プロの建築現場だけでなく、自宅でのDIYやキャンプなどのアウトドアシーンでも活躍する「ハンマー」。金鎚やトンカチなどの名称でも親しまれており、工具箱に1本は入っている馴染みのある工具です。

ただし、ハンマーには複数の種類が存在するので、購入する際に迷ってしまいがち。そこで今回はおすすめのハンマーをご紹介します。選び方についても解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

ハンマーの主な種類

ネイルハンマー

By: amazon.co.jp

「ネイルハンマー」は、西洋から日本に入ってきた金属製のハンマーです。釘(ネイル)を打つためにデザインされているのが特徴。片方が打撃面で、もう一方には釘抜きが付いており、打つだけでなく失敗した釘を抜く際にも利用できます。

また、重心が打撃面に近くに設定されているのもメリット。安定した状態で釘を打てる点もおすすめです。

箱屋槌

By: amazon.co.jp

「箱屋槌」は、ネイルハンマーと同じく、釘打ちと釘抜きの両方の作業に使用できるハンマー。片側に打撃面、もう一方に釘抜きが付いているのが特徴です。

箱屋槌には、角箱屋槌・丸箱屋槌などの種類が存在します。打撃部に筋目が入っている角箱屋槌は、滑りにくいのが魅力。九州で使われていた丸箱屋槌は打撃部に筋目がないのが特徴です。

玄能

By: amazon.co.jp

「玄能」はヘッド部に尖った部分がないタイプのハンマーです。片側が平らで、もう一方が少し凸状に膨らんでいるのが特徴。側面の形で種類を分類でき、円形のモノは丸玄能、八角形のモノは八角玄能と呼ばれています。

また、玄能は「玄翁」と表記されることも。製品を探す際は、玄能だけでなく玄翁もチェックしてみてください。

ペグハンマー

By: amazon.co.jp

「ペグハンマー」は、キャンプなどのアウトドアシーンでテントやタープなどを張る際に使用するペグを打ち込む際に使用するモデルです。特に固い地面にスチールのペグを打つ際に便利。ヘッドに重さがあり、振り下ろした際に大きな衝撃を伝えられるのが魅力です。

大きさもペグ打ちに適した設計が採用されており、打ち損じを予防できるのもメリット。一般的なハンマーや石を使用する場合に比べて、軽い力でペグを打ち込めます。

また、ヘッド部の反対側を使用すれば、ペグを抜く際にも利用可能。石の混ざった硬い地面に差し込まれているペグを抜くには、かなりの力が必要です。ペグハンマーを利用すれば、比較的簡単にペグが抜けるので、テントやタープをスムーズに片付けられます。

片手ハンマー

By: amazon.co.jp

「片手ハンマー」は、平らな打撃面(平頭)と球状にデザインされた面(丸頭)をもつ金属製のハンマー。金属加工作業に使用されることが多く、加熱されている対象部に打撃を加えたい際に便利です。

平頭側は、金属加工作業でピン打ち・調整・組み立て・脱着などに使用。丸頭側は打撃痕を残したくないリベットのかしめや刻印の打ち込み、鉄板のR状曲げに利用します。

ハンマーの選び方

素材で選ぶ

金属製

By: ktc.jp

「金属製」のハンマーは、ヘッド部に金属素材を使っているのが特徴です。片手ハンマー・両口ハンマー・片口ハンマー・ネイルハンマーなどが、金属製のハンマーに分類されます。

ヘッド部は小ぶりながらしっかりとした重さを備えており、打撃力に優れているのもポイント。釘打ちだけでなく、釘抜きとして使用できる製品も存在しています。

木製

By: amazon.co.jp

「木製」のハンマーは、柄の部分だけでなくヘッド部に木材を使用している小型のモデルです。一般的には、木工製品のダボへのはめ込みなどに使用するタイプ。対象物を傷付けたくない場合に便利です。

また、柄の部分が手に馴染みやすいのもポイント。使用するほどに握った際のフィット感が増し、扱いやすさが増す点もおすすめです。

樹脂製

By: amazon.co.jp

「樹脂製」のハンマーは、ヘッド部の素材にプラスチックなどの樹脂を使用しているモデルです。プラスチックは軽量ですが、重心部分には金属を使用しており、しっかりとした重さが確保されています。

重量があるので打撃力に優れてはいるものの、ゴム製のハンマーと同じく対象物を傷めにくいのがポイント。木工製品に使用するハンマーとしてもおすすめです。

ゴム製

By: amazon.co.jp

「ゴム製」のハンマーは、ヘッド部の素材にゴムを使用しているのが特徴です。打撃痕が残りにくいので、木工用品を組み立てる際に便利。木材を直接叩く必要がある場合にも利用できます。

また、ヘッド部のサイズが大きい製品が多く、樹脂製のハンマーより重量があるのもポイント。振り下ろした際の打撃力が高い点もおすすめです。

ヘッドの形状で選ぶ

片口ハンマー

By: amazon.co.jp

「片口ハンマー」は、ヘッド部の片方に尖ったデザインを採用しているのが特徴。平面側は通常の釘打ちに使用しますが、尖っている側は小さな鋲を打ち込む際に使います。また、平面側が入り込みにくいような狭い場所に釘を打ちたい場合にも便利。細い方を釘にあてたまま反対側を金槌で叩いて使用するのが一般的な使い方です。

両口ハンマー

By: amazon.co.jp

「両口ハンマー」はヘッド部に尖った部分のないモデルで、両口玄能とも呼ばれています。両口玄能は片側が平らで、もう一方にゆるい曲面形状を採用しているのが特徴。基本的には平面側を使用して釘打ちを行いますが、仕上げには曲面を使います。曲面部を使い、釘の頭をしっかりと木材に打ち込めるのが魅力です。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

ハンマーは、製品ごとに形状だけでなくサイズや重量が異なります。一般的にはヘッド部の重さで分類されており、重量のあるモノほど釘を打ち込みやすいのが特徴です。ただし、重すぎると扱いにくさを感じる可能性があるので注意しましょう。

ハンマーの重量は、日本の重さの単位「匁(もんめ)」で表されている場合があります。玄能であれば100匁で375g、金工や鉄工用のハンマーであれば120匁で450gが一般的です。両口玄能であれば100匁や120匁の製品が扱いやすいといわれるので参考にしてみてください。

ハンマーのおすすめモデル

地球問屋 ペグハンマー M-STYLE 05-10-01set

キャンプやバーべーキューなど、アウトドアシーンでテントやタープを張る際に使用できるペグハンマーです。専用の袋が付属しており、携帯性に優れているのが特徴。テントやタープと一緒に持ち歩く場合にも便利です。

ヘッド部には適度な重さがあり、振り下ろした際にしっかりとした打撃力を得られるのがポイント。テントやタープ、ペグに付属しているハンマーでは上手く打ち込めない場合にもおすすめです。

また、ヘッド部にペグのフックを通す丸穴が付いているのもメリット。丸穴にペグを差し込み、持ち上げるだけで簡単に引き抜けます。ヘッド部の素材にはスチールを採用。硬度が高く堅牢性に優れているので、長期間使用できます。

柄の素材には、握りやすく加工された木材を使用。冬場でも握った際にひんやりとした感覚がなく、しっかりとフィットする仕様です。抜け落ち防止用のストラップが付いており、手から抜ける可能性を低減できます。

高儀(TAKAGI) ミニホビーハンマー 138360

手に馴染みやすいラバー付きのハンドルを採用しているハンマーです。本体サイズは幅66×高さ231×奥行19mmとコンパクト。木工細工やホビーの加工用に設計されているモデルです。

ヘッド部の片方には金属素材、もう一方にはプラスチック素材を採用。金属部は通常の釘打ちに使用し、木工製品の組み立てなどにはプラスチック部を利用できます。また、対象物を傷付けたくない場合にも便利。小型のハンマーを探している方にもおすすめの製品です。

高儀(TAKAGI) 菊王 片手ハンマー

ヘッド部の片側が平らで、もう一方に球状のデザインを採用している片手ハンマーです。一般的な釘打ちを行う際は平らな面の打撃部を使用。対象物に打撃痕を残したくない場合には丸頭側を使います。

鉄鋼作業・刻印・ポンチ・ピンの打ち込みなどの作業に利用できるのが特徴。柄の素材には木材が使われており、握った際に手にしっかりと馴染む仕様です。

ボッシュ(BOSCH) プロフェッショナルハンマー 500g 1.600.A01.6BT

シックなデザインを採用している片口ハンマーです。ボッシュのロゴが入ったソフトグリップハンドルを用いているのが特徴。振動が少なく、長時間の作業も快適に行えます。

また、ヘッドと柄の部分に一体構造を採用しているのもポイント。力を入れて振り下ろした際にヘッド部が抜けてしまう心配がなく、安心して釘を打てる点もおすすめです。

イチネンMTM 2WAYハンマー 02406

ヘッド部に2種類の素材を採用している2WAY仕様のハンマーです。対象物を傷付けにくいゴムと樹脂製のヘッドを備えているのが特徴。木工製品の組み立てだけでなく、金型の取り付けにも利用できます。

また、柄の部分や重心部には金属素材を使用。適度な重さを備えているので、しっかりとした打撃力も期待できます。ハンドル部にはPVC製の滑りにくいグリップを採用。握った際のフィット感も優れており、力を伝えやすい点もおすすめです。

アストロプロダクツ(ASTRO PRODUCTS) AP 石頭ハンマー 2002000027368

ハツリからペグ打ちまで幅広い用途に使用できるハンマーです。コンクリートで作られた壁や土間などの構造物を壊すハツリ作業だけでなく、テントまたはタープを張る際に打つペグに使えるのが特徴。ヘッド部にはスチール素材が用いられており、堅牢性に優れているのも魅力です。

柄の素材にはグラスファイバーを採用。丈夫で力を入れた場合でも折れにくいのがメリットです。また、グリップ部にラバーコーティングが施されているのもメリット。握った際に手が滑りにくく、安全に使いやすい点もおすすめです。

ベッセル(VESSEL) プラスチックハンマー No.70(サイズ1)

ヘッド部に、柔軟ながら強靭なプラスチック素材を使用しているハンマーです。対象物に傷を付けたくない場合に便利。木工製の組み立てに使用するハンマーとしてもおすすめです。

また、交換式のヘッド部を採用しているのもポイント。交換用のヘッドは別途購入でき、熱湯に2~3分つけて柔らかくすれば簡単に取り換えができます。

土牛産業(DOGYU) パイプ柄石頭鎚ショート 02991

全長が短めに設計されているハンマーです。しっかりと狙いを定めたい場合に便利。手に馴染みやすいゴムグリップが採用されているだけでなく、グリップエンドに膨らみがあり手から抜けにくいのがメリットです。

また、振り下ろした際の衝撃をゴムグリップによって軽減できるのもポイント。長時間作業を連続して行う際にもおすすめの製品です。

アークランドサカモト GREATTOOL ゴムハンマー 16オンス

ヘッド部にゴム製の素材を採用しているハンマーです。振り下ろした際に打撃痕が残りにくく、傷を付けにくいのが特徴。対象物にゴムの色が移ってしまうトラブルに気を付ける必要はありますが、木工用品の組み立てや金具の取り付け作業などに便利です。

全長は約345mm、柄の長さは約285mm。重量は約552gあり、しっかりとした打撃力が期待できる点もおすすめです。また、リーズナブルな価格で購入できるのもメリット。コスパ重視でハンマーを探している場合にも魅力的な製品です。

アークランドサカモト GREATTOOL ショート石頭ハンマー 0.45kg

コンパクトで扱いやすいのが特徴のハンマーです。全長は約180mm、ヘッドの長さが約80mmと短めに設計されているのがポイント。狙いを外したくない場合に便利です。

また、グリップに滑りにくい素材を採用しているのもポイント。フィット感に優れており、力を入れて振り下ろした際に手から抜けてしまうトラブルを少なくできる点もおすすめです。

アークランドサカモト GREAT TOOL ショックレスハンマー 1.0kg GTHS-8

振り下ろした際の衝撃を吸収できるショックレスハンマーです。使用する際に腕や手にかかる負荷を軽減できるのが特徴。長時間作業を行う場合に便利です。また、打撃の際の音が小さいのもポイント。周囲の騒音を気にせず作業が行えるので、DIYやアウトドアシーンで利用するハンマーとしてもおすすめです。

グリップには握りやすいデザインを採用。握った際にしっかりとフィットし、滑りを軽減できる点も魅力です。

京都機械工具(KYOTO TOOL) コンビハンマ UD7-10

By: ktc.jp

1本で2種類の作業が行える使い勝手に優れたハンマーです。ヘッド部の片方は金属製で、もう一方には樹脂素材を使用。金属製のヘッドで一般的な釘打ち作業を行えるだけでなく、対象物を傷付けたくない場合には樹脂製のヘッドを利用できます。

ヘッド部に京都機械工具独自の熱処理が施されているのもポイント。適正な硬さに設計されており、へたりや欠けが発生しにくいのもメリットです。柄の部分には高級パイプ鋼を使用。軽量ながら堅牢性に優れているのが特徴です。

ヘッド部と柄は強力圧入されているだけでなくピンも貫通させているので、使用する際にヘッドが抜けてしまうトラブルも減らせます。また、グリップ部の素材には、耐油性が高い高級樹脂を使用。握った際に滑りにくく、安全に作業を行いやすい点もおすすめです。

トネ(TONE) コンビネーションハンマー BHC-10

スチール製とウレタン製の2種類のヘッド部を備えているハンマーです。堅牢性に優れたスチールのヘッド部は、一般的な釘打ちに使用が可能。対象物に傷が付いてしまうのを少なくしたい場合には、柔軟性のあるウレタンのヘッド部が利用できます。

ウレタン製のヘッド部を交換できるのもポイント。打撃によってへたりや欠けが発生した場合には、別途交換用のヘッドを購入して簡単に取り換えられます。また、柄の部分にはブラックシャフトハンマーを採用。強度が高く、力入れて作業を行える点もおすすめです。

須佐製作所 王将トンカチ鎚(レンガ屋)

ヘッドの片側に尖った形状を採用している片口ハンマーです。平らな面は一般的な釘打ち作業に使用が可能。細い形状をしている部分は、小さな鋲打ちや狭い場所の釘打ちにも利用できます。

ヘッド部の素材には焼入れ処理を施した金属が使われており、柄の部分には白樫材を使用。手に馴染みやすい点もおすすめです。また、ヘッド部の堅牢性が高いのもポイント。レンガやブロックのハツリ作業にも利用できます。

トラスコ中山(TRUSCO) TRUSCO ウレタンショックレスハンマー #2 TPUS-20

ウレタン樹脂を特殊成型して製造されているショックレスハンマーです。内部には散弾が含まれており、柄の素材には熱可塑性加硫エラストマーを採用。頭部はポリウレタンで覆われており、振り下ろした際の衝撃を効率よく吸収できるのが魅力です。木製・プラスチック製品の組み立てにも重宝します。

また、打撃の際に出る音を軽減できるのもポイント。作業時に大きな音を出したくない場合にもおすすめです。

藤原産業(Fujiwara Sangyo) SK11 パイプ柄ネールハンマーSG 340G

長時間連続で作業を行う場合に便利なネイルハンマーです。衝撃軽減グリップが採用されており、振り下ろした際の衝撃をしっかりと吸収できるのが特徴。手や腕にかかる負荷を軽減できるのがメリットです。

また、ヘッドの片側を釘抜きとして利用できるのもポイント。釘打ちと釘抜きの両方の作業を1本で行える点もおすすめです。重心はヘッドの打撃側にあり、安定して釘を打てる仕様。使い勝手に優れている点も魅力です。

コンヨ(KONYO) 藤元 本職用 両口玄能 255g

プロ用に設計されている、両口玄能に分類されるハンマーです。丁寧な作りの「藤元 玄翁シリーズ」に属する製品。打撃面は中央部が硬く、フチは欠けを予防するために甘めに焼入れ処理が行われています。

また、柄の部分に本樫材を使っているのもポイント。手触りのよさを重視してニスを塗らずに仕上げられている点もおすすめです。

コンヨ(KONYO) 大五郎 木槌

柄の部分だけでなく、ヘッド部にも木材が使われているハンマーです。対象物を傷付けたくない場合に使用できるのが特徴。木工用品のダボをはめ込む際にも利用できます。

また、コンパクトなサイズを採用しているのもポイント。狭いスペースで使いやすい点もおすすめです。さらに、柄の部分が手に馴染みやすいのもメリット。使用を重ねるほどフィット感が増す点も魅力です。

長谷伸ハンマー ブラックシルキー 丸箱屋槌 HA-66

九州地方で使用されていた、丸箱屋槌に分類されるハンマーです。ヘッド部の素材には堅牢性に優れた黒ニッケル仕上げの炭素鋼を採用。柄の部分には白樫無垢が使われており、手に馴染みやすいのが魅力です。

また、品質に優れているにもかかわらず、比較的リーズナブルな価格で購入できるのもポイント。コスパの高いハンマーを求めている場合にもおすすめです。

豊光(Toyomitsu) TMC 角箱屋槌 No.263

打撃部に筋目が入っている角箱屋槌のハンマーです。打撃部だけでなく、グリップ部には滑り止めが付いており、しっかりと釘を打てるのが特徴。安定して作業を行いたい場合に便利です。

柄の素材には堅牢性に優れたグラスファイバーを使用。比較的軽量な設計ながら耐久性が高く、長期間使用できるのもおすすめのポイントです。

角利産業(Kakuri Sangyo) 角利 利五郎 磨八角玄能 225g

側面に平らな部分が設けられているハンマーです。一般的な製品のように釘を打てるだけでなく、側面で打撃できるのがポイント。ハンマーを大きく振り上げられない狭いスペースの釘打ち作業におすすめです。

ヘッド部の素材に炭素鋼、柄の部分に木材を使用しているのも特徴。握った際に手に馴染みやすい仕様も魅力です。

ハンマーの売れ筋ランキングをチェック

ハンマーのランキングをチェックしたい方はこちら。