ワインは保存の仕方に細心の注意を払うべきお酒です。ワインの味を維持し、なおかつ熟成させるためには、温度や湿度、そして日差しや振動といったさまざまな条件を管理する必要があります。これら多岐にわたる条件を一気にクリアできるのがワインセラーです。

ワインセラーと聞くと非常に高額で、「自分にはなかなか手の届かないもの」という印象を持っている方も多いかと思いますが、実は近年ワインセラーも家庭用のモノが普及しており、安いものであれば2〜3万円程度から購入できます。そこで今回は、ワインセラーの違いと選び方、そしておすすめの製品についてご紹介します。

家庭用ワインセラーの選び方

保存する本数で選ぶ

ワインセラーを選ぶ際には、まず自分が「どのくらいのワインを保存するか」を把握しておきましょう。ワインには、値の張る高級品から低価格のデイリーワインまでさまざまな種類があります。主にデイリーワインを飲む方は、なるべく多くの本数が入るワインセラーを選ぶとよいでしょう。

しかし、ワインがたくさん入るからといって隙間なく目一杯詰め込み過ぎてしまうと、冷却するときの効率が悪くなってしまいます。したがって、実際に保存する本数から考えて余裕を持った、少し大きめの家庭用ワインセラーを購入するのがおすすめです。

機能面で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワインセラーには数多くの機能があります。標準的な機能である「温度コントロール」は、庫内の温度を自動で一定に保ってくれるというもの。ただし、加温機能がついていないモデルでは、周囲の温度よりも高い温度に設定することができないので、注意が必要です。

ガラス扉を採用しているか否かもチェックポイント。扉を閉めた状態でも庫内のワインが確認できるタイプは、開閉する回数が最小限で済むので、大きなメリットです。

他にも、地震の際に振動で扉が開かないようにする「ドアロック機能」など、大事なワインを守るためのさまざまな機能が搭載されています。購入を検討する際は、しっかりと確認しておきましょう

冷却方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワインセラーの冷却方式には、コンプレッサー方式とペルチェ方式、アンモニア吸熱方式の3タイプがあります。

「コンプレッサー方式」は冷蔵庫と同じようにモーターを使用するタイプ。効率よくワインを冷却できるという特徴があります。電気代が最も安く済むのはこの方式。ただし、本体にモーターを使うため振動が生じる点は注意が必要です。

「ペルチェ方式」は、“ペルチェ効果”と呼ばれる現象を利用した冷却方式。冷却機能自体は低いですが、急激な室温変化や振動がなく、ワインへ与える刺激も少なく済むというメリットがあります。家庭用の小型ワインセラーに多く採用されており、価格もリーズナブルです。

「アンモニア吸熱方式」は、冷媒にアンモニアを使用し、気化熱によって温度調整を行うタイプ。冷却能力はペルチェ方式より高いですが、コンプレッサー方式よりは劣ります。そして、本体の振動もなくワインセラー本体の部品もシンプルなので寿命が長いというメリットがあります。ただし、価格は他のふたつと比べると高めであることに加え、ラインナップも非常に少ないのが現状です。

家庭用ワインセラーの電気代

ワインを冷やすための冷却機能は、ペルチェ方式と比較するとコンプレッサー方式の方が5~10倍性能が高く、ペルチェ方式は冷却するまでの時間が長くかかってしまうため、電気代がかさんでしまいます。

そして、アンモニア吸熱方式は電気ヒーターで冷媒を循環させる冷却方式なので、これもまたコンプレッサー方式よりも冷却時に電気が必要です。

以上のことから、電気代だけで選ぶならコンプレッサー方式がおすすめ。ただし、ペルチェ方式に比べると本体価格が高めですので、予算とランニングコストを踏まえたうえで検討してください。

家庭用ワインセラーのおすすめ5選

ルフィエール(Lefier) LW-S12

シンプルな作りでデイリーワインをよく飲む方におすすめのワインセラーです。タッチパネルで4~22度の間で1度単位の温度設定が可能で、デシタル庫内温度表示が付いています。冷却機能は周囲の温度より約マイナス15度まで冷やすことが可能です。

ペルチェ方式を採用しており、通常のボルドータイプ以外にもシャンパンやロングワインなど、直径80mm、高さ330mmまでのボトルが収納できます。本体サイズも幅28cmとスリムなのもポイントです。

庫内はインテリアライト付きで、暗い部屋でも扉を閉めたままで中を確認することができます。そして、庫内のワインを置く棚はゆるやかなカーブをつけているので、ワイン本体をしっかり支えてくれます。なお、加温機能が付いてないため長期保存には向いていない点には注意しましょう。

オットスタイル(ottostyle.jp) a05394_A

ペルチェ方式を採用しているため、本体の振動がないワインセラー。上下段別に温度調整ができる点が大きな特長で、保存に最適な温度が異なる赤ワインと白ワインが同時に保存ができるのは大きなメリットです。

紫外線に弱いワインを守るUVカットペアハーフミラーガラスを採用している点も魅力。容量は48Lで、最大18本までワインを格納できます。

ファニエル(FURNIEL) SAB-50G-PB

コンプレッサー方式を採用しており、加温機能や自動の霜取機能を装備したワインセラーです。庫内温度の設定は5~20度まで対応可能。

家屋の面積が狭い日本の住宅事情に合わせた、設置面積が小さいコンパクトなデザインも特長です。

デバイスタイル(deviceSTYLE) Angelshare ワインセラー WA-6

湿度の変化が激しい日本で使っても常に65%以上の湿度を保ち、ワインのコルクの縮みを防いでくれるワインセラー。庫内の温度設定はワインの種類によって12度、14度、16度の3段階で設定ができます。

ペルチェ方式を採用しているため、本体の振動がほとんどなく、寝室に置いておいても気になりません。加温機能も搭載しており、周りの温度が設定温度より低くなった場合は加温して適温に調整してくれます。

ベステック(BESTEK) ワインセラー BTWC035

騒音を抑えるペルチェ方式を採用した最大収容本数12本のワインセラー。ガラス扉のため開閉せずに庫内が確認できるうえ、インテリアライトも搭載しているため、寝室など暗め部屋に置いて使うのもおすすめです。

本体上部のタッチパネルから庫内温度を簡単に調節できるのもうれしいポイント。高級感があるデザインのため、ダイニングなどに置いても雰囲気を崩しません。