いつでもフレッシュな炭酸水を楽しめる「炭酸水メーカー」。水だけではなくジュースやお酒に炭酸を注入できたり、炭酸の強さを調節したりできる、多機能なモデルも販売されています。

そこで今回は、おすすめの炭酸水メーカーをランキング形式でご紹介。炭酸水メーカーのメリットや選び方も合わせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

炭酸水メーカーのメリット

コストパフォーマンスに優れている

炭酸水メーカーを使用すると、市販されている500mlペットボトルに入った炭酸水を購入するよりも、コストが抑えられる点がメリットのひとつです。一般的に、炭酸水は500mlあたり100円前後の価格で販売されています。

一方、炭酸水メーカーを使用するとコストを半分程度に抑えられる場合がほとんどです。カートリッジ式だと1Lあたり70円前後、シリンダー式だと1Lあたり50円以下になる場合が多いので、市販品を購入するよりも非常にコストパフォーマンスに優れています。

いつでもフレッシュな炭酸水を飲める

By: amazon.co.jp

いつでもフレッシュな炭酸水を飲める点も、炭酸水メーカーのメリットとして挙げられます。炭酸水を飲みたいと思ったら即座に作れるので、ぬるくなってしまったり、気が抜けてしまったりする心配もありません。

なお、炭酸水メーカーによっては、炭酸の強さを調節できる点も魅力のひとつ。いつでも自分好みの炭酸水や炭酸ジュースを楽しめます。

ペットボトルのゴミを減らせる

ペットボトルのゴミを減らせるので、環境に優しい点もメリット。頻繁に炭酸水を飲む場合は、大量にペットボトルが溜まってしまいます。炭酸水メーカーであれば、再利用可能な専用ボトルを使用するので、ボトルを処分する手間もかかりません。

また、飲みきったペットボトルなど、ゴミを保管するスペースがあまりいらない点も魅力。ペットボトルのゴミが気になっていた方は、ぜひ炭酸水メーカーをチェックしてみてください。

炭酸水メーカーの選び方

炭酸ガスの充填方法をチェック

処分の手間がかからない「カートリッジ式」

By: amazon.co.jp

炭酸水を作る際に小型のカートリッジを装着し、1回で使いきるタイプがカートリッジ式の炭酸水メーカー。本体価格がシリンダー式と比較して安価なモノが多いのが特徴です。

本体もカートリッジもコンパクトなので、収納場所を取りにくい点もメリットのひとつ。また、持ち運びやすいため、バーベキューやキャンプなどのアウトドアシーンで炭酸水を作って楽しめます。

さらに、使用後のカートリッジは不燃ゴミとして処分できる場合が多いので、できるだけ手間をかけずに炭酸水メーカーを利用したい方にもおすすめです。

濃度の調節ができる「シリンダー式」

By: amazon.co.jp

ガスが封入された大型のシリンダーを本体にセットして使用するタイプの炭酸水メーカーが、シリンダー式。カートリッジ式とは異なり一度シリンダーをセットするとガスがなくなるまで何回も使用できるため、炭酸水を作る頻度が高い方におすすめです。

シリンダーが大きく、作れる炭酸水の量が多くなるほど、コストパフォーマンスがよくなる点も魅力。さらに、多くのシリンダー式炭酸水メーカーは、炭酸の強さを調節できる機能が搭載されているので、好みの刺激を楽しめます。

カートリッジ式はガスの取り付けやすさと重量をチェック

By: dmd.co.jp

カートリッジ式の炭酸水メーカーを選ぶ際は、ガスの取り付け方法をチェックしておきましょう。カートリッジをねじ込んだり押し込んだりするだけでガスを注入できるタイプだと、初心者でも迷わず簡単に使用できます。

重量やサイズもポイント。カートリッジ式の炭酸水メーカーを持ち運んで使いたい場合は、できるだけ軽量なモデルがおすすめです。また、コンパクトなモデルだと、カバンにも入れやすく気軽に持ち出せます。

シリンダー式はボトルの取り付けやすさをチェック

By: drinkmate.jp

シリンダー式の炭酸水メーカーの場合、大型の本体にボトルをセットする必要があります。頻繁に炭酸水を作る場合は、都度ボトルの取り付けや取り外しの作業が発生するため、できるだけボトルが取り付けやすいモデルがおすすめです。

一部の炭酸水メーカーには、ワンタッチでボトルを取り付けたり、取り外したりできる機能が搭載されています。手間をかけずに炭酸水を作りたい方は、ボトルの取り付けが簡単なモデルを選んでみてください。

炭酸の強さ調節機能をチェック

By: drinkmate.jp

炭酸水メーカーのなかには、炭酸の強さを調節できるモデルがあります。爽やかな刺激を楽しみたいときには強めに設定し、子供が飲むジュースを作るときは微炭酸にするなど、飲み物やシーンに合わせて臨機応変な使い方が可能です。

炭酸の強さを調節できるモデルのなかでも、調節方法はさまざま。炭酸を注入する際のボタンを押す回数や強さで感覚的に調節できるタイプや、レバーやボタンで毎回同じ強さに設定できるタイプなどがラインナップされています。好みに合わせて選んでみてください。

水以外の飲み物にも使えるかチェック

By: rakuten.co.jp

使用できる飲み物の種類も、事前にチェックしておきましょう。水のみに対応した炭酸水メーカーの場合、作った炭酸水はそのまま飲むほかに料理に使ったり、アルコールを割ったり、スキンケアに使ったりなどの使い道があります。

一部のモデルはジュースやお酒に直接使用可能です。ジュースを炭酸にして楽しんだり、スパークリングワインやオリジナルのカクテルを作ったりなど、使い方はさまざま。なお、気が抜けた炭酸ジュースやお酒に使用し、再度刺激を復活できるモデルもあります。

自動ガス抜き機能をチェック

By: sodastream.jp

自動ガス抜き機能の有無も、炭酸水メーカーを選ぶうえで重要なポイントです。炭酸水メーカーを使用して炭酸を注入すると、安全に余分なガスを抜くために、ボトルの取り外し前後に一定時間放置しなければならない場合があります。

自動ガス抜き機能が搭載された炭酸水メーカーの場合は、ボトルを取り外す際に自動でガス抜きも実行されるため、手間がかかりません。吹きこぼれる心配もなく安全に使えるので、予算に余裕がある方はぜひチェックしてみてください。

専用ボトルの種類をチェック

By: rakuten.co.jp

炭酸水メーカーは、カートリッジ式・シリンダー式にかかわらず専用のボトルを使用するタイプがほとんどです。そのため、専用ボトルの種類によって使いやすさが異なり、複数の種類が用意されていると用途応じて使い分けられます。

作った炭酸水やジュースを保存したい場合は、キャップ付きの専用ボトルがおすすめ。350mlや500mlといった小さいサイズのボトルに対応している場合は、冷蔵庫の場所を取りにくいほか、作った炭酸水をカバンに入れて持ち運べます。

ボトルの素材も、ガラスやステンレスなどさまざま。口が大きめに設計されており、氷が投入しやすいボトルもあります。

炭酸水メーカーのおすすめランキング

第1位 ソーダストリーム(sodastream) Source v3 スターターキット

炭酸水メーカーの火付け役となった「ソーダストリーム」の上位機種。シリンダー式で炭酸ガスの充填を行う炭酸水メーカーです。有名デザイナーのイヴ・べアール氏と共同開発したデザインは、シンプルながら高級感があり、キッチンに置くだけでおしゃれな雰囲気を演出できます。

専用ボトルをワンタッチで簡単に取り付けられる「スナップロック機能」を採用。これにより、専用ボトルの着脱が容易にできるので、忙しい生活のなかでも手軽に炭酸水を作れます。

本製品は、500mlあたり約18円で炭酸水を作れ、コストパフォーマンスの面でもおすすめ。また、ボディ正面に炭酸の強弱によって点灯するLEDライトを搭載しており、ガスの注入時にひと目で炭酸の強さを把握できます。信頼の大手メーカーによる豊富な機能が魅力の炭酸水メーカーです。

▼【レビュー】コーラも作れる!炭酸の強度を自分好みに調節できる炭酸水メーカー「ソーダストリーム ソース v3」

第2位 タケシタ e-soda

電源が不要なので、自宅はもちろんキャンプなどのアウトドアシーンでも活躍する炭酸水メーカー。軽量で持ち運びにも便利なのが特徴です。本製品は、ガスシリンダー1本で、最大60Lの炭酸水を作ることが可能。500mlのペットボトル1本あたり約18円で炭酸水を楽しめます。

サイズは、幅8.0×奥行16.7×高さ41.5cmとスリム。さまざまなインテリアと親和性が高いホワイト・シルバー・ブラウンの3色からサーバーカラーを選べます。

また、炭酸水を新しく作るだけでなく、気の抜けた炭酸飲料やビールの炭酸を復活できるのも魅力。時間が経ってもしっかりとした炭酸を感じるドリンクを味わえます。使用方法も簡単なので、作りたての炭酸水を手軽に楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第3位 ドリンクメイト(drinkmate) シリーズ620 スターターセット DRM1011

簡単な操作が魅力的なおすすめの炭酸水メーカー。好みの飲料をボトルに入れて本体にセットし、ボタンを押すだけで手軽に炭酸を注入できます。電源に接続する必要がないので、キッチンやダイニングなどさまざまな場所で使用可能です。

水以外の飲料に対応している点も魅力のひとつ。オレンジジュースや紅茶、お酒にも使用できます。気が抜けてしまった炭酸ジュースやお酒を入れて、再度炭酸を注入するような使い方も可能です。

炭酸の強さを調節できる機能も搭載。本体上部に搭載された炭酸濃度調節レバーを回すと、微炭酸から強炭酸まで4段階の調節が可能。子供が飲むジュースを微炭酸にしたり、気が抜けたコーラを強炭酸にしたりなど、シーンに合わせて使用できます。

オリジナルカクテルを作ったり炭酸水でスキンケアをしたりなど、アイデア次第でさまざまな使い方ができるおすすめの炭酸水メーカーです。

第4位 ソーダストリーム(sodastream) GenesisDeluxe v2 スターターキット SSM1069

シリンダー方式で人気を集めるソーダストリームシリーズのエントリーモデルです。メタルメッキ仕様のスタイリッシュかつおしゃれなデザインが特徴。60Lのシリンダーを採用しており、500mlあたり約18円で炭酸水を作れるコストパフォーマンスのよさも魅力です。

専用ボトルはスクリュータイプで、ボトルを回転させながら着脱する仕組み。使用後は、専用ボトルに備わっている金属の底部分を取り外して手軽に洗浄できます。「メタル式炭酸注入ノズル」を採用しているので、ドライアイスができにくいのもポイントです。

ボタンを押す回数で炭酸の強さを変更でき、微炭酸から強炭酸まで好みに合わせて調節可能。キャップも付属するため、作った炭酸水をそのまま冷蔵庫に保存できます。本製品は同シリーズのなかでも価格が安いので、炭酸水メーカーを初めて購入する方にも人気です。

第5位 ソーダストリーム(sodastream) Source Power スターターキット

電源に接続して使用するタイプのおすすめ炭酸水メーカー。約1Lの専用ヒューズボトルが付属するので、購入後すぐに炭酸水作りを楽しめます。炭酸注入ノズルにメタル式を採用しているため、ドライアイスができにくい点も魅力です。

炭酸濃度を弱・中・強の3段階で調節できるので、微炭酸水にシロップを加えてジュースにしたり強炭酸に仕上げてハイボールを作ったり、好みに合わせた炭酸水を作れます。ワンタッチでボトルを着脱できる、「スナップロック機能」の搭載も特徴です。

ボタンを押すとわずか数秒で炭酸水が完成する、スピード感も魅力。専用のガスシリンダー1本で、500mlのペットボトル約120本分の炭酸水を作ることも可能です。買い出しやゴミ出しの手間がかからず、コストパフォーマンスにも優れています。

メタル素材のスタイリッシュな見た目でインテリアに馴染みやすく、デザインを重視する方にもおすすめです。

第6位 アールケ(AARKE) Carbonator Ⅲ AAC3

スタイリッシュなデザインの炭酸水メーカー。外装に光沢のあるステンレス素材が採用されており、耐久性に優れていると同時に高級感もあります。スリムな形状かつスタイリッシュなデザインなので、キッチンのインテリアとしてもおすすめです。

電源が不要な手動タイプで、設置場所を選ばない点も魅力のひとつ。微炭酸・炭酸・強炭酸といったように炭酸の強さを調節できるため、料理に使ったりお酒を割ったりなど、用途に合わせた好みの炭酸水を手軽に楽しめます。

独自の独立型セーフティバブルを3つ搭載しており、安全面も良好。操作はレバーを押すだけなので、初めての方でも迷わずに使用できます。ソーダストリームのシリンダーをはじめ、他社のシリンダーを使用できる点も特徴です。

豊富なカラーバリエーションもうれしいポイント。見た目を重視する方におすすめの炭酸水メーカーです。

第7位 日本炭酸瓦斯 ステンレスサイホン

シンプルでおしゃれな炭酸水メーカー。カートリッジ式を採用しており、ひとつのカートリッジで最大約1Lの炭酸水を作れます。本体サイズは外径102×高さ290mm。一般的な冷蔵庫のドアポケットにも、無理なく収まりやすい点が魅力です。

カートリッジをホルダーにねじ込むと、自動でガスが注入されます。数回ボトルを振ると炭酸ガスと水がよく混ざるほか、冷水を使うとさらに効果的。作った炭酸水は冷蔵庫でボトルのまま保管でき、冷やして炭酸を強める効果も期待できます。

レバーを押してノズルから炭酸水を出す方式も特徴のひとつ。レバーを閉めれば炭酸水が出てこないので、必要な分だけグラスに注げます。カクテルやハイボールを作る際に、自分好みの量の炭酸水を注ぎたい方におすすめです。

シンプルなデザインも魅力。キッチンのインテリアとしてもおすすめの炭酸水メーカーです。

第8位 グリーンハウス(GREEN HOUSE) ソーダマシン ツイスパソーダ スターターキット SODABK

手軽に炭酸飲料を楽しめる炭酸水メーカー。カートリッジ式なので、電源が不要かつ場所も取らないのがポイントです。使用頻度があまり高くない方におすすめ。コンパクトなため、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンにも気軽に持ち運んで使えます。

水以外に、お酒やジュースにも使用できる点が魅力です。専用ボトルは水の場合約950ml、お酒やジュースの場合は約720mlまで対応。1度に一般的なグラス1杯以上の炭酸水を作れるので、家族や友人とシェアして楽しめます。

専用ボトルの耐久性の高さもポイント。1万回の注入耐久試験をクリアしているため、長期間安心して使用できます。カートリッジも第三者機関による認証を受けており、耐熱性や耐冷性の試験をクリアしているので、安全に使用可能です。

専用ボトルにはキャップが付いているため、ドリンクの保存にも対応しています。コストパフォーマンスに優れた、おすすめの炭酸水メーカーです。

第9位 ソーダスパークル(SodaSparkle) マルチスパークルII MS2-1

カートリッジ式の炭酸水メーカー。サイズが幅145×奥行き54×高さ69mmのカートリッジを取り付けて使用します。カートリッジはコンパクトなのでまとめ買いしても場所を取りにくく、使用後はスチールゴミとして処分できる点も魅力です。

水のほかにジュースや白ワインにも使用可能。専用ボトルは水であれば1L、ジュースや白ワインの場合は650mlまでに対応しています。一般的な冷蔵庫のドアポケットにも収まるスリムな設計で、冷蔵庫のスペースが限られている方にもおすすめです。

ボトル内部は熱湯消毒に対応。ボトルのみであれば食洗機も利用できるため、使用後のお手入れ意にも手間がかかりにくくいつでも清潔な状態で使い続けられます。カートリッジが付属するので、購入後すぐに使える点も魅力です。

レシピブックも同梱されているため、初心者でも炭酸水を使った料理に活用できます。

第10位 ドリンクメイト(drinkmate) マグナムグランド スターターセット DRM1006

ひとつのシリンダーで大量の炭酸水を作れる炭酸水メーカー。マグナムガスシリンダーを使うと、合計約142Lの炭酸水が作れます。キャップ付きの1L専用ボトルが付属されるので、1度に大量の炭酸水を作れるほか、冷蔵庫で保管も可能です。

本体サイズは幅171×奥行き211×高さ429mm。水はもちろん、粘度の高い液体や果肉入りでなければお酒やジュースにも対応しているため、さまざま飲料で炭酸を楽しめます。ボトルはアダプターに沿ってセットするだけなので、簡単に使用可能です。

ボタンを押す回数によって、好みの炭酸の強さを調節できます。炭酸を注入した後にスローリリースタブを押すとガスが抜けるため、安全に取り外せる点も魅力。インフューザーは丸洗いが可能なので、清潔に使用できます。

水以外の飲料にも使えるシリンダー式の炭酸水メーカーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第11位 ソーダストリーム(sodastream) Spirit One Touch スターターキット

便利な電動タイプの炭酸水メーカー。電源に接続するタイプのため、自動で炭酸水を作れる点が魅力です。ボタンを押し続ける必要がないので、ボタンを押した後にグラスや氷を準備したり、シロップやお酒を用意したりなどができます。

本体上部には弱・中・強の3つのボタンを搭載しており、好みの強さの炭酸水を作れるのがうれしいポイント。ボトルの着脱をスムーズに行える、「スナップロック機能」の搭載も特徴のひとつです。

専用ボトルは、しずく型のスタイリッシュなヒューズボトル。満水容量は1010mlで、適正容量は840mlです。ボトルにはシロップを入れて混ぜたり、炭酸水を入れたまま冷蔵庫で保管しやすい、キャップも付いています。

本体サイズは幅130×奥行き185×高さ420mm。好みの強さの炭酸水が簡単に作れる、おすすめの炭酸水メーカーです。

第12位 ソーダストリーム(sodastream) Spirit スターターキット

スリムでおしゃれなデザインの炭酸水メーカー。独自の「スナップロック機能」に対応しており、ボトルをノズル部分に斜めに差し込み、本体に押し込むだけで簡単に装着できます。取り外しも簡単なので、初心者の方にもおすすめです。

ボトルをセット後にボタンを押すだけで、すぐに炭酸水が作れます。ボタンを押す回数を変えると炭酸の強さが変わるため、好みの加減に設定可能です。

1Lのヒューズボトルのほか、0.5Lのヒューズボトルも付属。どちらのヒューズボトルにもキャップが付いているので、作ったドリンクを保存したり、カバンに入れて持ち運んだりできます。

本体は、3色のカラーバリエーションから選べる点も魅力です。スリムなデザインのため、置き場所や収納場所を選びません。シンプルで使いやすい、おすすめの炭酸水メーカーです。

第13位 ソーダミニ(Soda Mini) ソーダミニII SM1004

コンパクトで使いやすい炭酸水メーカーです。本体サイズは幅108×奥行き180×高さ310mmコンパクトで、重量も約1kgと軽量。キッチンやダイニングなどに持ち運んで使いやすく、設置場所や収納場所も選ばない扱いやすい設計です。

水を入れたボトルを本体にセットし、ボタンを押し下げると炭酸が水に溶け込みます。ボタンの押し加減や押す時間の長さにより、炭酸の強さを調節できる点も特徴のひとつ。あらかじめ水を冷やしておくと、効率よく炭酸が水に溶け込みます。

作った炭酸水は、シロップを入れてジュースにしたり、アルコールを割ったりなど使い方はさまざま。専用ボトルの容量は約350mlでキャップも付属するため、オリジナルの炭酸ジュースをカバンに入れ、持ち込んで楽しめます。

シンプルでミニマルなデザインも特徴。おしゃれな炭酸水メーカーに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

第14位 メイスイ SODA MAKER S1000

炭酸が抜けにくいサイフォンタイプの炭酸水メーカーです。気軽に使いやすいカートリッジタイプを採用。専用のカートリッジの内容量は8gで、コンパクトかつ軽量です。本体と合わせてバーベキューやキャンプなどのアウトドアシーンに持ち運んでも使えます。

レバーを押して必要な量の炭酸水を注げるのがポイント。1度作った炭酸水はボトルのまま冷蔵庫で保管可能です。約2~3日は炭酸の刺激をキープできます。

ボトルの口が広めに設計されている点も魅力のひとつ。氷を入れやすいので、冷たい炭酸水を楽しめます。ボトルの容量は約1L。材質にはステンレスが採用されており、高級感がありながらも頑丈です。

炭酸水メーカーの楽天市場ランキングをチェック

炭酸水メーカーの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。