離乳食をスタートするのに必要な「離乳食スプーン」。赤ちゃんにとって初めての食事なので、慎重に選びたいところです。素材や形状などさまざまな種類があり、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの離乳食スプーンをご紹介。月齢に応じた選び方のポイントも解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

離乳食スプーンの選び方

離乳食期にあわせて選ぶ

初期(生後5~6ヶ月頃)

By: amazon.co.jp

離乳食初期は食べさせてあげる時期のため、大人が扱いやすい持ち手の長いスプーンが適しています。母乳やミルクしか飲まなかった赤ちゃんにとって初めての経験なので、唇に触れたときに抵抗を感じにくく滑らかなシリコン製がおすすめです。

赤ちゃんの唇にのせやすいように、先端の細いスプーンを選ぶのがポイント。また、さじの幅は赤ちゃんの口の半分くらいで、離乳食を取り込みやすいように、ある程度浅めのタイプを選びましょう。

中期(生後7~8ヶ月頃)

By: rakuten.co.jp

離乳食中期も引き続き大人が食べさせてあげる時期なので、持ち手の長いスプーンを選ぶのがポイント。食べる量が増えてくるため、初期よりも一回り大きく、深さのあるスプーンがおすすめです。

赤ちゃんによってはスプーンに興味を持ちはじめることもあります。振り回したり、口に入れたりすることを考慮し、持ち手の短いスプーンを用意しておくと安心です。

後期(生後9~11ヶ月頃)

By: richell.co.jp

離乳食後期になると、赤ちゃんがスプーンや手を使って自分で食べるようになります。自分で持ちやすいように、持ち手が短めで握りやすい形状のスプーンを選びましょう。

軽くて丈夫なプラスチック製なら、離乳食を口元まで運びやすく、スプーンでテーブルを叩いたり、床に落としたりしても安心です。

完了期(生後12〜18ヶ月頃)

By: rakuten.co.jp

離乳食完了期には手先がうまく使えるようになるため、スプーンの練習が本格的にスタートする時期です。上手に口へ運べるようにカーブしたモノや、持ち手が握りやすいデザインのモノなど、子供が1人で使えるように工夫されたスプーンを選びましょう。また、食べる量が増えるので、深めのスプーンがおすすめです。

素材で選ぶ

シリコン製

By: amazon.co.jp

シリコン製の離乳食スプーンは柔らかく、唇に当たったり口に入れたりしても冷たく感じにくいのが魅力。哺乳瓶の乳首に似たような口当たりで、離乳食初期におすすめです。

ただし、柔らかすぎるとスプーンの先で食材をつぶしにくいのがデメリット。また、シリコン製は食材の色が移りやすく、油汚れも落ちにくいので、しっかり洗浄する必要があります。

プラスチック製

By: richell.co.jp

プラスチック製の離乳食スプーンは、比較的リーズナブルで、軽くて使いやすいため人気です。丈夫なので、赤ちゃんがスプーンでテーブルを叩いたり振り回したりしはじめる離乳食後期にもおすすめ。

ただし、食材の色移りがしやすく、歯の生えはじめた赤ちゃんが噛むと細かな傷が付きやすいデメリットもあります。複数ストックしておくか、買い替えるなどして対応しましょう。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

大人も使用することの多いステンレス製のスプーンは、洗いやすく耐久性に優れているのがメリット。食洗機や熱湯消毒に対応しているモノも多く、衛生面を重視する方におすすめです。

ただし、ステンレス製は口に入れると冷たく感じるほか、食材の温度が赤ちゃんに伝わりすぎるデメリットもあります。離乳食完了期に入り、様子を見ながらの使用がおすすめです。

木製

By: amazon.co.jp

木製の離乳食スプーンは、ヒヤッとしない、やさしい口当たりの素材。おしゃれな見た目で、ナチュラル志向の方に人気です。

歯の生えた赤ちゃんが噛んだり、テーブルを叩いたりすると傷ができやすいのがデメリット。食洗機や熱湯消毒に対応していないモノが多く、乾燥させないとカビが発生しやすいので、お手入れには注意が必要です。

消毒できるかどうかで選ぶ

By: pigeon.co.jp

哺乳瓶は消毒する必要があるものの、離乳食スプーンは必須ではありません。しかし、赤ちゃんの口に入れるモノなので、清潔にしておきたいところです。衛生面を重視する方は、熱湯・煮沸・電子レンジなどの消毒に対応したタイプがおすすめ。哺乳瓶と一緒に消毒できると手間を省けます。

ケース付きのモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

離乳食スプーンは、自宅だけでなく外出先で使用することもあります。ケースに入ったタイプなら、清潔な状態で持ち運べるのでおすすめ。離乳食スプーンの出し入れもスムーズです。

旅行先など、赤ちゃんにとって慣れない環境でも、いつも使っているスプーンで安心して食事をさせたい方はチェックしてみてください。

セット品もあわせてチェック

By: amazon.co.jp

離乳食スプーンには、形状の異なる複数のモノがセットになったタイプもあります。離乳食スプーンは、離乳食の時期や進み具合によって、適した形状に変えるのが一般的。セット品ならスピーディーに交換でき、その都度購入する手間を省くことが可能です。

なかには、スプーンのセット品だけでなく、フォークとセットになったタイプもあります。さらに長いスパンで考えている方におすすめです。

離乳食スプーンのおすすめメーカー

リッチェル(Richell)

By: richell.co.jp

リッチェルは、プラスチック製品の製造や販売を手掛ける日本のメーカーです。ベビー用品から介護用品、園芸用品まで幅広く扱っています。

ベビー用品は、使う方の声に耳を傾けて製品を開発。色移りが気にならないカラー使いや、上手にステップアップできるセット品など、便利で長く使える離乳食スプーンが揃っています。

ののじ

By: nonoji.jp

ののじは、学校給食用や業務用調理器具、カトラリーを製造・販売する日本のメーカーです。グッドデザイン賞やキッズデザイン賞を何度も受賞し、ユニークな視点で使いやすい製品を開発しています。

ののじの離乳食スプーンは、赤ちゃんの成長にあわせた工夫が施されているのが特徴。出産祝いなどプレゼント用にもおすすめのメーカーです。

コンビ(Combi)

By: amazon.co.jp

コンビは、ベビーカーをはじめ、ベビーチェアや離乳食食器など幅広いベビーグッズを製造・販売する日本のメーカー。社名は「お母さんと赤ちゃんというコンビを応援する企業でありたい」という願いから名付けられています。

ベビー用品では、「ベビーレーベル」ブランドが有名。また、口の成長や口腔発育をブランド「テテオ」も人気があります。

離乳食スプーンのおすすめ

リッチェル(Richell) おでかけランチくん 離乳食スプーンセット ケース付き

大きさの違う2本がセットになった離乳食スプーン。1つは先端部に柔らかい素材を採用し、口当たりが滑らかです。長めの持ち手は波型になっているので、口元がよく見えるのも魅力。もう1つは、スープを飲ませやすい深さのあるスプーンです。

さじがカラフルで、食材が色移りしても気になりにくいのもポイント。かわいいカエルの絵が付いたケースが付属しているため、お出かけ用にもおすすめです。

食洗機に対応しているのも便利。薬液による消毒が可能なほか、ケース以外は煮沸や電子レンジでも消毒できます。安い価格で、使い勝手のよい離乳食スプーンを探している方におすすめです。

リッチェル(Richell) トライ ステンレスにぎにぎスプーン・フォークセット ケース付

ステンレス製の離乳食スプーンと離乳食フォークのセットです。持ち手部分は厚みのあるプラスチック製で、しっかりと握れる仕様。スプーンとフォークの先端部に角度が付いており、食材を口元に入れやすいのも魅力です。

テーブルに置いたときに先端部が触れない構造のため、衛生的に使えるのもポイント。ケースが付属しているので、お出かけ時にも活躍します。対象月齢は7ヶ月頃からです。

食洗機に対応しているため、ほかの食器と一緒に洗えて便利。スプーンとフォークは煮沸消毒、ケースは薬液消毒に対応しています。シンプルなデザインで、長く使える離乳食スプーンとフォークのセット品です。

ののじ 離乳食スプーン

滑らかで衛生面に配慮されたステンレス製の離乳食スプーン。先端部はフチ付きのため、赤ちゃんの口や唇にやさしくフィットします。さじは口に入れやすい小さめの円形で、1口分をすくうのに適した浅底です。

持ち手のゆるやかなカーブは人間工学に基づいて設計され、すくって食べさせやすいのがポイント。食材のカットもスムーズです。高級スプーンにも使われるミラー仕上げが施されており、デザイン性にも優れています。

油・塩分・酸に強く、衛生的に使用可能。高温洗浄・高温消毒に対応しています。離乳食初期から使える、機能性とデザイン性に優れた離乳食スプーンです。

ののじ 新はじめてのカトラリーセット

ステンレス製の離乳食スプーン、幼児用スプーンとフォークがセットになっています。離乳期から長く使えるのが魅力。エッジまで丁寧に磨かれた滑らか仕上げで、耐久性や安全性にも優れています。グッドデザイン賞やキッズデザイン賞など多数受賞している製品です。

初めての離乳食に適したサイズと形状のスプーンは、大人の食べさせやすさにも配慮されています。幼児用スプーンとフォークは、ユニバーサルデザインの考えに基づき、こぼしにくく運びやすいように設計されているのもポイントです。

食洗機と煮沸消毒に対応。デザイン性に優れており、高級感もあるので、プレゼントにもおすすめです。

コンビ(Combi) ベビーレーベル フィーディングスプーン ケース付き

スリムなさじで、持ち手が長いプラスチック製の離乳食スプーンです。柔らかいつくりで、赤ちゃんの口や唇に当たっても傷付けにくいので安心。食材をかき集めやすいのもポイントです。

5ヶ月頃の離乳食初期から使用可能。食洗機と電子レンジに対応しているので便利です。ケースが付属しており、お出かけ用としても活躍します。比較的リーズナブルで、食べさせやすい離乳食スプーンを探している方におすすめです。

コンビ(Combi) テテオ フィーディングスプーン 離乳ナビ Neo コップスプーン付

3種類のスプーンがセットになったプラスチック製の離乳食スプーン。赤ちゃんの口の成長をサポートするのに適した製品です。

先端が柔らかい素材の「ゴックンスプーン」、浅めでほどよい大きさの「モグモグスプーン」、深めでラッパ上のフチがある「コップスプーン」がセットになっています。対象月齢は5ヶ月からで、成長にあわせて離乳食初期から後期まで長い期間使えるのが魅力です。

煮沸と電子レンジによる消毒ができるほか、薬液消毒も可能。食洗機にも対応しています。離乳食だけでなく、コップデビューも見据えた離乳食スプーンです。

ピジョン(Pigeon) はじめてのフィーディングスプーン

口の奥まで入れすぎるのを軽減できる、プラスチック製の離乳食スプーン。浅めで食材が残りにくい「ペースト用」と、やや幅広で口の大きさにあう「果汁・スープ用」の2本セットです。

先端部は柔らかい素材を採用しているので、赤ちゃんの口当たりも滑らか。「位置決めストッパー」が付いており、はじめて食べさせる大人も安心して使えます。赤ちゃんが自分に適した量を食べられるように促すことが可能です。

煮沸消毒のほか、電子レンジと薬液消毒にも対応しているので、衛生的に使えます。リーズナブルな価格帯で、離乳食デビューにおすすめです。

下村企販 シリコンソフトスプーン小

継ぎ目がないシリコン製のスプーンです。シリコンの一体型で溝がないため、汚れがたまりにくく衛生的に使えます。柔らかいので、赤ちゃんの口や唇への当たりもやさしく安心。さらに、冷たさを感じにくいのもポイントです。

先端がほどよく曲がるため、ペースト状の離乳食を最後まですくいやすく、無駄になりません。柔らかすぎず、使い勝手のよい離乳食スプーンを探している方におすすめです。

レック(LEC) 離乳食スプーンセット A00161

人気キャラクターのアンパンマンが付いた、プラスチック製の離乳食スプーン。離乳食初期に使えるSサイズと、離乳食中期に使えるMサイズの2本がセットになっています。

Sサイズは赤ちゃんの口にフィットしやすい大きさで、先端部は柔らかく適度な弾力のある素材を採用。Mサイズは一回り大きく、さじの裏側にある凹凸を使えばマッシャーとしても利用できます。

持ち手の裏側に「ちょい置きスタンド」が施され、食事の途中でテーブルに置いても、先端がテーブルに付かないため衛生的です。食洗機と電子レンジに対応しているほか、煮沸と薬液消毒もできます。アンパンマン好きの赤ちゃんにもおすすめの離乳食スプーンです。

ラトルウッド(RattleWood) ベビースプーン

形状の違う2本がセットになった木製の離乳食スプーン。食べ物が残りにくい浅めのペースト用と、さじの裏面が平らで食材をつぶせるマッシュ用の2本セットで、用途に応じて使い分けられます。

長い持ち手で食べさせやすく、波型になっているので赤ちゃんの口元が見やすいのもポイント。食洗機や電子レンジには対応していないので、お手入れには注意が必要です。

木目のきれいな天然木で作られ、木のぬくもりを感じるおしゃれなデザイン。ナチュラル志向の方におすすめの離乳食スプーンです。

キッズミー(kidsme) あちちセンサースプーン

熱さで色が変わる離乳食スプーンです。40℃以上になると先端部が白色に変化し、熱さを知らせます。赤ちゃんに誤って熱い離乳食を食べさせるリスクを軽減できるのが魅力です。

持ち手にはゆるやかな波型が施され、手になじんで握りやすいので、自分で食べる練習用にもおすすめ。2本セットになっており、洗い替えにも便利です。耐熱温度は60℃のため煮沸消毒はできませんが、薬液消毒には対応しています。温度が気になる方におすすめの離乳食スプーンです。