家庭の水をキレイにする「浄水器」。水道水のニオイや汚れを軽減する効果が期待されるアイテムとして知られていますが、いざ導入しようと思っても製品によって性能や形状が異なるため、しっかりと検討することが重要です。

そこで今回は、浄水器のおすすめ製品をランキング形式でご紹介。蛇口直結型・据え置き型(シンクトップ)・ポット型に項目を分けてアイテムをピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

浄水器とは?

By: amazon.co.jp

水道水は殺菌のために塩素が使われているので、微量ながらも残留塩素が含まれています。また、水道管や給水塔がきちんとメンテナンスされていない場合、カビやサビなどといった有害物質が発生してしまう可能性もゼロではありません。

浄水器とは、ろ過材(フィルター)を通して、水道水に含まれる不純物やニオイの軽減を目的とした製品のこと。家庭に浄水器を設置することにより、毎日キレイで美味しい水を摂取することが可能です。

浄水器の種類

蛇口直結型

By: amazon.co.jp

蛇口直結型とは蛇口の先に取り付けるタイプのシンプルな浄水器。リーズナブルでコンパクトなタイプが取り揃えられており、取り付けや取り外しが容易なのも特徴です。

しかし、フィルター容量が小さいので、カートリッジを交換する頻度が高くなるのがデメリット。取り換え時期の目安は2〜4ヶ月ほどです。なお、蛇口のサイズや形状によっては取り付けができない場合もあるため、事前にチェックしておきましょう。

据え置き型(シンクトップ)

By: amazon.co.jp

据え置き型(シンクトップ)は、キッチンシンクの上に備え付けて使用する浄水器で、浄水能力に優れているのが特徴です。取り付け用の部品が付属しているモノが多いため、自分でラクに設置できるのがポイント。カートリッジの寿命は12〜24ヶ月のモデルが主流です。

フィルターの容量が大きいので、水道の使用量が多い方におすすめ。なお、稀に水道と接続するホースに黒カビなどが発生することもあるため、使用する際はカートリッジだけでなく、ホースの汚れにも注意しておきましょう。

ポット型

By: amazon.co.jp

蛇口直結型や据え置き型と異なり、水道の水栓につなげずポットに入れた水をフィルターで浄水するタイプの浄水器。ピッチャー型浄水器と呼ばれることもあります。

容量は1〜3L程度が一般的で比較的小さいため、寝室や居間など自由に移動できるのがメリット。2Lペットボトルほどのサイズのモデルも多いので、飲料用として冷蔵庫で冷やしておくことも可能です。リーズナブルなモデルも豊富にラインナップされています。

浄水器の選び方

使用目的とキッチンシンクのサイズをチェック

一人暮らしでキッチンシンクが狭い場合や、飲料水用に浄水器を使用したい方は、ポット型や蛇口直結型などのコンパクトなモデルがおすすめ。取り付けが簡単で導入費用も安いため、手軽に使い始められます。

一方、頻繁に料理をする方など水の使用量が多い場合は、据え置き型の容量が大きい浄水器がおすすめ。また、カートリッジの交換頻度が蛇口直結型に比べて少ないので、ランニングコストを抑えられるのもメリットです。

フィルターの種類をチェック

By: amazon.co.jp

浄水器の部品のなかでも、大切な役目を担っているのがフィルターです。フィルターの素材によって浄水器の性能が異なるので、購入する際に確認しておきましょう。

浄水器のフィルターとして採用されている素材はおもに、「活性炭」「中空糸膜」「セラミック」などです。活性炭は、表面にある無数の穴に不純物を吸着させる性質があり、残留塩素やカルキ臭、カビ臭の除去効果が期待できます。

中空糸膜は、ナイロンなどを素材としたパイプ状の糸。表面にある微細な穴に不純物を吸着させ、赤サビやカビ、細菌を軽減すると謳われています。現在販売されている浄水器は、中空糸膜と活性炭を組み合わせたタイプが主流。ダブルのろ過によって、浄水性能の向上を計っています。

最近では、セラミック素材のフィルターも人気。活性炭と組み合わせて使用されることが一般的です。

ランニングコストもしっかり確認

どんなフィルター素材でも、毎日使っているうちに不純物で目詰まりしてくるため、定期的な交換が必要です。浄水器のカートリッジにはそれぞれ寿命期間が設けられているので、事前にチェックしておきましょう。

「蛇口直結型」や「ポット型」は、手軽なうえに本体価格が安価ですが、カートリッジの交換期間が短いタイプが多く、こまめに買い替えなければなりません。一方、「据え置き型」は本体価格が高く初期費用はかかりますが、カートリッジの寿命は比較的長めです。

浄水器を購入する際には、本体価格だけにとらわれず、カートリッジ代を含めたランニングコストを計算して購入するようにしましょう。

浄水器のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手家電メーカー「パナソニック」の浄水器は、ラインナップが豊富なのが特徴。蛇口直結型浄水器に関しては、一般的にカートリッジ交換時期が2〜4ヶ月ほどのモデルが多いですが、パナソニックのモデルは約6〜12ヶ月と長いのがポイントです。

三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui)

By: amazon.co.jp

三菱ケミカル・クリンスイはポット型や据え置き型など、さまざまなタイプの浄水器を揃えています。中空糸膜の開発を自社で行っているのが特徴で、とくに中空糸膜フィルターを採用した浄水器の品揃えが充実しています。

浄水器のおすすめモデル|蛇口直結型

第1位 パナソニック(Panasonic) 蛇口直結型 ミズトピア TK-CJ11

パナソニック(Panasonic) 蛇口直結型 ミズトピア TK-CJ11

お手入れが楽にできる設計で、清潔に保ちやすい浄水器。切り替えレバーは、浄水・原水・シャワーの表示が見やすいため、子供から年配の方まで操作が簡単にできるのが魅力です。アルカリスタンドがセットになっていて、アルカリイオン水も生成できます。

また、カートリッジは1日10Lの使用で約1年使えるので、ランニングコストを抑えられるのも魅力のひとつ。浄水性能は、カルキ・濁り・総トリハメタン・カビ臭・溶解性鉛・鉄・アルミニウム・フェノール類といった不純物質を取り除くと謳われています。

操作がしやすく、長持ちするカートリッジでコスパが高いモデルとして人気。一人暮らしの方はもちろん、家族で使用する場合にもおすすめです。

第2位 東レ(TORAY) 浄水器 蛇口直結型 トレビーノ カセッティ MK203X

東レ(TORAY) 浄水器 蛇口直結型 トレビーノ カセッティ MK203X

デジタルサイン機能搭載で、カートリッジの交換時期もわかる浄水器。本体に設置されているデジタル画面に、浄水の使用量やカートリッジの交換目安までの数字が表示されています。600・900・1500Lと、使用するカートリッジタイプによっての設定もボタンひとつで可能です。

浄水はシャワー水流となっているため、食材を洗う場合にも便利。原水はストレートとシャワーで使い分けができ、お湯も50°Cまで使えるので、食器洗いも簡単です。

工事の必要もなく、蛇口に取り付けてすぐに使用できるので、使い勝手もよいモデル。カートリッジの汚れもプルキャップを外すだけでチェックできます。使いやすくて、機能も優れた浄水器を求めている方に適した製品です。

第3位 三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui) MONOシリーズ MD301

三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui) MONOシリーズ MD301

非常に優れた浄水能力を備えた蛇口直結型浄水器。クリンスイ独自の、活性炭・セラミック・イオン交換繊維・中空糸膜フィルターの高性能カートリッジの搭載により、高い不純物除去性能を発揮します。水に溶け込んでいる鉛や固形鉛までも除去が可能と謳われているのも魅力です。

さらに、中空糸膜フィルターは水道水に含まれている0.1マイクロメートル以上の雑菌や赤サビにも対応。適切な水量を液晶表示やランプの点灯で知らせる「しっかり浄水」サイン機能も搭載しています。

また、カートリッジの交換時期にはランプがオレンジ色で点滅。高性能な浄水能力を備えているうえに、カートリッジ交換などの管理もしやすいモデルを探している方におすすめです。

第4位 東レ(TORAY) ウォーターボール WB600B

東レ(TORAY) ウォーターボール WB600B

丸みのある斬新な形状が特徴の蛇口直結型浄水器。イエローやグリーンなどカラーバリエーションも豊富で、インテリアとしても楽しめるアイテムです。

もちろん浄水性能にも優れ、塩素・2-MIB・農薬・テトラクロロエチレン・トリクロロエチレンといったJIS5項目の物質カットにも有効。水道水に含まれるミネラルは残したまま、カルキ臭やカビ臭の原因を取り除くといわれています。

また、原水シャワーを使用しているときは50%以上の節水が可能。浄水のストレートと原水のシャワーは、大きなレバーで簡単に切り替えができます。価格が安いのも魅力で、コスパが高くおしゃれなデザインの浄水器を求めている方におすすめです。

第5位 東レ(TORAY) トレビーノ スーパータッチ SX904V

東レ(TORAY) トレビーノ スーパータッチ SX904V

浄水口キャップの取り外しができてお手入れがしやすい浄水器。浄水・原水・シャワーの切り替えもタッチレバーで楽に行えるので、使い勝手に優れたモデルです。

また、粒状活性炭・イオン交換体・中空糸フィルターの多層構造により、優れた浄水性能も備えています。カルシウムやマグネシウムといったミネラル分は損なわず、塩素や溶解性鉛などをはじめ、濁りや鉄サビ、一般細菌大腸菌などにもアプローチ可能です。

カートリッジは浄水の使用量によって交換時期の表示を10日単位で設定できるので、一目で交換時期がわかるため便利。扱いやすくて浄水能力も高いおすすめのモデルです。

浄水器のおすすめモデル|据え置き型(シンクトップ)

第1位 パナソニック(Panasonic) アルカリイオン整水器 TK-AS46

パナソニック(Panasonic) アルカリイオン整水器 TK-AS46

用途に応じて、強アルカリ性から弱酸性までの5種類の水が生成できる据え置き型浄水器。アルカリイオン水は強から弱まで3段階あり、飲用としてや料理に使用するのに適しています。

アルカリ性を飲み慣れていない場合や、薬の服用、赤ちゃんのミルクなどには通常の浄水も使用可能。洗顔など飲用以外には弱酸性水にも設定できます。水質はすべてボタンひとつで選べるので操作も簡単です。

また、不織布・粒状活性炭+セラミック・粒状活性炭・中空糸膜のカートリッジ構造で、優れた浄水性能を実現。カルキ臭やカビ臭の原因となる物質をはじめ、19種類もの不純物質を軽減します。カートリッジの浄水性能が約2年間維持できるのも魅力です。

第2位 日本ガイシ C1 SLIM CW-401

日本ガイシ C1 SLIM CW-401

99.999%もの細菌を除去すると謳う「ファインセラミックフィルター」を搭載した据え置き型浄水器。高性能活性炭と鉛除去セラミックにより、トリハロメタンや鉛なども軽減するので、水道水を飲料水や料理にも安心して使用できます。

また、据え置き型浄水器としてはボディサイズも、縦28×横幅9.1cmとコンパクト。浄水口も360°回転できるなど、使い勝手もよくて便利なアイテムです。

カートリッジの交換時期の目安は、総ろ過水量が4500Lか、1日8Lの使用で約18ヶ月と長持ちなのも魅力。交換時期にはLEDが赤色に点滅して知らせる機能も備わっています。単身の方や3人以下の家族で使用するのにおすすめのモデルです。

第3位 パナソニック(Panasonic) 調理浄水器 TK-CS30

パナソニック(Panasonic) 調理浄水器 TK-CS30

甘味を引き出しておいしいご飯が炊ける「まろやか軟水」が生成できる、据え置き型調理浄水器。炊飯器は同じでも「まろやか軟水」を使用するだけで、米の水分吸収率をアップさせ、甘くてふっくらとしたご飯が炊けると謳っています。みそ汁やお吸い物などの和風だし、お茶や蒸留酒の水割りなどへの使用にも適したモデルです。

また「浄水カートリッジ」と「軟水カートリッジ」により、浄水性能にも優れています。「浄水カートリッジ」は、活性炭・セラミック層・中空糸膜で、水の嫌なニオイや濁りを抑制。「軟水カートリッジ」は「イオン交換樹脂」で構成され、カルシウムやマグネシウムなどの硬度成分を低減します。

水質切り替えダイヤルで浄水と軟水、水切り替えレバーで浄水と原水が切り替えられるなど、操作が簡単なのもおすすめのポイントです。

第4位 パナソニック(Panasonic) アルカリイオン整水器 TK-AS30

パナソニック(Panasonic) アルカリイオン整水器 TK-AS30

本体の操作パネルで簡単にアルカリ・浄水・弱酸性の切り替えができる据え置き型浄水器。ボタンひとつで用途に応じて使い分けられます。操作ボタンは大きく表示されているため、子供や年配の方でも操作がしやすいモデルです。

本体のサイズが幅15.9×高さ25.8×奥行き9.5cmと、コンパクトで薄型設計なのも魅力。狭いスペースでもスッキリと収まります。また、同じ水質を続けて使用する場合、前回使った捨て水がない「手動つづくモード」で節水にも繋がります。

操作が簡単で、狭いスペースでも設置できる据え置き型浄水器を探している方におすすめです。

第5位 ゼネラルエコロジー社 シーガルフォー(Seagull IV) カウンター据置タイプ浄水器 X-1DS

シーガルフォー(Seagull IV) カウンター据置タイプ浄水器 X-1DS

ゼネラルエコロジー社独自開発の浄水システム「ストラクチャー・マトリックス」を導入したモデル。ミネラル分だけは残し、殺菌剤といった化学物質を一切使用せずに、100%近くの細菌や有害物質を除去すると謳っています。大腸菌やサルモネラ菌などの細菌をはじめ、カドミウムや水銀、鉛などの有害な化学物質にも対応可能です。

カートリッジの交換目安は、1日10Lの浄水使用で約1年と長めで、ランニングコストも抑えられます。また、付属しているアダプターで蛇口に切り替えコックを設置し、浄水システムを接続するだけなので取り付けも簡単です。

高性能なだけでなく、簡易性にも優れていることから人気を集めるモデル。家庭でも簡単に使用できて、水質にこだわる方におすすめの浄水器です。

浄水器のおすすめモデル|ポット型

第1位 ブリタ(BRITA) リクエリ マクストラプラス

ブリタ(BRITA) リクエリ マクストラプラス

冷蔵庫で冷やしながら浄水が生成できるポット型浄水器。幅16.5×高さ29×奥行き16.5cmと、冷蔵庫のドアポケットに収まりやすいコンパクトなサイズです。蛇口に取り付けるなどの手間もなく、手軽に冷たい飲用水がつくれます。

しっかりとした浄水性能も備えていて「マイクロフローテクノロジー」により、水垢の付着、金属・塩素や水の味に悪影響を及ぼす不純物を低減。紅茶やコーヒーなどの飲用としてや、料理に使用するのにも適しています。

高性能な「BRITA液晶メモ」で、カートリッジの交換時期がわかるので便利です。また、食洗器で洗えるため、お手入れが簡単なのも魅力。単身の方や、気軽に使用できる洗浄機を探している方に適したアイテムです。

第2位 三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui) ポット型浄水器 CP407

三菱ケミカル・クリンスイ(Cleansui) ポット型浄水器 CP407

高い浄水性能で、手軽に2.2Lとたっぷりの浄水が生成できるポット型浄水器。活性炭やセラミック、高速除菌を可能にする中空糸膜フィルターを採用したカートリッジで、15の不純物を軽減します。リザーバータンクが取り外せて、パーツごとの丸洗いも可能なので衛生面も安心です。

サイズは、幅10.5×高さ28×奥行き19.3cmで取っ手もなくし、冷蔵庫のドアポケットにも収まるスリムなボディ。手軽で浄水性能に優れたポケット型浄水器を探している方におすすめです。

第3位 東レ(TORAY) トレビーノ ポット型浄水器 PT302SV

東レ(TORAY) トレビーノ ポット型浄水器 PT302SV

「SVカートリッジ」の採用により、スピーディに浄水ができるポット型浄水器。水質や水温により多少の誤差はあるものの、1Lの水道水を、約3分でろ過が可能です。

早い浄水時間でも、塩素や2-MIBといったニオイの元や、総トリハロメタン・溶解性鉛・農薬などのJIS12項目の不純物を軽減。カルシウムやマグネシウムなど、人体に有益なミネラルはそのままで優れた浄水性能も備えています。

幅15.7×高さ28.2×奥行き10.3cmと、冷蔵庫のドアポケットに収まるスマートなサイズで、手軽に使用できるのも魅力。使いたいときにすぐ浄水できて手軽な浄水器を探している方におすすめのアイテムです。

第4位 パナソニック(Panasonic) ポット型ミネラル浄水器 TK-CP21

パナソニック(Panasonic) ポット型ミネラル浄水器 TK-CP21

高い浄水性能に加え、ミネラル浄水が生成できるポット型浄水器。カルキ臭やカビ臭の元はもちろん、クロロホルム・農薬・溶解性鉛など、JIS規格対象13物質や鉄とアルミニウムも除去すると謳っています。

さらに、カルシウムを溶解させ、美味しい水に感じるとされる硬度60~90mg/L程度のミネラル浄水を生成。手軽に、安心で美味しい水が味わえるのが魅力の製品です。

第5位 ボブル(BOBBLE) CLASSIC 浄水ポット 550ml

ボブル(BOBBLE) CLASSIC 浄水ポット 550ml

持ち歩きができるボトルタイプのポット型浄水器。ろ過フィルターがキャップ部分に設置しているため、飲みながらのスピード浄水が可能です。

水道水を入れるだけで、いつでもどこでも150L分の美味しい浄水が生成できます。ひとつのカートリッジで浄水できる量は、500mlのペットボトル300本分に相当。経済的にも、環境にも優しいアイテムです。登山やハイキング、サイクリングなどのアウトドアや、キャンプでの使用にも適しています。

シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力的。持ち運べて手軽に浄水が生成できる、おしゃれな浄水器を探している方におすすめです。