さまざまな用途で利用できる便利な「どんぶり」。麺料理や丼もの、スープを入れる食器としてはもちろん、サラダや煮物などを盛りつける大鉢としても使えます。

そこで今回は、どんぶりのおすすめをご紹介。選び方もあわせて解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

どんぶりの選び方

素材で選ぶ

軽くて割れにくい「樹脂製」

By: amazon.co.jp

樹脂製のどんぶりは、軽くて扱いやすいのがメリット。特に、メラミン樹脂を採用しているモノは、陶磁器と比べると2分の1から3分の2ほどの軽さといわれています。キッチンから食卓に運んだり、手で持って食べたりする際にラクなのがポイントです。

また、使用している樹脂にもよりますが、耐衝撃性が高く割れにくいのも特徴。万が一、落としてしまっても安心です。さらに、耐熱性にも優れており、電子レンジや食洗機に対応しているモノも展開されています。価格はリーズナブルなモノが多いので、複数購入する際にもおすすめです。

保温性が高い「木製」

By: amazon.co.jp

保温性に優れている木製のどんぶり。あたたかい料理を盛りつけても冷めにくいため、ゆっくり食べたい方におすすめです。断熱性も高いので、熱々のスープなどを入れても器が熱くなりにくく、手で持って食べるときも安心。また、樹脂製のモノと同じく軽くて割れにくいのもポイントです。

さらに、木製ならではのぬくもりを感じられるのが魅力。使用している木材によって見た目が変わるため、選ぶ際は素材にも注目してみてください。

ただし、木は吸湿性があるので、長時間水に漬けると変形したり、色の濃い料理などを長く盛りつけると色移りしたりする場合があります。なお、電子レンジや食洗機に対応していないモノも多いので留意しておきましょう。

土の素朴な風合いが魅力の「陶器製」

By: amazon.co.jp

陶器製のどんぶりは、土を主な原料として1000〜1300℃で焼いてつくります。土の素朴なあたたかみを感じられるのがポイント。熱伝導率が低いため、熱しにくく冷めにくいのが特徴で、あたたかい料理を食べる際に適しています。

また、においや色が移りやすいためお手入れにはやや気を遣いますが、釉薬に入ったヒビに着色することで味わい深くなるのも魅力のひとつ。経年変化を楽しみたい方におすすめです。

透明感ある白さが映える「磁器製」

By: amazon.co.jp

ガラス質を含む石を砕いてつくった粘土を原料とし、1300~1400℃で焼いてつくる磁器製のどんぶり。磁器の多くはやや青みがかった白い素地で、表面はツルッと透明感があります。

においや色がつきにくく耐久性に優れるので、陶器製のモノよりも扱いがラクです。また、半ガラス質のため、吸水性が低いのも特徴。さらに、多くのモノは電子レンジや食洗機に対応しています。ただし、熱伝導率が高いので、熱いスープなどを入れた場合は器が熱くなりやすく、手に持って食べにくい点には留意しておきましょう。

艶やかで上品な「漆器」

By: rakuten.co.jp

漆器はどんぶりのなかでも上品な艶感があります。黒漆や色漆など塗る色によって雰囲気が変わるため、使用する料理にあわせて選ぶのがおすすめ。漆器は使い続けるとさらに艶感が増すので、経年変化を楽しみながら利用できるのが魅力です。

また、断熱効果に優れており、熱い料理をよそってもどんぶりが熱くなりにくいのも特徴。さらに、口当たりが柔らかく、料理を美味しく食べられます。

価格は高く高級感があるモノが多いので、特別な日に使用したり、大切な方へのプレゼントとして贈ったりするのにぴったりです。

サイズや形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

どんぶりを選ぶ際は、サイズや形状もチェックしてみてください。サイズは盛りつける料理や食べる量にあわせて選びましょう。小ぶりなモノであれば、ミニ丼や半ラーメン、サラダなどを盛りつけるのにもぴったり。茶碗や汁椀の代わりとしても利用できます。

海鮮丼など具の多い丼ものを盛りつける際は、口が広い浅めの形状がおすすめ。具が重ならずにきれい盛りつけられたり、具とご飯を一緒に食べられたりするので便利です。

また、蓋つきのどんぶりも要チェック。よそった後に蓋をして蒸らすことで具とご飯がなじみ、より美味しく食べられます。ホコリよけになるのもポイントです。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

デザインもどんぶりを選ぶうえで大切なチェックポイントです。どんぶりと盛りつける料理がマッチしていれば、見た目でも楽しめます。例えば、和・洋・中と幅広い料理にあうモノを探している場合は、模様が少なく、ブラックやブラウン、ホワイトなど落ち着いた色味のモノがおすすめです。

また、テーブルコーディネートも楽しみたい方は、ほかの食器との相性も重要。和柄同士やモダンなデザイン同士など系統を揃えると上手くまとまります。より簡単にコーディネートしたい場合は、同じシリーズの食器を揃えてみてください。

電子レンジ・食洗機対応のモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

どんぶりのなかには、電子レンジや食洗機に対応しているモノもラインナップされています。電子レンジを使用できれば、ほかの容器に移さずにあたため直せるので便利。洗い物を増やさずに済むのもポイントです。また、食洗機を利用できる場合は、食器洗いの手間を省けるため、家事を時短できます。

特に、樹脂製や磁器製の製品が電子レンジや食洗機に対応。ただし、金彩や銀彩など金属で装飾されたモノや、繊細な絵付けが施されたモノは、電子レンジの利用を避け手洗いしましょう。

どんぶりのおすすめ

アサヒ興洋 WAYOWAN まる 丼 AZ18

マルチに活用。コスパも良好

和食や洋食を選ばずに使えるシンプルなデザインのどんぶりです。サイズは直径15×7.2cm。価格が安いうえ耐久性に優れるため、コスパの高さが魅力です。また、電子レンジや食洗機に対応しているので、あたため直したり、家事の時間を減らしたりできます。

高台が浅めに設計されており、食器洗い後に水が溜まりにくいのもポイント。さらに、真ん中の溝に沿ってスタッキングできるため、重ねても安定して収納できるのがメリットです。そのほか、カラーラインナップが豊富なので、自分好みのモノを選べます。

宮本産業 Woody 持手付どんぶり

持手付きで、落としにくい

持手がついた樹脂製のどんぶりです。持って食べるときに支えられるので、落としにくいのがポイント。また、割れにくい素材を採用しており、万が一落としてしまっても安心です。

デザインは木目調、カラーは落ち着いたブラウンで柔らかい雰囲気。盛りつける料理は和洋を問わないため、さまざまな食卓シーンで活躍します。本製品は、電子レンジや食洗機に対応しているのも特徴。容量は870mlと大きいので、たくさんご飯を食べたい方にもおすすめです。

ナガオ 割れない 白い食器 どんぶり 蓋付 大 No.60AB

軽量性と耐久性に優れた蓋つきどんぶり

シンプルなデザインの蓋つきどんぶり。盛りつけたあとにしばらく食べない際は、蓋をしてホコリなどがつくのを防げます。素材にはメラミン樹脂を使用しており、軽量性と耐久性に優れているのがポイント。子供から高齢者の方まで、幅広い年代の方がラクに扱えます。

サイズは器が15.5×15.5×高さ7.9cm、 蓋が13.5×13.5×高さ4.3cm。食洗機を利用できるので、食器洗いの手間を減らしたい方にもおすすめです。

薗部産業 めいぼく椀 けやき LL

素材にけやきを使用したあたたかみのある木製どんぶり。透明なウレタン塗装を施しており、美しい木目が際立ちます。また、塗装することで、耐久性や耐水性が高いのも特徴です。

形状は丸みを帯びて手にフィットしやすいのがポイント。容量は8分目までで約600mlです。たっぷりのスープや丼ものはもちろん、サラダを盛りつけるのにもおすすめ。価格は高いですが、天然木ならではの素朴な風合いが味わえます。

角田清兵衛商店 食洗機対応 木製 DS スープボール L ナノコート

食品衛生法に適合した塗料「ナノコート」を施した製品。透明なナノコートは木目を残せるので、優しい風合いを活かせます。また、耐摩耗性・防汚性・耐傷性を高められるため、普段使いにもおすすめです。

サイズは直径14×7cm。スープだけでなく、丼ものを盛りつけるのにも適しています。下部にはくぼみがあり、指を引っ掛けて持ちやすいのが特徴です。さらに、木製食器ながら食洗機に対応しているのもポイント。お手入れが簡単な木製どんぶりを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

丸伊製陶 信楽焼 へちもん どんぶり 灰刷毛 MR-3-3475

茶鼠色の灰釉と白い刷毛模様が美しい信楽焼のどんぶりです。艶を抑えた7分艶のため、コクのあるあたたかい印象を与えるのもポイント。製品名の「へちもん」は、“ふうがわりなモノ”といった意味をもつ職人の言葉が元です。不均質だからこその味わい深さを感じられます。

サイズは約16×8cm、容量は約850mlです。陶器製のためお手入れにやや手間はかかるものの、伝統の和のデザインは流行り廃りがなく、長く愛用できます。

白山陶器 白磁千段 6寸浅めん丼

1960年代からつくられ続けている「白磁千段」シリーズのどんぶり。縞模様を幾重にも施した「千段彫」が、白磁の質感に深みを与えています。また、どんぶりのフチには、ワンポイントとなる錆絵具を施しているのもポイントです。

サイズは約直径18×8cmと広口浅めなため、ラーメン鉢に適しています。さらに、具の多い丼ものや煮物などをきれいに盛りつけられるのも魅力。容量は約1250mlと大きいので、たっぷりと料理をよそえるモノを求めている方におすすめです。

前畑(Maebata) musbu 小花 組小どんぶり 29237

和の伝統紋様を現代風にアレンジしたセットのどんぶりです。「色絵染付」の技法を採用しており、溶けた釉薬に絵具を染み込ませています。モダンなデザインは食卓に彩りを与えるのが魅力。化粧箱もついているので、大切な方へのプレゼントにもおすすめです。

サイズは直径12.5×高さ8cmと小ぶり。手が小さい方でも持って食べやすいのがポイントです。また、ミニ丼を楽しみたい際にも重宝します。さらに、電子レンジや食洗機を利用可能です。

TAMAKI フォルテモア ディープボウル17 T-661925

軽量強化磁器を採用したロングセラーシリーズの製品。軽量性と耐久性に優れるので、普段使いのどんぶりとして重宝します。また、表面はツルツルとしており、頑固な汚れも落ちやすいためお手入れがラクです。

重ねてもかさばりくい形状で、すっきり収納できるのも嬉しいポイント。さらに、カラーはシンプルなホワイトのため、ジャンルを選ばずさまざまな料理をきれいに盛りつけられます。サイズは幅17.1×高さ8.7cm、容量は1000ml。電子レンジ・食洗機・オーブンに対応しています。

キントー(KINTO) ボウル&リッド CLK-153

ボウルと蓋がセットになった波佐見焼の製品。サイズは直径16×高さ9cmと、保存容器だけでなくどんぶりとしても利用できるアイテムです。また、蓋は平らなので、おかずを盛りつけるプレートとしても使用できます。

素材には、天草半島で掘られた砂や岩を砕いたモノを使っているのが特徴。鉄分を含んでおり、釉薬に反応して味わい深い仕上がりになっています。さらに、マットな質感を楽しめるのも魅力です。そのほか、電子レンジと食洗機を利用可能。汎用性の高いモノを探している方におすすめです。

セメントプロデュースデザイン(CEMENT PRODUCE DESIGN) Trace Face Donburi

ニット柄デザインがかわいらしい蓋つきのどんぶり。細やかな凸凹は、原型職人の手彫り技術を用いて表現しています。外側には釉薬をかけていないので、しっとりと手に馴染み素材感を楽しめるのも魅力です。

サイズは約直径15.3×高さ11cm、容量は約750ml。電子レンジや食洗機に対応しているため、普段使いにも重宝します。あたたかみを感じられるユニークなデザインのアイテムです。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ネオ・ヌードル・ボール

1925年に創業したキッチンウェアブランド「ル・クルーゼ」の製品。グラデーションがかったカラーリングがおしゃれで、食卓を華やかに彩ります。豊富なカラーラインナップのなかから、自分好みのモノを選べるのも魅力のひとつです。

サイズは直径19×高さ9.5cm、容量は1250mlと大きめなため、ラーメンなど麺料理もきれいに盛りつけられます。また、電子レンジ・オーブン・圧力鍋・食洗機に対応しているのもポイント。そのほか、同シリーズのほかのサイズを持っている場合は、重ねて省スペースで収納可能です。

テーブルウェアイースト(Tableware East) ラーメンどんぶり 鯉

躍動感あふれる鯉を濃紺の釉薬で描いたどんぶり。内側だけでなく外側にも絵付けされているため、側面から見ても印象的。いつもの食卓が華やかな雰囲気になります。また、電子レンジや食洗機に対応しており、使い勝手も良好です。

サイズは約直径20.5×高さ8.4cmと大きく、ラーメンやうどんなどの麺料理を盛りつけるのにおすすめ。また、煮物などおかずをよそう大鉢としても利用可能です。和食や中華料理と相性のよいモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

テーブルウェアイースト(Tableware East) お好み丼 13cm 北欧風pattern

北欧風デザインを採用した美濃焼のどんぶりです。洋と和が絶妙にマッチしているので、洋食や和食を問わずしっくりなじみます。クロス・ウッド・リピート・ラウンドの模様が展開されているので、自分好みのデザインを選んでみてください。

サイズは直径13×高さ7cmと小ぶりです。どんぶりのほかにも、スープボウルやサラダボウル、大きめの茶碗としても使えます。また、子供用のどんぶりにも適した大きさです。さらに、軽量なので、配膳や洗い物もラクにできます。デザイン性と使い勝手に優れたおすすめの製品です。

みのる陶器(Minorutouki) グラフ 反型 5寸丼 4柄セット

波・十草・渦・駒筋の4つの柄が楽しめるどんぶり。盛りつける料理やその日の気分にあわせて、柄を選ぶ楽しみも味わえます。また、4つのセットなので、家族で利用したい方にもおすすめです。

形状はフチが反っており、手に持って食べやすいのがポイント。スッキリとした外観なのも魅力です。サイズは直径15×高さ7.5cm。そのほか、電子レンジや食洗機を利用できるため、家事の時短にもつながります。

燻椀(IBURIWANCO) 小丼

煙で燻しながら乾燥させてつくる川連漆器のどんぶりです。時間をかけて低温乾燥させることにより、割れる原因となる歪みを軽減します。また、防腐や防虫の効果を期待できるのが特徴。軽量性・耐久性・断熱性・保温性にも優れるため、使い勝手が良好です。

さらに、「花塗り」の技法を用いており、漆のふっくらとした質感と上品な艶感に仕上がります。カラーは朱と黒の2色をラインナップ。手持ちの食器にあわせて選んでみてください。価格は高いですが、漆器ならではの美しさを堪能したい方におすすめです。

越前漆器協同組合 美味しい椀かすみ 10-04201

福井県鯖江市周辺でつくられている越前漆器のどんぶり。素材には、木紛と樹脂を混ぜて成型した「木合」を使用しています。木製のモノと比べると価格が抑えられているのが特徴です。そのため、はじめての方でも手軽に漆器を使えます。

サイズは直径14.3×高さ8cm。また、グラデーションがかった美しい見た目も魅力です。 内黒と内朱の異なる色合いのペアなので、結婚記念日などのプレゼントとしてもおすすめの製品です。

どんぶりのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

どんぶりのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。