ワインを美味しく飲むために役立つ「ワインセラー」。上下で温度を分けて管理できる2温度管理タイプのモデルや、スマートなデザインのモデルなど、各メーカーからさまざまなモデルが展開されています。

本記事では、おすすめのワインセラーをご紹介。フォルスタージャパンやドメティックなど、有名メーカーのモデルも掲載しています。ワインセラーの選び方も解説しているので、迷ったときの参考にしてみてください。

ワインセラーとは?

By: amazon.co.jp

ワインセラーとは、ボトルワインを保管するための貯蔵庫のこと。ワインは風味が劣化しやすい繊細な飲み物なので、美味しく熟成させるためには湿度・温度・光などに気を付け、適した環境下で保存することが大切です。

赤ワインと白ワイン共に、湿度は約70%、室温は約13〜15℃での保管がベスト。ワインは冷蔵庫でも保存できますが、冷蔵庫の温度は約10℃以下と低めなうえ、開閉による温度変化や光による酸化も懸念されます。

ワインセラーなら、ワインに適した湿度と温度をキープ可能。さらに、多くの製品ではLED電球を使っているため、紫外線による酸化からワインを守るのにも役立ちます。

特に、四季によって湿度や室温が大きく変化する日本では、ワインを長期間熟成させるためにワインセラーを使うと便利。短期間で飲み切る場合は冷蔵庫でも保管可能ですが、美味しく飲みたい場合は専用のワインセラーを使うのがおすすめです。

ワインセラーの選び方

冷却方式の違いと特徴

コンプレッサー式

By: amazon.co.jp

コンプレッサー式のワインセラーは、モーターを駆動させてワインを冷やします。さまざまなワインセラーに使われるスタンダードな冷却方式です。ファン付きのモデルなら全体に冷気を行き渡らせ、より均一に温度を管理できます。

また、コンプレッサー式のワインセラーはパワフルに冷却できるのも魅力。真夏の暑い日もしっかりとワインを冷やせるため、大型のワインセラーでも多く採用されています。さらに、比較的ランニングコストが安いので、電気代が気になる方にもおすすめです。

コンプレッサー式モデルの多くは加温機能を搭載。冬場の寒い日など、設定温度以下になったときも温度をキープできるため、長期保管にも向いています。

ただし、コンプレッサー式のワインセラーは、モーター音の大きさがデメリット。そのため、普段生活するスペースから離れた場所への設置がおすすめです。キッチンなどへの設置を検討してみてください。

ペルチェ式

By: lefier.jp

ペルチェ式のワインセラーは、運転音が静かなため、静音性を重視する方にぴったりです。また、比較的安いので、導入コストが抑えやすいのもメリット。初めてのワインセラーとして購入しやすいモデルです。

ただし、コンプレッサー式と比べて冷却性能が低いため長時間運転する必要があり、ランニングコストがかかります。短期的な使用に向いているので、飲み始めたワインなどを一時保存するワインセラーとしての用途なら、ペルチェ式がおすすめです。

熱吸収式(アンモニア式)

By: rakuten.co.jp

熱吸収式のワインセラーは、アンモニアの気化熱を利用して冷却します。振動や運転音を抑えた静音運転が可能で、寝室やリビングでも快適に使えるタイプです。

ただし、熱吸収式のワインセラーはコンプレッサー式に比べて冷却性能が低い分、ランニングコストがかかります。また、保湿機能がない場合もあるので、選ぶときに確認してみてください。保湿機能があるワインセラーなら、コルクの乾燥によるワインの酸化を軽減でき、より美味しく熟成できます。

本数に合った容量を選ぶ

By: amazon.co.jp

ワインセラーには、数本収納できるモデルから100本以上収納できるモデルまで、さまざまな容量の製品があります。そのため、購入する際は収納したいワインの本数に合わせて選ぶことが大切です。

数本だけ保管したい場合は、省スペースに設置できる小型のワインセラーが便利。ただし、何年もかけて長期間熟成させる場合は、今後お気に入りのワインが増えたときのことを考え、容量に余裕を持たせて選ぶのがおすすめです。

小型のワインセラーでも積み上げるようにすれば多くのワインを保管できますが、冷却効率の低下や扉を開けたときの落下リスクがあります。ワインを美味しく熟成し安全に取り出せるよう、適した収納本数のモノを検討してみてください。

設置場所に合わせたサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

ワインセラーは、容量が大きいモノほど大型になる傾向があります。寝室などの限られた比較的狭いスペースにワインセラーを置く場合は、ワインセラーのサイズも確認してみてください。なかには、省スペースに設置できるスリムサイズのモデルもあります。

ただし、ワインセラーは、本体サイズにプラスして左右や上部に放熱スペースが必要です。放熱スペースはモデルによって異なり、設置面積を抑えたモノのほうが、よりスペースを抑えて設置可能。同じサイズのモデルで迷ったときは、放熱スペースもチェックしてみてください。

温度管理機能の性能をチェック

By: funvino-winecellar.com

ワインセラーをチェックするときに欠かせないのが、温度管理機能。保存したいワインに適した温度を保てる製品かどうか確認して選びましょう。

ワインにとって温度管理は非常に重要。目的や種類にもよりますが、一般的に保存に適した温度は13〜15℃程度といわれています。高すぎても低すぎてもワインの劣化につながるため、注意が必要です。

また、ワインは種類によって飲み頃の温度が違うのも特徴。たとえば甘口の白ワインの場合は、4〜6℃とされています。そのため、赤ワインと白ワインを両方飲み頃の温度で管理したい方は、2つの温度で温度管理が可能な製品がおすすめです。

熟成させるなら加温・加湿機能をチェック

By: amazon.co.jp

ワインを熟成させたい方は、加温と加湿機能が備わっているか確認しましょう。ワインは温度が低くなりすぎると熟成が進まないため、冬場などは冷やしすぎないために加温機能が重要です。

また、ワインの保存には、温度だけでなく湿度も大切。湿度が低いとコルクが乾燥によって収縮します。ワインの酸化に繋がるため、適切な湿度が保てる機能を搭載しているかも確認しましょう。

光や紫外線の対策がしてあるかチェック

By: rakuten.co.jp

光と紫外線の対策がされているかチェックすることも大切です。ワインセラーはドアがガラス製のモノが多いため、光が当たりにくい場所に設置するのはもちろん、UVカットガラスを採用しているかどうかも確認しましょう。

ワインに光が当たるのが気になる場合は、ドアにガラスを使用していないモノを選ぶのがおすすめです。

ワインセラーの電気代はどれくらい?

ワンセラーの電気代は、冷却方式や容量によって異なります。なかでもコンプレッサー式のモデルは必ず消費電力を表記しているため、電気代が気になる方は計算してみてください。

電気代は、年間消費電力×電気代単価の掛け算で求められます。例えば、電気代単価を27円/kWhとして、年間消費電力182kWhのワインセラーを使用した場合、1年間の電気代は182kWh×27円=4,914円です。

また、電気代はドアの開閉回数やボトルの本数などによっても左右されます。スペースに余裕を持たせて収納することで、高い冷却効率をキープ可能。性能によっては中型より大型のほうが安い場合もあるので、迷ったときは消費電力にも注目してみてください。

ワインセラーのおすすめメーカー

フォルスタージャパン(forster japan)

By: rakuten.co.jp

「フォルスタージャパン」は、日本でも大手のワインセラーメーカーです。レストランやホテルで使われる業務用のワインセラーを取り扱っているほか、個人用のワインセラーも幅広く展開しています。

カジュアルプラスやグランセラーなどさまざまなシリーズがあり、バリエーションが豊富。赤ワインや白ワインで設定温度を分けられる2温度管理タイプのモデルもあります。好みの条件に合ったワインセラーを見つけ出しやすいメーカーです。

ドメティック(Dometic)

By: rakuten.co.jp

「ドメティック」は、車やアウトドア用品など、ワインセラー以外にも幅広いアイテムを取り扱うメーカーです。100カ国以上でグローバルに事業を展開しています。

ドメティックのワインセラーは、さまざまなレストランやホテルなどで導入されており、2温度管理タイプの高機能なモデルもラインナップ。赤ワインと白ワインで温度を調節したいときにも便利です。特に有名なのは、「マ・カーブ」シリーズ。高性能なコンプレッサーを搭載しており、電気代を抑えながら大切なワインを長期間熟成できます。

さくら製作所

By: sakura-wks.com

「さくら製作所」は、2014年に設立したメーカーです。日本の住環境に合わせたスマートなワインセラーを展開しているのが特徴。さまざまなモデルを取り扱っており、多くのレストランやホテルで導入されています。

また、2温度管理に対応したモデルや断熱性の高い3重ガラスドアを採用したモデルなど、高機能なモデルをラインナップ。インテリア性が高いスタイリッシュなデザインも魅力です。

ワインセラーのおすすめモデル|小型〜中型

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ワインセラー PWC-251P

小型の製品が欲しい方におすすめの、8本収納できるワインセラーです。幅が25.2cmとコンパクトサイズなので、部屋やキッチンに置きやすいのが特徴。また、ペルチェ式で静音性に優れているため、寝室においても気になりにくいのがポイントです。

ボタンはタッチパネル式で、簡単に操作できるのがメリット。温度は8〜18℃まで設定でき、ワインの種類や目的に応じて適切な温度で管理できます。ロック機能がついていることで、誤作動を予防できるのも便利です。

ロングボトルや太めのボトルは、ラックを外すことで収納できます。ワインの太さや長さにかかわらず収められるのが魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ペルチェ式ワインセラー IWC-P081A

リーズナブルな価格が魅力のペルチェ式ワインセラー。静音性に優れているため、ワインセラーの稼働音が気になる方にぴったりです。

温度は8〜18℃まで設定可能で、幅広い種類のワインを保存できるのが特徴。ロック機能が搭載されているため誤操作も防げます。また、温度がデジタル表示されることで、現在の温度がひと目で分かるのも便利です。

外からワインのラベルを確認できる庫内灯がついているのもメリット。スイッチが庫外についているので、ドアを開けることなく点灯できるのが便利です。ドアの開け閉めによるワインの温度変化を防げます。

デバイスタイル(DeviceStyle) 8本収納タイプワインセラー CE-8W

キッチンやリビングに馴染みやすい、スタイリッシュなデザインが特徴のワインセラーです。コンパクトで置きやすい製品がほしい方におすすめ。棚の可動間隔は84mmで、8本のワインを収納可能です

ドアには、断熱効果の高いペアガラスを使用しています。常に適切な温度でワインを保存しやすいほか、ガラス製のため庫内が見やすいのがメリットです。

温度は4〜22℃まで1℃刻みで設定できるので、保存したいワインに応じて幅広く温度を設定したい方にも適しています。また、タッチパネルを採用しており、ラクに温度の操作ができるのも便利です。

プラスキュー(PlusQ) 8ボトル BWC-008P

スタイリッシュなデザインが特徴の、8本収納できるワインセラーです。見た目にこだわって選びたい方にぴったり。また、収納棚が木製のため高級感を演出できるほか、ラベルやボトルが傷つくのを防げます。

冷却方式はペルチェ式なので、静かなワインセラーが欲しい方にもおすすめです。日本メーカー製のペルチェ素子を採用していることで、安定性と耐久性に優れています。

ドアがガラス製で、外から庫内を確認しやすいのもメリット。さらに、白色LEDパネルが搭載されており、ドアを閉めたまま簡単に中をチェックできます。

デバイスタイル(DeviceStyle) ワインセラー CE-C7W

縦長の形が特徴の、ボトルを7本収納できるワインセラーです。置き場所の幅が狭い場合でも設置しやすいのが魅力。また、ホワイトなボディと木目調の取っ手を採用しているため、インテリアに調和しやすいのがメリットです。

冷却方式はコンプレッサー式。高い断熱効果が魅力のペアガラスを使用しているため、安心してワインを保存できます。

温度は5〜18℃まで設定できるのが便利。1℃刻みで操作できるため、細かく庫内の温度管理をしたい方にもぴったりです。

さくら製作所 FURNIEL SAB-50G

エントリーモデルとしておすすめの、12本収納可能なワインセラーです。省エネ効果が高いコンプレッサー式で、ペルチェ式に比べて電気代を抑えられるのが特徴。ランニングコストを重視してワインセラーを選びたい方にぴったりです。

パワフルな「加温ヒーター」を搭載しているのもポイント。気温が低いときでも安心してワインを保存できます。

インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインもメリット。フレームに光沢感を抑えたコーティングが施されているため、高級感を演出できます。また、3重構造のフルフラットガラスを採用しているので、断熱性に優れているのも魅力です。

ルフィエール(lefier) ワインセラー LW-S12

シンプルな見た目が特徴の、短期保存向きワインセラーです。すっきりとしたデザインの製品を選びたい方におすすめ。ダイニングやリビングなど、場所を問わず置きやすいのが魅力です。

温度は4〜22℃まで調節可能なのがメリット。赤ワイン・白ワイン・スパークリングワインなど、さまざまな種類のワインを保存できます。また、冷却方式はペルチェ式のため、静かに使えるのもポイントです。

ドメティック(domestic) D17 Ma Cave 9600026435

上下で違う温度が設定できるワインセラーです。異なる種類のワインを同時に保存したい場合におすすめ。温度は5〜22℃と幅広く設定できるので、ワインに応じて使用できます。

フルフラットかつフレームレスのドアを採用しているのも特徴。シンプルなデザインのため、インテリアに馴染みやすいのが魅力です。UVカット加工が施された3重ガラスなので、紫外線からワインを守れます。

ボトルは最大で17本収納可能。引き出し可能なワイヤー棚を使用しているため、あらゆる形状のワインを収められるのがメリットです。

さくら製作所 ZERO Advance SA22-B

ワインだけでなく、日本酒の保存にもおすすめのワインセラー。設定できる温度の範囲が0〜22℃と広く、1℃刻みで設定できるのが特徴です。あらゆる種類のワインを適切な温度で管理できます。

ワインは22本収納可能で、太めのボトルもスムーズに出し入れできるように設計されているのが魅力。下段には高さが300mmまでのボトルが横置きで収納できます。ワインの太さや大きさにかかわらず収納しやすいのがメリットです。

外の気温よりも12℃以上温度を上げられる、加温ヒーターを搭載しているのも便利。ワインの温度が低くなりすぎるのを防げるため、寒冷地に住んでいる方や、冬の温度管理が心配な方にもぴったりです。

デバイスタイル(DeviceStyle) 27本収納タイプワインセラー WE-C27W

「静粛性コンプレッサー」を採用することで、静音性と冷却性を両立しているのが特徴のワインセラー。静かに使えるコンプレッサー式のワインセラーが欲しい方におすすめです。

温度設定は6〜18℃まで、1℃刻みで設定できるのが便利。また、加温機能も搭載しているので、設定温度より室温が低いときは、加温運転を行います。

紫外線成分を含まないLEDライトを搭載しているのも魅力。庫内の温度上昇が少ないため、安定した温度管理が可能です。

ワインは27本収納可能ですが、一部の棚を外すことで最大31本まで入れられるのもメリット。さらに、最下段はボトルの斜め収納が可能です。

ファンヴィーノ(funvino) ブリリアント40 BU-138N

コンプレッサーの排気を前面から行うことで、放熱にかかるスペースを抑えたワインセラーです。幅と奥行きが600mmのため、サイズを抑えつつ大容量な製品がほしい方におすすめ。右開きと左開きの製品どちらもラインナップしているのが魅力です。

温度設定は、5〜22℃までの1℃刻みの操作が可能。また、10秒間ボタンに触れないとロックがかかるので、不注意などによる誤操作を防げるのも魅力です。庫内灯のオンとオフも、タッチパネルのボタンで操作できます。

庫内には、ボトルを横に並べて1段につき10本入れられるのが特徴。大きく引き出せるスライド棚を採用しており、一番奥のボトルを取り出しやすいのがポイントです。ボルドータイプのワインだけでなく、ハーフボトルなど形状の異なるワインも収納できます。

フォルスタージャパン(Forster Japan) GrandCellar SG-122GD

41本のワインを収納できるワインセラー。収納方法は手前と奥の2列配列ですが、ラックが半分まで引き出せるスライド式のため、奥のワインを取り出しやすいのが魅力です。

温湿度センサーを搭載しており、適切に温度・湿度を制御できるのがポイント。安心してワインを保存できます。

庫内を2つの温度に設定できるのもメリットです。適切な保存温度が異なる2種類のワインを収納できるほか、同じワインでも銘柄ごとに温度を分けて長期熟成できます。

フォルスタージャパン(Forster Japan) HomeCellar FJH-127GS

さまざまなタイプのボトルを収納できるワインセラーです。ラックを外すことでマグナムボトル・一升瓶・四合瓶なども収納可能。また、ラックをスライドさせることで、楽にボトルを取り出せるのも便利です。

ドアに「UV反射加工ガラス扉」を採用しているのが魅力。紫外線対策ができるワインセラーを選びたい方にも適しています。また、ドアの端にサイドガード付きのフレームを付けているので、ガラスが割れる心配を軽減できるのもメリットです。

プラスキュー(PlusQ) 53ボトル DWC-053C

「保温用ヒーター」を搭載したワインセラーです。周囲の温度の方が低い場合でも、設定温度を保てるのが魅力。また、「湿度保持ユニット」が付属しており、湿度を適切に保てるので、コルクの乾燥対策ができます。

ワインのタイプ別に3種類の温度管理モードが使えるのも便利。自分で温度設定を行う場合は、5〜20℃の範囲で設定可能です。

庫内の全棚に特注の木製棚を使用しているのもメリット。スタイリッシュな見た目を実現しているほか、ラベルが傷つきにくいのが特徴です。簡単に取り外しできるため、柔軟に収納方法を変更できます。

ワインセラーのおすすめモデル|大型

ユーロカーブ(EUROCAVE) Pure Pure-S-C-PTHF

フルガラスドアを採用しているのが特徴のワインセラーです。断熱性を向上させた2重ガラスを採用しており、省エネルギーでワインを保存できます。また、ガラス部分にUVカット素材を使用していることで、紫外線をカットしやすいのも便利です。

引き出しが5段ついているのもメリット。なめらかに動かせるため、スムーズにワインを出し入れできます。棚間隔を広めに設計しているので、ブルゴーニュなどの太めのボトルも収納可能です。

さくら製作所 PRO CLASS SV78

2温度管理できるのが特徴の、コンプレッサー式ワインセラーです。赤ワイン用と白ワイン用に分けて保管が可能。ワインの種類に応じた飲み頃温度をキープできます。

棚が全段に標準搭載されているのも便利。引き出せるスライド棚のためボトルを取り出しやすいほか、奥に収納したワインの銘柄もはっきり確認できます。

ドアヒーターがいらない断熱ドアを使用することで、消費電力と稼働音を抑えています。さらに、静音モードにすることも可能なので、静音性にこだわった製品が欲しい方にもおすすめです。

フォルスタージャパン(Forster Japan) LongFresh ST-408FGII

安定した温度制御ができるのが特徴のワインセラー。コンプレッサー式のため、冷却効率に優れています。また、ファンを使用して冷気を循環させ、庫内の湿度の変化を抑えられるのも特徴です。湿度の上がりすぎを防止するための調節スイッチも搭載しています。

暖色のLEDを採用しており、ワインボトルをおしゃれにライトアップできるのもポイント。機能性だけでなく、見た目も重視したい方はぜひチェックしてみてください。

ファンヴィーノ(funvino) Wドア120 SW-120

独立したドアが上下で2つあり、最大122本収納できるワインセラー。2温度管理が可能なため、赤ワインと白ワインをそれぞれ飲み頃の温度で保存するなど、用途に応じた使い方ができます。また、ドアが2つあることで、冷気が逃げにくく温度管理しやすいのもメリットです。

庫内に上下2個のフィルターがついており、外気の水分を取り込めるのが便利。庫内の湿度管理をすることでコルクが乾燥しづらくなり、ワインの劣化を防ぎやすいのが魅力です。

加温機能を搭載しているのもメリット。室温が設定温度以下になった場合ヒーターによって庫内をあたためられるので、寒冷地に住んでいる方や寒い時期の管理が気になる方にもおすすめです。

デバイスタイル(DeviceStyle) ワインセラー WF-C127W

幅が59.5cmながら、最大で127本のボトルを収納できるワインセラー。幅を取らずにたくさんのワインを保存できます。また、棚のピッチが90mmなので、ほとんどのブルゴーニュタイプのワインを収納可能です。

温度設定は5〜20℃まで、1℃刻みで行えるのも便利なポイント。前面ガラス扉のロック機能や、ドアの閉じ忘れを知らせるアラーム機能も搭載しています。

ドメティック(domestic) Silent Cave CS200B2

ワインセラーの音が気になる方にもおすすめの、アブソープション式ワインセラー。アンモニアの気化熱を利用した熱吸収式で、静音性に優れているのが魅力です。

庫内にある木製棚とスライド棚を組み合わせることで、収納位置を自由に設計できるのもポイント。通常で168本、最大で210本のボトルを保存できるので、多くのワインを収納したい方にもぴったりです。

温度は、8〜18℃まで設定できます。また、自然対流による温度変化を利用することにより、白ワインと赤ワインなど、異なる種類のワインも保管できるのが魅力です。

スタイルクレア(STYLECREA) M series SC-171

ステンレスフレームを採用しており、高級感がある見た目のワインセラーです。収納本数が171本と大容量なのも魅力。1枚の棚板に11本まで収納でき、一番下の棚は一列で17本まで保存できます。

設定できる温度は5〜20℃。ワンタッチ温度設定により、温度をラクに変えられるのが魅力です。

ドア開放の警告灯を搭載しており、開けっ放しを防げるのもポイント。また、鍵付きタイプなのでワインをしっかりと守れます。

ワインセラーの売れ筋ランキングをチェック

ワインセラーのランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編:ワインセラー付き冷蔵庫のおすすめモデル

A-Stage 2ドア ミラーガラス 冷蔵庫一体型ワインクーラー WRH-M262

上部にワインクーラー用のスペースを設けた冷蔵庫です。冷蔵庫部分の容量は40Lで、ワインに合うような食材のほか、2Lのペットボトルも収納できます。

ワインクーラー部分には、8本のワインボトルを収納可能。扉が上下で分かれているため開閉による温度変化が少なく、ワインを熟成させるのに適しています。また、ワインクーラーは8~18℃までの温度設定に対応。庫内の設定温度は上部のパネルで確認できます。