高精細で色ムラも少なく、きれいな映像を楽しめる「有機ELテレビ」。最近は、各メーカーからさまざまな製品が展開されているため、どれを選べばよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、液晶テレビとの違いや有機ELテレビのメリットとデメリットを解説しながら、おすすめの人気モデルをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

有機ELテレビとは?

By: amazon.co.jp

有機ELテレビとは、電圧をかけることで自ら発光する性質を持つ「有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)」を材料にしたパネルを使用した薄型テレビのこと。液晶テレビと比べて、高コントラストかつ薄いのが特徴です。

登場当初は価格が液晶テレビに比べて高く、製品数も少なかったものの、最近は価格が低下し製品も増加。また、従来は55インチからだった画面サイズも48インチからのモデルも登場し、設置の自由度も高まっています。

液晶テレビとの違い

By: amazon.co.jp

有機ELテレビは発光材料に有機物を使用した、自発光方式で映像を表示するテレビ。バックライトがなくディスプレイ自体が光るので、従来の液晶テレビに搭載されているバックライトと放電スペースが不要となり、パネルも薄いのが特徴です。

液晶テレビとの大きな違いは、有機ELの画面に映し出される黒色の鮮やかさ。パネルそのものが発光するため、黒色がボヤけにくく、くっきりと映るのが魅力です。また、光量をコントロールできるので、立体感や奥行きのある映像をより美しく楽しめます。

有機ELテレビの選び方

サイズをチェック

By: toshiba.co.jp

有機ELテレビのラインナップは小さいサイズで48インチ程度から、大きいサイズだと77インチほどまであるため、設置する場所や部屋の大きさを考慮して選ぶようにしましょう。

なお、テレビの買い替えを検討している方は、現在設置している機種のフレーム幅を確認しておくことも重要。有機ELテレビは狭額縁化が進んでおり、端面近くまで画面が広がっています。サイズを考える際、スペースをざっくりと把握しておくだけでは失敗する場合もあるので、設置場所の詳細な広さを確認しておきましょう。

画質をチェック

By: toshiba.co.jp

有機ELテレビの画質はいわば、プラズマテレビと液晶テレビのよいとこ取りの性質を持ちます。プラズマテレビの深みのある表現力と液晶テレビの明瞭感のある描写を兼ね備え、さらに黒の深みが増しているのが特徴です。

なお、映りに関しては、製品に搭載された画像処理エンジンやチューニングによって異なります。系統としては、鮮やかさが際立つモデルやあっさりした色合いのモデルや、明るめで派手な色彩のモデルなど、メーカーによってさまざまなのでしっかり確認しておきましょう。

録画機能をチェック

地上デジタル放送などの録画をする方は、チューナーの数を把握しておくことも重要。有機ELテレビの多くは2〜3つのチューナーを搭載して2番組同時録画できるタイプが主流です。なかでも、東芝の「タイムシフトマシン」を要チェック。最大6チャンネルを同時録画できるほか、放映中の番組を最初から再生できるため便利です。

音響性能をチェック

By: toshiba.co.jp

有機ELテレビのハイクオリティな映像を楽しむためには、映像に見合った音響性能を備えたモデルを選びたいところです。多くの有機ELテレビのスピーカーはツイーターとミッドレンジ、あるいはミッドレンジとウーファーなど、2種類のスピーカーを2つずつ備えているのが一般的。ハイエンドモデルでは6〜10のスピーカーを搭載した、80Wの大出力モデルもあります。

なお、サラウンド規格「Dolby Atmos」に対応しているかどうかもポイント。立体的な音の広がりを体感できるので、臨場感のあるサウンドを楽しみたい方はチェックしてみてください。

ネットワーク機能をチェック

By: toshiba.co.jp

有機ELテレビのなかにはインターネット接続に対応しているモノもあります。有線LANに加え、無線LAN(Wi-Fi)に対応していると、ワイヤレスでインターネットに接続できます。

なかでも、「Wi-Fi Direct」機能を要チェック。「Wi-Fi Direct」対応機器同士であれば、一般的なWi-Fi対応機器と異なり、Wi-Fiルーターを介さずに直接ワイヤレス接続できるため便利です。

接続端子の種類や数をチェック

By: amazon.co.jp

テレビ放送を視聴する以外に、AV機器やゲームなどを接続して、さまざまなコンテンツを楽しみたい方は入出力端子もチェックしておきましょう。

特に、PlayStation 4やNintendo Switchなどのゲーム機、AmazonのFire TVやGoogleのChromecastなどのストリーミングデバイスなど、HDMI規格で接続する機器は多く存在しています。そのため、HDMI端子の数に余裕のあるモデルを選ぶのがおすすめです。

なお、D端子やコンポーネント入力といった旧式の映像入力端子は搭載テレビ自体が減ってきているので、使いたい方は事前に確認しておきましょう。

スポーツ番組やゲームを楽しみたい方は「倍速駆動」対応がおすすめ

スポーツやゲームなどのスピード感ある映像では、残像や画面のチラつきが気になる場合があります。「倍速駆動」機能を使用すれば、毎秒60コマで表示する通常のコンテンツが倍の120コマで表示され、残像感の少ない滑らかな映像を楽しむことが可能。アクション性の高い映画やドラマなどでも効果的です。

なお、FPGのような操作に対する画面の反応速度が重要なゲームで「倍速駆動」を使用すると、操作に対する画面の反応が遅く感じられる場合があります。コンテンツに応じて「倍速駆動」を使い分けるのもおすすめです。

電気代が気になる方は「年間消費電力量」を確認

ほとんどの有機ELテレビは大型画面を採用しているので、液晶テレビと比べて電気代が大きくなることが考えられます。気になる方は、製品スペックの「年間消費電力量(kWh/年)」も参考に検討してみてください。年間電力消費量の目安としては、55インチのテレビが220kWh/年ほど、65インチは250〜280kWh/年、77インチは400kWh/年前後になります。

価格をチェック

有機ELテレビは液晶テレビと比べても価格は高い傾向にあります。安さを重視するのであれば、有機ELパネルを自社で製造しているメーカーの製品がおすすめ。なかでも「LGエレクトロニクス」は比較的安価なコスパの高いモデルが展開されています。

一方、国内メーカーは価格が高いものの高い技術力で有機ELパネルの魅力を引き出しているモデルや、多機能なモデルなど高性能なモノをラインナップ。やはり価格が高いほど機能面や映像の美しさに差が出やすいので、価格だけでなく機能面も重視して選んでみてください。

有機ELテレビのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

パナソニックの有機ELテレビは、VIERA専用映像エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」を搭載。明暗の階調や色彩をしっかりと表現できるのが特徴です。

さらに、メーカー独自の「有機ELパネル制御技術」を備えているのも魅力のひとつ。パネル自体のポテンシャルを十分に引き出すことで、高い輝度を実現できます。ハイコントラストで美しい映像を体感できるモデルを多くラインナップしているメーカーです。

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

ソニーの有機ELテレビの特徴は、有機ELパネルのポテンシャルを引き出す4K高画質プロセッサーの「X1 Ultimate」などを採用している点です。

また、設置方法が異なる2つのシリーズが展開されているのもポイント。パネルと後部スタンド部が分かれ、傾斜がついたモデルや、垂直に近い設置が可能な壁掛けできるモデルなどがラインナップされています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: lg.com

韓国メーカーのLGは有機ELパネルを自社生産しているのが特徴。日本メーカーのモデルに比べて機能はシンプルですが、製品ラインナップが豊富で、幅広い価格帯の有機ELテレビを発売しています。

基本性能をしっかり網羅していることに加え、価格がリーズナブルなモデルもあるので、手軽に有機ELテレビを楽しみたい方はチェックしておきたいメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝の有機ELテレビは、録画機能が充実したモデルが多いのが特徴。特に、予約録画なしで好きなときに番組を視聴できる「タイムシフトマシン」を備えたモノが人気で、録画機能にこだわりたい方におすすめです。また、解像度技術も魅力のひとつ。特に、人肌の質感やテロップのノイズ低減などは完成度が高いと評判です。

有機ELテレビのおすすめ人気モデル|〜55インチ

パナソニック(Panasonic) 4K有機ELテレビ VIERA 55インチ TH-55GZ2000

映像本来の質感や階調をそのまま表現する独自技術「ヘキサクロマドライブ プラス」を搭載した55インチの有機ELテレビ。暗いシーンに加えて明るいシーンでの色彩表現が得意で、さまざまなジャンルの映像をハイコントラストで視聴できるのが特徴です。

また、高画質な映像に加えて臨場感あふれるサウンドを楽しめる「テレビ一体型イネーブルドスピーカー」を搭載しているのも魅力のひとつ。最大出力140Wのパワフルな「DYNAMIC SOUND SYSTEM」により、目の前で音が響くような没入感を体感できます。

また、地デジ放送やVODサービスの映像などを4K相当の高画質へアップコンバートする「4Kファインリマスターエンジン」を搭載。有機ELパネルの魅力を引き出しつつ、さまざまな映像を高画質で楽しめます。

ソニー(SONY) 4K有機ELテレビ BRAVIA 48インチ KJ-48A9S

映像と音が一体となった独自技術「アコースティック サーフェス オーディオ」を搭載した48インチの有機ELテレビです。同じ赤でも素材によって異なる微細な色の違いをしっかり表現できる「トリルミナスディスプレイ」を採用。幅広い色彩により、有機ELパネルの魅力を最大限に引き出しているのが特徴です。

素早い動きでもブレなく映し出す「倍速駆動パネル」を搭載しているのも魅力のひとつ。スポーツシーンやアクション系の映画・ドラマが好きな方にもピッタリです。さまざまな映像を高画質で楽しめる独自の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載しているのもポイント。48インチとコンパクトなので、省スペースに設置したい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 4K有機ELテレビ BRAVIA 55インチ KJ-55A8H

独自の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載した55インチの有機ELテレビ。有機ELパネルの魅力を最大限に引き出し、高精細な映像を楽しめるのが特徴です。また、画面そのものから音が出る「アコースティックサーフェス オーディオ」を搭載しているのも魅力のひとつ。画面を振動させて音を出し、セリフや歌声もクリアに再現できるので、まるでその場にいるかのような臨場感を体感できます。

さらに、VODサービスや音楽ストリーミングサービスなどをテレビ単体で楽しめる「Android TV」を搭載しているのもポイント。アプリをインストールするだけで、さまざまなサービスを手軽に利用できます。

スタンドを含めた厚みが約326mmと超薄型設計を実現し、インテリアに馴染みやすいおしゃれなデザインを備えているのも利点。壁掛けスタイルでの設置も可能なので、設置スペースが限られている方にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 有機ELテレビ スタンダードモデル 55インチ OLED55B9PJA

基本的な機能を備えつつ、コスパに優れた55インチの有機ELテレビです。AIによる有機EL専用エンジン「α7 Gen2 Intelligent Processor」を搭載。映像のジャンルごとに適した画質へ自動変換する「AI映像」、映像のジャンルを分析し、音声・映画・音楽の3つに分類しサウンドを調節する「AIサウンド」により、高画質・高音質を楽しめるのが特徴です。

最大秒間120フレームの表示が可能なので、スピーディーな映像をはっきりと視聴可能。スポーツシーンやアクション系の映画・ドラマが好きな方にもおすすめです。「Netflix」「Hulu」「U-NEXT」など豊富なVODサービスに対応しているのもポイント。4K動画もテレビの大画面で見たいときに楽しめます。

「Amazon Alexa」と「Googleアシスタント」のメジャーな音声アシスタントを両方搭載しているのも利点。リモコンに話しかけるだけで、観たい作品をすぐに探せます。コスパよく有機ELの高精細な映像を楽しみたい方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 有機ELテレビ 48インチ OLED48CXPJA

AI技術「α9 Gen3 AI Processor 4K」を搭載し、有機ELパネルの魅力を引き出す48インチの有機ELテレビ。地上波の番組やネット動画などを映像ジャンルごとにAIが認識し、最適な画質に処理する「AI映像プロ」、映像のジャンルを分析し、ドラマ・スポーツ・映画・ニュース・音楽の5つに分類しサウンドを最適化する「AIサウンドプロ」などにより、さまざまな映像を高画質・高音質で楽しめます。

あらゆる方向から音が移動し、立体的なサウンドを実現する「Dolby Atmos」に対応しているのもポイント。音に包まれるような臨場感を味わえます。また、振るだけで直感的に操作できる「マジックリモコン」を付属。「Apple AirPlay2」にも対応しており、iPhoneやiPadで観ていた映像をテレビの大画面へスムーズに映し出せます。

東芝(TOSHIBA) 有機ELテレビ REGZA 55インチ 55X9400

クラウドAI高画質テクノロジーに対応した独自の映像処理エンジン「ダブルレグザエンジン Cloud PRO」を搭載した55インチの有機ELテレビです。地デジ放送やネット動画などを視聴環境の明るさや色温度に合わせて適切な画質に自動調節。AIが高画質処理をおこない高精細でリアルな映像体験を実現します。

高画質な映像に加えて迫力ある重低音サウンドを実現した「レグザパワーオーディオX-PRO」を搭載。人のセリフやナレーションなど音声ははっきりと、効果音や環境音はリアルに表現します。

見逃した番組もすぐに視聴できる「タイムシフトマシン」を搭載しているのもポイント。録画機能に優れた有機ELテレビを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) 4K有機ELテレビ 55インチ 4T-C55CQ1

独自のサウンドシステム「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を搭載した55インチの有機ELテレビ。スピーカーネットを有さないリフレクター構造により、音を前面へ効率的に届かせることで、聞き取りやすいクリアなサウンドを実現しています。また、最大音声出力65Wのパワフルな出力を実現し、高画質に加えて臨場感あふれる高音質サウンドを楽しめるのも特徴です。

高コントラストの映像を実現する4K画像処理エンジン「Medalist S1」を搭載。有機ELパネル制御技術「Sparking Drive」と合わせることで、明暗部のメリハリ感をより高めます。

省スペースに設置できる「回転スタンド」を搭載しているのもポイント。画面角度を左右計約30°、水平方向に調節できるので、さまざまな角度から快適に視聴できます。

フナイ(FUNAI) 4K有機ELテレビ 55インチ FE-55U7030

漆黒と色鮮やかな映像をハイコントラストで楽しめる有機ELテレビ。人工知能を用いた高画質エンジンも搭載しており、学習したデータベースをもとにノイズ低減処理と超解像処理を同時におこなうことで、高精細な映像を体感できるのが特徴です。

2TBの大容量のHDDを内蔵しているのも魅力のひとつ。外付けHDDを用意しなくても好きな番組をたくさん録画して残せます。また、Android TVも搭載しており、インターネットに繋いでさまざまなVODサービスを視聴可能。4Kに対応したネット動画も手軽に大画面で楽しめます。

さらに、包み込まれるようなサウンドを実現する「Dolby Atmos」にも対応。単体でたくさんの番組を録画したい方におすすめの有機ELテレビです。

有機ELテレビのおすすめ人気モデル|65インチ以上

パナソニック(Panasonic) 4K有機ELテレビ VIERA 65インチ TH-65GZ1000

BS4K・110°CS4Kのダブルチューナーを搭載し、4Kで裏番組の録画もできる65インチの有機ELテレビです。ハリウッドの映画製作者との協業などを通じて得たノウハウを生かしてAIによる高画質化を実現。映像のシーンに応じて明るさやコントラストを制御して、高精細な映像を楽しめるのが特徴です。

地デジ放送やネット動画などを4K相当の高精細画質へアップコンバートする「4Kファインリマスターエンジン」を搭載しているのもポイント。有機ELパネルの魅力を余すことなく体感できます。

上下左右から包み込まれるような音場を実現する「Dolby Atmos」に対応しているのも魅力のひとつ。大画面の映像に合った迫力あるサウンドを楽しめます。観たい映像を瞬時に表示できる「かんたんホーム」など操作性を高める機能を複数搭載しており、機械が苦手な方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 4K有機ELテレビ BRAVIA 65インチ KJ-65A8H

独自の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載し、あらゆる映像を豊かな色彩で表現できる65インチの有機ELテレビ。テレビの画面そのものから音が響く「アコースティックサーフェスオーディオ」を採用しており、まるで映画館にいるかのような臨場感を味わえるのが特徴です。

スピーディーな映像も滑らかに映し出せる倍速駆動パネルを採用しているのも魅力のひとつ。デバイスの発光をエリアごとに制御することで、画面の明るさをたもったまま残像感を少なく、くっきりとした映像を楽しめます。

スタンドを含めた厚みがわずか約326mmを実現し、スッキリ設置できるのもポイント。壁掛けスタイルで設置したい方にもおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) 4K有機ELテレビ BRAVIA 77インチ KJ-77A9G

高級感あるデザインで、インテリアにも馴染みやすい77インチの有機ELテレビ。有機ELパネルの魅力を最大限に引き出す高画質プロセッサー「「X1 Ultimate」を搭載し、地デジ放送やネット動画などさまざまな映像を高精細に映し出せるのが特徴です。

また、画面そのものから音が出る「アコースティックサーフェスオーディオプラス」を搭載しているのもポイント。映像と音が一体になることで、より現実に近い迫力ある映像体験を実現します。さらに、豊富なVODサービスを利用できるAndroid TVに対応。「Googleアシスタント」を搭載したリモコンも付属しているので、音声検索で観たい映像をすぐに探せます。

価格は高めですがスペックは最高レベルなので、とにかくスペックの高さと映像の美しさにこだわりたい方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 有機ELテレビ 65インチ OLED65BXPJA

人工知能を活用したAI対応映像エンジン「α7 Gen3 AI Processor 4K」を搭載した65インチの有機ELテレビ。さまざまな映像をジャンルごとに自動認識し最適な画質にする「AI映像」、映像のジャンルを音声・映画・音楽の3つに分類し、ジャンルに合わせたサウンドに最適化する「AIサウンド」など便利な機能を複数搭載しているのが特徴です。

部屋の明るさに合わせて輝度を自動調節する「Dolby Vision IQ」に対応。加えて、立体的なサウンド体験を実現する「Dolby Atmos」にも対応しているので、高画質かつ高音質を実現しています。同等機種に比べてリーズナブルに購入できるので、コスパを重視する方にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 8Kチューナー内蔵 8K有機EL大画面テレビ 88インチ OLED88ZXPJA

88インチの有機ELパネルとしては世界最大級サイズの8K有機ELテレビ。4Kに比べて4倍の3300万画素を実現し、大画面でも高精細な映像を楽しめるのが特徴です。

また、人工知能を採用した独自の8Kテレビ専用エンジン「α9 Gen3 AI Processor 8K」を搭載。さまざまな映像をジャンルごとに最適な画質にする「AI映像プロ」、映像を分析してドラマ・スポーツ・映画・ニュース・音楽の5つに分類し、サウンドを最適化する「AIサウンドプロ」などにより、高画質・高音質を実現しています。

iPhoneやiPadの画面をミラリングできる「Apple AirPlay2」に対応しているのもポイント。とにかく大画面で高精細な映像を楽しみたい方におすすめです。

シャープ(SHARP) 4K有機ELテレビ 65インチ 4T-C65CQ1

4K画像処理エンジン「Medalist S1」を搭載し、さまざまな映像を高精細に表現できる65インチの有機ELテレビです。有機ELパネルの輝度を最大限に引き出す独自のパネル制御技術「Sparkling Drive」を搭載。暗いシーンの明暗のメリハリ感を高めて明るく色鮮やかに表現できるのが特徴です。

地デジ放送やネット動画などあらゆる映像を4K相当の解像度にアップコンバートできる「4K-Masterアップコンバート プロ」を搭載。総合出力65Wのパワフルな2.1ch 7スピーカーにより、高画質な映像にピッタリの高音質サウンドを楽しめます。独自の「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」により、前面に効率的に音を届けるので、はっきり聞き取りやすいのも魅力です。

さらに、視聴位置に合わせて画面角度を調節できる「回転式スタンド」を採用。65インチと大画面ながら省スペースに設置できるのもうれしいポイントです。

東芝(TOSHIBA) 4K有機ELテレビ 65インチ REGZA 4T-C65CQ1

新映像処理エンジン「Medalist S1」を搭載し、鮮やかな色彩とくっきりとした黒色を表現できる65インチの有機ELテレビ。見逃した番組もすぐに見返せる「タイムシフトマシン」を搭載しているのが特徴で、録画機能に優れたテレビを探している方にもピッタリです。

「色温度センサー」を搭載。部屋の明るさだけでなく色も検出し、映像を環境に適した画質に自動調節。また、映像のジャンルを判別し、それぞれに合った高画質処理をおこないます。

さまざまなVODサービスに対応しているのもうれしいポイント。専用の壁寄せテレビローボードと合わせれば、工事不要で壁掛けスタイルの設置ができます。