梅雨時期の湿気だけでなく、冬場は衣類を乾燥させるアイテムとしても活躍してくれる「除湿機」。洗濯物の生乾き臭はもちろん、カビ対策にも効果が期待できる製品ですが、除湿して乾いた風をいかに洗濯物に効率よく当たられるかがポイントです。

そこで今回は除湿機のおすすめ製品をピックアップ。除湿機の種類や選び方についてもご紹介するので、特に部屋干しを頻繁に行う方はぜひチェックしてみてください。

除湿機とは?

By: rakuten.co.jp

「除湿機」とはその名の通り、湿気を除去する白物家電。方法としては湿気を含んだ空気を冷やしたり、吸湿材に水分を吸着させて湿気を取り除いたりするのが主流ですが、いずれにせよ空間全体のジメジメした不快感を解消してくれる便利なアイテムです。

なお、各製品はメーカーやタイプによって、サイズや性能、機能の数などに差があるので、よく吟味して家庭やオフィスに最適な除湿機を選びましょう。

除湿機と衣類乾燥機の違い

By: amazon.co.jp

除湿機を設置すると部屋の湿度が下がるので、部屋干しした洗濯物は乾きやすくなりますが、より早く洗濯物を乾かしたい方におすすめなのが「衣類乾燥機」です。

衣類乾燥機とは、除湿機の機能に「送風」をプラスしたタイプで、いわば除湿機と扇風機がセットになったモノ。風の力を加えることで湿気を取り除くだけではなく、洗濯物の乾燥にも効果を発揮します。

除湿機って本当に部屋干しに効果があるの?

除湿機は部屋干しにも効果が期待できます。例えば小さめのタオル8枚を部屋干しした場合、完全に乾くまでには7時間以上を要することもありますが、除湿機を活用すると2時間程度で乾くこともあります。部屋干しを頻繁に行う方は、ぜひ活用しましょう。

なお、部屋干し時間が5時間以上続くと不快なニオイが発生すると言われています。対策ポイントとしては2つで、ひとつは部屋干しをしている部屋の扉を閉めること、もうひとつは除湿機を洗濯物から40cm以上離した上で、洗濯物の真下に配置することです。

洗濯物は重量の関係上、水が下に溜まっていきます。除湿機から出る風を洗濯物の下に当てることによって効率的な乾燥ができるので、部屋干しを頻繁に行いたい方はぜひ覚えておきましょう。

除湿機の選び方

季節や使用場所に適した種類を選ぶ

夏場の使用に適したコンプレッサー方式

By: amazon.co.jp

コンプレッサーとは「compress=圧縮する」という意味で、空気を圧縮するシステムのこと。空気を冷やすことによって結露を発生させ、空気中の水分を取り出す方式を指します。

空気の温度差によって水分をコントロールするので、気温が高いとより除湿能力が高くなるのがメリット。特に除湿機の利用が夏場に集中するという方はコンプレッサー方式がおすすめです。

寒い季節におすすめのデシカント方式

By: amazon.co.jp

デシカントとは「desiccant=乾燥剤」という意味で、乾燥剤(ゼオライト)を用いて水分を除去する方式。室温の違いによる除湿能力に変化がないので、季節を問わず使えるのがメリットです。

なお、デシカント式は除湿の過程で本体から温風が出るため、部屋の温度が上昇する点には注意が必要。夏場よりも寒い季節におすすめです。また、消費電力が大きいのでやや電気代がかさむというデメリットもあります。

一年を通して快適に使えるハイブリットタイプ

By: amazon.co.jp

ハイブリットタイプの除湿機はコンプレッサー方式とデシカント方式の機能を併せ持ち、双方のメリットを使い分けながら除湿するタイプ。価格はやや高くなりますが、年間を通して使用できるのがメリットです。なお、本体サイズは大きくなりがちなので設置スペースには注意しましょう。

除湿能力は使用範囲に合ったモノを選ぶ

除湿機には、各製品が1日あたりに除湿できる水分量が表示されています。この除湿能力に応じて除湿できる面積も異なるため、使用する部屋の広さを考慮したうえで適切なアイテムを選びましょう。

例えば、1日に除湿できる水分量が4~6Lであれば、約13~16畳の部屋に適しています。また、6~8Lのタイプは約16~20畳、8~11Lであれば約20~28畳が許容範囲です。なお、適応面積は家の構造によって異なるのもポイント。鉄筋コンクリートで16畳と記載された適応面積は、木造の場合約半分の8畳が目安になります。

衣類乾燥機能の性能で選ぶ

最近の除湿機は、衣類乾燥機能を重視したモデルが数多くリリースされていますが、製品によって搭載している機能は大きく異なります。送風が中心からサイドに広がるタイプなのか、上下に稼働するタイプなのか、左右両端までしっかり風が当たるかなどは事前に確認しておきましょう。

排水タンクの容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

除湿機を使用した後は、排水タンクに水が溜まっていきます。排水タンクが小さいモノだとすぐに容量いっぱいになってしまい、水を捨てる手間が増えるので、その点は留意しておきましょう。

一方、排水タンクの容量が大きいモノはその分本体も大きくなるため、コンパクトタイプの除湿機を求めている方は注意して選んでみてください。

各種機能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

メーカーごとに搭載されている独自機能もしっかりとチェックしておきましょう。電気代を抑えるエコモードが搭載されているか、夜間でもストレスなく使える静音モードがあるのか、洗濯物の乾き具合を把握する赤外線センサーがあるのかなどは使い勝手に関わっている部分です。除湿機にどこまでの用途を求めるかは事前に整理しておきましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: sharp.co.jp

除湿機は水を使うアイテムなので、適切にお手入れをしないとカビが発生してしまい、不衛生な状態になります。そのため、メンテナンスのしやすさはとても重要。特にフィルターは定期的な掃除が必要なので、取り外しやすさは必ず確認しましょう。

なお、本体内部を乾燥させる機能を搭載しているモデルは、湿気対策に効果が期待できます。カビの抑制にも関わっている部分なので、気になる方はチェックしておきましょう。

除湿機のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの除湿機はコンプレッサー方式がメイン。除湿機にプラズマクラスターイオン発生器を付加させることで、ニオイやウイルス対策にも効果が期待できると謳っているのが特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは梅雨時期の部屋干しにしっかりと対応できるモデルはもちろん、年間を通して利用できるハイブリッドタイプの除湿機もラインナップ。総じてスペックが高い製品が多く、その分価格もやや高めです。

コロナ(CORONA)

By: amazon.co.jp

コロナはコンプレッサー方式の除湿機がメイン。除湿機だけでなく、衣類乾燥除湿機やコンパクトなモデルもリリースしており、季節や環境に合わせた製品が取り揃っています。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

三菱電機の除湿機はエアコン同様、洗濯物の乾き具合にあわせて送風を行うシステム「ムーブアイ」を搭載しているモデルがあります。コンプレッサー方式がメインですが、部屋干しに特化した製品が充実しているのもポイントです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

生活家電を豊富に取り揃えている象印マホービンは、デシカント方式がメイン。製品ラインナップのなかには360°送風機能を搭載しているモデルもあり、洗濯物の乾燥を手助けしてくれる製品が揃っています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

リーズナブルな価格の家電製品を幅広く展開しているアイリスオーヤマ。コンプレッサー方式とデシカント方式両方のモデルを取り扱っています。シンプルな操作パネルを搭載しており、使いやすいのが魅力です。

部屋干しにおすすめの除湿機|コンプレッサー方式

三菱電機(MITSUBISHI) 衣類乾燥除湿機 SARARI MJ-P180NX

本製品は、木造で19畳、鉄筋コンクリート造で39畳まで対応しており、広い部屋でもハイパワーで素早く除湿して衣類を乾かせるのが特徴。下向きのルーバーを採用しているため、カーペットなどの湿気もしっかり取り除いてくれます。

また、コンプレッサー方式でありながら冬場でも優れた効果を発揮してくれるのもポイント。強運転時よりパワフルに稼働する「冬モード」を搭載しているので低気温下でも除湿量を効果的にアップさせるほか、「低アシスト」機能によって熱交換器の霜取りを自動で行い、空温1℃から除湿できます。

さらに、「銀イオン抗アレルフィルター」や「プラチナ抗菌フィルター」を採用しており、衛生面も安心。ホースを繋ぐと連続排水もできる、おすすめの除湿機です。

三菱電機(MITSUBISHI) 衣類乾燥除湿機 SARARI MJ-M120NX

本製品は、「部屋干し3Dムーブアイ」を搭載しており、洗濯物のすみずみまで集中的に乾かしてくれるのが特徴。また、乾き残りを光で知らせてくれる「光ガイド」機能によって乾き具合が簡単に確認できるため、より効果的に使用できるのも魅力です。

さらに、使用シーン別のモードが多数搭載されているので、用途に合わせて使い分けができます。市販のホースを繋げばタンクの水捨て不要で連続除湿できるのもポイント。全体乾燥にも少量乾燥にも効果的に活躍してくれる、おすすめの衣類乾燥除湿機です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 DCF-80

1日あたり最大8.3L、鉄筋コンクリート造で最大面積20畳まで除湿できるパワフルな衣類乾燥除湿機です。洗濯物にしっかり風が当たる大型フラップを採用しているため、衣類を効率的に乾かしてくれます。

また、40、50、60%の3段階で目標湿度を設定して自動運転が可能。湿度が下がると送風運転に切り替わるので無駄なく使えるのもポイントです。2、4、8時間のタイマー機能付きで、止め忘れを心配することなく長時間でも安心して使用できます。

さらに、電気代は1時間あたり約5円と安く抑えられるため、省エネ効果も抜群。ハンドル付きで移動が簡単な衣類乾燥除湿です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 IJC-H140

1日あたり14Lの除湿量、鉄筋コンクリート造で最大面積35畳まで除湿できるハイパワーが魅力の衣類乾燥除湿機です。「衣類乾燥」と「除湿」の2つのモードから選択したうえで、除湿モード時は「弱」と「強」の2段階で風量を調節できるほか、切タイマー機能やチャイルドロックなどの安全機能も備わっています。

また、40~70%の間で好みの湿度に合わせて湿度設定ができ、設定湿度を下回ると送風運転に切り替わるため、快適な湿度を保ってくれるのもポイント。さらに、フラップは上下に自動スイングするオートルーバーを採用しているので、洗濯物もムラなく乾かしてくれます。

コロナ(CORONA) 衣類乾燥除湿機 CD-P63A

場所をとらないコンパクトサイズながら、高い機能性を持つ衣類乾燥除湿機。1時間あたりの電気代が約5円の標準モードと約3円の節約モードから選べるほか、2、4、8時間の切タイマー機能が付いているため、余計な電力の消費を防いでくれます。

また、運転を停止すると除湿機内部を乾燥させてカビを抑制する「内部乾燥モード」、ウイルスの発生を防いで除菌、脱臭してくれる「10年交換不要フィルター」を搭載しているので、衛生面も安心です。

さらに、風向きを水平方向から上110°まで調節できるため、乾かしたい部分に狙いを定めて衣類乾燥ができるのも魅力。シンプルな操作パネルで簡単に使用できる、便利な製品です。

コロナ(CORONA) 衣類乾燥除湿機 CD-H1817-TU

本製品は、1日あたり最大18Lの除湿量と鉄筋コンクリート造で最大45畳まで使用できるハイパワーが魅力の衣類乾燥除湿機です。室温が10℃以下になった場合にはヒーターを併用して除湿するので冬場でもしっかり除湿効果が期待できます。

また、標準モードのほかに電気代を節約できる「ecoモード」、音が気にならない「夜干しモード」、厚手の洗濯物もしっかり乾かす「厚物モード」の4つのモードから選べるので、利用シーンに合わせて使い分けができます。

さらに、風向きは上下左右に加えてピンポイントで送風する「スポット」や後方スイングも選べるため、洗濯物の量や干し方に応じて調整できるのも魅力。湿度設定も5段階から選択できます。さまざまな場面に対応できる使い勝手のよい除湿機です。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター除湿機 CV-G71

本製品は、プラズマクラスターの風で生乾き臭や汗臭、タバコの付着臭をスポット消臭し、カビ菌の増殖を抑制してくれるのが特徴。ガイド付ルーバーを採用することにより、プラズマクラスターの風を効果的に広い範囲へ送り出してくれます。

また、大きな埃をブロックする「ホコリブロックプレフィルター」を搭載しているので、お手入れも簡単です。さらに、本体、タンク共にハンドル付きで持ち運びや排水がストレスなくできるのも魅力。設置面積は約A4サイズとコンパクトで場所をとらないので、狭い場所でも設置しやすいおすすめの除湿機です。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター除湿機 CV-H180W

スポット消臭機能が魅力の除湿機。衣類を乾かしながらプラズマクラスターイオンを放出させて嫌なニオイを抑制してくれるほか、「臭い戻り対策モード」を設定することで衣類が乾燥したあともプラズマクラスターイオンの放出を続け、ニオイ戻りを抑制してくれます。

本製品は、1日あたりの除湿量約18Lの高い除湿能力とパワフルな風量が特徴。また、プラズマクラスターイオンの効果によってカビ菌の増殖を抑制する「カビバリア運転」や、除湿機内部を乾燥させる「内部乾燥機能」、ホースを繋げば24時間使える「連続排水機能」など、多彩な機能が備わっているのも魅力です。

さらに、上下左右に広く送風できるのもポイント。高性能で使いやすさにこだわったおすすめの除湿機です。

iOCHOW 衣類乾燥除湿機

iOCHOWの除湿機は、優れた除湿性能とおしゃれなフォルムが特徴。部屋の湿度を感知し、設置湿度に合わせて自動で電源をオンオフしてくれます。また、マイナスイオン発生機能が備わっており、除湿しながら部屋の空気をより浄化する効果が期待できるのもポイント。

また、「3D騒音制御技術」によって風力はそのままに、起動時の作業音を抑えて静かに使用できるのも魅力です。さらに、排水タンクがいっぱいになると自動的に電源が切れるほか、パイプを繋げれば連続排水も可能。キャスターも付いて持ち運びも簡単なおすすめの除湿機です。

カドー(cado) コンプレッサー式除湿機 DH-C7000

本製品は、除湿しながら衣類と空間のニオイ対策も効果的に行える除湿機です。付属の除菌消臭剤である「ピーズガード」を専用タンクに入れて噴霧することで、しっかり除菌と消臭をしてくれます。また、「除湿」「衣類乾燥」「除菌消臭」の3つの運転モードを使用シーンに合わせて使い分けられるのもポイント。

また、3パターンの風量を選べるほか、切タイマーや12時間後の自動電源オフ機能、除湿機内部に発生した霜を自動的に除去する「霜取りモード」など多彩な機能を搭載しています。4輪キャスターとハンドルも付いているので移動が簡単なおすすめの除湿機です。

部屋干しにおすすめの除湿機|デシカント方式

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YZR60-A

本製品は、本体重量約6㎏と軽量かつコンパクトサイズが魅力のデシカント方式の除湿機です。大開口ルーバーを採用しており、本体後方にもしっかり風を届けられるので洗濯物の真下に設置しても効率的に乾かせます。また、「スポット送風」や「下向き送風」など干し方に合わせて風向きを調節できるので、靴などの小物も乾かしやすいのも特徴です。

さらに、一気に乾燥させる「仕上げモード」や湿気戻りを防ぐ「カラッとキープモード」などの多彩な機能を搭載しているので、シーンに合わせて使い分けも可能。洗濯物の量を自動で見極めながら風量を調節し、無駄なく乾燥させる「エコナビ」機能により、省エネ効果もバッチリの除湿機です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥コンパクト除湿機 DDB-20

静音設計なので夜間でも快適に使える除湿機です。本体重量は約3.9kgと軽量で余分なスペースをとらないコンパクトサイズも魅力。本体にはハンドルが付いているので気軽に持ち運んで場所を移動できます。

また、フラップは手動で調節できるため、乾かしたい箇所へ集中的に風を送って効率的に乾かせるのもポイント。さらに、4、8時間の切タイマー機能付きで、切り忘れの心配をすることなく安心して使用できます。 2~3人分の洗濯物を乾かすのにぴったりの除湿機です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 サーキュレーター機能付 DDD-50E

本製品は、除湿機にサーキュレーターを搭載することで優れたスピード乾燥効果を発揮してくれる製品です。サーキュレーターには3段階角度の調整ができる首振り機能を搭載しており、最大340cm幅まで強い風を送れます。上下も角度が調節できるので、乾かしたい箇所へ集中的に送風できるのもポイント。

また、除湿機とサーキュレーターはそれぞれ独立して運転できるため、シーンに応じて使い分けもできます。さらに、本体内の異常な温度や傾き、振動を感知すると自動で運転を停止するので安全に使えるのも魅力。Wパワーながら静音設計のため、より快適に使用できる除湿機です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 衣類乾燥除湿機 RJ-XA70

360°に風を送るオートスイングルーバーを採用しており、空気をかき混ぜながら部屋全体を効果的に除湿してくれる製品。風向きを横方向に4段階、上下方向に3段階設定できるため、洗濯物の干し方に合わせて使い分けられます。

また、送風口の中に2つのナノプラチナユニットを採用することで、部屋干しの不快なニオイを抑制してくれるのもポイントです。

さらに、夜間に便利な「静音コース」、電力量を節約できる「エココース」、風量調節ができる「乾燥コース」、除湿はせずに送風のみできる「循環送風コース」の運転コースをシーンに応じて選べるのも魅力。高い機能性を持つおすすめの除湿機です。

日立(HITACHI) 衣類乾燥除湿機 HJS-D562

本体重量が5.3kgの軽量コンパクトサイズで簡単に持ち運べる除湿機。スポット送風の範囲を2パターンから選択できるうえ、風の幅も調節できるので洗濯物の量に応じて使い分けられます。

また、フィルターに付着した菌や花粉、ダニの死骸を抑制する「アレルブロック除菌フィルター」を採用しているので、部屋や洗濯物の衛星面にも考慮されています。さらに、夜間に重宝する静音モードや切タイマーなど便利機能がついているのも魅力。オールシーズン快適に部屋干しができるおすすめの除湿機です。

トヨトミ(TOYOTOMI) デシカント式除湿機 TD-Z80G

余分なスペースをとらないコンパクトサイズが魅力のオールシーズン使用できる除湿機です。自動、急速、エコの3つのモードを選びながら温湿度センサーで適切な湿度に自動調節してくれるほか、4方向の風向きを選べるので、シーンに合わせて効果的に使い分けられます。

また、吸い込み口には抗菌フィルターを採用しており、衛生的に使用できるのもポイントです。さらに、10時間で停止するオートストップ機能や切タイマー機能も付いているので、切り忘れの心配が不要なのも魅力。静音設計で夜間でも安心して使えるおすすめの除湿機です。

部屋干しにおすすめの除湿機|ハイブリットタイプ

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHRX200

優れた省エネ性能を搭載したコンプレッサー方式と低温時にもしっかり除湿できるデシカント方式のメリットを兼ね備えた、1年中パワフルかつスピーディーに除湿できる製品です。

左右に独立したルーバーを設けており、それぞれが異なるスピートでスイングする「マルチクロス送風」の効果で、重ねて干した衣類もムラなく乾燥させます。また、衣類の量を見極めて風量調節をする「エコナビ機能」のほか、「少量速乾モード」や湿気戻りを防ぐ「カラッとキープモード」などを採用しており、機能面も優秀。

また、「ナノイーX」を搭載しているので気になる部屋干し臭を抑制する効果や花粉対策もできます。1日あたりの除湿量は20L、鉄筋コンクリート造で約43畳まで対応した抜群の除湿能力を持つ製品です。

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHMX120

本製品は、パナソニック独自のハイブリット方式で1年中パワフルかつスピーディーに乾かせるうえ、幅約165cmの「ワイド送風」によって一列に並んだ洗濯物の端から端まで一気に乾燥できるのが特徴です。

ワイド送風以外にも、真ん中を中心に広く風を届ける「ウェーブ送風」や厚手の衣類も集中的に乾かせる「スポット送風」など、干し方や乾かしたい箇所に合わせて自由に風向きが選べます。

また、部屋干し臭や花粉を抑制できる機能なども多数搭載。「音控えめモード」を選べば夜間でも安心して使えます。4輪キャスター付きなので簡単に移動させられるのも特徴です。

除湿機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

除湿機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編|除湿機の電気代は?

環境や状況によって異なりますが、コンプレッサー方式の除湿機を1ヶ月間連続運転した場合の電気代はおおよそ4000円。また、デシカント方式の除湿機を1ヶ月間連続運転した場合では、電気代はおおよそ1万円が目安です。

番外編|除湿機のメンテナンス費用

By: rakuten.co.jp

除湿機で必要なお手入れはタンクや細部の洗浄など。パーツ交換に関してはエアフィルターなどが劣化ないし破損してしまった場合のみなので、メンテナンスには膨大な費用や手間はかかりません。除湿機を購入する際は本体価格とランニングコストを優先して検討しましょう。