食パンに好きな具材を挟んで焼く「ホットサンド」。簡単に作れることから、朝食やランチはもちろん、ホームパーティーやアウトドアで振る舞うおもてなし料理としても人気があります。

そこで今回は、人気のおすすめホットサンドメーカーを、直火式と電気式に分けてランキング形式でご紹介。アツアツの美味しいホットサンドを作ってみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

ホットサンドメーカーの選び方

タイプで選ぶ

直火式

By: amazon.co.jp

直接火にかけて調理できるのが直火式。家庭のガスコンロはもちろん、持ち運びやすいのでアウトドアでも活用できます。焼き加減の調節が難しいですが、火力が強いので外側はカリッと、中はしっとりふっくら仕上がるのが魅力です。

材質によって重さが異なるので、重量は事前にチェックしておきましょう。軽いモノは錆びにくいアルミニウム製、重さと安定感のあるモノは耐久性の高い鉄製などが主流です。

また、分解して洗えるタイプは、衛生的で扱いやすいためおすすめ。片面のみを小さなフライパンとして利用でき、パンに挟む卵などの具材も調理できます。また、人気のアウトドアメーカーが製造しているモノも多く、おしゃれなデザインのアイテムが揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

電気式

By: recolte-jp.com

電気式のホットサンドメーカーは、誰でも簡単に操作できるのが最大のメリット。また、プレートの取り替えが可能で、ホットサンド以外にも、ワッフルやたい焼き、ドーナツなどが焼ける汎用性の高さも魅力です。さらに、一度で2組のホットサンドが焼けるモノもあり、朝食やおやつを手軽にまとめて作れます。

キッチンで調理する必要がなく、家族や友人と一緒に楽しく作れるのもポイント。なお、火力は直火ほど強くないので、しっかり予熱をしておくことが大切です。また、大きなサイズのサンドイッチメーカーは場所を取るため、収納できるかどうか注意する必要があります。縦置きができるタイプは、場所を取らずに収納できるのでおすすめです。

利用シーンをチェック

家庭でホットサンドメーカーを使う場合

By: amazon.co.jp

家庭でホットサンドメーカーを使うなら、2枚の食パンを同時に焼けるタイプが便利です。一度に2~3人分のホットサンドが作れます。

また、平日の朝食にホットサンドを食べるなら、タイマー付きのタイプがおすすめ。具材をセットしたらホットサンドメーカーから目を離せるので、忙しい朝でも便利です。ただし、セットしたまま忘れないように注意しましょう。

アウトドアでホットサンドメーカーを使う場合

By: amazon.co.jp

キャンプなどのアウトドアで食べるホットサンドは格別です。アウトドアでホットサンドメーカーを使うなら、持ち運びしやすく手入れしやすいタイプを選ぶのがポイント。

キャンプ施設によっては電源を確保できる場所がありますが確実ではないため、アウトドアでホットサンドメーカーを使うという場合は、直火式のタイプを選んでみてください。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

自宅で直火式のホットサンドメーカーを使用する際は、対応熱源に注意が必要です。自宅のコンロがIHの場合は、対応するモデルであるかをチェックしておきましょう。

IHクッキングヒーターは、トッププレートの上に置かれた調理器具の底面部分が発熱します。より広い面積が当たるように、平らな形状となっているのが特徴。IH対応のモデルは、ガス対応のモノより重いことが多く、調理しやすい重量であるかも注目ポイントです。

付属プレートの種類

By: amazon.co.jp

電気式のホットサンドメーカーの場合、ホットサンド以外にもいろいろと調理できるプレートが付属していることもあります。例えば、ワッフルプレートやドーナツプレートが付属しているモデルなら、おやつ作りに役立てることが可能です。焼きおにぎりを作れるモデルであれば、ホットサンドメーカーひとつでランチのバリエーションが広げられるのでおすすめ。

プレートの種類が豊富なモデルは、パーティーなどでおもてなし料理を用意する際にも活躍します。電気式のホットサンドメーカーを選ぶときは、付属プレートの種類にも注目してみてください。

焼き目の模様と本体のデザインをチェック

By: amazon.co.jp

ホットサンドはSNS映えする料理としても人気があります。ストライプや格子状などおしゃれな焼き目を付けられるモデルも存在するので、自作のホットサンドをSNSにアップしたいと考えている方はチェックしてみてください。

また、ホットサンドメーカー本体もデザイン性の高いモデルが多いため、見た目で選ぶのもおすすめ。キャンプに持ち運ぶことを考慮して、ほかのキャンプギアと合わせたブランドや色のモデルを選ぶとおしゃれです。

ホットサンドメーカーのおすすめランキング|直火式

第1位 杉山金属 IH対応ホットサンドメーカー サンドdeグルメ KS-2887

杉山金属 IH対応ホットサンドメーカー サンドdeグルメ KS-2887

IHにも直火にも対応できる便利なホットサンドメーカー。自宅ではIHで使用し、キャンプやアウトドアでは直火で使用したい方におすすめです。特厚アルミニウム合金製で熱伝導に優れており、特許構造の「アルプレッサ」により熱を均一に伝えられるため、焼きムラのない美味しいホットサンドが作れます。

食パン2枚に具材を挟んで耳まで焼けるため、耳をカットする手間がかからず食材を無駄にしないのが魅力。卵などの具材を焼いてから反対側にパンをのせて焼けるので、挟みにくい具材もホットサンドにできます。着脱式で洗いやすく、片側だけを小さなフライパンとしても使える便利な製品です。

第2位 コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

コールマンのホットサンドメーカーは三角のホットサンドを同時に2枚焼くことが可能。内側にはノンスティック加工が施されているため、チーズなどが溶けてもこびり付かず楽に手入れができます。ホットサンドが仕上がると、中心にブランドロゴが焼印されるのもポイントです。

ハンドルは取り外しが可能で、付属の収納ケースに入れるとコンパクトになり、楽に持ち運びができます。本体の重さは約550gと軽量で、扱いやすいのが魅力です。取っ手が木製でデザインもおしゃれ。アウトドアだけでなく、自宅でも手軽にホットサンドを作れる人気製品です。

第3位 チャムス(CHUMS) ダブル ホットサンドウィッチクッカー CH62-1180

チャムス(CHUMS) ダブル ホットサンドウィッチクッカー CH62-1180

本製品は、食パンを縦に2分割した細長いホットサンドを焼けるのが特徴。食べやすいサイズのホットサンドなので、小さい子供がいる家庭におすすめです。チャムスのロゴとペンギンのイラストが焼印されたホットサンドは、アウトドアやキャンプを盛り上げてくれます。

本体はアルミニウム製で、内側にはフッ素樹脂加工が施されているため、食材がはみ出しても焦げ付かないのがポイント。鉄板部分はやや膨らんだ形状になっており、食パンと食材を多めに入れても溢れることなく挟み込めます。アウトドア好きなファミリーにおすすめのホットサンドメーカーです。

第4位 イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー XBW02

イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー XBW02

軽量なアルミダイキャスト製のホットサンドメーカー。本体重量が約450gと軽量なので、自宅で調理をする際にも楽に扱えます。重い荷物がたくさんあるキャンプやアウトドアにもおすすめです。食材を挟んだ食パンをそのまま挟み込んでも中央で2つに分かれて焼き上がるので、事前にカットする手間がかかりません。

中央に仕切りがあり、左右の鉄板には程よい深さがあるため、右側で卵を焼いて左側でウインナーを焼くことも可能。普段のお弁当作りにも便利に活用できます。キャンプの朝食も1台で手早く作ることが可能。フッ素加工が施されており、手入れも簡単にできる製品です。

第5位 下村企販 ホットサンド・ワッフルメーカー グリルdeクック 39522

下村企販 ホットサンド・ワッフルメーカー グリルdeクック 39522

本製品は、魚焼きグリルを使って食パン2枚分のホットサンドを一度に作れるのが特徴。焼き上がったホットサンドを半分にカットすれば、一度に4つ仕上がるので家族が多い方に適しています。左右の鉄板には食パンをそのまま入れられるため、耳まで食べられるのが魅力です。

食パンと食材を入れた後にロックピンでフタを固定できるため、焼いている最中に食材が溢れにくいのがポイント。本体にはフッ素加工が施されており、食材が焦げ付きにくく手入れも簡単にできます。金物加工で有名新潟県の燕市と三条市で製造されている品質の高い製品です。

第6位 コフラン(COGHLAN’S) ホットサンドクッカー

コフラン(COGHLAN'S) ホットサンドクッカー

鋳鉄製のホットサンドメーカーを探している方におすすめの製品。鋳鉄を使用する前に行うシーズニング作業が済んでいるため、購入してすぐにアツアツのホットサンドを作れます。鋳鉄ならではの高級感と重厚感があり、デザインがおしゃれなのも人気の理由です。

食パン丸ごと1枚が入るサイズなので、耳までホットサンドにして食べられます。保温力が高い鋳鉄で焼き上げるホットサンドは、パリッとした食感。取っ手は取り外しが可能なため、アウトドアに持参したり狭い場所に収納したりする際に便利です。

第7位 ペトロマックス(Petromax) サンドイッチアイアン 12765

ペトロマックス(PETROMAX) サンドイッチアイアン 12765

キャンプやアウトドアで炭火や焚火を使ってホットサンドを作れる製品。取っ手が長いので、熱い炭火や焚火に近づかなくてもホットサンドを焼けるのが魅力です。蓄熱性や保温性に優れた鋳鉄製なので、外側はカリッと香ばしく内側はふんわりとした美味しいホットサンドに仕上がります。

食パンだけでなく、肉や魚を入れて直火で焼き上げることも可能。食材に一気に熱が通るため、旨味を封じ込めて美味しく仕上がります。鋳鉄部分が分離できる構造で手入れが簡単なのもポイント。できるだけ取っ手が長いホットサンドメーカーを直火で使いたい方におすすめの製品です。

第8位 高木金属(Takagi-metal) ホットサンドメーカー GK-HS

高木金属(Takagi-metal) ホットサンドメーカー GK-HS

オーブントースターやグリルでホットサンドを作れる便利な製品。キッチンのコンロでスープやおかずを作りながら、ホットサンドが焼けるのでおすすめです。食パン1枚が入るサイズで耳まで美味しく味わえるのがポイント。2段階の厚さ調節ができるため、6枚切だけでなく8枚切と10枚切の食パンにも対応できます。

ステンレスのメッシュアミを採用しているため、ホットサンドの焼き具合がすぐに分かるのが魅力。上下のアミは取り外しが可能で、パンを挟む作業も簡単にできます。食洗器対応で手入れも簡単。普段の調理に電子レンジとオーブントースターしか使わない一人暮らしの方にもおすすめです。

第9位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ホットサンドメーカー

アイリスプラザ ホットサンドメーカー

できるだけ安いホットサンドメーカーを探している方におすすめの製品。本体の材質には軽量なアルミニウム合金を採用しており、扱いやすいのがポイントです。内側にはフッ素加工を施しているため、チーズやハムなどが焦げ付くことなく快適にホットサンドを作れます。

食パンが丸ごと入るサイズで2枚同時に焼けるので、完成したホットサンドを半分にカットすれば一度に4人分作ることが可能。開いた状態でフライパンとしても使えるので、朝食やお弁当を作るのに重宝します。フッ素加工も施されている、コスパのよいホットサンドメーカーです。

第10位 富士ホーロー スイスダイヤモンド ベイクイット HS-OR

富士ホーロー スイスダイヤモンド ベイクイット HS-OR

電子レンジを使ってホットサンドが作れる人気製品。直火やIHを使わずに手軽にホットサンドを作れるので、時短調理にも活用できます。調理中にガスコンロが鍋やフライパンで埋まっているときでも、電子レンジが空いていればホットサンドが作れるので便利です。

本体には電子レンジ使用可能なメタルプレートを採用しているため、食品の水分を逃さずに外側はカリッと内側はしっとり焼き上げることが可能。本体左右のシリコンストッパーで食パンと具材をしっかりプレスできます。電子レンジの使用頻度が高い方におすすめの製品です。

ホットサンドメーカーのおすすめランキング|電気式

第1位 ビタントニオ(Vitantonio) ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-500

ビタントニオ(Vitantonio) ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-500

本製品は900Wのハイパワーでカリッとしたホットサンドを作れるのがポイント。耳なし食パンで2枚同時にホットサンドが焼ける「マルチサンドプレート」と、ベルギーワッフルのような食感が楽しめる「ワッフルプレート」の2種類を付属しています。パニーニやパンケーキなどのプレートもオプションで追加することが可能です。

最長10分のタイマー設定ダイヤルを搭載しているため、忙しい朝でもうっかりホットサンドを焦がしてしまう心配がありません。タイマーが切れると電源もオフになる設計で、安心して使えます。プレートは本体から取り外して丸洗いが可能。デザインもおしゃれな人気のホットサンドメーカーです。

第2位 ブルーノ(BRUNO) ホットサンドメーカー BOE043

ブルーノ(BRUNO) ホットサンドメーカー BOE043

一人暮らしや二人暮らしに最適なミニサイズのホットサンドメーカー。デザインがレトロでおしゃれなので、キッチンアイテムにこだわりがある方におすすめです。食パンをそのままセットして焼けるので、耳まで無駄にすることなく美味しく食べられます。

本体の上下に大きなヒーターを搭載しており、カリッと香ばしいホットサンドを短時間で焼き上げることが可能。別売りのミニタルトプレートやプチガトープレートをプラスすれば、毎日の食卓が楽しくなります。プレートは取り外して丸洗いが可能です。収納時はコードを本体に巻き付けて縦置きにできます。

第3位 デロンギ (DeLonghi) エブリデイサンド&ワッフルメーカー SW13ABCJ-S

デロンギ (DeLonghi) エブリデイサンド&ワッフルメーカー SW13ABCJ-S

本製品は「ホットサンドプレート」に加えて、「グリルプレート」と「ワッフルプレート」を付属しているのがポイント。さまざまな具材を入れたホットサンドのほかに、魚介のグリルやパニーニなども楽しめます。食後にワッフルを焼いて生クリームを添えれば、美味しいスイーツも味わえるのでおすすめです。

「グリルプレート」は波型になっており、余分な油を落としながら肉やハムなどを焼けるので、ヘルシーメニュー作りに活用できます。プレートの穴から落ちた油は、油受けトレイで受け止めるので手入れも簡単です。コードは体下部に巻き付けることが可能。朝食から夕食まで活用できる便利な製品です。

第4位 レコルト(recolte) 2ウェイグリル アメット RWG-1

レコルト(recolte)  2ウェイグリル アメット RWG-1

本製品はホットサンドメーカーとしてだけでなく、左右の鉄板を広げてホットプレートとしても使えるのが特徴。平日は朝食にホットサンドを作り、週末は家族で鉄板焼きや焼き肉を楽しめます。2枚の鉄板で分厚いステーキなどを挟み込んで一気に焼き上げることも可能です。

「凹凸プレート」と「フラットプレート」を2枚ずつ付属しています。「凹凸プレート」でホットサンドを焼いた後に、「フラットプレート」に切り替えて目玉焼きなどを作れるので便利。ホットプレートとして使う際に、「凹凸プレート」と「フラットプレート」を1枚ずつセットしておけば、食材に合わせた焼き方ができます。

第5位 山善(YAMAZEN) マルチサンドメーカー YHS-X700

山善(YAMAZEN) マルチサンドメーカー YHS-X700

ホットサンドだけでなく、たい焼きも作れる便利なホットサンドメーカー。購入時に「たい焼きプレート」が付属しているので、別途購入する必要がありません。朝食にはさまざまな具材を入れたホットサンド、おやつにはあんこやクリームを入れたたい焼きを作って楽しめます。

ホットサンドは食パン4枚を一度に挟み込んで4人分を作ることが可能。たい焼きは一度に2つ作れます。「パイロットランプ」の表示で、予熱や焼き上がりがひと目で分かるので焦がす心配がありません。プレートは取り外して丸洗いできます。初めてホットサンドメーカーを使う方にもおすすめの製品です。

第6位 ラドンナ(LADONNA) ホットサンド&ワッフルメーカー Toffy K-HS2

ラドンナ(LADONNA) ホットサンド&ワッフルメーカー Toffy K-HS2

できるだけコンパクトで、見た目がおしゃれなモノを探している方におすすめの人気製品。コンパクトでも食パンの耳をカットせずにホットサンドを作れるので、耳まで無駄にせずに食べられるのが魅力です。ホットサンドは約4分で焼き上がるので、忙しい朝でも美味しい朝食を味わえます。

「ワッフルプレート」を付属しており、スイーツも作れるのが魅力。プレートは取り外して丸洗いできるので常に清潔に使えます。本体カラーはシェルアクアのほかに、シェルピンクとアッシュホワイトがあり、どのカラーもおしゃれです。本体は立てた状態でスマートに収納できます。

第7位 ベジタブル(Vegetable) マルチサンドメーカー GD-SM5

ベジタブル(Vegetable) マルチサンドメーカー GD-SM5

本製品は、1台でホットサンド・ワッフル・ミニたい焼き・ミニドーナツ・焼きおにぎりが作れるのがポイント。5種類のプレートが全て付属しているので、別途購入する必要がありません。プレートには全てフッ素加工が施されているため、焦げ付くことなく快適に使えます。

上下にヒーターを搭載しており、食材をカリッと焼き上げることが可能。一度に三角ホットサンドが4つ、ワッフルが2枚、ミニたい焼きが2つ、ミニドーナツが6つ作れるので、ファミリーでも楽しめます。1台5役でさまざまなメニューを楽しめるホットサンドメーカーです。

第8位 D-STYLIST ホットサンドメーカー KDHS-002

D-STYLIST ホットサンドメーカー KDHS-002

単機能タイプのホットサンドメーカーを探している方におすすめの製品。別売りの交換プレートなどはなく、ホットサンドを作るだけのシンプルな機能を搭載しているため、使い方も簡単です。鉄板は取り外しができませんが、テフロン加工が施されているので使用後に軽く拭き取るだけできれいになります。

食パン4枚を一度に挟み込み、三角形のホットサンドを4つ作ることが可能。タイマー機能は搭載していないため、自分好みの焼き上がりに調節できます。縦置きでの収納が可能で、狭いキッチンでも場所を取りません。コスパのよさとシンプルさが魅力の製品です。

第9位 Kealive ホットサンドメーカー S638-1

Kealive ホットサンドメーカー S638-1

本製品は、ホットサンドに加えて、パニーニとワッフルも作れるのが特徴。1台に3種類のプレートが付属しているので、その日の気分に合わせてさまざまな朝食を味わえます。ホットサンドやパニーニに挟み込む具材を工夫して、お弁当に持っていくのもおすすめです。

プレートは取り外して丸洗いができるため、油や具材で汚れてもきれいに落とせます。本体裏面には機器を違う角度から同時に冷却できる冷却ポートがあり、安全面に配慮しているのもポイント。数種類のメニューを手軽に楽しめるホットサンドメーカーを探している方におすすめの製品です。

第10位 ルームメイト(ROOM MATE) ホットサンドメーカー i001

ルームメイト(ROOM MATE) ホットサンドメーカー i001

操作がシンプルでコスパのよいホットサンドメーカー。価格が安いので、一人暮らしの方にもおすすめです。食パン4枚を挟み込んで、一度に4つの三角ホットサンドを作れます。半面だけ使ってホットサンドを作ることも可能。パンと具材を挟み込み、ストッパーで留めてしっかりプレスできます。

温度安全ランプを搭載しており、ひと目で状態が分かるので安心です。通電ランプもあるため、知らずに触れて火傷をするトラブルも防げます。プレートは取り外しができませんが、フッ素加工が施されているので、軽く拭くだけで手入れも簡単。低価格でも扱いやすいホットサンドメーカーです。

ホットサンドメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ホットサンドメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。