高精細かつ高コントラストな映像が楽しめる「有機ELテレビ」。暗いシーンの多い映画やドラマなどの映像もくっきり表現できるのが特徴。各メーカーからさまざまなモデルが発売されているため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの有機ELテレビをご紹介。有機ELテレビの基本情報や選び方、おすすめメーカーについても解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

有機ELテレビとは?

By: sony.jp

有機ELテレビとは、「有機エレクトロ・ルミネッセンス」のディスプレイを採用したテレビ。電気を通すと発光する有機物を使用して、映像を映し出しています。

1つ1つの有機物が発光する仕様のため、1画素ごとに明るさを調節可能。完全な黒色の表現を実現しています。また、液晶テレビよりも構造が単純なので、薄さと軽さを備えているのも魅力のひとつ。省スペースですっきり設置できます。

そのほか、4Kディスプレイを採用しているモデルが多いため、高画質な映像を楽しめるのもポイント。ハイエンドモデルに採用されることが多く、機能性も充実しています。

有機ELテレビと液晶テレビの違い

By: amazon.co.jp

有機ELテレビと液晶テレビの違いは、「バックライト」と呼ばれる光源を搭載しているかどうかです。有機ELテレビは自発光する有機物を採用しており、バックライトを内蔵していません。また、上位モデルに多く採用されているのが特徴です。

一方で、液晶テレビはバックライトを液晶でコントロールして映像を映し出す仕組み。高価なモデルから安価なモデルまで幅広く展開されています。どちらを選ぶかによって画質や価格帯が大きく異なるので、あらかじめチェックしておきましょう。

液晶テレビについて詳しく知りたい方はこちら

有機ELテレビのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

有機ELテレビは、1画素ごとに明るさを調節できるのがメリット。完全な黒を表現できるほか、高コントラストな映像を映し出せます。

また、応答速度が速いのも魅力。アクション系映画やスポーツ番組など動きの速い映像も美しく表現可能です。視野角が広いので、複数人で視聴するリビングなどへの設置にも適しています。

薄型化・軽量化を実現できるため、壁掛けで設置したり省スペースで設置したり、設置場所の自由度が高いのも特徴。ハイエンドモデルが多く、機能性も充実しています。

デメリット

By: jp.sharp

有機ELテレビのデメリットは、製造コストの高さ。液晶テレビに比べて価格が高くなってしまうため、予算を考慮する必要があります。

また、有機ELテレビは大型モデルが多いので、設置スペースの確保が必要。小さいモデルでも42インチ程度です。なお、液晶テレビより消費電力量が大きいので、電気代もやや高い傾向があります。有機ELテレビのメリットだけでなく、デメリットも把握したうえで購入を検討してみてください。

有機ELテレビの選び方

サイズは部屋の広さや視聴距離で選ぶ

By: amazon.co.jp

有機ELテレビを選ぶ際は、部屋の広さや視聴距離を考慮することも重要。8畳程度の広い部屋やリビングなどに設置する場合は、55インチ程度のモデルがおすすめです。10畳以上の広いリビングなら、60インチ以上のモデルもチェックしましょう。

6畳程度の部屋の場合は、43インチ以下のモデルが適しています。ただし、43インチ以下の有機ELテレビはラインナップが少ないので注意が必要です。

また、4K解像度の有機ELテレビであれば、視聴距離は画面の高さの1.5倍程度が目安。例えば、視聴距離が約90cmの場合、画面の高さは約60cm、49~50インチのモデルが適しています。部屋や生活スタイルに馴染みやすいモノを選んでみてください。

画質をチェック。有機ELテレビは4K画質が主流

By: amazon.co.jp

有機ELテレビを購入する際は、画質も要チェック。画質に大きく関わるのは、パネルの解像度です。解像度が高いほど、高精細な映像を映し出せます。有機ELテレビでは「4K(3840×2160)」の画質を採用したモデルが主流です。

4K画質は従来の「フルHD(1920×1080)」よりも高い解像度を実現しているのでおすすめです。ただし、地デジ放送やネット動画によっては4K画質に対応していない場合があります。さまざまなコンテンツで画質にこだわりたい方は、4K相当に画質をアップコンバートできる機能もチェックしてみてください。

4Kチューナーを内蔵しているかチェック

By: amazon.co.jp

有機ELテレビで新4K衛生放送を視聴したい方は、「4Kチューナー」を内蔵しているかもチェック。4Kテレビには「チューナー内蔵モデル」と「非搭載モデル」が存在します。非搭載モデルの場合は、4K放送を視聴するために別途4Kチューナーや4Kチューナー内蔵Blu-rayレコーダーなどの外付けが必要です。

ただし、現在発売されている有機ELテレビの多くは、4Kチューナーを内蔵しています。さらに、4Kチューナーを複数内蔵したモデルを選べば、4K放送の裏番組も録画可能です。4Kチューナーの数も重要なポイントです。

Wi-Fi機能やVODサービスに対応しているかチェック

By: sony.jp

有機ELテレビを購入する際は、Wi-Fi機能やVODサービスに対応しているかも事前にチェックしましょう。Wi-Fi機能を搭載したモデルなら、自宅の無線LANを経由してインターネットに接続可能。ケーブルを使わずに快適にネット動画などを楽しめます。

また、VODサービスに対応していれば、大画面でさまざまな映画やドラマ、アニメなどを視聴可能。ただし、モデルによって対応しているVODサービスが異なるので確認が必要です。

「Google TV」「Android TV」などの機能を搭載したモデルなら、スマホアプリのように好みのVODサービスをインストール可能。対応しているVODサービスも豊富なので、幅広いコンテンツを楽しみたい方はチェックしてみてください。

音質にもこだわりたいならスピーカー性能をチェック

By: regza.com

音質にもこだわりたい方はスピーカー性能も要チェック。有機ELテレビは画質面で非常に優れていますが、スピーカー性能はメーカーによって異なるため、自分好みのサウンドを再生できるか確認が必要です。

映像と音の一体感を楽しみたい方には、ソニーの「アコースティック サーフェス オーディオ プラス」に対応したモデルがおすすめ。迫力ある重低音を体感したい方なら、東芝の「レグザ重低音立体音響システム」が備わったモデルをチェックしてみてください。

また、音に包まれるかのような立体的なサウンドを楽しみたい方には、立体音響技術である「Dolby Atmos」に対応したモデルもおすすめです。

各種機能にも注目

外部接続端子の種類や数をチェックしよう

By: lg.com

有機ELテレビにさまざまな機器を接続して映し出したい方は、外部接続端子の種類や数を要チェック。PS4やPS5、Nintendo Switchなどの家庭用ゲーム機、ビデオカメラなどを接続したい方は、汎用性の高いHDMI端子を備えたモデルがおすすめです。

HDMI端子はケーブル1本で映像と音声信号を伝送可能。同時に複数の機器を接続したい方は、HDMI端子を複数備えたモデルをチェックしてみてください。LAN端子を備えたモデルなら、有線でインターネット接続が可能。無線より高速かつ安定したインターネット接続ができます。

音声操作に対応していると便利

By: jp.sharp

より有機ELテレビを快適に使いたい方は、音声操作に対応したモデルがおすすめ。Googleが開発したテレビ用のOSである「Android TV」「Google TV」を搭載したモデルなら、スマホのように手軽に音声操作ができます。音声でテレビを操作したり、コンテンツを探したりできるのが特徴です。

音声操作に対応したリモコンを同梱していれば、離れた場所からでも音声操作が可能。Android TV・Google TVを搭載していなくても、音声操作に対応したモデルは存在するため、気になる方はチェックしてみてください。

スポーツ観戦や動きの速い映像には「倍速再生」がおすすめ

By: lg.com

スポーツ番組や動きの速い映像などを鮮明に観たい方は「倍速再生」に対応したモデルがおすすめ。一般的なテレビでは、1秒間に60コマの画像で映像を表現しており、動きの速い映像で残像感が生まれてしまうのが難点です。

倍速再生とは、60コマの間に新しい画像を作成して120コマで映像を映し出せる機能。動きの速い映像をなめらかに視聴したい方は、倍速再生機能を搭載したモデルの購入を検討してみてください。

有機ELテレビの電気代は?

有機ELテレビは、液晶テレビに比べて電気代がかかりやすい点に注意が必要です。1年間の電気代は「年間消費電力量×1kWhあたりの電気料金」で算出できます。

1kWhあたりの電気料金を27円と仮定すると、4K有機ELモデルの消費電力量が221kWh/年の場合、年間電気代は5,967円。一方、4K液晶テレビの消費電力量が144kWh/年の場合、年間電気代は3,888円です。この場合、年間の電気代は2,000円以上の差が生まれます。

もちろん、電力会社やテレビによって電気代は異なるため、あくまで参考程度に確認しておきましょう。消費電力をできるだけ抑えたい方は、電気代を節約できる省エネモードを備えたモデルもチェックしてみてください。

有機ELテレビのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、東京都港区に本社を置く総合電機メーカーです。イヤホンやヘッドホンなどのオーディオ機器をはじめ、テレビやカメラなど幅広い製品をラインナップ。高い技術力を活かした製品づくりが特徴です。

ソニーのテレビは「ブラビア(BRAVIA)」シリーズを展開。有機ELテレビに関しても高画質・高音質を実現したモデルを生み出しています。48インチのコンパクトモデルから、83インチの大画面モデルまで種類も豊富。さまざまなVODサービスを利用できるAndroid TVやGoogle TVを搭載したモデルも人気です。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、東京都港区に本社を置く日本の電機メーカー。エアコンや洗濯機などの白物家電をはじめ、テレビやカメラ、美容家電などさまざまな製品を手掛けています。

パナソニックのテレビは、「ビエラ(VIERA)」シリーズを展開。有機ELテレビに関しては、高画質・高音質を両立したモデルをラインナップしています。地震などの揺れで倒れにくい「転倒防止スタンド」を採用したモデルや、さまざまなコンテンツを美しく表現できる独自の「AutoAI画質」を備えたモデルにも注目です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

LGエレクトロニクスは、韓国ソウルに本社を置く人気メーカーです。日本では、家電製品や液晶ディスプレイ、携帯電話などを展開。テレビの場合、液晶テレビと有機ELテレビのそれぞれ幅広いモデルを手掛けています。

有機ELテレビは、比較的リーズナブルに購入できるのが特徴。48インチの小型モデルから、80インチを超える超大型モデルまで存在するため、部屋のサイズに合ったモデルを選択可能です。独自の「ThinQ AI」やAmazon Alexa、Googleアシスタントなど、さまざまな音声認識に対応したモデルも存在します。

東芝(TOSHIBA)

By: regza.com

東芝は幅広い家電を発売する日本の総合電機メーカーです。冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどの生活家電は「東芝ライフスタイル株式会社」が手掛けています。テレビは「レグザ(REGZA)」のブランド名で展開しています。

東芝の有機ELテレビは、録画機能に優れたモデルを数多くラインナップ。最大6チャンネルも同時録画できる独自の「タイムシフトマシン」を備えたモデルなら、見逃し番組もあとから視聴できます。ライブ会場にいるような臨場感あふれるサウンドを楽しめる「レグザパワーオーディオ」を搭載したモデルもおすすめです。

シャープ(SHARP)

By: jp.sharp

シャープは、大阪府堺市に本社を置く日本の電機メーカーです。空調家電・キッチン家電・生活家電・美容家電など、幅広い種類の製品を展開。テレビは「アクオス(AQUOS)」シリーズを手掛けています。

シャープの有機ELテレビは、画面の向きを自由に調節できる「回転式スタンド」を採用したモデルをラインナップ。さまざまなVODサービスを利用できる「Google TV」を搭載したモノや、音声が聞き取りやすい「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」を搭載したモノなども扱っている人気メーカーです。

有機ELテレビのおすすめモデル

ソニー(SONY) BRAVIA 4K有機ELテレビ 48V型 KJ-48A9S

さまざまなコンテンツを美しく表現できる48インチの有機ELテレビです。高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載。地デジ放送やネット動画などのコンテンツを4Kにアップコンバートできる「4K X-Reality PRO」も内蔵しています。

画面から高音質な音が出る「アコースティック サーフェス オーディオ」を備えているのも魅力。本体の背面にサブウーファーを1基備えているため、コンパクトながら迫力あるサウンドを楽しめます。

「Android TV」を搭載し、さまざまなネット動画を視聴できる点もポイント。リモコンの「Google アシスタント」ボタンを押すことで、音声検索で簡単に観たい動画を探せます。

また、コンパクトなので、省スペースで設置できるのも特徴。コスパのよいモデルを探している方にもおすすめです。

ソニー(SONY) BRAVIA 4K有機ELテレビ 83V型 XRJ-83A90J

独自の「認知特性プロセッサー」を搭載し、自然で美しい映像を映し出せる83インチの有機ELテレビ。「XR HDR Remaster」により、高コントラストを実現しているのも特徴です。

迫力のある高音質を実現した「アコースティック サーフェス オーディオ プラス」を採用しているのも魅力。リアルで立体的なサウンドを楽しめる立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応しています。

さまざまなVODサービスが利用可能な「Google TV」を搭載しているのもおすすめポイント。Google アシスタントを使用すれば、音声でコンテンツ検索やテレビ操作などがおこなえます。

さらに、地デジ放送やネット動画などを4K解像度にアップコンバートする機能も内蔵。さまざまなコンテンツを高画質で視聴できます。

パナソニック(Panasonic) 4Kダブルチューナー内蔵ビエラ 55V型 TH-55LZ1800

「Auto AI画質」を搭載した55インチの有機ELテレビ。さまざまなコンテンツをシーンに合わせて美しく表現します。映像本来の階調や色彩を忠実に表現可能な「ヘキサクロマドライブ プラス」を備えているのも特徴です。

さまざまな映像を4K高精細化する「4Kファインリマスターエンジン」も魅力。上下左右から鳴り響く「360立体音響サウンドシステム」を内蔵しているため、音質面も良好です。

4Kチューナーを2基備えており、4K放送を2番組同時録画できるのおすすめポイント。独自の「転倒防止スタンド」を搭載しているため、地震などの揺れで倒れるリスクを軽減できます。高画質・高音質を実現したモデルが欲しい方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 4Kダブルチューナー内蔵ビエラ 55V型 TH-55LZ2000

高コントラストと豊かな色表現を両立した55インチの有機ELテレビです。さまざまな映像を自動で最適化する「Auto AI画質」を搭載しています。

豊かな階調を忠実に再現できる「ヘキサクロマドライブ プラス」を備えているのも魅力。また、横向きスピーカーである「ワイドスピーカー」、上向きスピーカーである「イネーブルドスピーカー」、正面スピーカーである「ラインアレイスピーカー」により、迫力ある立体音響を実現しています。

独自構造の「転倒防止スタンド」を備えているため、万が一地震が起きても倒れにくい仕様。4Kチューナーを2基搭載しているので、4K放送の2番組同時録画ができるのもおすすめポイントです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K有機ELテレビ 65V型 OLED65C1PJB

色彩を忠実に再現できる65インチの有機ELテレビです。光の三原色の各5段階をかけ合わせた125色を映し出せるのが特徴です。高画質・高音質を実現できる「α9 Gen4 AI Processor 4K」も搭載しています。

地デジ放送やネット動画などを美しく表現できる「AI映像プロ」と、映像ジャンルに合わせたサウンドへ調節してバーチャル5.1.2chに変換する「AIサウンドプロ」を搭載。独自の「ThinQ AI」やAmazon Alexa、Googleアシスタントなどの音声認識を備えているので、音声でコンテンツを探したり、情報を検索したりできます。

空間に溶け込むスタイリッシュなデザインも魅力。外観にこだわりたい方にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K有機ELテレビ 77V型 OLED77G2PJA

リアルな映像を映し出せる「α9 Gen 5 AI Processor」が搭載された77インチの有機ELテレビです。漆黒を表現できる「ピクセル自発光制御」を搭載。高精細な映像を視聴できます。

バーチャル7.1.2chサラウンドサウンドを再生できるため、音に包まれるかのような臨場感あふれるサウンドを実現。また、「Dolby Vision IQ」「Dolby Atmos」により、没入感のある視聴体験を楽しめます。

さまざまなVODサービスを利用できる「webOS」が搭載されているのも魅力です。画質・音質・デザインに優れたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K有機ELテレビ 83V型 OLED83C2PJA

リアルな映像を楽しめる「α9 Gen 5 AI Processor」が搭載された83インチの有機ELテレビです。光を鮮明なコントラストで浮かび上がらせられるので、漆黒を表現できるのも特徴。83インチと大画面のため、映画館のような臨場感を味わえます。

バーチャル7.1.2chに対応しており、まるでその場にいるかのようなサラウンドサウンドを再生可能。さまざまなコンテンツを視聴できる「webOS」を内蔵しているのも魅力です。

120Hzの高リフレッシュレートに加え、1msの応答速度を実現しているため、快適にゲームをプレイできるのもおすすめポイント。HDMI端子を4つ備えているので、さまざまな機器を接続可能です。有線LANや光デジタル音声出力端子なども搭載されています。

東芝(TOSHIBA) タイムシフトマシン搭載4K有機ELレグザ 48V型 48X9400S

見逃し番組を減らせる独自の「タイムシフトマシン」を搭載した有機ELテレビです。クラウドと連携して高画質処理を施す「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を搭載しているのも特徴。地デジ放送やネット動画なども美しい映像で視聴できます。

動きの速い映像をなめらかに表現できる「4K OLEDクリアダイレクトモーション」を備えている点も魅力のひとつ。総合出力42Wの大迫力サウンドを実現する「レグザパワーオーディオX-PROll」を搭載しているため、ライブ会場のような臨場感が味わえます。

幅広いVODサービスに対応しているのもポイント。住空間と調和したスタイリッシュなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。「転倒防止機能」を備えているため、小さい子供がいる家庭でも安心して設置できます。

東芝(TOSHIBA) タイムシフトマシン搭載4K有機ELレグザ 55V型 55X9900L

リアルな映像を視聴できる「レグザエンジンZRα」が搭載された55インチの有機ELテレビ。被写体と背景を識別してリアルな奥行きを表現できる「AI ナチュラル フォーカス テクノロジー」や、自然な人肌を表現できる「美肌AIフェイストーンZRα」などを備えているのも特徴です。

パワフルかつ繊細なサウンドを実現できる「重低音立体音響システムXHR」が備わっているのも魅力。高解像度なサウンドのハイレゾ再生に対応しているので、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

最大6チャンネルのまるごと録画ができる独自の「タイムシフトマシン」を搭載している点もメリット。迫力ある映像でゲームをプレイできる「有機EL瞬速ゲームモード」を内蔵しているので、大画面でゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) 4K有機ELテレビ 48V型 4T-C48CQ1

深い黒と鮮やかな色彩を表現できる48インチの有機ELテレビです。独自制御技術の「Sparkling Drive」を内蔵しているため、パネルの輝度性能を最大限に引き出せるのが特徴。8K高画質技術を応用した4K画像処理エンジン「Medalist S1」を備えており、高精細・色鮮やか・高コントラストを実現できます。

聞き取りやすいサウンドを実現する「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を搭載しているのも魅力。さまざまなVODサービスを利用できる「Android TV」にも対応しています。

水平方向に約30°回転できる「回転式スタンド」を採用している点もおすすめポイント。省スペースですっきり設置できます。

シャープ(SHARP) 4K有機ELテレビ AQUOS OLED 55V型 4T-C55ES1

AI高画質プロセッサー「Medalist S3」を搭載した55インチの有機ELテレビ。8Kテレビで培った技術を応用した「4K超解像アップコンバート」を備えており、さまざまなコンテンツを4K相当の高画質で視聴できます。

11個のスピーカーで音に包まれるかのような臨場感を味わえる「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」も内蔵。「音楽ライブ」モードを備えているので、音楽ライブ配信や音楽番組などを臨場感たっぷりで楽しめます。

さらに、幅広いVODサービスを利用できる「Google TV」を搭載。ロック機能を搭載した「新・回転式スタンド」も採用しています。画質だけでなく音質にもこだわりたい方におすすめです。

シャープ(SHARP) AQUOS OLED 4K有機ELテレビ 77V型 4T-C77EQ1

77インチの大画面を実現した有機ELテレビ。AI高画質プロセッサーを搭載した画像処理エンジン「Medalist S3」が備わっており、色彩や明暗、精細感などを自動調節して臨場感ある映像を映し出せます。

音を前方向に導く高音質設計「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を搭載しているのも魅力のひとつ。迫力ある立体音響を実現する「Dolby Atmos」にも対応しています。また、さまざまなVODサービスが利用できる「Google TV」を備えているのもおすすめポイントです。

さらに、4Kチューナーを2基搭載しているため、4K放送を視聴しながら裏の4K放送と地デジ放送の2番組同時録画が可能。消費電力を低減できる「省エネモード」も搭載しているので、電気代が気になる方もチェックしてみてください。

有機ELテレビのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

有機ELテレビのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。