タイピングを快適におこなえる東プレのキーボード「REALFORCE」。スイッチ機構に静電容量無接点方式を採用しており、耐久性に優れているのが特徴です。東プレのキーボードは、さまざまな機能を備えたモデルを展開しているため、どれを選んでよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、東プレのおすすめキーボードをご紹介。選び方も併せて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

東プレのキーボード「REALFORCE」の魅力

物理接点がなく耐久性に優れた「静電容量無接点キー」

By: rakuten.co.jp

東プレのキーボード「REALFORCE」は、スイッチ機構に静電容量無接点方式を採用しています。静電容量無接点方式とは、電極が一定の距離まで近づいた際に回路が接続されてキー入力を認識する仕組み。物理的な接点がないので、高い耐久性を実現しています。

ATMにも採用されている方式で、心地よいキータッチ感が魅力。また、長時間の使用でも疲れにくいのがポイントです。

スイッチの入力ポイントを変更できる「APC機能」

By: rakuten.co.jp

REALFORCEには東プレ独自の「APC(アクチュエ―ションポイントチェンジャー)」と呼ばれる機能が搭載されているモデルがあります。APC機能とは、各キースイッチのオン位置を調節して、反応速度を変更できる機能です。

1.5mm・2.2mm・3mmの3段階で調節できるモデルと、0.8mm・1.5mm・2.2mm・3mmの4段階で切り替えできるモデルをラインナップ。素早く入力したい場合は、キースイッチのオン位置を浅く、誤入力を予防したい場合は深めに設定するのがおすすめです。

30~55gの選べるキー荷重

By: rakuten.co.jp

REALFORCEのキーボードは、キー荷重30g・45g・55gの3種類に加えて、変荷重のモデルを展開。好みに応じてキーの重さを選択できるのが魅力です。

キー荷重30g・40g・55gのキーボードは、全てのキー荷重が同じ重さで統一されているモデル。全てのキー荷重を揃えたい方におすすめです。

一方で、変荷重のキーボードは、各指に合わせてキー荷重を調節できるモデル。親指で押すキーは重く、小指で押すキーの荷重は軽めに設定できます。キーボードの使用頻度が高い方におすすめのモデルです。

東プレのキーボードの選び方

用途に合わせたモデルを選ぼう

普段使いやビジネスには「Master Series」

By: realforce.co.jp

東プレの「Master Series」に属するモデルは、普段使用するキーボードにおすすめ。シンプルなデザインを採用しているモノが多く、ビジネスシーンにも適しています。

コンパクトに設計されているテンキーレスタイプや数字の入力に便利なフルサイズキーボードなど、さまざまなモデルを展開。豊富なラインナップから、自分の好みのモデルを選びたい方におすすめのシリーズです。

PCゲーム向けの「Gaming Series」

By: realforce.co.jp

東プレの「Gaming Series」に属するモデルは、ゲーミング向けに設計されているキーボードです。各キーにバックライトを搭載しているのが特徴。モデルによっては、キースイッチの色や光り方を変更できるモノもあります。

キースペーサーでチューニングできるのもポイント。キーキャップの下にキースペーサーを挿入すれば、APC機能と併用してキー入力の深さを細かく設定できるのも魅力です。また、フルNキーロールオーバーに対応しており、キーボードの同時入力を実現。ゲーム用のキーボードを探している方におすすめのシリーズです。

接続方法で選ぶ

有線

By: rakuten.co.jp

東プレのキーボードを接続する方法は、有線またはワイヤレスの2択です。有線のキーボードは、USBケーブルでパソコンと接続するタイプ。ワイヤレス接続に比べると接続トラブルを発生させにくいのが魅力です。

また、給電がUSBケーブルから行われる点もメリット。電池を交換したり、内蔵バッテリーを充電したりする手間が掛からないのもポイントです。

ワイヤレス

By: rakuten.co.jp

ワイヤレス接続に対応しているキーボードは、BluetoothやUSBレシーバーを利用してパソコンと接続できるタイプ。有線で接続するようにケーブルをつなぐ必要がなく、デスク上をスッキリとできるのが魅力です。スマホやタブレットなどにも接続できます。

ケーブルがないので、バックなどに収納しやすいのもメリット。キーボードを外出先で使用する頻度が高い方にもおすすめです。

サイズで選ぶ

コンパクトな「テンキーレスキーボード」

By: realforce.co.jp

コンパクトなキーボードを求めているなら、テンキーレスキーボードが便利。キーボード右側に配置されている数字キーがなく、省スペース化されているタイプです。

フルキーボードのテンキー部分が各キーに割り振られているモデルもあり、テンキーレスキーボードでも数字や四則演算などの入力が可能。マウスの操作スペースを確保したい方やデスク上のスペースを有効に活用したい方にもおすすめです。

テンキー付きの「フルサイズキーボード」

By: rakuten.co.jp

本体右側にテンキーを搭載しているフルサイズキーボードは、数字を入力する頻度が高い場合に便利。独立した数字キーが搭載されているので、数字の入力をしやすいのが特徴です。

入力に必要なキーを備えたキーボードを探している方におすすめ。Nキーロールオーバー対応のモデルなら、キーの同時押しができるため、数字の入力をスムーズにできます。

配列で選ぶ

定番で使いやすい「日本語配列」

By: realforce.co.jp

東プレのキーボードは、日本語配列と英語配列の2種類があります。日本語配列は、JIS配列とも呼ばれており、日本語を入力しやすいのが特徴。さまざまな文例を統計的に処理して、左右交互に打鍵されるように設計されています。

また、かな入力とローマ字入力を切り替えられるのもポイント。日本語の入力頻度が高い方は、日本語配列のキーボードがおすすめです。

プログラマーに人気の「英語配列」

By: amazon.co.jp

英語配列のキーボードは、キートップにかな文字が表記されていないタイプ。英語配列のキーボードは、すっきりとしたデザインが魅力です。

ローマ字入力による日本語の入力は可能。また、全角・半角・変換などのキーが搭載されていないので、留意しておきましょう。アルファベットや記号の入力作業が多いプログラマーにおすすめのタイプです。

東プレのキーボードのおすすめ|テンキーレス

東プレ(Topre) REALFORCE TKL SA for Mac キーボード R2TLSA-US4M

Mac向けに設計されている東プレのテンキーレスキーボードです。Mac標準の英語配列を採用しています。また、Macに馴染みやすいシンプルなキートップフォントが特徴です。

本体上部に備えているFunctionキーは、画面の明るさ・音量・メディア操作などの機能をワンタッチで切り替え可能。システム環境設定を起動する手間を省けるのが魅力です。

本体サイズは奥行142×幅369×高さ30mmとコンパクト。キーボードのケーブル取り出し口は、左右側面と上側面の3方向に付いています。底面にチルトスタンドを搭載しているため、キーボードに角度を付けて、快適にタイピングできるのもポイントです。

東プレ(Topre) REALFORCE キーボード TKL R2TL-US5

エルゴノミクスデザインのキーを搭載している東プレのテンキーレスキーボードです。各キー列に段差を付けたステップスカルプチャー構造を採用しているのが特徴。指の動きにフィットしやすく、長時間のタイピングを快適に行えるのが魅力です。

CapsLockやNumLockなどの状況を把握できるインジケーターのLEDは、カラーの変更が可能。7色から好みに合うカラーを選択できるほか、明るさも調節できます。

パソコンとの接続はケーブルを利用する有線タイプ。ケーブルはキーボード上側面だけでなく、左右側面からも取り出せる構造です。また、フルNキーロールオーバーに対応しているのもメリット。高速タイピング時に、キーの同時押しに近い入力をしても正確に入力される点もおすすめです。

東プレ(Topre) R3 KEYBOARD キーボード R3HC11

有線接続とワイヤレス接続の両方に対応しているテンキーレスキーボードです。Bluetooth接続を活用すれば、スマホやタブレットなどのデバイスとも接続できるのが特徴。最大4つのデバイスとマルチペアリングできます。

APC機能を搭載しているのもポイント。0.8mm・1.5mm・2.2mm・3mmの4段階で、キーの入力位置を設定できます。キースイッチには、静電容量無接点方式を採用しており、耐久性に優れているのも魅力です。

キー配列は日本語配列を採用。日本語の入力頻度が高い方にもおすすめの東プレキーボードです。

東プレ(Topre) REALFORCE TKL キーボード R2TL-US3

キー荷重が30gで統一されている東プレのテンキーレスキーボードです。本体の幅は369mmとテンキーを省いたコンパクトサイズのため、マウス操作をしやすいのがポイント。デスク上のスペースが限られている場合に便利です。

本体底面のラバーフィート面積が広いので、キーボードがズレにくく、安定した状態でタイピングできます。また、底面にソフトな樹脂素材を採用したチルトスタンドも搭載。タイピングしやすいよう角度を付けられる点も魅力です。

フルNキーロールオーバー機能を備えているのもポイント。高速タイピング時でも正確にキー入力がしやすい仕様です。

東プレ(Topre) REALFORCE TKL キーボード R2TL-USV

キーごとに荷重を変更できる変荷重タイプの東プレキーボードです。30g・45g・55gの荷重から、各指に合わせてキー荷重を調節できるのが特徴。タイピング時の指にかかる負担を軽減できます。

パソコンとの接続は、ケーブルを使用する有線タイプ。キーボード上側面と左右側面の3方向からケーブルを取り出せるので、パソコンやキーボードの設置位置に合わせて配線できる点も魅力です。

キー配列は、シンプルなデザインの英語配列を採用。プログラミングなどの英語や記号を入力する頻度が高い方におすすめです。

東プレのキーボードのおすすめ|フルサイズ

東プレ(Topre) REALFORCE for Mac キーボード R2-JPVM

スタイリッシュなデザインを採用したフルサイズの東プレキーボードです。Mac向けに設計されており、キー配列はMac標準の日本語配列を採用。キートップには、Macに合わせてシンプルなフォントを施しています。

また、Functionキー機能と、画面の明るさ・音量・メディアなどの操作をワンタッチで簡単に切り替えられるのも魅力。システム環境設定を起動する必要がないのもポイントです。

REALFORCE独自の「フェザーキータッチ」を採用しているのも特徴。羽毛を押しているような心地よい打鍵感を楽しみたい方にもおすすめです。

東プレ(Topre) REALFORCE キーボード R2-US5

キー荷重が55gで統一された東プレキーボードです。タイピング時にしっかりとした打鍵感を得たい方におすすめ。また、ステップスカルプチャー構造を採用しているので、指の動きにフィットしやすく、長時間のタイピングを快適に行えるのもメリットです。

キースイッチには、静電容量無接点方式を採用。5000万回のキー入力耐久試験をクリアしており、耐久性に優れているのも魅力です。パソコンとの接続は、ケーブルを使用する有線タイプ。ケーブルを上側面と左右側面の3方向からの取り出せるのがポイントです。

東プレ(Topre) R3 KEYBOARD キーボード R3HA21

有線接続とワイヤレス接続に対応しているフルサイズの東プレキーボードです。パソコンだけではなく、スマホやタブレットなどのデバイスと接続できるのが特徴。最大5台のデバイスと接続できます。

キー荷重は45gで統一されているほか、キー配列は日本語配列を採用。さらに、スイッチ機構に静電容量無接点方式を採用しているため、耐久性に優れたキーボードを探している方にもおすすめです。

また、APC機能を備えているのもポイント。0.8mm・1.5mm・2.2mm・3mmの4段階でキーのON位置を設定できます。

東プレ(Topre) REALFORCE キーボード R2-JP3

キー荷重が30gに統一されており、軽い力でタイピングできるフルサイズの東プレキーボードです。キーの配列は、日本語配列を採用しているため、日本語の入力頻度が高い方におすすめです。

本体右上のインジケーターで、CapsLockやNumLockなどの状況を確認できます。LEDのカラーや明るさを好みに合わせて調節できるのも特徴です。パソコンとの接続は、ケーブルを使用する有線タイプ。本体上面と左右側面の3方向からケーブルを取り出せる構造です。

本体底面にラバーフィートを搭載。タイピング時にキーボードがズレにくく、安定性を向上させています。

東プレ(Topre) REALFORCE キーボード R2-USV

シンプルなデザインを採用しており、ビジネスシーンでも使いやすいMaster Seriesの東プレキーボードです。本体右上にインジケーターを搭載しているため、CapsLockやNumLockなどの状況を確認可能。LEDライトのカラーは7色から選択できるほか、明るさも調節できます。

パソコンとの接続は、ケーブルを使用する有線タイプ。上面だけでなく、左右の側面からもケーブルが取り出せるので、設置場所に応じてケーブルの配線ができます。

本体底面にラバーフィートを搭載。加えて、チルトスタンド底面にもソフトな樹脂素材を採用しているため、安定した状態でタイピングができます。また、キーの各列に段差を付けたステップスカルプチャー構造を採用しているのもポイント。指の動きにフィットしやすく、快適にキー入力を行えるのも魅力です。

東プレのキーボードのおすすめ|ゲーミング

東プレ(Topre) REALFORCE RGB キーボード R2TLA-US4G

英語配列を採用した東プレのゲーミングキーボードです。APC機能を搭載しており、キーの入力位置を1.5mm・2.2mm・3mmの3段階で調節できるのが特徴。スピーディにキー入力したい場合は1.5mm、誤入力を防止したい場合は3mmに設定するのがおすすめです。

キースイッチは、静電容量無接点方式を採用。一定の距離に近づけば回路が接続される仕組みのため、物理的な接点がなく耐久性に優れています。キーキャップは、異なる部材を組み合わせた2色成形を採用しており、文字が消えにくいのが魅力です。

各キースイッチに、LEDバックライトを搭載。ホットキーやソフトウェアで、1680万色のパレットから好みのカラーを設定できるのもポイントです。

東プレ(Topre) REALFORCE RGB キーボード R2A-JP4G

日本語配列を採用した東プレのフルサイズキーボードです。キースイッチは静電容量無接点方式に加え、5000万回のキー入力耐久試験をクリアしており、耐久性に優れているのが特徴。長く愛用できるキーボードを求めている方におすすめです。

REALFORCE独自の「フェザータッチ」により、心地よいキー入力を実現。さらに、キーの各列に段差を設けたステップスカルプチャー構造を採用しているので、タイピングがしやすいのも魅力です。

また、キースペーサーでチューニングできるのもメリット。キーキャップの下に2mm、または3mm厚のスペーサーを挿入し、キーストロークの深さを調節できます。

東プレ(Topre) REALFORCE RGB TKL キーボード R2TLA-US4G

ゲーム向けに設計されているGaming Seriesのテンキーレスキーボードです。本体の幅が369mcmとコンパクトなのが特徴。デスク上のスペースが限られており、省スペースに設置できるキーボードを探している方におすすめです。

APC機能を搭載しているので、キースイッチの入力位置を調節できるのもポイント。1.5mm・2.2mm・3mmの3段階から好みに合わせて設定できます。キースイッチは、耐久性に優れた静電容量無接点方式を採用。また、チャタリングが起こりにくいのも魅力です。

ホットキーやソフトウェアを使用すれば、各キースイッチのバックライトカラーをカスタマイズ可能。ゲームへの臨場感を高めたい場合にもおすすめの東プレキーボードです。

東プレ(Topre) REALFORCE RGB TKL キーボード R2TLA-JP4G

APC機能とキースペーサーで細かくキーストロークの深さを調節できる東プレのフルサイズキーボードです。APC機能は1.5mm・2.2mm・3mmの3段階、キースペーサーは2mm・3mmのモノを挿入可能。プレイするゲームに合わせて、細かくキーの入力位置を変更したい場合に便利です。

また、フルNキーロールオーバー機能を備えているのもメリット。高速タイピング時にキーを同時押しした場合でもより正確なキー入力ができます。

キートップの文字部分と、キーキャップを異なる部材で組み合わせた2色成形を採用。キーキャップの文字が消えにくい仕様なので、ハードなゲームプレイに使いたい場合にもおすすめのキーボードです。