効果的なプレゼンに欠かせない「レーザーポインター」。プレゼン成功のカギは、聞き手の聴覚だけでなく視覚にも訴えかけることです。その大事な役目を担うのがレーザーポインター。最近では多機能なモデルも登場し、バリエーションも豊かになってきています。

そこで今回は、レーザーポインターの選び方や各モデルの機能をご紹介。仕事でプレゼンをする機会がある方は、ぜひチェックしてみてください。

レーザーポインターとは?

By: amazon.co.jp

レーザーポインターとは、先端からレーザー光を発して離れた場所を光で指し示すために使うアイテムです。主に、ビジネスでのプレゼンテーションや会議、さまざまな講義や講演などで用いられています。

口頭で話すだけでなく、スクリーンに投映した「PowerPoint」などの大きな画像をピンポイントで指し示せるので、よりわかりやすく効果的に説明を行うことが可能。多くのモデルが小型で持ち運びも容易なため、ビジネスツールとして1つ持っておくと便利です。

レーザーポインターのメリット・デメリット

レーザーポインターのメリット

By: amazon.co.jp

レーザーポインターの大きなメリットとして、数十メートル以上離れた場所でも光で指し示せる点が挙げられます。指し棒や自身の指先では届く距離が限られてしまうため、スクリーンに大きな図表や文章などを映し出す際には対応できません。

また、指し棒や自身の腕では図表などを隠してしまう場合もあります。レーザーポインターなら遠くからでも容易に1点を示せるうえ、高温のモノや水中のモノ、危険物などにも使用可能。実験中の器具や工場で稼動中の装置などもスマートに指し示せるので便利です。

さらに、光で指し示すため、電気を消した部屋でのプレゼンや薄暗い場所での説明にも使えます。特に、「PowerPoint」を使ってのプレゼンにはレーザーポインターが活躍するので、発表の機会が多い方はぜひ1台入手してみてください。

レーザーポインターのデメリット

By: amazon.co.jp

レーザーポインターのデメリットは、液晶モニターでのプレゼンには使用できない点。レーザーポインターは光で1点を示す仕組みですが、液晶モニターはレーザーの光を吸い込んでしまうため、うまく光の点が表示されません。

ただし、最近では液晶モニターにも対応した高性能なレーザーポインターも存在。液晶モニターを使った発表や会議が多い方は、対応モデルをチェックしてみてください。

レーザーポインターの注意点

レーザーポインターは高出力の光を発するアイテムなので、直視すると網膜を損傷してしまう恐れがあります。最悪の場合、失明などの大きな事故に繋がる恐れもあるため、人の目に向けて使わないよう十分に注意しましょう。

また、消費生活用製品安全法により、レーザーポインターの最大出力は1mW未満に規制されています。経済産業省に認定された安全な製品には「PSCマーク」が表示されているので、購入の際にはしっかりと確認してみてください。

レーザーポインターの選び方

用途で選ぶ

ビジネス・会議用

ビジネスや会議用のレーザーポインターを探しているなら、小型で軽量のモノがおすすめ。鞄や胸ポケットに入れやすく、プレゼンを行う機会が頻繁にある方も気軽に持ち歩けます。

また、連続使用可能時間の長さも大切なポイント。レーザーポインターには電池式と充電式のモデルが存在し、一度の電池交換や充電で長く使えると電池切れのリスクが減るため、快適に使用できます。さらに、必要に応じて「パワーポインター機能」や「プレゼンテーションマウス機能」など、パソコンとの連携機能をチェックしておくのがおすすめです。

ペットと遊ぶ用

レーザーポインターは直接目に当てると視力に影響を及ぼす恐れがあります。そのため、ペット用の製品を選ぶ際は、最大出力が低いモノを選ぶことが重要です。

なかには、ペット用と謳われていながら出力が高いモノや、出力が明記されていないモノも存在します。消費生活用製品安全法では玩具用のJIS規格はクラス1のみと定めているので、クラス1に該当する製品かどうか購入前にしっかりと確認しておきましょう。

形状で選ぶ

ペンタイプ

ペンタイプのレーザーポインターは、コンパクトで携行性に優れているのが魅力。ペンケースや胸ポケット、鞄のポケットなどに入れて気軽に持ち歩けます。なかには、クリップやストラップホールを搭載したモデルも存在。書類やキーケースなど、さまざまな場所に取り付けて忘れずに携行でき便利です。

また、握りやすい製品を探している方は、やや太めのモノや下部がふくれた形状のモノがおすすめ。さらに、操作性を重視する場合は、ボタンが押しやすく配置されているかどうかもチェックしてみてください。

フィンガータイプ

By: amazon.co.jp

フィンガータイプはレーザーポインターにリングが付いており、指輪のように指へはめながら使用できるタイプです。ペンタイプのようにしっかりと握る必要がないため、手の自由を確保できるのがメリット。身振り手振りを交えながらプレゼンを行いたい方におすすめです。

なかにはパワーポインター機能を搭載したモデルや、液晶モニターでのプレゼンに対応したモデルも存在。ひと味違ったレーザーポインターを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

光の色をチェック

赤色

一般的に幅広く使われているのが赤色のレーザーポインター。緑色に比べて波長が長く離れた場所からは多少見えにくいため、狭い場所で使うのに適しており、少人数の会議がメインの方におすすめです。

また、機器の構造がそれほど複雑ではないため、低価格モデルが多いのも魅力。緑色のレーザーポインターに比べて連続使用時間が長いのも特徴です。

緑色

人間は波長が短い光線を強く感じます。緑色の光線は赤色に比べて短い波長を持つため、明るい会議室や広い場所で使用してもはっきり見える点がメリット。大人数を前にして広い場所でプレゼンをすることが多い方におすすめです。

ただし、緑色のレーザーポインターは機器の内部構造が複雑になっており、その分価格は高めに設定されています。

青色

青色レーザーポインターは高輝度で美しい青色の光が特徴。比較的珍しい青い光は聞き手の印象に残りやすく、プレゼンを効果的に演出できます。

ただし、緑色や赤色に比べると普及率が低く、価格も高め。非常に明るい光を発するため、人の目に当てると刺激が強く使用に関しては注意が必要です。

機能をチェック

パワーポインター機能

By: amazon.co.jp

プレゼンテーションの際に欠かせない「PowerPoint」と連動し、レーザーで指示箇所を指すだけでなく、ページ送り・戻し・ブラックアウトの操作までできる機能が搭載されたモデルもあります。

離れた場所からプレゼンテーションする際は、パソコンに戻ってスライドの切り替えなどをする必要がありますが、パワーポインター機能があればその場でスライドを操作することが可能。スムーズに画面を操作したい方におすすめです。

プレゼンテーションマウス機能

「プレゼンテーションマウス機能」が搭載されたレーザーポインターのなかには、PowerPointのスライド操作に加えて、プレゼン中にファイル操作などができるマウス機能を備えたモデルがあります。

カーソル移動やクリック操作をして、Excelを開いたり、動画を再生したりすることが可能。多様な操作で、より幅広いプレゼンテーションを展開したい方におすすめです。

バイブレーション式タイマー機能

By: amazon.co.jp

最新型のレーザーポインターのなかには、バイブレーション式タイマー機能を備えたモデルもあります。振動でプレゼンターに時間を知らせることが可能。時間に合わせて次のスライドに移行できるので、話し過ぎを防げます。

また時間が過ぎた際も、オーバー時間をカウントアップ機能で計測。限られた持ち時間のプレゼンや、時間配分に気を付けて発表したい方におすすめの機能です。

電池の方式をチェック

電池式

電池式のレーザーポインターは、電池を縦にセットできて胸ポケットにも収まるペン型が主流。小型・軽量で携帯性に優れている点がメリットです。

電池式の緑色レーザーポインターは電池の消耗が早く、使用可能時間は平均3時間前後。これに対し、赤色は電池の持ちがよく平均15時間前後使用可能です。

電池が消耗しても新しいモノをセットすればすぐに使えるので、急な電池切れで慌てることがありません。充電環境がない出張先などでレーザーポインターを多用する機会が多い方におすすめです。

充電式

By: amazon.co.jp

充電式のレーザーポインターは長時間使用できる点がメリットです。2時間前後の充電で20時間以上連続使用可能なモデルもあるため、長時間のプレゼンや会議が多い方におすすめ。

ほとんどのモデルが付属のUSBケーブルで充電可能です。毎日のようにレーザーポインターを使うなら、電池が不要な充電式の方が経済的。重量も電池式とほぼ同じなので、携帯性にも優れています。

距離をチェック

By: amazon.co.jp

レーザーポインターは、モデルによってレーザー到達距離が異なります。ホワイトボードやスクリーンからどのくらい離れて使うかを考え、各モデルのレーザー到達距離をよくチェックしたうえで選びましょう。

レーザー到達距離は、緑色で約200m、赤色で約100m、青色で約50mが平均です。大きな会議室でのプレゼンが多い方には緑色がおすすめ。一般的な広さの会議室なら赤色や青色で十分です。

パワーポインター機能やプレゼンテーションマウス機能などが搭載されたレーザーポインターの場合は、パソコンとの「通信範囲」も重要。一般的にUSBレシーバー接続タイプは半径10~30m、Bluetooth接続タイプは半径50m程度まで通信できます。モデルによって前後するので、レーザーポインターでパソコンを操作する場合は、通信範囲も忘れずにチェックしておきましょう。

レーザーポインターのおすすめ

キヤノン(Canon) グリーンレーザーポインター PR80-GC

長距離に光が届きやすい緑色を採用した、ペンタイプのレーザーポインターです。本製品は、半導体レーザーそのものが直接発光する「ダイレクトグリーン」出力方式を採用。より高度な点灯制御で、安定的したレーザー出力が可能です。

また、パワーポインター機能を搭載しており、ページ送りや戻し、ブラックアウトなどの操作ができるのも特徴。PowerPointに加えてAdobe ReaderやKeynote、プレビューなど、多彩なソフトウェアに対応しています。ボタン配置がシンプルなので、操作性も良好。

さらに、重量わずか39.5gの軽量設計で、持ち運びも簡単。本体にはクリップとストラップホールが付いているため、携帯中に落としてしまう心配もありません。電源方式は乾電池式であり、単4乾電池1本で約13時間の連続使用ができます。明るい会議室や広い空間でのプレゼンにおすすめです。

キヤノン(Canon) レッドレーザーポインター PR110-RC

便利なタイマー機能を搭載した、赤色のレーザーポインター。終了時間になると、バイブレーションでプレゼンターのみに通知できます。時間が過ぎた後もオーバー時間が自動的にカウントアップされるため、持ち時間が限られているプレゼンにもおすすめです。

本体は、単4乾電池2本で約38時間の連続使用が可能。また、液晶画面上に電池残量が表示されるので、急な電池切れの心配もありません。さらに、パワーポインター機能を備えており、ページ送りや戻し、ブラックアウトなどの操作が可能。PowerPointのみならず、Adobe ReaderやKeynote、プレビューなど、多彩なソフトウェアに対応しています。

接続方法はUSBレシーバータイプであり、半径30m程度までの通信が可能。コスパにも優れたレーザーポインターです。

キヤノン(Canon) PRESENTER PR1-HY

「プレゼンター」と「レーザー」の2モードを使い分けられる製品です。プレゼンターモードでは液晶モニター上に直接カーソルを、レーザーモードでは対象に緑色のレーザー光を照射可能。複数のモニターを使う会議やテレビ会議、広い空間でのセミナーなど、多彩なシーンで使いたい方におすすめです。モードは、ワンタッチで簡単に切り替えられます。

プレゼンターモードは、専用アプリをインストールすることで、より便利に活用可能。カーソルの形・大きさ・色を変更したり、資料の一部を拡大したり、動画再生やリンクオープンなどのクリック操作ができたりと、プレゼンを強力にサポートします。

また、時間の経過をバイブレーションで知らせる「タイマー機能」を搭載しているのも魅力です。対応ソフトウェアも、PowerPoint・Adobe Reader・Keynote・プレビューと充実。そのほか、接続方法もUSBレシーバーまたはBluetoothから選べます。やや太めのボディかつ、分かりやすいボタン配置で操作も簡単なおすすめのレーザーポインターです。

ロジクール(Logicool) SPOTLIGHT ポインター R1000SL

通常のレーザーポインターとは異なり、液晶モニター上に直接ポインターを表示できる人気のアイテムです。専用アプリをインストールすることで、マウスやPCから操作せずに多彩なコントロールが可能。強調したい箇所をハイライトもしくは拡大したり、動画を再生したりと、効果的なプレゼンを実現します。

また、プレゼンの時間管理も簡単。アプリ上であらかじめマイルストーンを設定しておくことにより、バイブレーションで定期的に時間経過を通知可能。最初の1ページから最後まで正確にタイムマネジメントができるため、ついつい喋り過ぎてしまう方にもおすすめです。

さらに、電池交換が要らない充電式なのも魅力。USB-C充電ケーブルを使用すれば、わずか1分間の充電で3時間の連続使用が可能。接続方法はUSBレシーバー・Bluetooth Smartどちらにも対応しており、操作距離は約20mです。ソフトウェアは、PowerPoint・Keynote・PDF・Google Slide・Preziに対応しています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) レーザーポインター 200-LPP034

おしゃれなレーザーポインターを探している方におすすめのモデルです。本体には、爽やかなホワイトカラーを採用。また、レーザーの光はエメラルドグリーンで、広い会議室でもはっきりと明るく美しい色を放ちます。レーザー到達距離は、最長約200mです。

0~40℃まで耐えられる、耐寒仕様も魅力。レーザーポインターが点灯しにくい寒い場所でも、レーザー出力がしっかりと安定します。レーザーの照射は、照射ボタン上部の「照射確認LED」でチェック可能です。

さらに、便利なクリップ付きのペンタイプなので、持ち運びも簡単。電源方式は乾電池式で、単4乾電池2本で約3時間の連続使用ができます。

INFINITER LR8 赤色レーザープレゼンター

安い価格帯でありながら実用性に優れた、おすすめの赤色レーザーポインターです。プレゼンテーションマウス機能を備えており、本体側面のスイッチをスライドするだけで、プレゼンター・マウス・メディアプレイヤーと3つのモードを切り替えられます。

プレゼンターモードでは、ページ送りや戻し、スライドの開始や終了、ブラックスクリーンなどを操作可能。マウスモードでは、自由自在にカーソルを移動させながらマウスの左クリックもできます。また、メディアプレイヤーモードでは、メディアプレーヤーの再生や停止、PCの音量調節などが可能です。

さらに、単4乾電池1本で最大約10時間の連続使用ができるのもメリット。接続方法はUSBレシーバータイプで、半径15m程度まで通信できます。動画を使ったプレゼンが多い方は、要チェックのアイテムです。

SMK-LINK リモートポイント・ナビゲーター グリーン VP4175

小型で使い勝手のよいレーザーポインターです。パワーポインター機能を搭載しており、レーザーで指し示す以外にもページ送り・戻しやブラックアウトの操作ができます。また、操作部がシンプルであることに加え、操作ボタンは凹凸仕様なのも特徴。親指の感覚だけで操作できるため、暗い場所でもスムーズにプレゼンを行えます。

レーザーの色は、離れた距離からでもはっきりと見えやすい緑色です。半導体レーザーそのものが発光するダイレクト方式を採用しているので、寒い場所でも使える上に電池寿命もアップ。単4乾電池2本で、約30時間使用できます。

テクノロジック(technologic) 電池がいらない レーザーポインター TCG-001

充電式の赤色レーザーポインターです。付属のUSBケーブルで一度充電するだけで、約20時間の連続使用が可能。長時間のプレゼンや会議が多い方におすすめです。乾電池が入っていないため、本体の重量はわずか27gと軽いのも魅力。

さらに、 パワーポインター機能を備えており、ページ送りや戻し、ブラックアウト、全画面表示などの操作も可能。接続方法はUSBレシーバータイプを採用しており、半径30m程度まで通信できます。

シンプルなデザインで直感的な操作ができることに加え、下部がふくれた形状で握りやすいのも魅力。安い価格帯で便利に使える、コスパに優れた人気アイテムです。

AMERTEER レーザーポインター 031

安い価格帯でありながら十分な性能を備えた、赤色レーザーポインターです。パワーポインター機能が搭載されており、ページ送りや戻し、ブラックアウトや全画面表示、ハイパーリンクなどの操作ができます。接続方法はUSBレシーバータイプで、操作距離は半径10m程度。

使用しないとき、USBレシーバーを本体内のUSB充電ポットに収納できます。また、小型のペンタイプであることに加え、クリップ付きで携行性に優れているのもメリット。システムは、Windows・Mac・Linux・Andriodに対応しています。

ブルーグリーン レーザープレゼンター RB-18G

タッチペンの機能を備えた、ユニークなレーザーポインターです。本体ヘッド部分に搭載された電導スポンジで、スマホやタブレットのタッチパネルを操作可能。スマホやタブレットを使用するプレゼンにおすすめです。

また、レーザー光は視認性の高い緑色であり、最大300m程先までレーザー光が到達するのが魅力。さらに、ペンタイプかつクリップ付きなので、持ち運びも楽々です。電源方式は、充電環境がない場所でも安心の乾電池式。単4乾電池2本で最大約3時間の連続使用ができます。

青色レーザーポインター sima1206

聞き手の印象に残りやすい、珍しい青色のレーザーポインターです。目に優しい光を採用しているため、プレゼンのみならず理化学の実験現場や、医療現場での使用にもおすすめ。レーザー到達距離は、約100mです。

スリムなペンタイプかつクリップ付きなので、書類や胸ポケットに取り付けて手軽に持ち運べます。電源方式は乾電池式で、単4乾電池2本で約4時間の連続使用が可能。なお、緑色に比べると「比視感度」がやや低く明るさを感じにくいため、狭い空間での少人数の会議に適しています。

MQUPIN フィンガープレゼンター PPT

指先にはめたまま操作ができる、フィンガータイプの赤色レーザーポインターです。操作部は電源ボタンとタッチセンサーのみとシンプルなので、手元を見なくても直感的に操作できます。

また、パワーポインター機能を備えており、タッチセンサーをスライドするだけでページ送り・戻しの操作が可能。さらに、PowerPointに加えてKeynoteにも対応しています。接続方法はUSBレシーバータイプであり、半径28m程度まで通信可能です。

そのほか、電源方式は電池不要の充電式。5分間充電をしておけば、2時間ほど連続使用ができます。価格が安く、入手しやすいおすすめのアイテムです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) パワーポインター LP-RF114BK

プレゼン中に両手を自由に使える、フィンガータイプの赤色レーザーポインターです。パワーポインター機能を搭載しており、ページの送りや戻し、スライドショーの開始や終了、ブラックアウトなども操作可能。また、液晶モニター上に直接ポインターを表示できるのも特徴です。

電源方式は、経済性に優れた充電式。約2時間の充電で、連続約8時間の使用が可能です。さらに、接続方法はUSBレシーバータイプを採用しており、最長半径約15mまで通信できます。レシーバーは本体のレシーバー収納口に固定できるのに加え、専用の収納ポーチが付属しているため、コンパクトに持ち運べるのもメリットです。

東心 猫専用レーザーポインター ネコビーム clp3000

猫専用に開発された、日本製のレーザーポインターです。最大出力がJIS規格クラス1に該当する0.39mW以下なので、安心して使用できます。

デザインもかわいらしい上、操作方法も簡単。肉球のようなピンク色のスイッチを押すだけで、赤色のレーザー光が照射されます。愛猫と楽しく安全に遊べるおすすめのアイテムです。