浄水器は水をキレイにしてくれる効果があるアイテム。さまざまなタイプがある浄水器ですが、キッチンのスペースや住環境によって最適なモノが異なります。そこで今回は、浄水器のおすすめランキングをご紹介。それぞれの特徴と選び方も解説しますので、ぜひチェックしてみてください。

浄水器とは?

浄水器と整水器の違い

By: amazon.co.jp

浄水器は濾過材(フィルター)を用いて水道水に含まれる残留塩素やカビなどのニオイ、そして鉄サビなどによる濁りを減少させてくれるアイテム。濾過材によっては有機物や細菌などを取り除く効果も期待できるのが特徴です。

一方の整水器は浄水器の効果に加えて、水を電気分解することで、胃腸の働きを助ける作用が期待できる「アルカリイオン水」と「酸性水」に分けるアイテムなので明確に機能が異なります。

浄水器の効果

効果①|ニオイや汚れを除去する

水道水は殺菌のために塩素が含まれていることから、そのまま飲むとカルキ臭といわれる独特のニオイが気になる場合があるほか、水道管のサビによる濁りやカビ臭などが発生することもあります。

そんなときに浄水器を用いることで、水道水特有のニオイや汚れを除去する効果が期待でき、おいしい水を飲めるのが魅力。また、モノによってはミネラル成分を付与してくれるモデルもあるのが特徴です。

効果②|水をキレイにして安全性を高められる

日本の水道水は世界的にも安全といわれていますが、一般細菌や鉛やトリハロメタンなどの有害物質が混入する危険性がゼロとは言えません。特にマンションやアパートなどの貯水槽に水が長期間溜まっていると、細菌が発生してしまう可能性もあります。

浄水器はフィルターの中空糸膜が一般細菌を減少する効果が期待できるため、水をキレイにして安全性を高めることが可能。水道水の衛生面に不安がある方は浄水器を検討してみてください。

浄水器の種類

蛇口直結型

By: amazon.co.jp

蛇口の先に取り付けるタイプのシンプルな浄水器です。リーズナブルでコンパクトなタイプが多く、シンクまわりで邪魔になりにくいのが特徴。取り付けや取り外しもラクに行えます。

ただし、フィルター容量が小さいのでカートリッジを交換する頻度が高くなるのがデメリット。取り換え時期の目安はだいたい2〜4ヶ月ほどです。

また、コンパクトといっても、キッチンシンクが浅い場合は大きな鍋やヤカンなど背の高いモノに水を入れたい時は邪魔になる可能性もあります。取り付け時のサイズをあらかじめチェックしておくと安心です。なお、蛇口の形状によっては取り付けができない場合もあるので、必ず確認しましょう。

据え置き(シンクトップ型)

By: amazon.co.jp

キッチンシンクの上に備え付けて使用する浄水器。蛇口直結型よりも浄水能力に優れています。取り付け用の部品が付属しているモノが多いため、自分でラクに設置できるのがポイント。カートリッジの寿命は12〜24ヶ月のモデルが主流です。

フィルターの容量が大きいため、水道使用量が多い方におすすめ。なお、稀に水道と接続するホースに黒カビなどが発生することがあるので、カートリッジだけでなくホースの汚れにも注意してください。

ポット型

By: amazon.co.jp

蛇口直結型や据え置き(シンクトップ型)と異なり、水道の水栓に繋げずポットに入れた水をフィルターで浄水するタイプの浄水器。ピッチャー型浄水器と呼ばれることもあります。

容量は1〜3L程度が一般的で比較的小さいため、寝室や居間など自由に持っていけるのがメリット。2Lペットボトルほどのサイズのモデルも多いので、飲料用として冷蔵庫で冷やしておくことも可能です。2000円前後のリーズナブルなモデルも豊富にラインナップされています。

その他

By: amazon.co.jp

他にも、蛇口一体型の浄水器というモノがあります。蛇口自体に浄水能力を備えているためタンクがいらず、コンパクトでキッチンシンクまわりをスッキリさせられるのがメリットです。ただし、蛇口の交換や増設といった工事が必要になるので、導入コストは高くなります。

また、本体をキッチンシンク下に設置するアンダーシンク型と呼ばれる浄水器もあるため、用途や環境に応じたモデルを見つけてみてください。

浄水器の選び方

使用目的とキッチンシンクのサイズをチェック

一人暮らしでキッチンシンクが狭い場合や、飲料水用に浄水器を使用したい方は、ポット型や蛇口直結型などのコンパクトなモデルがおすすめ。取り付けが簡単で導入費用も安いため、手軽に使い始められます。

一方、料理をよくする方など水の使用量が多い場合は、据え置き型やアンダーシンク型など容量の大きい浄水器がおすすめです。また、カートリッジの交換頻度が蛇口直結型に比べて少ないため、ランニングコストを抑えられるのもメリットといえます。

フィルター素材の違いをチェック

フィルターは素材の違いによって、除去できる有害物質の種類や目詰まりのしやすさなどが異なってきます。そのため、ニーズに応じてフィルターの素材をチェックしておくと安心です。

現在、浄水器のフィルターとして採用されている代表的なモノには活性炭・中空糸膜・セラミックなどがあります。これらの素材が単独で使われることは少なく、組み合わせて使用されるのが特徴です。

残留塩素やニオイを取り除く活性炭フィルター

By: amazon.co.jp

活性炭の表面には無数の穴があり、ニオイや色素などの分子を吸着する性質を持っています。また、目詰まりしにくいという点もメリットです。そのため古くから浄水器の代表的なフィルター素材として用いられてきました。

ただし、活性炭によって塩素も除去されて水の殺菌力がなくなることにより、雑菌などが繁殖しやすくなるという欠点があります。そのため、最近では活性炭単独ではなく他の素材と組み合わせて用いる浄水器が主流です。

細菌やカビを取り除く中空糸膜フィルター

By: amazon.co.jp

中空糸はナイロンやポリエチレンなどを素材としたパイプ状の糸。中空糸の表面には多数の穴があり、水分子よりも大きく細菌よりは小さいのが特徴です。そのため、水分子は通しますが細菌を吸着するという性質があります。また、細菌をはじめサビやカビなどの除去効果も期待できるのがメリットです。

現在販売されている浄水器は、この中空糸膜と活性炭を組み合わせたフィルターを用いたモノが主流。活性炭で塩素やニオイなどを除去した後、中空糸膜で細菌・サビ・カビなどを取り除いてキレイな水を生み出しています。

細菌やカビを取り除くセラミックフィルター

By: amazon.co.jp

多数の細かい穴が空いているセラミックフィルター。カルシウムやマグネシウムなどを主体としているのが特徴で、ミネラルの添加用としても使われるのが特徴です。一般細菌・カビ・サビなどを取り除く効果が期待できます。セラミックフィルターは活性炭と組み合わせて使用されるのが一般的です。

浄水器のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大手家電メーカー「パナソニック」の浄水器は蛇口直結型モデルが多いのが特徴。蛇口直結型浄水器はカートリッジ交換時期が2〜4ヶ月のモデルが多いですが、パナソニックのモデルは6〜12ヶ月と長いのがポイントです。

三菱ケミカルクリンスイ(Cleansui)

By: amazon.co.jp

三菱ケミカルクリンスイの浄水器は、ポット型や据え置き型などのさまざまなタイプのモデルを揃えているのが魅力です。中空糸膜の開発も自社で行なっていることから、特に中空糸膜フィルターを採用した浄水器の品揃えが充実しています。

浄水器のおすすめモデル|蛇口直結型

第1位 三菱ケミカルクリンスイ(Cleansui) MONO MD101-NC

クリンスイのMONOシリーズ。フィルターにポリエチレン中空糸とイオン交換繊維、そして活性炭を採用しており、雑菌や鉄サビなど15物質を除去する効果が期待できます。

カートリッジの交換時期目安は1日10Lの利用で約3ヶ月。カートリッジには汚れの状況を目で確認できるチェックウィンドウが付いていて便利です。

「浄水」「原水ストレート」「原水シャワー」の3段で切り替えられるため、用途に応じて使い分けられます。水栓の左右どちらにも取り付けできるので、シンクの状態や利き腕に合わせて使いやすく設置できるおすすめの蛇口直結型浄水器です。

第2位 パナソニック(Panasonic) TK-CJ12-W

パナソニックの人気モデル。カートリッジ寿命が12ヶ月で蛇口直結型モデルとしては長いのがポイントです。サイズは高さ75×幅125×奥行き110mm。フィルター素材には中空糸膜をはじめ、粒状活性炭や不織布を採用しており、塩素やニオイ成分など17物質を除去する効果が期待できます。

レバーで泡沫原水ストレートと泡沫シャワーに切り替えられるのも便利です。シャワー部分は取り外し可能なので、水垢などの掃除も簡単。基本性能が高い浄水器でランニングコストを抑えたいという方におすすめの浄水器です。

第3位 東レ(TORAY) トレビーノ カセッティ MK309SMX

新たな濾過システムを採用して、浄水に要する時間を短縮したモデル。1分当たりの濾過流量は3Lと従来品の1.6Lから大幅に増加しています。

サイズは高さ95×幅147×奥行き72mm。フィルターには東レの中空糸膜が採用されているほか、活性炭やイオン交換体を用いており、残量塩素やカビ臭など13物質を除去する効果が期待できます。カートリッジ交換目安は1日10Lの使用で約2ヶ月です。

第4位 三菱ケミカルクリンスイ(Cleansui) クリンスイ CB073

リーズナブルな価格が魅力の浄水器。フィルターにポリエチレン中空糸膜と活性炭を使用しており、塩素・トリハロメタンなどの9物質を除去する効果が期待できます。交換時期がひと目でわかるカウント表示の液晶を搭載しているのが特徴。カートリッジ交換目安は3ヶ月です。

節水シャワーを採用しているのもポイント。高さ59×幅131×奥行き103mmとコンパクトなので、一人暮らしでキッチンシンクのスペースをあまり確保できない方にもおすすめです。

浄水器のおすすめモデル|据え置き(シンクトップ型)

第1位 三菱ケミカルクリンスイ(Cleansui) エミネント クリンスイエミネントⅡ EM802

三菱ケミカルクリンスイの据え置き型ハイエンドモデル。一番の特徴はツインカートリッジシステムを採用しているところです。雑菌やサビの除去効果が期待できるポリエチレン中空糸膜のカートリッジと、残留塩素・鉛・トリハロメタンなどの除去効果が期待できる活性炭&セラミックカートリッジが搭載されています。

本体サイズは高さ306×幅210×奥行き117mm。流量が毎分2.5Lと多いのもポイントです。カートリッジの交換目安は1日25Lの使用で12ヶ月。交換時期は液晶画面で知らせてくれます。

第2位 パナソニック(Panasonic) ミネラル調理浄水器 TK-CS40

ミネラル浄水タイプの据え置き型モデル。水の硬度がダイヤルで3段階から選べるため、ダシを作ったり煮込み料理を作ったりとさまざまな用途で活躍してくれます。

粒状活性炭や粉末活性炭、中空糸膜、そしてセラミックや不織布素材のフィルターを装備しているのが特徴。残留塩素・濁り・アルミニウムなど15物質を取り除く効果が期待できます。

ミネラルボトルやフィルターカートリッジの交換目安は約6ヶ月。サイズは高さ210×幅216×奥行き114mmとコンパクトです。

第3位 シーガルフォー(SEAGULL Ⅳ) 浄水器 X-1DS

抗微生物素材を採用しており、衛生的に使える据え置き型モデル。イオン吸着機能が搭載されているので、小さな粒子までしっかり捕らえる効果が期待できます。水に含まれているミネラルは通してくれるため、おいしく飲めるのが特徴です。

設置方法は水栓の先にコックを取り付けるだけなので、手間が掛からないのが魅力。サイズは直径127×高さ137mmです。

浄水器のおすすめモデル|ポット型

第1位 三菱ケミカルクリンスイ(Cleansui) ポット型浄水器 CP012-WT

活性炭と中空糸膜に加えて、セラミックとイオン交換繊維をフィルターに採用したクリンスイのポット型浄水器です。活性炭がカルキ臭やカビ臭を除去、中空糸膜が雑菌やサビを除去、そしてイオン交換繊維とセラミックにより水に溶け込んだ鉛を除去する効果が期待できます。カートリッジの交換目安は1日2Lの使用で3ヶ月です。

浄水部容量は0.9L。サイズは高さ288×幅105×奥行き105mmなので、冷蔵庫への収納もラクに行えます。また、本体には指をかけやすい溝があるので持ち運びやすいのが特徴です。フタを外さずに給水できる仕組みも採用されています。

第2位 ブリタ(BRITA) 浄水ポット アルーナ XL 2.0L BJ-PAXB

世界60カ国以上で親しまれている浄水器メーカー「ブリタ」のポット型モデル。容量が2Lなので飲料用のポットとして使えます。サイズは高さ254×幅145×奥行き245mmで重量は約600gです。

カートリッジ1つで200Lを浄水できます。1L当たり約7円でキレイな水が飲める経済性の高さがメリット。パーツを取り外して丸洗いができるほか、食器洗い機でも洗えるためお手入れをラクに行えるのが魅力です。

第3位 東レ(TORAY) トレビーノ ポット型浄水器 標準タイプ 1.1L PT302SV

水1Lを約3分で浄水できる時短タイプのモデル。濾過材に活性炭とイオン交換体を採用しており、従来モデルの5分からさらに浄水時間が短縮されています。カートリッジの交換目安は1日2Lの使用で約3ヶ月です。

10日単位で設定できる交換目安ダイヤルが付いているので、カートリッジの交換を忘れてしまう心配もありません。サイズは高さ282×幅157×奥行き103mmで重量は約610g。2Lペットボトルより少し大きい程度のサイズなので、冷蔵庫にも問題なく収納できます。

第4位 パナソニック(Panasonic) ポット型ミネラル浄水器 2.0L TK-CP21-W

カルシウムを溶解させて、1L当たりの硬度をおよそ30mg増加させるミネラル添加機能を搭載したポット型浄水器。フィルターに活性炭・セラミック・中空糸膜を採用しており、15物質の除去効果が期待できます。サイズは高さ282×幅105×奥行き284mmで重量は約800gです。

第5位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 炊飯浄水ポット 1.1L MQ-JA11-WB

お米を炊くのに最適な水を作り出すという目的に特化した浄水器。カートリッジに炭酸カルシウムと活性炭が配合されているため、炊飯に最適なアルカリ度の水を作れます。

これにより、お米の内部まで水が浸透して、ご飯の甘さと粘りを引き出すデンプンのアルファ化を促進させられるのが特徴。さらに、フィルターに中空糸膜を採用しているため、お米のニオイや味を損なう物質を取り除けます。

カートリッジは1日1Lの使用で約5ヶ月間使えるのもポイント。滑りづらくテーブルに傷がつきにくい底面ラバーも付いています。サイズは高さ280×幅105×奥行き215mmで重量は約700gです。