PCと接続して高音質オーディオを楽しむのに便利なUSB-DAC。ハイレゾ音源の普及に伴い、注目度が高まっています。幅広い価格帯で、特徴的な機種が多数発売。入出力端子や機能もさまざまで、初めて購入する方は迷ってしまうかも…

そこで今回は、使用目的や予算などに応じておすすめの注目機種を比較ポイントを交えながら、USB-DAC一挙にご紹介します。

USB-DACとは?

By: amazon.co.jp

USB-DACとは、PCとUSB接続することにより、PC内の各種音声ファイルを再生できるDACです。PCにも内蔵されていますが、音質上、機能上のメリットがあるため、高音質でPCオーディオを楽しむのにおすすめできます。

最低限USB入力とアナログライン出力を備えていればUSB-DACと言えます。この点では、DTM用途に用いられるUSBオーディオインターフェースも含まれます。一般的には、入力出力ともに幅広い機器と接続できる、様々な端子を装備する機種が多数です。

最近ではAndroid/iOS機と接続できるUSB-DACも増えています。

USB-DACのメリット

By: amazon.co.jp

USB-DACの第一に挙げるべきメリットは高音質。通常PC/小型端末内蔵のDACは、コスト面、設計上の配慮面の双方において、単体USB-DACには大きく及びません。音質以前に内部の各種ノイズ源の影響により、ノイズが聴こえる場合も多々あります。

USB-DACはノイズ源からの分離、隔離、音質重視設計により、情報豊富な上にノイズのない、質感の高い高音質が堪能できるのがメリットです。また、PC/小型端末本体だけでは正しい再生が困難な各種ハイレゾファイル(特にDSD)を簡単に再生できるのも重要なメリットと言えます。

ハイレゾを高音質で聴きたいならUSB-DACで決まり。

USB-DACの比較ポイント

入出力端子

By: amazon.co.jp

まずは入出力端子。自分の必要とする端子の付いた機種を選びましょう。CDプレイヤー、外部DACなど一般的なデジタル機器と接続可能になるデジタル入出力端子、イヤホン、ヘッドホンと接続可能なヘッドホン端子が挙げられます。

最近ではヘッドホンリスニングを楽しむ方も増えているので、ヘッドホン端子は欲しいところ。バランスヘッドホン端子に対応しているとさらなる高度なヘッドホンリスニングが楽しめますよ。

レコードのデジタル化に利用可能なフォノ入力を備える機種もあります。さらに、プリアンプ機能もあれば、アクティブスピーカーとの組み合わせで便利に使えますよ。

対応ファイル形式と対応ビットレート

By: amazon.co.jp

次に、対応ファイルの形式と対応ビットレートの上限です。CDのPCM16bit/44.1KHzを超える音源であるハイレゾも一般化し、よほどの低価格機でない限り、ハイレゾ対応は普通。現在の状況からすると、PCMで24bit/96KHz、DSDで2.8MHz以上の能力は最低でも欲しいところです。

現実には、最近の大手メーカー製USB-DACではPCMで24bit/192KHz、DSDで5.6MHz以上の能力を備えているものが一般的です。予算の制約がないなら、これ以上の性能から選ぶことをおすすめします。

おすすめのUSB-DAC18選

クリエイティブ(Creative) USBオーディオインターフェース Creative Sound Blaster Play! 3 SB-PLAY3

商品価格 ¥ 2,330

国内最安価クラスのハイレゾ対応USB-DACです。2017年4月発売のホヤホヤの新製品なんです。わずか2000円ちょっとでPCM系のみで最大24bit/96kHzのハイレゾ再生に対応。しかも、ヘッドホン出力は32~300Ωまで対応するハイインピーダンス対応と、価格からは信じられない高性能。

さらに独自ソフトのSBX Pro Studioにより、音楽や映画、ゲームなど用途に合わせた音質設定も可能で、バーチャルサラウンドも楽しめます。サイズは138×22×9.4mm、重量約13gの超コンパクトでおすすめ。

世界的なPC周辺機器メーカー製なので品質も全く心配いりません。USB-DAC初心者はまずはここから初めてみましょう。とりあえず試してみるUSB-DACとしてもおすすめ。

フォステクス(FOSTEX) ボリュームコントローラー PC100USB-HR2

商品価格 ¥ 7,392

国内大手メーカー製では最安価クラスのハイレゾ対応USB-DAC。PCM系のみで最大24bit/96kHzに対応しています。ヘッドホンアンプに加え、プリアンプ機能(ライン出力可変ボリューム)も装備。アクティブスピーカーとの接続時に手元で音量調整できるのでおすすめです。

低価格品では非対応も多い88.2kHz入力に対応するのも見逃せません。できるだけ安く国内メーカー製のハイレゾUSB-DACが欲しい方におすすめです。

アイファイ・オーディオ(iFI-Audio) USB入力専用デジタルヘッドフォンアンプ nano iDSD-LE

商品価格 ¥ 17,280

DSD対応機としては低価格、しかも高性能なおすすめのUSB-DAC。イギリスのアイファイ・オーディオは内容の割に安価なハイコスパ性と、高音質で話題のメーカーです。新興ながらすでに有名メーカーに肩を並べる存在になっています。

本機はエントリー機。なのにもかかわらず、PCMは384kHz/32bit、DSDは5.6MHzまでに対応するハイスペックです。1万円台でこれは圧倒的と言えますね。USB入力もPCに加えてUSB OTGにも対応しているので、Android/iOS端末ともデジタル接続可能です。

ライン出力に加えヘッドホン出力も搭載。さらにバッテリー内蔵なので、ポータブル使用も可能です。家でも外でも、PCともスマホとも使える多機能機として、数万円以下ではイチオシのおすすめ機です。

アムレック(Amulech) USB-DAC+ヘッドホンアンプ AL-9628D

商品価格 ¥ 19,000

国内メーカー製DSD対応機では最安価クラスのUSB-DAC。PCM32bit/96KHz及び、DSD 2.8MHzまでに対応します。あまり馴染みのないブランド名かもしれませんが、USB-DAC製品で極めて高い評価を得ていたラステーム社の流れを汲む日本のメーカーです。

価格の安さとそれ以上の高音質により、超がつくほどのハイコスパ。演出を排した自然かつリアルな音質も高評価の一因です。

アナログライン出力に、標準ヘッドホン端子を装備します。安価なUSB-DACではバスパワー電源が多いのですが、音質的には有利な外部電源にも対応。一層の高音質も狙えます。同軸デジタル出力も持ち、DDコンバーター(DDC)として使えるのも見逃せません。

本格オーディオを組んでいる方の使用にも耐える、驚きの1台としておすすめです。

デノン(DENON) USB-DAC DSD DA-310USB

商品価格 ¥ 53,148

CDはじめ非ハイレゾ音源での高音質再生が他と比較しておすすめできるUSB-DACです。デノンは現在のデジタル音源規格であるPCMデジタル録音を開発し、実用化した伝統メーカー。常にデジタルオーディオ技術で世界を引っ張ってきました。

1993年にはCDの情報を基にハイレゾ相当に音源をアップコンバートする「アルファ・プロセッシング(ALPHA Processing)」を開発。原音に近い高音質で世界を驚かせました。この技術は改良を重ね、今でもデノンの看板です。

本機にも最新バージョンが搭載され、ハイレゾ音源も含め、32bitの超高精度で再生します。今は他社も同様の技術を持ちますが、ノウハウと技術力では他を圧倒しています。どのような音源からでも自然さと力感溢れる密度が高い高音質を楽しめますよ。

CD音源も高音質で聴きたい方におすすめ。

ソニー(SONY) 据置型ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES

商品価格 ¥ 230,702

世界のソニーが放つ高級USB-DAC。PCM 768kHz/32bit、DSD 22.4MHzまでに対応する超ハイスペックです。他と比較してのおすすめポイントは2つ。まず、全てのPCM音源を11.2MHz相当のDSD信号に変換して再生します。

DSDはPCMに比べてより滑らかで空気感に優れた高音質が魅力ですが、音源が少ないのが難点。それが本機なら通常のPCMでもDSD同様の音質で楽しめるんです。また、バランス接続を含めた5種類ものヘッドホン端子を装備。

現在、規格が不統一なバランスヘッドホン端子への対応度の高さが利点です。プリアンプ機能も装備するので、アクティブスピーカーとの接続はもちろん、パワーアンプを接続しての本格セパレートステレオシステムにも発展できます。

他と比較して少し高価ですが、それだけの値打ちのあるUSB-DACとして大いにおすすめできます。

フォステクス(FOSTEX) ヘッドホンアンプ D/A変換器内蔵 HP-A4BL

商品価格 ¥ 40,200

他と比較してバランスヘッドホン接続対応ながら安価なのがおすすめできるアイテム。解像度と空間表現力の高さから人気が高まっているヘッドホンのバランス接続が魅力です。使用するにはヘッドホン、USB-DAC側双方が対応している必要があります。

対応機は増えていますが、6万円以上するのが普通なんです。それが本機は4万円程度と大幅に安価。それでいて24bit/192kHzまでのPCMと11.2MHzまでのDSDに対応する十分なスペックです。

新開発のコンデンサーや高精度クリスタルによる透明度の高いハイクオリティーサウンドもおすすめポイント。XLRバランス端子に対応したヘッドホンを用意しましょう。もちろん普通のヘッドホンも使用は可能です。

コルグ(KORG) モバイルUSB-DAC DS-DAC-100m

商品価格 ¥ 13,102

付属ソフトによる高音質化再生が他と比較しておすすめできるポイント。コルグは業務用DSD録音機器、ソフトの中心的メーカーです。そこでの経験、財産を生かしたUSB-DACを各種発売しています。

本機はPCMで24bit/192KHzまで、DSDは5.6MHzまでサポートしています。そして大きな特徴は専用ソフト「Audio Gate」。非常に多機能なアップコンバート再生機能を持っています。

それにより、CDレベル音源も24bit/192KHzで再生させたり、全ての音源のDSDへのリアルタイム変換再生も可能。同様の機能を内蔵するUSB-DACはありますが、本機では外部ソフトによる自由度の高さがおすすめできます。

「Audio Gate」は有料提供されている定番の高音質化ソフトでもあり、本機を買うとタダで使えるのも大きなおすすめポイントです。

エムオーディオ(M-Audio) USB-DAC Micro DAC 24/192

商品価格 ¥ 9,860

他と比較して小型なのがおすすめできるUSB-DACです。なんと73×14×27DmmのUSBメモリサイズ。USBメモリ同様にPCのUSBポートに差し込んで使います。PCMで24bit/192KHzまでの対応も価格を考えると十分ですね。

ライン出力に加えてヘッドホン端子、さらには光デジタル出力も装備します。カメラアダプター使用でiOS機と接続できるのもおすすめポイントです。外に持ち出しても全く邪魔にならないUSB-DACとしてもおすすめですよ。

マランツ(Marantz) USB-DAC HD-DAC1/FN

商品価格 ¥ 72,900

他と比較してアナログ回路への注力がおすすめできるUSB-DACです。マランツは実績のある高級オーディオブランド。中でも独自の高速電圧モジュールHDAMを使用したアナログ回路部による高音質がおすすめできるポイントです。

本機でもHDAM、HDAM-SA2を採用しています。また、オペアンプを用いないフルディスクリート回路による独自の音質チューニングもおすすめポイント。これらにより、ノイズ感が少なく、透明度の高い繊細なマランツサウンドを響かせます。

プリアンプ機能も装備。本格コンポと組んで緻密なサウンドを狙いたい方におすすめです。

ソニー(SONY) ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3

商品価格 ¥ 73,969

他と比較してポータブルでもバランスヘッドホン接続が可能な点がおすすめのUSB-DACです。4.4mm規格のバランスヘッドホン端子を搭載。ソニー製を中心とした対応イヤホン、ヘッドホンでより立体感に優れた高音質を楽しめますよ。他社に多い2.5mmタイプも変換プラグの使用で使えます。

USB-DACとして、32bit/384kHzのPCM、DSDは5.6MHzまで対応する十分なスペック。ソニーの対応ウォークマン、XperiaスマホともUSBデジタル接続できるのはソニーだけのおすすめポイント。ソニー製機器との連携性でもイチオシです。コンパクトな据え置きUSB-DACとしてもおすすめ。

コルグ(KORG) USB-DAC フォノ入力対応 DS-DAC-10R

商品価格 ¥ 43,380

レコードをはじめアナログ音源をDSD化できるのが他と比較しておすすめできるUSB-DACです。プロ品質のADコンバーターを内蔵しています。音源を問わずアナログ音源をハイレゾ化できます。ただ、レコードをハイレゾ録音できるUSB-DACは他にもあります。

本機はさらに、フォノイコライザー不要なのもおすすめポイント。専用ソフト側でデジタル的に補正することで実現しています。良質なフォノイコライザーの用意が困難な現在に非常にうれしい機能です。

もちろん、USB-DACとしてもコルグならではの高音質、高性能で楽しめます。DSD変換再生可能な専用ソフトが無料なのもコルグのおすすめポイント。レコードをハイレゾ化して聴きたい方には最もおすすめできます。

オッポ(OPPO) 据え置き型DAC Sonica DAC OPP-SDAC-3

商品価格 ¥ 106,910

最新の高級・高性能DACチップの使用が、他と比較しておすすめできるUSB-DAC。DACチップにESSテクノロジー社最高級グレード・ES9038PROを搭載しています。業界最高と言われる物理特性、性能を有しますが、高価なため、一部の高級DACで使われるのが普通です。

このチップの性能を生かし、PCMが最高768kHz/32bit、DSDは22.6MHzまでの業界最高スペックを実現しています。しかも、ES9038PRO搭載DACでは現在最安価なのも魅力。アナログも含めた豊富な入力を備え、プリアンプ機能もあります。価格を大きく超えた高性能、高音質機としておすすめです。

ラックスマン(LUXMAN) USB D/Aコンバーター DA-250

商品価格 ¥ 156,400

他と比較してプリアンプとして優れているUSB-DACです。外部パワーアンプやアクティブスピーカー使用する際、使用されるプリアンプ機能。単なるボリューム調整ではなく、オーディオ的な高音質を追求すると高度な技術が必要です。

低価格機では簡易的なものがほとんど。これではハイレゾの高音質を十分に生かすことはできません。しかし、音質的に優れているアナログ方式のボリュームを組み込んだプリアンプ機能をUSB-DACで実現するのも困難です。

本機ではそれを実現。というのも、高級単体プリアンプ用に開発した独自の電子制御アッテネーター、LECUAを投入したからです。これにより、左右の音量差、ボリューム位置での音色差、経年劣化を排除し、高音質のみを享受できます。

ラックスマンが高級オーディオメーカーだからこそできるアドバンテージ。プリアンプ機能にこだわる方におすすめです。

アイファイ・オーディオ(iFI-Audio) USB-DAC micro iDSD Black Label

商品価格 ¥ 73,541

ポータブル使用、プリアンプ使用の双方に高音質で対応できるハイコスパ機。バッテリー内蔵のコンパクトボディなので外にも持ち出せます。また、先述のラックスマンと同様の原理(電子制御アッテネーター方式)による高精度アナログボリュームを装備。

プリアンプとしても価格を遥かに超えた品位で使えます。同様原理のボリュームを搭載するのは世界でも数社しかなく、他は高級ブランドばかりなので、驚愕しますね。プリアンプとして使える高音質USB-DACをできるだけ安価に探している方にもおすすめです。

フォステクス(FOSTEX) USB-DAC HP-A3

商品価格 ¥ 9,148

他と比較して実売価格のお得さがおすすめできるUSB-DACです。このアイテムの割引率でのお得さは際立ちますよ。

この値段で販売されている理由としては、販売時期が2010年と古く、ハイレゾ対応もPCMのみで24bit/96KHzまでの物足りなさゆえ。しかし、音質を大きく左右する電源部とアナログ部の品位は現在でも通用するほどハイレベルです。そのため、再生可能ファイルの範囲内での音質は他社の3万円台の新製品以上。

特に音の力感と密度感の高さに優れます。新しければいいとは限らないオーディオの難しさも垣間見せるおすすめの実力機です。

コード(CHORD) D/Aコンバーター Hugo

商品価格 ¥ 179,980

ポータブルとプリアンプ機能の双方に対応したUSB-DACとしては、最高クラスの高性能と高音質と言われる実力機。バッテリーを内蔵しているので、USB以外の入力でも屋外でも使用できます。また、他社と異なり、汎用DACチップを使わない完全自社開発のDA変換部がおすすめポイント。

しかも業界最高性能の演算能力を誇ります。これにより、デジタルタイプのプリ機能(ボリューム)で避けがたい音質劣化が全くありません。プリアンプとしても出色の高音質です。大きさの割に高価に感じますが、高音質では掛け値なしにおすすめの名機です。

リリック(Lyric) 1bitヘッドホンアンプ搭載D/Aコンバーター X-DP10

商品価格 ¥ 334,000

ヘッドホンアンプ部に1bitデジタルアンプを採用しているのが他と比較して特徴のUSB-DACです。1bitデジタルアンプは日本のシャープが開発した独自技術で、DSDと同じ原理で増幅できるため、解像度と空気感の再現の高さがおすすめできます。

DACとしては11.2MHzまでのDSD、32bit/768kHzまでのPCMに対応。価格に見合った高音質をヘッドホンだけでなくライン出力でもサウンドを響かせます。ヘッドホンはXLRバランス接続にも対応。

USB以外にも豊富なデジタル入力、さらにはアナログ入力も持ち、高精度ボリュームによるプリアンプ機能も装備しています。外部クロック入力も備えるので、大変高度な使いこなしにも対応します。

1bitデジタルアンプのよさを体験してみたい方にもおすすめです。