家庭の飲み水をキレイにしてくれる「浄水器」。水道水のニオイや汚れを除去するアイテムとして知られていますが、いざ導入しようと思っても製品によって性能や形状が異なるので、しっかりと検討することが重要です。

そこで今回は浄水器のおすすめ製品をランキング形式でご紹介。蛇口直結型、据え置き型(シンクトップ)、ポット型に項目を分けてアイテムをピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

浄水器とは?

浄水器と整水器の違い

By: amazon.co.jp

浄水器とは濾過材(フィルター)を用いて水道水に含まれる残留塩素やカビなどのニオイ、そして鉄サビなどによる濁りを減少させてくれるアイテムのこと。濾過材によっては有機物や細菌などを取り除く効果が期待できるのが特徴です。

一方、整水器は浄水器の効果に加えて、水を電気分解できるのがポイント。アルカリ性で水素を豊富に含んだ水を生成することに長けています。

浄水器の効果

効果1|ニオイや汚れを除去する

水道水は殺菌のために塩素が含まれているため、そのまま飲むとカルキ臭などが気になる場合があります。また、住宅環境によっては水道管のサビによる濁りやカビ臭などが発生することもあるので、安心できる飲み水で生活したい方はしっかりとケアするのがおすすめです。

浄水器は水道水特有のニオイや汚れを除去する効果が期待でき、おいしい水を飲めるのが魅力。また、製品によってはミネラル成分を付与してくれるタイプもあるので、健康志向の方は特に意識してチェックするようにしましょう。

効果2|水をキレイにして安全性を高められる

日本の水道水は比較的安全と言われていますが、一般細菌や鉛やトリハロメタンなどの有害物質が混入する危険性がゼロとは言えません。特にマンションやアパートなどの貯水槽に水が長期間溜まっていると、細菌が発生してしまう可能性も懸念されます。

浄水器はフィルターの中空糸膜が一般細菌を減少する効果が期待できるため、水をキレイにして安全性を高めることが可能。水道水の衛生面に不安がある方は浄水器の導入を検討してみてください。

浄水器の種類

蛇口直結型

By: amazon.co.jp

蛇口直結型とは蛇口の先に取り付けるタイプのシンプルな浄水器。リーズナブルでコンパクトなタイプが取り揃っており、取り付けや取り外しが容易なのも特徴です。

ただし、フィルター容量が小さいのでカートリッジを交換する頻度が高くなるのがデメリット。取り換え時期の目安はだいたい2〜4ヶ月ほどです。

なお、蛇口のサイズや形状によっては取り付けができない場合もあるので、しっかりとご自身のキッチンで使えるかどうかはチェックしておきましょう。

据え置き型(シンクトップ)

By: amazon.co.jp

据え置き型(シンクトップ)はキッチンシンクの上に備え付けて使用する浄水器。蛇口直結型よりも浄水能力に優れています。取り付け用の部品が付属しているモノが多いため、自分でラクに設置できるのがポイント。カートリッジの寿命は12〜24ヶ月のモデルが主流です。

フィルターの容量が大きいため、水道使用量が多い方におすすめ。なお、稀に水道と接続するホースに黒カビなどが発生することがあるので、使用する際はカートリッジだけでなく、ホースの汚れにも注意してください。

ポット型

By: amazon.co.jp

蛇口直結型や据え置き型と異なり、水道の水栓に繋げずポットに入れた水をフィルターで浄水するタイプの浄水器。ピッチャー型浄水器と呼ばれることもあります。

容量は1〜3L程度が一般的で比較的小さいため、寝室や居間など自由に持っていけるのがメリット。2Lペットボトルほどのサイズのモデルも多いので、飲料用として冷蔵庫で冷やしておくことも可能です。2000円前後のリーズナブルなモデルも豊富にラインナップされています。

その他

By: amazon.co.jp

浄水器は蛇口直結型や据え置き型、ポット型が代表的ですが、なかには蛇口一体型の浄水器もあります。このタイプは蛇口自体に浄水能力を備えているためタンクがいらず、コンパクトでキッチンシンクまわりをスッキリさせられるのがメリット。ただし、蛇口の交換や増設といった工事が必要になるので、導入するにはコストは高くなります。

なお、製品によっては本体をキッチンシンク下に設置するアンダーシンク型と呼ばれる浄水器もあるため、気になる方はチェックしておきましょう。

浄水器の選び方

使用目的とキッチンシンクのサイズをチェック

一人暮らしでキッチンシンクが狭い場合や、飲料水用に浄水器を使用したい方は、ポット型や蛇口直結型などのコンパクトなモデルがおすすめ。取り付けが簡単で導入費用も安いため、手軽に使い始められます。

一方、料理をよくする方など水の使用量が多い場合は、据え置き型やアンダーシンク型など容量の大きい浄水器がおすすめ。また、カートリッジの交換頻度が蛇口直結型に比べて少ないため、ランニングコストを抑えられるのもメリットです。

フィルター素材の違いをチェック

フィルターは採用する素材によって、除去できる有害物質の種類や使い勝手が異なってきます。現在、浄水器のフィルターとして採用されているモノは活性炭・中空糸膜・セラミックなどが代表的。なお、これらの素材は単独で使われることは少なく、組み合わせて使用されることが多いので、購入する際はチェックしておきましょう。

残留塩素やニオイを取り除く活性炭フィルター

By: amazon.co.jp

活性炭の表面には無数の穴があり、ニオイや色素などの分子を吸着する性質を持っています。また、目詰まりしにくいという点もメリットです。

ただし、活性炭によって塩素も除去されて水の殺菌力がなくなることにより、雑菌などが繁殖しやすくなるという欠点があります。そのため、最近では活性炭単独ではなく、他の素材と組み合わせて用いる浄水器が主流です。

細菌やカビを取り除く中空糸膜フィルター

By: amazon.co.jp

中空糸はナイロンやポリエチレンなどを素材としたパイプ状の糸。中空糸の表面には多数の穴があり、水分子は通すものの、細菌は吸着できるのが特徴です。また、サビやカビなどの除去効果が期待できるのもメリット。キレイな水に浄化してくれます。

なお、現在販売されている浄水器はこの中空糸膜と活性炭を組み合わせたフィルターを用いたモノが主流。活性炭で塩素やニオイなどを除去した後、中空糸膜で細菌・サビ・カビなどを取り除くという仕組みを採用しています。

細菌やカビを取り除くセラミックフィルター

By: amazon.co.jp

多数の細かい穴が空いているセラミックフィルター。細菌やカビ、サビなどを取り除く効果が期待できるほか、カルシウムやマグネシウムなどを主体としているので、ミネラルの添加用としても使われています。なお、セラミックフィルターは活性炭と組み合わせて使用されるのが一般的です。

浄水器のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手家電メーカー「パナソニック」の浄水器は蛇口直結型モデルが多いのが特徴。蛇口直結型浄水器はカートリッジ交換時期が2〜4ヶ月のモデルが多いですが、パナソニックのモデルは6〜12ヶ月と長いのがポイントです。

三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui)

By: amazon.co.jp

三菱ケミカル・クリンスイの浄水器は、ポット型や据え置き型などのさまざまなタイプのモデルを揃えているのが魅力です。中空糸膜の開発も自社で行なっていることから、特に中空糸膜フィルターを採用した浄水器の品揃えが充実しています。

浄水器のおすすめモデル|蛇口直結型

第1位 パナソニック(Panasonic) 浄水器 蛇口直結型 TK-CJ23-H

パナソニック(Panasonic) 浄水器 蛇口直結型 TK-CJ23-H

除去能力の高い蛇口直結型の浄水器。JIS指定13物質に加え、浄水器協会自主基準7物質を取り除く効果が期待できます。

優れた除去能力がありながらもカートリッジの交換目安は約6ヶ月間と比較的長く、交換の手間がかからないのもポイント。また、水垢が溜まりやすいシャワー部分を取り外せるので、定期的に洗浄することで清潔感を保てます。

第2位 三菱ケミカル・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 MD101-NC

三菱ケミカル・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 MD101-NC

中空糸膜や活性炭を用いた高性能フィルターが特徴の蛇口直結型浄水器。JIS指定13物質に加え、鉄やアルミ、さらには雑菌や赤錆まで除去する効果が期待できます。

カートリッジの交換目安は長めの約3ヶ月。カートリッジの汚れがひとめでわかるウィンドーが付いているので、目視で確認できるのもポイントです。

本体はステンレス製水栓との一体感を出せるメタリックボディを採用。利き手やシンクの形状に合わせて、左右どちらにも取り付けられます。リーズナブルなロングセラーモデルなので、浄水器の購入を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

第3位 東レインターナショナル(TORAY INTERNATIONAL) 浄水器トレビ―ノカセッティMK203X

東レ 浄水器トレビ―ノカセッティMK203X

カートリッジの交換時期がわかりやすい「デジタルサイン」を採用した浄水器。カルシウムやマグネシウムといったミネラル分を損なうことなく、カビ臭や残留塩素などのJIS指定13物質に対応できるのが特徴です。

本製品は取り付けが簡単なほか、交換カートリッジが1個付属するのもポイント。また、浄水と原水の切り替えが可能なので、飲み水や野菜洗いには前者を、食器洗いなどには50度までのお湯が出せる後者を活用しましょう

第4位 ビビアンクラブウォーター 浄水器ガイアの水 135

ビビアンクラブウォーター 浄水器ガイアの水 135

「繊維状活性炭」や「鉛除去剤」、「テラヘルツ鉱石入りセラミックボール」など、浄水に効果的な物質を6層カートリッジとして採用しているモデル。

同部分は180°回転させることができるので、1日1回上下を逆転させて約30秒間の逆流洗浄を行うと効果的です。特に汚れによる目詰まりを防ぐことができるので、除去性能の維持が気になる方は安心して使えます。

浄水器のおすすめモデル|据え置き型(シンクトップ)

第1位 三菱ケミカル・クリンスイ 据置型浄水器 Super STX SSX880-NV

三菱レイヨン・クリンスイ 据置型浄水器 Super STX SSX880-NV

高性能カートリッジを搭載した浄水器。JIS指定物質を含めた15物質に対応できるイオン交換線維や中空糸膜フィルターを採用しているのが特徴です。

交換の目安は1日20L使用の場合で約12ヶ月、浄水できる量は1分間に3L程度。お米を研いだり、野菜を洗ったりする際に安心して使えます。

また、上下に360°回転するノズルと左右に360°回転するノズルキャップを搭載した「くるくるノズル」を採用しているのもポイント。深鍋や高さのあるポットなどにも無理なく水を注げます。

本体は丈夫でお手入れが容易なステンレス製なので、清潔に使い続けられる浄水器を探している方にもおすすめです。

第2位 パナソニック(Panasonic) 浄水器据置型 TK-CS30-W

パナソニック(Panasonic) 浄水器据置型 TK-CS30-W

とにかく「おいしいごはんを炊きたい」という方におすすめの浄水器。ご飯の甘みを引き出して柔らかく炊き上げるまろやかな軟水に対応できるのが特徴です。

浄水能力も高く、JIS指定物質を含めた16物質に対応。カートリッジの交換目安時期は液晶ディスプレイに表示されるので、使い勝手も良好です。

浄水・軟水の切り替えはダイヤルを回すだけと簡単。なお、原水が出る部分には水流がソフトになる「エアレーター」を搭載しているので、水はねを抑えられるのもポイントです。価格は1万円以下なので、コスパ重視で浄水器を選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

第3位 日本ガイシ 浄水器 CW-401

日本ガイシ 浄水器 CW-401

コンパクトな据え置き型の浄水器。底幅が9.1cmとスリムなので、狭いキッチンでもスマートに設置することができます。

スタイリッシュなデザインでありながら洗浄機能は十分。カートリッジには99.999%の細菌に対応すると謳うファインセラミックフィルターを搭載しているほか、鉛・トリハロメタンの除去効果が期待できる高性能活性炭と鉛除去セラミックを採用しています。

1分間に2.5L浄水できるのもポイント。価格帯としてはやや高価ですが、満足度の高い浄水器を求めている方はぜひ検討してみましょう。

第4位 ハイテクヘルス 置き型浄水器 602

ハイテクヘルス 置き型浄水器 602

ひとつのカートリッジで約6万L分ものきれいな水を作れる浄水器。1日に20Lの浄水した場合でも約8年間カートリッジ交換が不要なので、長く使えるのが特徴です。

メーカー独自の酸化還元方式を採用したカートリッジによってトリハロメタンや残留塩素といった物質やカルキ臭をカット。一方で、必要なミネラル分は残しながら浄水するため、水がまろやかなになるのもポイントです。

本体は直径11.5×高さ30cmとコンパクトで、ある程度限られたスペースであっても設置することが可能。残留塩素の有無を調べられる「残留塩素検査液」が付属しているので、浄水器のクオリティチェックが行えるのも魅力です。

浄水器のおすすめモデル|ポット型

第1位 ブリタ(BRITA) 浄水ポット2.0L 4006387084073

ブリタ(BRITA) 浄水ポット2.0L 4006387084073

ポット型のなかでは定番の浄水器。大容量タイプで、おいしい水をたっぷり使えると評判のアイテムです。

カートリッジにはメーカー独自の超微粒子活性炭マイクロカーボンパールとイオン交換樹脂を採用。水中のミネラル分を残しながら不純物だけを効率よく除去する効果が期待できます。

カートリッジの交換目安は約2ヶ月。ひとつのカートリッジで2Lのペットボトル100本分を浄水することが可能で、1L当たりの浄水は約7円と経済的です。

なお、交換時期は液晶で表示されるので、安心して使えるのもポイント。パーツはすべて取り外して丸洗いでき、食洗器にも対応できるので、手軽に使える浄水器を探している方におすすめです。

第2位 三菱ケミカル・クリンスイ ポット型浄水器 CP407-WT

三菱ケミカル・クリンスイ ポット型浄水器 CP407-WT

2.2Lと大容量タイプの浄水器。スリムな形状を採用しているほか、取っ手がないので冷蔵庫のドアポケットにもすっきりと収まるのが特徴です。

フタはワンプッシュで開閉できるので、給水も注水もスムーズ。浄水性能にも優れています。カートリッジには活性炭・セラミック・中空糸膜などが採用されており、JIS指定を含む15物質を除去する効果が期待できます。

1日2L使用した場合のカートリッジ交換目安は約3ヶ月。カレンダーダイヤルが搭載されているので、忘れがちな交換時期もスムーズに対応できます。なお、パーツはすべて外して丸洗いできるので、衛生面にも配慮できます。

第3位 JETERY ポット型浄水器 JT-7210

JETERY ポット型浄水器 JT-7210

カートリッジが長持ちするお得なタイプのポット型浄水器。炭素繊維フィルターが採用されており、カルキ臭やカビ臭、赤錆のほか、塩素や鉛など有機汚染物にも対応しています。

カートリッジの交換目安は約4ヶ月。ポットに水道水を入れると1分以内に浄水してくれるスピーディさも魅力です。料理や乳児のミルク作りなどにもスムーズに対応できます。

フタ部分には注水・給水が容易なフラップ式を採用。フタ上部には、カートリッジ交換時期を設定できるカレンダーダイヤルを搭載しています。

1.8L入る大容量モデルでありながら、奥行105㎜とスリムにまとまっているのもポイント。比較的価格も安価なので、コスパ良好の浄水器を探している方におすすめです。

第4位 パナソニック(Panasonic) 浄水器ポット型 TK-CP21-W

パナソニック(Panasonic) 浄水器ポット型 TK-CP21-W

六甲山系のおいしい水を目指して作られたポット型の浄水器。普通の水道水(硬度約50mg/L)をメーカー独自のカートリッジを通すことによって、六甲山系の水質と同じ硬度(60~90mg/L)のおいしい水に浄化することができます。

浄水はJIS指定を含む15物質に対応。また、ろ過時間も1分間に0.09Lとスピーディなので、調理に多くの水を使いたいときにも重宝します。

本体は冷蔵庫のドアポケットや野菜室などに収納できるスリム設計を採用。食洗器対応の耐熱ボディや見やすいカートリッジ交換目安ダイヤルを搭載しているのもポイントです。付きで使い勝手も良好です。価格帯としてはリーズナブルなので、手軽に水道水を浄化したい方におすすめです。