梅雨時期の湿気だけでなく、冬場は衣類を乾燥させるアイテムとしても活躍してくれる「除湿機」。洗濯物の生乾き臭はもちろん、カビ対策にも効果が期待できる製品ですが、除湿して乾いた風をいかに洗濯物に効率よく当たられるかがポイントです。

そこで今回は除湿機のおすすめ製品をピックアップ。除湿機の種類や選び方についてもご紹介するので、特に部屋干しを頻繁に行う方はぜひチェックしてみてください。

除湿機と衣類乾燥機の違い

By: amazon.co.jp

除湿機を設置すると部屋の湿度が下がるので、部屋干しした洗濯物は乾きやすくなりますが、より早く洗濯物を乾かしたい方におすすめなのが「衣類乾燥機」です。

衣類乾燥機とは、除湿機の機能に「送風」をプラスしたタイプで、いわば除湿機と扇風機がセットになったモノ。風の力を加えることで湿気を取り除くだけではなく、洗濯物の乾燥にも効果を発揮します。

除湿機って本当に部屋干しに効果があるの?

除湿機は部屋干しにも効果が期待できます。例えば小さめのタオル8枚を部屋干しした場合、完全に乾くまでには7時間以上を要することもありますが、除湿機を活用すると2時間程度で乾くこともあります。部屋干しを頻繁に行う方は、ぜひ活用しましょう。

なお、部屋干し時間が5時間以上続くと不快なニオイが発生すると言われています。対策ポイントとしては2つで、ひとつは部屋干しをしている部屋の扉を閉めること、もうひとつは除湿機を洗濯物から40cm以上離した上で、洗濯物の真下に配置することです。

洗濯物は重量の関係上、水が下に溜まっていきます。除湿機から出る風を洗濯物の下に当てることによって効率的な乾燥ができるので、部屋干しを頻繁に行いたい方はぜひ覚えておきましょう。

除湿機の選び方

季節や使用場所に適した種類を選ぶ

夏場の使用に適したコンプレッサー方式

By: amazon.co.jp

コンプレッサーとは「compress=圧縮する」という意味で、空気を圧縮するシステムのこと。空気を冷やすことによって結露を発生させ、空気中の水分を取り出す方式を指します。

空気の温度差によって水分をコントロールするので、気温が高いとより除湿能力が高くなるのがメリット。特に除湿機の利用が夏場に集中するという方はコンプレッサー方式がおすすめです。

寒い季節におすすめのデシカント方式

By: amazon.co.jp

デシカントとは「desiccant=乾燥剤」という意味で、乾燥剤(ゼオライト)を用いて水分を除去する方式。室温の違いによる除湿能力に変化がないので、季節を問わず使えるのがメリットです。

なお、デシカント式は除湿の過程で本体から温風が出るため、部屋の温度が上昇する点には注意が必要。夏場よりも寒い季節におすすめです。また、消費電力が大きいのでやや電気代がかさむというデメリットもあります。

一年を通して快適に使えるハイブリッドタイプ

By: amazon.co.jp

ハイブリッドタイプの除湿機はコンプレッサー方式とデシカント方式の機能を併せ持ち、双方のメリットを使い分けながら除湿するタイプ。価格はやや高くなりますが、年間を通して使用できるのがメリットです。なお、本体サイズは大きくなりがちなので設置スペースには注意しましょう。

除湿能力は使用範囲に合ったモノを選ぶ

除湿機には、各製品が1日あたりに除湿できる水分量が表示されています。この除湿能力に応じて除湿できる面積も異なるため、使用する部屋の広さを考慮したうえで適切なアイテムを選びましょう。

例えば、1日に除湿できる水分量が4~6Lであれば、約13~16畳の部屋に適しています。また、6~8Lのタイプは約16~20畳、8~11Lであれば約20~28畳が許容範囲です。なお、適応面積は家の構造によって異なるのもポイント。鉄筋コンクリートで16畳と記載された適応面積は、木造の場合約半分の8畳が目安になります。

衣類乾燥機能の性能で選ぶ

最近の除湿機は、衣類乾燥機能を重視したモデルが数多くリリースされていますが、製品によって搭載している機能は大きく異なります。送風が中心からサイドに広がるタイプなのか、上下に稼働するタイプなのか、左右両端までしっかり風が当たるかなどは事前に確認しておきましょう。

排水タンクの容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

除湿機を使用した後は、排水タンクに水が溜まっていきます。排水タンクが小さいモノだとすぐに容量いっぱいになってしまい、水を捨てる手間が増えるので、その点は留意しておきましょう。

一方、排水タンクの容量が大きいモノはその分本体も大きくなるため、コンパクトタイプの除湿機を求めている方は注意して選んでみてください。

各種機能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

メーカーごとに搭載されている独自機能もしっかりとチェックしておきましょう。電気代を抑えるエコモードが搭載されているか、夜間でもストレスなく使える静音モードがあるのか、洗濯物の乾き具合を把握する赤外線センサーがあるのかなどは使い勝手に関わっている部分です。除湿機にどこまでの用途を求めるかは事前に整理しておきましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: sharp.co.jp

除湿機は水を使うアイテムなので、適切にお手入れをしないとカビが発生してしまい、不衛生な状態になります。そのため、メンテナンスのしやすさはとても重要。特にフィルターは定期的な掃除が必要なので、取り外しやすさは必ず確認しましょう。

なお、本体内部を乾燥させる機能を搭載しているモデルは、湿気対策に効果が期待できます。カビの抑制にも関わっている部分なので、気になる方はチェックしておきましょう。

除湿機のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの除湿機はコンプレッサー方式がメイン。除湿機にプラズマクラスターイオン発生器を付加させることで、ニオイやウイルス対策にも効果が期待できると謳っているのが特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは梅雨時期の部屋干しにしっかりと対応できるモデルはもちろん、年間を通して利用できるハイブリッドタイプの除湿機もラインナップ。総じてスペックが高い製品が多く、その分価格もやや高めです。

コロナ(CORONA)

By: amazon.co.jp

コロナはコンプレッサー方式の除湿機がメイン。除湿機だけでなく、衣類乾燥除湿機やコンパクトなモデルもリリースしており、季節や環境に合わせた製品が取り揃っています。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

三菱電機の除湿機はエアコン同様、洗濯物の乾き具合にあわせて送風を行うシステム「ムーブアイ」を搭載しているモデルがあります。コンプレッサー方式がメインですが、部屋干しに特化した製品が充実しているのもポイントです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

生活家電を豊富に取り揃えている象印マホービンは、デシカント方式がメイン。製品ラインナップのなかには360°送風機能を搭載しているモデルもあり、洗濯物の乾燥を手助けしてくれる製品が揃っています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

リーズナブルな価格の家電製品を幅広く展開しているアイリスオーヤマ。コンプレッサー方式とデシカント方式両方のモデルを取り扱っています。シンプルな操作パネルを搭載しており、使いやすいのが魅力です。

部屋干しにおすすめの除湿機|コンプレッサー方式

シャープ(SHARP) プラズマクラスター除湿機 CV-G71-W

シャープ(SHARP) プラズマクラスター除湿機 CV-G71-W

コンパクトタイプの除湿機。見た目は小さくても性能は高いのが特徴です。8~16畳の部屋に対応。高濃度プラズマクラスターにより、「衣類の生乾き臭」「汗臭」「タバコ付着臭」を分解して除去する効果が期待できます。

プラズマクラスターは「付着カビ菌」の増殖を抑制すると謳っているため、洗面所や風呂場でカビ対策として使用するのもアリ。ガイド付ルーバーでプラズマクラスターの風を広範囲に送風できるため、クローゼットに向けて運転すれば衣類の消臭もカバーします。

本体と水タンクにはハンドルが付いていて移動や手入れの際に便利。2kgの衣類を約180分で乾燥した場合の電気代が約13円と省エネなのも魅力です。水タンクの容量が2.5Lと大き目なのもポイント。プラズマクラスター搭載モデルにも関わらず、1万円台と安くて使いやすい製品です。

三菱電機(MITSUBISHI) 衣類乾燥除湿機 サラリ MJ-M100NX-W

三菱電機(MITSUBISHI) 衣類乾燥除湿機 サラリ MJ-M100NX-W

洗濯物の位置・量・状態を3つのセンサーで広範囲にきめ細かく検知する「3Dムーブアイ」を搭載した製品。「3次元広角狙えルーバー」は上下に160°、左右に100°の角度で広範囲に送風できるので、部屋干しの洗濯物を短時間でしっかり乾かしたい方におすすめです。

洗濯物の乾き残りをセンサーが検知するとピンポイント送風で徹底的に乾燥させるため、部屋干しにありがちな生乾きを防げます。洗濯物がしっかり乾燥するので、部屋干し独特のニオイが付きにくいのもポイント。部屋干しの衣類を外干しのように乾かしたい方におすすめです。

「ズバッと乾燥」機能は、乾かしたい衣類にピンポイントで高速ドライ風を送風できるため、ワイシャツや体操服を急いで乾かしたいときに便利。除湿面積は木造和室が11畳、プレハブ洋室が17畳、集合住宅が23畳なので、リビングで部屋干ししたい方におすすめの製品です。

デロンギ(DeLonghi) 衣類乾燥除湿機 タシューゴ アリアドライ マルチ DEX16FJ

デロンギ(DeLonghi) 衣類乾燥除湿機 タシューゴ アリアドライ マルチ DEX16FJ

本体サイズが幅33.5×奥行22.5×高さ50.5cmとコンパクトにも関わらず、パワフルな除湿能力を搭載した製品。1日に最大で7.2Lの除湿ができ、約18畳までのコンクリート住宅に対応しています。リビングの除湿だけでなく、脱衣所やクローゼットの湿気を取りたい方にもおすすめです。

本体上部のハンドルは持ちやすくて移動に便利。操作部は電源ボタンやモードボタンのみでシンプルなので、機械が苦手な方でも楽に操作ができます。1時間あたりの消費電力が約4.5円と安く省エネ設計なのもポイント。運転音は39dBの静音設計なので、就寝中でも安心して使えます。

「銀イオン抗菌フィルター&抗アレルゲンフィルター」を搭載し、花粉や菌を抑制できる効果が期待できるため、除湿をしながら部屋の空気をキレイにできるのがポイント。できるだけコンパクトな除湿器で素早く洗濯物を乾かして空気もキレイにしたい方におすすめの製品です。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター除湿機 CV-G120-W

シャープ(SHARP) プラズマクラスター除湿機 CV-G120-W

リビングダイニングに適した除湿器を探している方におすすめの製品。除湿可能面積は14~28畳と広い部屋の湿気対策にも適しています。

高濃度プラズマクラスター機能を搭載しているため、「衣類の生乾き臭」「汗臭」「タバコ付着臭」などの消臭効果が期待できるのもポイント。「広角自動スイングルーバー」により天井から床まで風が届くため、2段干しの衣類もしっかり乾燥させることが可能です。

前方に拭き出す風の角度が約70°と広範囲なので、床に置いた靴や上履きなども素早く乾かせます。3.1Lのタンクにはハンドルが付いており排水も簡単です。

1時間あたりの電気代が約7.4円と経済的なのも魅力。運転音が約35dBと静音設計なので、夜間でも安心して使用できます。タイマー機能を使えば、外出時に電源を切り忘れても安心。除湿だけでなく、部屋の空気をキレイにして消臭効果も期待できる人気の製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 除湿機 IJC-H140

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 除湿機 IJC-H140

付属のホースを取り付けることで連続排水ができる除湿器。湿気の多い部屋を長時間除湿する際にホースで排水できるので、タンクの水を捨てる手間が省けます。1日に最大で14Lの除湿能力があるため、部屋干しがメインの方におすすめです。

フラップが上下に自動でスイングするオートルーバーを搭載し、広範囲に送風できるのがポイント。洗濯物の量が多いときや雨の日でもムラなくしっかり乾かせます。除湿モードでは40~70%の間で湿度設定ができるので、乾燥しすぎることもありません。

除湿面積は、木造が18畳、プレハブが27畳、鉄筋が35畳と広めなので、リビングで使用するだけでなく、部屋のドアを開けて広い空間を除湿するのにも適しています。イオン発生装置を搭載し部屋の空気を快適に保てるのも魅力。機能性が高いものの、価格は2万円台とコスパは良好です。大型の除湿器を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

コロナ(CORONA) 除湿機 CD-H1818

コロナ(CORONA) 除湿機 CD-H1818

除湿面積が、木造20畳、コンクリート40畳、と広くてパワフルな除湿能力を持つ製品。標準モードでは大風量の風に300Wの温風を加えて運転するため、たっぷりの衣類を素早く乾かすことが可能です。ecoモードや夜干しモードもあり、ライフスタイルに合わせて便利に使えます。

「ワイドスイングルーバー」は、ワイド、上下、スポット、後方、と自由自在に風向きを変えることが可能。洗濯物の量や使用する場所に合わせて除湿できるのがポイントです。4.5Lの大容量タンクを搭載しているため、寝ている間や外出中の長時間運転にも適しています。

「抗菌・防カビフィルター」と10年間交換不要の「ウイルス抑制・除菌・脱臭フィルター」を採用し、嫌なニオイの消臭と気になる菌を抑制する効果が期待できるのも魅力。広いリビングを快適な湿度に保ち、空気もキレイにできるモノを探している方におすすめの製品です。

ナカトミ(NAKATOMI) 衣類乾燥除湿機 DM-6

ナカトミ(NAKATOMI) 衣類乾燥除湿機 DM-6

シンプルな機能を搭載したコスパのよいモノを探している方におすすめの製品。操作部のボタンはわかりやすく、複雑な設定もないため、使い勝手は良好です。1日に6Lの除湿能力があるにも関わらず、価格は1万円台とリーズナブル。コスパは良好です。

除湿面積は木造が約6畳、プレハブが7畳、鉄筋が9畳なので、一人暮らしのワンルームや寝室などに最適。本体にはハンドルが付いており、使いたい場所に楽に移動ができます。送風口の角度は変えられませんが、洗濯物の下に置いて運転させれば衣類乾燥も可能です。

湿度を40%、50%、60%から好みで選んで設定できるので、その日の天候に合わせて使い分けができるのもポイント。運転音は43dBと静かなので、赤ちゃんのいる部屋で使用しても安心です。除湿器に高機能や付加機能を求めず、「単純に除湿だけできるモノがほしい」という方はぜひチェックしておきましょう。

部屋干しにおすすめの除湿機|デシカント方式

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 IJD-H20

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 IJD-H20

アンダー1万円という条件で除湿器を探している方におすすめの製品。1日に2.2L除湿できる能力を備えつつも、リーズナブルなのでコスパがよいのが特徴です。

除湿面積は木造が3畳、プレハブが4畳、鉄筋が6畳。新生活をスタートするワンルームの部屋にも最適です。

2kgの衣類なら約117分で乾燥でき、1回あたりの電気代が約20円と安いのも魅力。送風口の位置が高くフラップの角度を変えて送風できるので、洗濯物にダイレクトに風を当ててスピーディーに乾燥できます。

運転音が34dBと静音性も良好。就寝時でもストレスなく使えます。本体サイズはコンパクトですが、タンク容量が2L。たっぷり除湿できます。操作パネルがシンプルで、わかりやすいのもポイント。狭い部屋に部屋干しすることが多い方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 DDD-50E

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 DDD-50E

サーキュレーターを搭載したユニークなデザインが特徴の除湿器。サーキュレーターのパワフルな送風とデシカント式の除湿を組み合わせているため、2kgの衣類を約70分で高速乾燥できます。

本体は幅が28.7cmとスリムですが、サーキュレーターが50°・70°・90°の3段階で首振り調整できるので、最大で340cmに渡る広範囲に強い風を当てることが可能。たっぷり部屋干しした衣類もしっかり乾かせます。除湿もサーキュレーターも、弱・中・強、の3段階で風量調節が可能です。

弱モードの運転音は約29dBと静かなので、寝ている間に洗濯物を乾かしたい方におすすめ。タンク容量は2.5Lと大きめなので、安心して一晩中稼働させることができます。サーキュレーターの送風効果により、効率よく洗濯物を乾かせるコンパクトな除湿器です。

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YZRX60

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YZRX60

一人暮らしのワンルームや寝室に最適なコンパクトモデル。除湿面積が木造7畳、プレハブ11畳、鉄筋14畳で、2kgの衣類を約180分で乾燥できます。本体質量は6kgと軽量で移動に便利なハンドル付きなので、部屋を移動して運転したい方におすすめです。

「大開口ルーバー」 はスイングの角度を広げて後方にも送風できるため、狭い場所でも大量の衣類を乾燥できます。「スポット送風」を厚手の衣類に向けて素早く乾かすことも可能。衣類の干し方に合わせて、風向きを上下左右に変えられるので便利です。

本製品は運転時に「ナノイー」を放出するため、部屋干しした衣類に対して消臭効果が期待できるのもポイント。「ナノイー」は衣類に付着した花粉を抑制する効果を謳っているため、花粉症に悩む方にもおすすめです。デシカント方式で寒い冬でもしっかり対応できるコンパクトな除湿機を探している方はぜひおさえておきましょう。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 衣類乾燥除湿機 RJ-XS70

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 衣類乾燥除湿機 RJ-XS70

本体が筒形のデザインになっており、オートスイングルーバーで360°の送風ができる除湿器。部屋全体の空気をかき混ぜて乾燥させるため、効率よく除湿ができます。上下ルーバーは、上方向60°、下方向30°、上下方向90°の3つの範囲に設定できるので、ピンポイントで送風したいときに便利です。

部屋干しの独特なニオイを抑える効果が期待できる「ナノプラチナ乾燥」 を搭載。部屋干しする機会が多い方におすすめです。風量を強モードにすれば、4.2kgの洗濯物約50分でスピード乾燥できます。

水タンクは2.8Lで、満水になると自動停止するのもポイント。除湿面積は木造が8畳、プレハブが12畳、鉄筋が16畳なので、ダイニングやパーソナルルームに最適です。エココースや夜干しコースもあり、生活に合わせて快適に使えます。コンパクトで除湿能力が高いおすすめの製品です。

トヨトミ(TOYOTOMI) 衣類乾燥除湿器 TD-Z80G

トヨトミ(TOYOTOMI) 衣類乾燥除湿器 TD-Z80G

コンパクトながら素早く衣類乾燥ができるおすすめモデル。除湿面積は木造が10畳、プレハブが15畳、鉄筋が20畳なので、リビングや洗面所の除湿にも向いています。衣類乾燥モードを使えば、2kgの衣類を約63分で乾燥できるのがポイントです。

室内除湿モードを搭載しているため、雨の日や湿気の多い日に快適な湿度を保つことが可能。オートルーバーは左右に150°、上下に100°、前方向に50°の角度で広範囲に風を送れるので、部屋中を効率よく除湿できます。風向きは手動でスポット送風にも切替えできて便利です。

水タンクの容量は2.2Lで、満水になると自動停止します。電源を入れてから10時間で停止するオートストップ機能もあり、電源の切り忘れ予防に便利です。空気の吸い込み口には銀の効果で抗菌するフィルターを設置しているのもポイント。ひと通りの機能が揃ったコスパのよい除湿器です。

日立(HITACHI) 衣類乾燥除湿機 HJS-D771

日立(HITACHI) 衣類乾燥除湿機 HJS-D771

木造9畳、コンクリート19畳まで対応できる使いやすい除湿器。1日に約7.7Lの除湿能力があり、2kgの衣類を約49分で乾燥できるのがポイントです。

急な雨で衣類が乾かないときや部屋干しの生乾きを解消するのに便利。本体が5.5kgと軽量なので、洗面所や玄関などの湿気が気になる場所でもスムーズに使えます。

「オートルーバー」は前方向に50°、上方向に100°の範囲でスポット送風できるため、洗濯物の量や素材に合わせて送風範囲の調節が可能。容量2Lのハンドル付きタンクは簡単に取り外して手入れができます。大きすぎず、かといって小さくもない除湿器を探している方におすすめです。

部屋干しにおすすめの除湿機|ハイブリッドタイプ

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHRX200

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHRX200

1日に17Lも除湿できるパワフルな製品。除湿面積が広く、木造が19畳、プレハブが29畳、鉄筋が38畳まで対応できるので、広いリビングをしっかり除湿したい方におすすめです。「ナノイーX」の搭載により、嫌な部屋干し臭の抑制スピードが従来機よりも10倍アップしています。

左右に独立したツインルーバーを搭載し風向を自由に変えられるため、洗濯物を2列に干してもムラなく乾かすことが可能。ルーバーのスイング角度が広がり、送風面積が従来機より25%広いのもポイントです。

本体の後方にも送風できるため、狭い場所で洗濯物の真下に置いて使用できます。タンクは5Lと大容量。本体には移動に便利なキャスターが付いているため、使いたい場所にスムーズに動かせます。広い部屋をしっかり除湿できるパワフルなモノを探している方におすすめの製品です。

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHMX120

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥除湿機 F-YHMX120

標準的な広さのリビングに最適な除湿器。適用面積は木造11畳、プレハブ17畳、鉄筋23畳なので、広めの寝室やワンルームの部屋を除湿するのにもおすすめです。1日に約10Lの除湿ができ2kgの衣類を約75分で乾かせるので、部屋干し生活に便利に使えます。

メーカー独自のハイブリッド方式を採用しており、1年中パワフルかつスピーディーに乾かせるのも特徴。幅約165cmの「ワイド送風」によって一列に並んだ洗濯物の端から端まで一気に乾燥できるのも魅力です。

ワイド送風以外にも、真ん中を中心に広く風を届ける「ウェーブ送風」や厚手の衣類も集中的に乾かせる「スポット送風」など、干し方や乾かしたい箇所に合わせて自由に風向きが選べます。

また、部屋干し臭や花粉を抑制できると謳う機能も多数搭載。「音控えめモード」を選べば夜間でも安心して使えます。4輪キャスター付きなので簡単に移動させられるのもポイントです。

除湿機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

除湿機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編|除湿機の電気代は?

環境や状況によって異なりますが、コンプレッサー方式の除湿機を1ヶ月間連続運転した場合の電気代はおおよそ4000円。また、デシカント方式の除湿機を1ヶ月間連続運転した場合では、電気代はおおよそ1万円が目安です。

番外編|除湿機のメンテナンス費用

By: rakuten.co.jp

除湿機で必要なお手入れはタンクや細部の洗浄など。パーツ交換に関してはエアフィルターなどが劣化ないし破損してしまった場合のみなので、メンテナンスには膨大な費用や手間はかかりません。除湿機を購入する際は本体価格とランニングコストを優先して検討しましょう。