電気ストーブのひとつである「遠赤外線ヒーター」は、空気が乾燥しにくく速暖性に優れているのが魅力。シンプルな構造で本体価格も比較的安く、冷えた手足をすぐにあたためたいときにぴったりです。

今回は、遠赤外線ヒーターのおすすめモデルをご紹介。遠赤外線ヒーターの電気代や選び方についてもご紹介しているので、購入する際の参考にしてみてください。

遠赤外線ヒーターの種類

カーボンヒーター

By: amazon.co.jp

カーボンヒーターの「カーボン」とは炭素のこと。炭素繊維に通電することによって遠赤外線を発し周囲をあたためる仕組みです。カーボンヒーターは遠赤外線の放出量がハロゲンヒーターの約2倍で、上位機種として扱われることもあります。より素早くあたためられるのが特徴です。

カーボンヒーターは速暖性に優れているうえ、ランニングコストも抑えられるので、コストパフォーマンス重視の方におすすめ。遠赤外線ヒーターのなかでも主流となりつつあり、数多くの製品がラインナップされています。

シーズヒーター

By: amazon.co.jp

シーズヒーターは、ニクロム体という合金を絶縁体で覆い、さらに金属管で包んだ発熱方式の遠赤外線ヒーターです。速暖性にやや劣るのが懸念点ですが、遠赤外線ヒーターのなかでも放射量が多く、あたたかさを感じやすいのが魅力です。

また、シーズヒーターはゆっくりとあたためるぶん、身体からあたたかさが逃げにくいといわれています。耐久性も高いので、長期間使いたい方にもおすすめです。

パネルヒーター

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは、パネルからの輻射熱(ふくしゃねつ)であたためる仕組みの暖房器具です。ほかの遠赤外線ヒーターと比べるとスリムなモデルが多く、インテリアになじみやすいのが魅力。狭い範囲をピンポイントであたためるのに向いているので、デスク下などの限られたスペースへの設置におすすめです。

また、パネルヒーターはあたたまるまでに時間がかかりますが、一旦発熱した後は、熱を逃しにくいのが特徴。少ないワット数で長時間あたためられるため、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

ハロゲンヒーター

By: rakuten.co.jp

ハロゲンヒーターは速暖性の高さが特徴です。スイッチを入れてから1〜2秒で発熱するモデルが多いため、すぐにあたたまりたいときにおすすめ。広範囲の暖房にはあまり適していませんが速暖性に優れているので、エアコンを付けた直後など、空気があたたまるのを待っているシーンで活躍します。

ただし、ハロゲンヒーターは電力の消費量が多いのが懸念点。長時間使い続けると電気代が高くなるため、トイレや洗面所など、滞在期間の短い場所で使うのがおすすめです。

グラファイトヒーター

By: amazon.co.jp

グラファイトヒーターとは、黒鉛を発熱体に使ったヒーターのことです。黒鉛を使用していることから、カーボンヒーターと同種の扱いをするメーカーもあります。立ち上がりの速さが特徴で、すぐに手足をあたためたいときにおすすめ。スイッチを入れてから1秒程度で立ち上がるモデルもあるので、玄関先などへの設置にも適しています。

また、暖房効率にも優れ、カーボンヒーターと同等の暖房効率を有しているのもポイント。金属管を使用しており、衝撃にも強いため、長期間使いたい方にも適しています。本体価格も比較的リーズナブルで、安く手に入れたい方にもおすすめです。

遠赤外線ヒーターの選び方

消費電力をチェック

By: zenken-net.co.jp

ランニングコストを抑えるためには、消費電力に注目して選ぶのがおすすめです。遠赤外線ヒーターは製品によって消費電力が異なり、一般的に250〜1200Wほど消費します。消費電力が大きいと電気代も高くなるので注意しましょう。

また、長時間使用する場合は、ワット数を細かく変更できるタイプの遠赤外線ヒーターがおすすめです。あたたまった後はワット数を低くして使うことで、その後の消費電力を抑えられます。

サイズをチェック

By: zenken-net.co.jp

遠赤外線ヒーターを選ぶ際は、サイズにも注目しましょう。遠赤外線ヒーターはあたためられる範囲が限られているため、キッチンやリビングなどの広い範囲をあたためたいときには、より大きいサイズの製品が適しています。

しかし、サイズが大きなモデルは場所を取りやすく、持ち運びしにくいのが懸念点です。トイレや脱衣所など、狭い範囲をあたためたい場合には、適したサイズの小型遠赤外線ヒーターを選びましょう。小型のモノは省スペースで、持ち運びにも適しています。

安全に使用できる機能があるか確認しよう

By: zenken-net.co.jp

遠赤外線ヒーターは安価に手に入るモデルが多いのも魅力。ただし、安価なモデルほど発熱体に直接触れやすく、やけどするリスクがあるので注意しましょう。特に、小さな子供やペットのいる家庭は安全性を意識して選ぶのがおすすめです。

たとえば、パネルタイプのヒーターなら、万が一触れてもやけどするおそれが低く、小さな子供がいる家庭でも安心。パネルタイプの遠赤外線ヒーターは、ランニングコストも良好です。

また、安全性に配慮したモデルのなかには、転倒時に自動で電源がオフになる「転倒時オフ機能」や、一定以上の温度になると自動で電源がオフになる「サーモスタット機能」が付いたモノもあります。各々の家庭環境に合わせて選びましょう。

遠赤外線ヒーターの電気代は?

遠赤外線ヒーターの消費電力は製品によって異なりますが、250〜1200W程度。ここから遠赤外線ヒーターの消費電力を割り出すためには、全国家庭電気製品公正取引協議会が定めている「1kWh単価27円」に照らし合わせて計算するのがおすすめです。

たとえば、消費電力250Wで遠赤外線ヒーターを使った場合、1時間あたりの電気代は約7円。毎日8時間使ったとすると、月の電気代は7円×8時間×30日間=約1,680円です。一方、1200Wの遠赤外線ヒーターを使った場合、1時間あたり約32円。毎日8時間使ったとすると、月の電気代は32円×8時間×30日間=約7,680円です。

消費電力が異なるだけで、電気代にも大きな差がでます。なお、遠赤外線ヒーターは脱衣所やトイレなどで短時間の使用を目的とした暖房器具なので、実際にはそれほどコストはかかりません。電気代を参考にして、消し忘れには注意しましょう。

遠赤外線ヒーターのおすすめメーカー

アラジン(Aladdin)

By: rakuten.co.jp

アラジンは80年以上の歴史がある家電メーカーです。思わず揃えたくなるようなカラフルでレトロなデザインが、世界中で高い人気を集めています。遊び心を取り入れつつもシンプルで飽きのこないデザインは、長く愛用したい方にもおすすめです。

アラジンの遠赤外線ヒーターは、デザイン性だけでなく高性能なのが魅力。独自技術の「遠赤グラファイトヒーター」を搭載したモデルや、横置きと縦置きの両方に対応したモデルなど、ユニークで使い勝手のよい製品を揃えています。

コロナ(CORONA)

By: amazon.co.jp

コロナは、石油ファンヒーターや石油ストーブなどの暖房器具を中心に展開している総合設備メーカーです。空気の熱でお湯を沸かす「エコキュート」を発売したことでも知られています。

コロナの遠赤外線ヒーターは、シンプルなデザインで使いやすく、機能性に優れたモデルを多くラインナップしているのが特徴。安全性にも配慮して設計された製品が多いので、小さい子供のいる家庭にもおすすめです。

山善(YAMAZEN)

By: rakuten.co.jp

山善は、家具や家電製品をはじめとして、住宅建材なども取り扱う専門商社です。大手家電メーカーからの技術者を採用することによって、安価で高性能な製品をラインナップ。安全性や使いやすさにもこだわって設計されています。

山善の遠赤外線ヒーターは、立ち上がりの速さが魅力。すぐにあたたまりたいときに重宝します。コストパフォーマンスに優れているので、初めて遠赤外線ヒーターを使う方にもおすすめです。

遠赤外線ヒーターのおすすめモデル|カーボンヒーター

コロナ(CORONA) スリムカーボン DH-C920

シンプルで使いやすいかんたん操作パネルを採用

コンパクトで扱いやすい遠赤外線カーボンヒーター。横幅30.6×奥行30.6×高さ89.7cmのスリムなサイズを実現しており、キッチンや脱衣所のような狭い空間でも邪魔にならず使えます。消費電力は最大900Wで、ヒーターを素早くあたためるマイコン制御に対応しているのも特徴です。

機能面では、誤作動を防ぐチャイルドロック、1時間・2時間・3時間で設定できる切タイマー、10段階で温度調節ができるダイヤルを搭載。左右70°まで動く自動首振りスイッチを押せば、コンパクトながら広範囲を素早くあたためられます。

ひと目で運転状態がわかるユニバーサルデザインや、シンプルで使いやすいかんたん操作パネルを採用しているのも嬉しいポイントです。

トヨトミ(TOYOTOMI) 速暖遠赤外線カーボンヒーター EWH-CS100H

安全機能が充実しているのも魅力

シンプルで使いやすいトヨトミの人気モデルです。電源を入れるとすぐにあたたまるカーボンヒーターと、遠赤外線の放射量が多いシーズヒーターの2種類のヒーターを搭載。1台あれば体の芯までしっかりとあたためられます。

消費電力は強モード1000W・弱モード500Wで、シーンに合わせて調節することが可能。防災型二重転倒オフスイッチや、温度過昇防止装置など、安全機能が充実しているのも特徴なので、小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使えます。

大きくて回しやすいダイヤル、左右70°まで動く「W首振り」などの使いやすい機能も魅力です。

山善(YAMAZEN) 障害物センサー搭載 カーボンヒーター DC-SW091

障害物センサーを搭載した遠赤外線カーボンヒーター。センサー部分にカーテンや布団、洗濯物などが掛かった場合は、通電が止まりヒーターが消えます。また、本製品が転倒した際にも、自動で電源オフになるのが特徴。安全性に配慮したモデルを探している方におすすめです。

運転モードは、450Wの弱モードと900Wの強モードの2段階で切り替えられます。部屋の温度などに合わせて、あたたかさを調節できるのが嬉しいポイント。さらに、左右首振り運転にも対応しており、広範囲に熱を届けるのがメリットです。

そのほか、取っ手が付いているため、ラクに持ち運びできます。キッチンや洗面所、寝室などさまざまな場所で利用したいときに便利です。

プラスマイナスゼロ(±0) カーボンヒーター XHS-Y210

コンパクトサイズのタワー型で、ちょっとしたスペースにも設置しやすい遠赤外線ヒーター。凹凸の少ないすっきりとしたデザインが特徴です。落ち着いた色味のフロントガードを採用するなど、ディテールにまでこだわっています。

天面に大型のスイッチが付いており、操作性は良好。背面の取っ手を使えば、片手でも簡単に持ち運べます。本体が転倒した際には自動で通電を停止する転倒オフスイッチを搭載。安全性を重視する方にもおすすめです。

遠赤外線ヒーターのおすすめモデル|シーズヒーター

コロナ(CORONA) コアヒート DH-1220R

シンプルデザインで多彩なインテリアになじみやすい遠赤外線シーズヒーターです。高輻射のブラックセラミックコーティングを施したヒーター管を採用しているのが特徴。11段階の温度調節に対応しているため、その時々の適切な温度で体をあたためられます。

30°・50°・70°の3段階から設定できる自動首振り機能を備えているのも魅力。手動でも左右60°の範囲で動かせるため、使用人数や使いたい範囲に合わせてあたためる向きを調節できます。また、下方5°、上方32°までの角度調節にも対応。ソファの上などに向けて使いたい場合でも安心です。

省エネ機能が充実しているのもポイント。10分間人がいなければ出力を下げた省エネ運転に切り替え、20分間人がいなければ運転を自動で停止します。また、転倒時の自動電源オフ機能や過熱防止装置も搭載。安全性の高いおしゃれなヒーターが欲しい方におすすめです。

ダイキン(DAIKIN) セラムヒート ERFT11XS

機能性とデザイン性のバランスに優れた遠赤外線シーズヒーター。遠赤外線のなかでも特に吸収されやすいといわれる波長域を使用しており、素早くあたためられます。消費電力は最大1100W。一番強い運転モードにすれば、たたみ1畳分以上先にぬくもりを届けられると謳われています。

運転モードは、消し忘れを防ぐ「人感センサーモード」、節電しながらあたためる「リズムモード」、短時間で素早くあたためる「速暖モード」などに対応。長さに余裕のある3mの電源コードを採用しているので、コンセントの場所を気にせず快適に使えます。

設置方法は、縦向き・横向きの2種類に対応しており、用途やシチュエーションに応じて使い分けることが可能。高級感のあるスタイリッシュなデザインも魅力です。

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KSS-0811

200〜800Wの間でヒーターの強弱を無段階調節できる遠赤外線シーズヒーター。自分好みの温度で体をあたためられます。わかりやすいダイヤル操作なので、ラクに扱えるモデルを求める方にもおすすめです。

本製品は、1時間・2時間・3時間で切タイマーを設定できます。また、通電が5時間を超えると自動で電源が切れるのも特徴。切り忘れを防げるため、電気代の節約につながります。

サイズは約横幅31×奥行31×高さ83cmとスリムなので、省スペースで設置可能です。そのほか、本体が浮いたり転倒したりしたときに通電を停止する機能も搭載されており、安心して利用できます。

山善(YAMAZEN) 速暖カーボンヒーター&遠赤外線シーズヒーター搭載 ツインヒートプラス DBC-J123

300W・900W・1200Wの3段階でパワーを調節できる遠赤外線ヒーター。速暖性のあるカーボンヒーターと遠赤外線効果に優れたシーズヒーターの両方を備えたハイブリットタイプで、秋から春にかけてのロングシーズン活躍するアイテムです。

広い範囲をあたためたい場合に重宝する、首振り機能を搭載しているのもポイント。上部のダイヤルを回すだけの簡単操作で、スイッチのオン・オフや消費電力の切り替えが可能です。

遠赤外線ヒーターのおすすめモデル|パネルヒーター

トヨトミ(TOYOTOMI) 遠赤外線電気パネルヒーター EPH-123F

開閉タイプの遠赤外線電気パネルヒーターです。パネルを全開にすれば広範囲をあたためることが可能。半開にすればスポットを集中的にあたためられるほか、閉じればパネル内側であたためられた空気が部屋全体に循環するなど、シーンによって使い分けられるのが魅力です。

室温の変化に応じて出力調節を行う「エコモード」を搭載しているのもポイント。エコボタンを押すだけで簡単に省エネ運転ができます。また、タイマーも1時間・2時間・4時間・6時間の入切セットができるなど、使い勝手も良好。高性能なパネルヒーターを探している方におすすめです。

ゼンケン(ZENKEN) パネルヒーター アーバンホット RH-2200

リビングなどの広いスペースに適した、大型サイズの遠赤外線ヒーター。パネル部分の奥行はわずか7cmで、邪魔になりにくいのが魅力です。底部には、スムーズに移動しやすいキャスターが付いています。

上部パネルが起こす熱の対流と、前面パネルからの輻射熱によって、部屋全体をあたためられるのが魅力。起毛加工が施されたパネルカバーで覆われており、やけどが気になる方にもおすすめです。サーモスタットや転倒時電源オフスイッチなど、安全機能が充実しています。

ゼンケン(ZENKEN) アーバンホットスリム RH-502M

シンプルで使いやすい遠赤外線パネルヒーター。パネル表面には特殊なフロッキー加工が施されており、誤って触れても火傷する心配が少なく済みます。消費電力は強モード500W・弱モード250Wで、シーンに応じて使い分けることが可能。

8時間経つと自動で電源が切れる「切り忘れ防止タイマー」や、本体の温度が異常に高くなると電源が切れる「温度過昇防止」、転倒を検知して電源が切れる「転倒時電源オフ」など、安全機能が充実しているのも大きな特徴です。

本体サイズは横幅38×奥行19×高さ54cmで、重量は約4.8kgと軽量コンパクトなのも嬉しいポイント。本体上部には持ちやすい取っ手が付いているので、さまざまな場所に移動して使えます。

テクノス(TEKNOS) パネルヒーター 450C

さまざまな使い方ができる遠赤外線パネルヒーターです。本体背面についている強力なマグネットを使えば、デスクなどに取り付けて固定することが可能。もちろん床に置いて通常のパネルヒーターとしても使えるため、1台あればさまざまなシチュエーションで活躍します。

機能面では、人の動きを感知する人感センサー、ダイヤル式の無段階温度調節機能、電源が自動で切れる6時間タイマーを搭載。付属の専用カバーを取り付ければ、こたつのようにして使うことも可能です。

機能が充実している便利なパネルヒーターながら、リーズナブルな価格を実現しているのもポイント。コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめの1台です。

日本遠赤外線株式会社 サンルミエ・エクセラ7 N700L-GR

セラミック100%の無垢板に発熱体を一体化した、エネルギーロスの少ない遠赤外線パネルヒーター。あたたまったパネル発熱体から遠赤外線を放射して、部屋をあたためるのが特徴です。無風でホコリやカビを舞い上げないだけでなく、燃焼がなく酸欠のリスクもないため、夜間でも安心して使えます。

好みの暖房モードを選択できるのも魅力。自動・弱・中・強の4通りに設定でき、8時間後に自動で電源がオフになります。連続運転モードにも対応しているため、使いやすいように設定でき便利です。

安全機能を備えているのもポイント。本体転倒時や過熱時には安全装置が働いて通電が停止するため、思わぬトラブルのリスクも軽減できます。日本製で扱いやすい製品を探している方におすすめです。

遠赤外線ヒーターのおすすめモデル|ハロゲンヒーター

テクノス(TEKNOS) ハロゲンヒーター PH-1211

基本性能が充実した遠赤外線ハロゲンヒーター。電源を入れてからわずか2秒であたたまる立ち上がりスピード早さが最大の特徴です。気軽に購入できる価格を実現していながら、強モード1200Wの高出力に対応しているので、スポット暖房として使うのにもおすすめです。

そのほか、あたたかさが広範囲に広がる「首ふり機能」、傾きを検知すると運転が停止する「転倒OFFスイッチ」、温度が上がり過ぎると自動で停止する「温度ヒューズ制御」など、機能面も充実。取り回しやすい、長さ約1.8mの電源コードを採用しているのも魅力のヒーターです。

テクノス(TEKNOS) スリムハロゲンヒーター PH-307

コストパフォーマンスに優れた遠赤外線ハロゲンヒーターです。横幅19×奥行19×高さ48.5cmのスリムなボディを実現しており、場所を気にせず気軽に持ち運んで使用可能。消費電力は300Wで、電源を入れてからわずか1秒であたたかくなる「ワンタッチ速攻暖房」に対応しています。

1時間あたりの電気代は約8.1円とリーズナブルなので、ランニングコストが気になる方でも安心して使えるのがポイントです。

電源コードをスマートに収納できるコードフックや、転倒すると電源が自動で切れる「転倒OFFスイッチ」など、便利な機能も充実。価格と性能のバランスで選びたい方におすすめの1台です。

テクノス(TEKNOS) パラボラ型ハロゲンヒーター PH-801

丸みを帯びたパラボラ型の遠赤外線ヒーター。速暖性に優れており、エアコンで部屋があたたまるのを待っている間などに活躍します。脱衣所やトイレで、短時間のみ暖を取りたい場合にもおすすめです。

サイズは幅42.2×奥行32.8×高さ46.4cmで、テーブルの下などに置きやすいのがポイント。消費電力は、400W・800Wの2段階で切り替えられます。上下の角度は細かく調節可能。転倒オフスイッチを備えているため、安心して使用できます。

遠赤外線ヒーターのおすすめモデル|グラファイトヒーター

アラジン(Aladdin) グラファイトヒーター CAH-1G9B

アラジンの技術が詰まった遠赤外線グラファイトヒーター。対象物への輻射温度を均一にする独自の「グラファイトeヒーター」を搭載しており、寒い冬でも体の芯からぽかぽかとあたたまることが可能です。本体サイズは横幅30×奥行30×高さ88.4cmで、消費電力は最大900Wに対応。

赤外線センサーを遮ると電源が自動でオフになる「シャットオフセンサー」や、傾きを検知すると通電を停止する「防災対応型 二重安全転倒OFFスイッチ」、誤作動を防ぐ「チャイルドロック」など、安全機能が充実しているのも大きなポイントです。

アラジン(Aladdin) グラファイトヒーター CAH-2G10A

あたたかさとスピードを備えた遠赤外線グラファイトヒーターです。1000Wの高出力を実現する「Fullモード」と、ムラのないあたたかさを届ける「グラファイトeヒーター」を組み合わせることで、約2.1m先まであたたかさを届けることが可能。リビングのような広い空間も素早くあたためられます。

機能面では、ワンタッチで縦・横の向きが変えられる「電動・縦横ローテーション」、暗いところでも操作ができる「デジタルパワーコントロール」、誤作動を防ぐ「チャイルドロック」に対応。石油ストーブのようなレトロなデザインも魅力です。

コイズミ(KOIZUMI) グラファイトヒーター KKS-0683

かわいらしいデザインが特徴の遠赤外線グラファイトヒーターです。電源を入れてからわずか0.2秒で使い始められるので、寒い冬の朝や帰宅後にも素早くあたたまることが可能。本体サイズは横幅25×奥行25×高さ63.6cmとコンパクトなため、キッチンや脱衣所のような狭いスペースでの使用にもぴったりです。

消費電力は強モード600W・弱モード300Wで、シーンに合わせて調節が可能。カラーバリエーションは、あか・たまごいろ・そらいろ・くらいはいいろの全4色が揃っています。ファッション感覚で自分の好きな色を選びたい方にもおすすめです。