食パンに好きな具材をはさんで焼く「ホットサンド」。簡単に作れることから、朝食やランチはもちろん、ホームパーティーやアウトドアで振るまうおもてなし料理としても人気があります。

そこで今回は、人気のおすすめホットサンドメーカーを、直火式と電気式に分けてランキング形式でご紹介。アツアツの美味しいホットサンドを作ってみてください。

ホットサンドメーカーの選び方

タイプで選ぶ

直火式

By: amazon.co.jp

直接火にかけて調理できるのが直火式。家庭のガスコンロはもちろん、持ち運びやすいのでアウトドアでも活用できます。焼き加減の調節が難しいですが、火力が強いので外側はカリッと、中はしっとりふっくら仕上がるのが魅力です。

なお、材質によって重さが異なるので、重量は事前にチェックしておきましょう。軽いモノは錆びにくいアルミニウム製、重さと安定感のあるモノは耐久性の高い鉄製などが主流です。

また、分解して洗えるタイプは、衛生的で扱いやすいためおすすめ。片面のみを小さなフライパンとして利用でき、パンに挟む卵などの具材も調理できます。また、人気のアウトドアメーカーが製造しているモノも多く、おしゃれなデザインのアイテムが揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

電気式

By: recolte-jp.com

電気式のホットサンドメーカーは、誰でも簡単に操作できるのが最大のメリット。また、プレートの取り替えが可能で、ホットサンド以外にも、ワッフルやたい焼き、ドーナツなどが焼ける汎用性の高さも魅力です。さらに、一度で2組のホットサンドが焼けるモノもあり、朝食やおやつ時に手軽にまとめて作れます。

キッチンで調理する必要がなく、家族や友人と一緒にワイワイ楽しく作れるのもポイント。なお、火力は直火ほど強くないので、しっかり予熱をしておくことが大切です。また、大きなサイズのサンドイッチメーカーは場所を取るため、収納できるかどうか注意する必要があります。縦置きができるタイプは、場所を取らずに収納できるのでおすすめです。

利用シーンをチェック

家庭でホットサンドメーカーを使う場合

By: amazon.co.jp

家庭でホットサンドメーカーを使うなら、2枚の食パンを同時に焼けるタイプが便利です。一度に2~3人分のホットサンドが作れます。

また、平日の朝食にホットサンドを食べるなら、タイマー付きのタイプがおすすめ。具材をセットしたらホットサンドメーカーから目を離せるので、忙しい朝でも便利です。ただし、セットしたまま忘れないように注意しましょう。

アウトドアでホットサンドメーカーを使う場合

By: amazon.co.jp

キャンプなどのアウトドアで食べるホットサンドは格別です。アウトドアでホットサンドメーカーを使うなら、持ち運びしやすく手入れしやすいタイプを選ぶのがポイント。

キャンプ施設によっては電源を確保できる場所があるものの確実ではないため、アウトドアでホットサンドメーカーを使うという場合は、直火式のタイプを選んでみてください。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

自宅で直火式のホットサンドメーカーを使用する際は、対応熱源に注意が必要です。自宅のコンロがIHの場合は、対応するモデルであるかをチェックしておきましょう。

IHクッキングヒーターは、トッププレートの上に置かれた調理器具の底面部分が発熱します。より広い面積が当たるように、平らな形状となっているのが特徴。また、IH対応のモデルは、ガス対応のモノより重いことが多く、調理しやすい重量であるかも注目ポイントです。

付属プレートの種類

By: amazon.co.jp

電気式のホットサンドメーカーの場合、ホットサンド以外にも色々と調理できるプレートが付属していることもあります。例えば、ワッフルプレートやドーナツプレートが付属しているモデルなら、おやつ作りに役立てることが可能です。焼きおにぎりを作れるモデルであれば、ホットサンドメーカーひとつでランチのバリエーションが広げられるのでおすすめ。

プレートの種類が豊富なモデルは、パーティなどでおもてなし料理を用意する際にも活躍してくれます。電気式のホットサンドメーカーを選ぶときは、付属プレートの種類も注目してみてください。

焼き目の模様と本体のデザインをチェック

By: amazon.co.jp

ホットサンドはSNS映えする料理としても人気があります。ストライプや格子状などおしゃれな焼き目を付けられるモデルも存在するので、自作のホットサンドをSNSにアップしたいと考えている方はチェックしてみてください。

また、ホットサンドメーカー本体もデザイン性の高いモデルが多いので、見た目で選ぶのもおすすめ。キャンプに持ち運ぶことを考慮して、ほかのキャンプギアと合わせたブランドや色のモデルを選ぶとおしゃれです。

ホットサンドメーカーのおすすめランキング|直火式

第1位 バウルー(BAWLOO) ホットサンドメーカー ダブル XBW02

バウルー(BAWLOO) ホットサンドメーカー ダブル XBW02

1970年代の発売以来ロングセラーとして愛され続けているホットサンドメーカーです。食パンに好きな具材を挟んで、4分焼くだけで熱々のホットサンドが作れます。

厚い銅板を使っているため蓄熱性が高く、焼き上がりがサクサクになるのが魅力です。中央部分に仕切りがあるので簡単に2等分でき、ふちまでしっかりとプレスすることで耳が付いたままの食パンもしっかり焼き上げます。カレーやグラタンなど水気の多い具材がこぼれにくいのもポイントです。

パンは8枚切りと6枚切りを使用できます。本体内側に施されたフッ素樹脂加工でこびりつきを防げるため、ホットサンド以外にも卵やベーコンなど、おかずの調理も可能です。

第2位 コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

アウトドアブランドのなかでもトップシェアを誇るコールマンのホットサンドメーカー。ブランドロゴのランタンマークがサンドイッチに焼印できる、おしゃれな焼き上がりが魅力です。

本体には仕切りが斜めに入っているため、三角形のサクサクとしたホットサンドの調理が可能。内部はノンスティック加工が施されているので、食材がこびりつきません。

アルミニウム板を使用しており、重量約550gと軽量なのもポイント。ハンドルを取り外して付属の収納ケースに入れれば持ち運びが簡単にできるため、アウトドアにもおすすめです。

第3位 チャムス(CHUMS) ホットサンドウィッチ クッカー CH62-1039

チャムス(CHUMS) ホットサンドウィッチ クッカー CH62-1039

カジュアルウェアからキャンプ用品まで、幅広いアイテムを扱うチャムスのホットサンドメーカー。ブランドマスコットの「ブービーバード」とメーカーロゴが焼印できる可愛い仕上がりが魅力の製品です。

アルミニウム製の本体内側にはフッ素樹脂加工が施されているため、食材のこびりつきを防げます。裏表取り外し可能な蝶番仕様で、お手入れも簡単です。

片面を外した状態でフライパンのように使用できるので、目玉焼きやベーコンを焼いたり、パンケーキを焼いたりと、ほかの料理にも活用できます。6~8枚切の食パンに対応しており、具材もたっぷり挟めるので自分好みのホットサンドが作ることが可能です。

第4位 下村企販 エンボストースターパン 34600

下村企販 エンボストースターパン 34600

サイズが大きめのホットサンドメーカー。6~8枚切の食パンを耳付きのまましっかりプレスできるほか、ガス火はもちろんIHでも使用できるところが魅力です。

食材がくっつきにくいエンボス加工を施しているため、食材や汚れがこびりつきません。間に仕切りがなく、フックを外せば2枚のフライパンとしても使用できるのでホットサンド以外の調理も可能です。パンの耳部分は圧着しないので、卵サンドやカツサンドなどボリュームのある具材を挟むこともできます。家庭でもホットサンドを楽しみたい方におすすめの製品です。

第5位 ロゴス(LOGOS) ホットサンドパン 81062239

ロゴス(LOGOS) ホットサンドパン 81062239

アウトドアグッズの有名ブランドであるロゴスのホットサンドメーカー。ブランドロゴと、ブランドイメージのメイプルリーフが焼印できるおしゃれで可愛い仕上がりが人気の製品です。

手軽に焼ける食パンサイズのホットサンドメーカーで、耳あり・耳なしどちらの食パンでも調理できます。斜めに仕切りが入る製品が多いなか、ロゴスの製品は仕切りが中央にまっすぐ入っているため、焼き上がりが長方形になるのもポイント。使用後は上下が2つに分割できるので、本体が洗いやすく、お手入れも簡単です。

第6位 及源(OIGEN) ホットサンドメーカー F-416

及源(OIGEN) ホットサンドメーカー F-416

全国のキャンプユーザーに人気の鉄製のホットサンドメーカー。南部鉄器を使用した重厚感のあるデザインとフォルムが人気です。重量約1.5kgと軽くはないものの、素材と仕上がりにこだわりたい方におすすめの製品です。

熱が均等に伝わる南部鉄器の特徴を生かし、外はカリっと中はしっとりしたホットサンドが作れます。具材をたっぷり挟んでも、鉄の重さがしっかり支えてくれるので仕上がりに安定感があるのもポイント。

なお、使用後は鉄サビを防ぐために、天然素材のタワシでしっかり洗って加熱して乾かす必要があります。ひと手間かかるものの、一生ものとして使える魅力があるおすすめのホットサンドです。

第7位 和平フレイズ みんなチアーズ ホットサンドメーカー RA-9774

和平フレイズ みんなチアーズ ホットサンドメーカー RA-9774

みんなで楽しくをモットーに作られた和平フレイズのホットサンドメーカーです。本体内側には斜めストライプの溝が施されており、かわいいストライプの焼き柄のホットサンドが作れます。

厚さ1.5mmのアルミニウム合金を使用しており、表面はシリコン樹脂による塗装が施されているため、食材のこびりつきを防止可能です。着脱式なので、毎日のお手入れも簡単。具材を挟んで片面1分半ずつ焼くだけのお手軽タイプのため、大勢集まるホームパーティーにも活躍します。

第8位 TSBBQ 燕三条ホットサンドメーカー TSBBQ-004

TSBBQ 燕三条ホットサンドメーカー TSBBQ-004

ものづくりの町「燕三条」が作るバーベキューブランドTSBBQのホットサンドメーカーです。TSBBQのロゴを両面に焼印できるおしゃれさが魅力。ガス直火だけでなく、ハロゲンヒーターやシーズヒーター、ラジエントヒーターにも対応したモデルです。

6~8枚切りの食パンに対応しており、端までしっかり圧着するので、中に入れた具がはみ出すことなく仕上がります。2つに分かれるセパレートタイプなのでお手入れも簡単。ミニフライパンのように片面だけ使用することも可能なため、アウトドアだけでなく家庭でも活躍します。

第9位 岩野(i-WANO) ホットサンドメーカー はさもっか

岩野(i-WANO) ホットサンドメーカー はさもっか

IH・ガス火どちらでも使えるホットサンドメーカーです。電気式と違い丸洗いできるのでお手入れも簡単。家庭でもアウトドアでもホットサンドを作りたい方におすすめの製品です。

2ヶ所のジョイント部分を外せば、上下それぞれが独立したフライパンとしても使えるので、卵焼きやウインナーなどの調理も可能。ホットサンド以外のメニューの幅が広がります。

パンに接する内側部分にはフッ素樹脂加工を施してあるため、食材がこびりつきません。本体には熱伝導率のいい厚めのアルミ合金を使用しているので火の回りがよく、焼きムラのないふっくらしたホットサンドが作れます。

第10位 杉山金属 スマイルクッカーDX KS-2881

杉山金属 スマイルクッカーDX KS-2881

熱伝導率の高い特厚アルミニウム合金製のホットサンドメーカーです。直火の当たる底面は、杉山金属の特許構造であるアルプレッサ方式を採用しているため、熱を均一に伝えることで焼きムラを防ぎ、カリっとした食感のホットサンドが作れます。

ガス火だけでなく、IHでも使用できるところが大きなポイント。アウトドアだけでなく、家庭でも毎日ホットサンドを楽しめます。本体内側にはこびりつきを防止するフッ素樹脂加工が施されており、上下が分離できてお手入れも簡単です。

ホットサンドメーカーのおすすめランキング|電気式

第1位 レコルト(recolte) プレスサンドメーカー キルト RPS-1

レコルト(recolte) プレスサンドメーカー キルト RPS-1

かわいいキルト模様のホットサンドが焼けるホットサンドメーカー。耳付きの食パンがぴったり入るサイズで、お道具箱のようなキュートなデザインが魅力です。熱伝導にすぐれた固定式のプレートのため、短時間で耳までカリっとした美味しいホットサンドが作れます。

電源を入れて数分予熱した後は、食パンと好きな具材をのせて3分焼くだけであっという間に調理が完了。ハンドルロックが3段階で調節できるので、薄い具材からボリュームのある具材まで、厚みに合わせて仕上がりを調節できます。

食パン以外にもバゲット・イングリッシュマフィン・焼きおにぎりなど、多彩なアレンジが楽しめるのもポイント。4枚切の食パンであれば具材を挟まずそのままプレスするだけで、両面しっかり焼き色が付いた美味しいトーストが作れます。

付属の専用レシピブックには、定番のホットサンド以外にもランチにおすすめのツインズホットサンドや、おかずなど33種類のメニューが掲載されているのもポイント。毎日のお料理に楽しいをプラスしてくれる製品です。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチサンドメーカーIMS-703P

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチサンドメーカーIMS-703P

ホットサンドだけでなく、ワッフル、ドーナツの3種類が作れるプレートが付属したホットサンドメーカーです。ホットサンドプレートは斜めに仕切りが付いているため、一度に4つのホットサンドが調理できます。朝食はもちろんおやつやホームパーティーにもおすすめの製品です。

立てて収納することもでき、サイズは横約11・高さ約25.7cmと薄型コンパクトに収納できます。それぞれのプレートは取り外して丸洗いできるので、お手入れも簡単。コードの長さも1.5mあるため、キッチン以外での使い勝手も良好です。

スイッチを入れて予熱した後は、材料を入れて挟むだけのワンタッチ操作で調理が完成するので、お子様と調理を楽しめるのもポイント。4~5分で焼き上がるので、忙しい朝にもおすすめです。

第3位 ビタントニオ(Vitantonio) ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200

ビタントニオ(Vitantonio) ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200

ホットサンドプレートとワッフルプレートがセットになったホットサンドメーカー。900Wのハイパワーで、電気式ながらも焼き時間の目安は3~4分と高温設計が魅力の製品です。

ホットサンドプレートは仕切りがないスクエアタイプ。プレートには重厚感のあるフッ素樹脂加工アルミダイキャストを使用しているため、たっぷりの具材を挟むことが可能です。

本体に元々付属しているスクエアホットサンドプレートとワッフルプレート以外にも、マドレーヌやドーナツ、タルトやパニーニなど別売りプレートが11種類あるのもポイント。これ1台でさまざまなレシピが楽しめます。

プレートは取り外して洗えるのでお手入れも簡単で衛生的。本体底面のホルダーにコードを巻きつけてすっきり立てて収納できるため、キッチンにおいて毎日手軽に使える製品です。

第4位 ブルーノ(BRUNO) ホットサンドメーカー ダブル BOE044

ブルーノ(BRUNO) ホットサンドメーカー ダブル BOE044

レトロなデザインがおしゃれなホットサンドメーカー。耳付きのパンをそのまま入れられる大きめサイズで、1分単位で調節できるダイヤル式のタイマーをセットすることで、きれいな焼き目の付いたホットサンドが作れます。

全体に熱が伝わりやすい大きなヒーターが上下に付属しているため、短時間でしっかり焼き上げられるのがポイント。ダブルサイズなので、片方でホットサンドを焼きながら、もう片方で野菜をグリルするというように、まとめて調理できるのも魅力です。

取り外しできるプレートは、別売りでワッフル・ミニタルト・プチガトーなど全5種類のラインナップがあり、これ1台でさまざまな調理が楽しめます。

フタ表面はシンプルなブランドロゴ入りでおしゃれなのもポイント。使用後は本体の底面に電源コードを巻き付け、縦置きでスッキリと収納可能です。

第5位 デロンギ(DeLonghi) マルチグリル エブリデイサンド&ワッフルメーカー SW13ABCJ-S

デロンギ(DeLonghi)マルチグリル エブリデイサンド&ワッフルメーカー SW13ABCJ-S

ホットサンドプレート以外にも、グリルプレート、ワッフルプレートが付いた毎日使えるマルチグリルです。ホットサンドだけでなく、肉や魚も焼けるため、朝食だけでなくランチやディナーなど幅広いシーンで活躍します。

パンのふちをしっかりプレスして具材を閉じ込めるホットサンドプレートは、パイ生地を使ったパイサンドやケーキの調理ができるのもポイント。グリルプレートは余分な脂が落ちる波型グリルなので、ヘルシーに焼き上げられます。

本体下部にコードを巻きつけて、垂直に立てて収納できるため、狭いキッチンでも収納に困りません。オリジナルのレシピブックが付属しており、毎日のお料理を楽しくしてくれるおすすめのホットサンドメーカーです。

第6位 TDP ホットサンドメーカー フラットタイプ TDP-R001B

TDP ホットサンドメーカー フラットタイプ TDP-R001B

ホットサンドやワッフル用のプレートに加えてさまざまな用途で活躍するフラットプレートが付属した、1台で3役をこなすホットサンドメーカー。フラットプレートを用いれば、耳付きの食パンや山型食パンでもホットサンドを作れます。

フッ素樹脂加工が施されているため、油いらずのヘルシーな調理が可能です。プレートは料理がこびりつきにくいだけでなく丸洗いに対応しており、お手入れが簡単。キッチンの限られたスペースに縦置きで収納できるのもうれしいポイントです。

第7位 山善(YAMAZEN) 具だくさん耳付きで焼けるホットサンドメーカー YSB-S420

山善(YAMAZEN) 具だくさん耳付きで焼けるホットサンドメーカー YSB-S420

5~10枚切りの食パンに対応したホットサンドメーカー。固定式のホットサンドプレートを搭載したシンプルな設計で、誰にでも使いやすいアイテムです。深さがしっかりとられているため、具だくさんのチキンサンドやカツサンドを楽しみたい方におすすめします。

フッ素樹脂加工が施されたプレートはお手入れが簡単。ツヤが抑えられたマットなデザインにより、キッチンにすんなり馴染んでくれるのがポイントです。本体のカラーリングにはブラック・ホワイトの2パターンが用意されています。

第8位 ラドンナ(LADONNA) ホットサンドメーカー Toffy K-HS1

ラドンナ(LADONNA) ホットサンドメーカー Toffy K-HS1

耳が付いたままの食パンに具を挟んでセッティングするだけで手軽にホットサンドが楽しめるホットサンドメーカー。2枚焼きに対応しているため、忙しい朝に家族分の朝食を素早く用意したい場合に重宝するアイテムです。

自動的にヒーターのオン・オフを切り替えるサーモスタットを搭載したスマートな設計がポイント。レトロな雰囲気が魅力のペールアクア・シェルピンクといったカラーリングが取り揃えられています。

第9位 テスコム(TESCOM) マルチホットサンドメーカー HSM530

テスコム(TESCOM) マルチホットサンドメーカー HSM530

ホットサンドプレート・ワッフルプレートに加え、クッキーバーやパイサンドが焼けるスティックスイーツプレートが付属したホットサンドメーカー。自宅で手軽なお菓子作りを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

焼き時間をタイマーで設定する仕様で、できあがりはベルがお知らせ。自動で電源が落ちるため、切り忘れを防止できます。また、電源コードは底面に巻きつけてコンパクトに収納可能。本体は縦置きに対応しており、場所をとらずに片づけられるのもうれしいポイントです。

第10位 グリーンハウス(GREEN HOUSE) ホットサンドメーカー GH-HOTSA

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ホットサンドメーカー GH-HOTSA

木目調のハンドルの温かみあるデザインが目を引くホットサンドメーカー。食パンの耳を切らずにそのままで本格的なホットサンドが作れるのはもちろん、ワッフル用のプレートが付属しているためさまざまなメニューを楽しめます。

上下のプレートは取り外しタイプで、丸洗いしていつまでも清潔さをキープできるのがうれしいポイント。一定温度まで達した場合は過熱が自動的にストップするシステムを搭載しており、安全性はバッチリです。

第11位 石崎電機製作所 SURE モテナシベーカー SMS-802S

石崎電機製作所 SURE モテナシベーカー SMS-802S

仕切りがなく具だくさんのホットサンド作りにピッタリなホットサンドメーカー。電源のオン・オフを切り替えるスイッチを搭載しており、過熱状況はパイロットランプで確認できます。

プレートにはフッ素樹脂加工が施され、焦げ付きにくいのがポイント。パンケーキや目玉焼きが作れる丸プレートに加えて、焼きおにぎりプレート・たい焼きプレート・ドーナッツプレートまで、別売りの専用オプションパーツが充実しています。

ホットサンドメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ホットサンドメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。