梅雨時期の湿気だけでなく、冬場は衣類を乾燥させるアイテムとしても活躍してくれる「除湿機」。洗濯物の生乾き臭はもちろん、カビ対策にも効果が期待できる製品ですが、除湿して乾いた風をいかに洗濯物に効率よく当たられるかがポイントです。

そこで今回は除湿機のおすすめ製品をピックアップ。除湿機の種類や選び方についてもご紹介するので、特に部屋干しを頻繁に行う方はぜひチェックしてみてください。

除湿機の選び方

季節や使用場所に適した種類を選ぶ

夏場の使用に適したコンプレッサー方式

By: amazon.co.jp

コンプレッサーとは「compress=圧縮する」という意味で、空気を圧縮するシステムのこと。空気を冷やすことによって結露を発生させ、空気中の水分を取り出す方式を指します。

空気の温度差によって水分をコントロールするので、気温が高いとより除湿能力が高くなるのがメリット。特に除湿機の利用が夏場に集中するという方はコンプレッサー方式がおすすめです。

寒い季節におすすめのデシカント方式

By: amazon.co.jp

デシカントとは「desiccant=乾燥剤」という意味で、乾燥剤(ゼオライト)を用いて水分を除去する方式。室温の違いによる除湿能力に変化がないので、季節を問わず使えるのがメリットです。

なお、デシカント式は除湿の過程で本体から温風が出るため、部屋の温度が上昇する点には注意が必要。夏場よりも寒い季節におすすめです。また、消費電力が大きいのでやや電気代がかさむというデメリットもあります。

1年を通して快適に使えるハイブリッドタイプ

By: amazon.co.jp

ハイブリッドタイプの除湿機はコンプレッサー方式とデシカント方式の機能を併せ持ち、双方のメリットを使い分けながら除湿するタイプ。価格はやや高くなりますが、年間を通して使用できるのがメリットです。なお、本体サイズは大きくなりがちなので設置スペースには注意しましょう。

除湿能力は使用範囲に合ったモノを選ぶ

除湿機には、各製品が1日あたりに除湿できる水分量が表示されています。この除湿能力に応じて除湿できる面積も異なるため、使用する部屋の広さを考慮したうえで適切なアイテムを選びましょう。

例えば、1日に除湿できる水分量が4~6Lであれば、約13~16畳の部屋に適しています。また、6~8Lのタイプは約16~20畳、8~11Lであれば約20~28畳が許容範囲です。なお、適応面積は家の構造によって異なるのもポイント。鉄筋コンクリートで16畳と記載された適応面積は、木造の場合約半分の8畳が目安になります。

衣類乾燥機能の性能で選ぶ

最近の除湿機は、衣類乾燥機能を重視したモデルが数多くリリースされていますが、製品によって搭載している機能は大きく異なります。送風が中心からサイドに広がるタイプなのか、上下に稼働するタイプなのか、左右両端までしっかり風が当たるかなどは事前に確認しておきましょう。

排水タンクの容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

除湿機を使用した後は、排水タンクに水が溜まっていきます。排水タンクが小さいモノだとすぐに容量いっぱいになってしまい、水を捨てる手間が増えるので、その点は留意しておきましょう。

一方、排水タンクの容量が大きいモノはその分本体も大きくなるため、コンパクトタイプの除湿機を求めている方は注意して選んでみてください。

電気代もチェック

除湿機を選ぶ際には、電気代にも着目しましょう。除湿機の方式や機能、得意とする季節によって、電気代も大きく異なります。

電気代の安さで選ぶなら、コンプレッサー方式がおすすめです。ヒーターを使用せずに除湿する仕組みなので、電気代が安く済みます。梅雨や夏場の衣類乾燥にしか使わないご家庭には、電気代が安いコンプレッサー方式がベストです。

デジカント方式はヒーターを使用する分、電気代が高くなるのがデメリット。また、ハイブリッド方式もコンプレッサー方式とデジカント方式の両方の性能を備えているため、コンプレッサー方式よりもランニングコストがかかる傾向にあります。よく使う季節や、必要な機能、サイズなどを検討した上で、電気代も納得できる除湿機を選びましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: sharp.co.jp

除湿機は水を使うアイテムなので、適切にお手入れをしないとカビが発生してしまい、不衛生な状態になります。そのため、メンテナンスのしやすさはとても重要。特にフィルターは定期的な掃除が必要なので、取り外しやすさは必ず確認しましょう。

なお、本体内部を乾燥させる機能を搭載しているモデルは、湿気対策に効果が期待できます。カビの抑制にも関わっている部分なので、気になる方はチェックしておきましょう。

除湿機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

ハイブリッド方式の除湿機で高い人気を誇るパナソニック。パナソニックの独自技術であるナノイーを搭載しているのが特徴です。ナノイーによって洗濯物の除菌や、イヤな部屋干し臭の脱臭も期待できます。近年増え続けている夜間や梅雨時の部屋干しのニーズに対応。本体価格はやや高めですが、1年を通してパワフルに除湿・衣類乾燥したい方におすすめです。

ナノイー搭載のハイブリッドモデルのほか、ナノイー非搭載の標準モデル、軽くて扱いやすいデシカント方式など、多彩なラインアップを展開しています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの除湿機は、そのほとんどがコンプレッサー方式を採用しています。さまざまなタイプを販売していますが、目玉はシャープ独自のプラズマクラスターイオン発生器を搭載したタイプです。プラズマクラスターのパワーによってカビ菌の抑制・消臭・除菌効果のほか、ウイルス対策にも対応。近年は、除湿や衣類乾燥だけでなく、本格的な空気清浄ができるタイプも登場しています。

シャープの除湿機は小型のタイプも多いので、リビングだけでなく洗面所や浴室などで活用するのにもおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

三菱電機の除湿機は、電気代が少なくて済むコンプレッサー方式がメイン。なかでも特徴的なのが三菱電機独自の「ムーブアイ」機能を搭載しているモデルです。「ムーブアイ」が衣類の乾き残りを検知して自動で送風をコントロールします。

また、湿気がたまりやすいエリアを見分けて重点的にドライ風を送ることも可能。部屋も洗濯物もしっかりと除湿したい方におすすめのメーカーです。

除湿器のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 F-YZR60-A

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 F-YZR60-A

軽量コンパクトで扱いやすい除湿機です。重さは約5.9kg、設置面は約17.8×35.7cmなので、使いたい場所にスムーズに持ち運んで便利に使えます。1年中使えますが、とくに気温の低い冬場に除湿・乾燥力を発揮するデシカント方式なので、冬場のみの使用にもおすすめです。

本製品はルーバーのスイング角度が広い「大開口ルーバー」を搭載したことで、従来品より送風面積が25%もアップ。狭いスペースでも広い範囲に風を届けられるので、たくさんの洗濯物を効率よく乾かせます。また、乾きにくい厚手の衣類に風を集中させる「スポット送風」、靴や小物の乾燥時に便利な「下向き送風」なども可能です。

また、パナソニック独自の「エコナビ」機能も搭載。衣類の量を見分けて、その時の温度・湿度に最適な送風をコントロールします。さらに、急な雨などで半乾き状態で取り込んだ洗濯物を、最大風量で一気に乾かす「仕上げモード」も便利です。衣類が乾燥した後は、自動で部屋の除湿に切り替えられるので、衣類への湿気戻りも防げます。

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 ハイブリッド方式 F-YHMX120-N

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 ハイブリッド方式 F-YHMX120-N

衣類乾燥スピードが早いパナソニックの除湿機。季節を問わず最適な除湿が行えるハイブリッド方式で、湿気の多い梅雨時なら約43分、気温が低い冬場でも約59分で洗濯物を乾かせます。

洗濯物の種類や干し方に合わせて送風方法を変えられるのも本製品の魅力。1列に干した洗濯物の全体にしっかり風を届けるワイド送風や、乾きにくい衣類に集中送風できるスポット送風、低いエリアに風を送れる下向き送風などがあります。

もちろんパナソニック独自のナノイー技術を搭載しているので、衣類の除菌や部屋干し臭の抑制にも効果が期待できます。湿気やニオイがこもりやすいクローゼット内で使えるクローゼットモードなど便利な機能も搭載。用途に合わせていろいろな部屋で活用できる1台です。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター除湿機 コンプレッサー方式 CV-G71-W

シャープ(SHARP) プラズマクラスター除湿機 コンプレッサー方式 CV-G71-W

部屋干しをした際の「生乾き臭」が気になる方におすすめの製品。シャープ独自のプラズマクラスターによって、生乾き臭をスポット消臭できます。

そのほかにも衣類に付着した汗臭をスポット消臭できる機能や、衣類や室内に付いたタバコの付着臭を分解・除去する機能も搭載。さらに、ホコリのブロックに特化したフィルターを採用したことで、シャープ従来品より約1.3倍のホコリ取り性能を実現しています。

本体上部にはガイド付きルーバーを備えているので、プラズマクラスターの風を広範囲に届けることが可能。1台で、広さ18畳まで対応できます。本体サイズは30.4×20.3×48cmで、設置面はA4サイズ程度とコンパクト。リビングはもちろん、狭い洗面所やクローゼットでの除湿・カビ対策・衣類乾燥も可能です。また、本体は持ちやすいハンドル付きで、移動も排水も簡単に行えます。

三菱電機(MITSUBISHI) 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 MJ-P180NX-W

三菱電機(MITSUBISHI) 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 MJ-P180NX-W

8畳の広い部屋を約19分でスピーディーに除湿できる、ハイパワーな除湿機。木造なら19畳、コンクリート造なら39畳までの広い空間に対応しています。季節や天候に合わせて50〜70%の湿度設定が可能です。もちろん衣類乾燥機能も搭載しているので、部屋干しや夜干しも快適に行えます。

一般的なコンプレッサー方式の除湿機は、気温が低下すると除湿能力も低くなりますが、本製品は「冬モード」を搭載しているので冬場でもパワフルに稼働。とくに「低アシスト」機能を使えば熱交換器の自動霜取りができるので、気温1℃でも除湿が可能です。また「浴室カビガード」を搭載しているので、浴室内でカビや結露が発生しないようしっかり乾燥できます。

タンクは約4.7Lの大容量タイプで、水捨ての回数が少なくて済むので便利です。ホースをつなげば面倒な水捨ても不要になり、連続使用ができます。

コロナ(CORONA) 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー方式 CD-P63A

コロナ(CORONA) 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー方式 CD-P63A

1日にペットボトル約6本分の除湿ができる1台。容量3.5Lのビッグタンクは水捨て回数が少なくて済むので、約13~15時間の長時間運転ができます。就寝中や外出中に除湿したいという方にもおすすめです。電気代は、除湿時も衣類乾燥時も1時間あたり5円以下。木造住宅なら7畳まで、鉄筋造りなら14畳までの広さに対応しています。

本製品の魅力はなんといってもパワフルな除湿・部屋干し能力です。約2kgの洗濯物を約130分で乾かすことができます。また、プチルーバーで風向きを上向きから水平方向まで自由に調整できるので、衣類の乾き残りなどへのスポット除湿も可能です。タンクは満水になると運転が自動で止まるので、水がこぼれる心配もありません。水捨てや移動を簡単に行えるハンドル付きなのもポイントです。

そのほか、運転停止後に除湿機内を乾燥させてカビの発生を抑える機能や、ウイルス抑制・除菌・脱臭効果が期待できる10年間交換不要フィルター、運転状態がひと目でわかるお知らせサイン機能なども搭載。これだけ多くの便利機能を備えていながら、本体は幅22×奥行33cmとスリムな点も本製品の魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー方式 DCE-6515

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー方式 DCE-6515

狭いスペースにも置きやすい、奥行わずか約19cmのスリムな除湿機。脱衣所や押入れ内の除湿・結露対策に使えるだけでなく、木造なら8畳、鉄筋造なら16畳までの広い空間の除湿にも最適です。洗濯物に風を当てやすい大型フラップによって、部屋干しの衣類を効率よくスピーディーに乾かせるので、不快な生乾き臭を抑えられます。

本製品は、目標湿度を40・50・60%に設定できるので、除湿によって部屋が乾燥し過ぎてしまうのは苦手という方にもおすすめです。目標湿度を達成すると除湿が終了し、自動的に送風運転に切り替わります。さらに、2・4・8時間のタイマー付きなので、止め忘れの心配もありません。電気代は1時間当たり約5円なので、長時間使っても光熱費を安く抑えられ経済的です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 デシカント式 DDD-50E

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 デシカント式 DDD-50E

部屋干し重視の方におすすめしたいのが、除湿機にサーキュレーターをプラスした本製品。ヒーター熱を利用した風をサーキュレーターの大風量で送り出すので、急ぎの洗濯物もスピーディーに乾かせます。また、気になる部屋干し臭やカビ・結露対策にもおすすめです。

サーキュレーターは首ふり機能付きで、340cmの広い範囲に風を当てられます。首ふり角度は50・70・90°の3段階調整ができるので、狙ったエリアをパワフルに除湿することが可能。サーキュレーターは高い位置に設置されているため、押入れやクローゼットの奥まった場所にも風を届けられ、除湿や結露対策ができます。除湿機能とサーキュレーターは単独使用もでき、必要に応じて使い分けできる点も魅力です。

稼働音は図書館よりも静かな29db。夜間の部屋干し時も、睡眠の妨げになる心配がありません。2・4・8時間のタイマーが付いているほか、タンクが満水になると運転停止するので、外出中や就寝中の使用も安心です。

シャープ(SHARP) 除湿機 コンプレッサー方式 CV-H120W

シャープ(SHARP) 除湿機 コンプレッサー方式 CV-H120W

プラズマクラスターの風で、室内と洗濯物を快適に乾かせるシャープの除湿機。大風量で空気を循環させて部屋全体をよどみなく除湿するほか、室内の湿度に応じて自動で運転をコントロールする機能を搭載。湿度50%以下になるとプラズマクラスターイオンを室内に広げて空気を浄化し、60%を超えると自動でパワフル除湿が稼働します。

室内のカビを未然に防ぐ「カビバリア運転」機能も搭載しているので、湿気が気になる洗面室やクローゼットでの使用にもおすすめです。本製品は、衣類乾燥機能も充実。イヤな「生乾き臭」のスポット消臭や、「汗臭」のスポット消臭、「タバコの付着臭」対策などを備えています。

また、天井付近から下方向まででスイングしてプラズマクラスターの風を広範囲に送れるので、ロングスカートなど丈の長い衣類もしっかり乾かすことが可能。「臭い取り対策モード」を使えば、洗濯物が乾いた後もプラズマクラスターイオンの放出が続くので、臭い戻りを抑制できます。

タンクは約4.5Lと大容量なので、約9時間水捨て不要。就寝中も安心して使えます。市販のホースをつなぐことができるので、連続使用も可能です。本体には持ちやすいハンドルと4輪キャスター付きで、移動や排水作業もスムーズに行えます。

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 ハイブリッド方式 F-YHRX200-S

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 ハイブリッド方式 F-YHRX200-S

ナノイーXの効果とハイブリッド方式を組み合わせた、1年中大活躍する除湿機。パワフルな除湿力で、木造なら21畳、鉄筋造なら43畳までの大空間をしっかり除湿し、快適な環境を実現します。

本製品は衣類乾燥にもパワーを発揮。「ツインルーバー」によって発生したマルチクロス送風が洗濯物を揺らして、衣類が重なった部分にも風を届けます。ルーバーのスイングスピードが左右で切り替わることで、さらに乾燥効率がアップ。洗濯物をすき間なく2列干しした場合でも、ムラなくすばやく乾かすことが可能です。

また、パナソニック独自の「エコナビ」機能が、温度や湿度、洗濯物の量を見極めて、自動的に省エネ乾燥してくれるのも本製品の魅力。少量の洗濯物を約10分で乾かせる「少量速乾モード」は忙しい家庭におすすめです。衣類乾燥後は自動で部屋の除湿モードに切り替わるので、衣類への湿気戻りも防げます。

ナノイーXによって、気になる部屋干し臭の抑制が10倍にスピードアップ。さらに衣類に付着した花粉を無力化する効果も期待できるので、頻繁に洗えない制服やスーツのケアにも活用できます。

日立(HITACHI) 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 HJS-D562

日立(HITACHI) 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 HJS-D562

使いやすい工夫をたっぷり搭載した、日立の除湿機です。重さは約5.3kgと軽量で、大きさも約17.4×26.9×44.5cmとコンパクト。持ちやすい大きなハンドル付きなので、女性の方も片手でラクに持ち運べます。リビングや寝室はもちろん、玄関や脱衣所、結露が気になる窓際のような狭いスペースにも設置可能。木造なら7畳まで、コンクリート造なら14畳までの広さに対応しています。

衣類乾燥時には、干した場所や洗濯物の量に合わせて送風角度を調整可能。ワイド送風やスポット送風、前方や上方への集中送風などができます。そのほかにも、湿度センサーによって快適な湿度45~50%に保てる「自動除湿モード」や、部屋の湿度を低めにコントロールする「結露セーブモード」を搭載。衣類乾燥除湿機として効果を発揮します。

さらに、フィルターに付着した花粉やダニのフン・死がいを抑制する「アレルブロック除菌フィルター」、夜間の使用時に役立つ「静音モード」、切り忘れを防止する「10時間後自動停止」機能なども搭載。あったらうれしい工夫が満載の1台です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 空気清浄機付き除湿機 コンプレッサー方式 DCE-120

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 空気清浄機付き除湿機 コンプレッサー方式 DCE-120

花粉シーズン対策や冬場の結露対策にも使える除湿機。イオン発生装置を内蔵しているので、除湿しながら部屋全体にマイナスイオンの風を届け、空気を清浄化することができる1台です。

除湿能力は1日あたり約12L。木造和室なら15畳、鉄筋造なら30畳までの広さを除湿可能です。湿度センサーを搭載しているので、35~80%の間で目標湿度を設定できます。衣類乾燥時は、洗濯物にまんべんなく風を送れるよう、フラップが上下にスイング。また、ターボ運転を選べばより速く洗濯物を乾かせます。

さらに、空気の汚れを検知する機能も搭載。汚れ度合いに合わせて、運転パワーを自動コントロールします。花粉・ダニのフンなどのアレル物質はもちろん、カビ菌・ウイルス・PM2.5よりも小さい不純物質も99.97%以上取り除く効果が期待できます。そのほか、たばこのニオイをしっかり吸着・脱臭できる活性炭フィルターや、止め忘れ防止に役立つタイマー機能、チャイルドロック機能なども付いているので、毎日安心して使える製品です。

Lemebo 除湿機 CSQ01

Lemebo 除湿機 CSQ01

部屋の除湿に特化したシンプルな除湿機が欲しい方におすすめしたい本製品。幅約14.6cm×奥行14.6cmの超コンパクトな除湿機です。気軽に持ち運べるサイズなので、狭い浴室・洗面室・トイレのほか、押入れ・クローゼット内部・パントリー・本棚の上などに置いて便利に使えます。機器内部には、湿気を検知する半導体を内蔵。湿気をしっかり抑えることで、カビ・ダニの繁殖を抑える効果も期待できます。

ワンタッチで操作できる点も本製品の魅力。「防霜機能」付きで、寒い季節でも本体表面に霜が付着しないため、周囲を水で濡らしてしまうこともありません。稼働音も静かで、日常生活はもちろん睡眠や仕事の妨げにもならない35db以下。乳幼児のいる寝室やオフィスでの使用にも最適です。

タンク容量は600ml。1日の除湿量は最大約300mlのため、水捨ては2日に1回で済みます。タンクがいっぱいになると除湿を自動停止する機能が付いているので、水があふれてしまう心配もありません。

FYLINA 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー方式 HK98009-WHE

FYLINA 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー方式 HK98009-WHE

どんなインテリアにもマッチする、シンプルなデザインの小型除湿機。設置面のサイズは約18×12.7cm、高さは28.5cmとコンパクトなので、脱衣所などの狭いスペースや、洗濯物を干している場所へ気軽に持ち運んで使えます。たとえば「湿気の多い梅雨や夏以外のシーズンはしまっておきたい」という場合も収納場所をとりません。

機器内に搭載されている半導体が湿気を検知し、設定湿度をキープできるよう自動でコントロール。コンパクトな除湿機ながら、1日最大約500mlまで除湿する能力があります。湿気をしっかり取り除くことで、カビや部屋干し臭などを抑制することが可能。また、タンクは1500mlと大容量なので、水捨ての回数も3日に1度で十分です。タンクが満水になると自動で運転停止するので、就寝中や外出中に水浸しになってしまうこともありません。

操作音は50dbの静音設計なので、寝室での使用にもおすすめ。必要十分な除湿機能が付いて1万円以下というコスパのよさも魅力です。

iCODIS 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 CSJ1-HD165A

 iCODIS 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 CSJ1-HD165A

マイナスイオンによる空気清浄効果も期待できる除湿機。1日の最大除湿量は7.5Lで、木造なら15畳、鉄筋造なら30畳までの広さを除湿できます。梅雨や夏季など高温多湿なシーズンに威力を発揮するコンプレッサー方式です。電気代は1時間あたり約5円なので、1日中フル稼働しても家計の負担になりにくいのも魅力。

季節や湿度に合わせて、2段階の風量モードが選べます。機器に内蔵されている高精度な湿度センターが室内湿度を検知し、設定した目標湿度をキープできるよう運転をコントロール。さらに、部屋全体にマイナスイオンの風を届けることで、除湿しながら空気中の不純物にアプローチし、室内の空気をキレイにします。

40~45dbの低騒音で稼働できるタイプなので、夜間干しの際も眠りを妨げません。パワーがある分、本体サイズは大きめですが、底部にキャスターが付いているので移動も簡単です。タンク容量は約1.8Lですが、市販のホースを使えば何時間でも連続運転できます。

除湿機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

除湿機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。