食パンに好きな具材をはさんで焼く「ホットサンド」。簡単に作れることから、朝食やランチはもちろん、ホームパーティやアウトドアで振るまうおもてなし料理としても人気があります。

そこで今回は、人気のおすすめホットサンドメーカーを、家庭用とアウトドア用に分けてランキング形式でご紹介。アツアツの美味しいホットサンドを作ってみてください。

ホットサンドメーカーの選び方

タイプで選ぶ

直火式

By: amazon.co.jp

直接火にかけて調理できるのが直火式。家庭のガスコンロはもちろん、持ち運びやすいのでアウトドアでも活用できます。焼き加減の調節が難しいこともありますが、火力が強いので外側はカリッと、中はしっとりふっくら仕上がるのが魅力。

なお、材質によって重さが異なるので、重量は事前にチェックしておきましょう。軽いモノは錆びにくいアルミニウム製、重さと安定感のあるモノは耐久性の高い鉄製などが主流です。

さらに、分解して洗えるタイプは、衛生的で扱いやすいのでおすすめ。片面のみを小さなフライパンとして利用でき、パンに挟む卵などの具材も調理できます。また、人気のアウトドアメーカーが製造しているモノも多く、おしゃれなデザインのアイテムが揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

電気式

By: rakuten.co.jp

電気式のホットサンドメーカーは、誰でも簡単に操作できるのが最大のメリット。また、プレートの取り替えが可能で、ホットサンド以外にも、ワッフルやたい焼き、ドーナツなどが焼ける汎用性の高さも魅力です。さらに1回で2組のホットサンドが焼けるモノもあり、朝食やおやつ時にさっと手軽に作れます。

キッチンで調理する必要がないので、家族や友人と一緒にワイワイ楽しく作れるのもポイント。なお、火力は直火ほど強くないので、しっかり予熱をしておくことが大切です。また、大きなサイズのサンドイッチメーカーは場所を取るので、収納できるかどうか注意する必要があります。縦置きができるタイプは、場所を取らずに収納できるのでおすすめです。

利用シーンをチェック

家庭でホットサンドメーカーを使う場合

By: amazon.co.jp

家庭でホットサンドメーカーを使うなら、2枚の食パンを同時に焼けるタイプが便利。1度に2~3人分のホットサンドが作れます。

また、平日の朝食にホットサンドを食べるなら、タイマー付きのタイプがおすすめ。具材をセットしたらホットサンドメーカーから目を離せるので、忙しい朝でも便利です。ただし、セットしたまま忘れないように注意しましょう。

アウトドアでホットサンドメーカーを使う場合

By: amazon.co.jp

キャンプなどのアウトドアで食べるホットサンドは格別です。アウトドアでホットサンドメーカーを使うなら、持ち運びしやすく手入れしやすいタイプを選ぶのがポイント。

キャンプ施設によっては電源を確保できる場所があるものの確実ではないため、アウトドアでホットサンドメーカーを使うという場合は、直火式のタイプを選んでみてください。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

自宅で直火式のホットサンドメーカーを使用する際は、対応熱源に注意が必要です。自宅のコンロがIHの場合は、対応するモデルであるかをチェックしておきましょう。

IHクッキングヒーターは、トッププレートの上に置かれた調理器具の底面部分が発熱します。より広い面積が当たるよう、平らな形状になっているのが特徴。また、IH対応のモデルは、ガス対応のモノより重いことが多く、調理しやすい重量であるかも注目ポイントです。

付属プレートの種類

By: amazon.co.jp

電動式のホットサンドメーカーの場合、ホットサンド以外にも色々と調理できるプレートが付属していることもあります。例えば、ワッフルプレートやドーナツプレートが付属しているモデルなら、おやつ作りに役立てることが可能です。焼きおにぎりを作れるモデルであれば、ホットサンドメーカーひとつでランチのバリエーションが広げられるのでおすすめ。

プレートの種類が豊富なモデルは、パーティなどでおもてなし料理を用意する際にも活躍してくれます。電動式のホットサンドメーカーを選ぶときは、付属プレートの種類も注目してみてください。

焼き目の模様と本体のデザインをチェック

By: amazon.co.jp

ホットサンドはSNS映えする料理としても人気があります。ストライプや格子状などおしゃれな焼き目をつけられるモデルも存在するので、自作のホットサンドをSNSにアップしたいと考えている方はチェックしてみてください。

また、ホットサンドメーカー本体もデザイン性の高いモデルが多いので、見た目で選ぶのもおすすめ。キャンプに持ち運ぶことを考慮して、ほかのキャンプギアと合わせたブランドや色のモデルを選ぶとおしゃれです。

ホットサンドメーカーのおすすめランキング|直火式

第1位 チャムス(CHUMS) ホットサンドウィッチ クッカー CH62-1039

カジュアルウェアからキャンプ用品まで、幅広いアイテムを扱うチャムスのホットサンドメーカーです。ホットサンドの表面にはブランドマスコットの可愛らしい「ブービーバード」、裏面にはロゴが焼き付けられるのが魅力。本体内側はこびりつきを防ぐフッ素樹脂加工が施され、さらに取り外しが可能で洗いやすく、使い勝手がよいのでおすすめです。

なお、片面を外した状態でフライパンのように使用できるため、パンケーキなどの調理も可能。IHは非対応ですが、アウトドアでも自宅でも、おしゃれなホットサンドが手軽に作れます。

第2位 バウルー(BAWLOO) ホットサンドメーカー ダブル BW02

40年以上のロングセラーとして愛され続けているバウルーのホットサンドメーカーです。中央に仕切りがあるため簡単に2等分でき、縁までしっかりとプレスするので、カレーやシチューなど水気の多い具材でもこぼれにくいのが魅力。パンの耳を切らずに使用でき、カリカリとした食感が楽しめます。

パンは8枚切り、6枚切りのどちらも使用できますが、具をたくさん入れたい場合は8枚切りがおすすめ。本体内側に施されたフッ素樹脂加工でこびりつきを防げるため、ホットサンドだけでなくベーコンや卵などの簡単な調理をするのにも便利です。

第3位 ロゴス(LOGOS) ホットサンドパン

パンの端を圧着する面積が広く、耳つき・耳なし、どちらの食パンでも使用できるホットサンドメーカー。ブランドマークのメイプルリーフと「LOGOS」の文字が焼き付けられます。中央に仕切りがあり、食べやすい長方形のホットサンドに仕上がるのも魅力。2つに分割できる本体は洗いやすく、手入れも簡単です。

第4位 コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

世界中で絶大な人気を誇るアウトドアブランド、コールマンのホットサンドメーカーです。ハンドルの取り外しが可能で、コンパクトに収納できるのが特徴。収納ケースも付いていて持ち運びやすく、キャンプなどのアウトドアで使用するのにおすすめです。

本体には仕切りが斜めに入っており、三角形のサクサクとしたホットサンドが作れます。ブランドのロゴマークであるランタンが焼き付けられるのもポイント。本体の内側は、こびりつきを防ぐためにノンスティック加工が施されています。

第5位 及源(OIGEN) ホットサンドメーカー F-416

ざらりとした質感と重厚感のある美しさが目を引く南部鉄器のホットサンドメーカー。熱が均等に伝わる南部鉄の特徴を生かし、外はカリッと中はしっとりとしたホットサンドが作れます。丈夫で錆びにくく、適切にお手入れをすることで一生モノとして使えるのも魅力です。

なお、錆びを防ぐため、使用後は食材が入ったまま長く放置しないようにしましょう。天然素材のタワシなどで洗い、加熱するなどして水分をしっかりと蒸発させ、風通しのよい場所で保管することをおすすめします。

第6位 山谷産業 TSBBQ ホットサンドメーカー

パンの耳までしっかりとプレスし、サクサクとした食感が楽しめるホットサンドメーカーです。本体を2枚に分離でき、ミニフライパンとしても活用できるので、お弁当のおかずなどのちょっとした調理にもおすすめ。刻印されるブランド名の「TSBBQ」は、本アイテムの製造地「燕三条BBQ(Tubame Sanjyo BBQ)」の頭文字からとったものです。

本ブランドは、ものづくりの町として有名な新潟県の燕三条で誕生し、スタイリッシュなBBQを提案するアウトドア用品が揃っています。ホットサンドメーカーの製造を手がけるのは、キッチンウェア製造において70年以上の歴史を持つ杉山金属。アウトドアでも自宅でも気軽に楽しめる、質の高い製品を作り出しています。

第7位 杉山金属 サンドdeグルメ IH対応 KS-2887

IH、ガスともに使用が可能で、熱伝導率の高いアルミニウム合金製のホットサンドメーカーです。直火の当たる底面は、杉山金属の特許構造である「アルプレッサ方式」を採用し、熱を均一に伝えます。焼きムラを防ぎ、外側全体がカリッとした食感のホットサンドを手軽に作れるのが魅力です。

本体内側はこびりつきを防止するフッ素樹脂加工が施されています。洗いやすい脱着式で、フライパンとしての利用も可能。ものづくりの町、新潟県燕市で製造されている本アイテムは、使いやすさ・品質の高さにおいて定評があります。

第8位 和平フレイズ ホットサンドパン IH対応 あつほかダイニング AM-9868

IH対応用のホットサンドメーカー。内側はシリコン樹脂塗装が施され、こびりつきを防ぎます。洗いやすい脱着式で、お手入れが簡単なのが魅力です。IHに適したフラットな形で熱が通りやすく、外側がカリカリとしたサンドイッチに仕上がります。本アイテムのほか、ガス火専用タイプもあり、使用する熱源に合わせて選択が可能。リーズナブルな価格もポイントです。

第9位 ヨシカワ 焼き目がサクサクホットサンドメーカー ガス火専用 SJ2408

こんがりと美味しそうな焼き目が斜めに入るのが特徴のホットサンドメーカー。熱伝導率の高いアルミ製で、焼きムラを防ぎます。380gと軽量なのでアウトドアの際にも持ち運びやすく、フッ素樹脂加工が施されているのでもお手入れも簡単です。

本アイテムのほかに、焼き目の付かない「あつあつホットサンドメーカー」と「あつあつワッフルメーカー」がラインナップ。リーズナブルな価格なので、用途によって使い分けるのもおすすめです。

第10位 下村企販 ブラックホットサンドメーカー 20415

中央に仕切りがあり、2つに分割できるタイプのホットサンドメーカー。子どものおやつにもぴったりなサイズに仕上がります。左右で違う具材を入れるのもおすすめ。パンの端をしっかりと圧着するので、カリカリとした食感が楽しめます。

製造は、モノづくりの町、新潟県燕市でキッチン用品をはじめとする、質の高い製品を数多く手がけている下村企販。リーズナブルな価格で長く愛用できるアイテムが豊富にラインナップされています。

ホットサンドメーカーのおすすめランキング|電気式

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチサンドメーカー PMS-704P

ホットサンドのほか、ワッフル、ドーナツ、パニーニの合計4種のプレートが付属したサンドイッチメーカー。ホットサンドは2枚同時に調理でき、さらに斜めに入った仕切り部分で簡単に分割できます。朝食やおやつはもちろん、ホームパーティーなどにもおすすめです。

使い方は、予熱したプレートにパンと具材を挟み、スイッチを入れるだけと簡単なので、子どもと一緒に食卓で作れるのも魅力。使用したプレートは丸洗いができ、さらに本体は縦置きが可能で、すっきりと収納できるのもポイントです。

第2位 レコルト(récolte) プレスサンドメーカー キルト RPS-1

コンパクトでおしゃれなデザインが目を引くホットサンドメーカー。プレートは熱伝導率のよい固定式を使用し、パンの耳までプレスするので、カリッとした食感が楽しめます。さらに食欲をそそるキルト柄のこんがりとした焼き目も魅力です。

また、3段階に調節できるハンドルロック機能があり、厚みのある具材もしっかり挟めるのが特徴。バゲットやイングリッシュマフィンなど、パンのアレンジが楽しめるのもポイントです。4枚切りの食パンも調理でき、両面に焼き色のついたトーストに仕上がります。

第3位 ブルーノ(BRUNO) ホットサンドメーカー ダブル BOE044

レトロなデザインがおしゃれなホットサンドメーカー。耳付きのパンをそのまま入れられる大きめサイズで、ダイヤル式のタイマーをセットすれば、きれいな焼き目の付いたホットサンドができます。また、ダブルサイズなので、片方にホットサンド、もう片方に野菜のグリルなどができるのも魅力です。

取り外しが可能なプレートは、オプションでワッフルプレート、ミニタルトプレート、おさかなプレートなどもあり、全5種類がラインナップ。お菓子作りにもおすすめのアイテムです。使用後は本体の底面に電源コードを巻き付け、縦置きでスッキリと収納できます。

第4位 ビタントニオ(Vitantonio) ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200

ホットサンドプレートとワッフルプレートがセットになったホットサンドメーカー。900Wのハイパワーで、焼き時間の目安は3~4分と短時間で焼き上がるのが特徴です。ホットサンド用の食パンは、耳を切り落とした8枚切りが最適。中央に仕切りのない型なので、具材がたっぷり挟めるのが魅力です。

なお、ホットサンドとワッフルのほか、別売りのプレートが豊富にラインナップされており、全13種類から選択できます。朝食からホームパーティまで、あらゆるシーンで便利に使えるアイテムです。

第5位 ライソン(LITHON) D-STYLIST Wホットサンドメーカー ailes KA-00278

耳を切り落とした8〜10枚切りの食パンに最適なホットサンドメーカー。斜めの仕切りで分割すれば、1度に4つのホットサンドができます。予熱が完了した本体にパンと具材を入れてフタを閉めるだけという簡単な使い方も魅力。

約5~6分でこんがりとしたホットサンドが焼き上がるので、慌ただしい朝や、来客時のおもてなしなどにもおすすめです。フッ素樹脂加工が施されており、お手入れも簡単。使用後は縦置きに収納できるのもポイントのホットサンドメーカーです。

第6位 ビタントニオ(Vitantonio) 厚焼きホットサンドベーカー gooood

約1.6cmの深さがあり、大きめのプレートが特徴のホットサンドメーカー。耳付きのパンをそのまま使用でき、耳をつぶさず焼き上げるので、ボリュームのあるホットサンドに仕上がります。具材をたっぷり挟み、おしゃれな断面を楽しむのもおすすめです。

フッ素加工が施されたアルミダイキャスト製のプレートは取り外しが可能で、丸洗いできるのもポイント。また、焼き上がったホットサンドを取り出すためのスクーパーが付いています。厚焼きホットサンドのほか、フランスパンでフレンチトーストを焼くなど、さまざまなアレンジが楽しめるのも魅力です。

第7位 石崎電機 シュアー モテナシベーカー SMS-802S

具材がたっぷり入る仕切りのないプレートで、2つのホットサンドが焼けるダブルサイズのホットサンドメーカー。温度を一定に保つサーモスタット機能付きで、焼き過ぎを防ぎます。プレートは取り外しが可能。さらにオプションでワッフルプレートや焼きおにぎりプレートなど全6種類がラインナップされており、目的に合わせて選択できます。

第8位 山善(YAMAZEN) マルチサンドメーカー YHS-X700-2N

ホットサンドとたい焼き用の2種類のプレートが付属したホットサンドメーカー。2組同時に焼けるダブルサイズで、斜めの仕切り部分でひとつのホットサンドを食べやすい三角形に分割できます。パンの端を圧着するので、カリカリとした食感が楽しめるのもポイントです。

焼き面がフルオープンする仕様で、付属のプレートでたい焼きを作る際も扱いやすく、焼きムラを防ぎます。パイロットランプが付いており、予熱の完了や焼き上がりを確認できるのも魅力です。

第9位 テスコム(TESCOM) マルチホットサンドメーカー HSM530

耳を切り落とした8~12枚切りの食パンに適したホットサンドメーカーです。取り外し可能なプレートは、ホットサンドのほか、ワッフル、スティックスイーツの合計3種類が付属。レシピブックも付いているので、調理の幅が広がります。

ホットサンドの焼き上がりは約6分が目安ですが、電源タイマー式で、好みの焼き加減に調節できるのも魅力です。さらに、加熱しすぎを防ぐサーモスタット機能が付いているのもポイント。使用後は、本体底面に付いているホルダーに電源コードを巻き付けて縦置きで収納できます。

第10位 ラドンナ(LADONNA) トフィー Toffy ホットサンドメーカー K-HS1

レトロなデザインとカラーが魅力のホットサンドメーカーです。プレートの取り外しはできませんが、8~12枚切りの耳付き食パンがそのまま使用できる大きめのサイズが魅力。使用後は本体の縦置きが可能で、すっきり収納できます。カラーはアッシュホワイト、シェルピンク、ペールアクアの3色がラインナップ。実用性だけでなく、デザインにもこだわりたい方におすすめのアイテムです。

ホットサンドメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ホットサンドメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。