食パンに好きな具材を挟んで焼く「ホットサンド」。簡単に作れることから、朝食やランチはもちろん、ホームパーティやアウトドアで振る舞うおもてなし料理としても人気があります。

そこで今回は、人気のおすすめホットサンドメーカーをランキング形式でご紹介。製品は直火式と電動式に分けてピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

ホットサンドメーカーの選び方

直火式か電動式

By: item.rakuten.co.jp

ホットサンドメーカーの加熱方式には、大きく分けて「直火式」と「電動式」の2種類があります。これら2つの方式は、それぞれ用途や出来上がりに直結する部分なので、購入前に十分検討する必要です。

直火式のホットサンドメーカーでは、ガス火やIHの熱源を利用して直接火を当てて加熱します。電動式のモノと比較すると、焼き上がりがよりサクッとなる上、焼き具合も柔軟に調整することが可能です。使用後には分解して洗えるタイプのモノが多いため、扱いやすいという点も魅力。自宅以外でも、キャンプなどのアウトドアシーンに持っていくとおしゃれな朝食が楽しめます。

電動式のホットサンドは、電源を入れてパンを挟むと自動的に加熱が始まり、数分でホットサンドが完成します。直火式のように調理に集中していなくても放っておいたら簡単にホットサンドができるため、忙しい人にぴったりです。

基本的に焼き時間は製品によって自動で決められていますが、中にはタイマー機能を搭載した焼き加減を自分で調整できるモデルもあります。なお、使用後のお手入れをしっかりとしたいという方は、事前にプレートが外しやすいものがどうかを確認しておきましょう。

付属プレートの種類(電動式)

By: amazon.co.jp

電動式のホットサンドメーカーの場合、ホットサンド以外にも多様な調理ができるプレートが付属していることがあります。例えば、ワッフルプレートやドーナツプレートが付属しているモデルがあり、おやつ作りに役立てることも可能です。焼きおにぎりなどを作れるモデルもあるので、ホットサンドメーカーでランチを作りたいという場合はバリエーションが広がるのでおすすめ。

プレートの種類が豊富にあれば、パーティなどでおもてなし料理を用意しなければならないシーンでも活躍してくれます。電動式のホットサンドメーカーを選ぶときは、付属プレートの種類も注目してみてください。

使い勝手がよいか

By: amazon.co.jp

ホットサンドメーカーには、パンのミミを切らずに焼けるタイプを選ぶと手間が省けるのでおすすめ。同時に2枚の食パンを焼けるタイプであれば複数人のホットサンドを用意しないといけないシーンで便利です。

また、ホットサンドメーカーは火傷する危険性のある調理器具のため、操作性の優れたモデルを選択したいところ。電動式であれば、スイッチのON・OFF機能が搭載していたり異常時に自動で電源が切れる機能が搭載されているモノを選ぶと安心して使えます。直火式は、ハンドル部分があまり熱くなりすぎない木製のモノを選ぶと火傷の心配が軽減されます。

焼き目の模様と本体のデザインをチェック

By: amazon.co.jp

ホットサンドはSNS映えする料理として人気があります。ストライプや格子状などおしゃれな焼き目をつけられるモデルも存在するので、インスタにアップしたいと考えている方はチェックしてみてください。

また、ホットサンドメーカー本体もデザイン性の高いモデルが多いのが魅力。インテリアとして置いておけば、戸棚の奥から取り出すのが面倒ということも防げます。

ホットサンドメーカーのおすすめランキング|直火式

第1位 イタリア商事 ニュー・バウルー ダブル BW02

「バウルー」は、30年以上の歴史がある人気のホットサンドメーカーです。本体のアルミ板とパンがしっかりと接し、直火で温度を一気に高めるため、パンの外側はカリっと中の具材はジューシーなホットサンドが作れます。アルミ版の中央に仕切りが入っているので、パンを二等分しやすいのも魅力です。

ホットサンド以外にもフライパンとしても使用可能。仕切りを利用してベーコンや卵など1度に複数の食材を調理することができます。また、内面はフッ素加工済のため食材がこびりつきにくくなっているのもうれしいポイントです。

第2位 コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

コールマンのロゴでお馴染みのランタンマークを焼き付けられるホットサンドメーカーで、三角形のホットサンドが完成するようになっています。内部はノンスティック加工という、食材がこびりつきにくい仕様になっているためチーズなども気軽に焼くことが可能。

また、使用しないときはハンドル部分を取り外すことができるのでコンパクトに収納できます。付属の収納ケースを使えば、アウトドアでも楽に持ち運ぶことができます。老舗アウトドアメーカーらしい、利便性の高いホットサンドメーカーです。

第3位 杉山金属 スマイルクッカーDX

自宅で使える、IHクッキングヒーターに対応したホットサンドメーカーです。特厚アルミニウム合金製なので熱伝導に優れており、均一な焼き加減を実現します。

本体を2つに分離できるため、洗いやすい上に小さなフライパンとしても活用できるのが便利なポイント。IHでも美味しいホットサンドを作りたいという方はぜひチェックしてみてください。

第4位 ヨシカワ(Yoshikawa) 焼き目がサクサク ホットサンドメーカー SJ2408

本製品は熱伝導の良いアルミ製の素材を採用しているため、ムラなくパンを焼くことができ、本体の重量も約381gと軽い仕様となっています。気軽に美味しいホットサンドを焼きたいという方におすすめです。

また、一般的なサイズの食パンであればミミをわざわざ切り落とさずともそのまま焼けるので、包丁を出す手間も省けます。ハンドル部分にはストッパーが装着されており、使用中も中身が飛び出してしまうことを軽減できるため安心です。

第5位 及源(Oigen) 南部鉄 ホットサンドメーカー F-416

伝統工芸である南部鉄器を採用したホットサンドメーカー。南部鉄器は熱伝導に優れているため、短時間で外はサクッと中の具はジューシーな美味しいホットサンドが完成します。その他こんがりとした焼きおにぎりを作るのにも最適で、小さなフライパンとしても活用可能です。

一方、鉄素材なので片手で持って調理するには重たいのですが、頑丈な素材なので一生モノとして使えるホットサンドメーカーを探しているという方におすすめです。ぜひ自宅やアウトドアで食材のうまみをぎゅっと閉じ込めた、美味しいホットサンドをつくってみてください。

第6位 岩野(i-WANO) ホットサンドメーカー HASAMOCCA

「HASAMOCCA」は、内部がゆとりのあるサイズ感となっているため食パンのミミまでしっかりと焼くことが可能です。本体素材には熱伝導の良い厚めのアルミ素材を採用していおり、焼きムラのない美味しいホットサンドが焼けます。

パンや食材が接する部分にはフッ素加工処理が施されているのでチーズなどの食材がこびりつく心配もなく、着脱式で楽に丸洗いが可能です。また、ガス火はもちろんIHにも対応しているため、自宅での調理にも対応できます。

第7位 スノーピーク(snow peak) ホットサンドクッカートラメジーノ GR-009

アウトドア総合メーカースノーピークのホットサンドメーカー「トラメージーノ」は、ハンドル部分を折りたたんで収納できるのが特徴。キャンプに持っていく時も、自宅での保管もコンパクトにまとまるのでおすすめです。

ホットサンドを焼く際には食パンのミミを切る必要がありますが、1度に2枚のホットサンドを焼くことができます。複数人でホットサンドを食べたいという方は、1枚1枚焼く手間が省けるので便利です。シルバーのアルミと、優しい色合いの木のハンドルで見た目がおしゃれなのも魅力。

第8位 イケノコイ ホットサンドメーカー ダブル

1度に2枚のホットサンドを作れるので家族や仲間内など複数人で利用する際に活躍してくれます。パンをムラなくキレイに焼き上げる熱伝導に優れた構造で、サクサクの美味しいホットサンドをつくることが可能。

本体は漏れ防止の縁がついているので調理中でも具材の汁がこぼれにくくなっており、フッ素加工済みなのでお手入れもラクラクです。持ち手部分の先端には金属輪が付いているため、S字フックなどに引っ掛けて収納ができます。

ホットサンドメーカーのおすすめランキング|電動式

第1位 グリーンハウス(green house) GH-HOTSA

マットな色合いのボディと、木のハンドルがおしゃれなホットサンドメーカー。食パンのミミを切らずに1枚丸ごとセットすることができるため、忙しい朝にも便利。また、食パンを縦や斜めにカットして別々の具材を入れたホットサンドを同時に焼くこともできます。その他ワッフルプレートも付属しているので、おやつ作りにもぴったりです。

温度過昇防止装置を搭載しており温度が上昇しすぎた際も停止してくれるので安心。加熱中はランプが点灯しているので、一目で状況を把握できます。収納時も電源ケーブルを脚部に巻き付けて、コンパクトに収納できるおすすめの1台です。

第2位 ビタントニオ(Vitantonio) VWH-200

900Wのハイパワーで一気に焼き上げるので、約3〜4分でホットサンドが完成します。付属のワッフルプレートとホットサンドプレートは2枚同時に焼くことができ、連続で焼く際にも蓄熱効果でサクっと作れるので便利です。また、別売でパンケーキやドーナツを作れる12種類のプレートもあります。どれも簡単に作れるので、レパートリーが広がります。

また、本体は電源ボタンでON・OFFができる設計なのでお子さんと一緒に調理する際も安心です。プレートは簡単に着脱できるのでお手入れもラクラク。忙しい朝にさっと出来上がるホットサンドメーカーを探している方はぜひチェックしてみてください。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) マルチサンドメーカー IMS-703P

ホットサンド、ワッフル、ドーナツの3枚のプレートが付属している、コストパフォーマンスに優れた1台です。ホットサンドプレートは2枚のパンをセットでき、斜めに仕切りが入っているので1度に4つのホットサンドが完成。ドーナツは油で揚げないのでヘルシーにつくれます。

使用しない時は縦置きで収納可能。コンパクト設計なので、目の届く空いたスペースに置いておけば戸棚の奥に仕舞いっぱなしという事も防げます。プレートは丸洗いできるためお手入れも簡単です。

第4位 シュアー(SURE) SMS-802S

通常はホットサンドプレートのみですが、別途購入で丸型、ワッフル、たい焼き、ドーナツ、焼きおにぎりプレートが存在します。

加熱状況がひと目でわかるパイロットランプを搭載しているので、パンをセットするだけで楽々ホットサンドが完成します。

本体前面に電源ON・OFFスイッチが搭載されています。

第5位 テスコム(TESCOM) マルチホットサンドメーカー HSM530

1〜15分までの加熱タイマーを搭載しているモデルで、自分好みの焼き加減に調整できる1台です。セットした時間になったら自動で電源がOFFになるので安全に使えます。使用後は、本体底面に電源ケーブルを巻き付けてコンパクトに収納できるため邪魔になりません。

付属プレートは、ホットサンド・ワッフル・スティックスイーツプレートの3種類。特に、スティックスイーツプレートは独自性が高く、一度に8本のスティック型のおやつをつくることができます。スティックプレートを活用するためのレシピブックも付属しているので、お菓子作りを楽しみたい方にもおすすめ。

第6位 ラドンナ Toffyホットサンドメーカー K-HS1

インテリアとしても置いておけるレトロなデザインがおしゃれなホットサンドメーカーです。8〜12枚切りの食パンに対応でき、ミミは切らずにそのままセットすることが可能。焼き時間は約5〜6分で、コーヒーや食器の準備など細々とした作業をしている間に完成します。

レシピ本も付属しており、簡単に美味しくできる料理を多数紹介。ライスサンドなど変わったレシピも紹介しているため、お弁当用として活用したい方はパン以外のバリエーションも増やせます。カラーバリエーションは、アッシュホワイト、シェルピンク、ペールアクアの3種類から選択できるのでちょっとしたプレゼントとして贈るのにもおすすめです。

第7位 レコルト(recolte) プレスサンドメーカーキルト RPS-1

SNS映えが期待できるデザインが魅力のホットサンドメーカー。焼き目も格子状のおしゃれな模様が付くので、ホームパーティなどでも活躍してくれます。

ハンドル部分に搭載された3段階から調整できるロック機能で4枚切りの分厚い食パンにも対応。約3分と短い時間に焼きあがるので、お弁当用としてホットサンドを作る際にもおすすめの1台です。

第8位 カクセー(KAKUSEE) 耳までおまかせホットサンドメーカー CRN-02

パンのミミを香ばしくカリカリに焼きあげられるのが特徴のホットサンドメーカー。包丁を出してわざわざ切る手間が無いので朝食に用意するときもスムーズです。食パン同士をぴったりと圧着できる設計なので端から具材が落ちにくくなり、食べやすいという点も魅力。

本体はフッ素加工済みでお手入れも簡単、ハンドルが付いているので持ち運びもラクラクです。パンは1度に2枚焼けるので、家族の朝食を準備する際にも便利な1台です。

ホットサンドメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ホットサンドメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。