ワインを楽しむために欠かせないアイテム「ワインオープナー」。ひと口にワインオープナーといっても種類は幅広く、製品によって使いやすさが変わってきます。

そこで今回は、ワインオープナーの選び方とおすすめアイテムをご紹介。不慣れな方は失敗してコルクが折れたり、ボトルの中にコルクの破片が入ったりしてしまうこともあるので、ぜひ使い勝手のよい製品を見つけてみてください。

ワインオープナーの選び方

種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワインオープナーはワインボトルからコルク栓を抜くアイテム。コルクを抜くために、さまざまな仕組みによるワインオープナーが発売されています。

ラインナップとしては、テコの原理を利用したモノや空気の圧力を利用したモノなど、いくつか種類があるので事前に確認しておきましょう。また、採用している仕組みによって難易度や価格、サイズなどが異なるので、自分に合った道具を選ぶのがおすすめです。

T字スクリュー式オープナー

T字スクリュー式はもっともシンプルな構造のワインオープナー。スクリュー状の金属に持ち手をつけたモノで、携行性に優れていますが、扱いが難しいアイテムです。

使い方はコルクにスクリューの先端を差し、クルクルと回しながら深く差し込みます。その後、ボトルをしっかり抑えながら持ち手を持って引き抜くというシンプルな方法です。

コルクが割れたり、破片がボトルの中に落ちたりと、アクシデントは起こりやすいので注意が必要。コルクを引き抜く際は、ある程度の腕力が必要となるので、コルクの栓抜きに慣れていない方は難しく感じる場合もあります。

スクリュープル式オープナー

By: vacuvin.com

スクリュープル式はワインオープナーのなかでも比較的失敗が少ないタイプ。この方式はコルクが割れるといったトラブルが起こりにくく、力も不要なため、簡単に開けられるのが特徴です。

使い方は簡単でワインオープナーをワインボトルの口にセットし、金属のスクリューをコルクに差し込んでハンドルをクルクルと一方向に回すだけ。簡単な操作でコルクが上昇し、スムーズに抜けます。コンパクトで持ち運びも容易なので、幅広い方におすすめです。

ウイング式(テコ式)オープナー

By: amazon.co.jp

ウイング式はテコの原理を利用した方式であり、力を使わずにコルクの栓を抜けるため、人気が高く愛用する方も多いタイプで、バタフライ型とも呼ばれます。リーズナブルな製品が多いので購入しやすいのがメリットです。

使い方は、コルクの中心に金属のスクリューを差し、クルクルと回転させながら深く差し込みます。十分にスクリューが入ったらレバーを押し下げると、テコの原理で簡単にコルクを抜くことが可能です。

ただし、テコの原理で引き抜くため、経年劣化などでコルクが脆くなっている場合はコルクが割れてしまうこともあります。手軽に使えるアイテムですが、失敗することもあるので、多少慣れが必要なことは留意しておきましょう。

レバー式オープナー

By: rakuten.co.jp

レバー式のワインオープナーは、レバーを上下するだけでコルクが抜けるタイプ。簡単な操作でコルクの栓抜きが行えるほか、デザインもおしゃれでスタイリッシュなモデルが多いので、見た目にこだわりたい方に適しています。

レバーが大きいため、シンプルなワインオープナーよりも収納しにくいのはデメリット。モデルによって、レバーの上げ下げが一度でよいモノと、数回行う必要があるモノがあるので、事前にチェックしておきましょう。

電動式オープナー

By: recolte-jp.com

電動式のワインオープナーは、全自動でコルクの栓が抜けるアイテム。安定して栓を抜けるため、栓抜きの経験が少ない方にもおすすめです。腕力は必要ないので、何本も連続でコルク栓を抜くようなシチュエーションにも適しています。

電源は主に乾電池。ワインオープナー自体のサイズが大きいため、収納には気を使う必要があります。便利な分、持ち運び用途にも向かないことは考慮しておきましょう。

ソムリエナイフ

By: rakuten.co.jp

ソムリエナイフはワイン玄人に愛用者の多いワインオープナーです。シンプルな作りであり、コンパクトに持ち運べるアイテム。スタイリッシュなデザインはもちろん、おしゃれな雰囲気を演出できるのも特徴です。

使い方は、ナイフのパーツでワインのキャップシールを切り取り、金属のスクリューをコルクに真っすぐ差します。回しながら深く差し込み、しっかり奥までスクリューが入り込んだら、フックのパーツをボトルの口にかけ、テコの原理でゆっくり引き上げてコルクを抜きます。

ただし、扱いは難しく、慣れるまでには練習が必要。場を盛り上げるなどの演出には向いていますが、初心者の方には不向きなので、慣れてから挑戦しましょう。

ガス式(エアー式)オープナー

By: amazon.co.jp

ガスや空気による圧力を利用してコルクを抜くワインオープナー。扱いが簡単で失敗が少なく、誰でも容易に栓抜きを行えます。コルクが割れたり、コルクの破片がボトル内に落ちたりといったトラブルが少ないのもメリットです。

使い方は、針をコルクに刺してワインボトルにセットし、ガスまたは空気を注入するだけ。自動的にコルクが上昇し、コルクを抜くことが可能です。

ただし、柔らかいコルクや脆くなっているコルクだと、隙間ができてガスや空気の圧力をうまくかけられない場合があります。また、ほかのワインオープナーに比べて、コストはやや高めです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ワインオープナーを選ぶには、使う頻度や収納スペースなどを考慮して適切なサイズを選びましょう。キッチンにあまり収納スペースがなく、持ち運ぶことが想定されるなら、コンパクトなタイプのモノがおすすめです。

ワインが好きで使用頻度が高いならサイズが大きく、利便性の高い電動式やガス式が活躍します。用途とサイズがマッチしていないと、使わなくなってしまう恐れがあるため、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

オープナー以外の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

便利に使えるモノを探している方は、オープナー以外の機能を備えているかどうかで選ぶのもおすすめ。たとえば、ビールの栓抜きが付いているワインオープナーであれば、ワインを飲むときだけでなくビールを飲むときも活躍します。

なかには、ワインボトルの口部分にある「フォイル」を切るためのフォイルカッターが採用されているモノもあるので、ぜひワインオープナーに付いている機能もチェックしてみてください。

ワインオープナーのおすすめブランド

ル・クルーゼ(LE CREUSET)

By: amazon.co.jp

ホーロー鍋で有名なフランスのメーカー「ル・クルーゼ」は、スクリュープル式ワインオープナーも開発しています。そもそもスクリュープル式は1979年にはアメリカで人気のワインオープナーでしたが、のちにル・クルーゼが買収し、発売しています。

スクリュープル式はシンプルでコンパクトな作りでありながら、失敗が少ないワインオープナーとしても有名。価格もリーズナブルなので、幅広い方におすすめです。

レコルト(recolte)

By: rakuten.co.jp

「レコルト」はシンプルでスタイリッシュな調理家電を手がけるブランドです。レコルトの調理家電は、カラフルでおしゃれなデザインが特徴。デザイン性の高さには定評があります。

レコルトのワインオープナーは電動式タイプであり、誰でも簡単に扱えるのが魅力。おしゃれなカラーとスマートなデザインで、キッチンを華やかに演出します。

バキュバン(VACUVIN)

By: amazon.co.jp

「バキュバン」はワイン関連製品を多く手がけているオランダのブランドです。優れたワイン保存器具を発売していることでも有名。高性能なキッチンアイテムを次々と世に送り出し、最優秀新製品ブルーリボン賞やグッドデザイン賞などの数々の賞を獲得しています。

バキュバンのワインオープナーは、ワインボトルにセットしてクルクルと回転させるだけで栓が抜けるスクリュープル式。コツや腕力は不要で、多くのワイン愛好家から高い支持を集めているアイテムです。

ワインオープナーのおすすめモデル

エバソロ(eva solo) ボトルオープナー

デンマークの若手デザイナー、ヘンリック・ホルベック氏とクラウス・ジャンセン氏の2人が手がけるワインオープナーです。シンプルで洗練されたデザインが特徴。シルバーとブラックのコントラストがスタイリッシュで、プレゼントとしてもおすすめです。

力の入れやすい角度に設計されたハンドルは、滑りにくいラバー製。ハンドルの先はボトルの栓としても利用できます。実用的でおしゃれなアイテムを探している方におすすめのワインオープナーです。

和平フレイズ ジー・クック T型コルク抜き

シンプルなT字スクリュー式のワインオープナー。握りやすく、手に馴染みやすい天然木のハンドルが特徴です。コンパクトな大きさで収納しやすいのもポイント。お手入れもしやすいため、清潔に使用できます。

比較的リーズナブルで使いやすい製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パール金属 ワインオープナー make a good C-4990

握りやすいフォルムのハンドルと、コルクにしっかりと差し込める太めのスクリューが特徴。スクリューにはサヤが付いているので携帯しやすく、アウトドアで使用するのもおすすめです。

サヤを外せば食洗器での洗浄が可能で、お手入れが簡単なのも嬉しいポイント。シンプルなT字スクリュー式のワインオープナーですが、使いやすさにこだわった設計が魅力です。

フロウ(flow) サヤ付コルク抜き

鮮やかなレッドカラーがおしゃれなワインオープナー。スクリュー部分を収納しているサヤを引き抜き、本体の丸い穴に差し込んでハンドルとして使用します。

ペン型に収納できるのでバッグの中でもかさばらず、キャンプやバーベキューなどのお出かけにおすすめのアイテム。購入しやすいリーズナブルな価格もポイントです。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ワインオープナー テーブルモデル TM100

ボトルの口を挟むようにセットし、ハンドルを回すとコルクが引きあがるスクリュープル式のワインオープナーです。シンプルで洗練されたデザインが魅力。本体に印字された「LE CREUSET」の白いロゴもポイントです。

スクリューがコルクの中心をとらえやすい設計で、誰でも簡単に使用できるのが魅力。また、スクリューにはNASAで開発された特殊コーティングが施されており、コルクを滑らかに通ります。高品質でプレゼントとしてもおすすめです。

バキュバン(VACUVIN) コルクスクリュー ツイスター

オランダで誕生したワイン保存器具のブランド、バキュバンのスクリュープル式ワインオープナー。ユニークなフォルムが印象的な本製品は、プロの料理人やソムリエからも支持され、世界中で愛用されているアイテムです。

本体に付いている3ヵ所のゴムは、ボトルネックをしっかりと支えられるよう配置されています。ボトルに固定した本体を支え、扇形のハンドルを回し続けることでコルクが上昇。スクリューがずれにくく、安定感のある使い心地が魅力です。

ザ・デュランド(The Durand) オールドヴィンテージワインコルク抜き CU059ST

コルクの中心に差し込むスクリューと、ボトルとコルクの間に刃を差し込む2枚刃のブレードがセットになったワインオープナー。ヴィンテージワインを抜栓するためのアイテムです。

使い方は、スクリューを根元までコルクに差し込み、その上からブレードの刃をゆっくりと挿入。2つ同時にひねりながら引き上げ、コルクを取り出します。重厚感のある高価なアイテムでプレゼントにもおすすめ。抜栓に慣れた上級者の方に適しています。

なお、本製品は天然コルク専用のアイテムで、プラスチックなどの合成素材で作られた人工コルクには使用できないので留意しておきましょう。

メニュー(menu) ブレード ツイストコルクスクリュー

1979年に設立されたデンマークのデザイン会社、メニューのワインオープナー。スクリューのハンドル部分と本体が滑らかにつながる、スッキリとしたデザインが魅力。人間工学に基づいた設計で握りやすく、少ない力でコルクを引き上げられます。

ハンドルと本体にはマグネットが付いており、保管するときにバラバラになりにくいのもポイント。ベーシックなブラックのほか、落ち着いた色合いのレッドとライムがラインナップされています。

オクソー(OXO) ワインオープナー

多くの人にとって使いやすい「ユニバーサルデザイン」を理念に立ち上げられたアメリカのブランド、オクソーのワインオープナー。コルクにスクリューを差し込み、両側のレバーを押し下げることでコルクを引き上げるウイング式です。

スクリュー部分には、コルクに滑らかに入り込むようコーティングが施されています。ハンドルは柔らかい素材でできており、握りやすいのもポイント。おしゃれで機能的なワインオープナーを探している方におすすめのアイテムです。

ギディーニ(GHIDINI) ワインオープナー

イタリアのキッチン用品メーカー、ギディーニ社のウイング式ワインオープナーです。ボトルの口に本体の円形部分を合わせ、コルクの中心にスクリューを差し込んで使用するウイング式を採用。スクリューがぶれにくく、簡単に抜栓できるのが魅力です。

指がかけられるハンドル部分は、栓抜きとして使用できるのもポイント。丈夫で錆びにくいステンレス製でお手入れがしやすく、長く愛用できます。レッドカラーがおしゃれなワインオープナーです。

アレッシィ(ALESSI) Anna G. ワインオープナー

アレッシィはイタリアを代表するハウスウェアメーカー。本アイテムは1994年に発表されたユニークなワインオープナーで、デザイナーの恋人をモチーフとして作られたといわれています。

簡単に抜栓できるウイング式で、オブジェにもなる可愛らしいデザインが魅力。カラーはおしゃれなグリーンがラインナップされています。楽しく使えるおしゃれで実用的なアイテムは、プレゼントとしてもおすすめです。

モノポール(MONOPOL) ウイング コルク抜き

モノポールは、刃物の街として有名なドイツのゾーリンゲンに位置する老舗メーカー。コルク抜きの製造所として長い歴史があり、高品質で耐久性の高い製品を生み出しています。

本アイテムは、上質なステンレス製のウイング式ワインオープナー。スクリューのハンドルは栓抜き兼用です。磨き上げられたステンレスで高級感があり、適度な重みで安定した使い心地が得られるのも魅力。品質にこだわりたい方におすすめのアイテムです。

ファンヴィーノ(funVino) ラクリス コルクスクリューセット 8113

丸みのある本体と、鮮やかな色合いがおしゃれなワインオープナー。レバーを引き上げた状態で本体をボトルにかぶせます。レバーを下げることでスクリューがコルクに差し込まれ、再びレバーを引き上げると抜栓できるレバー式タイプを採用。

大きなレバーは丈夫で握りやすく、誰でも簡単に素早く抜栓できるので、ワイン初心者へのプレゼントとしてもおすすめ。ボトルネックを覆っているシールをカットするための「フォイルカッター」が付いているのもポイントです。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ガイア LM150

ル・クルーゼのイメージカラーである、鮮やかなチェリーレッドが目を引くワインオープナーです。シンプルでスタイリッシュなデザインもポイント。スクリューにはNASAで開発された特殊コーティング技術を採用しています。

レバーを前後に動かすだけでスムーズに抜栓できるレバー式なので、誰でも簡単に使用可能。機能的でおしゃれなアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ジョセフジョセフ(Joseph Joseph) バーワイズ レバーコルクスクリュー

イギリスで誕生した生活用品ブランド、ジョセフジョセフ。卓越したデザイン性と高い機能性を有する、多彩なアイテムが揃っています。スタイリッシュなデザインの本アイテムは、レバー式のワインオープナー。レバーを前後に動かして簡単に抜栓できるだけでなく、レバーをたたんでコンパクトに収納できるのも魅力です。

粘着性のあるモノでも付着しにくいノンスティックコーティングが施されたスクリューは、あらゆるタイプのコルクに対応可能。さらに、本体にはボトルのフォイルをカットする「フォイルカッター」も付いています。実用性にこだわりたい方におすすめのアイテムです。

レコルト(recolte) イージーワインオープナー EWO-2

シンプルでスタイリッシュな生活家電ブランド、レコルトのワインオープナーです。本体に付いているボトル型のスイッチを押すだけで抜栓できる電動式。本体の下部はスケルトンデザインで、コルクの状態を確認しやすいのが魅力です。

抜いたコルクもスイッチひとつで簡単に取り外し可能。電池式なので使う場所を選ばず、キャンプやバーベキューなど、屋外で使用するアイテムとしてもおすすめです。ブラック・ホワイト・ワインレッドの3色がラインナップされています。

シロカ(siroca) +LOUNGE イージーワインオープナー LBO-W160

シンプルでスタイリッシュなデザインの電動ワインオープナー。本体の中央にあるスイッチ下部を押してコルクを抜き、スイッチ上部を押して抜いたコルクを取り外します。コルクの状態が見えやすいよう、スクリュー側がスケルトン仕様になっているのもポイントです。

ボトルの口を覆うシールは、付属の「フォイルカッター」で簡単に剥がせます。短時間でスマートに抜栓でき、ホームパーティーなど、ワインを開ける機会が多い方におすすめのワインオープナーです。

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG) ワインオープナー

アウトドア用品の総合ブランド、キャプテンスタッグの電動式ワインオープナー。取り外しが可能な台座の部分は「フォイルカッター」になっており、ボトルを覆うシールがカットできます。

ボトルの口に本体をセットし、中央にあるボタンを押し続けることでコルクが上昇。抜き取ったコルクは再度ボタンを押し続けて取り出します。新品の単三乾電池4本で約100本の抜栓が可能。バーベキューやホームパーティーなど、多くのワインを開けたいときにおすすめのアイテムです。

未来堂 電動ワインオープナー

シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力の電動式ワインオープナーです。シックなメタリックカラーで、高級感のある化粧箱入り。プレゼントにもおすすめのアイテムです。

付属の「フォイルカッター」はボトルの口を覆うシールがカットでき、使用しないときは本体のスタンドとして活用できます。抜栓は、ボトルに対して垂直に本体をセットし、スイッチを押すだけ。簡単な操作で使いやすく、飽きのこないデザインが魅力のワインオープナーです。

カールメルテンス(CARL MERTENS) ワインオープナー ソムリエナイフ

世界三大刃物産地のひとつ、ドイツ・ゾーリンゲンに拠点を置くカールメルテンスが製造するアイテム。滑らかな手触りの樹脂と、磨き上げられた上質なステンレスを使用したクオリティの高いワインオープナーです。

はじめにハンドルを持ち上げ、本体下部の「フォイルカッター」でボトルのフォイルを取り外します。再度本体をボトルネックのくぼみにセットし、レバーを上下させるだけで抜栓が完了。シンプルな操作でスムーズにコルクが引き上げられます。高級感のある化粧箱入りで、プレゼントとしてもおすすめの製品です。

プルテックス(Pulltex) プルタップスライト ブラック SX300BK

プルテックスはスペインのワインアクセサリー専門メーカー。プルタップスシリーズは、世界中のソムリエに広く愛用されており、耐久性が高く機能的でありながら手頃な価格で購入できるのが魅力です。

レバーに施されたフックは2段式。フックはボトルからコルクを引き上げる際、ボトルの口の部分に引っかける部分ですが、フックを途中で掛け替えることで、まっすぐ確実に抜きやすくなります。また、指への負担が軽減されるよう、人間工学に基づいて設計されているのもポイント。ソムリエナイフをはじめて使う方にもおすすめのアイテムです。

ラギオール アン オブラック(Laguiole En Aubrac) ソムリエナイフ 5109

ラギオール アン オブラックの製品は、フランス南西部に位置するラギオール村を拠点とし、熟練した職人達によって生み出されています。希少な天然素材を使用したカトラリーやソムリエナイフが有名。本アイテムはハンドルの素材にバッファローの角を採用した、洗練されたデザインのソムリエナイフです。

ブラックのマットな艶と、磨き上げられたステンレスの輝きが美しいアイテムは、大切な方へのプレゼントとしてもおすすめ。扱いが難しいソムリエナイフですが、最高級の素材で丁寧に作られているため、使うほどに味わいが増していきます。

デュルック(DELUC) ソムリエナイフ シルバーコーティッド

軽量でストレートなボディラインが特徴のデュルック。フランスで長きにわたり愛され続けているソムリエナイフのブランドです。高級ソムリエナイフの製造で有名なフランスの老舗刃物メーカー、SCIP社が製造しています。

スクリュー・ナイフ・フックすべてにシルバーコーティングが施された、高級感溢れるデザインが魅力です。細部にまでこだわった設計で、スムーズに抜栓しやすいのもポイント。多くのフランス人ソムリエに愛用されているワインオープナーです。

アスロ(ATHRO) ソムリエナイフ 黒檀

世界的にも有名な刃物の産地、岐阜県関市で誕生したソムリエナイフ。アスロは、アウトドアナイフの製造において歴史のある、豊和刃物製作所のオリジナルブランドです。

ハンドルの素材には、硬くて丈夫な黒檀を採用。上品な光沢を放ち、洗練された雰囲気に仕上がっています。スクリューには、コルクへの抜き差しがスムーズに行えるよう、溝が刻まれているのもポイント。ナイフの製造技術を生かして生み出された、クオリティの高いソムリエナイフです。

コルクポップス(Cork Pops) レガシー ガス式簡単ワインオープナー

針をコルクに刺し、本体上部のボタンを押すことでスピーディーに抜栓できるガス式のワインオープナー。針先から注入された圧縮不活性ガスがコルクを持ち上げるため、力をかけず簡単に開栓できます。ガスカートリッジ1本で、60~80回程度の使用が可能です。

スムーズにコルクに刺さるよう、針にはフッ素樹脂加工が施されています。人間工学に基づいた設計で操作しやすいのも魅力。750mlのボトルのみに対応するアイテムで、発泡性のワインには使用できないので留意しておきましょう。

ファイン(Fine) ワインオープナー

コルクに刺した針からボトル内に空気を送り、コルクを持ち上げて抜栓するエアー式のワインオープナー。空気入れの要領で、コルクが抜けるまでハンドルを数回上下に動かします。

抜いたコルクをきれいに取り出しやすいため、コルクをコレクションとして保管したい方にもおすすめ。本体下部はスケルトン仕様で、コルクの状態が確認しやすいのもポイントです。カラーはブラック・ホワイト・レッドの3色がラインナップされています。

Decdeal ワインオープナー バキュームポンプ

空気の力でコルクを持ち上げる、エアー式のワインオープナーです。コルクにまっすぐ針を刺し、ボトルをしっかりと支えながらハンドルを上下に動かして空気を送ります。

真空ストッパー・ ワインポアラー・フォイルカッターがセットになっており、ワイン好きの方へのプレゼントとしてもおすすめ。飽きがこないシンプルなデザインと、購入しやすいリーズナブルな価格も魅力です。

レミニセンス(REMINISCENCE) エクスプローラー BK9NKB01

ロケットのようなフォルムが印象的なエアー式のワインオープナー。まっすぐ針を刺すのでコルクが砕けにくく、初心者の方でも簡単に抜栓できるのが魅力です。

シルバーとブラックの落ち着いた配色で、高級感のあるデザインもポイント。普段使いからパーティーシーンまで、幅広く活用できるアイテムです。コルクが硬くて針が差し込みにくい場合は、ボトルを傾け、コルクを湿らせてから使用してみてください。