日本人の食卓には欠かせない調味料、醤油。卓上で気軽に醤油を使いたい際に必要になるアイテムが「醤油さし」です。ガラス製や陶器製のおしゃれなモノから、プラスチック製で手軽に使える安価なモノまでさまざまな製品が展開されています。

そこで今回は、おすすめの醤油さしをご紹介。デザイン性や使い勝手など、自分好みのアイテムを探してみてください。

醤油さしの選び方

種類で選ぶ

スタンダードタイプ

By: amazon.co.jp

スタンダードタイプは容器を傾けることで醤油を注げるのが特徴。もっとも一般的な形状で、採用されている素材やデザインの豊富さが魅力です。調理の際には一度に大量に注げて便利なので重宝します。

しかし、注ぐ量の調節が難しいのがデメリット。空気穴が開いている製品であれば多少の調節は可能ですが、醤油が空気に触れるぶん、風味が劣化しやすくなってしまう場合もあります。

プッシュタイプ

By: amazon.co.jp

プッシュタイプは、容器についているボタンを押しながら傾けることで醤油を注げるのが特徴。ボタンをどれくらい押し込むかによって出る量を加減するので、醤油を1滴ずつ出したいときにも対応できます。容器を倒してしまった際も醤油がこぼれにくいため、小さな子供がいる家庭でも使いやすい形状です。

スプレータイプ

By: amazon.co.jp

スプレータイプは醤油をスプレーのように噴射して拡散させるのが特徴。少しの量でも食材の表面にまんべんなくかけられるので風味や香りを感じやすく、味の薄さが気になりにくいのが魅力です。醤油の使用量を意識的に減らせるので、減塩効果を期待できるのもポイント。

ただし、醤油が吹き出し口やノズル部分に固まってしまう場合があるため、定期的に手入れをするなどの対策が必要です。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

醤油さしによく採用される素材は、プラスチック・ガラス・陶器などがあります。素材によって見た目や触り心地だけでなく使い勝手なども異なってくるので、どんな風に醤油さしを使いたいかを考えながら製品を選ぶようにしましょう。

たとえば、プラスチック製の醤油さしはリーズナブルで軽く、落としても割れにくいのが特徴。ガラス製の醤油さしはニオイや色が移りにくいモノや、熱湯での消毒が可能な製品などがあります。陶器製の醤油さしはデザイン性が高いモノが多く、おしゃれなアイテムを探している方におすすめです。

サイズや容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

醤油さしを選ぶ際には、サイズや容量の確認も必要です。醤油は開封して空気に触れた瞬間から酸化が始まり、風味や香りが劣化していきます。醤油さしに移した醤油も同様に鮮度が落ちていくので、保管の際は冷蔵庫に入れておくのが最適。冷蔵庫の空きスペースにきちんと収まるサイズの製品を選びましょう。

また、家族の人数によって醤油の消費ペースは大きく変わります。使用する人数に応じて、容量の過不足がなく使いやすいサイズ感の醤油さしを選ぶのがおすすめです。

醤油さしのおすすめ

ザ(THE) THE 醤油差し CLEAR 桐箱入り

ザ(THE) THE 醤油差し CLEAR 桐箱入り

ガラスのなかでも特に透明度が高い「クリスタルガラス」を採用したスタンダードタイプの醤油さし。液だれしない構造にこだわり、注ぎ口に「くちばし」がないにもかかわらず、醤油切れがよいのが魅力です。

フタと本体はガラスのすり加工によって高い密着性を備えており、洗いやすく衛生的に使えます。くびれのある胴体が持ちやすいほか、底が厚めで重心が下にあるため、倒れにくい形状なのも魅力です。

容量は80mlとやや少なめですが、こまめに入れ替えることによって高い鮮度をキープできるのもポイント。デザイン性と使い勝手の両方にこだわりたい方におすすめです。

岩澤硝子 江戸前すり口醤油注ぎ WA-417

岩澤硝子 江戸前すり口醤油注ぎ WA-417

江戸硝子の伝統的な製法で作られた、スタンダードタイプの醤油さし。栓と本体が一つひとつ職人の手によってすり合わせられ、液だれしにくいのが魅力です。

1951年の創業時から変わらないシンプルで使いやすいデザインもポイント。手作りだからこその独特の味わいや深みがあり、2002年には東京都伝統工芸品としても認定を受けています。

栓はクリア・ピンク・バイオレット・グリーン・ブルーの5色展開。シンプルでも使い勝手のよいスタンダードタイプの醤油さしが欲しい方におすすめです。

レック(LEC) DELI プッシュ式醤油さし

レック(LEC) DELI プッシュ式醤油さし

柔らかく押しやすいシリコン製のフタを使ったプッシュタイプの醤油さし。フタを押す力加減により、1滴単位で出したい量を調節できるのが魅力です。

液だれしにくくニオイが移りにくい「クロスカット加工」を施した、特殊ノズルを採用しているのが特徴。冷蔵庫の中に入れておいてもほかの食材にニオイが移らないため、安心して使えます。

倒れてもこぼれにくい設計であるほか、プラスチック製で軽いのもポイント。子供がいる家庭でも使いやすい醤油さしを探している方におすすめです。

白山陶器 G型しょうゆさし

白山陶器 G型しょうゆさし

陶器製でおしゃれなスタンダードタイプの醤油さし。1958年からデザインや製法を変えずに作り続けられているロングセラー製品です。安定感のある底の形状や、握りやすいくびれ、液だれしにくい注ぎ口の造りなど、細かなこだわりが詰め込まれています。

カラーバリエーションは白磁・黄・ルリ・グリーン・鉄砂・天目の6種類。色ごとに入れる調味料を分ければ、醤油だけでなく、ソースやお酢などもあわせて管理できます。また、内側は白磁で統一されており、中身がどれくらい残っているかを一目で把握できるので便利です。

イワキ(iwaki) フタ付き醤油差し KT5032

イワキ(iwaki) フタ付き醤油差し KT5032

フタ付きで鮮度管理がしやすいスタンダードタイプの醤油さし。本体は耐熱ガラス製で、注ぎ口やパッキンも耐熱素材を採用しているため簡単に熱湯消毒ができ、清潔に使えるのが魅力です。

サイズは直径5.8×高さ14.3cmのコンパクトサイズで、容量は160mlが入ります。ボディ部分にはくびれがあり、重量も110gと軽量。醤油の風味を守りつつ衛生的に使える醤油さしを探している方におすすめです。

イワキ(iwaki) 密閉醤油さし

イワキ(iwaki) 密閉醤油さし

密閉式のフタ付きで風味を逃さず、衛生的に使えるスタンダードタイプの醤油さし。耐熱ガラス製で熱湯消毒ができるので、清潔に使いたい方におすすめです。

注ぎ口はシリコン製で、分量の調節がしやすい空気穴付き。注いだときも醤油の切れがよく、液だれしにくいため使いやすいのが魅力です。

直径5×高さ20cmとスリムで場所を取りにくいサイズ感も魅力。シンプルで使い勝手のよい醤油さしです。

台和(Daiwa) プッシュワン醤油差し

台和(Daiwa) プッシュワン醤油差し

介護の現場で使いやすいように作られたプッシュタイプの醤油さし。ワンプッシュで少しずつ醤油を出せるので、お寿司や漬物など、少しずつ醤油を追加したい食べ物に最適です。

フタのカラーバリエーションはアイボリー・クリアレッド・クリアブルーの3種類。自分の好みや食卓の雰囲気に合わせて選択できます。プラスチック製で落としても割れにくく、醤油もこぼれにくいので、子供がいる家庭におすすめです。

セイエイ(Seiei) ちょいかけスプレー

セイエイ(Seiei) ちょいかけスプレー

ワンプッシュで0.1ccが噴霧される、スプレータイプの醤油さし。醤油が細かい霧状に出るため、食材にまんべんなくかけられるのが特徴です。

直径3.7×高さ14.0cm、重量約20gとコンパクトかつ持ちやすいサイズ感で、容量は約80ml。塩分を抑えた食生活を心掛けたいけれど、どうしてもかけすぎてしまうという方でも量の調節をしやすいのが魅力です。

キャップがついているため、マイ醤油としての持ち歩きも可能。パッと見て醤油とわかりやすいデザインもポイントです。

レアックジャパン(reacJAPAN) 2WAY しょうゆボトル RJ187

レアックジャパン(reacJAPAN) 2WAY しょうゆボトル RJ187

プッシュタイプとスプレータイプを上下で使い分けられる醤油さし。プッシュタイプは1滴、スプレータイプは0.1mlで噴霧されるので、少しずつ醤油の量を調節できるのが魅力です。

サイズは直径4.5×高さ18.3cmで、容量は80mlとコンパクト。冷蔵庫や食卓でもスペースを取らずに並べられます。醤油を少量ずつ使いたい方で、食べ物によって使い方も分けたい方におすすめです。

山崎実業 プッシュ式醤油差し タワー

山崎実業 プッシュ式醤油差し タワー

プラスチック製でコンパクトなプッシュタイプの醤油さし。約幅4.2×奥行き5.5×高さ9.5cmの箱型で、狭い場所にもスッキリと収まります。

ワンプッシュで1滴ずつ注げて、注ぎ口の切れもよいため液だれしにくいのが特徴。また、誤って倒したときもこぼれにくい構造なので、小さい子供がいる家庭でも安心して使えます。

カラーはホワイトとブラックの2種類で、シンプルなデザインはどんな食卓にも馴染みます。手ごろな価格で使いやすい醤油さしを探している方におすすめです。