浄水シャワーと原水ストレート、原水シャワーの3通りで水の出方を切り替えられる蛇口直結型の浄水器。1分あたり3Lのろ過水量を実現しており、素早く浄水できるのが特徴です。原水時は最高50℃までのお湯が使えるため、調理時だけでなく食器洗いなどにも適しています。

浄水の総使用量を表示するデジタルサインを搭載しているのも魅力。カートリッジ交換のタイミングを一目で確認できます。総ろ過水量は600Lとやや少なめで、1日10Lなら2ヵ月、1日15Lなら1ヵ月でカートリッジの交換が必要です。

手入れしやすい吐水口カバーを採用しているのもポイント。取り外しての洗浄が可能なため、こまめに手入れできます。手ごろな価格で購入できる、液晶搭載の浄水器を探している方におすすめです。

浄水器のおすすめモデル|ポット型

第1位 ブリタ(BRITA) リクエリ KBLQCW1

全容量2.2L、浄水部容量1.1Lのポット型浄水器。冷蔵庫のドアポケットにも収納できるコンパクトサイズで、場所を取りにくいのが特徴です。活性炭の力で塩素をはじめとした不純物を除去します。

微細なメッシュ構造と強力なイオン交換樹脂を採用しているのもポイント。砂などの細かな粒子や、金属成分を取り除きます。家電製品に付着しやすい水垢の低減も可能。さまざまな手入れの手間を削減できるのが魅力です。

蓋を除く本体が食洗機に対応しているのも魅力。手軽に洗えて便利です。また、8週間ごとにカートリッジの交換時期を知らせる液晶メモを搭載。交換忘れを防ぎ、快適に使用できるおすすめの浄水器です。

第2位 三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui) ポットシリーズ クリンスイ CP407

クリンスイ独自のフィルターを採用したポット型の浄水器。活性炭とセラミック、中空糸膜を組み合わせることにより、雑菌や赤サビ、鉛などを含む15物質を除去できるのが魅力です。

浄水部容量2.2Lの大容量ながら、冷蔵庫のドアポケットに収まるスリムデザインが特徴。蓋もワンプッシュ開閉のフラップ式を採用しており、蓋を外さずに給水・注水できるため、使い勝手に優れています。

手入れをしやすい構造もポイント。リザーバータンクの取り外しに対応しており、パーツごとの丸洗いが可能です。また、カートリッジの交換時期がわかるカレンダーダイヤルも備えており、交換忘れを予防。使いやすいポット型の浄水器を探している方におすすめです。

第3位 東レインターナショナル(TORAY INTERNATIONAL) トレビーノ PT302SV

1分間に0.4Lのろ過が可能なポット型の浄水器。カートリッジ内の空気がスムーズに抜けるろ過システムを採用しており、素早く浄水できるのが特徴です。カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を残しつつ、12物質を除去します。

ドアポケットや野菜室にすっきり収納できるサイズ感も魅力。持ちやすさと取り出しやすさに優れるグリップラインを採用したスマートデザインにより、手軽に扱えます。また、満水時でも約1710gと軽量なのもポイントです。

カートリッジの交換目安は一目で判別が可能。蓋の裏で使用開始日を設定すると蓋の上面に交換目安日が表示されるため、タイミングを逃しません。1日3L使用しても約2ヵ月使えるおすすめの浄水器です。

第4位 ブリタ(BRITA) スタイル KBSTC

持ち手付きで扱いやすいポット型の浄水器。全容量2.4L、浄水部容量1.4Lの大容量で、さまざまなシーンに活用できるのが魅力です。フリップトップ式の蓋を採用しているため、片手でスムーズに注水できます。

カートリッジの交換時期を通知するLEDを搭載しているのが特徴。時間と水の使用量によって3色に変化するため、交換忘れを予防できます。蓋を外せば食洗機でも洗浄できるため、手入れの手間も削減できて便利です。

独自のカートリッジにより、塩素などの気になるニオイのもととなる物質や、鉛や銅などの金属成分の減少に対応。水垢も付きにくいので、ケトルなどの家電製品を使う際にも便利です。

第5位 三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui) クリンスイ CP012

2Lペットボトルよりも小さいポット型の浄水器。コンパクトなスクエアボディなので、冷蔵庫のドアポケットにもすっきり収まります。水が入った状態でも持ちやすいデザインを採用しているため、手が小さい方でも手軽に使えるのが特徴です。

ろ材には活性炭とセラミック、中空糸を採用。計15物質の除去に対応しており、微細な雑菌や赤サビも低減できます。活性炭が気になるニオイのもととなるカルキ臭やカビ臭も吸着するため、ニオイに敏感な方も安心です。

蓋を外さずに給水できる構造もポイント。注水時以外の密閉性を保ちつつ、片手でも簡単に使用できるのが魅力です。コンパクトで場所を取らない浄水器を探している方におすすめです。

浄水器のおすすめモデル|据え置き型

第1位 パナソニック(Panasonic) 据置型調理浄水器 TK-CS30

まろやかな軟水を楽しめる据え置き型の浄水器。活性炭とセラミック層、中空糸膜でニオイや濁りを除去する「浄水カートリッジ」と、イオン交換樹脂で構成された、硬度成分を低減する「軟水カートリッジ」を採用しているのが特徴です。

軟水で炊飯することにより、ごはんの甘みを引き出せるのが魅力。お米が水分を吸収しやすいため、甘く柔らかく炊き上げられます。

見やすい操作部で扱いやすいのもポイント。カートリッジの交換目安と乾電池の交換時期を示す液晶ディスプレイも搭載しています。用途に応じて水を使い分けたい方におすすめです。

第2位 ゼンケン(ZENKEN) 据置型浄水器 アクアセンチュリースマート MFH-70

コンパクトサイズで設置しやすい据え置き型の浄水器。直径11×高さ22cmとスリムなので、設置スペースを広く取れないキッチンでも安心です。また、1m以内であれば水道から離れた位置にも設置できるため、出窓などのデッドスペースにも設置できます。

浄水・原水・原水シャワーを切り替えられるのが魅力。レバーひとつでスムーズに切り替えられるため、用途に合わせて使い分けられます。また、50℃までの温水も浄水できるコックを採用しているので、素早くお湯を沸かしたいときなどにも便利です。

ろ材には活性炭・不織布・中空糸膜を採用。1分間あたり3Lの浄水が可能で、1日19L使っても1年間使用できます。スタイリッシュでおしゃれなデザインの浄水器が欲しい方におすすめです。

第3位 三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui) クリンスイSuperSTX SSX880

上下左右に360°回転する「くるくるノズル」を搭載した据え置き型浄水器。ノズルが自由自在に動かせるため、大きな鍋や背の高いポットなどにも水を注ぎやすいのが特徴です。毎分3Lの浄水が可能なので、素早く調理を行えます。

使用するたびに浄水器内に残っている不要な水を素早く捨てられる「水ぬきフレッシュ機構」も魅力。素早く確実に不要な水を廃棄し、新鮮な水を使えるので安心です。

ろ材には中空糸膜・イオン交換遷移・活性炭・不織布を採用。15物質の高除去タイプで、気になるニオイなども低減できます。約12ヵ月使える長寿命カートリッジのため、ランニングコストが気になる方にもおすすめです。

第4位 パナソニック(Panasonic) ミネラル調理浄水器 TK-CS40

用途に合わせて水の硬度を3種類から選べる据え置き型の浄水器。ミネラル補充口を備えており、専用のミネラルボトルからミネラルを補充することにより、水の硬度を切り替えられるのが特徴です。

ろ材には不織布・粒状活性炭・セラミック・粉末活性炭・中空糸膜を採用。吸着性能が高く、さまざまな不純物を除去できます。総使用量は2000Lで、約6ヵ月間の使用が可能。カートリッジ交換ランプが搭載されているため、一目で交換時期を確認できます。

浄水と原水を簡単に切り替えられる「水切換レバー」もポイント。泡沫原水ストレートを選択すると水流がソフトになり、水跳ねを軽減できます。浄水だけでなく、水の硬度にもこだわりたい方におすすめです。

第5位 日本ガイシ(NGK) C1 SLIM CW-401

コンパクトサイズで一人暮らしや少人数の家庭に適した据え置き型の浄水器。サイズは幅91×奥行205×高さ280mmで、スペースを取りにくい小さめのキッチンでもすっきりと設置できます。

ろ材にはセラミック・活性炭・不織布を採用。塩素やトリハロメタン、鉛などの気になる不純物の除去に対応しています。1分あたり2.5Lの浄水が可能で、ろ過した水を素早くたっぷり使えるのが魅力です。

総ろ過水量4500Lで、約18ヵ月の使用が可能な長寿命カートリッジを採用しているのもポイント。交換時期になると赤色のLEDが点滅して通知するため、交換忘れも対策できます。コンパクトに設置できる浄水器を探している方におすすめです。

浄水器のおすすめモデル|ビルトイン型

第1位 トートー(TOTO) TK302B2

総ろ過水量8000Lを超える大容量のカートリッジを採用したビルトイン型の浄水器。本体をシンク下に収納するため、水栓まわりやシンクまわりをすっきりと片づけられるのが魅力です。1日20L使っても約12ヵ月連続で使用できます。

ろ材には活性炭・不織布・中空糸膜を採用。計12物質を速やかに除去します。1分あたり3Lの浄水が可能なため、たっぷりの水を使う調理時などにも活躍。コスパに優れたビルトイン型の浄水器を探している方におすすめです。

第2位 三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui) A103ZC

独自の3重ろ過システムにより13物質の除去に対応したビルトイン型浄水器。ろ材には中空糸膜・イオン交換繊維・活性炭・不織布を採用しています。コンパクトで横置きにも対応したカートリッジを選べるため、設置しやすいのが特徴です。

お湯・水と浄水を同時使用できるのも魅力。専用水栓のため、混合水栓を使いながら同時に浄水できます。水栓は無駄な起伏のないスマートフォルムなので、美しいデザインにこだわりたい方にもおすすめです。

第3位 三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui) アンダーシンクタイプ複合水栓 F914ECO

浄水専用レバーとお湯・水のレバーを別個に設けたビルトイン型浄水器。浄水と原水の使い分けや、お湯と水の調節など、さまざまな操作を楽に行えるのが特徴です。また、ストレートとシャワーの切り替えを手元で行える使い勝手のよさも備えています。

ろ材には中空糸膜・イオン交換繊維・活性炭・不織布を採用。独自の3重ろ過システムにより、13物質をろ過します。1日20L使用しても1年間使える大容量カートリッジを備えているため、ランニングコストが気になる場合も安心です。

吐水ノズルが左右120°に回転するのもポイント。シンクの外に吐水口がはみ出さず、キッチン台が濡れるのを防げます。ホースが伸びるハンドシャワーも備えているなど、便利に使えるおすすめの浄水器です。