ドライフルーツ・ジャーキー・ヨーグルトなどを自宅で作れる便利なアイテム「家庭用食品乾燥機」。フードドライヤーやディハイドレーターとも呼ばれており、果物や肉を乾燥させる家電として知られています。

ただし、各メーカーから多種多様な製品が販売されているので、購入する際にはどれを選んでよいか悩んでしまいがち。そこで今回は、おすすめの食品乾燥機をご紹介します。選び方のコツも解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

食品乾燥機とは?

By: simplus.style

食品乾燥機とは、30~70℃ほどの熱風で食品を加熱乾燥させることで水分を飛ばし、ドライフルーツ・ジャーキー・ヨーグルトなどが作れる家電のことをいいます。乾燥させる食品にもよりますが、保存性を高める効果が期待できるのがポイント。乾燥した食品は味や食感など、乾燥前とは違った味わいが楽しめます。

食品乾燥機は基本的に屋内で使用する家電。天日干しで食品を乾燥させる場合とは異なり、天気や虫、風などの影響を受けずにドライフードが作れます。食品乾燥機で作れるドライフードのレシピは、さまざま。子供のおやつを作りたい場合にもおすすめです。

食品乾燥機の選び方

温度設定ができるかチェック

By: amazon.co.jp

ドライフードを作る際は、食品に適した温度で乾燥させる必要があります。温度設定機能が搭載されている食品乾燥機であれば、幅広い食材に対応可能。購入する際は、事前に設定できる温度を確認しておきましょう。

肉や魚のジャーキーを作るのであれば、高温に設定できるモデルが便利。食中毒を予防するため、70℃以上に設定したうえで食材の中までしっかりと加熱する必要があるので注意しましょう。

一方、ヨーグルトを作る場合は、低めの温度に設定できる製品がおすすめ。ヨーグルト種菌なら40~45℃、ケフィアおよびカスピ海ヨーグルトであれば25~30℃に庫内の温度を保つ必要があります。

また、生でも食べられるフルーツを乾燥させる際は、過度に温度を気にする必要がありません。35〜40℃くらいで乾燥させれば、酸味や甘味が残っておいしく食べられますが、固い食感を好む場合には高温でも調理可能です。

作る量に合わせたサイズ・段数を選ぶ

By: amazon.co.jp

食品乾燥機は製品ごとにドライフードを作れる容量が異なります。庫内に備えているトレイの段数もさまざまなので、購入前にチェックしておきましょう。トレイの幅や奥行きは25~30cmほどのモノが一般的。高さが調節できるモデルであれば、サイズの大きい食材にも対応しやすくなります。

トレイの段数は、4~7段ほどのモデルがスタンダード。コンパクトな製品を好む場合には3~5段、1度にたくさんのドライフードを作りたい場合には6段以上のトレイを備えたモデルが便利です。

また、搭載されているトレイの数が多ければ1度に乾燥できる食材の量が増えますが、乾燥時間が長くなって電気代がかかる傾向があるので注意しましょう。

タイマー機能の有無をチェック

ドライフードを作る際は、温度だけでなく乾燥させる時間も重要。短時間の乾燥であれば生の食感を残したセミドライ状態のドライフードが作れ、長時間乾燥させれば食材の水分をしっかりと飛ばして長期間保存できるドライフードが作れます。

食材や好みに応じて乾燥時間を調節したい場合には、タイマー機能が搭載されているモノが便利。正確な乾燥時間が設定できるだけでなく、外出中や就寝中に効率よくドライフードが作れる点もおすすめです。

設置場所に合わせて本体サイズもチェック

By: amazon.co.jp

食品乾燥機は、製品ごとにサイズが異なります。コンパクトなモデルであっても、幅・奥行き・高さがそれぞれ25cmほどあるうえ、重量1kgほどあるので設置場所や収納場所はあらかじめ考慮しておきましょう。

また、サイズが大きい製品を購入する場合には、置きっぱなしにできる場所を事前に確認しておくのがおすすめ。重量のあるモデルは場所を移す際の負担がかかるので、毎回出し入れする場合はコンパクトな製品が便利です。

食品乾燥機の電気代はどれくらい?

食品乾燥機は、一般的に乾燥時間が長くかかる製品であれば、比較的消費電力が少なく電気代の節約が可能。一方、食品をスピーディに乾燥できるモデルは、消費電力が大きく電気代も高くなる傾向があります。

食品乾燥機の消費電力は、300~400Wほどがスタンダード。乾燥時間は食品にもよりますが、2~12時間以上使用する場合がほとんどです。食品乾燥機を1回使用する際の電気代は、約30~200円が目安。週に1回、400Wで食品乾燥機を使った場合には、月に500円ほどの電気代がかかります。

家庭用食品乾燥機のおすすめ

アピックス(APIX) ドライフードメーカー AFD-550

スイッチを入れるだけで簡単にドライフードが作れる家庭用食品乾燥機です。5段のトレイを備えており、1回で別々の食材を乾燥できるのが特徴。トレイに食品がこびり付きにくい形状を採用しているだけでなく、乾燥させる食材に合わせて高さも調節できます。

また、ドライフードを使用した料理を12品目収録したレシピも付属。自炊している方にもおすすめです。本体サイズは約幅28×奥行き28×高さ22~25cm。比較的コンパクトなサイズなので、設置や収納がしやすい点も魅力です。

オフタイマー機能は、2・4・6・8・10時間で設定が可能。食材や好みに合わせて乾燥時間を設定できるのがメリットです。

シンプラス(simplus) フードドライヤー SP-FD01

5段のトレイを搭載した、比較的大容量な家庭用食品乾燥機です。トレイに食材が重ならないように並べたら、電源を入れて温度とタイマーを設定。簡単な操作で使えるのがポイントです。

温度は35~70℃の間で5℃刻みの調節が可能。切タイマーは1~16時間の間で1時間刻みで設定でき、ドライフルーツ・アイシングクッキー・干物など幅広い食材に対応できます。また、デジタル表示で温度やタイマーの時間を確認できるのもメリットです。

本体サイズは約幅26×奥行き24×高さ21~27cm。トレイに付いているツメの向きを180°変えれば高さが変わる構造を採用しており、コンパクトな形状で収納できる点もおすすめです。

ラボネクト(Labonect) ドラミ二 家庭用食品乾燥機

24時間運転しても電気代が100円以下と謳われており、省エネ効果が期待できる家庭用食品乾燥機です。本体サイズは幅43.5×奥行き31×高さ31cm。長方形の6段トレイを搭載しており、家庭用ながら1度で2~3kgのドライフードを作れるのが魅力です。

また、トレイの深さは2.5cmが4枚と、4cmが2枚の2種類。乾燥させる食材の大きさに合わせて使用できます。温度は35~70℃の間で調節が可能。タイマーは1~99時間の間で設定でき、幅広い食材に対応できる点もおすすめです。

ロイヤル通販 フードドライヤー 回転式 B564

5つ搭載されているトレイのうち、4つが高さ調節可能な家庭用の食品乾燥器です。4つのトレイが12~20.5cmの間で高さを調節できるのが特徴。マグカップもすっぽり収まるサイズで使用できるので、ヨーグルト作りにも便利です。

温度は約40~60℃の間で調節可能。乾燥時間の設定は最大12時間と長く、幅広い食材に対応できます。温度と乾燥時間の設定は、本体下部に搭載されているダイヤルで行う仕様。操作性に優れているのが魅力です。

また、運転中にトレイが回転するのもメリット。食品を効率よく乾燥できます。

ベルライフ(BelleLife) フードドライヤー

搭載されているトレイ内の温度が均一になるよう設計されている、家庭用の食品乾燥機です。5段のトレイを搭載しているのが特徴。乾燥させる食材に合わせて高さを調節できます。

温度は35~70℃の間で細かく設定が可能。30分刻みで設定できる24時間タイマーも付いており、幅広い食材に対応できます。肉を乾燥させてペット用のジャーキーを作りたい場合にも便利です。

5段のトレイを搭載した大容量モデルにもかかわらず、24時間使用しても電気代が200円程度と謳われている、省エネ設計が採用されているのもメリット。消費電力を抑えたい方にもおすすめです。

ベルライフ(BelleLife) フードドライヤー 回転式

かわいらしいデザインを採用している家庭用の食品乾燥機です。果物・肉・魚・野菜などの乾燥に対応しているのが特徴。5段のトレイを備えており、同時に複数種類の食品を乾燥できます。

また、熱風循環乾燥システムを搭載しているのもポイント。熱風が本体下部から上部へと循環する構造です。温度は35~70℃の間で5℃単位の設定が可能。幅広い食材に対応できる仕様です。

運転時に発する音を抑える静音設計を採用しているのもメリット。夜間に使用する場合や、周囲に人がいる環境で使用する場合に便利です。

サンコー(THANKO) 自家製ジャーキーメーカー SDRFDMKR

リーズナブルな価格で購入できる、コスパに優れた家庭用食品乾燥機です。肉を切って味付けしたら簡単に温風で乾燥できるので、自分好みのジャーキーを作りたい場合に便利。ビールのつまみはもちろん、ペット用のおやつを作る場合にもおすすめです。

本体サイズは幅24.5×奥行き24×高さ22.7cm。コンパクトなサイズ感で、収納場所や設置場所が限られている場合にもおすすめです。また、小型ながら5段のトレイを備えているのもメリット。1度に複数種類の食材でドライフードが作れます。

温度は35~70℃の間で設定可能。ドライフルーツや干し野菜にも対応しています。

ネスコ(Nesco) 5 Tray Food & Jerky Dehydrator FD-75PR

酵素食やローフードと呼ばれる健康食を作るのに適した家庭用の食品乾燥機。野菜・果物・ナッツ類などに含まれるビタミンや酵素を保ったまま乾燥できるのが特徴です。美容や美肌、ダイエットなどに興味がある方にもおすすめです。

本体サイズは約33×33×25cm。円筒形のデザインを採用しており、本体上部に温度設定用のダイヤルを搭載しています。5段のトレイを搭載しているのもポイント。複数種類の食材を1度の乾燥させたい場合にも便利です。

ネスコ(Nesco) Clear Cover Food & Jerky Dehydrator FD-37

消費電力400Wでスピーディにドライフードが作れる家庭用の食品乾燥機です。7段のトレイを搭載しているのが特徴。複数種類の食材をトレイごとに分けて乾燥させることが可能です。

また、大容量なので、1度にたくさんの食品を乾燥させたい場合にも重宝します。ドライフードを使用した料理を楽しみたい場合にもおすすめです。

東明テック(TOHMEI) 家庭用食品乾燥機 マレンギプレミアム D5

近赤外線乾燥モードを搭載している家庭用の食品乾燥機です。東明テックが製造する食品乾燥機「マレンギ」シリーズの上位モデル。太陽光に近い効果をもたらす近赤外線により、ビタミンDやミネラルなどを増加できると謳われているのがポイントです。

本製品は、食品の内部から乾燥できるのがポイント。食品の新鮮さを保ったままドライフードを作れると謳われています。庫内にはアミ型のトレイを5段搭載。複数種類の食材を1度で乾燥できる仕様です。

操作用のスイッチやノブは本体上部に配置。温度や乾燥時間の設定を簡単に行える点もおすすめです。

東明テック(TOHMEI) 家庭用食品乾燥機プチマレンギDX TTM-440N

東明テックが製造する家庭用食品乾燥機「プチマレンギ」の上位機種にあたる製品です。1度に作れるドライフードの量が3kgのプチマレンギに対し、本製品は5kgの容量を備えています。ドライフードを1度でたくさん作りたい場合に便利です。

また、メタル素材を採用したタイマーや温度調節スイッチを搭載。視認性に優れたLEDディスプレイも採用されており、高い操作性を備えているのが魅力です。

東明テック(TOHMEI) 家庭用食品乾燥機プチマレンギ TTM-435S

東明テックが製造する食品乾燥機「マレンギ」シリーズのなかでも、家庭で使いやすいように設計されている製品です。搭載されている6つのトレイのうち、2つに高さのあるタイプを採用しているのがポイント。レギュラータイプの高さは3cmですが、ハイタイプは約4.5cmの高さを備えており、サイズの大きい食材を乾燥させる際に便利です。

本体下部にはダイヤルを2基搭載。左側のダイヤルでは1~99時間の間でタイマーが設定でき、右側のダイヤルでは35~70℃の間で温度が調節できます。幅広い食材のドライフードが作れるのも魅力です。

使用後は、トレイやフタを食器用洗剤で洗浄可能。モーターやヒーターを搭載している部分は、スポンジや布巾を使用して掃除できます。

ウミダスジャパン(UMIDAS JAPAN) 食品乾燥機 フードドライヤー FD880E

デザインにこだわり、高床式を採用している家庭用の食品乾燥機です。本体下部にスペースを設け、ほこりの吸い込みを予防しているのがポイント。衛生的に食品を乾燥できるのが魅力です。

使用後のメンテナンスに手間がかかりにくいのもメリット。トレイやフタ、本体をすべて取り外してキレイに掃除できます。本体下部の操作パネルでは温度やタイマーの設定が可能。温度は38℃・48℃・58℃・68℃の4段階、タイマーは1~12時間の間で1時間ごとに設定できます。

本体サイズは縦32×横31×高さ22~30cm。高さを抑えたコンパクトな形状で収納できる点もおすすめです。

プリンセス(PRINCESS) Food Dryer Ver.2018 112383

ハニカム構造のトレイを採用した家庭用の食品乾燥機です。トレイは適度な強度を有しているだけでなく、空気の通りを考えて設計されているのがポイント。追加用のトレイやマルチトレイなど、オプション品も展開されています。

本体には、丸みを帯びた柔らかい印象を与えるデザインを採用。インテリアや部屋ともマッチしやすく、比較的設置場所を選ばないのもメリットです。本体下部には電源スイッチのほか、温度とタイマー設定用のボタンを搭載。ディスプレイも搭載されており、設定温度を確認しやすい点もおすすめです。

温度は40~70℃の間で5℃刻みの調節が可能。タイマーは4~16時間の間で2時間ごとに設定でき、幅広い食材に対応します。

ROOMMATE ヘルシーフードドライヤー EB-RM33A

1~12時間の間で1時間単位の設定が可能なタイマー機能を備えた、家庭用食品乾燥機です。温度は35~70℃の範囲で5℃刻みの調節が可能。食材や好みに合わせて温度やタイマーを細かく調節できるのが特徴です。

また、トレイを5段搭載しているのもポイント。トレイの爪と突起部を合わせると高くなり、互い違いにして重ねると低くなる構造を採用。比較的コンパクトに収納できるおすすめのアイテムです。

ロハス(LOHAS) ドライフードエアー dryfoodair2

乾燥・送風・オーブンの3つの機能を搭載している家庭用の食品乾燥機です。本体サイズは幅48.7×奥行き35.8×高さ30cm。電子レンジのように本体右側に操作パネルを備えており、3種類の機能を簡単に切り替えられます。

本製品は、乾燥クイックモードを搭載しているのもポイント。最初の3時間は68℃の高温で乾燥し、自動で48℃に設定を切り替えて12時間乾燥させるので、酵素を保持したままドライフードが作れると謳われています。クイックモードは、ボタンを押すだけで簡単に設定が可能です。

乾燥時に消費する電力は200Wと小さく、節電効果を期待できるのもメリット。電気代を節約したい場合にもおすすめです。

静岡製機(Shizuoka Seiki) 食品用乾燥機ドラッピーミニ DSJ-mini

本体上部にタッチパネルを搭載している家庭用の食品乾燥機です。視認性に優れているだけでなく、直感的な操作に対応しているのが特徴。温度は最大で60℃まで細かく設定できます。

庫内に備えている4段トレイのサイズは横24.6×縦32.5cm。奥行きがあり、たくさんの食材を1度に乾燥できるのがメリットです。また、排湿ダンパーを全閉にし、風量調整板を全開にすれば、飲み物の保温庫としても使用できます。

大紀産業(TAIKISANGYO) 電気乾燥機 プチミニ II

低騒音軸流ファンを搭載した食品乾燥機です。駆動音が静かなので、夜間に食材を乾燥させたい場合に便利。モーター音が気になる方にもおすすめです。本体は間口39×奥行き44×高さ56cmと大きめながら、本体下部にキャスターを搭載。移動時にかかる負担を軽減できるのもメリットです。

また、デジタル表示を見ながら温度やタイマーの設定ができるのもポイント。タッチパネルで簡単に操作できる点もおすすめです。

食品乾燥機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

食品乾燥機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。