パソコンやスマホなどとUSB接続して高音質が楽しめる「USB-DAC」。CDを上回る高音質音源であるハイレゾの普及とともに注目が高まっています。

ただし、価格帯が幅広く据え置きとポータブルと形態の違いもあって、初心者の方には選択が難しい面もあります。そこで、今回はUSB-DACの基礎知識から選び方、比較ポイントまで解説します。タイプ別のおすすめ機もご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

USB-DACとは?

By: amazon.co.jp

USB-DACとは、パソコンとUSB接続することによって、パソコン内の各種音声ファイルを再生するDAC(Digital to Analog Converter)です。

パソコンにもDACは内蔵されていますが、音楽用のものではないので高品質とはいえません。パソコンで高音質な音楽を楽しみたい場合は、USB-DACがおすすめです。

最近では据え置きのほか、バッテリーも内蔵したモバイル対応機、Android/iOS機とも接続できる機器も増えています。

USB-DACはアンプとは何が違うの?

By: amazon.co.jp

スピーカー、あるいはヘッドホン(イヤホン)でオーディオ再生を楽しむ場合、再生機器に加えてアンプが必要です。アンプとは再生機器から受け取ったアナログライン信号を、スピーカー、あるいはヘッドホンから音が鳴るように電力を送り出す機器のこと。

スピーカーを鳴らすためのものがプリメインアンプ、ヘッドホンを鳴らすものをヘッドホンアンプと呼びます。USB-DAC機器の多くはプリメインアンプ機能を持っていません(USB-DAC内蔵プリメインアンプはあります)。一方、ヘッドホンアンプ機能を持つUSB-DACは多く、むしろない機種のほうが少数です。

USB-DACのメリット・デメリット

USB-DACのメリット

By: amazon.co.jp

USB-DAC最大のメリットは、音楽が高音質で楽しめる点です。パソコンやスマホなどに内蔵されたDACとアナログ回路は、コストや設計面の制約があるので、音質がよいとは言えません。一方、USB-DACは音楽用に作られているため、より高音質で音楽を楽しむことができます。

また、アナログ音声にとってノイズ源となる各種デジタル回路を抱えるパソコンやスマホは、この影響も受けて、音質以前に雑音が聴こえることもあります。USB-DACはノイズ源からの分離、隔離設計を施せるので、ノイズを少なくできるのもメリットです。

USB-DACのデメリット

By: amazon.co.jp

据え置き機のなかには筐体が大きいモデルもあるので、パソコン周りのスペースを取ってしまう場合があります。USBバスパワー対応機で、バッテリーも内蔵していなければ、コンセントからの給電も必要です。

また、パソコンとUSB-DACさえあれば音が出るわけではなく、再生ソフトも必要です。パソコン標準ソフトやiTunesといった広く普及しているソフトでも音は出ますが、ハイレゾ再生となると一部のソフトに限られます。それらの多くは有料なのもネックです。

無料だとしても各種設定が必要で、初心者には難しいケースもあります。特にWindowsパソコンにおいては24bit/192kHzを超える音源を再生する場合には、各機種用の専用ドライバーをインストールが必要な場合もあるので注意しましょう。

USB-DACの選び方

対応ファイル形式と対応ビットレートをチェック

By: amazon.co.jp

USB-DACが対応するファイル形式とビットレートは、どのレベルまでの高音質音源が聴けるかに関わってくるのでとても重要です。デジタル音源の基準的スペックは、CDと同レベルのPCM系(WAV、FLAC、ALACなど)で16bit/44.1kHzおよび48kHz。

しかし、今日ではよほどの低価格機以外はPCM系で24bit/96kHz以上に対応しています。ひとまずこの数値をクリアしていれば、ハイレゾ音源を楽しむことは可能です。現実的には24bit/192kHz以上の対応は欲しいところです。

さらに、PCMとは異なる原理のハイレゾ形式「DSD」に対応するかもポイントです。DSDの標準は2.8MHzですが、それ以上の5.6MHz、さらにその上の数値まで対応するものもあります。現在の標準的スペックとしてPCM 24bit/192kHz以上、DSD 5.6MHz以上に対応するものがおすすめです。

入出力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

USB入力とアナログ音声出力以外の端子は、USB-DACの便利さの幅を決める重要な要素です。光/同軸によるデジタル入力を備えていれば、外部CDプレーヤー、TV、映像レコーダーなど幅広い機器の音声も高品位に聴くことが可能。デジタル出力があれば、外部DACに繋いで音の変化やグレードアップも楽しめます。

ヘッドホン&イヤホンで楽しみたいならヘッドホン出力端子が必要。最近増えているバランス接続型のヘッドホン&イヤホンに対応する機種も出始めています。LAN入力を備え、ネットワークプレーヤー機能を持つ機種ではNASを用意すればPCを立ち上げなくても音楽を聴けるのでおすすめです。

USB入力についても、PCだけでなく、iOS機やAndroid機とのデジタル接続に対応するかもポイント。iOS機と接続する場合は、変換アダプターが必要な場合もあります。スマホと使いたい方は要注目です。

アナログ音声出力について

By: amazon.co.jp

USB-DACで必ず装備しているアナログ(ライン)音声出力については、プロ用、DTM用などの機器とも接続可能なバランス(XLR)出力を装備するものもあります。また、可変アナログ出力があるとUSB-DACをプリアンプとして使えるのもポイント。アクティブスピーカーを使っている方におすすめの機能です。

ポータブル機では据え置き型で一般的なRCA端子ではなく、3.5mmステレオミニ端子を装備する場合もあります。

据え置きかポータブル対応かで選ぶ

By: amazon.co.jp

USB-DACには据え置き使用を前提としたコンポサイズの機種と、ポータブル使用可能な小型機があります。最近は据え置き使用でも高い実力を発揮するポータブル機も出てきているので、机上でのスペースを取らない点からもポータブル機にも注目してみてください。

据え置き機の場合は電源をUSBから取るか(USBバスパワー)、コンセントからAC給電するかの2タイプがあります。便利さではUSBバスパワーですが、接続機器からのノイズ流入の問題もあり、音質優先ならAC給電が有利です。

ポータブル機でもバッテリーを搭載するものと無いものに分けられます。バッテリー内蔵タイプは、接続先のパソコンやスマホのバッテリーを消費しにくくなるというメリットがあるので、屋外で少しでも長く使いたい方は要チェックです。

再生ソフト、ドライバーへの対応

By: teac.jp

現在、ハイレゾ対応を含むオーディオ再生ソフトが有償・無償を問わず多数あります。大半は機器を問わず使えますが、なかには自社製品と組み合わせると使用料が無料になるソフト、あるいは、自社製品との組み合わせ時にしか使えないソフトもあります。

DSD録音の開発に関与したコルグ社製の再生ソフトは大変音質に定評がありますが、「有料」です。これがコルグ製USB-DACとの組み合わせでは無料になります。また、高度な設定が簡単にできるティアック製の再生ソフトは同社製機器との組み合わせ時しか使えません。

さらに、USB-DACで高音質再生するポイントとして、「ASIOドライバー」への対応の有無もあります。これは音楽制作用に使われるものですが、より元信号に忠実にDA変換することが可能。音楽をより高音質で聴きたい方は要チェックです。

低価格なUSB-DACのおすすめ

フォステクス(FOSTEX) ボリュームコントローラー パソコン100USB

大手国内メーカー製として最も安いクラスのUSB-DAC。PCM最大16bit/48kHzとCDレベルまで対応。可変ライン出力を装備するので、プリアンプとして使えます。アクティブスピーカーの音量も本機で調整可能です。

ヘッドホン端子を備えているのもポイント。USBバスパワー駆動のため別電源は不要です。Windows及びMacOSの標準ドライバーで動作するので、初心者でも簡単に使えます。コンパクトなのもおすすめポイントです。

クリエイティブ(Creative) USBオーディオインターフェース Sound Blaster Play! 3

USB-DACとして国内最安価クラスの機種。PCMのみで最大24bit/96kHzのハイレゾ音源の再生に対応します。USBメモリより少し大きいくらいのコンパクトサイズなので、持ち運びに便利なのもポイントです。

最大24bit/48kHzのモノラル録音に対応するマイク入力を搭載。世界的なパソコン周辺機器メーカー製なので、信頼性が高いのも魅力。サブ機や予備、外出用にもおすすめです。

TSdrena ハイレゾ対応USB-DAC/ヘッドホンアンプ HAM-UDAA2

ハイレゾ対応のUSB-DACとして最も安いクラスの機種のひとつ。PCMのみで最大24bit/96kHzまでに対応します。ドライバー不要のUSBバスパワー方式なので、初心者の方にもおすすめです。

出力はヘッドホン(3.5mmおよび3.6mm標準)、デジタル(同軸/光)、ライン(RCA)と豊富。パソコンへの入力が可能な3.5mmマイク、3.5mmラインも備え、USBインターフェースとしても使えます。ただし、88.2kHz入力には対応しない点には要注意。デジタル出力を安く使いたい方におすすめです。

エムオーディオ(M-Audio) ハイレゾ音源対応USB-DAC micro DAC 24/192

USBメモリサイズの超コンパクトなUSB-DAC。PCMのみで最大24bit/192kHzまでに対応します。ヘッドホン対応出力を2系統装備しているので、ヘッドホンとライン入力機器を同時接続するといった使い方ができます。光デジタル出力装備も魅力です。

Windows/Macに加えて、USBカメラアダプター使用でiOS機器とも接続可能。メーカー配布のドライバーはASIOにも対応しています。機器に挿すだけで使えるので初心者にもピッタリ。本格使用はもちろん、サブ機や外用としてもおすすめのUSB-DACです。

プリンストン(Princeton) DSD対応DAC内蔵ヘッドホンアンプ PAV-HADSD

DSD再生可能なUSB-DACとして最も安い機種のひとつです。PCMは32bit/384kHzまで、DSD 5.6MHzまで対応しています。音源情報の確認や出力設定が可能なだけでなく、ASIOドライバーにも対応するのもポイント。本体上面のLEDランプで音源のフォーマットやサンプリングレートを確認できるのも便利です。

Lightning-USBカメラアダプターによるiOS機との接続、およびOTG対応アダプターによるAndroid機との接続も可能。ライン/光デジタル兼用にヘッドホン出力も備えています。電源はUSBバスパワーと別売りACアダプター両対応。USB Type-Bによる入力である点には注意しましょう。DSDをとにかく安く再生したい方におすすめのUSB-DACです。

スタインバーグ(Steinberg) 2×2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII

USB-DAC機能を備えたDTM/音楽制作用USBオーディオインターフェース。パソコンのみで最大24bit/192kHzまでの再生に対応しています。

ASIOに加えてCore Audio、WDMドライバーに対応します。プロ並みの録音・編集・ミックスが可能なソフト「Cubase AI 8」が付属するのもポイント。microUSB端子からの電源供給により、iOS機と接続できます。

シンプルなデザインなので、さまざまなインテリアと合わせやすいのも魅力。ハイコスパのUSB-DACを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) ハイレゾDAC for Android microUSB EHP-AHR192GD

microUSB入力専用の低価格USB-DACです。基本的にAndroid端末(4.3以降)との接続が可能。さらに、アップデート済みのWindows 10であれば、USB接続アダプター(別売り)を介してUSB-DACとして使用できます。対応ファイルはPCMのみ。最大24bit/192kHzまで対応しています。

手の平サイズのコンパクトさも魅力です。接続形態が限られているためか、価格は3000円程度と驚異的な安さ。使用環境さえ合えばこれ以上のハイコスパ機はありません。国内大手メーカー製なのもおすすめポイントです。

フォステクス(FOSTEX) 32bitD/A変換器内蔵ハイレゾ対応USB-DAC HP-A3

内容の割に価格が安いUSB-DACです。ノイズの影響を受けやすいUSBバスパワー電源ながら、PLL専用電源によって高い安定化を実現しています。

2010年発売と時間が経っていることもあり、定価の半額以下で買えるのはお得です。PCMのみで最大24bit/96KHzまでの対応に古さを感じさせますが、アナログ出力は現在でも通用するレベル。CD音源中心の方やDSD音源は聴かない方におすすめのUSB-DACです。

バッテリー内蔵型USB-DACのおすすめ

コード(CHORD) ポータブルUSB-DAC Mojo

ポータブル対応のコンパクトなバッテリー内蔵型機ながら、高級据え置き機に匹敵するハイスペックのUSB-DACです。

PCMは最大32bit/768kHz、DSD 11.2MHzまでのファイルに対応。幅82mm、重量180gの手の平サイズからは信じられない情報量とスケール感のサウンドを再生できます。

光/同軸の豊富な入力も便利。Lightning-USBカメラアダプターを使えばiOS機とも接続可能です。ブロック削りだしの航空機グレードアルミを採用した高品位な外装も見事。コンパクトな実力派据え置き機としておすすめのUSB-DACです。

アイファイオーディオ(iFI Audio) USB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ nano iDSD Black Label

低価格でDSD対応していた「nano iDSD」の後継機。新たに3.5mmバランスイヤホン接続に対応しています。また、独自技術「IEMatch」を備えたヘッドホン端子を搭載。イヤホンを使用時に起こりやすい小音量でのボリューム調整の難しさを解消しています。

PCMは32bit/384kHzまでDSD 11.2MHzまでに対応。Android/iOS機との接続も可能です。最新のハイレゾ規格・MQAに対応しているのもポイント。ポータブル機の枠を超えたUSB-DACとしておすすめです。

デノン(DENON) ハイレゾ音源対応/USB-DAC搭載 DA-10

日本を代表するオーディオメーカーによる低価格機。入力端子はmicroUSB、USB、3.5mmステレオミニの3系統。パソコンだけでなく、iOS機との接続も可能です。出力はライン/ヘッドホン出力兼用の3.5mmステレオミニ。ヘッドホンアンプとしても使えます。

PCM 192kHz/32bit、DSD 5.6MHzまで対応のハイスペックです。デノンの看板技術で、CD音源もハイレゾ相当に拡張再生できる「Advanced AL32 Processing」も装備。デノンの高級単体コンポ同様の厚みと情報量を両立した高品質なサウンドが楽しめます。

ヘアライン仕上げのアルミ筐体にアルミ無垢材を使用したボリュームノブは高級感のある仕上がり。初心者はもちろん、上級者にもおすすめのUSB-DACです。

アイファイオーディオ(iFi Audio) USB-DAC/ヘッドホンアンプ micro iDSD Black Label

アイファイオーディオを代表する高性能USB-DAC。PCMが768kHz/32bit、DSD 22.4MHzまで対応する超ハイスペックモデルです。オリジナルのオペアンプを複数搭載。圧倒的な情報量を生かすアナログ回路を組んでいます。一方、音質に影響の大きいコンデンサーにパナソニック製の高品位部品を多数投入。これらの設計により、サウンドの魅力を最大限に引き出します。

バッテリー駆動の小型機でありながら、プリアンプとしても高品位。価格にとらわれず、高級オーディオに組み込めるおすすめのUSB-DACです。

ソニー(SONY) ハイレゾ/USBオーディオ/バランス出力対応 PHA-3

ソニーのバッテリー内蔵型USB-DACの最上位機です。PCMは32bit/384kHzまで、DSDは 5.6MHzまで対応。MP3などの圧縮音源を最大192kHz/24bitのハイレゾ相当に拡張して再生することが可能な「DSEE HX」を搭載しています。

ポータブルオーディオに強いソニーらしく、ウォークマンはじめ、iOS機、Xperiaとのデジタル接続が可能なのもポイント。ウォークマン用デジタルケーブルやXperia用デジタルケーブルなどが付属するのも便利です。光デジタル入力端子も装備、幅広い機器と接続できます。

オッポ(OPPO) USB-DAC HA-2SE

ポータブル対応USB-DACとして、世界で初めてESSテクノロジー社製高性能DACチップ「ES9028Q2M」を搭載。音質劣化につながるデジタル信号の伝送ゆらぎを抑える「タイムドメイン・ジッターエリミネーター」を生かした高音質が特徴です。

USB、microUSB入力を備えており、iOS機・Android機・パソコンとの接続が可能。Lightningケーブルでの直接接続も可能です。30分で70%充電、90分でフル充電可能の速さも魅力。スマートにUSB-DACを使いこなしたい方におすすめです。

ティアック(TEAC) USB-DAC HA-P5

バッテリー内蔵のポータブル対応機ながら豊富な入出力が特長です。入力端子として、USB-A、USB micro-B、ステレオミニ/光/同軸デジタル兼用を、出力としてグランド分離式のバランス接続にも対応した3.5mmステレオミニヘッドホン/ライン兼用端子を装備。

USB-Lightningカメラアダプターを使わずに、iOS機からデジタル入力できるのもポイントです。192kHz/24bit PCMおよびDSD 5.6MHzまでのハイレゾ音源に対応。ASIOドライバーにも対応する高音質再生ソフト「TEAC HR Audio Player」に対応するのも見逃せません。据え置きでも大いに実力を発揮するおすすめ機。

本格派USB-DACのおすすめ

ティアック(TEAC) USB-DAC/プリアンプ UD-505

最新装備を満載したUSB-DACです。4種類の転送モードによる音質の変化を楽しめるUSB伝送技術「Bulk Pet」を採用。PCM 32bit/786kHz DSD 22.4MHzまで対応しています。

DSD 24.5MHz、PCM 384kHz/32bitへの変換再生にも対応し、自在に高音質を楽しめます。専用再生ソフト「TEAC HR Audio Player」が使えるのも魅力です。

4.4mmバランス・ヘッドホン端子、XLRバランス出力を採用。プリアンプとしても使える多才ぶりです。ノイズを抑えた再生が可能な外部クロック入力もポイント。超高品位のサウンドを楽しみたい方におすすめのUSB-DACです。

ソニー(SONY) USB-DAC/ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES

ソニーの本格USB-DAC。PCM音源をDSDに変換再生する独自技術「DSDリマスタリングエンジン」を搭載しているのが特長です。PCMに比べて、より滑らかで空気感に優れたDSDの高音質を幅広い音源で楽しめます。さらに、CD、MP3といった非ハイレゾ音源もPCM 32bit/384kHz相当に拡張再生。昔の音源も高音質で楽しめます。

また、現在規格が不統一のバランス・ヘッドホン端子にも4.4mmほか3種類に対応。ヘッドホンアンプ部もデジタル方式とアナログ方式を組み合わせた独自回路を採用しています。DSDの音が好きな方にもおすすめのUSB-DACです。

オッポ(OPPO) sonica DAC

ネットワークオーディオプレーヤー機能も備えたUSB-DAC。Wi-Fi、AirPlay対応のネットワーク入力は24bit/192kHzまでのPCMおよびDSD 2.8MHzに対応。USB入力は最大32bit/768kHzのPCM、最大DSD 22.6MHzに対応するハイスペックモデルです。

最高クラスの物理特性を持つ高級DACチップ「ES9038PRO」を搭載。価格を大きく超えたワイドレンジで情報量の多いサウンドを再現できます。アナログ出力はXLRバランスも搭載。コスパの高い据え置き専用USB-DACを探している方におすすめです。

コルグ(KORG) フォノ入力対応USB-DAC DS-DAC-10R

レコード音源も含めたアナログ音源をDSD化できるのが特長のUSB-DACです。レコード再生に必須のフォノイコライザーを内蔵。ソフトウェアでデジタル処理するので、高品位なサウンドを奏でます。

USB-DACとしてはパソコン用再生ソフト「AudioGate4」が無料使用できるのも魅力。未来的なデザインもインテリアに映えます。DSD再生だけでなく、録音も楽しみたい方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) ヘッドホンアンプ内蔵USB-DAC U-05

高性能、多機能、そして高音質を満たした実力機です。PCM 32bit/384kHz DSD 5.6MHzまで対応。ノイズを減少させる「ロックレンジアジャスト」機能、最大384kHz/32bitまで変換再生する「オーディオスケーラー」、3種類のモードで音質を調整できる「デジタルフィルター」機能を備えています。

パイオニアがこれまでCDプレーヤーやアンプなどで培ってきた独自技術を投入していることもあり、高性能かつ良コスパ。USB-DACでは珍しく、リモコンが付いているのも見逃せません。位相切り替えも備えたXLRバランス出力、バランス・ヘッドホン出力、プリアンプ機能も備えます。多機能なUSB-DACとしておすすめです。

デノン(DENON) USB-DAC DA-310USB-SP

フル・デジタル増幅「DDFA」技術を採用したUSB-DAC。ヘッドホン直前までデジタル信号で処理することにより、これまでにない情報量で再生できます。

パソコンからのノイズを低減する「デジタルアイソレーター」、ノイズを極小化する「DACマスター・クロック・デザイン」など、デノンの高級コンポで使用されている技術も投入。CD音源もハイレゾ相当に拡張再生できる「Advanced AL32 Processing」も搭載しています。

PCMは32bit/384kHzまで、DSDは 11.2MHzまで対応。アナログRCA出力も採用しています。縦置き可能なので、パソコン脇にも置きやすいのもおすすめです。