北欧の器を彷彿とさせるデザインが多く、若い世代を中心に人気が上昇している「波佐見焼」。和食はもちろん、洋食やデザートなどを盛り付ける際にも活躍する汎用性の高さが魅力の磁器です。他産地の焼き物に比べてデザインの縛りが少ないため、多種多様なモノが揃っています。

そこで今回は波佐見焼のおすすめ人気ブランド(窯元)をご紹介。波佐見焼の特徴についても解説します。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

波佐見焼とは?

By: rakuten.co.jp

波佐見焼は長崎県波佐見町付近で作られる400年以上の歴史を持つ伝統的な磁器。かつては高級品として限られた人々のみに親しまれていましたが、大量生産することで価格を抑え、日常用の食器として気軽に使えるように仕上げられています。

江戸時代、庶民向けの器として普及した「くらわんか碗」や酒、醤油などを入れて輸出していた「コンプラ瓶」などが有名。料理が映えるシンプルなデザインが多く、幅広いシーンで活躍する磁器です。

波佐見焼の特徴

By: hakusan-porcelain.co.jp

手頃な価格で購入できる波佐見焼は「陶石」という石の粉を主成分とする磁器で、粘土で作られる陶器に比べて硬度が高く、軽量で衝撃に強いという利点があります。そのため、普段使い用の和食器を探している方におすすめです。

透明感のある白磁に呉須(ごす)という藍色の顔料を使って絵付けをした「染付」が主流。いくつかの様式に分類される「有田焼」などと異なり形やデザインに縛りがないのも波佐見焼の特徴で、現代的なデザインの器が日々開発されるなど、ラインナップの豊富さも魅力のひとつといえます。

波佐見焼のおすすめ人気ブランド

ハサミポーセリン(HASAMI PORCELAIN)

国内だけでなく海外でも高い人気を誇る「ハサミポーセリン」。アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活躍する篠本拓宏氏がデザインやディレクションを手がけるブランドです。

磁気に独自の比率で陶器を混ぜた土を使用することで、落ち着きのあるマットな質感に仕上げています。多くの製品が一定の規格にしたがって設計されているため、サイズの異なる器でも自由に積み重ねて収納できるのもポイントです。

ハサミポーセリン(HASAMI PORCELAIN) マグカップ HPB020

スクエア型の持ち手が印象的なマグカップ。ハサミポーセリンの特徴であるザラっとした独特の質感を存分に味わえる人気アイテムです。光沢を抑えた釉薬を施したブラックのほか、ツヤ感のあるクリア、素朴な雰囲気のナチュラルがあり、色違いで揃えるのもおすすめ。

底が深めなので一度にたくさんの飲み物を入れられます。スープカップとしても使える便利なマグカップです。

ハサミポーセリン(HASAMI PORCELAIN) ボウル HP009

無駄な装飾を一切省いたミニマルデザインのボウル。高さ約55mmとやや深めで、カレーやシチューなどの煮込み料理やスープなどを入れるのに適しています。カラーバリエーションは料理の色を引き立てるナチュラルと高級感漂うブラックの2色。

釉薬が施されていないナチュラルカラーは、施してあるモノに比べて汚れやシミが付きやすいというデメリットがありますが、味わいの変化を楽しめるという利点もあります。また、同じ直径のプレートをフタのように使用することも可能。アイデア次第でさまざまな使い方ができる便利なアイテムです。

白山陶器

機能美を追求したトレンドに左右されないベーシックデザインの器が揃う創業1779年の老舗陶器メーカー。長崎県波佐見町に本社があり、デザインから製造まで一貫して行っています。

華美ではないがなぜか目を引く美しいデザインで、老若男女問わず多くの人に支持されているおすすめメーカーです。

白山陶器 錆千筋 4寸飯碗

ブランドを代表するデザイナー・森正洋氏が1960年代にデザインし、2007年から再生産がはじまった「錆千筋」の4寸サイズ飯碗。錆千筋は千筋彫りに錆をイメージした染付が施されたシリーズで、現代的ながらもどこか懐かしさを感じるデザインが魅力です。

見た目の美しさだけでなく持ちやすさなどにも配慮。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめの茶碗です。

白山陶器 ブルーム リース プレート

白山陶器 ブルーム リース プレート

満開の花をモチーフとした瑠璃色の手書き模様が特徴の人気シリーズ「ブルーム」のプレート。北欧風のデザインが注目され、今ではブランドの代表作として多くの人に知られています。職人がひとつひとつ丁寧に絵付けを行っており、手作業ならではのあたたかみを感じる器です。

また、表だけでなく裏側のフチ部分にまで花が描かれているのがポイント。和洋どちらにもマッチする雰囲気を持っており、1枚あると便利です。

ハサミ(HASAMI)

食器やインテリア、雑貨など、さまざまな製品を展開する陶磁器メーカー「マルヒロ」の人気ブランド。アメリカの大衆食器をイメージしており、レトロでカラフルなデザインが特徴です。「道具としての陶磁器」をコンセプトにしており、見た目だけでなく機能性にも優れています。

ハサミ(HASAMI) シーズン1 ブロックマグ

名前の通り積み重ねて収納できる「ブロックマグ」。色違いで揃えてスタッキングすればおしゃれに収納できます。カップの内側には角がないため、汚れがつきにくく洗いやすいのが特徴です。

また、持ち手に斜めのカットを施すことで握りやすくなっているのもポイント。別売りのソーサーと合わせれば、来客用としても使用できるおすすめのマグカップです。

ハサミ(HASAMI) シーズン3 トイグラタン

プラスチックのような質感やフォルム、鮮やかなカラーが海外のおもちゃを連想させるグラタン皿「トイグラタン」。吹き付けという技法を用いて作られており、表面に凸凹ができることで焦げ付きにくくなっています。

スタッキングができるため、収納場所に困らないのも魅力のひとつ。オーブンやレンジ、食洗機の使用が可能な実用性に優れたおすすめのアイテムです。

アイユー(aiyu)

波佐見町皿山郷で創業された窯元「小吉製陶所」がブランドのはじまり。昭和59年にアイユーを設立し、オリジナル製品を中心に独自の目線でセレクトした波佐見焼を扱う陶磁器・磁器ショップとしてスタートしました。

見た目のおしゃれさだけではなく、使い手の目線に立った実用性の高い製品が手に入る人気ブランドです。

アイユー(aiyu) bird eマグ

人間工学に基づいてデザインされたeシリーズのマグカップ。カップは底と持ち手の2点で支えられるため非常に安定感があります。また、持ち手は握るだけでなく手にかけて持つことも可能。そのため、握力の弱い女性や子どもでも安心して使用できます。

鳥をモチーフとしたデザイン性の高さも魅力。カラーバリエーションも豊富でプレゼントとしてもおすすめのマグカップです。

アイユー(aiyu) ORIME Pヘリンボーン 茶碗

テキスタイルデザインを器に落とし込んだ大きめサイズの茶碗です。魚の骨を思わせるような模様が特徴的な「ヘリンボーン」をモチーフとしたが柄が印象的。布の素材感を再現するため、あえてムラを活かしているのもポイントです。

容量は米1合にあたる180cc。子どもから大人まで使えて便利なおすすめの茶碗です。

キハラ(KIHARA)

400年以上の歴史を持つ有田焼と波佐見焼の伝統技術を伝承する「キハラ」。古くから伝わるモノづくりの技術を活かしながら、現代の生活にマッチするおしゃれなデザインの器を提案しています。

型や生地作り、焼成、絵付けなど、それぞれの工程を専門の職人が担当。職人技が光るモノづくりを行っています。

キハラ(KIHARA) 箸置き 5個 セット

白と藍色のコントラストが美しい波佐見焼の箸置き。絵付け技法のひとつである「パット印刷」によってプリントされた模様は手書きのような雰囲気が漂います。中央部分にはくぼみがあり、箸をしっかりと固定。

富士山や梅鶴などの縁起がよいモチーフを採用しており、お祝いの席はもちろん、普段使いにもおすすめです。

キハラ(KIHARA) 小皿 5枚 セット

日本の伝統紋様「矢羽根・七宝・麻の葉・網目・青海波」をアレンジした小皿のセット。矢の上部に付ける羽根を表す「矢羽根」は、射た矢がまっすぐに飛び戻ってこないことから縁起柄のひとつとされているなど、それぞれの紋様にはモチーフに応じた意味が込められています。

専用BOX入りで結婚祝いや引っ越し祝いなどのプレゼントにもおすすめです。

馬場商店(BAR BAR)

3代続く陶磁器メーカーで波佐見焼の認知度を上げた立役者としても知られている「マルヒロ」が手がけるブランド。長崎・日常食器・贈り物・縁起物をテーマとした和食器を展開しています。

藍色の縞模様が特徴の「藍駒」や、くらわんか碗をベースとした素朴な雰囲気が魅力の「いろは」などのシリーズが人気。和モダンな波佐見焼を探している方におすすめブランドです。

馬場商店(BAR BAR) 蕎麦猪口 祝い鯛 紅白セット 桐箱入り

贈り物にぴったりな紅白のペア蕎麦猪口(そばちょこ)。内側には「めでたい」という言葉が連想されることから縁起がよいといわれている金色の鯛がプリントされています。

蕎麦猪口ですが、小鉢としても使用可能。アイデア次第でさまざまな使い方ができます。贈答用の専用桐箱入りでプレゼントにもおすすめです。

馬場商店(BAR BAR) 藍駒 中鉢

手書きで描かれた藍色の縞模様が印象的な藍駒シリーズの器です。線の濃淡や太さの強弱、にじみなど、手作業ならではの深い味わいを楽しめます。高台が高めに設計されているため、手で持ちやすいのも嬉しいポイント。

和食器はもちろん、北欧食器とも相性良好なクセのないデザインで、幅広いコーディネートを楽しめます。

西山(NISHIYAMA)

150年の歴史がある窯元「西山」。自然をモチーフとした北欧風デザインの器や、スウェーデンを代表する陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーション製品が注目され、若い世代を中心に人気が上昇しているブランドです。

デザインバリエーションが豊富で、和洋問わず使えるおしゃれなデザインの和食器が揃います。

西山(NISHIYAMA) フォレッジビスク ペアプレート

ブランドの定番人気シリーズ「フォレッジ」のペアプレート。葉っぱをイメージしたオリジナル模様とやわらかな色味が優しい印象を与えます。プレートのほか、マグカップやボウルなどもあるので、セットで揃えるのもおすすめ。

直径およそ18cmでサラダやケーキなどを盛り付けるのに適しています。取り皿としても使えて便利なプレートです。

西山(NISHIYAMA) デイジー ティーポット

北欧デザインを彷彿とさせるデイジーをモチーフとした瑠璃色のイラストが目を引く波佐見焼のティーポット。存在感のあるデザインでティータイムを華やかに彩ります。

急須としても使用可能で約750ccと大容量なのも嬉しいポイント。同シリーズのカップと一緒に使用すると、統一感が生まれておすすめです。

エッセンス(essence)

「暮しの中で豊かさを感じられるモノづくり」をコンセプトとしたテーブルウェアや雑貨などを提案する「エッセンス」。デザインから成型まで自社工房で行っており、波佐見の伝統技術を活かしつつも時代のニーズに合ったアイテムの開発を実現しています。

手に取る度に心が踊る遊び心あふれる波佐見焼が手に入るおすすめのブランドです。

エッセンス(essence) esボウル

控えめなデザインながら、食卓を華やかな雰囲気に演出する明るいカラーが印象的なボウル。レンジや食器洗浄機の使用が可能で日常使いに適しています。ひとつひとつ手作業で作られており、色むらや形など、器によって表情が異なるのが魅力。

深さがあるため、スープや麺料理、サラダなど、さまざまな料理の盛り付けに使用できます。

エッセンス(essence) A to Z SOY 小皿

お菓子の焼き型のようなフォルムがかわいい小皿。東京で活躍する若手陶芸家のGENTCERAMICS ・横山玄太郎とエッセンスが共同制作したプロダクトです。底にAからZまでのアルファベットが型押しされており、複数並べて好きな言葉や名前など表現することが可能。

醤油などの液体を入れると、アルファベット部分だけが濃く浮き上がります。そのまま飾ったり小物入れとして使ったりと、さまざまな用途に活躍。プレゼンにもおすすめの波佐見焼です。

ナチュラルロック(natural69)

陶磁器の専門卸問屋だった松尾商店が運営する波佐見焼・有田焼のセレクトショップ「ナチュラルロック」が展開するオリジナルブランド。「日常使いのちょっといい器」をテーマにしており、デザイン性と機能性を兼ね備えた手頃な価格の和食器が揃います。

長く愛用できるシンプルで使い勝手のよい波佐見焼が欲しいという方におすすめのブランドです。

ナチュラルロック(natural69) swatch 正角皿

スクエアフォルムが珍しい総柄のプレート。柄のバリエーションが豊富で、さまざまな組み合わせを楽しめます。和洋どちらのテイストにも合うカラーと絵柄で、盛り付ける料理や食材の色をより鮮やかに見せてくれるおすすめのプレートです。

ナチュラルロック(natural69) ボーダーボーダー どんぶり

白磁に職人が手書きで描いた藍色のラインが映えるボーダー柄のどんぶりです。線の太さや本数、配置などが異なる4つの絵柄が用意されており、好みに合わせて選べます。片手で持ちやすい上、熱さを感じにくい独自デザインの高台がポイント。カジュアルだけど高級感が漂うおすすめのアイテムです。