鉛筆を差し込むだけで、スピーディかつ手軽に削れる「電動鉛筆削り」。毎日学校で鉛筆を使う子どもはもちろん、仕事や趣味で鉛筆や色鉛筆を使う方はぜひ持っておきたいアイテムです。最近の電動鉛筆削りは、サイズやデザインなどバリエーションが豊富なほか、削りすぎ防止など便利な機能が搭載されているタイプもあります。

そこで今回は、おすすめの電動鉛筆削りをランキング形式でご紹介します。あわせて電動鉛筆削りを選ぶ際のポイントも解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

電動鉛筆削りの選び方

電源の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

電動鉛筆削りの電源は、乾電池式かコンセント式の2種類が主流です。

乾電池式は移動させるのが簡単なので、どこでも好きなところで使えるのが最大の特徴。コードがないのでデスクまわりをすっきりさせたい方にもおすすめです。しかし、定期的に電池を交換しなくてはいけないのがデメリット。電池が消耗するとパワーが落ちるのも気になります。

一方、コンセント式は常に安定したパワーで使用できるのが魅力。しかし、コンセントの場所の都合上、設置場所が限られたり、コードのごちゃつきが気になったりするところがデメリットといえます。

頻繁に移動させて使いたいなら乾電池式、いつも安定したパワーで使用したいならコンセント式など、使用する環境に見合った電動鉛筆削りを選ぶとよいでしょう。

ダストボックスの容量で選ぶ

電動鉛筆削りを選ぶ際に、見落としがちなのがダストボックスの容量です。鉛筆を削ると、たくさんの削りカスが出ます。ダストボックスが小さいと、頻繁に手入れしなくてはならず、手間がかかるので注意が必要です。

据え置きタイプの電動鉛筆削りを検討している方や、頻繁に鉛筆を使う方は、ダストボックスの容量がなるべく大きいものを選ぶと、削りカスを捨てる頻度が少なく済むのでおすすめです。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

最近の電動鉛筆削りにはさまざまな機能がついているものがあります。用途に見合った機能つきの鉛筆削りを選べば、鉛筆を使う作業がさらにスムーズになるので、ぜひチェックしてみてください。

安全オートストッパー

By: sonic-s.co.jp

ダストボックスを外すと、内部には鉛筆を削るための刃が見えます。もし、ダストボックスを外した状態で電動鉛筆削りが作動してしまったらとても危険です。ケガを防止するためにも、ダストボックスを外した状態では作動しない安全オートストッパーつきのものを選びましょう。

また、子どもは好奇心から鉛筆の差込口に指を突っ込んでしまう可能性もあります。電動鉛筆削りのなかには、差込口にフタやストッパーがついているタイプもあるので、子どもが使う場合には安全面に配慮されているものかどうか、必ずチェックしましょう。

削りすぎ防止機能

鉛筆が最適な尖り具合になったら、自動で削りをストップしてくれる削りすぎ防止機能。鉛筆を差し込むだけで、ちょうどいい太さになるので手軽な上、鉛筆を削りすぎてしまうことがなくなり無駄なく使えるので、とても便利な機能です。

特に子どもは、削り終わりがわからずどんどん削ってしまったり、遊び半分で削ってしまったりすることがあるので、削りすぎ防止機能がついているタイプをおすすめします。

芯先調節機能

By: amazon.co.jp

用途に応じて芯先の太さを変えられる調節機能がついていると、鉛筆の使い心地が格段によくなります。たとえば、細かい字を書きたいときには尖った芯先、色鉛筆や子どもが使用する黒鉛筆には折れにくい太めの芯先がおすすめです。

芯先の調節ができると、太い線や細い線を使い分けられるため、鉛筆で描く表現がグッと広がります。また、使う人に適した芯先にできるので、年齢を問わず長く使用できるのも嬉しいポイント。

趣味で使う方や、子どもが使用する場合は芯先調節機能がついているタイプを選ぶことをおすすめします。

折れ芯除去機能

By: amazon.co.jp

鉛筆削りを使っている最中に、中で鉛筆の芯が折れてしまうと、カッター部分に挟まってしまって動きが悪くなってしまったり、最悪の場合には故障してしまったりすることがあります。

そんなトラブルを解決するのが、スムーズに折れ芯を取り除ける折れ芯除去機能です。この機能があるだけで、折れ芯によるストレスや故障の不安なく、安心して電動鉛筆削りを使用できます。折れ芯に悩んだことがある方は、ぜひ検討してみてください。

電動鉛筆削りのおすすめメーカー

ナカバヤシ(Nakabayashi)

By: amazon.co.jp

1923年に図書館製本・古文書の修復業を行うために創業されたナカバヤシ。手帳やアルバムなどの紙製品をはじめ、レターケースといったデスクまわりの収納、シュレッダーや鉛筆削りのような事務機器など、オフィスや家庭での事務作業をスムーズにする商品を取り扱っています。

その他にも、バイオマス発電や農業分野への進出、スポーツへのスポンサー活動など活動の分野を広げています。このような活動を通して、地域への貢献やエネルギー問題、青少年育成にも目を向け、さらに豊かな社会作りを目指しています。

ソニック

By: amazon.co.jp

1951年、事務用クリップを製造する会社として創業された大阪クリップ株式会社を前身として、1970年に設立されたソニック。主に日常で使われる文具や事務用品を製造しています。

スローガンは「夢あるモノづくり」。ユーザーが、商品を使う喜びや楽しさを味わえるように機能を充実させたり、スタイリッシュなデザインを施したりと、さまざまな工夫を凝らした製品づくりを行っています。

電動鉛筆削りのおすすめランキング

第1位 ナカバヤシ(Nakabayashi) 電動鉛筆削り器 スリムタイプ DPS-211

縦型のスリムタイプで、狭い場所にも置きやすい電動鉛筆削り。デスクの上が広々と使えるので、作業が効率的に進められます。シンプルで無駄のないデザインはスタイリッシュで長く使っても飽きが来ず、いつまでも気持ちよく使えるのもポイント。

ダストボックスを外した状態では作動しない安全オートストップ機能や、連続して使った時の過熱を防ぐオーバーヒート機能、無駄削り防止機能に加え、芯先の太さを3段階で変えられる芯先調節機能もついており、機能面が充実しています。

大人はもちろん、子どもが初めて使用するのにもおすすめの鉛筆削りです。

第2位 ビュートン コンパクト電動鉛筆削り器 BV-6

鉛筆を上から差し込むタイプの、コンパクトな電動鉛筆削り。小さくて場所をとらないので、デスク上が狭い方にもおすすめです。乾電池式で持ち運びしやすく、好きな場所で使用できるのが魅力。

切れ味のよいスパイラル刃を使用しているため、コンパクトながらもパワフルに鉛筆が削れます。鉛筆の太さに合わせて差込口のサイズを切り替えられるため、子ども用の太い鉛筆や色鉛筆などにも対応できるのも嬉しいポイントです。

芯先の太さは6段階で調節できるため、用途に合わせて最適な太さを選べます。削りすぎを防ぐオートストップ機能や、ダストケースが外れている場合には作動しない安全機能もついていて、安全面にも配慮された鉛筆削りです。

第3位 アスカ(Asmix) 鉛筆削り 電動シャープナー EPS600

硬い芯の鉛筆も、柔らかい芯の色鉛筆も、両方スムーズに削れる工夫が施された電動鉛筆削りです。鉛筆と色鉛筆それぞれに、差込口がひとつずつ設けられています。差込口はダイヤルで簡単に切り替えが可能。

硬い芯の鉛筆は、スパイラルカッターできれいに削り、柔らかい芯の色鉛筆は、折れやすく芯詰まりの原因になることが多いため、一枚刃のカッターで優しく削ります。色鉛筆を多用する方にぜひおすすめの鉛筆削りです。

芯先調節機能、無駄削り防止機能、安全オートストッパー機能、オーバーヒート防止機能など、たくさんの機能が充実しており、快適に使用できる鉛筆削り。使う人を選ばない、シンプルですっきりとしたデザインも魅力です。

第4位 ソニック 鉛筆削り リビガク フリーキー LV-1587

コロンとしたコンパクトなルックスが目を引く鉛筆削りです。シンプルなデザインはインテリアにもさりげなくなじむので、いかにも事務的なルックスの鉛筆削りに抵抗がある方にもおすすめ。リビング学習にもぴったりです。

乾電池式でどこでも使える上、軽いので持ち運びも容易。好きな場所で使用したあとは、引き出しにしまっておけばデスクまわりもすっきりします。コンパクトな見た目とは裏腹に、内部には本格的ならせん刃を使用しているため、パワフルな削り心地も魅力的です。

削りすぎを防ぐオートストップ機能もついているので、子どもが使用する際にも安心。また、差込口をカバーするスライドロック機能付きなので子どもが指を入れてしまうトラブルも防げます。

第5位 レイメイ藤井 電動鉛筆削り 折芯除去機能付き RT453

子どもでも安全に使えるスタンダードな電動鉛筆削り。通常の鉛筆軸だけでなく再生木使用の鉛筆軸や、圧縮再生木のような硬い鉛筆軸もスムーズに削れる高品質な刃が魅力です。

また、この鉛筆削りの大きな特徴は背面に折れ芯除去ボタンがついていること。中で芯が折れても、このボタンを押せばスムーズに折れ芯を取り除けます。折れ芯が刃の間に挟まって動かなくなったり、故障したりといったトラブルを防げる便利な機能です。

透明なダストボックスも使いやすさに一役買います。中がよく見えるので、削りカスのたまり具合がよくわかり、詰まらせる心配がありません。そのほかにも、無駄削り防止機能、オーバーヒート防止機能、安全オートストッパーなどさまざまな機能が搭載されています。

ポップで鮮やかなカラーリングもポイント。シンプルで機能的な鉛筆削りを探している方に是非おすすめしたい一品です。

第6位 Tepoinn 電動鉛筆削り

この鉛筆削りは、コンセントだけでなく乾電池やUSB接続でも使用できるのが魅力。据え置きで使用する場合はコンセント、持ち運びする際は乾電池、PCまわりで使うならUSBと、シーンに合わせて使い分けられるので便利です。

鉛筆の直径に合わせて、2つの差込口があります。色鉛筆や子ども用の太い鉛筆なども難なく削れるので、子どもが使うのにもぴったりの鉛筆削りです。

2000回の使用にも耐えられる丈夫な刃がついており、スムーズな削り心地が味わえます。替え刃とドライバーがついているので、切れ味が落ちたら簡単に交換が可能。シャープな切れ味で長く使用できる、うれしい心遣いです。

ダストボックスを外した状態では作動しない安全機能や、無駄削り防止機能なども搭載し、安全や使いやすさにも配慮されています。

第7位 プラス(PLUS) 乾電池式鉛筆削り 84-031

コンパクトで狭いデスクでもスペースをとらない電動鉛筆削り。乾電池式なので、コンセント式のようにコードが気になることもなく、すっきりと置けるのもポイントです。

軽くて持ち運びしやすく、リビングやオフィスなど好きなところで使えるのも魅力。スパイラル刃を使用しているため、削るパワーは申し分なく、コンパクトながらもスムーズな削り心地が味わえます。

芯先の太さを3段階に切り替えられる芯先調節機能付きなので、上から鉛筆を差し込むだけでお好みの太さに削ることが可能。削り具合の確認の手間が省け、作業効率もアップします。

透明で中が見やすいダストケースもポイント。削りカスがいっぱいになる前に気づけるので、詰まりを防止できます。また、ダストケースのフタは外れにくい仕様になっており、不意に外れる心配がないので、持ち運び時も安心です。

第8位 AFMAT 電動鉛筆削り

鉛筆削りの後ろに、ペンスタンドがついているユニークな電動鉛筆削り。デスクで使う際は、鉛筆削りとペンスタンドの役割を果たしてくれるので、スペースを有効活用可能です。

内部には高品質ならせんブレードを搭載しており、4000回も使用できる抜群の耐久性を誇ります。また、たった5秒で鉛筆を削れる切れ味のよさも魅力。スピーディかつスムーズな削り心地で、作業効率もアップします。

大容量のダストボックスも特徴です。こまめなお手入れをせずに済むほか、透明なので削りカスのたまり具合がひと目でわかるのも嬉しいポイント。ダストボックスを外すと作動しない安全機能もついているため、安心して使える鉛筆削りです。

第9位 Jktown office 電動鉛筆削り

コンパクトなスクエアデザインがスタイリッシュな電動鉛筆削り。オフィスのデスク上や、リビングで使用してもおしゃれに見えます。乾電池とUSB接続、2通りの方式に対応しているので、持ち運びしやすく好きな場所で使用できるのもポイント。

太い鉛筆にも対応できるよう、2つの差込口が設けてあります。子ども用の太い鉛筆や色鉛筆、三角軸の鉛筆なども簡単に削ることが可能です。

上から鉛筆を差し込むだけで削れるシンプルな仕様。刃は切れ味がよく、1本の鉛筆を削るのにかかる時間はたったの5秒ほどなので、面倒な鉛筆削りの作業もあっという間に終わります。

替え刃が2枚付いているので、切れ味が落ちたら簡単に交換できるのも大きな魅力。シャープな切れ味はそのままに、長期間の使用が可能です。ダストボックスのフタが外れていると作動しない安全機能もついており、ケガをしないように配慮されています。

第10位 ナカバヤシ(Nakabayashi) 電動鉛筆削り器 DPS-311

色鉛筆そのままのカラフルなデザインが特徴的な電動鉛筆削り。そのキュートなフォルムは、子どもはもちろん、女性にも喜ばれます。子ども部屋にもぴったりですし、オフィスに置いても、場を和ませてくれるアイテムです。

乾電池でもコンセントでも使える2way仕様なので、デスクで使用する際はコンセント、持ち運びたいときは乾電池と、シーンに応じて使い分けられます。移動させるのも苦にならない、コンパクトなサイズも魅力です。

鉛筆を上から差し込むだけの簡単な仕組みなので、子どもでもスムーズに使用できます。削りすぎ防止機能がついているので、芯先が尖りすぎず、鉛筆を無駄なく使えるのも嬉しいところ。

そのほか、ダストボックスが外れていると作動しないオートストッパーや、オーバーヒート防止機能などがついており、可愛いルックスながらも機能面はしっかりしています。子どもへの入学祝いにもおすすめの鉛筆削りです。