ジメジメとした空気の改善や部屋干しの際に活用できる「除湿機」。最近では低価格ながら除湿性能に優れたモデルや、機能が充実したモデルなども多くラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの安い除湿機をご紹介。除湿方式ごとのメリットとデメリットやチェックしておきたい機能などもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

安い除湿機の選び方

除湿方式をチェック

コンプレッサー式

By: amazon.co.jp

湿った空気を内部のコンプレッサーで冷やし、水滴を取り出すタイプがコンプレッサー式。ヒーターを使用しないため消費電力が少ないほか、夏に使用しても周囲の温度を上げにくい点が魅力です。

一方、気温が低い季節には本来の除湿能力を発揮しにくい点がデメリット。また、コンプレッサーを内蔵しているぶん、本体サイズが比較的大きいので、使用する場合はスペースの確保も必要です。

デシカント式

By: rakuten.co.jp

デシカント式の除湿機は、「ゼオライト」と呼ばれる乾燥剤に空気中の水分を吸着させるタイプ。吸着された水分をヒーターで気化させ、水蒸気を熱交換機で冷やして水滴を取り出します。ヒーターで乾燥させたゼオライトにより、再び水分を吸着する仕組みです。

コンパクトなモデルが多いほか、温度が低い環境でもしっかりと除湿しやすい点がメリット。一方、ヒータを使用するため、電気代が高くなりやすい点がデメリットです。

ペルチェ式

By: amazon.co.jp

ペルチェ式は、ペルチェ素子を用いたタイプです。ペルチェ素子とは、電気を流すと片面が発熱し、もう一方の面が吸熱される特性を持った半導体素子。ペルチェ素子の特性を利用して湿気を含む空気を冷却し、水滴にして取り出します。

コンプレッサー式とデシカント式より除湿性能はそこまで高くないものの、小型化しやすい点がメリット。また、運転中に騒音や振動が発生しにくいため、静かな環境で使いたい方におすすめの除湿方式です。

設置場所に合ったサイズをチェック

By: rakuten.co.jp

本体サイズも除湿機を選ぶ際に重要なポイント。リビングのような広い空間に設置する場合は、大きめのサイズを選ぶと高い除湿能力を発揮します。一方で、コンパクトなモノは、寝室や脱衣所などにぴったり。また、クローゼットや靴箱に設置できるような小型サイズのモデルもあります。

自宅のさまざまな場所で使用したい場合は、ハンドルが搭載されていると便利。さらに、キャスター付きのモデルであれば、大きめの除湿機でも簡単に移動させられます。

除湿能力をチェック

By: amazon.co.jp

除湿機を選ぶ際に重要なポイントのひとつが除湿能力です。除湿能力の目安として、除湿可能面積があります。使用する部屋に適した除湿可能面積のモデルを選べば、本来の性能をしっかりと発揮。除湿可能面積は、木造や鉄筋など建材によって異なるため注意が必要です。

また、1日に除湿できる水量も除湿能力の目安として参考できます。安い除湿機の場合は1日最大6L前後のモデルが多いものの、なかには1日最大10Lに対応したモデルもあるのでチェックしてみてください。

用途に合った機能をチェック

By: amazon.co.jp

除湿機のなかには、便利な機能を搭載したモデルもあります。例えば、フラップを搭載し風の方向を変えられる機能を搭載していれば、部屋干ししている衣類に直接送風可能です。通常よりもパワフルに除湿できる「衣類乾燥モード」を備えた除湿機もあります。

連続排水も、チェックしておきたい機能のひとつ。ホースを接続すると水をタンクに溜めず直接排水できるため、タンクからの水を捨てる手間を軽減できます。長時間の外出中に除湿をしたい方におすすめの機能です。

タンク容量をチェック

By: amazon.co.jp

除湿機は、空気中の湿気を水滴に変えて取り除く仕組みを採用しています。内部には水滴を溜めておくタンクが搭載されており、タンクの容量はモデルによってさまざま。安い除湿機の場合、2L前後のタンクを搭載したモデルが多くラインナップされています。

タンク容量が少ないと頻繁に水を捨てる必要があるので、やや不便。数は多くないものの、3L以上のタンクを搭載したモデルもあります。水捨ての手間を軽減したい場合は、大容量タンクを搭載したモデルを選んでみてください。

お手入れしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

除湿機を選ぶ際は、お手入れのしやすさもよくチェックしておきましょう。除湿機のタンクは長時間水が溜まる場所なので、環境によってはすぐに汚れる可能性があります。凹凸が少ないタイプや奥まで手を入れやすいタイプだと、簡単にお手入れ可能です。

内部に残った水分を乾燥させられる機能を搭載したモデルもおすすめ。また、除湿機のなかにはフィルターを搭載している製品もあります。フィルターにはホコリが溜まりやすいため、取り外しできると簡単に掃除可能です。

安い除湿機のおすすめ

山善(YAMAZEN) 除湿機 YDC-C60

コンプレッサー式を採用した、おすすめの安い除湿機。本体上部に大型のハンドルが搭載されているため、簡単に持ち運び可能です。省エネ性能にも優れています。

除湿能力は、1日に最大6L。ヒーターを使用しないコンプレッサー式なので、気温の高い夏にも気軽に使用できます。また、湿度は40~70%の範囲内で5%単位の設定が可能。指定した湿度をキープし、快適な環境を実現できます。

通常モードよりもさらにパワフルに除湿できる「衣類乾燥モード」も搭載。部屋干ししている状況でもしっかりと除湿し、過ごしやすい環境を整えつつ素早い乾燥をサポートします。衣類に向かってダイレクトに風が当たるように、送風方向も調節可能です。

タンク容量は約2L。タンク上部に切り欠きが用意されているため、スムーズに取り外し可能です。

山善(YAMAZEN) 除湿機 YDC-C100

シーンに合わせた使い方ができる、おすすめの安い除湿機。ホワイトを基調としたフラットなデザインは清潔感があり、さまざまなインテリアに馴染むため、違和感なく設置可能です。キャスターも搭載されているので、簡単に場所を変えながら使用できます。

1日最大10Lのパワフルな除湿性能もポイント。40~70%の範囲内で5%単位の湿度設定に対応しており、設定した湿度を保つように自動で運転をコントロール可能です。タンク容量も約4.5Lと大きく、水捨ての手間を軽減できます。

送風機能も搭載。大型のフラップを搭載しており、送風方向を90°まで3段階で調節できます。洗濯物に向かってダイレクトに送風し、効率的に部屋干し可能です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 DDB-20

コンパクトで扱いやすいリーズナブルな除湿機です。本体サイズは約幅28.4×奥行き15.8×高さ44.7cm、重量は約3.9kgと小型かつ軽量。ハンドルも搭載されているので、リビング・寝室・脱衣所など、自由に場所を変えて使用できます。

除湿方式には、デシカント式を採用。空気中の水分を吸着してヒーターで気化させる仕組みのため、夏場の除湿はもちろん、寒い季節の結露対策としても活用可能です。除湿能力は1日約2Lと十分な性能を実現します。

季節を問わずに使いやすいため、部屋干しにもおすすめ。風向きを調節できるフラップが搭載されており、部屋干ししている衣類に向けてダイレクトに送風可能です。素早く衣類を乾かし、ニオイ対策にも期待できます。

静音性に優れている点も魅力のひとつ。運転音が約34dBまで抑えられているので、就寝中にも使用できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 IJD-H20

パワフルに除湿できるおすすめの安い除湿機。約幅16.5×奥行き32.5×高さ51cmのスリムな設計なので、リビングや寝室などはもちろん、浴室や脱衣所などの狭いスペースでも使用可能です。持ち運びに便利なハンドルも搭載されています。

寒い季節にも使いやすいデシカント式を採用しているため、1年中使えるのもポイント。パワフルな風を衣類に当てて乾燥をサポートできるので、部屋干しにもぴったりです。フラップの角度調節にも対応しており、高い位置の洗濯物にも送風できます。

初めてでも迷わずに使いやすい、操作パネルも魅力。タンクが満水になると自動的に動作が停止し、ブザーを鳴らす機能にも対応しています。また、4時間または8時間後に電源が切れる、切タイマー機能も利用可能です。

タンクの容量は約2L。タンクはスライドさせるだけで取り外せるほか、こぼれ防止の蓋も搭載されています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類乾燥除湿機 DCE-6515

パワフルながら消費電力を抑えやすい安い除湿機。シンプルな操作パネルを採用しているため、初心者の方でも迷わずに操作できます。また、折りたたみ可能なハンドルが搭載されているので、好みの位置に移動させながら使用可能です。

1日最大6.5Lのパワフルな除湿性能も魅力のひとつ。除湿可能面積も木造で最大8畳、鉄筋コンクリートの場合は最大16畳と広いため、広いリビングも1台で除湿できます。タンク容量は約1.8L。内部の水量を外から確認できる窓も搭載されています。

衣類の乾燥に適した機能を備えているのもポイント。フラップの角度を変えると送風方向を自由に調節できるので、部屋干ししている衣類に直接風を当てられます。湿度を検知できるセンサーも搭載されており、設定した湿度をキープするように運転可能です。

さらに、2・4・8時間の設定に対応した切タイマーにも対応しているため、切り忘れを予防できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 除湿機 IJC-J56

コンパクトながらパワフルな、おすすめの安い除湿機。幅25×奥行き23×高さ38.3cmのコンパクトなサイズと、フラットな形状が特徴です。リビングや寝室のような広い空間はもちろん、クローゼットや脱衣所などの限られたスぺースでも活用できます。

1日最大5.6Lのパワフルな除湿性能が特徴。40・50・60%から湿度を選択すると、設定した湿度をキープするように自動で運転をコントロール可能です。除湿方式にコンプレッサー式を採用しているため、消費電力を抑えながら使用できます。

タンク容量は約2L。カバー付きなので水がこぼれにくく、排水しやすいように切り欠きも用意されています。また、別途市販のホースを用意すれば連続排水もできるので、長時間外出する場合でもタンク容量を気にせずに使用可能です。

タンクは、カバーを外せば中まで手を入れて簡単にお手入れできます。また、内部のフィルターも取り外し可能です。

ドリテック(DRETEC) コンパクト除湿機 クアラ JY-100

小さなスペースの除湿に適した除湿機です。約幅14×奥行き14×高さ22.8cmのコンパクトなサイズが特徴。脱衣所や洗面所、クローゼットや靴箱の中など、限られた空間にも設置可能です。

除湿方式には、ペルチェ式を採用しています。運転時の騒音や振動が少ないため、使う場所や時間帯を選ばず使用しやすいのもポイント。天面にはボタンが1つだけ搭載されており、押すとすぐに除湿を開始できるので、迷わずに操作可能です。

運転中はグリーンのライトが点灯する仕様。満水になると、ライトの色が赤に変わります。なお、タンクの容量は約450mlです。

また、満水状態を検知して自動で運転が停止するため、水が溢れたり無駄に電力を消費したりする心配が少ないのも魅力。タンクは半透明なので、外から水量を確認可能です。

シャープ(SHARP) 衣類乾燥 除湿機 CV-J71

部屋干しにおすすめのコスパに優れた除湿機。本体サイズが約幅30.3×奥行き20.3×高さ52.4cmとコンパクトで、限られたスペースにも設置できます。除湿可能面積は、鉄筋コンクリートの場合だと最大18畳です。

除湿能力は、1日最大7.1L。下方向に送風できるルーバーを搭載しているため、脱衣所のマットやカーペット、窓ガラスの敷居などの湿気も効率的に除湿可能です。また、ホースを接続すれば連続排水もできるので、長時間外出するときにも活躍します。

内部に残った水分を乾燥する機能も利用可能です。さらに、独自の「プラズマクラスター」に対応しているのもポイント。衣類に付いた汗やタバコ、部屋干しのニオイを消臭したり、カビ菌の増殖を軽減したりする効果を期待できると謳われています。

チャイルドロック機能の搭載も特徴。赤ちゃんや小さい子供がいる家庭でも、イタズラを防ぎやすく安全性に配慮されています。

コロナ(CORONA) 衣類乾燥除湿機 CD-P63A2

使い勝手に優れたおすすめの安い除湿機。本体上部に頑丈なハンドルが搭載されているので、手軽に移動させて好きな場所で使用可能です。シンプルな操作パネルも特徴。ボタンが大きくわかりやすいため、初心者でも迷わずに操作できます。

1日最大6.3Lのパワフルな除湿性能もポイント。風向きを約110°の範囲内で調節できる「プチルーバー」も搭載されています。特定の場所をピンポイントで除湿したい場合はもちろん、部屋干ししている衣類に送風すれば、スムーズな乾燥をサポート可能です。

約幅33×奥行き22×高さ51.5cmのスリム形状ながら、タンクは約3.5Lと大容量。水捨ての回数が少なくて済みます。タンクが満水になると赤いランプが点灯するほか、自動で運転を停止することが可能です。

フィルターを内蔵しているのもメリット。脱臭のほか、ウイルスの抑制や除菌効果にも期待できると謳われています。

COLAZE 除湿機

低価格ながら機能が充実したおすすめの除湿機。本体下部にキャスターが搭載されているため、移動させて使用可能です。運転中の音を約45dBまで抑えているほか、ディスプレイライトをオフにできるモードも用意されているので、寝室でも使用できます。

コンプレッサー式を採用したパワフルな除湿性能も特徴。衣類乾燥機能が搭載されているため、部屋干ししている衣類を素早く乾燥させられます。また、換気モードや連続モードなどの合計4モードが搭載されており、シーンに合わせて使い分け可能です。

タンクも約2.5Lと十分な容量を有しています。排水ホースが付属しているのも魅力。本体にホースを接続し先端を排水溝や浴室に向ければ、タンクを介さない連続排水ができるので、水捨ての手間をかけずに長時間除湿できます。

さらに、タイマー機能も搭載。最大24時間までオン・オフを自動設定できるため、生活リズムに合わせて使用できます。

Humsure 除湿機 HM2002

コンパクトで取り回しやすいリーズナブルな除湿機。本体には小型のハンドルと360°回転するキャスターが搭載されているため、手軽に移動が可能です。省スペースにも設置しやすいサイズなので、脱衣所や浴室などの除湿にも活用できます。

標準・雨天・ドライ・睡眠の4つのモードを搭載。標準モードでは、設定した湿度を保つように運転が可能です。部屋干ししている洗濯物を乾かしたいときや静かに眠りたいときなど、シーンに合わせて臨機応変にモードを切り替えられます。

タンク容量は、約1.5L。満水になると自動で運転を停止する機能にも対応しています。また、タイマー機能も搭載。24時間の範囲内で自由に電源をオン・オフにできるため、柔軟な使い方が可能です。

ホースを接続すれば連続排水も行えるので、長時間の運転の際も水捨ての手間を省けます。

除湿機の売れ筋ランキングをチェック

除湿機のランキングをチェックしたい方はこちら。