4Kテレビの普及が進むなか、早くも次世代のテレビとして注目されている「有機ELテレビ」。非常に高精細で色ムラも少なく、綺麗な映像を楽しめます。最近は、各メーカーからさまざまな製品が展開されているため、どれを選べばよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、液晶テレビとの違いや有機ELテレビのメリット・デメリットをお伝えしながら、おすすめの人気モデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

有機ELとは?

By: sony.jp

「有機EL(ゆうきイーエル)」とは、電圧をかけることで発光する性質を持つ「有機エレクトロルミネッセンス」の略称。有機ELパネルの多くは韓国企業の「LG」が生産しています。

国内の大手家電メーカーの有機ELテレビはパネル自体に大幅な性能の違いはありませんが、そこに各社がこれまで培ってきた技術やノウハウを画像処理エンジンやチューニングに活かしているので、映り方などが異なります。すべての有機ELテレビが同じ画質というわけではなく、製品は各メーカーによって違いや傾向などがあるので、事前に確認しておきましょう。

液晶テレビとは何が違うの?

By: lg.com

有機ELテレビは発光材料に有機物を使用した、自発光方式で映像を表示するテレビ。ディスプレイ自体が光るので、従来の液晶テレビに搭載されているバックライトと放電スペースが不要となり、パネルが薄いのが特徴です。

液晶テレビとのもうひとつの違いは、有機ELの画面に映し出される黒色の鮮やかさ。パネルそのものが発光するため、黒色がボヤけにくく、くっきりと映るのが魅力です。また、光量をコントロールできるので、立体感や奥行きのある映像をより美しく楽しめます。

有機ELテレビのメリット・デメリット

メリット

By: sony.jp

有機ELテレビのメリットは、黒色を鮮やかに表現できるため、色の明暗さを表すコントラストをしっかり表現できる点。色を構成する最小単位であるピクセル(画素)レベルで光を調節できるので、純度の高い色彩表現が可能です。

また、有機ELパネルは電流を流すと瞬時に反応するという性質をもつため、遅延がほとんどないのも特徴。ゲームやスポーツ中継などの動きが激しい映像でもスムーズに映し出すことが可能です。そのほか、バックライトを必要としないので薄型軽量で、テレビを設置する場所の奥行きを取らず、壁掛けできるモデルが多いのもポイントです。

デメリット

大画面のテレビを明るく発光させる際に、電力の消費量が多くなってしまう点が有機ELテレビのデメリット。ほかにも、液晶テレビに比べると輝度が低いため、直射日光が当たる位置だと見づらい場合があります。

また、本体価格も同サイズの液晶テレビに比べるとかなり高価。コスパ優先の方にはあまりおすすめできません。購入する際は予算との兼ね合いもしっかりと考慮しましょう。

有機ELテレビの選び方

画質をチェック

By: amazon.co.jp

有機ELテレビの画質はいわば、プラズマテレビと液晶テレビのよいとこ取りの性質をもちます。プラズマテレビの深みのある表現力と液晶テレビの明瞭感のある描写を兼ね備え、さらに黒の深みが増しているのが特徴です。

なお、映りに関してはメーカーごとにクセがあります。これは画像処理エンジンやチューニングによる違いによって起こるものです。系統としては鮮やかさが際立つモデルやあっさりした色合いのモデル、明るめで派手な色彩のモデルなど、メーカーによってさまざまなので、購入する際は確認しておきましょう。

ちなみに、液晶テレビはどうしても視聴する角度によって見やすさが変わってしまうものですが、有機ELテレビはこの部分をクリアしているのもポイントです。

録画機能をチェック

地上デジタル放送などの録画をする方は、チューナーの数を把握しておくことも重要。有機ELテレビの多くは2〜3つのチューナーを搭載して2番組同時録画できるタイプが主流です。なかでも、録画機能では東芝の「タイムシフトマシン」が注目の機能。最大6チャンネルを同時録画できるほか、放映中の番組を最初から再生できて便利です。

音響性能をチェック

By: lg.com

有機ELテレビのハイクオリティな映像を楽しむためには、それに見合った音響性能を備えたモデルを選びたいものです。多くの有機ELテレビのスピーカーはツイーターとミッドレンジ、あるいはミッドレンジとウーファーなど2種類のスピーカーを2つずつ、合計4つのスピーカーを備えていて最大出力は40〜50Wほどが一般的。ハイエンドモデルでは6〜10のスピーカーを搭載して80Wという大出力のモデルもあります。

なお、サラウンド規格「Dolby Atmos」に対応しているかどうかも注目ポイント。立体的な音の広がりを体感できるので、本格的なホームシアターシステムを検討している方は、有機ELテレビの圧倒的な映像美に見合うサウンド環境を整えることにも配慮してみましょう。

ネットワーク機能やほかの機器との連携をチェック

By: amazon.co.jp

有機ELテレビは、ほとんどのモデルでWi-Fi機能を搭載しています。なかには、ルーターを通さずにインターネットやスマホに接続できる、便利な「Wi-Fi Direct」に対応したモデルがラインナップされているのもポイント。ルーターを経由せずに、Wi-Fi対応機器と接続可能なので、家のネット回線の混雑が軽減できます。

なお、ブルーレイレコーダーやゲーム機などと接続する場合はHDMIの端子の数もチェック。そのほか、周辺機器との接続や連携など拡張性を充実させたい方は、USB端子の数も確認しておきましょう。

サイズと重量をチェック

By: sony.jp

有機ELテレビのラインナップは小さいサイズで55インチ程度からあり、大きいサイズだと77インチほどまであるため、設置する場所や部屋の大きさを考慮して選ぶようにしましょう。

なお、テレビの買い替えを検討している方は、現在設置している機種のフレーム幅を確認しておくことが重要。有機ELテレビは狭額縁化が進んでおり、端面近くまで画面が広がっています。サイズを考えるときは、ざっくりと把握しておくだけでは失敗する可能があるので、設置場所の詳細な広さを確認しておきましょう。

省エネ性能をチェック

有機ELは素子に電圧をかけると光る特性を備えているため、背面に発光空間を確保する必要がなく、その分本体を薄くすることができます。また、液晶のように背面にバックライトを入れる必要もないので、少ないエネルギーで発光させることが可能です。

ただし、実際有機ELテレビは総じて大型画面を採用しているので、これまでのテレビと比べて消費電力が大きくなることが考えられます。気になる方は「年間消費電力量(kWh/年)」を参考にして選びましょう。年間電力消費量の目安としては、55インチのテレビが220kWh/年ほど、65インチは250〜280kWh/年、77インチは400kWh/年前後になります。

有機ELテレビのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの有機ELテレビは、VIERA専用映像エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」が特徴。ハリウッド業界などが次世代映像技術支援のために策定した国際認証「ULTRA HD PREMIUM」を取得しており、暗部シーンでもメリハリのある映像を堪能できます。

さらに、メーカー独自の「有機ELパネル制御技術」も魅力のひとつ。パネル自体のポテンシャルを十分に引き出すことで、満足度の高い輝度を発揮できます。ハイコントラストで美しい映像を体感できるモデルを多くラインナップしているメーカーです。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

ソニーの有機ELテレビの特徴は、有機ELパネルのポテンシャルを引き出す4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」を採用しているところです。

また、設置方法が異なる2つのシリーズが展開されているのもポイント。パネルと後部スタンド部が分かれ、傾斜がついたモデルや、垂直に近い設置が可能な、スムーズに壁掛けできるモデルがラインナップされています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: lg.com

韓国メーカーのLGは有機ELパネル自体を生産しているのが特徴。日本メーカーのモデルに比べて機能はシンプルですが、製品ラインナップが豊富で、幅広い価格帯の有機ELテレビをリリースしています。

基本性能をしっかり網羅していることに加え、価格もリーズナブルなモデルもあるので、手軽に有機ELテレビを楽しみたい方はチェックしたいメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝レグザの有機ELテレビは、録画機能が充実したモデルが多いのが特徴。特に、予約録画なしで好きなときに番組を視聴できる「タイムシフト機能」に定評があります。有機ELテレビに関しては、解像度技術も魅力のひとつ。特に、人肌の質感やテロップのノイズ除去などは完成度が高いと評判です。

なお、東芝のテレビ事業は、2018年に中国の電機メーカーであるハイセンスへ譲渡されましたが、同ブランドの自社開発・販売・修理は継続されています。

有機ELテレビのおすすめ人気モデル

東芝(TOSHIBA) REGZA 65X920

東芝(TOSHIBA) REGZA 65X920

4Kチューナー内蔵の65V型有機ELテレビ。パネルのポテンシャルをいかし、深みのある黒をしっかりと再現できるのが特徴です。画質はしっかりとノイズが抑えられておりクリア。輝度も高くて明るく、カラートーンも自然で違和感がないのも魅力です。

また、起動までがスピーディーなのもおすすめポイント。リモコンボタンやカーソル移動のレスポンスもよく、ストレスなく操作できるのも便利な点です。

Amazonプライム・ビデオには対応してないものの、スマートTV機能が備わっているので、数多くのネット動画コンテンツをカバー。なお、テレビ番組だけなく、YouTubeやCMなどを検索機能でピックアップできる「みるコレ」も用意されています。

番組表や設定画面などもわかりやすく、録画は地デジやBS放送のを1日中録画できる全録の「タイムシフトマシン」に対応。4Kチューナー内蔵のメリットが大いに感じられるおすすめの有機ELテレビです。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-65A8F

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-65A8F

4Kを存分に楽しめる、65V型の有機ELテレビ。映像エンジンに「4K X-Reality PRO」を搭載しており、高精細な映像を視聴できるのが特徴です。

色彩は自然な風合いで、人肌の質感や立体感をリアルに再現するのもポイント。夜景シーンでは暗部の黒色に締まりがあるほか、明るい部分もボヤけることなくしっかりと映し出せます。また、地上デジタル放送やブルーレイなどのフルHDの映像は4Kにアップコンバートできるので、4K放送でなくてもノイズの少ない映像を楽しめるのも魅力です。

音質に関してはデジタルアンプを搭載しており、スピーカーも6基と充実。また、画面自体を振動させて高音質を作り出す「アコースティック サーフェス」を搭載しているので、映像と音響が一体となって臨場感を高められます。

ネットコンテンツも充実しているほか、Android OSを搭載しているため、操作も快適。リモコンはマイク対応しており、Googleアシスタントによる音声検索が可能なのも便利な点です。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55FZ1000

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55FZ1000

明暗の階調を滑らかに表現する「ヘキサクロマドライブ プラス」を搭載した、55V型の4K有機ELテレビ。色彩表現が豊かで、リアルな映像を楽しめるのが特徴です。

また、サウンドクオリティが高いのも魅力。オーディオブランド「テクニクス」がチューニングした計80Wのスピーカーを搭載しており、しっかりとした重低音を体感できます。

さらに、アプリ感覚で使えるインターフェースを採用しているのも注目すべきポイント。利用頻度の高いコンテンツをホーム画面に登録できるので、カスタマイズも可能です。

ネットコンテンツも充実しているほか、放送中や録画した番組、ネット配信動画などを一括表示してくれる「アレコレチャンネル」や、従来の番組表に加えて過去番組まで表示する「過去未来番組表」なども便利。画質・音質・操作性・機能性のトータルバランスに優れたおすすめモデルです。

ハイセンス(HISENSE) 55E8000

ハイセンス(HISENSE) 55E8000

中国の家電メーカー「ハイセンス」が手がけている、4Kチューナー内蔵の有機ELテレビ。日本の大手家電メーカー「東芝」と共同開発した映像エンジン「レグザエンジンNEO plus」を搭載おり、これまで東芝が培ってきた技術とノウハウを継承しているのが特徴です。

サイズは55V型で、ノイズが抑えられた高画質映像を楽しめるのが特徴。深みのある黒をしっかりと再現できるほか、映像を解析して画質処理を施す「エリア別高画質復元」によって最適化しているのもポイントです。

映像をダイナミックに表現できるHDRの規格は、明暗の差をきめ細やかに表現できる「HDR10」に加えて、情報量が豊富で空の色や雲の様子をより美しく表現できる「HLG」もカバー。Google アシスタントを搭載したスマートスピーカーにも対応しているので、音声認識でリモート操作も可能です。

高性能でありながら、価格は比較的安価なので、コストをかけずに4K有機ELテレビの買い替えを考えている方はぜひ候補として検討してみてください。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED77C8PJA

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED77C8PJA

77V型と大画面仕様の有機ELテレビ。クオリティの高い映像を圧倒的な迫力で楽しみたい方におすすめです。有機EL専用映像エンジン「α9 Intelligent Processor」を搭載しており、徹底的にノイズを軽減しているのが特徴。2段階のプロセスでノイズ除去した後に、さらに2段階のステップでノイズの補正を行い、映像美を追求しています。

倍速駆動機能も搭載しており、最大秒間120コマの表示が可能なので、スポーツやダンスなど動きの速い映像も滑らか。豊かな階調表現が可能なハイダイナミックレンジ(HDR)に対応しているのも魅力です。

高額ですが、同じスペックのモデルと比較するとリーズナブルなのもポイント。大型有機ELテレビをリーズナブルに購入したい方におすすめです。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-65A9G

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-65A9G
 

ソニーの有機ELテレビにおける上位モデルです。映像エンジン「X1 Ultimate」を最新の有機ELパネルに合わせて再調整しているため、従来よりさらに画質が向上しています。4Kチューナーは2基搭載されており、外付けHDDを接続することで、4K放送の番組を視聴しながら別の4K放送の番組の録画が可能です。

また、Android OSを搭載した多機能性もポイント。YouTubeやNETFLIXなどの動画サービスを視聴できるほか、「Googleアシスタント」 によって、話しかけるだけでテレビの操作が可能です。画面自体を振動させて音を出す「アコースティック サーフェス オーディオプラス」技術を採用しているので、薄型ながらも迫力のあるサウンド体験が楽しめるのもポイント。

そのほか、壁掛けがしやすいスタンドデザインで設置自由度が高いのも魅力。スタイリッシュに高画質を楽しめるテレビとしておすすめです。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55GZ2000

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55GZ2000

パナソニックの4Kチューナー内蔵有機ELテレビの第2世代モデル。4Kチューナーを2基搭載し、4K放送の裏番組録画に対応しています。独自設計による構造や素材を用いた自社製の有機ELパネルを採用しているのもポイント。従来の社外パネルでは難しかった、細やかな黒の階調表現を実現し、映像のリアリティーを高めています。

また、HDR規格としては新たに「Dolby Vision」に対応。一部UHD BDなどで採用が始まった「HDR10+」も加えた4方式をサポートしているため、HDRコンテンツへの対応も充実しています。

サウンド面は「イネーブルドスピーカー」を採用しているので、「Dolby Atmos」コンテンツの音声信号を天井に反射させることで、三次元的な音響を生み出せるのがポイント。さらに、通常の音響面においても、オーディオブランド「テクニクス」がチューニングした高音質を楽しめます。画質、音質両方のクオリティを求める方におすすめの有機ELテレビです。

東芝(TOSHIBA) REGZA 55X830

東芝の有機ELテレビのスタンダードモデル。過去に遡って録画が可能な「タイムシフトマシン」機能は非搭載ですが、安価ながらも画質は上位モデルと同一というコスパのよさが魅力です。

新映像エンジン「レグザエンジン Professional」を搭載しているほか、学習機能を備えた「AI超解像技術」を活用することで、4K放送や地上デジタル放送などをノイズの少ないきめ細かな高画質映像で再現します。

また、4Kチューナーは2基、地上/BS・110度CSデジタル放送チューナーは3基搭載しているため、番組を視聴しながら、同時に別の2番組を録画可能です。そのほか、DTCP-IP対応のDLNA機能を搭載しているので、家庭内ネットワークを経由してメーカーが異なる機器の録画データを視聴できます。他メーカーの録画機器を持っている方にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED65C9PJA

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED65C9PJA

LGの4Kチューナーを内蔵した65インチ有機ELテレビです。外付けHDDへの4K番組録画にも対応しています。AI機能を統合した有機EL専用の画像処理エンジン「α9 Gen2 Intelligent Processor」を搭載。視聴コンテンツに合わせて最適な画像処理を行う「AI映像」と音質調整を行う「AIサウンド」により、あらゆる映像を常に最適な状態で楽しめます。

また、独自のAIプラットフォーム「ThinQ AI」を搭載しているので、会話感覚での音声操作が可能。また、「Google アシスタント」「Amazon Alexa」を内蔵しているので、音声による調べものやIoT家電の操作も可能です。