自宅に新しくインターネット回線を契約しようとすると、通信ケーブルを室内に引き込む開通工事が必要になります。戸建ての場合は自分が所有者なので問題ありませんが、アパート・マンションのような集合住宅だと管理会社や、大家さんの許可が必要になるなどなにかと面倒なもの。

そこで今回は、コンセントに繋ぐだけで使えるホームルーターをご紹介します。従来のインターネット回線と違って開通工事の必要がないので、集合住宅に住んでいる方でも気軽に使用可能。ホームルーターの基礎知識や選び方も分かりやすく解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ホームルーターとは?

By: rakuten.co.jp

自宅やオフィスでの使用に特化した据え置き型のWi-Fiルーターです。WiMAXの通信ネットワークやスマホなどでも利用しているLTE回線を使用するため、面倒な配線工事なしでネット環境を整えられるのが特徴。モバイルルーターよりも電波が強くWi-Fiの届く範囲が広いので、自宅のどこにいても繋がりやすいのが魅力です。

モバイルルーターとの違いはバッテリーを内蔵しておらず、コンセントから電源を取る必要があるところ。外出中に移動しながらネットに繋ぐといった使い方はできないので購入時には留意しておきましょう。

ホームルーターのメリット

面倒な工事不要ですぐに使える

WiMAXやLTEなどの通信ネットワークを利用するため、コンセントに接続するだけで手軽にネット環境を構築できるのがメリットです。自宅への回線の引き込みや屋内配線など、面倒な工事をする必要はありません。

賃貸住宅で大家さんの工事許可がおりず困っているという方にも最適。ほかにも、転勤など引っ越しが多く毎回工事の依頼をするのが手間といった方にもおすすめです。

コンセントを使用するのでバッテリー切れの心配がない

By: rakuten.co.jp

ホームルーターはコンセントから電源を取るため、モバイルルーターのように持ち歩いて使用することはできませんが、バッテリー切れを気にする必要のないのがメリットです。

一度セットしてしまえば電池残量を心配することはなく、有線による固定のネットワークサービスのように使い続けられるのが特徴。自宅やオフィスで使用するための据え置き型機器と考えて購入しましょう。

接続可能台数が多い

Wi-Fi電波が遠くまで届くだけでなく、同時に接続可能な機器の数が多いのもホームルーターのメリットです。一人暮らしの方であればそれほど問題はありませんが、家族や仲間と一緒に使ったりオフィスで複数のスタッフが利用したり、といった使い方をするような場合に便利。

ただし、Wi-Fiを使用する機器はスマホだけに限らず、タブレット端末・プリンター・電子書籍リーダーなど今後も増えていくことが考えられます。利用する人数ではなく、接続する機器の数を考慮して対応可能な製品を選びましょう。

ホームルーターの選び方

通信速度をチェック

By: wimax-broad.jp

ホームルーターを選ぶ際には、どれだけ速くデータ転送ができるのかを示す「通信速度」が重要になってきます。基本的にインターネット回線は「上り」「下り」で分けられており、メールの送信や、写真・動画をアップロードする際には「上り(アップロード)」、アプリ・ゲームをインストールしたり、ホームページ・動画を見たりする際には「下り(ダウンロード)」の通信速度が重要になります。

選び方としては、WEBサイトやSNSの閲覧をメインに利用するなら「下り10Mbps」、動画視聴やオンラインゲームをメインに利用するなら最低でも「下り30Mbps」が必要になります。

ちなみに、インターネットを使っている時はアップロードよりもダウンロードすることの方が多いため、上りの速度に関してはそれほど気にする必要はありません。容量の大きなファイルを頻繁にアップロードしたりしなければ、上りの通信速度は1Mbpsでも十分快適に利用できます。

速度制限の規定をチェック

ホームルーターはモバイル回線を利用するため、あまり使い過ぎるとスマートフォンやタブレットと同じように通信制限がかかることがあります。通信制限がかかると通信速度が大幅に低下して、アプリやブラウザの読み込みが遅くなってしまうことも。そのため、ホームルーターを選ぶ際には必ず製品ごとに決められている速度制限の規定をしっかりとチェックしておきましょう。

例えば、UQ WiMAXの場合だと月額料金が安い分、3日間で10GBまでの速度制限が設けられています。一人暮らしの方や、通信料をなるべく安く抑えたい方にはおすすめですが、容量の大きなファイルを頻繁にやり取りする方や、複数人でシェアして使う方だとあっという間に通信制限がかかってしまうので注意が必要です。

一方で、SoftBankは実質的な速度制限がないため、容量の大きなファイルを頻繁にやり取りする方や、複数人でシェアする方でも安心して使えます。月額料金は少し高くなりますが、パケットを気にせず好きなだけインターネットを楽しみたいなら、容量無制限タイプを選ぶのがおすすめです。

同時接続台数をチェック

ホームルーターには、同時に接続できるデバイス数である「同時接続台数」が決められています。モバイルルーターの場合、同時接続台数は10台程度と少なめですが、ホームルーターは一度に40~60台のデバイスを接続できます。一人暮らしの方なら同時接続台数はそこまで気にする必要はありませんが、複数人でシェアして使う方はできるだけ同時接続台数の多いホームルーターを選びましょう。

選び方としては、一人暮らしの方なら「10台~」、自宅で家族・友人とシェアして使うなら「40台~」、オフィスで使うなら「60台~」の同時接続台数が1つの目安になってきます。

場合によってはSIMフリーという選択肢も

ホームルーターには、UQ WiMAXやSoftBankなどの通信事業者が提供する「SIMロックのかかった製品」と、契約するSIMを自由に選択できる「SIMフリーモデル」の2種類があります。SIMロックのかかっているホームルーターは、特定の通信事業者のSIMでしか利用できないよう制限がかけられていますが、SIMフリーモデルなら契約するSIMを自由に選択でき、使う用途やシチュエーションに合わせて最適な料金プランで契約できます。

ルーターの購入と回線の契約を別々にしなければならないため、通信事業者が提供するホームルーターと比べると少し手間がかかりますが、月々の利用料金を安く抑えられたり、解約の時に違約金が発生しなかったりといくつかメリットもあります。

メーカーのおすすめモデル

ファーウェイ(HUAWEI) Speed Wi-Fi HOME L02

UQ mobile ホームルーター Speed Wi-Fi HOME L02

通信速度の速いホームルーターを探している方におすすめのモデルです。「WiMAX 2+」とauの4G LTE回線ネットワークに対応しており、下り最大440Mbpsの通信が可能。また、有料サービス「ハイスピードプラスエリアモード」を選択することで、下りの通信速度を最大1000Mbpsまで引き上げられます。

高速なネット環境を構築したい方に最適のモデルです。ただし、最大1000MbpsはLANケーブルで接続した場合のみとなっており、現時点での対応エリアも東京都・大阪府など一部のエリアに限られているので留意しておきましょう。

コンパクトでスタイリッシュなデザインが外観上の特徴です。置き場所に困ることはなく部屋のインテリアにも自然に馴染んでくれます。4本の高感度アンテナを内蔵しており360°全方向をカバー。使用する場所を考えてアンテナの調節をする必要はありません。最大で40台までの機器が接続できます。

ホームルーターのおすすめモデル

NEC ホームルーター WiMAX HOME 01

UQ mobile ホームルーター WiMAX HOME 01

「WiMAX 2+」とauの4G LTE回線ネットワークを使用するホームルーターです。「WiMAXハイパワー」に対応しているのが特徴。基地局からの電波が弱い時に送信出力をあげて通信品質を向上させられるため、電波の弱いエリアに住んでいる方にもおすすめです。

ほかにも、複数のアンテナを内蔵した「ワイドレンジアンテナ」を採用するなど、安定したネット接続ができるように設計されています。2基の有線LANポートを含め最大22台のデバイスを同時に接続することが可能です。下り最大440Mbpsの高速通信がおこなえるので、家族みんなが便利に使えます。

また、各種設定が簡単なのも本モデルの魅力です。専用のスマホアプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」をインストールしておけば、通信モードの切り替えや接続状況の確認がスマホから可能。できるだけ簡単に設定作業を済ませたい方にもおすすめのモデルです。

Yahoo BB SoftBank Air

Yahoo BB SoftBank Air

By: amazon.co.jp

本製品は、使用可能なデータ容量の残りを気にせず使いたい方におすすめのホームルーターです。毎月、定額料金でテータ容量を使い放題なのが特徴。SoftBankの4G LTE回線を使用しており、自宅のコンセントに挿すだけですぐにネット環境が構築できます。

下り最大962Mbpsでの高速通信がおこなえるため、オンラインゲームも快適にプレイすることが可能です。ただし、本高速通信サービスを利用可能なのは一部のエリアのみとなっています。対象エリアについては順次拡大されており、SoftBankのウェブサイトで最新情報の確認が可能です。

ほかにも、接続できる機器の数が最大64台と多いのも本モデルの魅力。今後接続するデバイスが増えていった場合でも、安心して使い続けられます。

NECプラットフォームズ LTE ルーター Aterm PA-HT100LN-SW

NECプラットフォームズ  LTE ルーター Aterm PA-HT100LN-SW

本製品は、SIMロックフリーに対応したホームルーターです。MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供しているさまざまな格安SIMサービスを利用できるのが特徴。月々発生する料金をできるだけ節約したい方におすすめのモデルです。

好みの事業者が発行するnanoSIMを挿すだけで、手軽にWi-Fi環境を構築できます。また、「Wi-Fi接続通知機能」を搭載しているのも本モデルの特徴。Wi-Fiに繋ぐとメールで知らせてくれるので、離れて住む両親の家に設置するのもおすすめです。

また、無料アプリ「Atermらくらく設定アシスト」が使えるのもポイント。ウィザードに従い操作するだけで簡単に設定ができます。

NEXTmobile ホームルーター HT100LN

NEXT mobile ホームルーター HT100LN

本製品は、SoftBankの回線を利用するホームルーターです。人口カバー率が99%と高く繋がりやすいのが特徴。同時に接続できる機器は最大10台と多くないため、一人暮らしの方でたまに友人が遊びに来てネットに繋ぐ、といった使い方におすすめのモデルです。

下りの最大通信速度は150Mbpsとそれほど高速ではありませんが、速度制限のないのが魅力。契約したデータ容量の範囲内であれば1日に何GB使っても速度制限はかからないので、休日にまとめて映画を観るといった方にも最適です。

無料の専用アプリが提供されており設定が容易なのもポイント。スマホやタブレット端末からQRコードを読み取るなどして、簡単に初期設定がおこなえるので便利です。IDやパスワードの入力といった面倒な作業は必要ありません。本体中央にLEDが配置されており、離れていても接続状況がひと目で確認できます。