プレゼンテーションに欠かせない「レーザーポインター」。分かりやすく説明するためには、聞き手の聴覚だけでなく、視覚にも訴えかけることが大切です。多機能なモデルもあり、バリエーションが豊かなので、使い方に合ったモノを選べます。

そこで今回は、レーザーポインターの選び方や各モデルの機能をご紹介。ビジネス用だけでなく、ペットと遊ぶ際に使えるタイプも取り上げているので、ぜひチェックしてみてください。

レーザーポインターとは?

By: amazon.co.jp

レーザーポインターとは、先端からレーザー光を発して、離れた場所を光で指し示すために使うアイテムです。主に、ビジネスでのプレゼンテーションや会議、さまざまな講義や講演などで用いられています。

口頭で話すだけでなく、スクリーンに投映した「PowerPoint」などの大きな画像をピンポイントで指し示せるので、より分かりやすく説明を行うことが可能。多くのモデルが小型で持ち運びも容易なため、ビジネスツールとして持っておくと便利です。

レーザーポインターのメリット・デメリット

レーザーポインターのメリット

By: amazon.co.jp

レーザーポインターの大きなメリットは、数十メートル以上離れた場所でも、光で指し示せる点。指し棒や自身の指先では届く距離が限られてしまうため、大きなスクリーンに図表や文章などを映し出す際には不便さを感じる場合があります。

また、指し棒や自身の腕では図表などを隠してしまう場合もありますが、レーザーポインターならほかのモノを隠すことなく、一点を示すことが可能。さらに、高温のモノや水中のモノ、危険物などにも使用できるほか、実験中の器具や工場で稼動中の装置などもスマートに指し示せるので便利です。

レーザーポインターは対象物を光で指し示すため、電気を消した部屋でのプレゼンテーションや薄暗い場所での説明にも使えます。特に、スライドを用いたプレゼンテーションにはレーザーポインターが活躍するので、発表の機会が多い方はぜひ購入を検討してみてください。

レーザーポインターのデメリット

レーザーポインターのデメリットは、液晶モニターだとうまく表示できないところ。大型ディスプレイを使用したプレゼンテーションでレーザーポインターを使うと点が見にくくなるので、注意が必要です。

なお、どうしてもモニターで使用したい場合は液晶表示に対応した高性能なレーザーポインターがおすすめ。液晶モニターを使った発表や会議が多い方は、対応モデルをチェックしてみてください。

レーザーポインターの注意点

レーザーポインターは高出力の光を発するアイテムなので、直視するのは危険です。最悪の場合、失明などの大きな事故に繋がる恐れもあるため、人の目に向けて使わないよう十分注意しましょう。

また、消費生活用製品安全法により、レーザーポインターの最大出力は1mW未満に規制されています。経済産業省に認定された安全な製品には「PSCマーク」が表示されているので、購入の際にはしっかりと確認してみてください。

レーザーポインターの選び方

用途で選ぶ

ビジネス・会議用

ビジネスや会議用のレーザーポインターを探しているなら、小型で軽量のモノがおすすめ。カバンや胸ポケットに入れやすく、プレゼンテーションを行う機会が頻繁にある方も気軽に持ち歩けます。

また、連続使用可能時間の長さも大切なポイント。レーザーポインターには電池式と充電式のモデルがあり、一度の電池交換や充電で長く使えると電池切れのリスクが減るため、快適に使用できます。さらに、パソコンとの連携機能をチェックしておくのがおすすめです。

ペットと遊ぶ用

レーザーポインターは、直接目に当てると視力に影響を及ぼす恐れがあります。ペットと遊ぶために使う製品を選ぶ際は、最大出力が低いモノを選ぶことが重要です。

なかには、ペット用と謳われていながら出力が高いモノや、出力が明記されていないモノもあるので注意。消費生活用製品安全法では玩具用のJIS規格はクラス1のみと定めているため、クラス1に該当する製品かどうか購入前に確認しておきましょう。

光の色をチェック

赤色

一般的に幅広く使われているのが赤色のレーザーポインター。緑色に比べて波長が長く、離れた場所からは多少見えにくいため、狭い場所で使うのに適しています。少人数の会議がメインの方におすすめです。

また、機器の構造がそれほど複雑ではないため、低価格モデルが多いのも魅力。連続使用時間が長いのも特徴です。

緑色

By: sanwa.co.jp

緑色の光線は赤色に比べて短い波長を持つのが特徴です。明るい会議室や広い場所で使用しても見やすい点がメリット。大人数を前にして広い場所でプレゼンテーションをすることが多い方におすすめです。

ただし、緑色のレーザーポインターは機器の内部構造が複雑になっており、価格は高めに設定されています。

青色

By: sanwa.co.jp

青色レーザーポインターは、美しい青色の光が特徴。比較的めずらしい青い光は聞き手の印象に残りやすく、プレゼンテーションを効果的に演出できます。ただし、緑色や赤色に比べると普及しておらず、価格も高め。非常に明るい光を発するため、使用に関しては注意が必要です。

機能をチェック

パワーポインター機能

By: amazon.co.jp

レーザーポインターにはプレゼンテーションの際に欠かせない「PowerPoint」と連動し、ページ送り・戻し・ブラックアウトの操作までできる機能が搭載されたモデルもあります。

離れた場所からプレゼンテーションする際は、パソコンに戻ってスライドの切り替えなどを行いますが、パワーポインター機能があればその場でスライドを操作することが可能。スムーズに画面を操作したい方におすすめです。

プレゼンテーションマウス機能

By: amazon.co.jp

「プレゼンテーションマウス機能」が搭載されたレーザーポインターのなかには、PowerPointのスライド操作に加えて、プレゼンテーション中にファイル操作などができるマウス機能を備えたモデルもあります。

カーソル移動やクリック操作をして、Excelを開いたり、動画を再生したりすることが可能。多様な操作で、より幅広いプレゼンテーションを展開したい方におすすめです。

バイブレーション式タイマー機能

By: amazon.co.jp

レーザーポインターのなかには、バイブレーション式タイマー機能を備えたモデルもあります。振動でプレゼンターに時間を知らせることが可能。時間に合わせて次のスライドに移行できるのが魅力です。

また、時間が過ぎた際も、オーバー時間をカウントアップ機能で計測。限られた持ち時間のプレゼンテーションや、時間配分に気を付けて発表したい方におすすめの機能です。

電池の方式をチェック

電池式

電池式のレーザーポインターは、胸ポケットにも収まるペン型が主流。軽量小型で携帯性に優れている点がメリットです。

赤色のレーザーポインターは電池の持ちがよく、20時間程度使用可能。一方、緑色や青色のレーザーポインターは電池の消耗が早く、使用可能時間は約3〜5時間のモノが一般的です。

電池が消耗しても新しいモノをセットすればすぐに使えるので、急な電池切れにも対応しやすいのがポイント。充電環境がない出張先などで、レーザーポインターを多用する機会が多い方におすすめです。

充電式

By: amazon.co.jp

充電式のレーザーポインターは長時間使用できる点がメリット。一度の充電で20時間以上連続使用可能なモデルもあるため、長時間のプレゼンテーションや会議が多い方におすすめです。

なお、ほとんどのモデルがUSBケーブルでの充電が可能。毎日のようにレーザーポインターを使うなら、電池が不要な充電式の方が経済的に使える場合もあります。

距離をチェック

By: amazon.co.jp

レーザーポインターは、モデルによってレーザー到達距離が異なります。ホワイトボードやスクリーンからどのくらい離れて使うかを考え、各モデルのレーザー到達距離をよくチェックしたうえで選びましょう。

レーザー到達距離は、赤色で約100m、緑色で約200m、青色で約50mが一般的です。大きな会議室でのプレゼンテーションが多い方には緑色がおすすめ。一般的な広さの会議室なら赤色や青色で十分です。

パワーポインター機能やプレゼンテーションマウス機能などが搭載されたレーザーポインターの場合は、パソコンとの「通信範囲」も重要。一般的にUSBレシーバーで接続するタイプは半径10~30m、Bluetooth接続タイプのなかには50mまで通信できるモノもあります。モデルによって前後するので、レーザーポインターでパソコンを操作する場合は、通信範囲も忘れずにチェックしておきましょう。

レーザーポインターのおすすめ|ビジネス・会議用

キヤノン(Canon) レーザーポインター PR80-GC

重量39.5gの軽量なペンタイプで、携帯性に優れたレーザーポインター。クリップが付いているため、胸ポケットに挟んで楽に持ち運べます。レーザーは視認性に優れた緑色で、広い会議室や屋外でもしっかり視認可能です。

また、赤外線で出力したレーザーを緑色へ変換する従来の方式とは異なり、緑色レーザーダイオードを直接発光させる「ダイレクトグリーン」方式を採用しているのも特徴。レーザー出力の安定性が高いため、低温環境下でも快適に使えます。さらに、乾電池1本で約13時間の連続使用が可能です。

そのほか、ページ送り・戻り・ブラックスクリーンなどのスライド操作ができるパワーポインター機能を搭載。PowerPointに限らず、Adobe ReaderやKeynoteといったソフトウェアにも対応しています。ボタン配置はすべて縦並びで、手元を確認しなくても直感的に操作可能です。

キヤノン(Canon) レッドレーザーポインター PR110-RC

シンプルなボタンレイアウトで、使い勝手のよいレーザーポインターです。赤いレーザー光を照射できるのに加え、ページ送り・ページ戻り・スライド開始・スライド終了などの操作ができるパワーポインター機能を有しています。

また、プレゼンテーションの時間配分に役立つタイマー機能も搭載。設定時間の経過をバイブレーションで知らせるほか、画面はバックライト付きなので薄暗い室内でもしっかりと時間を確認できます。

レーザーの到達距離は約200m、パソコンとの通信範囲は約30m。電源方式は電池式で、レーザーモードで約38時間の連続使用が可能です。さらに、人間工学設計に基づいた手に馴染むデザインを採用しており、快適に使用できます。

キヤノン(Canon) 次世代2wayプレゼンター PR1-HY

スクリーンにも対応した、高性能なレーザーポインターです。本製品は、レーザー光を照射する「レーザーモード」と、モニター上にカーソルを表示する「プレゼンターモード」の2つのモードを搭載。通常のプレゼンテーションから遠隔地とのテレビ会議まで幅広く活躍します。

レーザーモードでは緑色のレーザーを採用しているため、広い場所や明るい場所でも見やすく快適。また、プレゼンターモードではカーソルを自由自在に移動させながら、リンクオープン・動画再生・拡大表示などができます。

さらに、便利なタイマー機能も搭載。時間の経過を知らせるバイブレーション機能付きで、プレゼンテーションの時間配分が苦手な方にもおすすめです。乾電池2本で約35時間もの連続使用ができるので、こまめに電池を変えるのが面倒な方はぜひチェックしてみてください。

キヤノン(Canon) レッドレーザーポインター PR500-RC

持ち運びやすいレーザーポインターを探している方におすすめのモデルです。

本体重量53gと軽量で、サイズは幅2.9×奥行11.5×高さ2.4cmとコンパクト。ポーチケースがついているので、スマートに持ち運び可能です。社内での会議にはもちろん、取引先での商談でも活躍します。

親指で押しやすいシンプルなボタン配置もポイント。直感的に操作して、プレゼンテーションをスムーズに進めたい方におすすめです。

コクヨ(KOKUYO) レーザーポインター For PC ELP-GP30

一般的に電池消耗が早いといわれている緑色光ながら、約60時間も使えるレーザーポインター。レーザー出力を安定させるIC回路を搭載しているため、電池寿命ギリギリまで明るさが持続します。また、電池残量が少なくなるとランプで知らせる「電池交換時期お知らせ機能」が付いているのも魅力です。

さらに、パワーポインター機能を備えているのもポイント。ページ送り・戻し・ブラックアウトなどの操作もできます。パソコンとの通信範囲は半径約30m、レーザーの到達距離は約200mです。

ペンタイプなのでポケットなどに入れやすく、持ち運びやすいのも魅力。長時間のプレゼンテーションが多い方におすすめのレーザーポインターです。

コクヨ(KOKUYO) レーザーポインター(ミニタイプ) ELA-R40

長さ8.5cm、重量40gの小型軽量設計が魅力のレーザーポインター。ステンレス製のクリップとストラップ用の穴を備えており、胸ポケットに挟んだり、首から下げたりと楽に持ち運べます。

レーザー光は赤色を採用しており、レーザー到達距離は約50m。レーザーの誤照射を予防する電源スイッチ付きなので、電源を切っておけば不用意な照射を防げます。

電源方式は電池式で、乾電池2本で約8時間の連続使用が可能。また、電池残量を知らせるバッテリーランプを搭載しているため、突然の電池切れを防げるのもメリットです。

ロジクール(Logicool) SPOTLIGHT PRESENTATION REMOTE R1000SL

モニター上に直接カーソルを表示できる人気製品。カーソルを動かすことでフォーカスしたい部分のハイライト・拡大や、リンクオープン、動画再生が可能なほか、ブラウザをシェアすれば相手先にもハイライトが表示されるため、オンライン会議などにも適したアイテムです。

また、バイブレーションアラート機能付きのタイマーも搭載。専用アプリ内で時間配分を設定しておくことにより、時間の経過をバイブレーションが知らせます。パソコンとはUSBもしくはBluetoothで接続でき、通信範囲は20m程度です。

さらに、電池不要な充電式なのもポイント。1分間の充電で約3時間、60分間のフル充電で最大3ヵ月の連続使用ができます。通常のレーザーポインターとは使い勝手が異なるものの、オンスクリーンでプレゼンテーションを効果的に演出したい方へおすすめです。

ロジクール(Logicool) ポインター R400f

スライドショーコントロールが可能なレーザーポインターです。直感的に操作方法が分かるように設計されており、これからレーザーポインターを使いはじめる方におすすめ。手に馴染みやすいフォルムで、握り心地も快適です。

また、バッテリーの減りが一目で分かるので、電池交換のタイミングを逃しません。さらに、接続が簡単なのもおすすめポイント。USBポートにレシーバーを接続するだけで使用でき、使用後はレシーバーを本体に収納することが可能です。

レーザーの色には赤を採用。少人数の会議でレーザーポインターを使用することが多い方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) レーザーポインター LP-RD314GM

約100m先まで照射できる、赤色のレーザーポインター。高輝度な光で、効果的にプレゼンテーションを行えます。また、クリップ付きのペンタイプなので、胸ポケットや手帳に挟んで手軽に持ち運べるのもメリットです。

電源方式は電池式で、乾電池2本で約23時間の連続照射が可能。さらに、照射中は手元のライトが点灯するため、薄暗い場所でも快適に操作できます。価格帯も安い、おすすめのレーザーポインターです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) レーザーポインター 200-LPP026

レーザーの形状を点型・線型・丸型・矢印型の4パターンに切り替えられるアイテム。形状は、先端のリングを回すだけで簡単に切り替えることが可能で、汎用性が高いのが特徴です。レーザーは緑色で、点型は最大200m、線型・丸型・矢印型は5m以下まで到達します。

また、コンパクトなペンタイプなのも魅力。クリップも付いているため、胸ポケットに挟んで便利に持ち運べます。電源方式は電池式で、乾電池2本で最大約3時間の連続使用が可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) グリーンレッド2色レーザーポインター LP-GR1010GM

赤色と緑色の2色を切り替えられるレーザーポインターです。狭めの空間で使用したい場合は省エネな赤色、広いホールなどで使用したい場合は視認性の高い緑色、とシーンに合わせて便利に使い分けられます。

照射中は手元のライトが点灯するため、薄暗い場所でも快適に使用可能。また、クリップとストラップホールを備えたペンタイプなので、胸ポケットに入れたり首や腰から下げたりと、便利に携帯できるのも魅力です。

レーザー到達距離は赤色で約100m、緑色で約200m。連続照射時間は赤色で約23時間、緑色で約4時間が目安です。

ケンジントン(Kensington) グリーンレーザープレゼンター K72426JP

手にフィットしやすいデザインが魅力のモデルです。視認性の高い緑色レーザーのほか、スライド操作ができる「プレゼンターモード」と、ファイル操作ができる「マウスモード」を備えているのが特徴。スイッチひとつでモードを切り替えながら、分かりやすいプレゼンテーションを展開できます。

また、パソコンから半径45m程度まで通信できるのもメリット。操作ボタンにはバックライトを搭載しているので、照明の暗い場所でも快適に操作できます。

KOSIN ワイヤレス PPTポインター

価格が安いレーザーポインターを探している方におすすめのモデル。単4形電池1本で使用でき、会議や出張時に予備の電池を持って行っても邪魔になりにくいのがポイントです。

また、USBレシーバーを接続するだけで使用開始できるため、初心者が扱いやすいのも魅力。MacとWindowsの両方に対応しています。なお、レーザーの色は赤。使用環境によるものの、使用可能距離は半径50mです。

テクノロジック(technologic) レーザーポインター

充電式で、電池不要のレーザーポインターです。一度の充電で約20時間使用できるため、長時間の会議やプレゼンテーションが多い方におすすめ。充電は付属のUSBケーブルで簡単に行えます。乾電池が不要で重量は27gと軽く、楽に取り扱えるのもメリットです。

また、パワーポインター機能も有しており、ページ送り・戻し・ブラックアウトなどの操作ができます。パソコンとはUSBレシーバーで連携でき、通信範囲は半径30m。価格帯も安く、気軽に購入できる人気アイテムです。

リッチボンド グリーンレーザーポインター RB-18G

本体ヘッド部分に電導スポンジを搭載しているアイテム。レーザーポインターとしてだけでなく、スマホやタブレットのタッチペンとしても活用できるため、タブレットを活用してプレゼンテーションしたい方におすすめです。

レーザーの色は、視認性の高い緑色。レーザー到達距離は最大300mと遠くまで届き、広い会場でのプレゼンテーションにも重宝します。また、クリップ付きのペンタイプなので、簡単に持ち運べるのもメリットです。

オファー 青色レーザーポインター sima1206

美しい青色のレーザーポインター。やさしい光を採用しているため、プレゼンテーションはもちろん、理化学の実験などにも適しています。レーザーの到達距離は、約100m。乾電池2本で約4時間の連続使用ができます。

また、コンパクトなペンタイプなのも特徴。クリップ付きなので、手帳などに挟んで手軽に持ち運べます。さらに、PSCマークを取得しているのも魅力。ユニークな青色レーザーで、印象的なプレゼンテーションにしたい方は要チェックです。

レーザーポインターのおすすめ|ペットと遊ぶ用

東心 ネコビーム CLP-3000

レーザー出力が低い、JIS規格クラス1のペット用レーザーポインターです。猫じゃらし代わりに活用して、ペットと楽しく遊べます。ボディ素材にはABS樹脂を採用しており、軽量なので楽に取り扱うことが可能です。

照射確認ができる「通電ランプ」付きなのも魅力。猫の手を模したデザインもかわいらしい、おすすめのアイテムです。

Hongma 猫ポインター

キーホルダータイプのペット用ポインター。長さ7.8cmと小さく楽に持ち運べるので、家の中だけでなく、外出先でも使いたい方にぴったりです。

また、本製品は強力なレーザー光ではなく、安全面に配慮したLEDライトを採用しているのが特徴。点灯すると壁や床にかわいらしい絵が映し出されます。絵の種類は本体カラーによって異なるため、色違いで揃えてみるのもおすすめです。

レーザーポインターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

レーザーポインターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。