ワインを美味しく飲むために役立つ「ワインセラー」。上下で温度を分けて管理できる2温度管理タイプやスマートなデザインのモノなど、各メーカーからさまざまなモデルが展開されています。

本記事では、おすすめのワインセラーをご紹介。フォルスタージャパンやドメティックなど、有名メーカーのモデルもピックアップしています。ワインセラーの選び方についても解説しているので、迷ったときの参考にしてみてください。

ワインセラーとは?

By: amazon.co.jp

ワインセラーとは、ボトルワインを保管するための貯蔵庫のこと。ワインは風味が劣化しやすい繊細な飲み物なので、美味しく熟成させるためには湿度・温度・光などに気を付け、適した環境下で保存することが大切です。

赤ワインと白ワインともに、湿度は約70%、室温は約13〜15℃での保管がベスト。ワインは冷蔵庫でも保存できますが、冷蔵庫の温度は約10℃以下と低めなうえ、開閉による温度変化や光による酸化も懸念されます。

ワインセラーなら、ワインに適した湿度と温度をキープ可能。さらに、多くの製品ではLED電球を使っているため、紫外線による酸化からワインを守るのにも役立ちます。

特に、四季によって湿度や室温が大きく変化する日本では、ワインを長期間熟成させるためにワインセラーを使うと便利。短期間で飲み切る場合は冷蔵庫でも保管可能ですが、美味しく飲みたい場合は専用のワインセラーを使うのがおすすめです。

ワインセラーの選び方

冷却方式の違いと特徴

コンプレッサー式

By: amazon.co.jp

コンプレッサー式のワインセラーは、モーターを駆動させてワインを冷やします。さまざまなワインセラーに使われるスタンダードな冷却方式です。ファン付きのモデルなら全体に冷気を行き渡らせ、より均一に温度を管理できます。

コンプレッサー式のワインセラーはパワフルに冷却できるのも魅力。真夏の暑い日もしっかりとワインを冷やせるため、大型のワインセラーでも多く採用されています。また、比較的ランニングコストが安いので、電気代が気になる方にもおすすめです。

多くの製品は加温機能を搭載。冬場の寒い日など、設定温度以下になったときも温度をキープできるため、長期保管にも向いています。一方、モーター音の大きさがデメリット。普段生活するスペースから離れた場所への設置がおすすめです。キッチンなどへの設置を検討してみてください。

ペルチェ式

By: amazon.co.jp

ペルチェ式のワインセラーは運転音が静かなため、静音性を重視する方にぴったりです。比較的安いので、導入コストが抑えやすいのもメリット。初めてのワインセラーとして購入しやすいモデルです。

一方、コンプレッサー式と比べて冷却性能が低いため長時間運転する必要があり、ランニングコストがかかります。短期的な使用に向いているので、飲み始めたワインなどを一時保存するワインセラーとしての用途なら、ペルチェ式がおすすめです。

熱吸収式(アンモニア式)

熱吸収式のワインセラーは、アンモニアの気化熱を利用して冷却します。振動や運転音を抑えた静音運転が可能。寝室やリビングでも快適に使えます。

熱吸収式のワインセラーはコンプレッサー式に比べて冷却性能が低い分、ランニングコストがかかる点に注意。また、保湿機能がない場合もあるので、気になる方は購入前に確認してみてください。保湿機能があるワインセラーなら、コルクの乾燥によるワインの酸化を軽減でき、より美味しく熟成できます。

収納本数に合わせたサイズを選ぶ

本数が少ないなら10本以下の小型モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

それほど多くのワインをストックする予定がない方は、10本程度まで収納できる小型モデルがおすすめです。大きなスペースを必要とせず、気軽に使用できます。一般的に同じ性能であれば、サイズがコンパクトなほど消費電力が小さい傾向にあり、ランニングコストを抑えられるのもメリットです。

小型のワインセラーは、日常的にワインを楽しみたい方にもおすすめ。冷蔵庫とは異なり、ワインのタイプや好みに合わせて温度を細かく設定できるため、ワインセラーから取り出してすぐに美味しいワインを楽しめます。

ある程度ストックするなら24本以下の中型モデル

By: amazon.co.jp

日常的にワインを楽しみつつ、大切なときに飲むワインをある程度ストックしておきたい場合は、24本程度まで保管できる中型モデルがおすすめです。ワインをケースでまとめ買いする方にもぴったり。コンプレッサー式を採用したモノも多く、ワインの熟成に興味がある方にも適しています。

本格的に収集する人は大量に収納できる大型モデル

By: amazon.co.jp

本格的にワインを収集する方には大型モデルがおすすめです。特別なワインとの出会いは一期一会。保存スペースの関係で購入をあきらめるといったリスクを減らせます。また、将来的な当たり年に備えて保管場所を確保可能です。

一般的に大型のワインセラーは高性能の製品が多く、長期熟成しやすいこともメリット。大切なコレクションをしっかりと保管したい方に適しています。

設置スペースに余裕がある方は、長期熟成用に大型ワインセラーを、デイリー用に小型ワインセラーを導入してみてください。扉を開閉する回数を減らせるため、より安定した状態で大切なワインを保管できます。

温度管理機能の性能をチェック

By: amazon.co.jp

ワインセラーをチェックするときに欠かせないのが温度管理機能です。保存したいワインに適した温度を保てる製品かどうか確認して選びましょう。

ワインにとって温度管理は非常に重要。目的や種類にもよりますが、一般的に保存に適した温度は13〜15℃程度といわれています。高すぎても低すぎてもワインの劣化につながるため注意が必要です。

ワインは種類によって飲み頃の温度が違うのも特徴。たとえば、甘口の白ワインの場合は4〜6℃とされています。赤ワインと白ワインを両方飲み頃の温度で管理したい方は、2つの温度で温度管理が可能な製品がおすすめです。

熟成させるなら加温・加湿機能をチェック

By: amazon.co.jp

ワインを熟成させたい方は、加温・加湿機能の有無をチェック。ワインは温度が低くなりすぎると熟成が進まないため、冬場などは加温機能が役立ちます。

また、ワインの保存には、温度だけでなく湿度も大切。湿度が低いとコルクが乾燥によって収縮します。ワインの酸化に繋がるため、適切な湿度が保てる機能を搭載しているかも確認しましょう。

光や紫外線の対策がしてあるかチェック

By: amazon.co.jp

ワインは光や紫外線に弱いのが特徴。ワインセラーはガラス製のドアを採用したモノが多い傾向にあります。直射日光が当たりにくい場所に設置するのはもちろん、UVカットガラスを用いるなど、光や紫外線対策に配慮されている製品を選ぶのが大切です。

ドアにガラスを使用していないモノもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

ワインセラーの電気代はどれくらい?

ワンセラーの電気代は、冷却方式や容量によって異なります。コンプレッサー式のモデルは必ず消費電力を表記しているため、電気代が気になる方は計算してみてください。

電気代は、年間消費電力と電気代単価の掛け算で求められます。例えば、電気代単価を27円/kWhとして、年間消費電力182kWhのワインセラーを使用した場合、1年間の電気代は4,914円です。

電気代はドアの開閉回数やボトルの本数などによっても左右されます。スペースに余裕を持たせて収納することで、高い冷却効率をキープ可能。性能によっては中型より大型のほうが安い場合もあるので、迷ったときは消費電力にも注目してみてください。

ワインセラーのおすすめメーカー

フォルスタージャパン(forster japan)

By: amazon.co.jp

「フォルスタージャパン」は、日本でも大手のワインセラーメーカーです。レストランやホテルで使われる業務用のワインセラーを取り扱っているほか、個人用のワインセラーも幅広く展開しています。

カジュアルプラスやグランセラーなどさまざまなシリーズがあり、バリエーションが豊富。赤ワインや白ワインで設定温度を分けられる2温度管理タイプのモデルもあります。好みの条件に合ったワインセラーを見つけやすいメーカーです。

ドメティック(Dometic)

By: dometic.com

「ドメティック」は、車やアウトドア用品など、ワインセラー以外にも幅広いアイテムを取り扱うメーカーです。100カ国以上でグローバルに事業を展開しています。

ドメティックのワインセラーは、さまざまなレストランやホテルで導入されており、2温度管理タイプの高機能なモデルもラインナップ。赤ワインと白ワインで温度を調節したいときにも便利です。「マ・カーブ」シリーズが有名。高性能なコンプレッサーを搭載しており、電気代を抑えながら大切なワインを長期間熟成できます。

さくら製作所

「さくら製作所」は、2014年に設立されたメーカーです。日本の住環境に合わせたスマートなワインセラーを展開。さまざまなモデルを取り扱っており、多くのレストランやホテルで導入されています。

高機能モデルを多数ラインナップ。2温度管理に対応したモデルのほか、断熱性の高い3重ガラスドアを採用したモデルなどがあります。インテリア性が高いスタイリッシュなデザインも魅力です。

ワインセラーのおすすめモデル|小型

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ワインセラー PWC-251P

収納本数は8本で気軽に使える小型ワインセラーです。ワインセラー入門用としてもおすすめ。本体サイズは幅25.2×奥行き50×高さ45cmなので、ちょっとした空きスペースがあれば設置可能です。

温度の範囲は8~18℃。シャブリなどスッキリと冷やして楽しみたい白ワインから、カベルネ・ソーヴィヨンのようにしっかりとした渋みを楽しみたい赤ワインまで、好みに合わせて設定できます。

庫内温度はタッチ式のスイッチで簡単に調節が可能。スイッチはロックできるため、子供が触って温度を変更してしまうといった誤作動を防止できます。

庫内灯が搭載されており、扉を閉めたままでもラベルの確認が可能です。庫内灯は点灯後10分で自動消灯。消し忘れを防止するとともに、光によるワインへの影響を抑えます。

プラスキュー(PlusQ) 8ボトル BWC-008P

庫内灯と木製棚が高級感のある雰囲気を演出する小型ワインセラーです。ワイヤー製の棚と異なり、ワインを出し入れする際にラベルが傷付きにくいのもメリット。ラベルを含めワインを大切に保存しておきたい方にもおすすめです。

冷却に使うペルチェ素子は、安定性と耐用年数に優れた日本メーカーのモノを使用。長期間にわたり安心して使えます。設定温度の範囲が4~22℃と広いこともポイント。よく冷やして楽しみたいスパークリングワインや、しっかりとボディを楽しみたい渋めの赤ワインまで、さまざまなワインに対応可能です。

本体サイズは幅約27×奥行き52.5×高さ45cmとコンパクト。振動が少なく動作音も静かなため、リビングや寝室へ設置したい方にもおすすめです。

WIE ワインセラー WIWCTE8BFGADX-JP

縦置き・横置きに対応できる小型ワインセラー。開封したワインの保管に便利です。正面の扉には光を通しにくい曲面ガラスを使用。紫外線によるワインへの影響を抑えます。

青色のLEDによる庫内灯を搭載しており、扉をあけずにワインラベルの確認ができるのもメリット。また、青い光がワインボトルを輝かせるため、視覚的にも楽しめます。

冷却方式はペルチェ式で、設定温度は10~18℃。サイズは幅25.2×奥行き51.2×高さ45cmと比較的スリムなので、隙間スペースに設置したい方にもおすすめです。

デバイスタイル(deviceSTYLE) CF-P7

7本のワインを収納できるタワー型ワインセラー。幅は15cmと狭いため、冷蔵庫横などのスペースにも設置可能です。設置場所の関係でワインセラーの導入をあきらめていた方にもおすすめ。高さは83.2cmなので、圧迫感を与えにくいこともポイントです。

扉には、熱や光を通しにくいほか、デザイン性に優れたミラーガラスを使用。また、紫外線を含まないLEDの庫内灯を採用しています。冷却方式はペルチェ式で、素子は日本メーカーのモノを搭載。庫内の温度帯域は9~18℃です。

デバイスタイル(deviceSTYLE) CE-8W

ワインセラーとしてはめずらしい鮮やかなカラーが目を惹く製品。ワインセラーの重厚な雰囲気が苦手な方や、インテリアとのコーディネートを楽しみたい方におすすめです。カラーバリエーションはターコイズ・ブルー・レッド・イエローの4色があり、部屋の雰囲気に合わせて選べます。

ワインは最大8本収納でき、棚板を外せば日本酒4合瓶の縦置きにも対応。庫内温度は4~22℃と幅広く設定できるため、お酒の種類に合わせて最適な状態を保てます。冷却方式はペルチェ式で、扉は断熱性の高いペアガラスです。

別売りの金具を使えば、ワインセラー2台を積み重ねての使用も可能。異なる温度帯での赤・白ワインの保存や、ワインと日本酒を保存するなど、使い方のバリエーションが大きく広がります。

ワインセラーのおすすめモデル|中型

プラスキュー(PlusQ) 24ボトル BWC-024P

上段・下段で別々の温度設定が可能な中型ワインセラーです。設定温度の範囲は4~22℃と幅広いのがポイント。赤・白ワインを分けたい方、ボディによって設定温度を分けたい方、あるいはデイリーワインと長期熟成用を別の温度で保存したい方など、さまざまな用途で使用できます。収納本数は上段8本、下段16本の合計24本です。

木製の棚板や重厚感のある扉など、高級感のある外観も魅力。こだわりのワインをインテリアの一部として収納可能です。庫内灯をつければ暖色系の明かりがワインを照らします。

本体サイズは幅約41×奥行き52.5×高さ71.3cm。冷却方法はペルチェ式で、消費電力は115Wです。

さくら製作所 ZERO Advance SA22-B

温度管理能力に優れたコンプレッサー式の中型ワインセラーです。扉には建材用として用いられるLow-Eガラスを2枚使用。3重構造で断熱性を高め、庫内の温度を一定に保ちます。

庫内の冷気を逃がしにくいため、省エネ性能が高いことも魅力。22本を冷やした場合、年間の電気代は約3,600円です。コンプレッサーの動作回数が少なくてすむので、動作時間の最大約50%はファンが動かない無音状態が続くこともポイント。また、ファン動作時も厚い扉が音モレを防止します。

庫内温度は0~22℃と広い範囲で設定できるため、より低温での保存が求められる日本酒用セラーとしてもおすすめ。棚板を外せば一升瓶5本が収納可能です。一般的なワインボトルであれば22本を保存できます。

さくら製作所 ZERO CLASS Smart SB22

本体サイズは幅38×奥行き52.7×高さ71cmと比較的コンパクトなサイズながら、最大22本のワインを収納できる中型のワインセラーです。庫内側面に設けられたくぼみがワインボトルにフィットし、無駄なスペースを削減しています。

冷却方法はコンプレッサー式で、温度の範囲が0~20℃と広いことも特徴のひとつ。ワインだけでなく、吟醸酒やクラフトビールなどの保存にも便利です。温度管理能力に優れており、液体温度のブレを0.1℃以下に抑えることも魅力。大切なワインを熟成させたい方にもおすすめです。

扉には遮熱ガラスを使用。UVカット率99%を謳っており、紫外線によるワインの劣化を抑えます。ノイズが発生しがちなコンプレッサーは吸音材で覆い、動作音の静かな高性能のファンを搭載するなど、静音性能に優れているのもポイントです。

ルフィエール(Lefier) C18SL

横幅29cmとスリムな中型ワインセラーです。冷蔵庫横やソファーと壁の間など、ちょっとした隙間スペースに設置可能。最大18本のワインが収納できます。冷却方式はパワフルなコンプレッサー式。庫内温度は6~18℃で設定できます。消費電力は75Wです。

コントロールパネルは、操作後20秒が経過すると自動でロックがかかる仕様。誤操作による設定変更が起きにくいこともポイントです。

ルフィエール(Lefier) C15B

奥行き45cmと薄型のワインセラー。スペースを有効活用したい方におすすめです。最大で15本のワインを収納できます。

冷却方法はパワフルなコンプレッサー式で、温度管理能力が高いこともポイント。扉には断熱性能の高いLow-Eガラスが使われています。設定可能な温度範囲は5~18℃です。

最下段はワインボトルを斜めに収納する構造なので、ラベルが見やすいことも特徴。お気に入りのワインコレクションを見やすい状態で保存したい方にもおすすめです。

ワインセラーのおすすめモデル|大型

フォルスタージャパン(forster japan) LongFresh ST-NV271

本格的な長期熟成にチャレンジしたい方におすすめの大型ワインセラーです。鋼板扉を搭載しており、断熱性の高さがポイント。外気温の変化による庫内への影響を抑えます。また、紫外線など光の影響を受けにくいこともメリットです。

冷却はパワフルなコンプレッサー式。ファンを使い庫内の空気を循環させることにより、庫内温度を均一に保ちます。扉の開閉など、急激な温度上昇時に素早く反応することも魅力です。

湿度調節機能を搭載していることも特徴のひとつ。地下貯蔵庫のように年間を通して温度・湿度が保たれるため、じっくりと熟成が進みます。扉にはカギが付いているので、子供のいたずらを防止可能。不要な開閉によるワインの劣化を防ぎます。収納できるワインの本数は最大70本です。

フォルスタージャパン(forster japan) GrandCellar SG-122GD

木目調の外観が目を惹く大型のワインセラーです。あたたかみのあるデザインなので、インテリアに馴染みやすいこともポイント。操作ボタンや温度表示などは、正面から見えないように、扉天面に配置されています。

庫内は上下2段にわかれており、それぞれ独立した温度設定に対応。デイリーワインと長期熟成用を別の温度帯で保存したい方にもおすすめです。加湿循環方式により乾燥を防ぎます。

上棚のラックはスライド式で、奥にしまったワインも簡単に取り出し可能。使いやすさにも配慮されています。別売りの傾斜ラックを使えば、ラベルを見やすい形での収納にも対応。自慢のコレクションを見やすい状態で保存できます。

ドメティック(Dometic) Wine cooler C55F

バーやレストランなどプロの現場でも使用される大型ワインセラー。高級感のある外観でインテリアに馴染みやすいこともポイントです。

パワフルなコンプレッサーを搭載しており、設定温度をしっかりとキープ。設定可能な温度は5~22℃で、ワインを飲み頃の温度に保ちます。効率的な空気循環システムが庫内の温度を均一に保つことも魅力です。

ガラスドアは3層構造で紫外線をしっかりとカット。光によるワインへの影響を抑えます。

ドメティック(Dometic) Silent Cave CS32 BV2

熱吸収式の冷却システムを搭載したワインセラー。揺れによるワインへの影響が少ないため、本格的な長期熟成にも対応します。大切なワインをしっかりと保存したい方におすすめです。また、動作音がほとんどしないこともポイント。寝室やリビングへの設置も可能です。

庫内の急激な温度変化を抑えるため、ファンレスの直冷式。庫内の上部と下部で最大±3℃の温度差が発生するため、上段に赤ワイン、下段に白ワインといった使い方も便利です。最大で40本のワインを収納できます。

シンプルで重厚感のある外観でインテリアに馴染みやすいことも魅力。本体サイズは幅53×奥行き60×高さ72.4cmです。

さくら製作所 ZERO CLASS Smart SB38

2室式で上下それぞれ温度を設定できる大型のワインセラーです。設定温度は上室で0~20℃、下室で5~20℃と幅広いのが魅力。ワインだけでなく、日本酒やクラフトビールなどの保存にも便利なおすすめモデルです。

上室の収納量は16本、下室は22本と最大で38本のワインを保存可能。棚を外せば一升瓶も収納できます。上室への一升瓶の収納本数は6本です。

冷却方法はパワフルなコンプレッサー式。音の出やすい箇所は吸音材で覆うなど、静音性に配慮しているのが特徴です。ノイズが気になりがちなコンプレッサー式ですが、動作音は一般的な家庭用冷蔵庫程度に抑えられています。

ワインセラーの売れ筋ランキングをチェック

ワインセラーのランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編:ワインセラー付き冷蔵庫のおすすめモデル

A-Stage 2ドア ミラーガラス 冷蔵庫一体型ワインクーラー WRH-M262

上部にワインクーラー用のスペースを設けた冷蔵庫です。冷蔵庫部分の容量は40Lで、ワインに合うような食材のほか、2Lのペットボトルも収納できます。

ワインクーラー部分には、8本のワインボトルを収納可能。扉が上下で分かれているため開閉による温度変化が少なく、ワインを熟成させるのに適しています。また、ワインクーラーは8~18℃までの温度設定に対応。庫内の設定温度は上部のパネルで確認できます。