4Kテレビの普及が進むなか、早くも次世代のテレビとして注目されている「有機ELテレビ」。ラインナップとしては国内大手家電メーカーの製品が出揃い、圧倒的な映像美は必見の価値アリです。

そこで今回は液晶テレビとの違いを確認した上で、有機ELテレビのメリットやデメリットをチェック。そして、おすすめの人気モデルも合わせてご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

有機ELとは?

By: sony.jp

「有機EL(ゆうきイーエル)」とは、電圧をかけることで発光する性質を持つ「有機エレクトロルミネッセンス」の略称。パネル自体は韓国企業の「LG」が生産しています。

つまり、国内の大手家電メーカーの有機ELテレビはパネルは同一ですが、そこに各社がこれまで培ってきた技術やノウハウを画像処理エンジンやチューニングを活かしているので、映り方などが異なります。

すべての有機ELテレビが同じ画質というわけではなく、製品は各メーカーによって違いや傾向などがあるので、事前に確認しておきましょう。

液晶テレビとは何が違うの?

By: lg.com

有機ELテレビは発光材料に有機物を使い、自発光方式で映像を表示するテレビ。自力で光るので、従来の液晶テレビに搭載されているバックライトと放電スペースが不要となり、パネルが薄いのが特徴です。

もうひとつ注目したいのが有機ELの画面に映し出される黒色。パネルそのものが発光するため、バックライトで黒色がボヤけるようなことはなく、くっきりと映るのがポイントです。また、光量をコントロールできるので、立体感や奥行きのある映像をより美しく楽しめます。

有機ELテレビのメリット・デメリット

メリット

By: sony.jp

高コントラストをしっかり表現できるのが有機ELテレビのメリット。色を構成する光の三原色それぞれに対応したピクセルは自然光でオンオフができるので、純度の高い色彩表現が可能です。電流を流すと瞬時に反応するという性質によって遅延がほとんどないのも特徴。ゲームやスポーツ中継などの動きが激しい映像でもスムーズに映し出すことが可能です。

バックライトを必要としないので薄型化・軽量化が容易であり、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのもポイントです。

デメリット

大画面のテレビを明るく発光させる際に電力の消費量が多い点が有機ELテレビのデメリット。他にも、液晶テレビに比べると輝度が低いため、直射日光が当たる位置だと見づらい場合があります。

また、本体価格も同サイズの液晶テレビに比べるとかなり高価。コスパ優先の方にはあまりおすすめできません。購入する際は予算との兼ね合いもしっかりと考慮しましょう。

有機ELテレビの選び方

画質をチェック

By: amazon.co.jp

有機ELテレビの画質はいわば、プラズマテレビと液晶テレビのいいとこ取り。プラズマテレビの深みのある表現力と液晶テレビの明瞭感のある描写を兼ね備え、さらに黒の深みが増しているのが特徴です。

なお、映りに関してはメーカーごとにクセがあります。これは画像処理エンジンやチューニングによる違いがあるからで、系統としては鮮やかさが際立つモデルやあっさりした色合いの機種、明るめで派手な色彩の製品など、よく見れば差があるので購入する際は確認しておきましょう。

ちなみに、液晶テレビではどうしても視聴する角度によって見やすさが変わってしまうものですが、有機ELテレビはこの部分をクリアしているのもポイントです。

録画機能をチェック

地上デジタル放送などの録画をする方はチューナーの数を把握しておくことが重要。有機ELテレビの多くは3つのチューナーを搭載して2番組同時録画できるタイプが主流です。録画機能では東芝の「タイムシフトマシン」が注目の機能。最大6チャンネルを同時録画できるほか、放映中の番組を最初から再生できて便利です。

音響性能をチェック

By: lg.com

有機ELテレビのハイクオリティな映像を楽しむためには、それに見合った音響性能を備えたモデルを選びたいものです。多くの有機ELテレビのスピーカーはツイーターとミッドレンジ、あるいはミッドレンジとウーファーなど2種類のスピーカーを2つずつ合計4つのスピーカーを備えていて最大出力40〜50Wというのが一般的。ハイエンドモデルでは6〜10のスピーカーを搭載して80Wという大出力のモデルもあります。

なお、サラウンド規格「Dolby Atmos」に対応しているかどうかも注目ポイント。立体的な音の広がりを体感できるので、本格的なホームシアターシステムを検討している方は、有機ELテレビの圧倒的な映像美に見合うサウンド環境を整えることにも配慮してみましょう。

ネットワーク機能や他の機器との連携をチェック

By: amazon.co.jp

有機ELテレビはWi-Fi機能を搭載しているのかほとんど。なかには、ルーターを通さずにインターネットやスマホに接続できる便利な「Wi-Fi Direct」に対応したモデルもあります。そうした製品はルーターを経由する通信の混雑が軽減できるので、ネットワーク環境に配慮できます。

ブルーレイレコーダーなどと接続する場合はHDMIの端子の数もチェック。なお、周辺機器との接続や連携など拡張性を充実させたい方はUSB端子の数も確認しておきましょう。

サイズと重量をチェック

By: sony.jp

有機ELテレビの現行ラインナップは小さいサイズで55インチ、大きいサイズだと77インチ。これまでのテレビと同じように設置する場所や部屋の大きさを考慮して選ぶようにしましょう。

なお、テレビの買い替えを検討している方は今設置している機種のフレーム幅を確認しておくことが重要。有機ELテレビは狭額縁化が進んでおり、端面近くまで画面が広がっています。サイズを考えるときはざっくりと把握しておくだけでは失敗する可能があるので、設置場所の詳細な長さを確認しておきましょう。

省エネ性能をチェック

有機ELは素子に電圧をかけると自分自身が光る特性を持っているため、背面に発光空間を確保する必要がなく、その分本体を薄くすることができます。また、液晶のように背面にバックライトを入れる必要もないので、少ないエネルギーで発光させることが可能です。

ただしこれはパネルの話。実際有機ELテレビは総じて大型画面を採用しているので、これまでのテレビと比べて消費電力が大きくなることも考えられます。気になる方は「年間消費電力量(kWh/年)」を参考にして選ぶとよいでしょう。年間電力消費量の目安としては、55V型テレビが220kWh/年ほど、65V型は250〜280kWh/年、77V型は400kWh/年前後になります。

有機ELテレビのおすすめメーカー

パナソニック

By: amazon.co.jp

パナソニックの有機ELテレビはVIERA専用映像エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」に注目。ハリウッド業界などが次世代映像技術支援のために策定した国際認証「ULTRA HD PREMIUM」を取得しているのが特徴で、暗部シーンでもメリハリのある映像を堪能できます。

さらにメーカー独自の「有機ELパネル制御技術」も優秀。パネル自体のポテンシャを十分に引き出すことで、満足度の高い輝度を再現。ハイコントラストで美しい映像を体感できます。

ソニー

By: sony.jp

ソニーの有機ELテレビは2017年モデルの「A1シリーズ」と2018年モデルの「A8Fシリーズ」に分かれているのが特徴。両シリーズに共通しているのは、有機ELパネルのポテンシャルを引き出す4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」を採用しているところです。

大きな違いとしてはテレビを設置するスタンドの仕様。A1シリーズではパネルと後部スタンド部に分かれており、約5°の傾斜があります。一方、A8Fシリーズは垂直に近い設置で、壁掛けにもスムーズに対応できます。

LGエレクトロニクス

By: lg.com

韓国メーカーのLGは有機ELパネル自体を生産しているのが特徴。日本メーカーのモデルに比べて機能はシンプルですが、製品ラインナップが豊富で、リーズナブルな有機ELテレビをリリースしています。

ユーザーとして価格は魅力的であるものの、基本性能はしっかり網羅しているので、手軽に有機ELテレビを楽しみたい方はチェックすべきブランドです。

東芝

By: rakuten.co.jp

録画機能が充実したモデルが多いのが東芝レグザの特徴。特に予約録画なしで好きなときに番組を視聴できる「タイムシフト機能」に定評があります。

有機ELテレビに関しては解像度技術も秀逸。特に人肌の質感やテロップのノイズ除去などは完成度が高いと評判です。

なお、東芝のテレビ事業は、2018年に中国の電機メーカーであるハイセンスへ譲渡されましたが、同ブランドの自社開発・販売・修理は継続されています。その点は留意しておきましょう。

有機ELテレビのおすすめ人気モデル

ソニー(SONY) 77V型 4K有機ELテレビ BRAVIA KJ-77A1

77V型の大画面有機ELテレビです。4Kプロセッサー「X1 Extreme」は従来の「X1」プロセッサーに比べて映像処理速度を40%高速化。有機ELパネルのポテンシャルを引き出し、豊かな映像美を体感できるのが特徴です。

ポイントは明暗の輝度差を精細に表現するハイダイナミックレンジ(HDR)技術が優れていること。「Super Bit Mapping 4K HDR」は、地上で地上デジタル放送などの8bit映像やHDR信号の10bit映像を、情報量の多い14bit相当映像にして精細な階調で再生できます。

また、1秒60コマの映像のコマ間に1コマの映像を新たな生成して120コマにする「コマ数補間技術」を採用しているのもメリット。スポーツなど動きの激しい映像もストレスなく楽しめます。サイズは幅172.1×高さ99.7×奥行き99cm、重量は37.8kg。年間消費電力量は404kWh/年です。

ソニー(SONY) 65V型 4K有機ELテレビ BRAVIA KJ-65A8F

ソニー独自の「アコースティック サーフェス」を搭載している有機ELテレビ。画面自体を振動させて高音質を作り出すので、映像と音響が一体となり臨場感が高いのがメリットです。サイズは幅144.7×高さ83.6×奥行き5.5cm、重量は24.4kg。年間消費電力量は277kWh/年です。

映像エンジンは「4K X-Reality PRO」を搭載。地上デジタル放送やブルーレイなどのフルHDを4K映像にアップコンバートするので、4K放送でなくても高精細でノイズが少ない映像を楽しめるのがポイントです。デジタルアンプを搭載して、スピーカーも6個と音響面も充実しています。

Wi-Fi Directに対応しているのもポイント。映像と音響そしてネットワーク機能すべてがハイクオリティなおすすめの有機ELテレビです。

パナソニック(Panasonic) 65V型 4K有機ELテレビ VIERA TH-65FZ1000

パナソニックビエラシリーズの65V型有機ELテレビです。高性能映像エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」を搭載し、色彩や階調を明るさに応じてダイナミックに補正することにより映像を忠実に表現できるのがポイントです。

年間消費電力量が65V型としては217kWh/年と少なめで、省エネ性が優れています。サイズは幅144.9×高さ90.9×奥行き3.3cm、重量は36.0kgです。

スピーカーは高音域のツイーターを2基、中音域ミッドレンジスピーカー4基、そして低音域ウーハーを4基備えています。スピーカー合計の実用最大出力は80Wとスタンダードモデルの約2倍で、迫力のサウンドが楽しめるのがメリットです。

チューナー数は3つで、2番組同時に録画に対応。Wi-Fi機能のほか、SDカードスロットも搭載して周辺機器との連携も良好。高機能な有機ELテレビです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 77V型 有機ELテレビ OLED77C8PJA

大画面で映像を楽しみたい方におすすめの有機ELテレビ。価格は100万超えですが、それでも他社の同サイズと比べてリーズナブルに設定されているのは注目すべき点です。

画質としては有機EL専用映像エンジン「α9 Intelligent Processor」を搭載して徹底的にノイズを軽減しているのが特徴。2段階のプロセスでノイズ除去した後に、さらに2段階のステップでノイズの補正を行っています。

また、倍速駆動機能も搭載しており、最大秒間120コマの表示が可能なので、スポーツやダンスなど動きの速い映像も滑らかに再生できます。

豊かな階調表現が魅力のハイダイナミックレンジ(HDR)対応も充実。映画作品で多く採用されている「Dolby Vision」をはじめ、「Advanced HDR by technicolor」「HDR10」「HLG」の主要4規格をサポートしています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 55V型 有機ELテレビ OLED55B8PJA

55V型の有機ELテレビです。同ジャンルのなかでは小さなモデルではありますが、価格は18万円ほど。他の製品と比較して手が出しやすい製品なので「コストを抑えつつも、圧倒的な映像美を堪能できる有機ELテレビを楽しみたい」という方におすすめです。

サイズは幅122.8×高さ74.9×奥行き22.0cm、重量はスタンド込みで17.8kg。地上デジタルとBS・110度CSデジタルチューナーそれぞれ2つ搭載しており、裏番組の録画にも対応できます。ハイダイナミックレンジは「Dolby Vision」をはじめ4規格に対応。輝度差が激しい映像もリアルに再現できるのが魅力です。

サラウンド回路は「Dolby Atmos」に対応しており、立体的な音の広がりを体感できるのもポイント。サイズや機能面に不満がなければ、購入の現実味が帯びている有機ELテレビです。

東芝(TOSHIBA) 55V型 有機ELテレビ REGZA 55X920

BS/CS 4Kチューナーを内蔵した東芝レグザシリーズの有機ELテレビ。BSアンテナにつなげるだけで、2018年12月1日にスタートするBS/CS 4K放送を視聴可能になるモデルです。

地デジ放送のノイズを抑制する「地デジビューティX PRO」に加えて、4Kのノイズ対策として「BS/CS 4KビューティX PRO」を導入しているのもポイント。映像エンジン「レグザエンジンEvolution PRO」を採用しており、高いピーク輝度と濃密な黒の高いコントラストによって、臨場感の高い映像を楽しめます。

映像モードには幅広いスポーツを動きも滑らかに楽しめ「スポーツモード」や定評ある低遅延の「ゲームモード」も搭載。オンエア中の番組も最初から楽しめ、放送済みの番組もすぐ再生できる機能「タイムシフトマシン」も同メーカーのお家芸として変わらず便利です。