梅雨時期の湿気だけでなく、冬場は衣類を乾燥させるアイテムとしても活躍してくれる「除湿機」。洗濯物の生乾き臭はもちろん、カビ対策にも効果が期待できる製品ですが、除湿して乾いた風をいかに洗濯物に効率よく当てられるかがポイントです。

そこで今回は除湿機のおすすめ製品をピックアップ。除湿機の種類や選び方についてもご紹介するので、特に部屋干しを頻繁に行う方はぜひチェックしてみてください。

除湿機の選び方

季節や使用場所に適した種類を選ぶ

夏場の使用に適したコンプレッサー方式

By: rakuten.co.jp

コンプレッサーとは「compress=圧縮する」という意味で、空気を圧縮するシステムのこと。除湿機においては、空気を冷やすことによって結露を発生させ、空気中の水分を取り出す方式を指します。

空気の温度差によって水分をコントロールするので、除湿効果が高くなるのがメリット。特に除湿機の利用が夏場に集中するという方はコンプレッサー方式がおすすめです。

寒い季節におすすめのデシカント方式

By: amazon.co.jp

デシカントとは「desiccant=乾燥剤」という意味で、乾燥剤(ゼオライト)を用いて水分を除去する方式。室温の違いによって除湿の効果は変わらないので、季節を問わず使えるのがメリットです。

なお、デシカント式は除湿の過程で本体から温風が出るため、部屋の温度が上昇するほか、消費電力が大きいので、やや電気代がかさむ点は注意しておきましょう。部屋の温度を上昇させる効果もあるので、夏場よりも寒い季節におすすめです。

1年を通して快適に使えるハイブリッドタイプ

By: amazon.co.jp

ハイブリッドタイプの除湿機はコンプレッサー方式とデシカント方式の機能を併せ持ち、双方のメリットを使い分けながら除湿するタイプ。価格はやや高くなりますが、年間を通して使用できるのがメリットです。なお、本体サイズは大きくなりがちなので、設置スペースには注意しましょう。

除湿能力は使用範囲に合ったモノを選ぶ

By: rakuten.co.jp

除湿機には、各製品が1日あたりに除湿できる水分量が表示されています。この除湿能力に応じて除湿できる面積も異なるため、使用する部屋の広さを考慮したうえで適切なアイテムを選びましょう。

例えば、1日に除湿できる水分量が4~6Lであれば、約13~16畳、6~8Lのタイプは約16~20畳、8~11Lであれば約20~28畳に適しています。なお、適応面積は家の構造によって異なるのもポイント。鉄筋コンクリートで16畳と記載された適応面積は、木造の場合約半分の8畳が目安になります。

衣類乾燥機能の性能で選ぶ

最近の除湿機は、衣類乾燥機能を重視したモデルが数多くリリースされていますが、製品によって搭載している機能は大きく異なります。送風が中心からサイドに広がるタイプなのか、上下に稼働するタイプなのか、左右両端までしっかり風が当たるかなどは事前に確認しておきましょう。

排水タンクの容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

除湿機を使用した後は、排水タンクに水が溜まっていきます。排水タンクが小さいモノだとすぐに容量いっぱいになってしまい、水を捨てる手間が増えるので、その点は留意しておきましょう。一方、排水タンクの容量が大きいモノはその分本体も大きくなります。コンパクトタイプの除湿機を探している方は注意して選んでみてください。

電気代もチェック

除湿機を選ぶ際には、電気代にも注目しましょう。除湿機の方式や機能、季節によって、電気代も大きく異なります。

電気代の安さで選ぶなら、コンプレッサー方式がおすすめです。ヒーターを使用せずに除湿する仕組みなので、電気代が安く済みます。梅雨や夏場の衣類乾燥にしか使わない家庭には、電気代が安いコンプレッサー方式がベストです。

デジカント方式はヒーターを使用する分、電気代が高くなるのがデメリット。また、ハイブリッド方式もコンプレッサー方式とデジカント方式の両方の性能を備えているため、コンプレッサー方式よりもランニングコストがかかる傾向にあります。よく使う季節や、必要な機能、サイズなどを検討した上で、電気代も納得できる除湿機を選びましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

除湿機は水を使うアイテムなので、適切にお手入れをしないとカビが発生してしまい、不衛生な状態になります。そのため、メンテナンスのしやすさは特に重要です。なかでもフィルターは定期的な掃除が必要なので、取り外しやすさは必ず確認しましょう。

なお、本体内部を乾燥させる機能を搭載しているモデルは、湿気対策に効果が期待できます。カビの抑制にも関わる部分なので、気になる方はチェックしておきましょう。

除湿機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの除湿機は、ハイブリッド方式のモデルが人気です。パナソニックの独自技術であるナノイーを搭載しているのが特徴で、ナノイーによって洗濯物の除菌や、イヤな部屋干し臭の脱臭の効果も期待できます。

近年増え続けている夜間や梅雨時の部屋干しのニーズに対応しているのもポイント。本体価格はやや高めですが、1年を通してパワフルに除湿・衣類乾燥したい方におすすめです。

ナノイー搭載のハイブリッドモデルのほか、ナノイー非搭載の標準モデル、軽くて扱いやすいデシカント方式など、多彩なラインナップを展開しています。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

シャープの除湿機は、そのほとんどがコンプレッサー方式を採用しています。さまざまなタイプを販売していますが、なかでもシャープ独自のプラズマクラスターイオン発生器を搭載したタイプが魅力です。

プラズマクラスターはカビ菌の抑制・消臭・除菌効果が期待できるほか、ウイルス対策に配慮しているのもポイント。最近は、除湿や衣類乾燥だけでなく、本格的な空気清浄ができるタイプも登場しています。シャープの除湿機は小型のタイプも多いので、リビングだけでなく洗面所や浴室などで活用するのにもおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

三菱電機の除湿機は、電気代が少なくて済むコンプレッサー方式がメイン。なかでも特徴的なのが三菱電機独自の「ムーブアイ」機能を搭載しているモデルです。「ムーブアイ」が衣類の乾き残りを検知して自動で送風をコントロールします。

また、湿気がたまりやすいエリアを見分けて重点的にドライ風を送ることも可能。部屋も洗濯物もしっかりと除湿したい方におすすめのメーカーです。

除湿器のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHSX120

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHSX120

ハイブリッドタイプのおすすめ除湿機です。梅雨や冬でもしっかりと洗濯物を乾かせるので、季節によらず1年中使える製品を探している方におすすめ。除湿能力は50Hz時で9L、60Hz時で10Lであり、広い空間でもパワフルに除湿できます。

約2kgの衣類を約75分の短時間で乾かせるのもポイント。メーカー独自の「ナノイーX」により部屋干し臭や嫌な臭いの原因菌も抑制する効果が期待でき、清潔に衣類乾燥を行えます。また、室内に発生する8種類のカビ対策ができるのも魅力です。

衣類乾燥の際は送風を上下左右にコントロールし、効率よく洗濯物を乾かせます。「ワイド送風」では、幅約165cmの風で大量の衣類を一気に乾燥させることが可能。乾燥が完了すると自動で運転停止する「カラッとセンサー」機能を搭載しているのもメリットです。

タンク容量は約3.2L。ハンドル付きのため、容易に持ち運んで水を捨てられるのでお手入れも簡単です。

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHRX200

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHRX200

パワフルなハイブリッドタイプの除湿機です。1日あたり50Hz時で15L、60Hz時で17Lの優れた除湿能力を備えているのが魅力。約2kgの衣類を約58分で乾燥させられます。広い空間の除湿や大量の洗濯物を乾かす用途におすすめです。

独自の「ナノイーX」で衣類の部屋干し臭・タバコ臭・ペット臭・汗臭など気になる臭いを対策できるのもポイント。花粉や室内のカビを抑制する効果が期待できるので、除湿だけでなくさまざまなシーンで役立ちます。

送風口にはツインルーバーを搭載しており、衣類を2列に干してもムラなく乾かせるのもメリット。幅約165cmのワイド送風や上下左右の自在な送風に対応しているため、衣類の種類や量に合わせて効率よく乾かせます。

タンク容量は5Lで、移動に便利な4輪キャスターも搭載。「カラッとセンサー」や内部乾燥機能にも対応しています。洗濯物と室内をしっかりと除湿できるハイスペックなおすすめ除湿機です。

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YZSX60

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YZSX60

軽量かつコンパクトなデシカント方式の除湿機です。重量が約6kgと軽く、上部にハンドルを搭載しているため、容易に移動させてさまざまな部屋で使えます。本体サイズは約幅178×奥行357×高さ459mmで、場所を取らず設置しやすいのも魅力です。

除湿能力は1日あたり50Hz時で5.4L、60Hz時で5.6L。タンク容量は約2Lで、約2kgの衣類を約108分で乾燥させられます。1〜2人暮らしの方におすすめの除湿機です。

パナソニックならではの「ナノイー」機能を搭載しているので、嫌な臭いの脱臭や、花粉とカビの抑制が期待できるのもポイント。送風機能も充実しており、上下左右へのコントロールや約110cmの幅に風を送るワイド送風が可能です。

広範囲へ送風できる大開口ルーバーを採用しているのもメリット。洗濯物の真下に設置すれば省スペースで衣類乾燥を行えます。コスパの高いコンパクトな除湿機を探している方におすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) 除湿機 CV-J71

シャープ(SHARP) 除湿機 CV-J71

A4サイズのコンパクトな除湿機です。本体サイズは約幅303×奥行203×高さ524mmと小さく、すっきりと設置できます。持ち運びに便利なハンドルが付いており、洗面所など使いたい場所へ気軽に移動させられるのもメリットです。

本製品はコンプレッサー方式を採用。1日あたり50Hz時で6.3L、60Hz時で7.1Lの水分を除湿できるため、16〜20畳程度の部屋におすすめです。また、排水タンクの容量は約2.5Lで、2kgの衣類を約180分で乾かせます。

シャープ独自の「プラズマクラスター」機能もポイント。部屋干しの生乾き臭や衣類の汗臭、タバコの付着臭などを消臭する効果が期待できます。バスマットなどに付着したカビ菌の増殖を抑制する効果も期待できます。

また、本体内部を乾燥させる機能を搭載しており、衛生的に使えるのもメリット。場所を取らず気軽に設置して使えるおすすめモデルです。

シャープ(SHARP) 除湿機 CV-J120

シャープ(SHARP) 除湿機 CV-J120

シャープによるスタンダードモデルの除湿機です。上下の広い角度にスイングする送風機能を搭載しており、丈の長い衣類もしっかりと乾かせます。コンプレッサー方式を採用しており、除湿能力は1日あたり50Hz時で11L、60Hz時で12Lです。

2kgの衣類を約100分で乾かせるパワフルな除湿能力を備えているため、リビングなど広い空間にもおすすめ。プラズマクラスターによる消臭効果も期待できるので、安心して部屋干しを行えます。

排水タンク容量は約4.5Lと大きく、水を捨てる回数が少なく済むのもポイント。また、本機にホースを繋ぎ浴室などに排水すると、24時間連続で排水を行えます。水を捨てる手間を減らしたい場合や、外出時に運転させておく際に便利です。

本体サイズは約幅359×奥行248×高さ665mmで、4輪キャスターを搭載しているため容易に移動できます。使い勝手のよい製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) 除湿機 コンパクトクール CM-J100

シャープ(SHARP) 除湿機 コンパクトクール CM-J100

冷風機能を搭載した除湿機です。室温よりも約10℃低い除湿された冷風を送り出せるのが特徴。エアコンのない部屋や冷風の届かない場所で冷房としても使えるので、暑い時期におすすめの除湿機です。

除湿能力は1日あたり50Hz時で9L、60Hz時で10L。リビングなど面積の広い居室でも使用でき、2kgの衣類を約120分で乾かせます。また、「可変スイングルーバー」を搭載しており、用途に応じて送風を上下左右や広角など自在にコントロールできるのもメリットです。

シャープならではのプラズマクラスターも搭載。部屋干しの生乾き臭や汗臭、タバコ臭などを対策できるうえ、カビ菌の増殖を抑制することも可能です。また、内部乾燥機能にも対応しており、清潔に使用できます。

4輪のキャスターを搭載しているため、本体の移動が容易なのもポイント。便利な24時間連続排水にも対応しています。冷風機能で夏場に重宝するおすすめモデルです。

三菱電機(MITSUBISHI) 衣類乾燥除湿機 ハイパワータイプ MJ-P180PX

三菱電機(MITSUBISHI) 衣類乾燥除湿機 ハイパワータイプ MJ-P180PX

高い除湿能力を備えるコンプレッサー方式の除湿機です。1日あたり50Hz時で15.5L、60Hz時で18Lの水分を除湿できるのが魅力。7畳の部屋ならわずか約19分で素早く除湿を完了できるため、パワフルな除湿機を探している方におすすめです。

気温の低い冬場でも「冬モード」でしっかりと除湿できるのもポイント。自動霜取機能も搭載しており、熱交換器の霜取りを行うことで室温が1℃の環境からも除湿を行えます。

浴室に発生するカビの増殖を約80%抑えると謳われている「浴室カビガード」を内蔵しているのもメリット。夜間の衣類乾燥に便利な「夜干しモード」にも対応しており、38dBの小さな動作音で静かに運転できます。

タンク容量は約4.7L。市販のホースを繋ぎ、浴室などへ排水すると連続排水も可能です。4輪キャスターを搭載しているので、設置場所の移動も容易。ハイパワーで多機能な除湿機としておすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) 衣類乾燥除湿機 MJ-M120PX

三菱電機(MITSUBISHI) 衣類乾燥除湿機  MJ-M120PX

独自の「部屋干し3Dムーブアイ」を搭載した高性能な除湿機です。赤外線・温度・湿度を検知する3つのセンサーを内蔵しており、洗濯物の位置や量を細かく認識して効率よく衣類乾燥を行います。

幅約180cmのワイド送風で「全体乾燥」を行い、その後乾き残りを検知し「集中乾燥」を行うため、生乾きがなくしっかりと衣類を乾かせるのが魅力。「3次元広角狙えルーバー」で、干し方や干す場所に合わせて上下左右へ自在に送風できるのもメリットです。

少量の衣類を急いで乾かしたいときに便利な「ズバッと乾燥モード」も搭載。ピンポイントで高速ドライ風を送風し、集中乾燥を行えます。「部屋サラリモード」では、センサーが室内の湿気や結露を検知し適切な除湿を行えるので、快適な低湿度環境を保つことが可能です。

1日あたり50Hz時で11L、60Hz時で12L除湿可能なコンプレッサー式を採用しています。多機能でハイグレードな除湿機としておすすめのモデルです。

コロナ(CORONA) 除湿機 CD-S6319

コロナ(CORONA) 除湿機 CD-S6319

スリムなコンプレッサー方式の除湿機です。本体サイズは約幅170×奥行365×高さ533mmで、上部に持ち運び用のハンドルを搭載しており、スペースを取らず手軽に設置できるのが魅力。除湿能力は1日あたり50Hz時で5.6L、60Hz時で6.3Lです。

衣類乾燥は約2kgの洗濯物を約136分で乾かせます。しっかりと乾かす強風連続運転の「速乾モード」と、湿度センサーで乾燥を検知し運転を自動停止する「おまかせモード」の2種類から選択できるのもポイントです。

送風はルーバーのスイング範囲を2段階に調節でき、効率よく衣類乾燥を行えます。排水タンクの容量は3Lで、約11〜13時間連続運転できるのもメリット。使用後は内部乾燥モードで内部を清潔に保てます。

2・4・8時間に設定できるタイマー機能が搭載されているのも魅力。一人暮らしの方や、小さな空間の除湿におすすめの除湿機です。

コロナ(CORONA) 除湿機 CD-H1819

コロナ(CORONA) 除湿機 CD-H1819

ハイスペックなコンプレッサー方式のおすすめ除湿機です。1日あたり50Hz時で16L、60Hz時で18Lの水分を取り除けるパワフルな除湿能力を備えており、リビングなどの広い空間におすすめ。寒い時期でもヒーターを併用する「冬モード」でしっかりと除湿できます。

排水タンクは大容量の4.5Lで、水を捨てる回数少なく済むのもポイント。衣類乾燥では除湿に加えてヒーター温風で素早く洗濯物を乾かし、約2kgの洗濯物も約62分の短時間で乾燥完了できます。そのため、家族の多い家庭にもおすすめです。

乾燥を検知し運転を停止する「オートストップ機能」も搭載。39dBの静かな動作音で運転する「夜干しモード」にも対応しており、就寝中に洗濯物を乾かしたい場合にも便利です。

また、部屋の空気をかき混ぜる「サーキュレーターモード」も搭載しているので、1年を通して役立ちます。フィルターによる除菌や脱臭効果が期待できるのもメリット。使い勝手のよいおすすめモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) サーキュレーター衣類乾燥除湿機 DDD-50E

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) サーキュレーター衣類乾燥除湿機 DDD-50E

コスパに優れたデシカント方式の除湿機です。除湿機とサーキュレーターを組み合わせた製品で、部屋干しの乾燥にかかる時間を約5分の1に短縮できるのがメリット。除湿能力は1日あたり5Lで、一人暮らしの方にもおすすめです。

排水タンクの容量は約2.5Lで、本体サイズが約幅287×奥行234×高さ640mmとスリムな形状のため、すっきりと設置できるのもポイント。また、左右約340cmの振り幅に送風できる首振り機能も搭載しています。

上下にも水平から90°まで6段階に角度を調整できるので、大量の洗濯物もムラなく乾かすことが可能。除湿機とサーキュレーターは単独でも使用できるため、衣類乾燥だけでなく浴室や押入れなどの湿気対策にも役立ちます。

便利なタイマー機能も搭載しており、2・4・8時間後に設定可能。手軽に衣類乾燥を行えるお手頃価格のおすすめ除湿機です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 空気清浄機能付除湿機 DCE-120

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 空気清浄機能付除湿機 DCE-120

空気清浄機能を搭載している除湿機。HEPAフィルター・活性炭フィルター・プレフィルターを内蔵しており、3つのフィルターで花粉やホコリ、嫌な臭い対策ができるのが特徴です。除湿だけでなく空気の浄化にも効果的なの温度差によって水分をコので、花粉の多い時期にもおすすめです。

空気清浄機能の適用床面積は17畳で、リビングなどの広い空間にも使えます。空気の汚れ具合を表示するモニターランプを搭載しており、5段階の色で点灯表示するため、ひと目で空気の状態を確認できるのもポイントです。

除湿に関してもパワフルな性能を備えており、1日あたり12Lの水分を除去できます。排水タンクの容量が約4Lと大きく、長時間運転できるのもメリット。除湿可能面積の目安は木造で15畳、鉄筋コンクリートで30畳です。

衣類乾燥の際は送風を上下に自動スイングさせることが可能で、洗濯物の全体に風を当てられます。幅広いシーンで活躍する1台2役のおすすめ製品です。

日立(HITACHI) 衣類乾燥除湿機 HJS-D562

日立(HITACHI) 衣類乾燥除湿機 HJS-D562

お手頃価格で気軽に使える除湿機です。重量は約5.3kgで、本体サイズは約幅269×奥行174×高さ445mm。軽量かつコンパクトな設計なので、容易に移動させて自宅のさまざまな場所で使えます。浴室や脱衣所、玄関のシューズクローゼットなどの除湿におすすめです。

持ち運びに便利なハンドルを上部に搭載しているのもポイント。除湿能力は5.6Lで、デシカント方式を採用しています。排水タンクの容量は約1.8Lで、取り出しやすいハンドルを搭載しているため水捨てを簡単に行うことが可能です。

衣類乾燥は上下150°の範囲に送風する「ワイド乾燥」と、少量の洗濯物へピンポイントで送風し短時間で乾かす「集中乾燥」を使い分けられます。静音モードによる除湿も可能。約31dBの小さな動作音で運転できるので夜間に除湿機を使いたい方にもおすすめです。

花粉や菌などを抑制する効果が期待できる「アレルブロック除菌フィルター」を搭載しているのもポイント。コスパを重視する方におすすめのデシカント式除湿機です。

カドー(cado) 除湿機 ROOT DH-C7000

カドー(cado) 除湿機 ROOT DH-C7000

スタイリッシュなコンプレッサー方式の除湿機です。洗練されたデザインでリビングなど設置してもインテリアの邪魔にならないのが魅力。伸縮するアルミハンドルと360°自在に回転する4輪キャスターを搭載しているため、部屋や浴室などさまざまな場所へ気軽に移動させて使えます。

除湿能力は50Hz時で6.5L、60Hz時で7.5L。鉄筋コンクリートの場合、約19畳までパワフルに除湿できます。排水タンクの容量は3.5Lで、約12時間の連続運転を行えるのもメリットです。

除湿モードでは適切な湿度に達すると自動で除湿を停止し送風運転に切り替わるので、過度な除湿を防止し快適な室内環境を保てます。また、嫌な臭いやウイルスを分解・除去する効果が期待できる「ピーズガード」を噴射できるのもポイント。衣類乾燥の際に、部屋干し臭の原因菌を99%除去できると謳われています。

操作パネルには分かりやすいシンプルなアイコンを採用しており、誰でも直感的に操作可能。デザイン性に優れたおすすめの除湿機です。

除湿機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

除湿機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。