自宅に新しくインターネット回線を契約しようとすると、通信ケーブルを室内に引き込む開通工事が必要になります。戸建ての場合は自分が所有者なので問題ありませんが、アパート・マンションのような集合住宅だと管理会社や大家さんの許可が必要になるなどなにかと面倒なもの。

そこで今回は、コンセントに繋ぐだけで使えるホームルーターをご紹介します。従来のインターネット回線と違って開通工事の必要がないので、集合住宅に住んでいる方でも気軽に使用可能。ホームルーターの基礎知識や選び方も分かりやすく解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ホームルーターとは?

By: softbank.jp

ホームルーターとは、コンセントに繋ぐだけでインターネットが使える据え置きタイプのルーターのこと。通信ケーブルでインターネットに接続する固定回線と違って、ホームルーターはWiMAX・LTEなどの通信ネットワークを利用するため、面倒な開通工事の必要がなく、電波がつかめるエリア内であれば基本的にはどこでも使用できます。

気軽に使える便利さから、最近では頻繁に引っ越しをする方や、開通工事ができず固定回線が引けない方などを中心に人気を集めています。

ホームルーターとモバイルルーターの違い

By: wimax-broad.jp

通信ネットワークを使ってインターネットに接続するルーターは、大きく分けて「ホームルーター」「モバイルルーター」の2種類があります。どちらも工事不要でインターネットが使えるのは同じですが、性能や電波の強さなどいくつか異なる点もあります。それぞれの違いをしっかりと理解して、自分にどちらのタイプが向いているのかをあらかじめ確認しておきましょう。

ホームルーターがおすすめな方

By: amazon.co.jp

ホームルーターは強力なアンテナを内蔵しており、電波をより広範囲に飛ばすことができます。ルーターから少し離れた場所でも通信状態が安定しているため、2階建ての戸建やオフィスのような広い室内で使いたい方におすすめ。また、一度に複数のデバイスを繋げれられるのも魅力なので、家族や友人など複数人でシェアして使いたい方にも最適です。

ただし、ホームルーターはサイズが大きくACアダプターに繋いで使うことを前提に作られているので、外出先に持ち運んで使いたい方には向いていません。

モバイルルーターがおすすめな方

By: uqwimax.jp

モバイルルーターは本体にバッテリーを内蔵しているので、室内はもちろん電源の確保が難しい外出先でも気軽に使えます。サイズが小さくコンパクトなので、ズボンや上着のポケットに入れて気軽に持ち運ぶことも可能。室内だけでなく外出先でも使いたい方におすすめです。

一方で、モバイルルーターはアンテナが小さく電波が受信しにくいため、2階建ての戸建やオフィスのような広い室内で使うのにはあまり向いていません。また、同時に接続できるデバイス数は少なめのため、複数人でシェアして使いたい方は注意が必要です。

ホームルーターのメリット・デメリット

ホームルーターのメリット

ホームルーターのメリットは、開通工事の必要がないこと。固定回線だと申込みから開通まで1ヶ月以上かかることがありますが、ホームルーターなら電源を入れて設定をするだけなので、申込みから最短で2~3日ほどでインターネットが使えます。

また、固定回線の場合、LANケーブルや光ケーブルなどでルーター周りが散らかりやすくなりますが、ホームルーターならケーブル類は電源コードだけなので、ルーター周りの見た目をスッキリさせられます。工事費用の負担がなく導入時の初期費用が大幅に抑えられるのもメリットのひとつです。

ホームルーターのデメリット

ホームルーターはスマートフォンやタブレットで使う電波と同じモバイル回線を利用するため、場所によっては電波干渉の影響を受けてインターネットの接続が不安定になることがあります。また、固定回線と比べて通信速度が遅くなるのもデメリットなので、ネットゲームを快適に楽しみたい方や、大容量のデータを頻繁にやり取りする方は注意が必要です。

製品によっては、通信速度制限を設けていることもあるので、容量を気にせずインターネットを使うとあっという間に速度制限がかかってストレスを感じることもあります。

ホームルーターの選び方

まずは、通信速度をチェック

By: wimax-broad.jp

ホームルーターを選ぶ際には、どれだけ速くデータ転送ができるのかを示す「通信速度」が重要になってきます。基本的にインターネット回線は「上り」「下り」で分けられており、メールの送信や、写真・動画をアップロードする際には「上り(アップロード)」、アプリ・ゲームをインストールしたり、ホームページ・動画を見たりする際には「下り(ダウンロード)」の通信速度が重要になってきます。

選び方としては、WEBサイトやSNSの閲覧をメインに利用するなら「下り10Mbps」、動画視聴やオンラインゲームをメインに利用するなら最低でも「下り30Mbps」が必要になります。

ちなみに、インターネットを使っている時はアップロードよりもダウンロードすることの方が多いため、上りの速度に関してはそれほど気にする必要はありません。容量の大きなファイルを頻繁にアップロードしたりしなければ、上りの通信速度は1Mbpsでも十分快適に利用できます。

速度制限の規定をチェック

ホームルーターはモバイル回線を利用するため、あまり使い過ぎるとスマートフォンやタブレットと同じように通信制限がかかることがあります。通信制限がかかると通信速度が大幅に低下して、アプリやブラウザの読み込みが遅くなってしまいます。そのため、ホームルーターを選ぶ際には必ず製品ごとに決められている速度制限の規定をしっかりとチェックしておきましょう。

例えば、UQ WiMAXの場合だと月額料金が安い分、3日間で10GBまでの速度制限が設けられています。一人暮らしの方や、通信料をなるべく安く抑えたい方にはおすすめですが、容量の大きなファイルを頻繁にやり取りする方や、複数人でシェアして使う方だと、あっという間に通信制限がかかって使いモノになりません。

一方で、SoftBankは実質的な速度制限がないため、容量の大きなファイルを頻繁にやり取りする方や、複数人でシェアする方でも安心して使えます。月額料金は少し高くなりますが、パケットを気にせず好きなだけインターネットを楽しみたいなら、容量無制限タイプを選ぶのがおすすめです。

同時接続台数をチェック

ホームルーターには、同時に接続できるデバイス数である「同時接続台数」が決められています。モバイルルーターの場合、同時接続台数は10台程度と少なめですが、ホームルーターは一度に40~60台のデバイスを接続することができます。一人暮らしの方なら同時接続台数はそこまで気にする必要はありませんが、複数人でシェアして使う方はできるだけ同時接続台数の多いホームルーターを選んでおくとよいでしょう。

選び方としては、一人暮らしの方なら「10台~」、自宅で家族・友人とシェアして使うなら「40台~」、オフィスで使うなら「60台~」の同時接続台数が一つの目安になってきます。

場合によってはSIMフリーという選択肢も

ホームルーターには、UQ WiMAXやSoftBankなどの通信事業者が提供する「SIMロックのかかった製品」と、契約するSIMを自由に選択できる「SIMフリーモデル」の2種類があります。SIMロックのかかっているホームルーターは、特定の通信事業者のSIMでしか利用できないよう制限がかけられていますが、SIMフリーモデルなら契約するSIMを自由に選択することができ、使う用途やシチュエーションに合わせて最適な料金プランで契約できます。

ルーターの購入と回線の契約を別々にしなければならないため、通信事業者が提供するホームルーターと比べると少し手間がかかりますが、月々の利用料金を安く抑えられたり、解約の時に違約金が発生しなかったりといくつかメリットもあります。

ホームルーターのおすすめ

ソフトバンク(SoftBank) Airターミナル 3

ソフトバンク(SoftBank) Airターミナル 3

ソフトバンクが提供するデータ容量無制限のホームルーター。速度制限がなく、通信速度は下り最大481Mbpsと高速なので、ストレスを感じることなくインターネットが快適に楽しめます。同時接続台数は最大64台なので、自宅からオフィスまでさまざまなシチュエーションで使用可能。

機能面では、無線自動設定を簡単に行える「WPS」、複数のアクセスポイントを利用できる「マルチSSID」、SSIDが分からないように隠せる「SSIDステルス」を搭載。背面にはLANポートを2つ搭載しているので、有線接続でインターネットを楽しみたい方にもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) Speed Wi-Fi HOME L02

ファーウェイ(HUAWEI) Speed Wi-Fi HOME L02

By: wimax-broad.jp

ギガビット通信対応のコンパクトなホームルーター。有線接続であれば最大1Gbps(1000Mbps)の高速通信に対応しているので、高画質動画も快適に楽しめます。4本の高感度アンテナを4方向に配置することで、1台で360°全方位カバーできるのも大きなポイント。同時接続台数は最大40台なので、複数人でシェアして使いたい方にもおすすめです。

Wi-Fi機器の位置を検知して集中して電波を送信する「Wi-Fi TXビームフォーミング」を使えば、2階建ての戸建やオフィスのような広い室内でも常に安定した通信が行えます。本体サイズは、横幅93mm×奥行き178mmと比較的コンパクトなので、ワンルームのような狭い部屋でも気軽に設置して使えます。

日本電気(NEC) プラットフォームズ Aterm PA-HT100LN-SW

日本電気(NEC) プラットフォームズ Aterm PA-HT100LN-SW

プロバイダーを自由に選択して使えるSIMフリー対応の多機能ホームルーター。格安SIMと併用すれば安い料金で高速インターネットが使えます。通信速度は最大433Mbps、同時接続台数は最大10台に対応。複数のデバイスを持っている方や、通信速度にこだわりたい方にもおすすめです。

アプリのウィザードに沿って操作するだけで簡単に設定できる「Aterm らくらく設定アシスト」や、ランプの色や点滅によって動作状態がひと目で確認できる「イルミネーション機能」、あらかじめ設定した条件に合致するWi-Fi接続を検知するとアプリやメールで通知してくれる「Wi-Fi接続通知機能」など、便利なオプション機能が充実しているのも魅力です。

プロバイダーには要注意!

同じホームルーターでも、プロバイダー(通信事業者)が違えば通信速度や利用料金が大きく違ってきます。ホームルーターを選ぶ際には、端末のスペックだけでなくプロバイダーの種類もしっかりとチェックしましょう。