パソコンやスマホなどで音楽を再生する際にノイズを抑えつつアナログ信号に変更できる「USB-DAC」。据え置きタイプだけでなく、携帯性に優れたポータブルタイプも存在します。

しかし、さまざまなメーカーから多種多様な製品が発売されているので、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回は、おすすめのUSB-DACをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

USB-DACとは?効果を解説

「USB-DAC」とは、音楽を再生する際にデジタル信号をアナログ信号に変換するために使用する機器のことです。USB-DACの「DAC」は、デジタルトゥアナログコンバーター(Digital to Analog Converter)の略称。USBケーブルでパソコンなどと接続するDACをUSB-DACと呼びます。

パソコンやスマホにUSB-DACを接続すれば、高音質な再生が可能。パソコンやスマホにもDACは搭載されていますが、単体のUSB-DACを導入した方が高音質が期待できます。

また、パソコンやスマホなどのDACは音楽再生用に設計されていないので、ノイズが入ってしまいがち。クリアなサウンドを求める場合にもUSB-DACがおすすめです。

USB-DACとアンプの違い

パソコンやスマホと接続する音楽用の機器としては、アンプが有名。USB-DACがデジタル信号をアナログに変換するのに対し、アンプは音声信号の増幅を行います。音質の向上はUSB-DACとアンプの両方の機器で期待できますが、ノイズを軽減したい場合にはUSB-DACが便利です。

ちなみに、USB-DACとアンプ両方の機能を搭載した製品も多数存在。ノイズの抑制や高音質化に加えて、出力のアップを図りたい場合におすすめです。

USB-DACのメリット・デメリット

USB-DACのメリット

By: ifi-audio.jp

USB-DACは、パソコンやスマホに内蔵されているDACに比べて優れた音質を期待できるのがメリット。内蔵型は音楽専用に設計されていませんが、USB-DACは高音質なサウンドを実現するために作られています。

また、ノイズの原因となる部分を隔離・分離する設計が採用されているのもUSB-DACの魅力。ノイズを軽減したクリアなサウンドで音楽を楽しみたい場合にもおすすめです。

USB-DACのデメリット

By: ifi-audio.jp

USB-DACを導入すると、音楽鑑賞の際にパソコンやスマホに接続する機器が1台増えるのがデメリット。特に据え置きタイプはサイズの大きいモデルが多く、設置する際にスペースを取ります。

また、本体にバッテリーを内蔵していない場合には、コンセントからの給電も必要。設置場所が限定される点やコンセントを使用する点には注意しましょう。

USB-DACの選び方

音質重視ならPCMとDSD対応をチェック

PCMは96kHz/24bitを目安に

By: ifi-audio.jp

PCM音源は、CDにも採用されている方式。「サンプリング周波数(kHz)」と「量子化ビット数(bit)」で表記されており、数値が大きいほど解像度が高く、高音質が期待できます。

CD音源は44.1kHz/16bitなので、臨場感あふれるサウンドが楽しめるハイレゾ音源を楽しみたい場合には96kHz/24bit以上に対応しているモデルを選択しましょう。

高音質なモデルがほしいならDSD対応モデルを

「DSD」は「ダイレクトストリームデジタル(Direct Stream Digital)」の略称で、ソニーとフィリップスによって開発された方式です。

デジタル方式の録音ながら、アナログのような質感のサウンドを楽しめるのが特徴。PCMに比べてサンプリング周波数が高く、サウンドをより精細に記録できるのが魅力です。原音に忠実で高音質なサウンドを求める場合には、DSD対応のUSB-DACをチェックしてみてください。

ハイレゾに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

「ハイレゾ音源」とは、CD以上の情報量を備えている音楽データのこと。解像度が高く、空気感や臨場感などをしっかりと表現したサウンドを求める場合には、ハイレゾ音源に対応したUSB-DACを選択しましょう。

最近では多くの製品が対応していますが、なかには非対応のモデルもあるため注意が必要。購入する前にスペック表をチェックしておきましょう。

接続方法や入出力端子をチェック

By: amazon.co.jp

USB-DACは、製品ごとに接続方法や入出力端子が異なります。パソコンやスマホで音楽を鑑賞するだけでなく、テレビや家庭用ゲーム機などと接続する場合には、事前にUSB-DACが備えている端子をしっかりとチェックしておきましょう。

パソコンやスマホから音楽データを入力する場合には、USB端子を搭載したモデルが便利。テレビと接続する場合には、光デジタルや同軸デジタルなどのデジタル端子搭載モデルがおすすめです。

また、RCA端子やXLR端子を搭載しているモデルであれば、外部機器への音声出力も可能。アンプやスピーカーなどに接続する際に使用できます。

アナログ音声出力について

ヘッドホンやイヤホンを接続する出力端子には、3.5mmステレオミニ端子や6.3mmステレオ標準端子を使うのが一般的。なかにはクリアなサウンドが再生できる4.4mmバランス接続端子に対応したモデルも存在します。

USB-DACを購入する際は、事前に搭載されている出力端子をチェックしておくのがおすすめ。所有しているヘッドホンやイヤホンの端子に対応したモデルを選択しましょう。

据え置きかポータブル対応かで選ぶ

USB-DACには、大きく分けて「据え置きタイプ」と「ポータブルタイプ」の2種類が存在します。家庭用のAC電源を使って給電する製品の多い据え置きタイプは、比較的サイズが大型。設置する際にスペースが必要ですが、出力が高く音質に優れているのが魅力です。

一方、本体にバッテリーを内蔵しているポータブルタイプは、コンパクトなデザインを採用しているのが特徴。スマホやデジタルオーディオプレーヤー(DAP)と一緒に携帯して、外出先で使用する場合にもおすすめです。

再生ソフト・ドライバへの対応を確認

By: korg.com

USB-DACを購入する際は、音楽を再生するソフトやドライバへの対応の有無も事前に確認しておくのが重要です。音楽再生ソフトは数多く存在しますが、製品によっては対応が限られている場合も。異なるメーカーの機器を使うと料金が発生するソフトもあるので注意しましょう。

また、高音質で音楽鑑賞を楽しみたい場合には、「ASIOドライバ」に対応したUSB-DACがおすすめ。DTMでも使われるASIOドライバに対応しているモデルであれば、音質に優れた本格的な音楽が味わえます。

USB-DACのおすすめ|据え置き

フォステクス(FOSTEX) 32bit DAC HP-A3


据え置きタイプながら、USBバスパワーよって稼働するUSB-DACです。本体サイズは幅108×高さ36×奥行140mm。ゴム足が付属しており、デスク上に設置した際に天板を傷付けにくいのも特徴です。

また、PLL電源の搭載によって高い安定化が実現されているのもポイント。DACだけでなくアンプも備えており、インピーダンスの高いヘッドホンをしっかりと鳴らせる点もメリットです。

DACチップには、「AKM AK4390」を採用。高音質なハイレゾ音源にも対応しており、臨場感あふれるサウンドが再生できます。入力端子は、USB端子のほか光デジタル端子も搭載。パソコンやスマホと接続して使うだけでなく、テレビの音質向上を図りたい場合にもおすすめです。

フィーオ(FiiO) K9 Pro ESS


左右のチャンネルでDACを1基ずつ搭載しているUSB-DACです。DACチップにはESSの「ES9038PRO」を採用。デュアル構成によって、クリアな音質を実現しているのが特徴です。

ヘッドホンの回路には、THXと共同開発した「THX AAA 788+」を使用。サウンドの繊細さや強弱をしっかりと表現できるのがポイントです。デジタル入力端子は、USB Type-C・micro USB・光デジタル・同軸デジタルなどに対応。アナログ入力端子は、4.4mmバランス接続端子やRCA端子を備えています。

また、Bluetooth接続に対応しているのもメリット。aptXやLDACなど高音質が期待できるコーデックが利用できるので、スマホの音楽をハイクオリティで鑑賞したい場合にも魅力的です。そのほか、高級感ただようデザインが採用されているのも長所です。

ティアック(TEAC) USB DAC ヘッドホンアンプ UD-505


768kHz/32bitのPCMと22.5MHzのDSDに対応している、据え置きタイプのUSB-DACです。DACチップには、旭化成エレクトロニクスの「VERITA AK4497」を採用。左右のチャンネルに1基ずつ備えており、繊細なサウンド表現を実現しています。

また、Bluetooth通信を利用したワイヤレス接続に対応しているのもポイント。加えて、ハイレゾ音源をワイヤレスで伝送するLDACコーデックに対応しているのもメリットです。

本体サイズは、幅290×高さ84.5×奥行248.7mm。電源コードのほか、RCA-ミニプラグ変換ケーブルやリモコン、フット用クッションなど付属品が充実している点もおすすめです。

EARMEN Tradutto


クオリティの高いサウンドを求める場合に適した、据え置きタイプのUSB-DACです。本体サイズは幅150×高さ30×奥行150mm。リモコンが付属しているので、離れた場所からでも操作できます。

入力端子は、USBのほか光デジタルや同軸デジタルなども搭載。パソコンと接続するだけでなく、テレビの音を高音質で鑑賞したい場合にも便利です。また、Bluetooth通信でワイヤレス接続できるのもポイント。QualcommのBluetoothチップ「QCC5124」を備えており、AACやaptXなどのコーデックに対応しています。

さらに、フルブロック・アルミニウムの削り出しボディを採用しているのも魅力。絶縁性が高いだけでなく、堅牢性に優れている点もおすすめです。

コルグ(KORG) 1BIT USB-DAC/ADC DS-DAC-10R


高音質なハイレゾ音源に対応している据え置きタイプのUSB-DACです。パソコンとUSBケーブルで接続するだけで使えるのが魅力。5.6MHzや2.8MHzのDSDに対応しており、クオリティの高いサウンドが期待できます。

また、フォノ入力端子を搭載しているのもポイント。レコードプレーヤーを接続して、アナログの音を楽しみたい場合にも便利です。「AudioGate」と呼ばれるソフトを利用すれば、レコードの曲をデジタルデータで保存することも可能。カセットテープの音も同様に保管しておけます。

デザインはシンプルかつスタイリッシュ。ダイキャスト・ボディで高級感を得られるだけでなく、ボリューム・ノブ部のLEDがインジケーターとして機能する点もおすすめです。「ASIOドライバ」にも対応しており、音質を重視する場合にも適しています。

USB-DACのおすすめ|ポータブル

クリエイティブ・メディア(Creative) Sound BlasterX G6 SBX-G6


DACチップだけでなく、高音質を実現するヘッドアンプ「Xamp」を搭載しているUSB-DACです。パソコンやスマホのほか、家庭用ゲーム機と接続して使いたい場合にも便利。クリアかつ臨場感あふれるゲームサウンドを求める場合にもおすすめです。

また、「Scout Mode」機能を搭載しているのもポイント。ゲーム内の環境音をハイライトできるので、敵の足音をしっかりと聞き取りたい場合にも便利です。

Windowsパソコンと接続した場合には、7.1chのマルチチャンネル再生にも対応が可能。広がりのあるバーチャルサラウンドサウンドが楽しめる点もメリットです。

iBasso Audio DC05

コンパクトなデザインを採用している、携帯性に優れたUSB-DACです。DACチップを2基搭載したデュアル構成が特徴。低ノイズかつ高い出力に対応できるのが魅力です。

アルミニウム合金を使用した筐体には、サンドブラスト加工やアルマイト処理を採用。手触りがなめらかなだけでなく、ナチュラルで落ち着いた光沢が楽しめます。

USB Type-C端子を備えたケーブルには、高品質な銀メッキ銅線を使用。安定した信号を伝送できるだけでなく、耐久性の高い皮膜で覆われている点もおすすめです。

Chord Electronics Mojo 2


Chord独自の「FPGAテクノロジー」を搭載しているポータブルタイプのUSB-DACです。歪みや帯域外ノイズを低減し、サウンドの奥行きやディティール感を向上しているのが特徴。クリアかつクオリティの高いサウンドを実現しているのが魅力です。

また、操作性に優れているのもポイント。ミュート機能やボタンロック機能などが利用できる点も便利です。さらに、ハンドメイドで作られているのもメリット。品質の高いUSB-DACを求めている場合におすすめです。

SHANLING UA3


マットな質感の筐体を採用しているポータブルタイプのUSB-DACです。ムダを省いたミニマルなデザインが魅力。重量が約20.5gと軽く、携帯性に優れているのも魅力です。

また、2基のヘッドホンアンプを備えているのもポイント。幅広いイヤホンやヘッドホンに対応できるだけでなく、クリーンかつダイナミックなサウンドが再生できる点も便利です。

出力端子は、3.5mmステレオミニ端子や4.4mmバランス接続端子を採用。クリアな音質を求める場合には、バランス接続での利用がおすすめです。

ifi Audio ZEN DAC


自宅だけでなく、オフィスにも持ち運んで使用できるポータブルタイプのUSB-DACです。キュートかつコンパクトなデザインを採用しているのが特徴。小型ながら384kHz/32bitのPCMやDSDに対応しており、高音質なハイレゾ音源も視聴できます。

また、4.4mmバランス接続端子を備えているのもポイント。一般的な6.3mmステレオ標準端子も搭載されており、幅広いヘッドホンで使用できます。さらに、「PowerMatch」と呼ばれる機能を搭載しているのもメリット。ゲインを調節して、使用するヘッドホンにマッチさせる機能です。

迫力のある低音を好む場合には、「TrueBass」の利用が便利。スイッチを切り替えるだけで、簡単に低音をブーストできます。

USB-DACの売れ筋ランキングをチェック

USB-DACのランキングをチェックしたい方はこちら。