湿気の多い時期に重宝する「除湿機」。湿気を取り除ける除湿機を設置すれば、快適に過ごしやすいのがメリットです。しかし、除湿方式や搭載されている機能が製品ごとに異なるため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの除湿機をランキング形式でご紹介。除湿方式の種類や選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

除湿方式の種類と特徴

コンプレッサー式

By: irisohyama.co.jp

コンプレッサー式は湿った空気を本体に取り込んで、内部のコンプレッサーで冷却して除湿する方式。ヒーターを使用せずに除湿できるため、消費電力が少ないのが特徴です。また、温度が上昇しにくいので、夏場に除湿したいシーンにも適しています。

しかし、暑い時期に高い除湿効果を発揮する反面、気温が低めの冬場では効果が期待しにくい点に注意が必要。コンプレッサーを積んでいる分本体サイズが大きくなりやすいため、しっかり設置スペースを確保する必要があります。

デシカント式

デシカント式はコンプレッサーを積んでいない代わりに、ゼオライトと呼ばれる乾燥剤とヒーターを内蔵したタイプ。湿った空気を本体に取り込んでゼオライトに吸着させたあと、ヒーターで気化して除湿する方式です。

コンパクトかつ軽量なモデルが多く、持ち運びしやすいのが特徴。一方、ヒーターを内蔵しているため、電気代が高くなりやすい点や温度が高くなりやすい点に注意しましょう。

ただし、部屋の温度が低くてもしっかりと除湿効果が期待できるので、冬場の結露防止にも役立ちます。稼働音も小さめのため、寝室などへの設置もおすすめです。

ハイブリッド式

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式は、コンプレッサー式とデシカント式の両方の性能を兼ね備えたタイプ。梅雨や夏場はコンプレッサー方式、気温の低い冬場はデシカント方式と、1年を通して効率よく除湿できるのが特徴です。

一方、本体構造が複雑なので、サイズが大きめで十分な設置スペースを確保する必要があるのが難点。ハイブリッド式を設置するスペースを確保してから購入するのがおすすめです。

除湿器の選び方

除湿能力をチェック

部屋の広さで選ぶ

By: irisohyama.co.jp

除湿機を選ぶ際は、除湿能力を確認することが大切です。除湿能力を判断するうえで確認したいのが部屋の広さ。効率的に除湿するためにも、部屋の大きさに適したモノを選びましょう。

部屋の広さは「除湿可能面積」をチェック。部屋の広さより、少し広めの面積に対応したモデルを選ぶのがおすすめです。

除湿可能面積が大きくなると、本体サイズも大きくなる傾向に。広めのリビングなどに設置する場合は、十分なスペースを確保する必要がある点に注意が必要です。

木造・鉄筋で適応面積は変わる

By: irisplaza.co.jp

除湿能力を判断するうえで、自宅の建材の種類も重要なポイント。自宅の建材には大きく分けて、木造と鉄筋の2種類があります。木造と鉄筋では適応床面積が異なるので、しっかりチェックしましょう。

一般的に木造の場合は、鉄筋に比べて約半分の適応床面積。例えば、鉄筋の適応床面積が24畳の場合、木造の場合は12畳程度になります。除湿能力のパフォーマンスに影響しやすいため、除湿機は自宅の建材に適したモノを選んでみてください。

排水タンク容量をチェック

By: irisohyama.co.jp

除湿機を選ぶ際は、除湿した際に発生する水分を溜めておく排水タンクの容量にも注目。広めのリビングなどに設置する場合、排水タンク容量が少なすぎる満水になりやすいので、水を捨てる頻度が多くなります。

こまめに水を捨てるのが面倒な方には、3L以上のタンクを搭載した製品がおすすめ。就寝時などに使用する場合は寝ている間水を捨てられないため、十分に水を溜めておける容量が必要です。

なかには、ホースで風呂場やベランダなどの排水口につないで連続排水できるモデルも存在。水を捨てる手間を省きたい方は、ぜひチェックしてみてください。

メンテナンス性をチェック

By: jp.sharp

除湿機は内部に水分を溜め込むことが多いので、カビなどが発生しやすいことも。清潔に使い続けるためには、こまめなお手入れが必要です。

ただし、お手入れは手間がかかるので、労力を軽減するためにもメンテナンス性の高いモデルを選ぶのがおすすめ。本体の構造がシンプルなモデルや、細かく分解できるモデルは汚れを取り除きやすいため便利です。

また、内蔵されているフィルターも汚れやすいので、できるだけ取り外しが簡単なモノを選びましょう。さらに、内部に残った水分を乾燥させる「内部乾燥」機能を備えていれば、より衛生的に使えます。

機能をチェック

ニオイが気になるなら「消臭・脱臭機能付き」のモデルを

By: panasonic.jp

部屋干しやタバコ臭などのニオイが気になる場合は、消臭・脱臭機能が搭載されたモデルがおすすめです。とくに梅雨や湿気の多い夏場などでは、洗濯物を除湿機で乾燥させたい方も多いはず。生乾き臭などを低減するために、消臭・脱臭機能は便利です。

シャープの「プラズマクラスター」や、パナソニックの「ナノイー」などイオンの力でニオイ対策ができるモデルを展開。なかには、菌や花粉対策に役立つ機能を備えたモデルもラインナップされているので、気になる方はチェックしてみてください。

就寝中に使うなら「静音モード」

除湿機は、運転中に稼働音が発生します。就寝時など静かな環境で使う場合、稼働音が大きいと睡眠の妨げになるので、「静音モード」を備えたモデルがおすすめです。

一般的に騒音レベルはデシベル(dB)という単位で表されます。静音性を重視する場合は、静音モードで稼働音が40dB程度のモノを選びましょう。静音モードは、メーカーによって「ナイトモード」など名称が異なることがあります。

本体内にカビが発生するのを抑える「内部乾燥」

By: jp.sharp

除湿機は、お手入れしても内部に水分が残ることがあり、そのまま放置しておくとカビなどが発生してしまうことも。残った内部の水分を乾燥させる「内部乾燥」を搭載したモデルを使用すれば、衛生面に配慮して使えるのでおすすめです。

また、内部乾燥機能は、ニオイの発生を軽減できるのも魅力のひとつ。長く清潔に使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

部屋干しの洗濯物には「送風機能」がおすすめ

By: irisohyama.co.jp

梅雨や夏場などの湿気が気になる時期に部屋干しの洗濯物を乾かしたい場合は、「送風機能」を搭載したモデルがおすすめ。空気の湿気を除去しつつ、衣類に直接風を当てて乾かすことで、効率的に部屋干しできるのが特徴です。

首振りに対応したモデルなら、よりたくさんの洗濯物を乾燥できるので便利。生乾きの衣類を判別して送風する機能を備えたモデルもあるため、気になる方はチェックしてみてください。

除湿器のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

シャープは大阪府に本社を置く大手電機メーカー。テレビや冷蔵庫などの大型家電をはじめ、空調家電や美容家電など幅広い製品を手掛けています。

除湿機は、生乾き臭対策に役立つ独自の「プラズマクラスター」を搭載したモデルをラインナップ。洗えない服などをケアできると謳われているのも魅力です。コンプレッサー式やハイブリッド式など数多くの製品を展開しているので、用途に合わせて選べます。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、大阪府を拠点としている大手電機メーカー。エアコンや洗濯機などの白物家電をはじめ、テレビや照明器具なども手掛けているのが特徴です。

除湿機は、水分量の高いイオンでニオイの除去や除菌対策に役立つ「ナノイーX」を搭載したモデルをラインナップ。衣類乾燥除湿機をメインで扱っており、多くのモデルが送風機能を備えているのもポイントです。

衣類乾燥機能を備えた除湿機の購入を検討している方におすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマは宮城県仙台市に本社を置くメーカー。さまざまな生活用品の企画・製造・発売を行っているほか、白物家電やキッチン家電なども手掛けています。

除湿機はコンプレッサー式とデシカント式をラインナップ。衣類乾燥機能を備えたモデルやサーキュレーターを一体化したモデルなどもあり、充実した機能を備えています。比較的リーズナブルな価格で購入できるモノが多いため、コスパを重視する方におすすめのメーカーです。

除湿器のおすすめランキング

第1位 シャープ(SHARP) 衣類乾燥除湿機 CV-L71

湿った空気を取り込み、冷却して除湿するコンプレッサー式の除湿機です。ヒーターを使わずに除湿できるため、消費電力を抑えやすいのが特徴。部屋の温度も上昇しにくく、電気代を節約しながら夏場に湿気を取り除きたい方におすすめです。

独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を搭載しているのもポイント。部屋干しのニオイを軽減する効果が期待できます。

タンクにハンドルを備えているため、持ち運びも簡単。本体内部に残った水分を乾燥させる機能でお手入れしやすいのもメリットです。また、本体にホースを接続すれば連続排水できるため、水を捨てる手間を省けます。

第2位 パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHUX120

コンプレッサー式とデシカント式の性能を兼ね揃えたハイブリッド方式の除湿機です。梅雨や夏場に強いコンプレッサー式と、冬場に強いデシカント式の運転比率を自動的に判断して効率的な運転を実現。気温の影響を受けにくく、1年を通じて除湿機を使いたい方におすすめのモデルです。

スピーディーな衣類乾燥ができるのもメリット。約165cmのワイド送風と、左右独立したルーバーが異なるスピードでスイングするツインルーバーにより、洗濯物の端までしっかり風を送って乾燥させます。

独自のイオン技術「ナノイーX」を搭載しているため、空気中の雑菌や有害物質の増殖を抑えやすいのもポイント。部屋干しの洗濯物のニオイを軽減する効果も期待できます。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJD-I50

サーキュレーター機能を搭載したデシカント式の除湿機です。パワフルな送風と除湿により、部屋干した衣類をすばやく乾かしたいシーンにおすすめ。風を当てながら効率的な除湿効果を発揮するほか、部屋干しの乾燥時間を短縮できます。

風の向きや角度を調節できるのもメリット。3.4mのワイド送風と最大90°の角度調節機能により、衣類の量や洗濯物の位置に合わせて風を当てられます。また、運転音29dBと静音設計を採用しているのもポイントです。

ボタン押すだけの操作で、機器の扱いに慣れていない方でも安心。排水しやすい大容量タンクを備えているほか、タンクが満水になると運転停止してランプの点灯で知らせる機能も便利です。

第4位 コロナ(CORONA) 衣類乾燥除湿機 CD-P63A2

空気中の水分を取り除くコンプレッサー式の除湿機です。ヒーターを使用しないので、消費電力を抑えやすいのが特徴。電気代が気になる方におすすめです。

約110°の範囲で風向きを調節できる手動ルーバーを搭載。洗濯物を部屋干しする際などのスポット除湿で活躍します。

ボタンの大きな操作パネルで使い方も簡単。タンクが満水になると運転を停止して、メロディーで知らせる機能も便利です。また、2・4・8時間の切タイマーを搭載しており、スイッチの切り忘れが気になる場合に重宝します。

第5位 シャープ(SHARP) 衣類乾燥除湿機 CV-L180

独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」搭載の除湿機です。衣類を乾燥させながらプラズマクラスターイオンを放出するのが特徴。部屋干しの洗濯物の生乾き臭など、ニオイを抑えたい方におすすめのモデルです。「臭い戻り対策モード」に設定すると、乾燥後もプラズマクラスターイオンを放出させて臭い戻りを抑制します。

上下左右に届く送風と除湿により、大量の洗濯物を乾かしやすいのもメリット。横幅約165cmの左右ワイドスイングと縦幅約190cmに風を送れる上下広角ウイングの立体的な風で、スピーディーかつパワフルな乾燥を実現しています。

第6位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 IJC-H140

1日14Lものパワフルな除湿を発揮する除湿機です。空気を冷却し、結露を強制的に発生させて湿気を取り除くコンプレッサー方式。少ない電力でパワフルな除湿・乾燥を実現するモデルです。1年を通して使用するなど、電気代をなるべく節約したい方にも適しています。

イオン発生装置を搭載しているのもポイント。マイナスイオンの働きにより、部屋の空気を快適に保つ効果が期待できます。

衣類乾燥と除湿の2つのモードを用途に合わせて切り替え可能。運転開始後に12時間経過すると自動的に運転を停止するため、切り忘れが気になる場合に重宝します。また、チャイルドロックを搭載しており、小さな子供がいる家庭でも安心です。

第7位 シャープ(SHARP) 衣類乾燥除湿機 CV-NH140

1年中パワフルに除湿できるハイブリッド式の除湿機です。シーズン問わず優れた除湿能力を発揮するモノを探している方におすすめ。また、幅365×奥行235×高さ645mmのコンパクトな設計で狭いスペースに設置しやすいのも魅力です。

プラズマクラスターによって空気清浄が期待できるのもポイント。部屋干しの生乾きやタバコのニオイなどを分解・除去したい方に適しています。

上下左右にスイングする広角ワイドルーバーを搭載しており、効率的な除湿を実現。広範囲に風を送れるほかスポット送風も可能で、さまざまな洗濯物の干し方に対応できます。

第8位 パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHUX90

高さを抑えたデザインが印象的な除湿機です。洗濯物の真下から風を送れるため、省スペースを有効的に活用できるモデル。両端に長い衣類を配置して風を通りやすくする「アーチ干し」のメリットを活かせるのが特徴です。

独自のハイブリッド式により、スピーディーに洗濯物を乾燥。約100cmのワイド送風でしっかり風を送れるのもポイントです。また、衣類を除菌して嫌な部屋干し臭を抑える効果が期待できる「ナノイーX」も搭載しています

洗濯物を干したらボタンを押すだけと使い方も簡単。コンパクトで設置しやすい除湿機を探している方にもおすすめです。

第9位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 DCE-6515

搭載したセンサーで湿度を検知する除湿機です。部屋の湿度が設定より高い場合は除湿運転、低い場合なら送風運転と自動的に切り替えられるのが特徴。手間なく快適な湿度をキープしたい方におすすめのモデルです。また、湿度に関係なく連続運転するモードも搭載しています。

ヒーターのないコンプレッサー式で、消費電力が比較的少ないのもポイント。1日最大6.5Lと、湿気の多い時期でもパワフルな除湿能力を発揮します。

フラップの角度を調節できるので、洗濯物に直接風を当てるなどのスポット除湿でも活躍。本体にハンドルを備えており、持ち運びも便利です。

第10位 パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YZUX60

湿った空気をヒーターで気化させるデシカント式の除湿機です。温度の影響を受けにくく、1年を通じてパワフルな除湿能力を発揮。洗濯物を部屋干しする機会が多い家庭におすすめのモデルです。

幅約110cmのワイド送風により、風を洗濯物の端まで届けて乾燥しやすいのがメリット。約160°の大開口ルーバーで本体後方へ風を送れるほか、洗濯物の真下に置いてもムラを抑えながら乾かします。

「ナノイー」搭載で部屋干し臭を抑制する効果が期待できるのもポイント。花粉ケアモード・ニオイケアモード・サニタリーケアモードを備えており、生活空間で気になるニオイや有害物質を軽減したい方にも適しています。

第11位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 DDB-20

1年を通して使用できるデシカント式除湿機です。1日2Lの除湿能力で2~3人分の洗濯物を部屋干しするのにおすすめ。約幅28.4×奥行15.8×高さ44.7cmとコンパクトながら、パワフルな除湿能力を発揮できるのが特徴です。

風の向きを調節できるフラップで洗濯物にダイレクトに当てて、スピーディーに乾かせるのもポイント。また、運転音34dBの静音設計により、寝室や子供部屋などの運転音が気になる環境でも安心して使用できます。

第12位 シャープ(SHARP) 冷風・衣類乾燥除湿機 CM-L100

ヒーターを使用しないコンプレッサー式の除湿機です。室温より約-10℃冷えた風を送れるのが特徴。キッチンやロフトなど、エアコンの風が届きにくい場所の湿気取りにおすすめのモデルです。また、帰宅時にすばやくクールダウンしたいときにも役立ちます。

独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を搭載しているのもポイント。部屋干しした衣類の生乾き臭や付着カビ菌の増殖を抑える効果が期待できます。

上下・上向き・広角などさまざまな方向へ風を送れる可変スイングルーバーを搭載。多くの洗濯物をスピーディーに乾燥させたいときに重宝します。

第13位 スタドラーフォーム(Stadler Form) 除湿機 2321

おしゃれでスタイリッシュなフォルムが印象的な除湿機です。1日5.5Lの除湿能力を発揮するため、7~13畳が対応の目安。コンプレッサー方式でヒーターを使用しないため、電気代をなるべく節約したい方にも適しています。

40%・50%・60%から好みの湿度を設定できるのもポイント。自動で湿度を調節するハイグロスタッド機能で過剰な乾燥を防げます。1~7時間で設定できるタイマー機能を搭載しており、切り忘れが心配な方にもおすすめです。

第14位 日立(HITACHI) 衣類乾燥除湿機 HJS-DR601

軽量かつンパクトなデシカント式除湿機です。ハンドルを搭載しており、持ち運びしやすいのが特徴。小型で省スペースに設置できるため、玄関や脱衣所などのスポット用としてもおすすめのモデルです。

熱触媒加工を施したローター乾燥剤により、部屋干し臭や気になる生活臭を低減させる効果が期待できます。また、約33dBの静音モードを搭載しているので、寝室などに設置しやすいのもメリットです。

第15位 SANVINDER 除湿機

コンパクトな卓上用除湿機です。デスクやベッドなどの限られたスペースに置きたい場合におすすめ。玄関やキッチンなどのサブ除湿機としても適しています。

タンクが満水になったら自動停止するため、スイッチを切り忘れて出かけてしまった場合にも安心。また、約30dBと静音設計なのも嬉しいポイントです。

7色のライトで空間を演出できるので、間接照明としても使用できます。

除湿機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

除湿機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。