高精細で色ムラも少なく、きれいな映像を楽しめる「有機ELテレビ」最近は、各メーカーからさまざまな製品が展開されているため、どれを選べばよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、液晶テレビとの違いや有機ELテレビのメリットとデメリットを解説しながら、おすすめの人気モデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

有機ELとは?

By: sony.jp

「有機EL(ゆうきイーエル)」とは、電圧をかけることで発光する性質を持つ「有機エレクトロルミネッセンス」の略称。有機ELパネルの多くは韓国企業の「LG」が生産しています。

国内の大手家電メーカーの有機ELテレビはパネル自体に大幅な性能の違いはありませんが、各社がこれまで培ってきた技術やノウハウを画像処理エンジンやチューニングに活かしているので、映り方などが異なります。すべての有機ELテレビが同じ画質わけではなく、製品は各メーカーによって違いや傾向などがあるので、事前に確認しておきましょう。

液晶テレビとの違い

By: lg.com

有機ELテレビは発光材料に有機物を使用した、自発光方式で映像を表示するテレビ。ディスプレイ自体が光るので、従来の液晶テレビに搭載されているバックライトと放電スペースが不要となり、パネルが薄いのが特徴です。

液晶テレビとのもうひとつの違いは、有機ELの画面に映し出される黒色の鮮やかさ。パネルそのものが発光するため、黒色がボヤけにくく、くっきりと映るのが魅力です。また、光量をコントロールできるので、立体感や奥行きのある映像をより美しく楽しめます。

有機ELテレビのメリット・デメリット

メリット

By: sony.jp

有機ELテレビのメリットは、黒色を鮮やかに表現できるため、色の明暗さを表すコントラストをしっかり表現できる点。色を構成する最小単位であるピクセル(画素)レベルで光を調節できるので、純度の高い色彩表現が可能です。

また、有機ELパネルは電流を流すと瞬時に反応する性質を持つため、遅延がほとんどないのも特徴。ゲームやスポーツ中継などの動きが激しい映像でもスムーズに映し出すことが可能です。そのほか、バックライトを必要としないので薄型軽量で、テレビを設置する場所の奥行きを取らず、壁掛けできるモデルが多いのもポイントです。

デメリット

大画面のテレビを明るく発光させる際に、電力の消費量が多くなってしまう点が有機ELテレビのデメリット。ほかにも、液晶テレビに比べると輝度が低いため、直射日光が当たる位置だと見づらい場合があります。

また、本体価格も同サイズの液晶テレビに比べると高価。コスパ優先の方にはあまりおすすめできません。購入する際は予算との兼ね合いもしっかりと考慮しましょう。

有機ELテレビの選び方

画質をチェック

By: rakuten.co.jp

有機ELテレビの画質はいわば、プラズマテレビと液晶テレビのよいとこ取りの性質を持ちます。プラズマテレビの深みのある表現力と液晶テレビの明瞭感のある描写を兼ね備え、さらに黒の深みが増しているのが特徴です。

なお、映りに関してはメーカーごとにクセがあります。これは画像処理エンジンやチューニングによる違いによって起こるものです。系統としては鮮やかさが際立つモデルやあっさりした色合いのモデル、明るめで派手な色彩のモデルなど、メーカーによってさまざまなので、購入する際は確認しておきましょう。

録画機能をチェック

地上デジタル放送などの録画をする方は、チューナーの数を把握しておくことも重要。有機ELテレビの多くは2〜3つのチューナーを搭載して2番組同時録画できるタイプが主流です。なかでも、録画機能では東芝の「タイムシフトマシン」が注目の機能。最大6チャンネルを同時録画できるほか、放映中の番組を最初から再生できて便利です。

音響性能をチェック

By: lg.com

有機ELテレビのハイクオリティな映像を楽しむためには、それに見合った音響性能を備えたモデルを選びたいものです。多くの有機ELテレビのスピーカーはツイーターとミッドレンジ、あるいはミッドレンジとウーファーなど2種類のスピーカーを2つずつ、合計4つのスピーカーを備えていて最大出力は40〜50Wほどが一般的。ハイエンドモデルでは6〜10のスピーカーを搭載して80Wという大出力のモデルもあります。

なお、サラウンド規格「Dolby Atmos」に対応しているかどうかも注目ポイント。立体的な音の広がりを体感できるので、本格的なホームシアターシステムを検討している方は、有機ELテレビの圧倒的な映像美に見合うサウンド環境を整えることにも配慮してみましょう。

ネットワーク機能やほかの機器との連携をチェック

By: amazon.co.jp

有機ELテレビは、ほとんどのモデルでWi-Fi機能を搭載しています。なかには「Wi-Fi Direct」に対応したモデルがラインナップされているのもポイント。ルーターを経由せずに、Wi-Fi対応機器と接続可能なので、家のネット回線の混雑が軽減できます。

なお、ブルーレイレコーダーやゲーム機などと接続する場合はHDMIの端子の数もチェック。そのほか、周辺機器との接続や連携など拡張性を充実させたい方は、USB端子の数も確認しておきましょう。

サイズと重量をチェック

By: sony.jp

有機ELテレビのラインナップは小さいサイズで55インチ程度から、大きいサイズだと77インチほどまであるため、設置する場所や部屋の大きさを考慮して選ぶようにしましょう。

なお、テレビの買い替えを検討している方は、現在設置している機種のフレーム幅を確認しておくことが重要。有機ELテレビは狭額縁化が進んでおり、端面近くまで画面が広がっています。サイズを考えるときは、ざっくりと把握しておくだけでは失敗する可能があるので、設置場所の詳細な広さを確認しておきましょう。

省エネ性能をチェック

有機ELテレビは総じて大型画面を採用しているので、液晶テレビと比べて消費電力が大きくなることが考えられます。気になる方は「年間消費電力量(kWh/年)」を参考にして選びましょう。年間電力消費量の目安としては、55インチのテレビが220kWh/年ほど、65インチは250〜280kWh/年、77インチは400kWh/年前後になります。

有機ELテレビのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの有機ELテレビは、VIERA専用映像エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」が特徴。ハリウッド業界などが次世代映像技術支援のために策定した国際認証「ULTRA HD PREMIUM」を取得しており、暗部シーンでもメリハリのある映像を堪能できます。

さらに、メーカー独自の「有機ELパネル制御技術」も魅力のひとつ。パネル自体のポテンシャルを十分に引き出すことで、満足度の高い輝度を発揮できます。ハイコントラストで美しい映像を体感できるモデルを多くラインナップしているメーカーです。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

ソニーの有機ELテレビの特徴は、有機ELパネルのポテンシャルを引き出す4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」を採用しているところです。

また、設置方法が異なる2つのシリーズが展開されているのもポイント。パネルと後部スタンド部が分かれ、傾斜がついたモデルや、垂直に近い設置が可能な、スムーズに壁掛けできるモデルがラインナップされています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: lg.com

韓国メーカーのLGは有機ELパネル自体を生産しているのが特徴。日本メーカーのモデルに比べて機能はシンプルですが、製品ラインナップが豊富で、幅広い価格帯の有機ELテレビを発売しています。

基本性能をしっかり網羅していることに加え、価格もリーズナブルなモデルもあるので、手軽に有機ELテレビを楽しみたい方はチェックしたいメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: toshiba.co.jp

東芝レグザの有機ELテレビは、録画機能が充実したモデルが多いのが特徴。特に、予約録画なしで好きなときに番組を視聴できる「タイムシフト機能」に定評があります。有機ELテレビに関しては、解像度技術も魅力のひとつ。特に、人肌の質感やテロップのノイズ除去などは完成度が高いと評判です。

なお、東芝のテレビ事業は、2018年に中国の電機メーカーであるハイセンスへ譲渡されましたが、同ブランドの自社開発・販売・修理は継続されています。

有機ELテレビのおすすめ人気モデル

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55FZ950

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55FZ950

入力映像に忠実な色と輝度を再現した、有機ELテレビです。有機ELパネル用に進化させた高画質エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」搭載で、コントラストが鮮やかな美しい映像を楽しめます。

また、合計最大出力40Wの高出力アンプと大容量スピーカーボックスにより、力強い音を実現した「ダイナミックサウンドシステム」を搭載。低音を奏でるダブルウーハーに加え、低音をより強くするクアッド・パッシブラジエーター、さらにスコーカーにはネオジウム磁石が採用され、伸びのある中高音を体感できます。

そのうえ、透明感のある聞き取りやすい音を実現したオーディオ専用のICで、臨場感と迫力のある音を楽しめるのもポイント。チューナーが3つ搭載されており、視聴中の番組とは別に最大2番組まで録画できるのも魅力といえます。色彩のきれいな映像とともに、高音質にもこだわりたい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-65GZ1000

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-65GZ1000

暗いシーンの微妙な差異までしっかりと描く有機ELテレビです。「Dot Contrastパネルコントローラー」で、忠実なコントラストや鮮やかな色彩を実現しています。「ヘキサクロマドライブ プラス」の搭載により、画面の明るさに合わせて最適な補正を行って、本来の映像に近付けるのもポイントです。

また、「AI HDRリマスター」によって、地上デジタル放送など通常の映像もAI技術により高コントラストな映像に変換可能。最大出力50Wの2ウェイスピーカーシステムや、ダブルウーハーと低音増強のパッシブラジエーターの搭載で、臨場感ある立体的なサウンドを楽しめるのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-65FZ1000

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-65FZ1000

ノイズを抑えた上質なサウンドが魅力の有機ELテレビです。ウーハーの大容量化に加えて、ウーハーユニットとクアッド・パッシブラジエーターを大型化することにより、低音の音圧感がアップ。雑音のない、クリアで立体的な音質を楽しめます。

映像の面では、「ヘキサクロマドライブ プラス」の搭載によって明暗の階調や色彩をくまなく再現。従来の4Kのうえを行く「Ultra HD プレミアム」に対応し、4K映像よりもさらに色彩鮮やかな美しい映像を大画面で堪能できます。

そのほか、スピーカーで音声操作ができる「らくらくリモコン」を採用。有機ELテレビを初めて使う方や、年配の方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-55A9G

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-55A9G

映像と音が一体となった、有機ELテレビです。画面そのものから音が出る「アコースティック サーフェース オーディオプラス」の搭載により、臨場感ある映像が楽しめます。スピーカーが正面から見えない設計なので、よりすっきりとした見映えを追求したい方におすすめです。

「Prime Video」「You Tube」「TVer」などのネット動画や音楽、ゲーム、知育など好きなアプリを自由に追加して楽しめるほか、Amazon Echoシリーズと連携させることでハンズフリーでの操作が可能な「Works with Alexa」対応。 テレビ電源のオンオフ、チャンネルや入力切り替え、録画コンテンツの再生・巻き戻し・停止などを音声で行えます。

また、4K BS/CSチューナーが搭載されているのもポイント。別売のUSBハードディスクを接続すれば、テレビ番組を見ながら裏番組が録画できる「外付けHDD裏番組録画」が可能です。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-65A9F

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-65A9F

ソニー独自の有機ELパネル制御技術で、クリアな映像を作り出す有機ELテレビです。「ピクセル コントラスト ブースター」で、高コントラストで美しい映像を楽しめるのが魅力。また、従来の超解像処理では失われてしまうような質感も、「オブジェクト型超解像」によって被写体ごとに最適な精細感を再現します。

さらに、「S-Forceフロントサラウンドシステム」によりマルチサラウンドスピーカーの立体的な音質を楽しめるほか、1秒間に120コマの倍速再生機能で、サッカーやバスケットボールなどの激しいスポーツを滑らかな映像で視聴可能です。

さらに動画や音楽、ゲーム、ショッピングなど好きなアプリを自由に追加して楽しめる「Android TVアプリ」にも対応しているので、テレビでもスマートフォンでもコンテンツを快適に楽しみたい方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 有機ELテレビ OLED55C8PJA

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 有機ELテレビ OLED55C8PJA

リーズナブルながら機能性に富んだ、コスパのよい有機ELテレビです。画像エンジン「α9 Intelligent Processor」搭載で、引き締まった黒をはじめとする色彩の鮮やかな映像が楽しめます。

映像内に含まれるあらゆるノイズは、4段階の細かなステップで効率的に除去。さらに、「バンディング低減フィルタ」を2回適用してノイズを補正し、より滑らかな階調や色合いを再現します。

独自の操作系「webOS」や音声操作対応の「マジックリモコン」を採用しているほか、デジタルチューナー2基内蔵で外付けHDDへの録画も可能です。外枠の薄いワイドなスクリーンは圧迫感が少なく、ワンルームなどのコンパクトな部屋にも最適。すっきりとテレビを設置したい方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 有機ELテレビ OLED77C9PJA

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 有機ELテレビ OLED77C9PJA

自然な会話で音声を認識する、「ThinQ AI」搭載の有機ELテレビです。「Google Assistant」「Amazon Alexa」によって、ボリュームの調節やタイマー設定などの幅広いリクエストに対応できます。

映像の画質や輝度は、AIが自動で最適化。地上波でもネット動画でも、細かく忠実に調節します。さらにサウンド面でもAIが自動認識し、ジャンルや種類に合わせた臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

77インチの大画面は、広い部屋に設置しても圧巻の迫力。番組をハイクオリティで堪能できるのはもちろん、家庭でホームシアターなどを楽しみたい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) REGZA 55X930

東芝(TOSHIBA) REGZA 55X930

最上位映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」搭載の有機ELテレビ。地上デジタル放送や4K放送はもちろん、VODサービスの高画質な映像も魅力です。

また、地上デジタルチューナーが9つ搭載されており、視聴したい番組を見逃さない「視聴タイムシフト機能」を採用。録画対応の外付けハードディスクを接続すれば、地上デジタル放送を最大6チャンネル、時間にして80時間分録画できます。

さらに、パッシブラジエーター方式2ウェイスピーカーと合計50Wの高出力スピーカーの「有機ELレグザオーディオシステムPRO」で、透明感のあるクリアな音を実現。スポーツなど動きの速い映像を楽しみたい方や、コストを抑えてタイムシフトを導入したい方におすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) REGZA 65X930

東芝(TOSHIBA) REGZA 65X930

見逃した番組もすぐに視聴できる有機ELテレビです。最大6チャンネルを約80時間分録画できる「タイムシフトマシン」機能により、過去番組表から番組を選んで見逃した番組の視聴ができます。また、視聴中の番組をオープニングに戻せる「始めにジャンプ」機能を搭載。番組をくまなく楽しみたい方におすすめです。

さらに、視聴環境に合わせてAIが映像の画質を自動で調節する「リビングAIピクチャー」も魅力。視聴環境の明るさだけでなく色温度の違いをリアルタイムに検出し、ノイズを抑えた高画質な映像を楽しめます。

音源には、新開発の対向型パッシブラジエーター方式2ウェイスピーカーと総合出力50Wのマルチアンプを採用。豊富な低音と、透明感のあるクリアな音質が魅力です。

ハイセンス(Hisense) 有機ELテレビ 55E8000

ハイセンス(Hisense) 有機ELテレビ 55E8000

「VGP2020」でアワードを受賞した有機ELテレビです。高性能映像エンジン「レグザエンジンNEO plus」搭載で、より美しい映像を実現しています。

Googleアシスタント、Amazon Alexaなどを搭載したスマートスピーカーに対応しており、ハンズフリーでテレビを簡単に操作できるのも魅力。別売のUSB HDD(ハードディスク)を接続すれば、 大切な録画番組をまとめて保管・管理できます。

さらに「連続録画機能」が搭載されているので、連続ドラマや連日放送されている同じ番組などを、毎回自動録画したい場合に便利です。