家庭の水をキレイにしてくれる「浄水器」。水道水のニオイや汚れを軽減する効果が期待されるアイテムとして知られていますが、いざ導入しようと思っても製品によって性能や形状が異なるので、しっかりと検討することが重要です。

そこで今回は浄水器のおすすめ製品をランキング形式でご紹介。蛇口直結型・据え置き型(シンクトップ)・ポット型に項目を分けてアイテムをピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

浄水器とは?

By: amazon.co.jp

水道水は殺菌のために塩素が使われているため、微量ながらも残留塩素が含まれています。また、きちんとメンテナンスされていない水道管・給水塔から供給される水は、カビやサビなどといった有害物質が発生してしまう可能性もゼロではありません。

浄水器とは、ろ過材(フィルター)を通して、水道水に含まれる不純物やニオイの軽減を目的とした製品のこと。家庭に浄水器を設置することにより、毎日キレイで美味しい水を摂取することが可能です。

毎日飲む水だからこそ、キレイで安全性の高い水を確保しましょう。

浄水器の種類

蛇口直結型

By: amazon.co.jp

蛇口直結型とは蛇口の先に取り付けるタイプのシンプルな浄水器。リーズナブルでコンパクトなタイプが取り揃えられており、取り付けや取り外しが容易なのも特徴です。

ただし、フィルター容量が小さいのでカートリッジを交換する頻度が高くなるのがデメリット。取り換え時期の目安は2〜4ヶ月ほどです。なお、蛇口のサイズや形状によっては取り付けができない場合もあるので、事前にチェックしておきましょう。

据え置き型(シンクトップ)

By: amazon.co.jp

据え置き型(シンクトップ)はキッチンシンクの上に備え付けて使用する浄水器。蛇口直結型よりも浄水能力に優れています。取り付け用の部品が付属しているモノが多いため、自分でラクに設置できるのがポイント。カートリッジの寿命は12〜24ヶ月のモデルが主流です。

フィルターの容量が大きいため、水道使用量が多い方におすすめ。なお、稀に水道と接続するホースに黒カビなどが発生することがあるので、使用する際はカートリッジだけでなく、ホースの汚れにも注意してください。

ポット型

By: amazon.co.jp

蛇口直結型や据え置き型と異なり、水道の水栓に繋げずポットに入れた水をフィルターで浄水するタイプの浄水器。ピッチャー型浄水器と呼ばれることもあります。

容量は1〜3L程度が一般的で比較的小さいため、寝室や居間など自由に持っていけるのがメリット。2Lペットボトルほどのサイズのモデルも多いので、飲料用として冷蔵庫で冷やしておくことも可能です。2000円前後のリーズナブルなモデルも豊富にラインナップされています。

浄水器の選び方

使用目的とキッチンシンクのサイズをチェック

一人暮らしでキッチンシンクが狭い場合や、飲料水用に浄水器を使用したい方は、ポット型や蛇口直結型などのコンパクトなモデルがおすすめ。取り付けが簡単で導入費用も安いため、手軽に使い始められます。

一方、頻繁に料理をする方など水の使用量が多い場合は、据え置き型の容量が大きい浄水器がおすすめ。また、カートリッジの交換頻度が蛇口直結型に比べて少ないため、ランニングコストを抑えられるのもメリットです。

フィルターの種類をチェック

By: amazon.co.jp

浄水器の部品の中でも、大切な役目を担っているのがフィルターです。フィルターの素材によって浄水器の性能が違ってくるので、購入する際に確認しておきましょう。

浄水器のフィルターとして採用されている素材は主に、「活性炭」「中空糸膜」「セラミック」などです。活性炭は、表面にある無数の穴に不純物を吸着させる性質があり、残留塩素やカルキ臭、カビ臭の除去効果が期待できます。

中空糸膜は、ナイロンなどを素材としたパイプ状の糸。表面にある微細な穴に不純物を吸着させ、赤サビやカビ、細菌を軽減するとされています。現在販売されている浄水器は、中空糸膜と活性炭を組み合わせたタイプが主流。ダブルのろ過によって、浄水性能の向上を計っています。

最近ではセラミック素材のフィルターも人気で、活性炭と組み合わせて使用されることが一般的です。

ランニングコストもしっかり確認

By: amazon.co.jp

どんなフィルター素材でも、毎日使っているうちに不純物で目が詰まってくるため、定期的な交換が必ず必要です。浄水器のカートリッジにはそれぞれ寿命期間が設けられているので、事前にチェックしておきましょう。

「蛇口直結型」や「ポット型」は、手軽なうえに本体価格が安価ですが、カートリッジの交換期間が短いタイプが多く、こまめに買い替えなければなりません。一方、「据え置き型」は本体価格が高く初期費用はかかりますが、カートリッジの寿命は比較的長めです。

浄水器を購入する際には、本体価格だけにとらわれず、1年間にかかるカートリッジ代を含めたランニングコストを計算して購入するようにしましょう。

浄水器のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手家電メーカー「パナソニック」の浄水器は蛇口直結型モデルを多く取り揃えているのが特徴。蛇口直結型浄水器は一般的にカートリッジ交換時期が2〜4ヶ月のモデルが多いですが、パナソニックのモデルは6〜12ヶ月と長いのがポイントです。

三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui)

By: amazon.co.jp

三菱ケミカル・クリンスイの浄水器は、ポット型や据え置き型など、さまざまなタイプのモデルを揃えているのが魅力です。中空糸膜の開発も自社で行なっていることから、特に中空糸膜フィルターを採用した浄水器の品揃えが充実しています。

浄水器のおすすめモデル|蛇口直結型

第1位 パナソニック(Panasonic) 浄水器 蛇口直結型 TK-CJ23-H

パナソニック(Panasonic) 浄水器 蛇口直結型 TK-CJ23-H

除去能力の高い蛇口直結型の浄水器。優れた除去能力がありながらもカートリッジの交換目安は約6ヶ月間と比較的長く、交換の手間がかからないのもポイント。また、水垢が溜まりやすいシャワー部分を取り外せるので、定期的に洗浄することで清潔感を保てます。

第2位 三菱ケミカル・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 MD101-NC

三菱ケミカル・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 MD101-NC

中空糸膜や活性炭を用いた高性能フィルターが特徴の蛇口直結型浄水器です。カートリッジの交換目安は長めの約3ヶ月。カートリッジの汚れがわかるウィンドーが付いているので、目視で確認できるのもポイントです。

本体はステンレス製水栓との一体感のある出せるメタリックボディを採用。利き手やシンクの形状に合わせて、左右どちらにも取り付けられます。リーズナブルなロングセラーモデルなので、浄水器の購入を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

第3位 東レインターナショナル(TORAY INTERNATIONAL) 浄水器トレビ―ノカセッティMK203X

東レ 浄水器トレビ―ノカセッティMK203X

カートリッジの交換時期がわかりやすい「デジタルサイン」を採用した浄水器です。本製品は取り付けが簡単なほか、交換カートリッジが1個付属しているのもポイント。また、浄水と原水の切り替えが可能なので、飲み水や野菜洗いには前者を、食器洗いなどには50℃までのお湯が出せる後者を活用しましょう

第4位 ビビアンクラブウォーター 浄水器ガイアの水 135

ビビアンクラブウォーター 浄水器ガイアの水 135

「繊維状活性炭」「鉛除去剤」「テラヘルツ鉱石入りセラミックボール」などを使用した6層カートリッジを採用しているモデル。

本体カートリッジ部分は180°回転するので、1日1回上下を逆転させて約30秒間の逆流洗浄を行うと効果的です。除去性能の持続性にこだわる方におすすめです。

第5位 三菱レイヨン・クリンスイ 蛇口直結型 浄水器 クリンスイCSP601 CSP601-SV

三菱レイヨン・クリンスイ 蛇口直結型 浄水器 クリンスイCSP601 CSP601-SV

中空糸膜・セラミック・活性炭の3種類をろ過材に使った高性能フィルターが特徴の浄水器。高い除去能力を持ちながらも、カートリッジの交換期間は3ヵ月と長めなのも魅力です。

1つのカートリッジで最大900Lの浄水が可能。経済的なうえ、ゴミも削減できるのでエコにもつながります。フィルター残量を画面に表示し、交換時期をメッセージで教えてくれるのも嬉しいポイント。また、スタイリッシュなデザインは、どんなキッチンにも馴染みます。

浄水器のおすすめモデル|据え置き型(シンクトップ)

第1位 キッツ マイクロフィルター 浄水器 ピュリフリー ホワイト PF-W4

キッツ マイクロフィルター 浄水器 ピュリフリー ホワイト PF-W4

カートリッジがそのまま浄水器本体になった画期的なアイテム。据え置き型の高い浄水能力と、蛇口直結型の手軽さという、両者の強みを併せた浄水器です。一度購入したら2年間、カートリッジの交換が必要ないため、カートリッジ代やゴミを処理する手間が削減できます。本体とカートリッジが一体になった省スペース設計が特徴。キッチンスペースが狭い方におすすめです。

流量は毎分3.5L。水道使用量の多い大家族でもストレスを感じさせません。原水は「シャワー」か「ストレート」に簡単に切り替え可能なので、利用シーンに応じた使い分けができるのも便利。また、各パーツは分解して洗浄できるので、いつでも衛生的な状態を保つことができます。

カラーは、オレンジ・イエロー・グリーンなどの6色をラインナップ。自分の好みのカラーをチョイスしてください。

第2位 三菱ケミカル・クリンスイ 据置型浄水器 Super STX SSX880-NV

三菱レイヨン・クリンスイ 据置型浄水器 Super STX SSX880-NV

高性能カートリッジを搭載した浄水器。イオン交換線維や中空糸膜フィルターを採用しているのが特徴です。交換の目安は1日20L使用の場合で約12ヶ月、浄水できる量は1分間に3L程度。お米を研いだり、野菜を洗ったりする際に安心して使えます。

また、上下に360°回転するノズルと左右に360°回転するノズルキャップを搭載した「くるくるノズル」を採用しているのもポイント。深鍋や高さのあるポットなどにも無理なく水を注げます。

本体は丈夫でお手入れが容易なステンレス製なので、清潔に使い続けられる浄水器を探している方にもおすすめです。

第3位 パナソニック(Panasonic) 浄水器据置型 TK-CS30-W

パナソニック(Panasonic) 浄水器据置型 TK-CS30-W

とにかく「おいしいごはんを炊きたい」という方におすすめの浄水器。ご飯の甘みを引き出して柔らかく炊き上げるまろやかな軟水に対応できるのが特徴です。浄水能力も高く、カートリッジの交換目安時期は液晶ディスプレイに表示されるので、使い勝手も良好です。

浄水・軟水の切り替えはダイヤルを回すだけなので簡単。なお、原水が出る部分には水流がソフトになる「エアレーター」を搭載しているので、水はねを抑えられるのもポイントです。リーズナブルな価格なので、コスパ重視で浄水器を選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

第4位 日本ガイシ 浄水器 CW-401

日本ガイシ 浄水器 CW-401

コンパクトな据え置き型の浄水器。底幅が9.1cmとスリムなので、狭いキッチンでもスマートに設置することができます。

スタイリッシュなデザインでありながら洗浄機能は十分。カートリッジにはファインセラミックフィルターを搭載しているほか、高性能活性炭と鉛除去セラミックを採用しています。

1分間に2.5L浄水できるのもポイント。価格帯としてはやや高価ですが、満足度の高い浄水器を求めている方はぜひ検討してみましょう。

第5位 ハイテクヘルス 置き型浄水器 602

ハイテクヘルス 置き型浄水器 602

ひとつのカートリッジで約60000Lも浄水できる浄水器。1日に20L使用しても場合でも約8年間カートリッジ交換が不要なので、長く使えるのが特徴です。メーカー独自の酸化還元方式を採用したカートリッジを使用するため、水がまろやかなになるのもポイント。

本体は直径11.5×高さ30cmとコンパクトで、ある程度限られたスペースであっても設置することが可能。残留塩素の有無を調べられる「残留塩素検査液」が付属しているので、浄水器のクオリティチェックが行えるのも魅力です。

浄水器のおすすめモデル|ポット型

第1位 ブリタ(BRITA) 浄水ポット2.0L 4006387084073

ブリタ(BRITA) 浄水ポット2.0L 4006387084073

ポット型のなかでは定番の浄水器。カートリッジにはメーカー独自の「超微粒子活性炭マイクロカーボンパール」と「イオン交換樹脂」を採用しています。カートリッジの交換目安は約2ヶ月。ひとつのカートリッジで2Lのペットボトル100本分を浄水することが可能で、1L当たりの浄水は約7円と経済的です。

なお、交換時期は液晶で表示されるので、安心して使えるのもポイント。パーツはすべて取り外して丸洗いでき、食洗器にも対応できるので、お手入れが簡単な浄水器を探している方におすすめです。

第2位 三菱ケミカル・クリンスイ ポット型浄水器 CP407-WT

三菱ケミカル・クリンスイ ポット型浄水器 CP407-WT

2.2Lと大容量タイプの浄水器。スリムな形状を採用しているほか、取っ手がないので冷蔵庫のドアポケットにもすっきりと収まるのが特徴です。フタはワンプッシュで開閉できるので、給水も注水もスムーズ。また、カートリッジには活性炭・セラミック・中空糸膜などが採用されています。

1日2L使用した場合のカートリッジ交換目安は約3ヶ月。カレンダーダイヤルが搭載されているので、忘れがちな交換時期にもスムーズに対応できます。なお、パーツはすべて外して丸洗いできるので、衛生面にも配慮できます。

第3位 パナソニック(Panasonic) 浄水器ポット型 TK-CP21-W

パナソニック(Panasonic) 浄水器ポット型 TK-CP21-W

六甲山系のおいしい水を目指して作られたポット型の浄水器。普通の水道水をメーカー独自のカートリッジを通すことによって、六甲山系の水質と同じ硬度に近づけます。また、ろ過時間も1分間に0.09Lとスピーディなので、調理などで多くの水を使いたいときにも重宝します。

本体は冷蔵庫のドアポケットや野菜室などに収納しやすいスリム設計を採用。さらに、食洗器対応の耐熱ボディや見やすいカートリッジ交換目安ダイヤルを搭載しています。リーズナブルな価格帯なので、手軽に水道水を浄化したい方におすすめです。

第4位 東レ トレビーノ ポット型浄水器 PT302SV

東レ トレビーノ ポット型浄水器 PT302SV

1Lの水を約3分でろ過できるスピード浄水が特徴の浄水器です。2Lペットボトルに近いスリムなデザインで、冷蔵庫のドアポケットや野菜室にもすっきり収納可能。また、持ちやすく注ぎやすい形状を採用しているため、使い勝手も良好です。

カートリッジの交換目安は200L。1日3L使用した場合は2ヶ月持つので経済的です。また、ふたの裏側にカートリッジの交換時期が表示されるため、交換時期を忘れて使用し続けてしまう心配もありません。

すべてのパーツは取り外しでき、丸洗いが可能。お手入れが簡単で高性能なポット型浄水器を探している方におすすめです。

第5位 ドリームエッグ(Dreamegg) 浄水ポット

ドリームエッグ(Dreamegg) 浄水ポット

容量1.5Lのポット型浄水器で、活性炭繊維を採用したカートリッジを使用します。浄水にかかる時間が短いことも特徴。1分間で1.3Lの水道水を浄水できるので、待たずにきれいな水を使用可能です。

カートリッジの交換目安は、3~5ヶ月。ひとつのカートリッジで、600Lの水を浄水することができます。1L当たりの浄水は約2.5円と非常に経済的です。

冷蔵庫にすっぽり収まるスリム設計のほか、水を注げばふたが自動的に開く仕様のため、片手で操作できるのも嬉しいポイント。価格もリーズナブルなので、使い勝手がよくコストパフォーマンスに優れた浄水器を探している方におすすめです。