キーボードはパソコン操作の快適性を大きく左右します。中には、ストレスが溜まり、長く作業ができない…なんてことも。そこで、今回おすすめするのが東プレのキーボード、REALFORCEシリーズです。

今回は、東プレのおすすめキーボードを4つご紹介します。

東プレのおすすめキーボード

東プレ(Topre) キーボード REALFORCE108UDK SJ38C0

41Ehvmo3E8L

商品価格 ¥ 18,084

東プレの中でもオーソドックスなおすすめキーボードです。全てのキーを推す重さは全て軽量な30g。108キー配列で、カラーはブラックのボディにゴールドの刻印。かなが書いておらず、スタイリッシュな印象を受けます。

東プレ(Topre) REALFORCE91U NG0100

東プレ NGO100

商品価格 ¥ 15,189

テンキーレスの91キー配列の東プレキーボードです。キーは変荷重タイプ。小指で押されるキーを軽く、それ以外を少し強めにすることで、さらなる快適なタイピングを実現しています。東プレキーボード入門機としておすすめ。

東プレ(Topre) キーボード REALFORCE91UBK-S

41SyUfHJ6bL

商品価格 ¥ 19,848

静音タイプのテンキーレスの91キー配列の東プレキーボードです。人間の聴覚感度に合わせた改良を行うことで、聴覚に届く刺激を30%減らすことに成功しています。キーは変荷重タイプです。

東プレ(Topre) Realforce104U-S XF01TS

41jK72QFL4L

商品価格 ¥ 21,780

104英語配列のキーボードです。こちらも静音モデルで、音を30%低減してくれます。英語配列の方がキーの形がすっきりしており、かっこいいという方も多いです。

東プレのキーボードの特徴

51-BultObnL

By: amazon.co.jp

東プレのキーボード、REALFORCEの最大の特徴は、「静電容量無接点方式」を採用していること。一般的なキーボードはキーを押した時に電極が接触することで反応する「メンブレン(有線)方式」を採用しています。一方、静電容量無接点方式は、キーを押した時の静電容量によって反応します。

そのため、キーを押すために必要な重さが、一般的な50~60gより軽い、30~45gです。また、高速タイピングによる、ほとんど同時に近い複数ボタンのタイプにも柔軟に反応してくれます。また、接触がないため、部品の摩耗が少なく、タイピング音も小さめです。

東プレのキーボードは上述した内容を始めとする高い機能性で、金融機関などのデータ入力の場で圧倒的な支持を得ています。軽い、高速なタイピングを必要としている方に大いにおすすめです。