高解像度で映像を楽しめる「有機ELテレビ」。一般的な液晶テレビよりも薄型・軽量化できるなど多くのメリットがあり、テレビの購入や買い替えを検討している方におすすめです。

ただし、各メーカーからさまざまなモデルが展開されており、どれを選んだらよいのか迷ってしまう場合も。そこで今回は、おすすめの有機ELテレビをご紹介します。併せて、選び方や液晶テレビとの違いも解説。気になる方はチェックしてみてください。

有機ELテレビとは?

By: hisense.co.jp

有機ELテレビは、発光材料にジアミンやアントラセン、金属錯体などの有機物を使用しています。有機物に電圧がかかって発光する現象「有機エレクトロ・ルミネッセンス(有機EL)」から名付けられました。映像の表示方法には、プラズマテレビと同じくディスプレイ自体が光る「自発光方式」を採用しています。

主な解像度は、4K液晶テレビと同じ3840×2160。バックライト不要で薄く作れるため、一般的な液晶テレビと比較して省スペース設計なのも特徴です。また、基本的には48インチ以上の大型テレビに採用されています。

有機ELテレビと液晶テレビの違い

有機ELテレビのメリット

By: amazon.co.jp

有機ELテレビには、液晶テレビにはない多くのメリットがあります。まず、バックライトやプラズマテレビに必要な放電スペースが不要。液晶テレビと比較して約10分の1程度の薄型化を実現しています。そのため、有機ELテレビは高画質な大型テレビを狭いスペースに設置したい方にぴったりです。

重量が軽いのもメリット。また、ひとつひとつの素子が自発光する「有機EL素子」をパネルに使用した、高コントラストで高精細な映像も魅力です。

なかには、応答性に優れており、スポーツやゲームなどで動きの速いシーンもきれいに表現可能。遅延も発生しにくく、映画なども快適に楽しめます。

液晶テレビのメリット

有機ELテレビが大型モデルのみで展開されているのに対し、液晶テレビはラインナップが豊富です。部屋の大きさや設置スペースに合わせて適切な製品を選択可能。また、消費電力が有機ELテレビと比較して少なく、ランニングコストをできるだけ抑えられるのもメリットです。

買い求めやすいリーズナブルなモデルが多いのも魅力。リビング以外に子供部屋や寝室など、2台目以降のテレビとしておすすめです。

液晶テレビについて詳しく知りたい方はこちら

有機ELテレビの選び方

サイズは部屋の広さや視聴距離で選ぶ

By: lg.com

有機ELテレビのサイズを選ぶ際には、部屋の広さやテレビとの距離を考慮しておきましょう。特に、画面の高さを基準に計測する「適正視聴距離」が重要。4Kテレビの場合、画面の高さの約1.5倍が適正な目安です。画素の粗さが気になりにくく、迫力のある映像を楽しめます。

8畳程度の部屋に4K有機ELテレビを置く場合、55インチ程度のモデルが適正サイズの目安。10畳以上のリビングなら、より大きめの60インチ以上がおすすめです。予算や設置場所によっては、75インチ以上の大画面モデルも検討してみてください。

有機ELテレビは4K画質が主流

By: amazon.co.jp

有機ELテレビは、画質にこだわって開発された4K画質が主流です。3840×2160ドットで構成されており、画面全体でフルHDの4倍もの高解像度を実現。より高精細で立体感のある高画質映像を楽しめます。

4K対応コンテンツが増えているほか、ゲームやブルーレイソフトも高画質で視聴可能。コンテンツの種類にかかわらず、高解像度の映像を楽しめるのが魅力です。

4Kチューナーを内蔵しているかチェック

By: amazon.co.jp

新4K放送を視聴するためには、4Kチューナーを内蔵している必要があります。搭載していない場合はBS4K放送を視聴できず、別途チューナーを用意するか、チューナー内蔵のレコーダーを購入しなければなりません。

また、4Kチューナー内蔵のレコーダーと組み合わせるのもおすすめ。見たい番組を高画質なまま録画し、後でまとめて視聴したい場合に便利です。忙しくてリアルタイムに番組を視聴できない方や、見たい番組が重なってしまって番組を見逃してしまいがちな方は検討してみてください。

音質にもこだわりたいならスピーカー性能をチェック

映画や音楽番組などを視聴する機会が多く高音質にこだわりたいなら、スピーカーの性能をチェックしておきましょう。迫力のあるサウンドを楽しみたいならスピーカーの出力も併せて確認。出力は「W」で表示されています。

有機ELテレビの場合、40W前後が一般的な出力の目安。なかには、音声実用最大出力125Wもの高出力モデルも販売されています。また、音質を重視するなら音響技術を採用した製品にも注目。「Dolby Atmos」に対応したモノなら、立体感のあるサウンドを実現します。

各種機能にも注目

Wi-Fi機能やVODサービスに対応しているか

有機ELテレビに限らず、多くのテレビはインターネット回線と接続してさまざまなサービスを利用可能。インターネット回線の差し込み口がテレビの設置場所と離れている場合に便利なのがWi-Fi機能です。わずらわしいLANケーブルを使用せず、無線ルーターでインターネット回線と接続できます。

YouTubeやNetflix、Amazon Prime VideoなどVODサービスに対応しているかも要チェック。リモコンに専用ボタンを備えていればダイレクトに起動でき、快適に動画配信コンテンツを楽しめます。

外部接続端子の種類や数をチェックしよう

有機ELテレビにブルーレイレコーダーやゲームを接続したい場合には、外部接続端子の種類や数をチェックしておきましょう。なかでも、映像と音を1本のケーブルでデジタル伝送できるHDMI端子を備えているかは確認ポイント。レコーダーやゲーム機はもちろん、Amazonの「Fire TV」などの映像機器と接続する際にも必要です。

USB外付けハードディスクを使用するならUSB端子が必須。保存した番組を録画する際や後でまとめて見たい場合に役立ちます。

スポーツ観戦や動きの速い映像には「倍速再生」がおすすめ

倍速再生とは、1秒間の映像切り替え数を増やして残像やブレを低減する機能です。特に、動きの速いスポーツなどを滑らかな映像で視聴したい場合に効果を発揮。アクションゲームなどを楽しみたいシーンでも役立ちます。

倍速再生は、数値が高いほど残像やブレを減らせるのが特徴。動きの激しいシーンをカクつきの少ない映像で楽しみたい方はチェックしてみてください。

有機ELテレビの電気代は?

有機ELテレビは同じ大きさの液晶テレビと単純に比較すると、やや消費電力が大きい傾向があります。1時間あたりの電気代を導き出す計算式は「消費電力(kW)×電気料金単価(円)」。消費電力は製品ごと、電気料金単価は契約している電気会社の料金プランにより異なります。

ただし、上記の計算で算出される数値はあくまで目安。モデルによって画面の明るさが異なるほか、視聴する音量やアンプの出力などによっても消費電力は変わります。ランニングコストを低減したい場合、消し忘れに注意するなど無駄な電気を消費しないように心掛けることが重要です。

有機ELテレビのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

「ソニー」は、東京都港区に本社をかまえている総合電機メーカーです。テレビをはじめカメラや映像機器、音響機器などさまざまな製品を手掛けています。有機ELテレビにおいては「BRAVIA」の「A90Jシリーズ」を展開しています。

大画面タイプをラインナップ。高輝度化を実現した独自設計の有機ELパネルにより、高コントラストな高画質映像を楽しめます。また、Google TV機能搭載で多くの動画配信コンテンツを楽しめるのも魅力です。

東芝(TOSHIBA)

「東芝」は、さまざまな分野で製品とサービスを展開している日本の老舗電気メーカーです。有機ELテレビにおいては「レグザ」シリーズで高品質なモデルをラインナップ。なかでも「タイムシフトマシン」を搭載した製品は見逃した番組を録画できるなど、ライフスタイルに併せて活用したい方におすすめです。

4K放送やネット動画を美しく表現する独自開発エンジン「ダブルレグザエンジンCloud PRO」採用のモデルを展開しているのもポイント。超解像度な高画質を楽しめるほか、視聴する環境に合わせて画質を自動調節する機能を備えています。

パナソニック(Panasonic)

「パナソニック」は、大阪府に本社を置く大手電機メーカーです。生活家電や車載関連、住宅設備関連など幅広いジャンルで製品を手掛けています。有機ELテレビでは「ビエラ」シリーズにおいて、独自設計の有機ELディスプレイを採用したモデルをラインナップ。ハイコントラストで臨場感のある映像を楽しめます。

音質にもこだわって開発されているのも特徴。横方向に加えて高さ方向の音表現が可能な「イネーブルド&ワイドスピーカー」を搭載したモデルも発売しています。立体音響技術「Dolby Atmos」により、音に包み込まれるような臨場感を体感できるのも魅力です。

シャープ(SHARP)

「シャープ」は、大阪府に本社をかまえている電機メーカーです。映像・音響関連をはじめ生活家電や空調機器、スマホなどさまざまな分野で製品を展開。有機ELテレビにおいては「AQUOS」ブランドで高画質を実現したモデルをラインナップしています。

なかでも、独自設計の高輝度「S-Brightパネル」を搭載した製品に注目。明暗の豊かな高画質映像を楽しめます。また、リモコンに設けた「ダイレクトボタン」で、動画サービスを素早く起動できる機能も便利です。

有機ELテレビのおすすめモデル

ソニー(SONY) ブラビア 4K有機ELテレビ XRJ-83A90J

認知特性プロセッサ「XR」搭載の有機ELテレビです。発光性能を高め、高輝度化を実現。従来モデルよりも明るく高コントラストな映像を楽しめるおすすめモデルです。83V型の大画面で、リビングのメインテレビとして適しています。

アクチュエーターが画面全体を振動させ、映像と音が一体化した視聴体験を楽しめる音響技術「アコースティック サーフェス オーディオプラス」にも注目。臨場感あふれる高音質を体感できます。

Google TV機能搭載で、ネット動画を楽しみたい方にもぴったり。Googleアシスタント機能を活用すれば、音声操作も可能です。そのほか、USB端子やHDMI端子も備えています。

ソニー(SONY) ブラビア 4K有機ELテレビ XRJ-55A80J

高コントラストな画質を実現している有機ELテレビです。認知特性プロセッサ「XR」により、有機ELパネル特性と映像信号を分析・処理。リアル感のある高画質映像を楽しめます。

さまざまな映像を高精細な4K画質にアップコンバート可能。地上放送やネット動画など、コンテンツにかかわらず高精細な映像を実現します。被写体に合わせて超解像度処理を施し、細部にまでリアルな質感を表現できるのも魅力です。

3次元のリアルな立体音響を実現する「Dolby Atmos」に対応しているのもポイント。前後左右に加えて高さの音表現も可能で、手軽に立体的なサウンドを楽しめます。

無線LANを内蔵し、ワイヤレスでネット動画を楽しめるのも便利です。当モデルの77インチ以外に、65インチと55インチをラインナップしているのでチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) レグザ 有機ELテレビ 55X9400S

独自開発の「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を搭載した有機ELテレビです。地デジはもちろん4K放送やネット動画を美しく映し出すのが特徴。視聴環境に合わせて画質を自動で調節するなど、手軽に高画質を楽しみたい方におすすめのモデルです。

レグザ専用の高コントラスト有機ELパネルを採用しているのもポイント。高いピーク輝度と深度の深い黒の再現ができ、高コントラストで臨場感あふれる高画質を楽しめるのも魅力です。

「タイムシフトマシン」に対応し、見逃した番組や録画を忘れても安心。膨大な過去番組から厳選して視聴できるスマート機能も充実しており、忙しい方にもぴったりな1台です。

「レグザパワーオーディオX-PROⅡ」によって高音質なサウンドも楽しめます。55V型のほか、65V型と48V型からもサイズの選択が可能です。

東芝(TOSHIBA) レグザ 有機ELテレビ 48X8900K

低反射有機ELパネルを採用した有機ELテレビです。引き締まった黒による高コントラストな映像が特徴。画面への映り込みを抑える効果も発揮し、明るいリビングでも鮮明な高画質を楽しめるおすすめモデルです。立体感のあるサウンドを再生できる「Dolby Atmos」にも対応しているなど、音質にもこだわっています。

「レグザエンジンZRⅠ」により、高速レスポンスと進化したノイズリダクションを実現。地デジや4K放送、ネット動画などコンテンツの種類を選ばず高精細な映像を楽しめます。

リモコンにYouTubeやPrime Videoなど、動画配信アプリのボタンを設けているのも便利。「My.Choice」ボタンには、お気に入りの動画配信アプリのショートカットを登録できます。48V型のほか、65V型と55V型をラインナップしているのでチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) ビエラ 4Kダブルチューナー内蔵 テレビ TH-65JZ2000

独自設計を採用し、パネルの発光性能を向上させた有機ELテレビです。制御技術によりパネルの性能を最大限に引き出しているのが特徴。同社史上最高峰と謳う、高コントラストな高画質映像を実現しているおすすめモデルです。

視認性を考慮して設計しているのもポイント。明るいリビングで周囲の光の反射による影響を軽減するほか、深みのある黒を再現可能なブラックフィルターを搭載しています。AIがシーンに合わせて映像を最適化するのも魅力。面倒な設定の手間を省き、手軽に高画質を楽しめます。

音を天井に反射させて高さ方向の音表現も可能にする、音声実用最大出力125Wの「イネーブルドスピーカー」を搭載。横方向の音の広がりを実現する「ワイドスピーカー」と立体音響技術「Dolby Atmos」との組み合わせにより、音に包み込まれるような臨場感あるサウンドを再生します。

パナソニック(Panasonic) ビエラ 4Kダブルチューナー内蔵 テレビ TH-48JZ1000

独自のパネル制御技術「Dot Contrastパネルコントローラー」を採用した有機ELテレビです。バックカバーと一体の放熱プレートとの組み合わせにより、有機ELの性能を最大限に引き出しているのが特徴。暗いシーンでも高コントラストで明暗豊かな階調を表現できるおすすめモデルです。

立体音響技術「Dolby Atmos」により、高音質サウンドを実現。徹底的に高音質を追求したスピーカーシステムを搭載しており、リアルなサウンドを楽しめます。テレビ台にぴったりと吸着するスタンドを搭載しているのもポイント。地震でも倒れにくいのが魅力です。

VODアプリに対応しており、動画配信コンテンツを楽しみたい方にもぴったり。リモコンには、スムーズにアプリを起動できるダイレクトボタンを設けています。

シャープ(SHARP) AQUOS 4K有機ELテレビ DS1ライン 4T-C65DS1

独自の高輝度パネル「S-Brightパネル」を搭載した有機ELテレビです。輝度性能に優れた発光素材採用と、発光時の発熱を抑える構造が特徴。消費電力を軽減しながら、リアルで明暗豊かな映像を楽しめるおすすめモデルです。

4K画像処理エンジン「Medalist S2」を搭載。4K超解像アップコンバート機能により、地上波放送からネット動画まできれいで臨場感あふれる映像を表現します。

総合出力65Wの2.1ch7スピーカー「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を採用しているのもポイント。ツィーターを前向きに配置するなど音声の聞き取りやすさにこだわって設計されています。テレビ本体の薄型化と高音質化を両立しているのも魅力です。

シャープ(SHARP) AQUOS 4K有機ELテレビ DQ1ライン 4T-C55DQ1

有機ELパネルの輝度性能を最大限に引き出す独自制御技術「Sparkling Drive」搭載の有機ELテレビです。発光量を画素ごとに制御するのが特徴。映像の明暗にかかわらず、リアルな階調表現で高画質を実現するおすすめモデルです。

インターネットに接続すれば、ネット動画やゲームのアプリを楽しめるのも魅力。リモコンには、NetflixやYouTubeなど、7つの動画サービスを呼び出せるダイレクトボタンを搭載しています。AQUOSのブルーレイやオーディオをリモコンで操作できるのも便利です、

複数のチューナーを内蔵しており、多彩なジャンルの番組を視聴できるのもポイント。USB外付けハードディスクを接続すれば、BS・110度CS放送の2番組同時録画などが可能です。

シャープ(SHARP) AQUOS 4K有機ELテレビ DQ2ライン 4T-C65DQ2

低映り込み有機ELパネルを搭載したモデルです。照明や外光の映り込みを低減できるのが特徴。広視野角を実現しており、複数の視聴位置があるリビングでの設置に適しています。動画性能に優れ、動きの速いスポーツの映像の残像感も低減可能です。

スポーツの視聴に適した画質モード「4Kスポーツビュー」にも注目。倍速補間された映像の切り替え時に黒部分を挿入し、動きがぼやけて見えるのを減らしています。

2ch6スピーカー搭載の聞き取りやすい高音質設計もポイント。「音楽ライブ」モードにより、音楽番組やライブ配信を臨場感あふれるサウンドで楽しめます。

左右計約30°で、視聴位置に合わせて角度を調節できる回転スタンドを備えた、設置の自由度の高さも魅力。65V型のほか、55V型もラインナップしているのでチェックしてみてください。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 55V型 有機ELテレビ OLED55B1PJA

視聴している映像に合わせてAIが適切に画像処理を行う有機ELテレビです。地上波やネット動画など、さまざまな映像ジャンルを自動で認識。受信方法に関係なく、コンテンツをクリアで鮮明な映像で楽しめます。

ゲームプレイ時の応答速度に優れているのも特徴。滑らかかつ高解像度で画面を表示できます。また、ジャンルに合わせた映像とサウンドを選択できる「ゲームオプティマイザ」を搭載しているのも魅力です。

音質にこだわって開発されている点にも注目。AIが映像のジャンルを分析してサウンドを調節し、臨場感あふれるバーチャル5.1chサウンドに変換します。Bluetoothに対応しているのもポイントです。

ハイセンス(HISENSE) 有機ELテレビ 55X8F

倍速パネルを搭載している有機ELテレビです。動きの激しいシーンが多い映像を滑らかにくっきりと映し出すのが特徴。また、ボタンを押してから表示されるまでの遅延が少ない「ゲームモードplus」を採用しています。

地上デジタルに加え、BS・110°CSに対応するチューナーを3基ずつ搭載。超解像度処理により、地デジ画質を4K画質にアップコンバートする機能を使えるのも魅力です。

「Dolby Vision」に対応しているのもポイント。シーンごとに映像を最適化し、自然なコントラストとクリアな色を再現します。

有機ELテレビのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

有機ELテレビのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。